ずくなしの冷や水

2022年05月23日

子供で原因不明の重篤な急性肝炎 日本でも










https://t.me/rtnews/24135
Three Children Die of Acute Hepatitis in Indonesia
Three pediatric patients in Indonesia died from acute hepatitis last month, as the death toll from the bizarre outbreak and deadly trend continues globally.
Indonesia's health ministry said the mysterious liver ailment - affecting children from the US to Asia - has now claimed several lives.
Symptoms reportedly included nausea, vomiting, heavy diarrhea, fever, jaundice, seizures and loss of consciousness.
症状は、吐き気、嘔吐、激しい下痢、発熱、黄疸、痙攣、意識消失などであったと報告されています。














posted by ZUKUNASHI at 22:50| Comment(0) | 国際・政治

耳掛け式のN95は漏れができる 


これが、医療従事者だけでなく、イヤーループマスクの推奨をやめた理由です。 KF94/KN95マスクから大きなリークが発生します。これは必ずしもそうとは限らないと聞いていますが、正式な適合性に合格しない限り、着用しないでください。人口の大部分が失敗するのではないかと思います!

緊急のHSEアラート
FFP2/N95「イヤループ付きのマスクはあなたを適切に保護しません」
「面との良好なシールは達成できません。」
https://hse.gov.uk/safetybulletins/ear-loop-respirators.htm
感染症患者に直接ケアを提供するヘルス&ソーシャルケアワーカー-これらを着用しないでください。あなたは感染する危険があります

・・・・・

頭の後ろまでゴムひもを回さないと顔面への密着が十分でないということです。
posted by ZUKUNASHI at 22:31| Comment(0) | Covid19

マスク着用緩和、適切53% 何に誘導するつもりか

マスク着用緩和、適切53%
半数超が「経済活動優先」と回答
共同通信社が21、22両日実施した全国電話世論調査によると、新型コロナウイルス対応を巡り政府が発表したマスク着用基準の緩和について「適切だ」との回答が53.9%となった。政府が優先するべき対応について「経済活動」「どちらかといえば経済活動」が計53.7%で、「感染防止」「どちらかといえば感染防止」の計44.6%を上回った。岸田内閣の支持率は61.5%。4月の前回調査に比べ2.8ポイント上昇し、発足後最高となった。不支持率は21.8%だった。

・・・・・・

マスク着用が経済活動の障害になっている? マスク着用は、経済活動への寄与を期待する国境措置の緩和や集会規制の緩和とは関係がない。

マスク着用緩和は、感染者の抑制に反し、医療費の増加や将来的な福祉負担の増大につながる。

感染者が増えてもそれは自己責任。感染者が出ようと売り上げが増えればよいという企業の本音、資本の論理の押し付けを狙う記事にしか見えないのですが。

個人の「自己責任」による防護を継続しないと企業利益の食い物になってしまいます。

感染者、ワクチン接種者は、免疫に変化が表れており、他の感染症に罹患しやすくなっている恐れもあります。がんの発生増加が指摘されています。

posted by ZUKUNASHI at 21:31| Comment(0) | 国際・政治

イラク シリア





New videos appear to show US choppers transferring Daesh terrorists in Iraq



posted by ZUKUNASHI at 21:27| Comment(0) | 国際・政治

イスラエルがテヘランでIRGの大佐を暗殺






Iran Revolutionary Guard colonel assassinated
The Quds Force member was shot five times outside his home in Tehran
Sayyad Khodaei, a colonel in the Islamic Revolutionary Guard Corps’ elite foreign operations squad, the Quds Force, has been shot dead by a pair of motorcycle-mounted assassins outside his home on Mojahedin-e Eslam Street in Tehran, Iranian state media reported on Sunday.

Khodaei was shot five times while sitting in his car in broad daylight on the street, which is considered a secure area and located near the Iranian parliament. His body was discovered by his wife, and the Tehran prosecutor quickly appeared on the scene to call for a thorough and rapid police investigation.

The IRGC decried Khodaei’s murder as a “terrorist act” and blamed “elements linked to global arrogance” for the crime, a reference to the US, Israel and their allies. He was described as a “defender of the shrines,” meaning he fought with the Quds Force in Syria and Iraq.

posted by ZUKUNASHI at 17:38| Comment(0) | 国際・政治

アメリカ統合参謀本部議長マーク・ミリーの中短期見通し

ミリーの演説は、興味深いです。彼はすでに米国が唯一の超大国ではなくなったと認識し、「現在のルールに基づく秩序」が挑戦を受けていると述べています。ウクライナの戦争については、米国自身が戦略を助言あるいは指揮しているはずですが、何かロシア側から見た評価を述べているのか勘違いしそうです。
米国は、イラク、シリアでも市民を巻き込んだ戦争をテロリストを使って遂行してきました。
今回は、シリアで始まったロシアの楔が全面的に米国と対立する形になり、米国はこれまでとは違うと認識しなければならなくなっています。その点では、ミリーの認識と発言は的確だと言えるでしょう。

Top US general warns of ‘conflict between great powers’
General Mark Milley, chair of the US Joint Chiefs of Staff, named China and Russia as the global powers America is vying against

The likelihood of a military conflict “between great powers” is growing, the chair of the US Joint Chiefs of Staff, General Mark Milley, has warned.

Speaking in front of cadets graduating from US Military Academy West Point on Saturday, Milley said that the “world you are being commissioned into has the potential for a significant international conflict between great powers.” The general added “that potential is increasing, not decreasing.”

Milley went on to single out China and Russia, describing both as having “significant military capabilities” and intending to “change the current rules-based order.”

He also noted that the ongoing fighting in Ukraine highlighted some of the main characteristics of future battlefields, which will be “highly complex and almost certainly decisive in urban areas against elusive, ambiguous enemies that combine terrorism and warfare alongside conventional capabilities – all embedded within large civilian populations.”

Moreover, Milley predicted a radical shift in military technology in the coming decades akin to the replacement of the musket by the rifle, and the rifle with the machine gun. Among the hardware dominating the future battlefield are “robotic tanks and ships and airplanes,” according to the general.

He also noted that the technological edge is no longer necessarily in America’s favor.

“What was once the exclusive province of the United States military is now available to most nation states with the money to acquire them,” Milley warned. He also pointed out that the development of artificial intelligence meant that “whatever overmatch we the United States enjoyed militarily for the last 70 years is closing quickly,” with Washington already being “challenged in every domain of warfare in space and cyber, maritime air and, of course, land.”

Milley called on the US military to be adaptive and resilient while maintaining “incredible character under the intense pressure of ground combat.”

This is not the first time Milley has made such assessments. In early April, he told US lawmakers that the “potential for significant international conflict is increasing, not decreasing.” He also described Russia’s attack on Ukraine as “threatening to undermine not only European peace and stability but global peace and stability that my parents and a generation of Americans fought so hard to defend.”

China, too, was mentioned in the general’s speech at that time.

He, along with Defense Secretary Lloyd Austin, argued before the US House Committee on Armed Services that these perceived threats justified the record-breaking $773 billion budget the US Department of Defense was requesting for the next fiscal year.

アメリカ統合参謀本部議長のマーク・ミルリー将軍は、アメリカが対抗する世界の大国として中国とロシアを名指しした。

「大国間」の軍事衝突の可能性が高まっていると、アメリカ統合参謀本部議長のマーク・ミルリー将軍が警告した。

土曜日に米陸軍士官学校ウェストポイント校を卒業する士官候補生を前に、ミルリー氏は「君たちが着任しようとする世界は、大国間の重要な国際紛争の可能性を秘めている」と述べた。そして、「その可能性は減少するどころか、ますます高まっている」とも述べた。

さらに、中国とロシアを挙げ、両者は「重要な軍事力」を持ち、「現在のルールに基づく秩序を変える」つもりであると述べた。

彼はまた次の点を指摘した。
ウクライナで進行中の戦いは、将来の戦場の主な特徴をいくつかを浮かび上がらせている。
その特徴は、非常に複雑で都市的地域においてはほぼ確実に決定的なことは、伝統的な戦力にテロと戦闘を組み合わせた、捉えどころのない曖昧な敵との闘いであり、多数の民間人の中にすべてが埋め込まれている。

さらに、Milley氏は、マスケットからライフル、ライフルからマシンガンへの置き換えのような、今後数十年間の軍事技術の急激な変化を予測した。未来の戦場を支配するハードウェアの中には、「ロボット戦車、船、飛行機」が含まれると同将軍は言う。

また、技術的な優位は必ずしもアメリカにあるわけではないとも指摘した。

「かつては米軍の専売特許だったものが、今では資金さえあればほとんどの国家が手に入れることができる」と、ミレイは警告した。また、人工知能の発達により、「過去70年間、米国が軍事的に享受してきたオーバーマッチは、急速に失われつつある」と指摘し、米国はすでに「宇宙、サイバー、海上、航空、そしてもちろん陸上のあらゆる戦闘領域で挑戦を受けている」と述べた。

ミリー氏は、米軍に対して、「地上戦の激しい圧力の下で、信じられないほどの性格を維持しながら、適応力と弾力性を発揮すること」を呼びかけた。

ミリー氏がこのような評価をしたのは、今回が初めてではない。4月上旬には、米国の議員に対して、「重大な国際紛争の可能性は減少するどころか、高まっている」と述べた。また、ロシアのウクライナ攻撃について、「ヨーロッパの平和と安定だけでなく、私の両親やアメリカ人の世代が守るために懸命に戦った世界の平和と安定を損なう恐れがある」と表現している。

中国についても、この時の将軍の演説で言及されている。

彼はロイド・オースティン国防長官とともに、米下院軍事委員会で、こうした脅威の認識が、米国防総省が来年度に要求している773億ドルという記録的な予算を正当化するものだと主張したのである。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。一部修正。
posted by ZUKUNASHI at 14:20| Comment(0) | 国際・政治

オランダで先月バクテリアで子供7人死亡


オランダ:先月の「水痘」に続いて少なくとも7人の幼児が死亡したと報告

小児科医は警鐘を鳴らします:危険なバクテリアが幼児の間で循環しています。
A群連鎖球菌感染症になって亡くなっているようです。
壊死性筋膜炎も見られるとあります。

ツイートが分かりにくいです。とりあえずの情報。
posted by ZUKUNASHI at 10:05| Comment(0) | 健康・病気