ずくなしの冷や水

2022年05月15日

中国旅客機C919、航空会社に引き渡開始



ロシアの国産旅客ジェット機に先駆けて中国で国産機が就航です。中国国内向けだけでも採算が合うとされていますが、実績と製造能力が整えば、海外からも需要が出るでしょう。何年か後にはロシアの国産ジェット機も就航し、国内市場で使われます。

安全性に疑問の出ているボーイングがシェアを落とすことは確実。米国の輸出産業が大打撃を受けます。
posted by ZUKUNASHI at 23:44| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナがEUに入れば EUの終焉

Russia warns about 'end of EU'
Ukraine’s ideology is incompatible with the bloc’s stated values, Moscow claims
A decision by Brussels to initiate the procedure of Ukraine’s accession to EU membership would signify the end of the 27-member bloc, Russia’s deputy foreign minister Alexander Glushko has warned.

Modern Ukraine is a “state where Nazi groups rule the show and Nazi ideology reigns, which is incompatible with European values,” Glushko told journalists on Friday.

If Brussels welcomes such a country “this would mean the end of the EU and would show that the EU isn't guided by the values on which it stands and was created, but purely by geopolitics,” he explained.

The bloc has accelerated moves aimed at making Kiev a member after the launch of the Russian military operation in late February.

The government of Volodymyr Zelensky has already submitted its membership questionnaire to Brussels, with the European Commission planning to announce its opinion on it in June.

Russia had initially said it wouldn’t object to Ukraine being in the EU as, unlike the US-led NATO alliance, it's not a military bloc.

But Russia's foreign minister Sergey Lavrov revealed on Friday that Moscow has changed its stance on the issue.

The EU's behavior during the conflict, which included weapons shipments to Kiev and a push for a military solution, indicated that the bloc was in the process of merging with NATO and in the future will operate as merely its extension, Lavrov claimed.

“The EU is turning from the constructive economic platform that it was originally meant to be into an aggressive militant player that has ambitions stretching far beyond the European continent,” he said.

ウクライナのイデオロギーはEUの価値観と相容れないとモスクワが主張
ブリュッセルがウクライナのEU加盟手続きを開始することを決定すれば、27カ国からなるEUの終焉を意味すると、ロシアのアレクサンドル・グルシュコ外務副大臣が警告した。

現代のウクライナは、「ナチスのグループがショーを支配し、ナチスのイデオロギーが支配する国家であり、ヨーロッパの価値観とは相容れない」と、グルシュコ氏は金曜日に記者団に語った。

もしブリュッセルがそのような国を迎え入れたら、「これはEUの終わりを意味し、EUがその拠って立つ価値観によってではなく、純粋に地政学によって導かれていることを示すだろう」と彼は説明した。

EUは、2月下旬のロシア軍の作戦開始後、キエフの加盟を目指す動きを加速させている。

ヴォロディミル・ゼレンスキー政権はすでに加盟に関する質問書をブリュッセルに提出しており、欧州委員会は6月中にそれに対する意見を発表する予定だ。

ロシアは当初、米国主導のNATO同盟とは異なり、軍事ブロックではないため、ウクライナのEU加盟に反対はしないと述べていた。

しかし、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は金曜日に、モスクワがこの問題に対するスタンスを変えたことを明らかにした。

キエフへの武器輸送や軍事的解決の推進など、紛争中のEUの行動は、EUがNATOと合併する過程にあり、将来的には単なる延長として機能することを示している、とラブロフ氏は主張する。

「EUは、本来あるべき建設的な経済的基盤から、欧州大陸をはるかに超えた野心を持つ攻撃的な軍事的プレイヤーに変貌しつつある」と述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

記事統合
2022年05月07日
通貨ユーロが値下がりしていますが、この先長く、浮上は望めないかもしれませんね。

共同体という組織は、それが何らかの危機に遭遇した時に、構成員の中の強硬派に引きずられてしまい、穏当な解決策を選べなくなります。

もともと資源のない欧州は、二次、三次産業で稼がなければならないが、中国に追い上げられている。

エネルギーなしで経済を運営できるなどとだれが考えているんでしょう。

ウクライナ戦争に関して、欧州諸国の指導者は政治家としてのしたたかさを見せていない。米国の言いなり。

これではEUはNATOの経済部と言われてしまう。NATOがあり、ロシアに対決姿勢を取り、ウクライナを支援し続ける限り、EUはその負担を負う。

EUには当分安定期は来ない恐れ。ユーロはじり貧だと思う。







EU calls for confiscation of frozen Russian assets
Sanctioned assets should be used to rebuild Ukraine, the European Council president says
Russian assets that have been frozen in the EU as part of sanctions against Moscow over the conflict with Kiev should be seized and allocated for the reconstruction of Ukraine, European Council President Charles Michel said on Thursday.

“I’m absolutely convinced that this is extremely important not only to freeze assets, but also to make it possible to confiscate them, to make them available for rebuilding the country. I’m personally convinced,” Michel insisted in an interview with Interfax-Ukraine news agency.

He revealed that he had already told the Council’s legal service to come up with “some possible ideas in order to find a legal solution in line with the principles of the rule of law, that would facilitate and make possible the confiscation of the assets of the people who are sanctioned by the EU or by other countries in the world.”

Acting in such a manner should be “a question of fairness, a question of justice” for Brussels, he added.

However, Michel acknowledged that implementing his plan on a “legal level is not so simple.”

Europe becoming cocaine hub – Europol
The second-most-consumed drug in Europe had a market retail value of over $11 billion in 2020
Europe’s cocaine market is expanding amid “unprecedented levels” of trafficking and “historically high availability,” EU agencies said in a report on Friday, warning that the continent is increasingly becoming a hub for the production and trans-shipment of drugs around the world.

The growth in the European market is driven by high levels of production in South America and new production capabilities inside Europ itself, the joint report by Europol and the European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction (EMCDDA) said.
posted by ZUKUNASHI at 21:29| Comment(0) | 国際・政治

ロシア兵は手間をかけて住民を少人数ずつ避難させた



このロシア兵は、動き方からも経験を積んでいることが明らかです。若くはない。




posted by ZUKUNASHI at 19:51| Comment(0) | ウクライナ

電話の切れ目がないプーチン





エストニアの首相の話からすると、首相レベルでのプーチンへの接触が増えているようです。

独は電話会談をしています。エルドアンも電話してもおかしくない。アゾフスタルに関してはトルコ以外でも働きかけが増えているはず。

食糧問題での輸入希望国からの接触もありましょう。

ロシアの同盟国サイドの国も多い。

エストニアの首相は子供っぽい。
posted by ZUKUNASHI at 19:19| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナで設定された目標は完全に達成される

MOSCOW, May 15. /TASS/. The Russian Federation asserted to the US that it wouldn’t capitulate in Ukraine, Russian Ambassador to the US Anatoly Antonov told the Soloviev Live TV channel.

"We say firmly and clearly and are unequivocally confident, at least, Russian diplomats who work here, there won’t ever be any capitulation," the diplomat said. "We are confident that all the goals set by the supreme commander-in-chief before our armed forces will be completely attained. We will never give up, won’t back up," he added.

The ambassador noted that the goals and tasks of Russia’s special military operation are clearly defined. "All that we want is the absence of any threat for the Russian Federation from Ukrainian soil," he noted.

The envoy pointed out that the US is being drawn deeper into the conflict with unpredictable consequences. "Nevertheless, nowadays the situation is highly dangerous. The US is being drawn deeper into the conflict with the most unpredictable consequences for relations between two nuclear powers," he added.
モスクワ、5月15日。/TASS/. アナトリー・アントノフ駐米ロシア大使は、ソロヴィエフ・ライブTVチャンネルに対し、ロシア連邦はウクライナで屈服しないと米国に断言した。

"我々はしっかりと明確に言い、少なくともここで働くロシアの外交官は、いかなる降伏もないと明確に確信している "と外交官は言った。「我々は、最高司令官が我々の軍隊の前に設定したすべての目標が完全に達成されることを確信している。我々は決してあきらめないし、後退もしない」と付け加えた。

大使は、ロシアの特別軍事作戦の目標と任務が明確に定義されていることを指摘した。「私たちが望むのは、ウクライナの地からロシア連邦の脅威が一切なくなることだ」と指摘しました。

特使は、米国が予測不可能な結果を伴う紛争に深く引き込まれていると指摘した。「とはいえ、現在、状況は非常に危険です。米国は、2つの核保有国間の関係にとって最も予測不可能な結果を伴う紛争に深く引き込まれている」と付け加えた。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 17:42| Comment(0) | ウクライナ

アゾフスタルに籠るアゾフと外国人兵士の扱いが焦点に

マリウポルのアゾフスタル製鉄所の構内に籠っていた民間人はすでに解放され、ウクライナ軍とアゾフ大隊、それに外国人の兵士が残されています。民間人解放は、ウクライナ側には食料の節約という狙いがあったとみられますが、食料や水の備蓄は厳しくなっているはずです。

ウクライナは、トルコにアゾフスタルに残る者全員の引き受けを依頼していましたが、動きが出ました。トルコが、負傷者を船でイスタンブールに運ぶという提案を示しました。

ただ、この提案は、トルコの用意した船をマウリポルから80kmほど離れたベルジャンシクの港に向かわせてそこで負傷兵を乗船させるというものです。この間の輸送、護衛はどこがやるのか?

このアゾフスタル籠城兵士の扱いについて、動きが早まっています。

2022年05月09日
アゾフスタル工場内でロシア軍の代表とウクライナ軍との最初の対面接触

この結果については、報じられていません。進展はなかった。

2022年05月14日
オースティンとショイグが3か月ぶりに電話会談

オースティンは、ショイグに停戦を要求したと伝えられていますが、大量の武器を追加的にウクライナに送り込もうとしている米国が停戦を要求するなら、まず自分のほうで停戦の姿勢を示すべきです。この要求は、アゾフスタルの兵士救出のためにロシア側に停戦を要求したものです。

もちろんショイグは拒否したでしょう。

ロシア軍は投降した兵士については医療を提供しています。別にトルコに運ばなくても現地で投降すれば医療措置は受けられる。

おそらく外国人兵士の派遣国がウクライナに強く要請し、米国にも要請した。そして残りの時間は少なくなっている。

これまでの経過からすると、トルコの動きはその流れが一つの形をとったものです。このトルコの提案は、エルドアン大統領の最高顧問イブラヒムカリンがロイターにリークしています。

エルドアンがプーチンに要請するのかどうかは、わかりません。プーチンがそのまま受け入れるとは考えられないです。

ウクライナ側が、負傷兵が対象としつつもそれにそうでない兵士を潜り込ませる意図があることが疑われます。トルコもいつまでも何百人もの負傷兵を抱えていることはできない。いずれウクライナに戻って戦闘に加わります。

なぜトルコなのか。ウクライナはトルコのドローンなどを大量に購入しています。それにトルコはシリアに配置していたテロリストをウクライナに向かわせた可能性があります。外国人ボランティアです。

トルコの提案をロシアが拒否すれば、エルドアンがさらにプーチンに働きかけるのか。大統領最高顧問がリークしているところから見ると、エルドアンは成算がないとみている? 事務方もおそらくそれでエルドアンに語らせなかった、と見られます。

ウクライナ東部では、激戦が続いています。アゾフスタルに籠る兵士の扱いが当面の一つの焦点です。

Turkey offers to solve Mariupol stand-off
Russia has so far not agreed to the plan, according to Ankara
Turkey has offered to evacuate Ukrainian fighters and civilians from the besieged Azovstal steel plant in Mariupol, President Recep Tayyip Erdogan’s top adviser Ibrahim Kalin told Reuters on Saturday.

Currently, only fighters from the neo-Nazi Azov regiment and some units of the Ukrainian military remain inside the facility. Last week, both Russia and Ukraine said the evacuation of civilians from the sprawling industrial complex was complete.

Under the Turkish scheme, wounded fighters and civilians would be taken from the plant by land to the Ukrainian port of Berdyansk, controlled by Russian forces, and then shipped to Istanbul. Kalin did not explain why the land transfer was needed given that Mariupol has a large port of its own.

“If it can be done that way, we are happy to do it. We are ready. In fact our ship is ready to go and bring the injured soldiers and other civilians to Turkey,” Kalin said, adding that the plan might still materialize. “It may happen, yes. I believe it may happen.”
posted by ZUKUNASHI at 11:50| Comment(0) | ウクライナ

英国労働党の党首に批判集中

これまで経過を追っていないのでよくわかりません。Keir Starmerに辞めろと叫ぶ人が増えています。

Keir Starmer must know he can’t appease the rabid right

Labour must stop trying to ingratiate itself to reactionary voters and instead create a bold, pro-Europe leftwing vision, writes Julian Skidmore. Plus letters from Imelda O’Brien, Peter Wrigley, Stephen Decker and Neil Hickman

Owen Jones lays bare the tactical weaknesses in Keir Starmer’s Labour (Starmer gambled Labour’s fortunes on his integrity – no wonder he’s in deep trouble, 9 May). It doesn’t work to increasingly appease the right, because in our current divisive political era, one can never appease enough when the game is just a zero-sum turf war.

So Beergate could be an indicative test case. If he’s fined, either Keir Starmer ends up backing down on the value of integrity, thus saving Boris Johnson and then having to tack further right to ingratiate himself in an increasingly hostile environment. Or, he could take the poison pill and allow himself to be deposed in favour of a new, capable leader.

Learning from this is the most important thing. Centrists do, in fact, need at least the moderate left wing of the party, and the coalition of the Labour movement is better for it. Labour does need to collaborate with all opposition parties. And it needs to stop triangulating itself to impotence over the “red wall” and create a bold, pro-Europe vision that can demolish it, along with our deepening illiberalism.
Julian Skidmore
Birmingham

When I joined Labour in 2015, it was not because I was a radical, leftist “Corbynista”, it was because the party was offering a socialist agenda for the first time in my voting life. I was more excited by John McDonnell as a chancellor than I was by Jeremy Corbyn as leader; it was their manifesto I was interested in.

Of course the rightwing press were terrified. I wish Labour would devote its energies to standing up for the people who are really struggling and the people who want to support them. Start giving us a message we can get behind rather than following votes and you will find that you leave the rightwing press behind.
Imelda O’Brien
Hornsey, London

posted by ZUKUNASHI at 10:33| Comment(0) | 国際・政治

ゼレンスキーがマクロンが主権の一部を放棄するように促したと主張

France denies Ukrainian claims
President Volodymyr Zelensky claimed French leader Emmanuel Macron urged him to up give up some sovereignty to end the conflict with Russia
French President Emmanuel Macron has “never” asked Volodymyr Zelensky to make territorial concessions to end the ongoing conflict with Russia, contrary to statements by the Ukrainian leader, the Elysee has insisted.

During a Thursday interview with Italian broadcaster Rai 1, Zelensky accused Macron of suggesting that an effort should be made to “look for a way out for Russia” so that the fighting in Ukraine could stop.

“Proposing to us to give up something of our sovereignty to save [Russian President Vladimir] Putin’s face doesn’t seem right coming from some leaders. It is a waste of time,” the Ukrainian president said when asked about his French counterpart’s warning that Europe must avoid humiliating Putin.

The French presidency responded to those claims on Friday, insisting that Macron “has never asked for concessions from Zelensky. He has always said that it is up to the Ukrainians to decide the terms of their negotiations with the Russians.”

“The President of the Republic has never discussed anything with Vladimir Putin without the agreement of President Zelensky,” the Elysee added.
Googleによる機械翻訳
フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、ウクライナの指導者の発言に反して、ウォロディミル・ゼレンスキーにロシアとの進行中の紛争を終わらせるために領土の譲歩をするように「決して」要求しなかった、とエリゼは主張した。

イタリアの放送局ライ1との木曜日のインタビューで、ゼレンスキーはマクロンがウクライナでの戦闘を止めることができるように「ロシアへの道を探す」努力がなされるべきだと示唆したと非難した。

「[ロシアのウラジミール大統領]プーチンの顔を救うために私たちの主権の一部を放棄することを私たちに提案することは、一部の指導者から正しく来ていないようです。それは時間の無駄だ」と語った。ウクライナの大統領は、フランスの対応者がプーチンに屈辱を与えることを避けなければならないという警告について尋ねられたとき、言った。

フランスの大統領は金曜日にこれらの主張に応え、マクロンは「ゼレンスキーに譲歩を求めたことは一度もない」と主張した。彼はいつも、ロシア人との交渉の条件を決めるのはウクライナ人次第だと言ってきた。」

「共和国大統領は、ゼレンスキー大統領の同意なしにウラジーミルプチンと何も話し合ったことはない」とエリゼは付け加えた。
posted by ZUKUNASHI at 10:18| Comment(0) | ウクライナ