ずくなしの冷や水

2022年05月18日

米国がISISテロリストをリクルート

US recruits ISIS terrorists to fight in Ukraine, Russian intel says
The SVR claims that Washington is “ready to use any means,” including hiring ISIS fighters as mercenaries
The US has been “actively recruiting” terrorists to fight in Ukraine, Russia’s Foreign Intelligence Service (SVR) claimed on Tuesday, saying that it illustrates Washington’s readiness “to use any means to achieve its geopolitical goals.”

The SVR revealed in a statement that, according to the intelligence it is receiving, “the United States is actively recruiting even members of international terrorist organizations, including the Islamic State (ISIS) group banned in the Russian Federation, as mercenaries to participate in hostilities in Ukraine.”

The Russian intelligence service points to the American military base in Syria called al-Tanf, which is located close to the borders with Jordan and Iraq. According to its sources, this base and the surrounding area have turned into a kind of terrorist “hub,” where up to 500 ISIS and other jihadists can be “retrained” simultaneously. SVR claimed that last month 60 ISIS militants, who had been released from prisons controlled by the Syrian Kurds, were transferred to al-Tanf “with a view to subsequent transfer to Ukrainian territory.”

The SVR specified that during a training course at al-Tanf the militants are instructed on how to use anti-tank missile systems, reconnaissance and strike drones, advanced communications and surveillance equipment.

In the SVR’s opinion, this data confirms that “the United States is ready to use any means to achieve its geopolitical goals, not excluding sponsoring international terrorist groups.”

The intelligence service concluded by saying that the American administration does not consider the consequences of such actions, “even when it comes to threats to the security of European allies and even to the lives of the Americans.”

Washington has insisted that “there are no US soldiers in Ukraine.”

Meanwhile, the presence of American troops on Syrian territory at al-Tanf base, which the SVR mentions in its statement, has long been considered by both Moscow and Damascus as illegal. The previous US administration pledged that American forces would leave northeastern Syria but only after ISIS militants are defeated and the Kurds protected.

Then-National Security Advisor John Bolton made it clear that another task of the US forces at al-Tanf was to counter Iranian influence in the region.

In October 2021, there were reports that, according to Israeli defense sources, about 350 military members and civilians were still using al-Tanf, including some British and French forces that were described as “intelligence experts.”

米国はウクライナで戦うためにISISのテロリストをリクルートしているとロシア情報機関が発表した。
SVRは、ワシントンはISISの戦闘員を傭兵として雇うなど、「どんな手段も使う用意がある」と主張している。
米国はウクライナで戦うためにテロリストを「積極的に募集」していると、ロシアの対外情報庁(SVR)が火曜日に主張し、これはワシントンが「地政学的目標を達成するためにいかなる手段も用いる」用意があることを示していると述べた。

SVRは声明で、受け取っている情報によると、"アメリカは、ロシア連邦で禁止されているイスラム国(ISIS)グループを含む国際テロ組織のメンバーでさえ、ウクライナでの敵対行為に参加するために傭兵として積極的に募集している "と明らかにしました。

ロシアの情報機関は、ヨルダンやイラクとの国境近くにあるアルタンフというシリアの米軍基地を指摘している。情報筋によると、この基地とその周辺地域は一種のテロリストの「ハブ」と化しており、最大500人のISISや他の聖戦士が同時に「再教育」される可能性があるとのことです。ロシア対外情報庁は、先月、シリアのクルド人が管理する刑務所から釈放された60人のISIS過激派が、「その後ウクライナ領に移送する目的で」アル・タンフに移送されたと主張しています。

ロシア対外情報庁は、アル・タンフでの訓練コースで、過激派が対戦車ミサイルシステム、偵察・攻撃用無人機、高度通信・監視装置の使用方法を教えられると明記しています。

ロシア情報庁の見解では、このデータは、「米国は地政学的目標を達成するためなら、国際テロ集団の支援に限らず、あらゆる手段を用いる用意がある」ことを裏付けています。

情報局は最後に、アメリカの政権は、ヨーロッパの同盟国の安全やアメリカ人の命に対する脅威であっても、そのような行動の結果を考慮しないと述べています。

ワシントンは、"ウクライナに米兵はいない "と主張している。

一方、ロシア対外情報庁が声明で言及している、シリア領内のアルタンフ基地での米軍の駐留は、モスクワとダマスカスの双方から長い間、違法と見なされてきました。米国の前政権は、米軍はシリア北東部から撤退するが、それはISIS過激派が敗北し、クルド人が保護された後であると公約していた。

当時のジョン・ボルトン国家安全保障顧問は、アルタンフに駐留する米軍のもう一つの任務は、この地域におけるイランの影響力に対抗することであると明言した。

2021年10月、イスラエル国防筋によると、約350人の軍人と民間人がまだアル・タンフを使用しており、その中には "情報専門家 "と称されるイギリス軍とフランス軍も含まれているという報告があった。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

トルコがシリア北西部のテロリストをウクライナに送っているとの情報があります。米国は、シリアのアルタンフでテロリストを教育訓練し、ウクライナに送ろうとしているとの情報です。ISISは、米国が主導して作ったものですから、彼らの破壊活動をどこで使うかは米国が決められます。
posted by ZUKUNASHI at 23:20| Comment(0) | ウクライナ

マリでクーデター未遂 ソマリアに米軍派遣


Western-backed coup foiled, government claims
Attempted coup in Mali comes amid tensions with France
A group of Malian officers attempted a coup last week with the help of a Western state, the government in Bamako has announced. While the military government did not name the alleged foreign culprit, the announcement comes amid the ongoing deterioration of relations with Mali’s former colonial ruler, France.

“A small group of anti-progressive Malian officers and non-commissioned officers attempted a coup on the night of May 11-12, 2022,” government spokesman Colonel Abdoulaye Maiga said on national TV on Monday evening. “These soldiers were supported by a Western state. The attempt failed thanks to the vigilance and professionalism of Mali’s defense and security forces.”

The government denounced the “outrageous attack on state security, the purpose of which is to hinder − or even annihilate − the substantial efforts to secure our country and return to a constitutional order that guarantees peace and stability” in Mali, but offered few details of the alleged plot.

posted by ZUKUNASHI at 23:00| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ戦争が世界の政治構造変化を加速



米加、欧州、豪NZの本当の姿を認識する国が増えます。ロシア・中国の政治的、経済的な力に望みをかける国が必ず増えます。中国の援助は、借金でその国を支配しようとするものではない。



posted by ZUKUNASHI at 14:16| Comment(0) | 国際・政治

日本の国会議員はゼレンスキーの演説にスタンディングオベイション



日本の国会議員は、ウクライナ問題の本質を何も知らないんですね。

個人でウクライナ支援の発信をしている人は、放っておけばいい。

そういうマスコミも見なけりゃいいだけ。

だが、国会議員には、そういう理解力、情報吸収力のない人がなってもらっては困る。

立憲民主なんて、なんのために議員をやっている?

2022年05月17日
ネオナチにとっては黄色人種は劣った人間なのに支援する愚

ある英国人は、民間人を助けるために来たが、ウクライナの将校によって戦闘に押し出された。
posted by ZUKUNASHI at 12:44| Comment(2) | ウクライナ

キエフでの路上リンチに子供までが参加



路上の木にラップフィルムで縛り付けられ、衣類を引き下げられて尻が露出しています。

子供がその尻を叩いているようです。子供は親の誘導に乗りますが、ウクライナのナチやテロリストが広く浸透していることの現れです。
posted by ZUKUNASHI at 09:42| Comment(0) | ウクライナ

China and Russia should work on establishing an alternative media






マウリポリの市民は、ロシア軍が支配下に置いたのでウクライナ軍の攻撃が止み、安心して暮らしています。避難する人はすでに避難しています。ロシアが住宅提供などという話はない。よくもこんなフェイクを流すものです。

ロシアは、RT Russia Todayやスプートニク、TASSなどで情報を発信しています。このブログ管理人は、SNSで知った情報をRTやTASSで確認しています。

中国は、最近改善が見られますが、情報発信が不足です。Record China は日本語版がありますが、パソコンでサイトを開くと表示がおかしく読みにくい。

国際情勢に関する信頼できる情報源は、なんといってもRTです。世界中で最も見られているオンライン情報発信源です。
posted by ZUKUNASHI at 09:35| Comment(0) | ウクライナ