ずくなしの冷や水

2022年05月14日

ザハロワ ロシアとウクライナが接触中

Diplomat says contacts between Moscow and Kiev take place
Maria Zakharova also commented on US statements that Washington does not see a "viable negotiating path" for resolving the Ukrainian conflict

MOSCOW, May 11. /TASS/. Russian Foreign Ministry Spokeswoman Maria Zakharova said that contacts between Russia and Ukraine in the sphere of talks proceed.

"Contacts [between Russia and Ukraine] are ongoing," she said on Radio Sputnik.

Zakharova also commented on US statements that Washington does not see a "viable negotiating path" for resolving the Ukrainian conflict. "I think many of the statements are made under the influence of the change of the current US administration, which is now taking place. <...> We should not be surprised at the scattered and contradictory statements we hear," she said.
マリア・ザハロワはまた、ワシントンはウクライナの紛争を解決するための「実行可能な交渉の道」を見ていないとの米国の声明についてコメントした。

マリア・ザハロワは、ワシントンがウクライナ紛争解決のための「実行可能な交渉の道」を見ていないとする米国の発言についてもコメントした

モスクワ、5月11日。/TASS/. ロシア外務省報道官マリア・ザハロワは、ロシアとウクライナの協議領域での接触は進んでいると述べた。

「(ロシアとウクライナの)接触は続いている」と彼女はラジオ・スプートニクで述べた。

ザハロワはまた、ウクライナ紛争を解決するための「実行可能な交渉の道筋」が見えないという米国の声明についてコメントした。「多くの発言は、現在行われている米国の現政権の人の交代の影響下でなされたものだと思う。<...>私たちは、散漫で矛盾した発言を聞いても驚くべきではないでしょう」と述べました。

・・・・・・

最近の報道では
ヘルソンに向けて撃ったミサイルがロシア軍によって撃墜されています。
オデッサに近い黒海の島、スネークアイランドの奪還を狙た作戦でウクライナ軍は大きな損失を出しました。
ドネツクに近い戦線でウクライナ軍は敗退、退却を続けています。
欧米の支援武器は、ポーランドからウクライナ東部に至る線路が使えなくなっており、重火器は運べません。そもそもウクライナ兵は最新兵器を使えません。

アゾフスタルには、まだ兵士が籠城しています。ロシア側は降伏を求めています。欧米、NATOの軍人が含まれています。

いったん、ロシアとウクライナの停戦・和平交渉が始まりましたが、途中でやる気をなくしたのはウクライナ側です。

ここにきてロシアとウクライナの接触が始まったということは、ウクライナ側が戦闘継続に限界を感じているということです。

交渉がどう進展するかは予断を許しませんが、時間がかかればその間、ロシア側は、支配地域の守りを固めるでしょう。

ロシア軍兵士の交代や補給は、的確に行われています。

早期の停戦合意が期待されます。

2022/5/11、夕刻になって米国、欧州の株価先物が上昇しています。ドルが下落しています。

Putin and Scholz discuss situation in Ukraine, progress of Moscow-Kiev talks − Kremlin
Putin drew Scholz's attention "to the continuing gross violations of international humanitarian law by the Nazi ideology militants and the inhumane methods that they are using," the press service said
MOSCOW, May 13. /TASS/. Russian President Vladimir Putin on Friday in a telephone conversation with German Chancellor Olaf Scholz once again discussed the situation in Ukraine, including the course of talks between Moscow and Kiev delegations, the Kremlin press service said.

It is noted that the conversation focused mainly on the humanitarian aspects of the situation in Ukraine. "Vladimir Putin outlined in detail the logic and the main tasks of the special military operation to protect the people's republics of Donbass, spoke about the measures that are being taken to ensure the civilians’ safety," the statement said.

"It was also mentioned that with the participation of the UN representatives and the International Committee of the Red Cross, the evacuation of civilians held by Ukrainian security forces at the Azovstal steel plant in Mariupol was carried out," the Kremlin informed.

Putin also drew Scholz's attention "to the continuing gross violations of international humanitarian law by the Nazi ideology militants and the inhumane methods that they are using," the press service said in a statement.

The Russian and German leaders discussed and gave a fundamental assessment of the process of the Russian-Ukrainian negotiations, which are "essentially blocked by Kiev," the Kremlin stressed.

The discussion was held at the initiative of the German side. Following the conversation, the two leaders agreed to continue the discussion of the aforementioned issues during contacts via various channels. The Russian president and the German chancellor have already had several telephone conversations since the start of the special military operation in Ukraine, each time paying attention to this topic in their conversations.


Talks With Ukraine de Facto on Hold as Kiev Not Interested in Dialogue, Putin Says
Moscow and Kiev held several rounds of talks after the start of the Russian special operation in Ukraine without reaching any kind of agreement.
President Vladimir Putin stated that Moscow-Kiev negotiations are on ice during talks with his Finnish counterpart Sauli Niinisto, the Kremlin announced.

"The leaders also discussed the situation in Ukraine. Putin, in particular, shared his opinion on the negotiation process between [the] Russian and Ukrainian sides, which was basically suspended by Kiev, as it does not show interest in a serious and constructive dialogue", an official statement read.
Moscow and Kiev held several rounds of talks, with the latest attempt to find common ground held in Istanbul in late March.
In the meantime, Russian forces and DPR and LPR militias continue fighting against Kiev's troops in Donbass and Ukraine, pressing them back amid the special operation.
The op was launched by Moscow in February in order to stop the eight-year-long war in Donbass. President Putin stressed that the actions of the Ukrainian military in the region amounted to genocide and noted that Russia's goal is the denazification and demilitarisation of Ukraine.



posted by ZUKUNASHI at 23:12| Comment(0) | ウクライナ

あらゆる経済的苦境をロシアになすりつけることは、ますます単調なものになっている

Americans aren’t buying ‘Putin’s price hike’
Blaming Russia for every economic woe is increasingly falling flat

一部の機械翻訳
アメリカ人は、パンデミックが始まって以来、ガス価格、食料価格、家賃の高騰から立ち直っています。これらはすべて着実に上昇しています。米国のジョー・バイデン大統領は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領を「プーチンの値上げ」と呼んで非難することを選択したが、人々はそれを購入していない。

マイルの高さのインフレに加えて、消費者がガスから必需品まで基本的にすべてのより高いコストを支払うことができないので、米国経済は停滞する危険があります。物流サプライチェーンの危機と輸送労働者の不足は、パンデミック時代の封鎖と移動制限によって悪化したすでに深刻な問題であり、問​​題を解決していません。

「分裂するのではなく、常に団結することを選択する」という約束を実行したバイデンは、ロシアに対して共通の目的でアメリカ人を団結させようとしています。ウクライナでの紛争のかなり前に、そしてロシア経済に対するバイデンの制裁の前に。

そして彼は、共和党員と彼らの「超MAGA」計画が「働く家族への増税」を非難している間ずっとこれを行っています。団結のためにそんなに。

ウクライナを支援する制裁を3月に発表してから数日後、バイデンは「前例のない制裁の結果、ルーブルはほぼ即座にがれきになった」と自慢しました。

「ロシア経済は半分に削減される軌道に乗っている」と彼は続けた。 「この侵略以前は世界で11番目に大きな経済にランクされていましたが、まもなく、トップ20にもランクインしなくなります。」ルーブルは急速に反発し、紛争前よりも価値が高くなったため、予測はうまく古くなりませんでした。


posted by ZUKUNASHI at 13:54| Comment(0) | ウクライナ

防護服を着て縄跳び 結婚式も





posted by ZUKUNASHI at 13:38| Comment(0) | 国際・政治

今は欧州には行かないほうが良い

ロシア外務省が、ロシア市民に英国を訪問したり、ビザを申請しないように勧告しています。


英国がロシアに対する敵愾心をあらわにしていますから、ロシア人は英国には行かないほうがよい。2018/3にはスクリパル事件が起き、その後スクリパル父娘は行方不明になっています。

欧州にはウクライナ難民も流入。治安悪化です。ウクライナ難民には、タットーをして銃を持っている者もいる。どこで銃を手に入れた?

Ukrainian Crowd Beat Polish Man To DEATH - For Protecting Girl (18+ Warning)
Warsaw police have not disclosed details of an incident in which a crowd of Ukrainians beat and stabbed a Polish man to death for reportedly trying to protect a girl who was being harassed.

https://t.me/rtnews/24494

posted by ZUKUNASHI at 13:25| Comment(0) | 国際・政治

米国も物価上昇をまぬかれない

米国の2022/4消費者物価指数+8.3%と発表されています。この発表直後に米国の金利引き上げのペースが早まるとの観測からドルが急伸しましたが、ほどなく元に戻りました。

米国株価先物は、この発表で急落、欧州株価も瞬間的に下落しました。

2022/5/11の米国株式市場は、序盤でダウが244ドルほどの上昇となっていましたが、引けは300ドル超の下落となりました。

米国の株価を決めるのは、金利動向もありますが、それ以外の要因も大きいはずで、米国の金融界は何を気にしているか。

EUの9か国のインフレ率はすでに10%を超えています。米国がさらなる物価上昇に見舞われることは確実。





バイデンの主張は現実から乖離している。ウクライナへの巨額支援は、実際にどのように使われるか疑義があるのでチェックをする仕組みが必要との声が出ています。

米国の経済制裁が、ロシアに圧迫を加えているのは確かでも、それと同等以上に、米国、欧州諸国に経済的混乱をもたらしています。さらに途上国はより大きな混乱が生じています。スリランカは政権が倒れました。これは米国が好きなレジムチェンジ。

途上国は、エネルギー、食糧価格の高騰でロシアに頼るしかなくなっています。リビアはロシアから小麦粉の試験輸入を始めました。試験といっても量は大きい。ウクライナからの穀物の搬出は港が使えないのでバイデンが2千万トンの在庫があるといっても実際には使えない。

世界的な食糧危機は現実の問題です。

先行きの経済的な問題、基礎的な物資の供給困難の改善の見込みもないのに、ここ2日ほど日米欧の株価は上昇しています。何か改善の方向での材料が出ているわけでもなさそうです。

posted by ZUKUNASHI at 13:20| Comment(0) | 国際・政治

マスクの効用は大きい 研究結果




すごい 韓国、マスク着用の義務化で#COVID19の感染率が93.5%減少し、ピーク時の公共交通機関でマスクを着用して社会的距離を置くことを両方実践すると、感染率が98.1%減少するという大規模な研究結果が発表されました。








Sputnik 日本, 1920, 18.11.2021
マスク着用で新型コロナの感染リスクが53%低下−研究結果
2021年11月18日, 20:47
マスク着用で新型コロナの感染リスクが53%低下 -
マスク着用は新型コロナの感染予防としてもっとも効果的な唯一の方法であり、感染リスクを53%低下させる。国際的な研究結果から明らかとなった。
英国やオーストラリア、中国など、各国から参加した研究者らは、公衆衛生のためのマスク着用と社会的間隔、その他の方法が世界的な新型コロナウイルスへの対応として効果があるかについて調査するため、6つの研究を行った。
この研究には40万人が協力し、そのうち2500人超がその当時、新型コロナウイルスに感染していた。
科学誌『British Medical Journal』に掲載された研究報告によれば、マスク着用が新型コロナウイルスの感染リスクを53%下げるという。社会的間隔の保持はこれよりやや確率が低かったが、この措置により感染リスクは25%抑えられる。また、手洗いは感染の機会を50%引き下げる。
ガーディアン紙によれば、こうした調査が行われるのは今回が世界ではじめてだという。

バングラデシュで行われたランダム化試験では効果が少なかったとされています。



Alt text: Me wearing a GVS Elipse Integra elastomeric with attached goggles. I’m wearing a pink hospital top in front of a cream colored wall, and my hair is pulled back.

そのうちこんな風にしないといけなくなるのかも。

posted by ZUKUNASHI at 13:16| Comment(0) | Covid19

南オセチアがロシアへの加盟の国民投票を準備

South Ossetia to hold referendum on accession to Russia on July 17 − presidential decree
The decree comes into effect on the day of its signing
TSKHINVAL, May 13. /TASS/. South Ossetia’s incumbent President Anatoly Bibilov has signed a decree appointing a national referendum on the republic’s accession to Russia on July 17.

"In line with provision 16 of article 50 of the South Ossetia’s constitution, I hereby resolve that South Ossetia’s referendum [on unification with Russia] be appointed on July 17, 2022," according to the presidential decree posted on the website of the South Ossetian president on Friday.

The decree comes into effect on the day of its signing.

According to earlier reports, South Ossetia’s Central Election Commission on Friday approved and referred to the president a package of documents concerning the referendum on joining Russia. Kristina Avlokhova, the Central Election Commission secretary, told TASS earlier that the president is to consider this package within ten days and submit it to the republic’s Supreme Court with a corresponding request to check it against current laws.

Bibilov said on March 30 that South Ossetia would take legal steps to join Russia. Parliament speaker Alan Tadtayev said that a referendum on the accession to Russia would be organized in the near future.

Signature lists in support for the referendum were submitted to the South Ossetian Central Election Commission on May 6.

Meanwhile, South Ossetia’s President Elect Alan Gagloyev said in an interview with TASS that a referendum on his country’s accession to Russia is to be organized when Moscow gives to understand that it is time for that.

5月13日、ツヒンバル。/TASS 南オセチアの現職大統領アナトリー・ビビロフは、同共和国のロシアへの加盟に関する国民投票を7月17日に行うことを定める政令に署名した。

金曜日に南オセチア大統領のウェブサイトに掲載された大統領令によると、「南オセチア憲法50条16項に従い、南オセチアの(ロシアとの統一に関する)国民投票を2022年7月17日に設定することをここに決議する」という。

この政令は署名したその日に発効する。

先の報道によると、南オセチアの中央選挙管理委員会は金曜日、ロシア加盟に関する住民投票に関する文書一式を承認し、大統領に回付した。中央選挙管理委員会秘書のクリスティナ・アヴロホヴァ氏はタス通信に、大統領は10日以内にこのパッケージを検討し、現行法との照合依頼とともに共和国の最高裁判所に提出することになっていると述べた。

ビビロフ氏は3月30日、南オセチアはロシアに加盟するための法的措置を講じると述べた。国会議長のアラン・タダエフは、ロシアへの加盟に関する住民投票を近いうちに実施すると述べた。

住民投票を支持する署名簿は、5月6日に南オセチア中央選挙管理委員会に提出された。

一方、南オセチアのアラン・ガグロエフ大統領選挙人は、タス通信とのインタビューで、ロシアへの加盟に関する住民投票は、モスクワがその時期であることを理解したときに実施される予定である、と述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ドネツク、ルガンスクのウクライナからの離脱に続いて、ヘルソンの住民投票、南オセチアの住民投票です。南オセチアは人口53,000人、

ジョージアは、米国が事実上管理する生物研究所があり、米国の援助が入っています。
posted by ZUKUNASHI at 09:48| Comment(0) | 国際・政治

ロシア産原油の全面禁止はハンガリーの反対で決まらず

EU sanctions unlikely to include Russian oil ban – reports
Hungary stalls bloc’s crude oil embargo plan

A sixth round of Ukraine-related anti-Russia sanctions is unlikely to include an oil embargo, several media outlets reported citing sources within the EU government.

According to Bloomberg, EU countries are still striving to agree on the sanctions package in full, and some member states believe that the decision on Russian oil should be postponed.

Representatives of Hungary, insist that the embargo will have devastating consequences on their country’s economy. Hungarian Prime Minister Viktor Orban recently urged that any option for an oil embargo should be discussed at a summit of EU leaders.

EU Foreign Policy Chief Josep Borrell on Friday announced that work on the oil ban has so far reached no results.
posted by ZUKUNASHI at 09:27| Comment(0) | ウクライナ

エルドアンがスウェーデンとフィンランドのNATO加盟にクルドテロリストの巣になると慎重姿勢

Key NATO member against Sweden and Finland in bloc
Turkey has opposed the alliance intentions of the Scandinavian nations, claiming they are like ‘a guesthouse for terrorists’
Turkish President Recep Tayyip Erdoğan declared on Friday that Ankara opposes the possibility of Sweden and Finland’s accession to NATO because he believes the two Scandinavian nations harbor ‘terrorists’.

By ‘terrorists’, the Turkish leader meant militants of the Kurdistan Workers’ Party (PKK), a separatist movement operating in southeastern Turkey, and members of the Revolutionary People’s Liberation Front (DHKP/C), an outlawed Turkish communist party.

The statement came after Helsinki and Stockholm demonstrated their intention to join the US-led military alliance.

“We are currently following the developments regarding Sweden and Finland [joining NATO], but we are not favorable towards it. At this point, it is not possible for us to have a positive approach,” the Turkish president told journalists.

“Scandinavian countries are unfortunately almost like guesthouses for terrorist organizations. PKK and DHKP/C are nested in Sweden and the Netherlands. And I'm going even further, in their parliaments,” he added.
posted by ZUKUNASHI at 09:21| Comment(0) | ウクライナ

オースティンとショイグが3か月ぶりに電話会談

First phone call between Russian and US defense chiefs since start of Ukraine conflict
Lloyd Austin has urged his Russian counterpart, Sergei Shoigu, for an immediate ceasefire in Ukraine
US Defense Secretary Lloyd Austin and Russian Defense Minister Sergei Shoigu conducted their first phone call since the start of Moscow’s operation in Ukraine in late February. The news was confirmed by both sides on Friday.

Austin has called for an “immediate ceasefire in Ukraine,” Pentagon Press Secretary John Kirby said.

According to the press secretary, Austin also “emphasized the importance of maintaining lines of communication” after nearly three months without contact with his Russian counterpart.

The Russian Ministry of Defense later on Friday confirmed the call, noting that the pair discussed issues of international security, including but not limited to the situation in Ukraine.

米国防長官のロイド・オースティンとロシア国防相のセルゲイ・ショイグは、2月下旬にウクライナでモスクワが活動を開始して以来、初めて電話をした。そのニュースは金曜日に双方によって確認された。

ペンタゴン報道官のジョン・カービー氏は、オースティンは「ウクライナでの即時停戦」を求めていると述べた。

報道官によると、オースティンはまた、ロシアのカウンターパートと連絡をとることがなかった約3か月経過後に「通信回線を維持することの重要性を強調した」。

ロシア国防省は金曜日遅くにこの呼びかけを確認し、ウクライナの状況を含むがこれに限定されない国際安全保障の問題について話し合ったことを認めた。

・・・・・

米軍幹部がロシア軍の幹部と直接連絡しようとしても、ロシア側が電話を受け付けませんでした。オースティンがショイグに電話をしたのは、まず道をつけるためだとみられます。

米軍は、アゾフスタルに籠る外国人兵士の救出策で関係国の軍から打開策を講じるよう求められているはずです。

「即時停戦」を求めたとありますが、武器を搬入している一方で停戦要求といういつもながらの勝手な要求です。
posted by ZUKUNASHI at 09:12| Comment(0) | ウクライナ

ヤマルパイプライン停止

以下の情報は、ロシアのメディアでは見ていないものです。この件についての情報に注意していますが、今のところ見当たりません。

(CNN) ロシア国営エネルギー大手ガスプロムは、ポーランドを通る「ヤマルパイプライン」を経由したロシア産天然ガスの供給を停止すると発表した。ロシア政府が多数の外国企業に制裁を科したことを受けた措置としている。
ガスプロムによると、ヤマルパイプラインのポーランド部分を所有するユーロポルガスが制裁の対象となっている。

ガスプロムは「制裁対象者の利益となる取引や支払いが禁止された。ガスプロムの場合はユーロポルガスが所有するガスパイプラインの使用が禁止される」と説明した。

ロシア、欧米のエネルギー企業31社に報復的な取引禁止措置
【5月12日 CGTN Japanese】ロシア連邦政府は11日、欧米のエネルギー企業31社に報復制裁を科すための法人取引制限リストを承認し、同日、ロシア法律情報の公式インターネットポータルサイトで発表しました。リストにはドイツ、イギリス、フランス、オーストリア、スイス、ベルギー、イタリア、チェコ、スロバキア、ブルガリア、ルーマニア、ポーランドの欧州諸国および米国とシンガポールの、ロシア産天然ガスの供給・販売企業31社が含まれているということです。

・・・・・

ウクライナを通るパイプラインをウクライナが止めました。

ドイツにガスが供給されるのか。5/13、ショルツがプーチンと電話会談をしています。ガス供給問題が取り上げられたとは書いてありませんが。

posted by ZUKUNASHI at 00:16| Comment(0) | 福島原発事故