ずくなしの冷や水

2022年06月25日

ウクライナ全土で大規模な徴兵狩り

Ukraine replenishes combat losses with convicts and women – RT source
Draft notices are said to being handed to people in the streets, eateries, and beaches amid conflict with Russia
A large-scale hunt for conscripts is underway across Ukraine amid the military conflict with Russia, a source within Kiev’s military has told RT Russian. Ukraine is reportedly unscrupulous about those being recruited and the means of delivering draft notices to them.

The military recruiters are now allowed to hand out draft notices to people not only at their place of residence, but also in the streets, restaurants, entertainment facilities and anywhere else.

“Ukraine needs fresh manpower,” an employee of an active recruiting station in Kiev, who chose to remain anonymous, told RT. Draft notices are “being given in public places – everyone knows that. It happens at malls, recreation areas, gas stations – it doesn’t matter where. The goal is to recruit as many people as possible for the military reserve,” he said.

A man from the south-eastern Zaporozhye Region recalled how he and his friend were stopped at a checkpoint and told to present their military IDs, which they didn’t have. The duo was only released by the troops by promising they would go to the recruitment stations right away and obtain the necessary papers.

“Now we are hiding in a small village. We mainly stay indoors. There’s no talk of going to the city,” he revealed. The man he knew could face criminal charges over this behavior, but he said that it was still better than going to the front.

All males, aged between 18 and 60, have been told to stay in the country and fight after Russia launched its military operation in Ukraine in late February.

In the Black Sea port of Odessa, the locals, who are dodging service, have set up a special channel on Telegram to share real-time data on the areas where the draft notices are being handed out in the city.

The health condition of the recruits apparently also doesn’t bother Kiev authorities too much. The medical examination includes “only four doctors: A surgeon, a neurologist, a psychiatrist, and an ophthalmologist. No in-depth checks are being carried out. Doctors only ask questions, that's all,” one draftee told RT.

The recruits are being given the most basic training, if any, and mainly assigned to territorial defense formations intended to carry out guard duties in the home front. But there have been more and reports in recent weeks of such units being sent to Donbass to face the advancing Russian forces.

According to the law, which has been put forward by Ukrainian President Volodymyr Zelensky, Ukrainian women who hold certain jobs should now also obtain military registration, and are faced with a fine if they fail to do so. Getting a new job has also been made impossible for them without the relevant papers from the recruitment station.

Those women can only be assigned civilian roles in the Defense Ministry, but in some parts of Ukraine, volunteer female units are being formed with the aim of actually going to the front. The mayor of the western city of Ivano-Frankivsk announced in April that the local all-women battalion would “fight alongside men.”

Inmates of Ukrainian prisons have also been used as a source of manpower by Kiev authorities. In late May, the country’s justice minister announced that 363 convicts were released so they could join the military. Prisoners went through thorough screenings to ensure they posed no danger, he insisted.
Ukraine gives update on combat losses READ MORE: Ukraine gives update on combat losses

Such a massive draft campaign is due to heavy losses suffered by the Ukrainian army, military expert Colonel Viktor Baranets told RT.

“There are not enough contract soldiers and officers. The personnel shortage in the Ukrainian army is increasing because during the special operation a large number of seasoned Nazis were put out of action. And those reservists, who are now sent into battle aren’t fit for the task. But, more importantly, there are staff shortages not only in the military, but also in territorial defense. That’s why even women are being called up too,” Baranets explained.

Earlier this month, Zelensky’s top aide Mikhail Podolyak revealed that the Ukrainian military was losing up to 100 to 200 troops daily in the battle for the Donbass. Defense Minister Alexey Reznikov refused to give an exact number of Kiev troops killed in the fighting, but said he hoped the figure was below 100,000.
ロシアとの軍事衝突の中、ウクライナ全土で大規模な徴兵狩りが行われていると、キエフ軍内の情報筋がRTロシアに語った。ウクライナは、徴兵される者と徴兵通知を届ける手段について、無節操であると伝えられている。

軍隊の勧誘員は、居住地だけでなく、街頭やレストラン、娯楽施設など、どこでも徴兵の通知を配ることができるようになったのだ。

「ウクライナは新鮮な人材を必要としている」と、キエフにある現役の徴兵所の職員(匿名を選択)はRTに語った。徴兵制の告知は「公共の場で行われている。誰もが知っていることだ。ショッピングモールやレクリエーション施設、ガソリンスタンドなど、どこでもいいのです。目的は、できるだけ多くの人を予備役としてリクルートすることです」と彼は言った。

南東部ザポロジエ州の男性は、友人と一緒に検問所で呼び止められ、軍人証を提示するように言われたが、持っていなかったと振り返った。二人は、すぐに徴兵所に行って必要な書類を手に入れると約束することで、隊員から解放された。

「今、私たちは小さな村に隠れています。主に室内にいる。都会に出るという話もない」と明かした。彼の知人は、この行動で刑事責任を問われる可能性もあるが、「それでも前線に行くよりはましだ」と言っていた。

ロシアが2月下旬にウクライナで軍事作戦を開始した後、18歳から60歳までのすべての男性は、国内にとどまって戦うよう指示されている。

黒海の港町オデッサでは、兵役逃れの地元の人たちがテレグラムで特別チャンネルを立ち上げ、徴兵通知が配られる地域のデータをリアルタイムで共有している。

新兵の健康状態も、どうやらキエフ当局はあまり気にしていないようだ。健康診断には「4人の医師しかいない。外科医、神経科医、精神科医、眼科医。綿密な検査は行われていない。医師はただ質問をするだけです」と、ある徴兵者はRTに語った。

新兵は、あったとしても最も基本的な訓練を受け、主に国内戦線での警備任務を遂行することを目的とした領土防衛隊に配属されている。しかし、ここ数週間、このような部隊がドンバスに送られ、進撃するロシア軍と対峙しているとの報告が増えている。

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領が提唱したこの法律によると、特定の職業に就くウクライナ人女性は現在、軍登録も取得しなければならず、それを怠ると罰金を科されることになる。また、新しい仕事を得るにも、徴兵所からの関連書類がなければ不可能になった。

彼女たちに与えられるのは国防省の文官としての役割だけだが、ウクライナの一部では、実際に前線に出ることを目的とした女性ボランティア部隊が結成されている。西部のイワノフランキフスク市の市長は4月、地元の女性だけの大隊が "男性と一緒に戦う "と表明した。

ウクライナの刑務所の囚人もキエフ当局の人手として利用されてきた。5月下旬、同国の法務大臣は、363人の受刑者を釈放し、軍隊に参加できるようにしたと発表した。囚人たちは、危険のないことを確認するために徹底的な審査を受けたと、彼は主張した。
ウクライナ、戦闘損失に関する最新情報を発表 続きを読む ウクライナは、戦闘損失に関する最新情報を提供する

軍事専門家のビクトール・バラネツ大佐はRTに、このような大規模な徴兵キャンペーンは、ウクライナ軍が被った大きな損失のためであると語った。

「契約兵や将校が足りないのです。特別作戦の間、大量のベテランナチが活動停止に追い込まれたため、ウクライナ軍の人員不足はますます深刻化している。そして、今戦場に送り込まれる予備兵たちは、その任務に適していないのです。しかし、それ以上に重要なのは、軍だけでなく領土防衛の分野でも人手不足が起きていることです。だから女性だって召集されるんだ」とバラネッツは説明した。

今月初め、ゼレンスキー氏の最側近ミハイル・ポドリヤク氏は、ドンバスの戦いでウクライナ軍は毎日最大100〜200人の兵士を失っていることを明らかにした。アレクセイ・レズニコフ国防相は、戦闘で死亡したキエフ軍の正確な人数を明かすことを拒否したが、その数字が10万人以下であることを望むと述べた。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

海外には、日本のような戸籍制度や住民登録制度がないか、あるいは不備なところがあり、市民であることを証するのは、パスポートだけというところが多いのです。

ですから、そのような国では、役所が登録された住民について赤紙を送ってくる仕組みとはなっていないのです。

次の動画では、白い服の男性がリクルーターから逃げる様子です。

posted by ZUKUNASHI at 09:06| Comment(0) | ウクライナ

2022年06月24日

これが血栓と呼ばれるもの?


上の動画からのキャプチャー画像





こういうものが血管から取り出されても、それがワクチンによって生成したのかはわからないです。

posted by ZUKUNASHI at 20:12| Comment(2) | Covid19

セベロドネツクの戦い 1









橋の破壊も復旧が容易なように水流部を外しています。攻撃場所の地図を確認していると、ロシア軍の攻撃は必要最小限の範囲を正確に空爆あるいは爆撃しています。技術的にも大変優れている。

白い点が最後に破壊された橋。


左端が化学工場、ここから左下に通ずる直線道路が破壊された橋につながります。橋を破壊したのはウクライナ軍だそうです。逃げ道がなくなるのに何で破壊したのでしょう。民族主義者が最後の橋を爆破したといいます。



Ukraine requests evacuation corridor at besieged plant – Moscow
Russia will provide passage for civilians to leave the Azot factory, but not by the route Kiev demanded

Russia will provide a way out for civilians at the Azot fertilizer factory in the contested Donbass city of Severodonetsk, but will use a different plan to that requested by Kiev, the Russian military said on Tuesday. The Ukrainian proposal may have been an attempt to extract its soldiers from the blockaded plant, a statement claimed.

Moscow said civilians in the Azot plant were being used as a “human shield” by Ukrainian troops who took cover at the facility. Hundreds of non-combatants were allegedly forced to move to the Ukrainian forces' last stronghold in the city as Russian and allied troops captured residential areas in Severodonetsk. The city is claimed by the Lugansk People’s Republic (LPR) as part of its territory.
READ MORE: Ukraine using civilians as 'human shields' – Russia

“The Ukrainian side considers the position of its military units as hopeless, so we consider the request to save the civilians as an attempt to extract the surviving troops out of the blockade,” said Colonel General Mikhail Mizintsev.

The Russian military noted the situation is not unlike what happened in the city of Mariupol, where Ukrainian troops remained blockaded at the Azovstal plant for weeks before surrendering to Russian and allied troops.

Mizintsev urged Ukrainian officials to order their soldiers in Severodonetsk to lay down their arms and surrender too. In the meantime, Russia is willing to grant civilians safe passage to territory controlled by the Lugansk People’s Republic (LPR), provided the Ukrainian troops let them go, the statement said.

Severodonetsk is one of just a handful of places in LPR territory where Ukrainian troops are still present. Last week, Russian Defense Minister Sergey Shoigu said his country’s troops and local militias were in control of 97% of the republic’s land.
ロシア軍は、ドンバス地域のセベロドネツク市にあるアゾット肥料工場にいる民間人に脱出方法を提供するが、キエフが要求したものとは異なる計画を使用すると、火曜日に発表した。ウクライナの提案は、封鎖された工場から兵士を引き出そうとするものであった可能性がある、と声明は述べている。

モスクワによると、アゾット工場にいた民間人は、同工場で身を隠すウクライナ軍によって「人間の盾」として利用されていたという。ロシア軍と連合軍がセベロドネツクの住宅地を占領したため、何百人もの非戦闘員がウクライナ軍の最後の砦に移動させられたとされる。同市はルガンスク人民共和国(LPR)が自国領土の一部として主張している。

ミハイル・ミジンツェフ大佐は「ウクライナ側は自軍部隊の立場は絶望的と考えており、民間人救出の要請は、生き残った部隊を封鎖から引き出そうとする試みだと考えている」と述べた。

ロシア軍は、ウクライナ軍がロシア軍と連合軍に降伏するまでの数週間、アゾフスタル工場で封鎖されたままだったマリウポリ市と状況が似ていると指摘した。

ミジンツェフ氏は、セベロドネツクの兵士たちにも武器を置いて降伏するよう命じるよう、ウクライナ当局に促した。一方、ロシアは、ウクライナ軍が彼らを解放することを条件に、ルガンスク人民共和国(LPR)が支配する領域への民間人の安全な通行を認める意向である、と声明は述べている。

セベロドネツクは、LPR領内でウクライナ軍がまだ駐留している数少ない場所の一つである。先週、ロシアのショイグ国防相は、自国の軍隊と地元の民兵が共和国の国土の97%を支配していると述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

アゾフスタルの再現です。ロシア軍は、手間のかかることを厭いません。市民の生命、安全重視をここまでやれる軍隊は世界で他に例を見ないでしょう。

ロシア国防省
いなずま️ロシア国防管理センターのミジンツェフ所長の緊急声明より
https://t.me/mod_russia_en/2183

!️ウクライナ側は、セベロドネツクの『アゾット』化学工場の民間人(女性、子供、高齢者)をリシチャンシクのキエフ支配地域に避難させるよう人道回廊の設置を要請しました。

!️2022年6月13日、ウクライナ軍がキエフ政府の命令でリシチャンシクに向かうドネツ川に架かる最後の橋を爆破したことを考慮すると、この方向に安全に避難することが不可能です。

ロシア側は15日午前8時から午後8時の間で北方向(ルガンスク人民共和国のスバトボへ)人道回廊を設置し、すべての民間人の安全な避難と一時的な宿泊施設への移動を保証するとしています。



Ukrainian troops thwart humanitarian corridor – LPR
Only one civilian has walked out of the besieged Azot chemical plant, a military commander has said
Ukrainian soldiers holed up at the Azot chemical plant in Severodonetsk have foiled the evacuation of civilians through a humanitarian corridor provided by Russia, a military commander from the People’s Republic of Lugansk (LPR) has said.

“The evacuation of civilians from Azot has been completely thwarted by the opposing side,” Aleksandr Nikishin, of the LPR’s second army corps, told journalists.

“One person – a 74-year-old man – has gotten out of the plant,” he said. It happened before 8am local time when the Russian humanitarian corridor was to become operational.

The man walked out “by accident” as he was unaware of the planned evacuation, saying that Ukrainian troops hadn’t informed the civilians inside about it, Nikishin claimed.

And at around 8:10am Kiev’s forces at the plant began firing at Russian positions from a tank, a howitzer and a mortar, he added.

“The evacuation of people is impossible under such circumstances and a decision was made to close the humanitarian corridor,” Nikishin said.

According to the commander, talks with the Ukrainian military will continue to make sure that some 1,500 civilians at the plant are moved to safety.

Ukrainian troops retreated to the Azot chemical plant a week ago after the strategic city of Severodonetsk had fallen under Russian control. Moscow insisted that non-combatants had been forced into the facility to be used as human shields.
ルガンスク人民共和国(LPR)の軍司令官は、セベロドネツクのアゾット化学工場に立てこもるウクライナ兵が、ロシアが提供する人道的回廊を通じた民間人の避難を阻止したと述べた。

「LPRの第2軍団のアレクサンドル・ニキシン氏はジャーナリストに、「アゾットからの民間人の避難は、相手側によって完全に妨害された。

「74歳の男性1人が工場から脱出した」と述べた。ロシアの人道的回廊が運用開始となる現地時間午前8時前の出来事だった。

この男性は、ウクライナ軍が中の市民に避難を知らせていなかったことを知らなかったため、「偶然」外に出たと、ニキシンは主張した。

そして、午前8時10分頃、工場のキエフ軍は、戦車、榴弾砲、迫撃砲からロシア軍陣地への射撃を開始した、と付け加えた。

「このような状況では人々の避難は不可能であり、人道的回廊を閉鎖することが決定された」とニキーシン氏は述べた。

同司令官によると、工場にいる約1500人の民間人を安全に移動させるため、ウクライナ軍との協議が続けられるという。

ウクライナ軍は、セベロドネツクの戦略都市がロシアの支配下に入った後、1週間前にアゾット化学工場に撤退した。モスクワは、非戦闘員が人間の盾として施設に押し込められたと主張している。



トシキフカの戦闘




posted by ZUKUNASHI at 19:07| Comment(0) | ウクライナ

ラスベガスのミード湖の水位が急激に低下

ラスベガスのミード湖の水位が急激に低下しているらしい。


ほかの湖でも水位低下らしい。
Lake Mead nears dead pool status as water levels hit another historic low
If the reservoir dips below 895 feet − a possibility still years away − Lake Mead would reach dead pool, carrying enormous consequences for millions of people across Arizona, California, Nevada and parts of Mexico.

posted by ZUKUNASHI at 13:10| Comment(0) | 国際・政治

コロナ後遺症で電磁波過敏症

この記事の初出は、2021年11月28日ですが、最近、電場過敏症とみられる症状の方の話を聞きました。

スマホで会話をすると耳、しかも反対側の耳が痛くなるそうです。スマホでなくて、固定電話でも同じような現象が起きると。(送受話器の部分が独立していて電波を使っている形式かどうかは聞きそびれました)

いったん電磁波過敏症が出ると厄介です。最近は特にWifiやその他の電波利用の電子機器が増えています。

スマホは、通話の際には機器を体から離したほうが良い、そのためにヘッドセットと呼ばれるものを使うことを検討すべきと書きましたが、症状が重くなるとヘッドセットのわずかな電磁波にも反応するかもしれません。

電磁波過敏症の傾向が出てきたら、家庭内の電子機器の見直しが必要です。Wifiを使わない、スマホは遠く話しておく、スマホのデータ通信はネットに有線でつなげる。(スマホのWifiを止めて固定ネット回線につなぎます)いろいろな工夫が必要です。

便利さの追求は、それなりのマイナスを伴うことは避けられません。

半年前の記事を引っ張り出したのですが、記録しておいたよかったです。

・・・当初記事・・・



電磁波過敏症は統合失調症と間違われる?
化学物質過敏症が出ることもあるんですね。
慢性疲労に加えてこんな症状が出たら、外に出れなくなります。
posted by ZUKUNASHI at 12:16| Comment(0) | Covid19

接種の中止と副反応被害者救済へと方針を大胆に転換すべき







posted by ZUKUNASHI at 11:19| Comment(0) | Covid19

トルコ製のベイラクターTB2は約200万ドル

US drones won’t survive over Ukraine for long, pilots say
Russian air defenses are too risky for Gray Eagles, Kiev pilots would prefer jets instead から

The MQ-1C Gray Eagle is the latest in the General Atomics lineage of strike drones used during the US “war on terror,” from Afghanistan and Iraq to Somalia and Yemen. It is armed with Hellfire missiles, which have a range of about eight kilometers – less than the Switchblade or Phoenix Ghost suicide drones the US has sent to Ukraine already.

“It could be useful” on the frontline, said another fighter pilot, introduced as ‘Juice’. However, he added, the Gray Eagles would probably not survive for more than a mission or two. Each drone costs $10 million.

Ukraine has made a big deal out of having Turkish Bayraktar TB2 strike drones in its arsenal. The TB2 costs around $2 million or so. Moonfish claims they were “very useful and important” in the early days of the conflict, but are “almost useless” now that the Russian troops have beefed up their air defenses. The pilots told Foreign Policy that Ukraine was now limiting the use of Bayraktars to “rare special operations and attack missions.” Russian war correspondents, meanwhile, suggest that it’s because most of the drones have been shot down already.

“We have a lot more pilots than jets right now,” Moonfish said, suggesting he and his colleagues should be trained on “advanced” US fighter jets such as the F-15 and F-16, which would be more survivable against the Russian S-400s.

Both types first appeared in the 1970s. They have been repeatedly upgraded since then, and the latest versions are considered by Western experts to be on par with the Russian Su-35 and MiG-35 jets, and slightly ahead of the Su-27 and Mig-29 fighters Ukraine operated at the start of the conflict. However, there are no indications the US has any to spare, or that there is political will in Washington to send them to Ukraine.
MQ-1C Gray Eagleは、アフガニスタンやイラクからソマリアやイエメンまで、アメリカの「テロとの戦い」で使われたGeneral Atomics社の攻撃型無人機の最新機種である。ヘルファイアミサイルを搭載しており、射程距離は約8キロ。これは、アメリカがすでにウクライナに送ったスイッチブレードやフェニックスゴーストの自爆攻撃機より短い。

前線では「役に立つかもしれない」と、「ジュース」と紹介された別の戦闘機パイロットは言った。しかし、グレイ・イーグルスはおそらく1、2回以上の任務には耐えられないだろう、と彼は付け加えた。ドローンは1機1000万ドルする。

ウクライナは、トルコ製のベイラクターTB2という攻撃型無人機を保有していることを大々的に宣伝している。TB2は約200万ドルほどする。ムーンフィッシュは、紛争初期には「非常に有用で重要」だったが、ロシア軍が防空を強化した今では「ほとんど役に立たない」と主張している。パイロットはフォーリン・ポリシーに、ウクライナは現在、ベイラクターズの使用を "稀な特殊作戦と攻撃任務 "に限定していると語った。一方、ロシアの戦争特派員は、ほとんどのドローンがすでに撃墜されたからだと指摘している。

ムーンフィッシュは「今はジェット機よりもパイロットの方が多い」と言い、彼と同僚には、ロシアのS-400に対してより生存率の高いF-15やF-16といった「先進的な」アメリカの戦闘機で訓練すべきだと提案している。

両機種とも1970年代に登場した。欧米の専門家の間では、最新型はロシアのSu-35やMiG-35と同等であり、紛争当初にウクライナが運用していたSu-27やMig-29をわずかにしのぐと考えられている。しかし、米国に余力があるようには見えないし、米国にウクライナに送る政治的意志があるようにも見えない。

Deeplによる翻訳

MQ-1C Gray Eagle 1000万ドル 13億円
トルコ製のベイラクターTB2は約200万ドル 2億6千万円
ロシアのカリブル巡航ミサイル 100万ドル?
米国トマホークミサイル 200万ドル? 2憶7千万円
イージス艦に搭載する迎撃ミサイル「SM3ブロック1B」2050万ドル 27億円 (関連費用を含む2019年4月10日 8:18日経)

Russia and Belarus discuss joint defense plans
Moscow and Minsk must ‘fortify’ their Union State borders, defense minister Shoigu says
Moscow and Minsk need to take “urgent measures” to bolster their military capabilities in the face of an “undeclared war” by the West, Russian Defense Minister Sergey Shoigu said on Thursday, after meeting with his counterpart from Belarus, Viktor Khrenin.

“Belarus is our most important strategic partner, closest friend and ally,” Shoigu said after the meeting in Moscow, adding that the bilateral cooperation between two members of the Union State is currently developing amid “an undeclared war against our countries” by the West.

“Circumstances dictate the necessity of urgent measures to fortify the defense capabilities of the Union State,” Shoigu said, including the reinforcement of an integrated air defense system. Russia is “ready to provide any support” Belarus might need, he added.
posted by ZUKUNASHI at 09:21| Comment(0) | 福島原発事故

イベルメクチン服用による副作用を体験していませんか

mRNAワクチンによる有害事象が隠しようがなくなり、ツイッターでのワクチン推奨の発信が姿を消しました。
mRNAワクチンは、この先薬害事件に発展します。
一方で、新コロナウィルスの感染は続いています。
ワクチンを使えないなら、距離、換気、マスクで防護し、万一感染した場合、感染した恐れのある時は速やかに抗ウィルス薬を呑むのが個人的に取りうる対策です。

個人の判断で呑める抗ウィルス薬は、海外から輸入したイベルメクチンが多く使われています。イベルメクチンも副作用がないわけではありません。そのため、イベルメクチンによる弊害を防ぐために、イベルメクチン服用による副作用の事例について情報提供を求めています。


イベルメクチンは、世界で何億人もの人が使用しており、副作用はあまり伝えられていないものの、ないはずはない。

管理人が知る限りでは
@ 服用後下痢を起こした。
私は複数の人から聞いています。この例は多いようです。

A 食欲不振になる。(吐き気まではいかない)

B 初回の試験的服用後、鼻炎が原因とみられる起床後の鼻汁が止まった。この鼻汁を止めるため医院で処方された抗生物質を長く飲んでいたが、効果がなかったところに急な変化が出た。

C 初回の予防的服用後、腕にかゆみが出た。皮膚表面に変化なし。

D 花粉症の症状が軽減した。

E 直接聞いたわけではない事例として
・服用後蕁麻疹とみられる赤いぷつぷつが少量ながら出た。
・服用すると、肝臓に負担がかかるようで、3日ほど身体が思うように働かなくなる。

肝臓などの内臓に負担がかかるのは確かなようです。次のコメントも寄せられています。
F イベルメクチン服用後、肝臓付近が腫れたような痛みが出る。Liv.52も飲むと痛みは和らぐ。

Liv.52はインドで開発された天然成分の肝臓用サプリメントです。

G 週1回、予防的服用をしていたら、服用後1日〜数日は何となく体のだるさや意識の重さがあり、不機嫌になる。

H 心筋梗塞の持病がある方は、飲んで1日ほどは心臓にジリジリと痛みのような違和感がある方もおられる。

内臓、特に解毒の機能を持つ肝臓に負担がかかるということは間違いがないです。

I イベルメクチンは、抗がん作用があるとの研究成果が出ています。

ネットには、がんが消えたという例も載っていて、管理人はイベルメクチンはかなり強い効果を持つ薬品ではないかと考えています。上のHの事例の方の作用機序がわかりませんが、内臓の基礎疾患を持つ方は注意が必要です。

イベルメクチンは、アレルギーのある人からは敬遠されますが、まだ、そのような体質の方の副作用の例の情報には接していません。

イベルメクチンの添付書類には、服用によってさまざまな副作用があることが記載されています。その中で特に注意を要するのは意識障害で、自動車の運転や機械の操作時に意識障害がおきると命にかかわります。

なお、海外の医師のグループFLCCCが策定したプロトコール、使用基準は白人を対象に書かれており、日本人には量、服用間隔ともに少なめ、長めでよいのではないかとの開業医の所見があります。予防的な連続服用をされる方は、過剰摂取にならないようにどうぞご注意を。

服用して副作用とみられる反応があった方は、ぜひお知らせください。日本の当局の動きからすると、この先新コロナウィルスは根絶できず、共存していかなければならなくなることは、どうも確実です。

高価な抗ウィルス薬を入手、投薬される人はわずかでしょう。価格的には、個人輸入のIVMが圧倒的に安価です。1日1錠12mg服用ですと200円程度であがります。

体質的に服用できることを確認できたら、手元に置いて強い感染可能性があるとき、感染して症状が出たときは一刻を争って呑みましょう。オミクロンはウィルスの増殖が速いらしく、症状が出たときには、盛んにウィルスを放出していますから、家庭内感染が避けがたいことにも留意です。

何度かイベルメクチンの副作用について、情報提供を求めてきましたが、コメントは少ないです。(このブログの読者が少ないこともありましょう) 私の知る範囲でもイベルメクチンを使っている人は少なくないのですが、強い副作用を経験した人は少ないということでしょうか。

でも、慎重に使うに越したことはないです。





イベルメクチンジェネリックの個人輸入では、50錠入り3箱購入した経験があります。親族を代表しての購入でした。

「週に1回200μg/Kg、1年以上」で肝臓の機能に影響が出ている恐れがあるようです。60kgの方で1回12mg。1週間ではイベルメクチンが排出しきれない、消えないで残っている場合がありえます。量を減らす、間隔を伸ばすなどの対策が必要ですし、恒常的な服用は考え直す必要があると思います。

・・・・・

2022/6にこの記事を再掲しましたが、情報が寄せられていません。このブログの記事を参考にしてイベルメクチンを服用している方には、これまでのところ重大な副作用は発生していないと受け止めてよいでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 08:31| Comment(21) | Covid19

米国は経済制裁が世界的な燃料危機を引き起こすことを認識していたとバイデン

Biden weighs in on cost of anti-Russia sanctions
The US government knew this would cause a global fuel crisis, according to the president
Washington was aware that sanctions against Russia would have consequences for the US, causing a spike in energy prices, President Joe Biden said on Wednesday.

Speaking at the White House, Biden blamed Russia for hikes in US fuel costs, saying the American people and the rest of the world would have to pay a price for siding with Ukraine.

“We cut off Russian oil into the United States, and our partners in Europe did the same, knowing that we would see higher gas prices.” he said, adding that the US Congress gave near unanimous support to the oil ban, “knowing full well the cost.”

Gasoline prices in the US are now hovering near $5 per gallon, compared to roughly $3 per gallon a year ago. According to Biden, the US government is doing everything it can “to reduce this pain at the pump.” The president proposed suspending the 18-cent federal gas tax for the next three months, and called on states to remove their own taxes on fuel. Biden also urged oil refining companies to increase their capacity.

Fuel costs began rising in the US in the winter amid a spike in global oil prices, with demand soaring due to the lifting of coronavirus restrictions. Sanctions against Russia added to the problem, after Western countries began to shun Russian oil.
米国政府はこれが世界的な燃料危機を引き起こすことを認識していた、と大統領
ワシントンはロシアに対する制裁が米国に影響を与え、エネルギー価格の高騰を引き起こすことを認識していたと、ジョー・バイデン大統領が水曜日に述べた。

ホワイトハウスで演説したバイデン氏は、アメリカの燃料費高騰の原因をロシアに求め、アメリカ国民と世界の他の国々はウクライナに味方した代償を払わなければならないだろうと述べた。

「我々は、米国へのロシアの石油を遮断し、ヨーロッパのパートナーも、ガソリン価格の上昇を承知で同じことをした」と述べ、米国議会は、「コストを十分承知で」石油の輸入禁止をほぼ全会一致で支持したことを付け加えた。

アメリカのガソリン価格は、1年前は1ガロンおよそ3ドルだったのが、現在は5ドル近くで推移している。バイデン氏によると、米国政府は "ポンプでのこの痛みを軽減するために "できる限りのことを行っている。大統領は、18セントの連邦ガソリン税を今後3ヶ月間停止することを提案し、各州に対して燃料に対する独自の課税を撤廃するよう呼びかけました。バイデン氏はまた、石油精製会社に対して、その能力を高めるよう促した。

世界的な原油価格の高騰の中、コロナウイルス規制解除による需要の急増で、米国では冬に燃料費が上昇し始めた。欧米諸国がロシアの石油を敬遠するようになり、ロシアに対する制裁が問題に拍車をかけた。

Deeplによる翻訳
posted by ZUKUNASHI at 08:00| Comment(0) | ウクライナ

「ハーゲンダッツ」から発がん性物質



・・・・・

なんでフランス産が香港と台湾に出回っている? フランスでは汚染がわかっていて極東に流した?

フランス産チーズも汚染の危険性があります。
posted by ZUKUNASHI at 00:27| Comment(0) | 健康・病気

2022年06月23日

ワクチンがサル痘の原因?



・・・・・

自己免疫性水疱形成疾患なら感染性はないですよね。
よくわからないです。

以下は参考
Autoimmune Blistering Disorders
Medically Reviewed by Stephanie S. Gardner, MD on September 16, 2020
What Are Autoimmune Blistering Disorders?

Autoimmune blistering disorders (also called autoimmune blistering diseases or autoimmune bullous disorders) are a group of rare skin diseases. They happen when your immune system attacks your skin and mucous membranes -- the lining inside your mouth, nose, and other parts of your body. This causes blisters to form.

Researchers have found many types of this disorder. Although there's no cure for them, your doctor can give you treatments to help heal the blisters and prevent complications.
Types of Autoimmune Blistering Disorders

Autoimmune blistering disorders are broken down into different types. These are some of the main ones:

Pemphigus is a group of disorders that cause blisters to form on the skin and inside the mouth, nose, throat, eyes, and genitals. They are soft and can break open easily.

Pemphigoid is another group. It has three main types:

・ Bullous pemphigoid usually affects people older than 70. It causes itchy blisters to form on the arms, thighs, and belly.
・ Mucous membrane pemphigoid affects the lining of the mouth, eyes, nose, throat, and genitals.
・ Pemphigoid gestationis affects women during pregnancy or just after their baby is born. It starts as a bumpy rash on the belly, arms, and legs. Then the bumps turn into blisters.

IgA mediated bullous dermatoses are disorders in which the immune system makes a lot of immunoglobulin A (IgA), a type of antibody that fights bacteria, toxins, and viruses. It comes in two types:

Dermatitis herpetiformis affects people with celiac disease (who are sensitive to the wheat protein called gluten). It causes clusters of itchy blisters to appear on the elbows, knees, scalp, and buttocks.
Linear IgA disease causes new blisters to form a ring around old ones on the skin. This is sometimes called a “cluster of jewels.” This type affects mucous membranes, too.

Epidermolysis bullosa acquisita mostly affects middle-aged and older adults. It makes the skin so fragile that blisters form from minor injuries.
Autoimmune Blistering Disorder Symptoms

The places on your body where blisters form depends on which disorder you have. Some types cause blisters to grow on the skin. Other types cause them to form in the mucous membranes that line the mouth, nose, throat, eyes, and genitals.

They can be painful or itchy. They can break open and leave a sore.

自己免疫性水疱症とは?

自己免疫性水疱症(自己免疫性水疱症または自己免疫性水疱症とも呼ばれます)は、まれな皮膚疾患の一種です。免疫系が皮膚や粘膜(口や鼻など体の内側の粘膜)を攻撃することで発症します。これにより、水疱が形成されます。

この病気は、研究者によって多くの種類が発見されています。治療法はありませんが、医師は水疱を治し、合併症を予防するための治療法を提供することができます。
自己免疫性水疱形成疾患の種類

自己免疫性水疱症は、様々なタイプに分類されます。その中でも主なものを紹介します。

天疱瘡は、皮膚や口、鼻、喉、目、生殖器などの内部に水疱を形成する疾患群である。水疱は柔らかく、簡単に破れてしまいます。

天疱瘡は別のグループです。主に3つのタイプがあります。

水疱性類天疱瘡は、通常70歳以上の人がかかります。腕や太もも、お腹にかゆみを伴う水疱ができます。
粘膜天疱瘡は、口、目、鼻、喉、生殖器の粘膜が侵されます。
妊娠性天疱瘡は、妊娠中または出産直後の女性が罹患します。お腹や腕、足にぶつぶつとした発疹ができるのが始まりです。その後、隆起が水疱に変わります。

IgA介在性水疱性皮膚炎は、免疫系が細菌や毒素、ウイルスと戦う抗体の一種である免疫グロブリンA(IgA)を大量に作る疾患である。2つのタイプに分けられます。

疱疹状皮膚炎は、セリアック病(グルテンと呼ばれる小麦タンパク質に過敏な人)の人が罹患します。肘、膝、頭皮、臀部などに、かゆみを伴う水疱が多数発生します。
線状IgA症は、皮膚にできた古い水疱の周りに新しい水疱が輪のようにできる病気です。これを "宝石の集まり "と呼ぶこともあります。このタイプは粘膜も侵されます。

後天性表皮水疱症は、主に中高年が罹患します。皮膚が非常にもろくなり、ちょっとしたケガで水ぶくれができます。
自己免疫性水疱症の症状

水疱ができる部位は、どの疾患に罹患しているかによって異なります。あるタイプでは、皮膚に水疱が生じます。また、口、鼻、喉、目、生殖器などの粘膜に水疱ができるタイプもあります。

水疱は痛みやかゆみを伴うことがあります。水ぶくれが破れて、ただれが残ることもあります。

Deeplで翻訳
posted by ZUKUNASHI at 21:57| Comment(0) | サル痘

Sudden Adult Death Syndrome

大紀元時報、Epoch Timesはアメリカ合衆国ニューヨーク市を拠点として中国で活動禁止とされている新興宗教の法輪功関係者が中心となって発刊しています。このメディアは時間的な制約からほとんど見ていませんが、次の記事は目を引きました。

The Latest Tragedy: Sudden Adult Death Syndrome
BY Joseph Mercola TIMEJune 20, 2022 PRINT

Media outlets around the world have started highlighting a medical phenomenon called ‘sudden adult death syndrome’ – people dying with no sign of illness or underlying health condition. They simply collapse during the day or don’t wake up in the morning. While SADS has been known to occur before, what’s alarming is the sudden surge of this previously rare event
STORY AT-A-GLANCE

In recent weeks, media outlets around the world have started highlighting a medical phenomenon called “sudden adult death syndrome,” or SADS, in what appears to be a clear effort to obscure the reality of COVID jab deaths. Sad on steroids indeed.
Underlying factors for SADS include undiagnosed myocarditis, inflammatory conditions and other conditions that cause irregularities in the electrical system of the heart, thereby triggering cardiac arrest.
While SADS has been known to occur previously, what’s new is the prevalence of this previously rare event. In Australia, the Melbourne Baker Heart and Diabetes Institute is setting up a new SADS registry “to gain more information” about the phenomenon.
Data compiled by the International Olympic Committee show 1,101 sudden deaths in athletes under age 35 between 1966 and 2004, giving us an average annual rate of 29, across all sports. Meanwhile, between March 2021 and March 2022 alone−a single year−at least 769 athletes have suffered cardiac arrest, collapse, and/or have died on the field, worldwide.
Among EU FIFA (football/soccer ball) athletes, sudden death increased by 420 percent in 2021. Historically, about five soccer players have died while playing the game each year. Between January and mid-November 2021, 21 FIFA players died from sudden death.

SADS is also short for “sudden arrhythmic death syndrome,”1 which was first identified in 1977. Underlying factors for SADS (both the sudden adult death and sudden arrhythmic versions) include undiagnosed myocarditis, inflammatory conditions and other conditions that cause irregularities in the electrical system of the heart, thereby triggering cardiac arrest.2,3,4 While SADS has been known to occur before, what’s new is the prevalence of this previously rare event.
世界中のメディアが、「成人突然死症候群」と呼ばれる医療現象を取り上げ始めています。日中に倒れたり、朝起きなかったりするだけなのです。SADSは以前から知られていたが、憂慮すべきは、これまで稀だったこの現象が突然急増したことである。
ひと目でわかるストーリー

ここ数週間、世界中のメディアが「成人突然死症候群」(SADS)と呼ばれる医学的現象を強調し始め、COVIDジャブの死亡の実態を明らかに覆い隠そうとしているように見えるのです。まさにステロイドのように悲しい。
SADSの背景には、未診断の心筋炎や炎症性疾患などがあり、心臓の電気系に不整脈を起こし、心停止を誘発することがあります。
SADSの発生は以前から知られていましたが、今回新たに明らかになったのは、これまで稀だったこの事象が広く見られるようになったことです。オーストラリアでは、メルボルン・ベイカー心臓・糖尿病研究所が、この現象について「より多くの情報を得るために」新しいSADSレジストリーを立ち上げている。
国際オリンピック委員会がまとめたデータによると、1966年から2004年の間に35歳未満のアスリートが突然死したのは1,101人で、すべてのスポーツを合わせても年平均29人ということになります。一方、2021年3月から2022年3月までの1年間だけでも、少なくとも769人のアスリートが心停止、虚脱、および/またはフィールド上で死亡しています。
EUのFIFA(サッカー/サッカーボール)選手では、2021年に突然死が420%も増加しました。歴史的に、毎年約5人のサッカー選手が試合中に死亡しています。2021年1月から11月中旬の間に、21人のFIFA選手が突然死で亡くなっています。

SADSは「突然死症候群(sudden arrhythmic death syndrome)」1 の略称でもあり、1977年に初めて確認されました。SADS(成人突然死バージョンと突然不整脈バージョンの両方)の基礎因子には、診断されていない心筋炎、炎症性疾患、および心臓の電気系統に不整脈を引き起こし、それによって心停止を誘発するその他の疾患が含まれます2,3,4。SADSは以前から知られていましたが、新しいのはこのこれまで稀だった事象が広く見られることです。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 20:51| Comment(0) | Covid19

イスラエルがシリア、イランに戦争挑発



イスラエルの空爆でダマスカス空港の滑走路が破壊され運用停止になっています。




Israel’s ruling coalition teeters on collapse
イスラエルの連立与党は崩壊の危機に瀕している
The defection of a key lawmaker has left PM Naftali Bennett’s government holding fewer than half of parliamentary seats
Israel may be headed for its fifth election in three years as the ruling coalition headed by Prime Minister Naftali Bennett shows signs of unraveling and losing its grip on power.

Longtime Bennett ally Nir Orbach announced on Monday that he has left the ruling legislative bloc, saying it was being held hostage by “extremist, anti-Zionist elements,” such as United Arab List (Ra’am) party member Mazen Ghanaim and left-wing Meretz lawmaker Ghaida Rinawie Zoabi. Orbach’s move left Bennett’s diverse coalition with just 59 seats in the 120-member Knesset, two seats short of a majority.


・・・イランは、ロシアとじっくり協議しなければならないことがいくつかありますが、対イスラエル作戦が差し迫った課題でしょう。共同記者会見があったようです。
posted by ZUKUNASHI at 20:13| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ戦争は欧米の完敗になる可能性

ウクライナ戦争について、NATO事務総長から和平交渉は領土を含む妥協を伴うとの見解が出ており、ウクライナに和平、譲歩を促しているわけではありませんが、さらにテコ入れをしても形勢を変えることはできないとの判断が示されています。

2022年06月13日
NATO事務総長 「和平交渉には領土を含む妥協が伴う」

ウクライナは、過去に兵役に就いた女性を徴用し、18歳から60歳の女性ボランティアを募るとしています。男女平等のもとで特に問題はないということでしょうが、兵員不足でそこまで追い込まれているわけで、戦闘継続は困難です。

この戦争は、NATOがロシアを追い詰めて引き起こしたもので、米欧は多額の資金、資材を投入していますが、ウクライナの敗北で戦争が終わることになると、米欧は戦果がありません。イラク侵攻の時のように金塊を持ち帰ったり、石油権益を手に入れたりすることがない。

米国は巨額の商品ローンが残ります。その多くがすでにどこかに消えているわけですが、ウクライナに返済能力があるか疑問です。

米欧は自らが課した経済制裁の後遺症、ブーメラン効果による経済混乱が後を引くことになるでしょう。停戦に伴って経済制裁が解除されても戦争前の状況にすぐ戻ることは期待できないし、米欧は嫌がらせで経済的な手段を使い続けるでしょう。

この戦争は、世界の政治、経済の秩序を変える転換点です。ドル覇権の喪失は、米国経済の存立条件を根本的に変えます。それが少し時間をかけながら表面化してくるでしょう。

英国の没落は、目を覆いたくなるほど。国家運営の健全さは、その国の閣僚らの選び方に現れます。ウクライナの閣僚、英国の首相や外務大臣、ドイツの閣僚を見れば明らかです。EUの大統領はベルギーの元首相ですが、国連で虚偽情報をもとにロシアを非難し、批判を浴びています。

世界は多極化しています。今、私たちはその大きな変革に居合わせています。

欧米の株価が下げています。この程度の下げで金融不安ということにはなりませんが、先行きの企業業績の悪化見通しを示しており、これが続くと欧米の政府は何らかの対応を求められるでしょう。インフレ激化の原因は経済制裁ですから、経済制裁をどうするか。





報道やSNS情報によると欧州はウクライナ戦争の停戦に向けた検討を進めています。NATO事務総長ストルテンベルグの発言、EU外相ボレルのロシアとの話し合い継続の必要性に関する発言、さらにウクライナのクレバ外相は、ウクライナは欧州連合の代表者たちによってロシアとの条件交渉を強いられている、と述べています。

米・NATO・欧州諸国は、ウクライナ戦争を停戦に持ち込むための協議を始めており、ゼレンスキー政権の意向を尊重する形をとっていますが、カネのカンフル注射が絶たれれば、ウクライナ政府は崩壊です。ここでウクライナ政府は、ロシアに領土を譲る代わりにいろいろな条件を出しているでしょう。

欧州(そして米国)がここに来て停戦に向けた協議を開始したのは、人道的な配慮などというものでなく、自らが課した経済制裁のブーメラン効果でインフレが亢進、株式が下落するなどの経済面の影響が広がり、深刻になってきたからです。

影響が出るまでにタイムラグがある物価指数は、国により対前年同月比+7%、8%となっています。

インフレが収まる要因はありません。もともとコロナで金融緩和が行われてその影響が出ており、インフレが強まる基盤がありました。
今のインフレを抑える特効薬は一つ。経済制裁を撤廃することです。

ですが、それは米国も、欧州諸国も言い出せない。現指導部の失策になってしまいます。ここはあくまでも人道的な理由でお化粧して話を進めるでしょう。

米国は、今年の1月以来ウクライナに7兆円もの資金を供与したとされています。この金は全額がウクライナ政府に渡されたのか疑問がありますし、ウクライナに渡されてからもザルからこぼれるように流出しているはずです。ゼレンスキーの財布役とされる元軍人がセルビアで現金未申告で拘束されています。

米国は、バイデンが息子にかかる不正が暴かれるのを恐れて停戦に反対しているとされますが、民主党が支持率を落としていく状況になれば、そこはバイデンを切ってでもやるべきとの議論が出てくるでしょう。

ジョンソン英首相は、与党の不信任投票を切り抜けましたが、威信は大きく低下です。彼は国内の不満、危機を外に向けようと躍起です。

停戦に至る道は遠いのかもしれません。この先、経済悪化がくすぶり続け、インフレも続き、金融市場は波乱が続くのではないでしょうか。

Vedomosti: Paris, Berlin and Rome to convince Kiev of inevitable concessions
Ukraine will inevitably have to make territorial concessions, NATO Secretary General Jens Stoltenberg said at a meeting with Finnish President Sauli Niinisto on June 12. According to a number of experts, Prime Ministers of Germany and Italy, Olaf Scholz and Mario Draghi, and French President Emmanuel Macron are going to convey the same message to the Kiev authorities during their trip to Ukraine scheduled for June 15 (though Scholz’s visit has not been confirmed officially yet), Vedomosti notes.

"The West, first and foremost Europe, can see that efforts to support Kiev in the current conflict through weapons supplies and economic assistance are failing to produce the result that was expected in the spring," Head of the European Political Research Department at the Institute of World Economy and International Relations Pavel Timofeyev pointed out. It’s unclear how long the European Union will be able to ensure the pressure coming from rising military spending and financial injections into Ukraine, which are adding to the food security issues, the analyst added.

"It’s possible that the Europeans will come up with their own anti-crisis plan stipulating that Kiev will have to abandon some of its territories in return for further financial support," said Artem Sokolov, a researcher at the Moscow State Institute of International Relations’ Center for European Studies. According to him, the talks will to a large extent depend on the situation in the combat zone.

The Americans are unlikely to be unaware of European peace initiatives, former Director of the Franklin D. Roosevelt Foundation for United States Studies at Moscow State University Yury Rogulev emphasized. If things go wrong, it’s Germany, France and Italy that will be to blame for "betraying" Ukraine, while Washington and London will be able to wash their hands of it, the expert noted.
NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は6月12日、フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領との会談で、ウクライナは必然的に領土を譲歩しなければならない、と述べた。多くの専門家によれば、ドイツとイタリアのオラフ・ショルツ首相とマリオ・ドラギ首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、6月15日に予定されているウクライナ訪問の際に、キエフ当局に同じメッセージを伝えるつもりだという(ただしショルツ首相の訪問はまだ公式に決定されていない)。

世界経済国際関係研究所のパベル・ティモフェエフ欧州政治研究部長は、「西側、とりわけ欧州は、武器供給や経済支援を通じて現在の紛争でキエフを支援する努力が、春に期待されたような結果を生んでいないことがわかる」と指摘した。軍事費の増加やウクライナへの資金注入が食糧安全保障の問題に拍車をかけていることから来る圧力を、欧州連合がいつまで担保できるかは不明だ、と同アナリストは付け加えた。

モスクワ国立国際関係大学ヨーロッパ研究センターのアルテム・ソコロフ研究員は、「ヨーロッパ諸国が独自の危機回避策を打ち出し、キエフがさらなる財政支援の見返りに領土の一部を放棄しなければならないことを定める可能性がある」と述べた。ソコロフ氏によると、会談は戦闘地域の状況に大きく左右されるという。

モスクワ国立大学フランクリン・ルーズベルト米国研究財団のユーリー・ログレフ元所長は、米国側が欧州の平和構想を知らないということはないだろうと強調する。うまくいかなければ、ウクライナを「裏切った」として非難されるのはドイツ、フランス、イタリアであり、ワシントンやロンドンはその手を洗うことができるだろうと専門家は指摘する。

・・・・

ここでは独仏伊首脳のウクライナ訪問は6/15とされています。





Russia explains its view of US goals in Ukraine
Washington is supplying Kiev with arms to force Moscow into playing by American rules, Russia’s foreign minister believes
The real goal of the US in providing military aid to Ukraine is to deprive Russia of its independent status on the international stage, Foreign Minister Sergey Lavrov told national television Sunday. Washington wants Moscow to have no say on global issues, but it will not succeed, he added.

The conflict in Ukraine is being used by the US and its allies as just another way to weaken Russia, Lavrov said when asked what America’s real goals in Ukraine are.

“They [the US] are pursuing a goal they have long made public: Russia must know its place; Russia [must] have no voice in international affairs; Russia must abide by the rules set by the US,” the minister stated, adding that Washington is apparently “well aware” of the fact that it would not succeed.

スコットリッターのインタビューを太陽のいびき氏が翻訳してくれています。次のスレッドで全文が見られます。特に注目点を引用。

https://twitter.com/taiyonoibiki/status/1539613519988916225








posted by ZUKUNASHI at 17:33| Comment(0) | 国際・政治

西側の経済混乱がウクライナ停戦への動きを早めるか

2022年06月11日
追い込まれるゼレンスキーから続く

ウクライナ戦争の現況に関する情報流通が構造的に変化しています。嫌中、嫌ロの立場の人には、事実を伝える情報は、「絶望的な不快感」を与えるようになっています。このブログもその一つとされています。



戦況は圧倒的にロシアが有利。ウクライナ軍はスラビャンスクの南で6、7万人が配備されているようですが、ロシアが重火器を重点的に爆撃しており、このロケット攻撃に対応できていません。弾薬の補充もなされず、投降者が続いています。

経済制裁は、ブーメラン的に欧米と第三国の経済に物価上昇圧力を加えています。2022/6/9と6/10には、米国株式が大きく下落しました。欧州、日本も同様です。

政治的には、米国主導の対ロ包囲、非難戦略は成功していません。米・NATOに協力する国が少ない。

米国のバイデンは、ウクライナが負けるとロシアの調査が入り息子のハンターの悪事が露呈することを恐れ、停戦に向けた動きは頑として受け付けないとされています。

国連が仲介する停戦交渉の案がありますが、ラブロフは形式的なものにしかならないとしています。

食糧危機については、米国やEUが騒いでいますが、ロシアは穀物輸出を行っています。(今年の収穫が出回る前にサイロは空けなければなりません。バラで輸送、貯蔵されています)

このまま戦闘が継続する可能性もあります。まさに最後のウクライナ人になるまで戦う、戦わされるというわけです。

ゼレンスキーは、戦闘についても和平についても米国の指示に従っていますので、バイデンが停戦やむなしといつ踏み切るかになります。

その圧力は、米国の経済混乱によって強まるでしょう。民主党の支持率が落ちています。

そのように考えると6月第2週の週末にかけての株価下落がこの先も続くのか、どこまで下落するかが決定的な要因になりうるでしょう。

停戦が実現しても米欧の経済制裁がすぐに解除されるとは限りませんから、株価の不振は尾を引く恐れがあります。それにドル覇権の切り崩しを図る動きが強まっていますから、米国の金融市場はこの先長く逆風に耐えなければならないでしょう。

独仏伊の首脳が6月16日にウクライナを訪問しています。支援についての話をするとのことですが、首脳らは停戦に向けた筋道を探りたいところでしょう。

2022/6/16の午後2時過ぎからダウの時間外先物が下落し始め、6時ころには600ドル近い下落となりました。市場関係者はスイスの金利引き上げによるショックだとしていますが、ドル円が急落し始めたのは午後4時半。

それ以前から「予想外の」利上げの影響とみられるものが出ていたことになります。

これの原因は、別のところにあります。スイスの金利引き上げももちろん影響しているでしょうが。

市場の不透明感を象徴するのがスイスの金利引き上げ
というわけで、米国が毎月50億ドルの資金援助をウクライナにしなければならないとなったら、市場は動揺するでしょう。

物価上昇に加えてウクライナの財政欠陥の補填。物価は上がり株価が下落、欧州は避難民の問題もあります。6/16の欧州株式は3%超の下落の国が出ています。

米国、欧州の国民がどこまで許容できるか、そろそろ限界でしょう。
posted by ZUKUNASHI at 14:18| Comment(0) | ウクライナ

サル痘に効く薬がある?







リザベン・トラニラストともに個人輸入業者が扱っています。

Trilliana 華@Trilliana_z氏のツイートは、以前から引用させてもらっていますが、控えめでも的確な情報です。
posted by ZUKUNASHI at 13:55| Comment(0) | サル痘

フロリダで髄膜炎感染症が発生


Meningococcal:髄膜炎菌性の




posted by ZUKUNASHI at 11:32| Comment(0) | 国際・政治

木々と知り合う ナナミノキ


雄花と雌花は全然違いますね。これは雄花。雌花の木はなかったから実を見ることはない。残念、それでは名前の由来もわからない。





2021/10/16、ウォーキングの途中で休んだ公園の近くにナナミノキの実がなっていました。



この近くに雄花をつける木があるんでしょうか。それとも上に載せた木から花粉が飛んできた? 来年確かめてみます。

雌雄異株の木は、近くに雄の木がないと雌の木に実が付きません。一番よく知られているのが、イチョウ。千葉市青葉の森公園荒久古墳にイチョウの大木がありますが、これは雄木です。春たけなわのころこの木の下には、イチョウの雄花が散り敷いて地面が緑になります。房状の花です。ここから、花粉を風に載せて飛ばせば、千葉市内全域まで行かなくても広い地域でイチョウを受粉させることができるでしょう。

目に見えない極微の花粉を吸っただけで花粉症になる人がいます。新コロナウィルスが流れてきてそれを吸ってクシャミが出る人もいるはずです。2020/4の超過死亡は、そんな仕組みで発生したのではないかと考えています。

2020/6/5、気温が30度近くまで上がり、花粉が離脱し始めていました。樹木の花は咲き出すとあっという間に終わります。桜も1本ごとに見れば短いですよね。

2022/6/20、所用でナナミノキの前を通ったら雄花が咲いていました。6/22、雌のナナミノキを見に行ったらすでに実がついていました。直線距離で330m離れています。
集合住宅の敷地の中にあり、外側から写しているのでピンボケ。

雄花は、もう咲き終わっていたんですね。時期的にも遅いです。
posted by ZUKUNASHI at 10:27| Comment(0) | 木々と知り合う

ブルガリア首相に不信任決議

EU member ousts pro-NATO government in no-confidence vote
Bulgarian prime minister blames Russia for defection of his junior coalition partner
Bulgarian Prime Minister Kiril Petkov lost a no-confidence vote in the parliament on Wednesday, after a junior partner in his tenuous ruling coalition joined the opposition. The Harvard graduate and former Canadian citizen denounced his critics as Russian agents beholden to organized crime and vowed to continue fighting to make Bulgaria a “normal European country.”

Of the 239 members in the parliament in Sofia, 123 voted for Petkov’s ouster in what Bulgarian state media described as the first successful no-confidence vote in the country’s modern history. Only 116 backed the PM, with no abstentions.

After the vote, Petkov accused the main opposition party, Revival, of being a conduit for “Russian interests” and said it had been his honor to lead a government that sought to root out corruption and organized crime.

“We will continue to fight so that one day we can have a Bulgaria without the mafia, a normal successful European country,” Petkov said in his parting remarks.

President Rumen Radev now has three attempts to get a new government appointed. If all of them fail, he would have to dissolve the parliament and call a new general election – the fourth since April 2021.

“This parliament has brought only shame and disgrace to Bulgarian democracy. The sooner it is sent into history, the better for Bulgaria,” Revival leader Kostadin Kostadinov told state radio. Deputy leader of the opposition GERB party, Daniel Mitov, said Petkov’s attempt to blame Russia was just the ousted PM “looking for an alibi” for his loss.

The no-confidence vote was technically caused when the ITN party led by former TV personality Slavi Trifonov defected from Petkov’s ruling coalition over budget concerns and the government’s willingness to support neighboring North Macedonia’s bid to join the EU. The break also came amid rising economic hardship, as Petkov’s anti-Russian stance led to Bulgaria getting cut off from 90% of its natural gas supplies.

Petkov, 42, had fired Defense Minister Stefan Yanev in February, accusing him of promoting “Russian narratives” after he referred to the conflict in Ukraine as a “military operation” and not a war. His government also pledged to repair Ukrainian military equipment and support a greater NATO presence in the east.
posted by ZUKUNASHI at 08:50| Comment(0) | ウクライナ

韓国がNATOとの結びつきを強める

Asian nation seeks NATO mission
South Korea is looking to bolster its ties with the US-led bloc, citing the “unpredictable” international security situation
South Korea is planning to set up a mission to NATO headquarters in Europe, the country’s National Security Adviser Kim Sung-han revealed Wednesday. Seoul, a long-time close ally of Washington, is seeking to bolster its cooperation with the US-led bloc in the face of an “unpredictable” international situation, the official explained.

“By establishing a NATO mission in Brussels, Belgium, where NATO is headquartered, we will be able to increase information-sharing and strengthen our networks with NATO members and partner nations,” Kim stated during a news conference.

The new mission is expected to be headed by South Korea’s envoy to Belgium, Yoon Soongu, local media reported, citing unnamed presidential officials. It was not immediately clear whether he would retain his current posts, as the envoy also doubles as the ambassador to the European Union.
posted by ZUKUNASHI at 08:31| Comment(0) | 国際・政治