ずくなしの冷や水

2022年05月30日

ウクライナ赤十字社「健康な臓器」を持つ子供の記録

Russia to probe claims of suspicious activity by Red Cross
The Ukrainian branch of the aid group allegedly catalogued children with healthy organs
The Russian Investigative Committee said on Sunday it will look into allegations the Ukrainian Red Cross Society was involved in shady activities, including keeping records of children with “healthy organs” in the city of Mariupol.

The claim came from Vladimir Taranenko, the head of the Donetsk-based civic organization called ‘Peoples Retinue,’ a volunteer movement that states as one of its goals assisting law enforcement in the Donetsk People’s Republic (DPR).

The activist posted a video of what he called a search of the Red Cross office in Mariupol on his social media and claimed some of the evidence found there casts the Ukrainian national society in a very suspicious light.

He claimed the office had medical records for over 1,000 children, but they marked their “healthy organs” instead of any medical conditions or procedures.

Taranenko also claimed that some of the reading materials discovered at the office were instructions on “how to use weapons, including in a format intended for children.”

The video showed at least one military-related manual. It was a printout of “Practical Military Ordnance Identification” by Thomas Gersbeck, a retired US Marines Explosive Ordnance Disposal (EOD) technician. The book is a field manual on how to identify unexploded munitions and handle them in a safe manner.

Taranenko has said that DPR investigators will “shed light” on the activities of the society. The Russian committee said it will add the video to a list of evidence it already has regarding suspected crimes by Kiev.

Mariupol is a major port city in what the DPR claims as its sovereign territory. It was captured by Russian and DPR forces during the ongoing military campaign against Ukraine.

Neither the Ukrainian society nor the International Committee of the Red Cross would immediately comment on the allegations.
ロシア、赤十字の不審な活動の主張を調査へ
赤十字のウクライナ支部は、健康な臓器を持つ子供たちのカタログを作成した疑いがある。
ロシア調査委員会は日曜日、ウクライナ赤十字社がマリウポリ市で「健康な臓器」を持つ子供の記録を残すなど、疑わしい活動に関与していた疑惑について調査することを明らかにした。

この主張は、ドネツクを拠点とする市民団体「人民報復」の代表であるウラジミール・タラネンコのもので、同団体はドネツク人民共和国(DPR)の法執行を助けることを目標の一つとしているボランティア運動である。

この活動家は、マリウポルの赤十字事務所を捜索したビデオを自身のソーシャルメディアに投稿し、そこで見つかった証拠のいくつかは、ウクライナの国家社会に非常に疑わしい光を投げかけていると主張しました。

彼は、事務所には1,000人以上の子どもの医療記録があったが、そこには病状や処置の代わりに「健康な臓器」と記されていたと主張した。

タラネンコはまた、オフィスで発見された読み物の中には、"子供向けの形式を含む、武器の使用方法 "を説明したものもあったと主張している。

ビデオには、少なくとも1冊の軍事関連のマニュアルが映っていた。それは、米海兵隊の爆発物処理(EOD)技術者を引退したトーマス・ガースベックによる「実践的軍需品識別」のプリントアウトだった。この本は、不発弾の見分け方、安全な扱い方などの現場マニュアルである。

タラネンコ氏は、DPRの調査団が同会の活動に「光を当てる」と発言している。ロシア委員会は、キエフによる犯罪の疑いに関して、すでに持っている証拠のリストにこのビデオを追加すると述べた。

マリウポルは、ドネツク人民共和国が主権国家として主張する主要な港湾都市である。ウクライナに対する進行中の軍事作戦の間に、ロシア軍とドネツク人民共和国軍によって占領された。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 21:43| Comment(0) | 国際・政治

自然の大気条件下で形成される、人間の健康と環境に脅威を与える可能性のある反応性の高い化合物発見

New potentially dangerous chemical found in atmosphere
Researchers have discovered highly reactive trioxides that could pose hazard to human health
Scientists have discovered highly reactive chemical compounds that are formed under natural atmospheric conditions but could pose a threat to human health and the environment. While the existence of these compounds – called trioxides and consisting of three oxygen atoms bound together – had been theorized, researchers from the University of Copenhagen confirmed their presence in the air in a paper published Thursday in the journal Science.

Trioxides are extremely flammable and explosive. They are formed through the atmospheric decomposition of common substances emitted into the atmosphere, such as isoprene and dimethyl sulfide – in fact “from almost all chemical compounds,” according to co-author Jing Chen. Created by reactions between two types of radicals, they persist anywhere from a few minutes to several hours, during which time they may react with other compounds in the air.

During that time, the newly discovered chemicals are likely to be able to penetrate aerosols, which are tiny airborne particles, and could cause health hazards leading to cardiovascular and respiratory diseases, the researchers observed. The new compounds that form when trioxides combine with aerosols have not been studied and their effects on humans are not known.

Additionally, the researchers noted that trioxides might influence how many aerosol particles are produced. This could potentially impact aspects of the climate, such as how much sunlight is reflected back into space or absorbed into cloud formation, both of which in turn affect the temperature on earth.

While study co-author Kristan Moller noted that “most human activity leads to emission of chemical substances into the atmosphere,” his fellow co-author Eva Kjaergaard pointed out that the newly-discovered compounds were not themselves a new arrival to the atmosphere, stating “these compounds have always been around – we just didn’t know about them.”

The researchers, then, are not worried, despite the potential hazards posed by their discovery. Instead, they see it as an opportunity. “The fact that we now have evidence that the compounds are formed and live for a certain amount of time means that it is possible to study their effect more targeted and respond if they turn out to be dangerous,” senior author Henrik Kjaergaard explained.
Googleによる機械翻訳
科学者たちは、自然の大気条件下で形成されるが、人間の健康と環境に脅威を与える可能性のある反応性の高い化合物を発見しました。三酸化物と呼ばれ、3つの酸素原子が結合したこれらの化合物の存在が理論化されていましたが、コペンハーゲン大学の研究者は、木曜日にジャーナルScienceに掲載された論文でそれらの存在を確認しました。

三酸化物は非常に可燃性で爆発性があります。それらは、イソプレンや硫化ジメチルなど、大気中に放出される一般的な物質の大気分解によって形成されます。共著者のJing Chenによると、実際には「ほとんどすべての化合物から」です。 2種類のラジカル間の反応によって生成され、数分から数時間の間どこでも持続し、その間に空気中の他の化合物と反応する可能性があります。

その間、新たに発見された化学物質は、空気中の小さな粒子であるエアロゾルに浸透する可能性があり、心血管疾患や呼吸器疾患につながる健康被害を引き起こす可能性があると研究者らは観察した。三酸化物がエアロゾルと結合するときに形成される新しい化合物は研究されておらず、人間への影響は知られていない。

さらに、研究者らは、三酸化物が生成されるエアロゾル粒子の数に影響を与える可能性があることに注目しました。これは、太陽光が宇宙に反射されたり、雲の形成に吸収されたりするなど、気候の側面に影響を与える可能性があります。これらは両方とも、地球の温度に影響を与えます。

研究の共著者であるKristanMollerは、「ほとんどの人間の活動は化学物質の大気への放出につながる」と述べたが、彼の共著者であるEva Kjaergaardは、新たに発見された化合物自体が大気への新たな到着ではないと指摘した。 「これらの化合物は常に存在していました。私たちはそれらについて知りませんでした。」

したがって、研究者たちは、彼らの発見によってもたらされる潜在的な危険にもかかわらず、心配していません。代わりに、彼らはそれをチャンスと見ています。 「化合物が形成され、一定期間生存するという証拠があるという事実は、それらの効果をより的を絞って研究し、危険であることが判明した場合に対応することが可能であることを意味します」と上級著者のヘンリック・キャーガードは説明しました。
posted by ZUKUNASHI at 15:15| Comment(0) | 健康・病気

ザハロワの疑問、意見



posted by ZUKUNASHI at 00:52| Comment(0) | 国際・政治