ずくなしの冷や水

2022年05月11日

NATOの多くの同盟国もウクライナの領土で軍事生物学プロジェクトを実施

https://t.me/mod_russia/15636
USA米国だけでなく、NATOブロックの多くの同盟国もウクライナの領土で軍事生物学プロジェクトを実施していることに注意する必要があります。

大丸2️ドイツの指導部は、2013年にワシントンから独立した国家バイオセーフティプログラムの実施を開始することを決定しました。このプログラムの枠組みの中で、ウクライナを含む12か国が参加しています。

大丸2️ドイツ側では、プログラムにはドイツ軍微生物学研究所(ミュンヘン)、ロベルトコッホ研究所(ベルリン)、レフラー研究所(グライフスヴァルト)、ノヒト熱帯医学研究所(ハンブルク)が含まれます。

大丸2️新しい文書によると、2016年から2019年の期間にのみ、ドイツ連邦軍微生物学研究所の軍の疫学者が、ウクライナの25の地域に住む市民から血清のサンプルを3.5万サンプル採取しました。

大丸2️ドイツ連邦軍に従属する機関の関与は、ウクライナの研究所で行われる生物学的研究の軍事的方向性を確認し、ウクライナ市民の生物材料を収集するドイツの軍隊が追求する目標の問題を提起します。

大丸2️受け取った文書は、ウクライナの生物学研究所の活動にポーランドが関与したことも証明しています。疫学的脅威とウクライナでの狂犬病ウイルスの蔓延を評価することを目的とした研究へのポーランド獣医学研究所の参加が確認されました。これらの研究が国防総省の主要な請負業者の1つであるAmericanBattélInstituteと共同で実施されたことは特徴的です。

大丸2️さらに、米国の軍事生物学プロジェクトの参加者である疫学衛生研究所を含む、ポーランドがリビウ医科大学に資金を提供したという証拠書類が受領されました。 2002年以来、この組織は、デュアルユースの材料と技術の使用経験を持つ専門家向けの再トレーニングプログラムを実施しています。
posted by ZUKUNASHI at 22:59| Comment(0) | ウクライナ

ロシア下院議長米国がウクライナの将来の飢饉を招こうとしていると非難

Duma speaker blames US for stoking future famine in Ukraine
"The US has been looking for ways to move out grain of Ukraine which, US President Joe Biden said, is needed "to lower the price of the resource," Vyacheslav Volodin noted
MOSCOW, May 11. /TASS/. The United States has no confidence that Ukraine will win and is looking for ways to recover the money it has poured into the country, while setting the stage for a famine there, State Duma Speaker Vyacheslav Volodin said on his Telegram channel on Wednesday.

"Washington has no confidence that Kiev will win. They have been thinking up ways of recovering their funds, while setting the stage for a famine in Ukraine," Volodin said.

The US has been looking for ways to move out grain of Ukraine which, US President Joe Biden said, is needed "to lower the price of the resource." "Instead of offering real assistance, they have been taking away the essentials <…>. The Ukrainians need the grain reserves themselves to last until the new harvest," Volodin stressed.

Washington has already driven Ukraine into debt, with "$40 billion in aid having been provided under Lend-Lease to supply weapons and other assistance to Kiev with deferred payment," he specified. "Ukraine is being pushed deeper into debt. However, this has not contributed to the country’s development nor to the prosperity of its people. On the contrary, Washington has been dragging on military operations in Ukraine, this is why its residents have been unable to return to a peaceful life," Volodin concluded.

On February 24, Russian President Vladimir Putin launched a special military operation in Ukraine in response to a request for help from the leaders of the Donbass republics. The US and its allies responded with major sanctions against Russia and started supplying weapons to Kiev.

"米国は、ジョー・バイデン米国大統領が言った、「資源の価格を下げるために」必要とされるウクライナの穀物を運び出す方法を探している" Vyacheslav Volodinは、次のように指摘した。
モスコフ、5月11日。/米国はウクライナが勝利するという確信がなく、飢饉の舞台を用意しつつ、同国に注ぎ込んだ資金を回収する方法を探していると、下院議長のVyacheslav Volodinが水曜日に自身のテレグラムチャンネルで述べた。

「ワシントンはキエフが勝つと確信していない。彼らはウクライナで飢饉の舞台を用意する一方で、資金を回収する方法を考えている」とヴォロディン氏は述べた。

米国は、ウクライナの穀物を移動させる方法を探している。これは、ジョー・バイデン米国大統領が、"資源の価格を下げるために "必要だと述べたものだ。"真の援助を提供する代わりに、必需品を奪っている<...>。ウクライナ人は、新しい収穫まで持ちこたえるために、穀物の蓄えを必要としているのです」とヴォロディン氏は強調した。

ワシントンはすでにウクライナを借金漬けにしており、「キエフに武器やその他の援助を供給するために、レンドリースのもと400億ドルの援助が行われ、支払いは延期されている」と彼は明言した。「ウクライナはさらに借金地獄に追い込まれている。しかし、それは国の発展や国民の繁栄に寄与していない。それどころか、ワシントンはウクライナでの軍事行動を引きずっており、そのために住民が平和な生活を取り戻すことができないでいる」とヴォロディンは結論づけた。

2月24日、ロシアのプーチン大統領は、ドンバス共和国の指導者からの救援要請を受け、ウクライナで特別軍事作戦を開始した。米国とその同盟国はロシアに対する大規模な制裁措置で対応し、キエフへの武器供給を開始した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

https://t.me/azmilitary11/4217
The US President made a shocking statement:"There are 20 million tons of grain in storage in Ukraine.We are now trying to figure out how to get them out of the country. This will lower prices all over the world."

石油がなければ穀物で武器代を払えということです。
posted by ZUKUNASHI at 21:20| Comment(0) | ウクライナ

台湾の感染者数が中国を超える

2022/5/11、台湾の新規感染者57,216人。韓国43,899人。5/12 65,415人。

ロングコービドが感染者の半数に現れるとして、人口何人につき後遺症を示す人1人になるかを計算しました。人口を感染者の半分で割るだけです。御覧の通り、表の数値は連続的に増えていきます。欧州、北米、アジア、中東、南米。注目は韓国、欧州各国の仲間入りです。まだ一日4万人程度の新規感染者。オセアニアが悪い。日本もさらに上位進出がありますね。
 









高校生の野球選手にコロナ後遺症が出ています。
【高校野球】センバツ辞退の京都国際、惜敗で春敗退 選手が痛みなど訴えコロナ後遺症に苦しむ

posted by ZUKUNASHI at 19:31| Comment(0) | Covid19

ロシア戦勝記念日

ポーランドのワルシャワで第二次大戦の終結を記念する行事に参加していたロシア大使がペンキを投げつけられました。ポーランドの解放に力を尽くしたのも赤軍兵士なのに。無知な行為だといわれるのは当然。


ロシアの戦勝の日 パレードが始まりました。
https://blog.sakura.ne.jp/cms/article/edit/input?id=189522247&finished_from_edit=1&finished=1
やはり見ものは分列行進。
プーチンに特に変化は見られません。国防大臣は少し疲れている感じでしょうか。国防大臣のプーチンに対する報告の時間は以前に比べて大変短くなりました。

16:47兵器のパレード 全部ピカピカの新型です。床下にカメラを配置したり、運転席にカメラを置いたり工夫があります。
S-400のようです。

大陸間弾道ミサイルでしょうか。

パレードが終わりました。これから無名戦士の記念碑に献花です。

パレード参加者をねぎらいます。左側の女性は昨年も先頭を歩いていました。





posted by ZUKUNASHI at 12:23| Comment(0) | 国際・政治

コロナによる様々な症状

コロナによる症状を多くの論文からまとめたスレッドです。丁寧に読まないと理解できないのでとりあえず備忘的に引用しています。











SARS-CoV-2感染によるこれらすべての影響は、文字通り#LongCovidです。
Long Covidとは何かについて、メディア、政策立案者、Twitterの専門家によって煽られる多くの誤解があります。それは「倦怠感」や「脳の霧」ではありません。 Long Covidは、長期にわたる疾患プロセスと後遺症です

それで、ここでいくつかの重要なことを追加します。なぜなら、彼らはワクチンについて尋ねられているからです。
まず、ワクチンの入門書です。彼らは何をし、どのように機能し、どのような要因が彼らがどれだけうまく機能するかを決定します。






posted by ZUKUNASHI at 10:58| Comment(0) | Covid19

ウクライナは無益な攻撃で兵員と武器を失っている

Ukraine’s ‘senseless PR action’ at Snake Island led to heavy losses – Russia
Kiev lost 30 drones, 14 aircraft and 3 ships in a ‘senseless PR action’ to retake island, the Russian military says
Kiev has so far lost 30 drones, 10 helicopters, four jets, three ships, and upwards of 50 troops in failed attempts to take Snake Island, the Russian Ministry of Defense has revealed. Urged on by British advisers, President Volodymyr Zelensky personally ordered the attack and wanted to see a victory by May 9, media reported citing security sources.

Another Bayraktar TB-2 strike drone, a Turkish import, was shot down over the island on Tuesday, said Major General Igor Konashenkov, the spokesman for the Russian military. That makes nine Bayraktars destroyed over Snake Island since Saturday, he pointed out.

Russian troops noticed on Tuesday three more bodies of Ukrainian attackers that washed up on the beach, Konashenkov added, for a total of 27 special forces and nationalist battalion personnel that perished on the island itself.
機械翻訳
ロシア国防省は、スネーク島奪取に失敗し、これまでに30機のドローン、10機のヘリコプター、4機のジェット機、3隻の船舶、そして50人以上の兵力を失ったことを明らかにした。英国のアドバイザーに促され、Volodymyr Zelensky大統領が自ら攻撃を命じ、5月9日までに勝利を見届けたいと考えていたと、メディアは安全保障関係者を引用して報じた。

ロシア軍報道官のイーゴリ・コナシェンコフ少将は、トルコから輸入したTB-2型無人攻撃機「バイラクタール」が火曜日にも同島上空で撃墜されたと述べた。これにより、土曜日以降、スネーク島上空で破壊されたベイラクターは9機となったという。

ロシア軍は、海岸に打ち上げられたウクライナ人襲撃者の死体3体を発見し、島で死亡した特殊部隊と民族主義者大隊の人員は合計27人になったとコナシェンコフ氏は付け加えた。

・・・・

ウクライナは有効な反撃ができていません。



posted by ZUKUNASHI at 10:35| Comment(0) | ウクライナ

経済制裁による米国自身の打撃が大きい

Sanctions hurt US more than Russia – poll
Most Americans focused on economic woes at home, more than two in five of respondents indifferent to Ukraine's fate
A new poll has found that 53% of Americans believe that sanctions on Moscow hurt the US more than Russia. Amid soaring gas prices and rising living costs, voters are losing confidence in US President Joe Biden’s leadership, and 43% say they’re “OK” with Ukraine losing its ongoing conflict with Russia.

With inflation at a 40-year peak and gas prices near record highs, the Democracy Institute/Express.co.uk poll revealed that Biden is polling negatively in all policy areas, with foreign policy the worst. Some 56% disapprove of his handling of foreign matters, compared to 40% approving. On Ukraine specifically, only 38% approve of his stewardship, while 52% disapprove.

The Biden administration has attempted to blame Russia and its president, Vladimir Putin, for the rising cost of living at home, with his officials repeatedly referring to “Putin’s price hike.” However, living costs were rising for months before Russia sent troops into Ukraine, and voters are pointing the finger at Biden for their economic woes.

・・・・・

米国の株式市場は、3日連続で年初来安値を更新。経済の悪化を見込んでいるのは庶民だけではない。

金利上昇見込みで株式が売られているという面はあっても、エネルギー価格の高騰など経済制裁がもたらした効果が米国経済の不振につながると投資家は見ているでしょう。アナリストで公言する人は少ないにしても。

長期的に、ドルが覇権を失う、マイクロソフトのOSを捨てる動きが中国から始まる中で、米国経済の先行きは決して明るくない。
posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(0) | ウクライナ