ずくなしの冷や水

2022年05月10日

ヘルソンに向けたウクライナのミサイルが撃墜されている

ロシア軍が支配を確立したヘルソンに向けてウクライナ軍が撃ち込んだトーチカUミサイルなどがロシア軍によって迎撃されているようです。

トーチカUミサイルは、クラマトルスク駅の爆破に使われた数十キロは飛ぶとみられる弾道ミサイルです。

2022年04月20日
クラマトルスク駅爆破事件はウクライナ軍による自国民殺害

2件報告があります。

2022/4/28のRTの記事
Russia’s Defense Ministry claimed on Thursday that Ukrainian forces fired more than a dozen missiles overnight at the city of Kherson in southern Ukraine, which was seized by Russian troops in early March. The ministry said in a statement that Russian air defenses intercepted the rockets.
According to Moscow, late on Wednesday the Ukrainian military launched at least two ‘Tochka-U’ ballistic missiles as well as 12 missiles from a high-powered multiple rocket launcher, apparently targeting residential areas of Kherson. The incoming rockets were, however, shot down by the Russian forces deployed in the city. A video released by the Russian Defense Ministry appears to show the aftermath of the shelling, with what looks like missile debris seen in the footage.

もう1件は、2022/5/9の記事
Several missiles from a Uragan multiple rocket launcher system were fired from the direction of the city of Nikolaev, Saldo told Russia’s Tass news agency.
“They were all shot down by the Russian military’s air defenses… Kherson was the target,” the official insisted.
The administration later said on Telegram that five missiles were fired at the city. The Ukrainian military has yet to comment on the incident.
On Monday, a large crowd took part in the ‘Immortal Regiment’ procession, which is traditionally held in Russia and some other countries on Victory Day to commemorate those who fought against the Nazis.

4月の攻撃の際には、すべてを撃墜できなかったようですが、5/9の攻撃の際にはすべて撃墜したように書かれています。

これが事実ですと、この対空防衛力はずぬけています。トーチカUミサイルはブースターも付けた大きなミサイルです。S-400あるいはS-300を使ったことも考えられないことはありませんが、これらはコストもかかり、そんなに頻繁に使えるものではない。

S-400あるいはS-300ではなく、もっとコンパクトな地対空迎撃システムなのではないでしょうか。既存のシステムの改良版のようなもの。

ロシアがシリアに供与したとみられるダマスカス近郊を守る防空システムは、イスラエルからのミサイル・ロケット攻撃を防ぎきれていません。

トーチカUミサイルを迎撃できるようなシステムが多数配置されれば、防空能力は格段に高まります。ロシア製の対空防衛システムの評価が高まることは確実です。

米国の防空システムを導入したサウジは、イエメン軍のミサイル攻撃を防げませんでした。イスラエルのアイアンドームと呼ばれるシステムは、それなりの評価を得ていますが、多数のミサイルによる集中攻撃では防衛網を破られてしまいました。

日本の敵基地攻撃などという構想は、絵にかいた餅です。中国はロシア製のS-400のほか自国製の防空システムを開発しています。
posted by ZUKUNASHI at 22:52| Comment(0) | ウクライナ

コロナ感染回復者の半数が6か月後に様々な症状



Surviving the pandemic is only half the battle: ‘Long COVID’ could affect a billion in just a few years
The COVID death rate is a shadow of its former self, and more than two years into the pandemic, Americans seem to be breathing a sigh of relief. Thanks to vaccines, their risk of death or hospitalization from the virus is greatly diminished.

But there’s more to take into account before ditching your mask, experts say: long COVID, a new chronic condition defined by an array of symptoms that endure long after the initial COVID infection has cleared.

Long COVID may already affect between 7 million and 23 million Americans who previously had the virus, or up to 7% of the U.S. population, according to the U.S. Government Accountability Office.

Different estimates of how many people are affected with long COVID vary widely−from 10% to 80% of COVID survivors. More than half of COVID survivors report symptoms that persist after six months, Penn State College of Medicine researchers reported last year.

It’s a poorly understood condition that could disable over a billion worldwide in just a few years, says Arijit Chakravarty, a COVID researcher and CEO of Fractal Therapeutics, a drug development firm. Experts say that it’s quickly growing into a major public health concern already overwhelming primary-care physicians. (引用ここまで)以下は機械翻訳
COVIDの死亡率はかつての面影はなく、パンデミックから2年以上が経過し、アメリカ人は安堵のため息をついているように見えます。ワクチンのおかげで、ウイルスによる死亡や入院のリスクは大幅に減少しているのです。
しかし、マスクを捨てる前に考慮すべきことがもっとあると専門家は言います。ロングCOVIDは、最初のCOVID感染が解消された後も長く続く一連の症状によって定義される新しい慢性疾患です。
米国政府説明責任局によると、ロングCOVIDは、以前にウイルスに感染したことのある700万人から2300万人のアメリカ人、または米国人口の最大7%にすでに影響を及ぼしている可能性があります
ロングCOVIDに冒されている人の数のさまざまな推定値は、COVID生存者の10%から80%まで大きく異なります。 COVID生存者の半数以上が、6か月後も続く症状を報告している、とペン州立医科大学の研究者は昨年報告しました。
COVIDの研究者であり、医薬品開発会社であるFractal TherapeuticsのCEOであるArijitChakravartyは、これはよく理解されていない状態であり、わずか数年で世界中で10億人以上が障害を受ける可能性があると述べています。専門家は、それがすでにプライマリケア医を圧倒している主要な公衆衛生上の懸念に急速に成長していると言います。

How many people get 'long COVID?' More than half, researchers find.
Half of COVID survivors experience lingering symptoms six months after recovery
HERSHEY, Pa. − More than half of the 236 million people who have been diagnosed with COVID-19 worldwide since December 2019 will experience post-COVID symptoms − more commonly known as “long COVID” − up to six months after recovering, according to Penn State College of Medicine researchers. The research team said that governments, health care organizations and public health professionals should prepare for the large number of COVID-19 survivors who will need care for a variety of psychological and physical symptoms.

During their illnesses, many patients with COVID-19 experience symptoms, such as tiredness, difficulty breathing, chest pain, sore joints and loss of taste or smell.

Until recently, few studies have evaluated patients’ health after recovering from the coronavirus. To better understand the short- and long-term health effects of the virus, the researchers examined worldwide studies involving unvaccinated patients who recovered from COVID-19. According to the findings, adults, as well as children, can experience several adverse health issues for six months or longer after recovering from COVID-19.

The researchers conducted a systematic review of 57 reports that included data from 250,351 unvaccinated adults and children who were diagnosed with COVID-19 from December 2019 through March 2021. Among those studied, 79% were hospitalized, and most patients (79%) lived in high-income countries. Patients’ median age was 54, and the majority of individuals (56%) were male.

The researchers analyzed patients’ health post-COVID during three intervals at one month (short-term), two to five months (intermediate-term) and six or more months (long-term).

According to the findings, survivors experienced an array of residual health issues associated with COVID-19. Generally, these complications affected a patient’s general well-being, their mobility or organ systems. Overall, one in two survivors experienced long-term COVID manifestations. The rates remained largely constant from one month through six or more months after their initial illness.

The investigators noted several trends among survivors, such as:
(引用ここまで)以下は機械翻訳
COVIDサバイバーの半数が回復後6カ月で長引く症状を経験
ペンシルベニア州ハーシー - 2019年12月以降、世界中でCOVID-19と診断された2億3600万人の半数以上が、回復後6カ月までにCOVID後の症状(より一般的には「ロングCOVID」と呼ばれる)を経験すると、ペンシルベニア州立大学医学部の研究者は述べています。研究チームは、政府、医療機関、公衆衛生専門家は、さまざまな心理的・身体的症状に対するケアを必要とする多数のCOVID-19生存者に備えるべきであると述べています。

闘病中、COVID-19患者の多くは、疲労感、呼吸困難、胸痛、関節の痛み、味覚・嗅覚の喪失などの症状を経験します。

最近まで、コロナウイルスから回復した後の患者さんの健康状態を評価した研究はほとんどありませんでした。研究者らは、このウイルスの短期および長期の健康への影響をより理解するために、COVID-19から回復したワクチン未接種の患者を含む世界中の研究を調査しました。その結果、子供だけでなく大人も、COVID-19から回復した後、6カ月以上にわたっていくつかの健康上の有害な問題を経験する可能性があることがわかりました。

研究グループは、2019年12月から2021年3月までにCOVID-19と診断されたワクチン未接種の成人および小児25万351人のデータを含む57件の報告について系統的レビューを実施しました。調査対象者のうち、79%が入院し、ほとんどの患者(79%)が高所得国に居住していた。患者の年齢中央値は54歳で、大多数の人(56%)が男性でした。

研究者らは、1カ月(短期)、2〜5カ月(中期)、6カ月以上(長期)の3つの間隔で、COVID後の患者さんの健康状態を分析しました。

その結果、生存者はCOVID-19に関連したさまざまな健康上の問題を残存していることがわかりました。一般に、これらの合併症は患者さんの全般的な健康状態、運動能力、臓器系に影響を及ぼしました。全体として、生存者の2人に1人が長期にわたるCOVIDの症状を経験しました。その割合は、最初の病気から1ヵ月後、6ヵ月後、またはそれ以上までほぼ一定であった。

研究者らは、生存者の間に以下のようないくつかの傾向があることを指摘した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 20:35| Comment(0) | Covid19

犬の呼吸器疾患

posted by ZUKUNASHI at 17:43| Comment(0) | 健康・病気

英国首相がキエフ-モスクワ和平協議を妨害-ウクライナメディア

UK PM scuttled Kiev-Moscow peace talks – Ukrainian media
Prominent outlet claims unexpected visit of Boris Johnson played a key role in preventing an end to fighting
Last month's visit by British Prime Minister Boris Johnson was key in persuading Kiev to break off peace negotiations with Moscow, the newspaper Ukrayinska Pravda (UP) reported on Thursday, citing officials close to Ukrainian President Volodymyr Zelensky. The West had originally advised Zelensky to flee because Russia would win in 72 hours, but was now backing him fully, they claimed.

According to the “behind-the-scenes look” at the ongoing crisis published in the Kiev-based outlet, Ukraine’s western backers were convinced that the Russian military would seize Kiev within three days and offered Zelensky to govern from exile in London or Warsaw.

When this failed to happen, and Russia offered negotiations, Zelensky sent a delegation with the goal of creating the impression he was willing to make a deal. According to UP, the points of agreement made public by Russian envoy Vladimir Medinsky after the March 29 talks in Istanbul, Turkey “are in fact true.”

Then Russian troops withdrew from northern Ukraine and British PM Boris Johnson arrived in Kiev, “almost without warning” on April 9.

Johnson brought “two simple messages” with him, according to UP. The first was that [Russian President Vladimir] Putin was “a war criminal, who should be prosecuted and not negotiated with.” The second was that even if Ukraine was ready to sign some kind of agreement with Russia, the West was not.
Johnson’s message was understood as a signal that the collective West “now felt that Putin was not really as omnipotent as they had imagined,” according to Ukrainian officials quoted by UP. Between what they described as Ukrainian military victories and alleged Russian atrocities in “Bucha, Borodyanka and Mariupol,” the West stopped being “isolationist” and pledged to help Ukraine with all sorts of heavy weapons. Kiev officials are now publicly planning for a “total defeat” and “capitulation” of Russia.

“The moral and values gap between Putin and the world is so great that even the Kremlin will not have a negotiating table long enough to bridge it,” according to UP.

Moscow has said its military operation in Ukraine is proceeding as planned, with the “second phase” focusing on destroying or compelling the surrender of Ukrainian forces that have been shelling the Donbass for most of the past decade. The Russian military is also using long-range missiles to destroy railway junctions used to bring NATO weapons into Ukraine, as well as warehouses where they are being stored.

Russia attacked the neighboring state in late February, following Ukraine’s failure to implement the terms of the Minsk agreements, first signed in 2014, and Moscow’s eventual recognition of the Donbass republics of Donetsk and Lugansk. The German and French brokered Minsk Protocol was designed to give the breakaway regions special status within the Ukrainian state.

The Kremlin has since demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join the US-led NATO military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked and has denied claims it was planning to retake the two republics by force.
英国首相がキエフ-モスクワ和平協議を妨害-ウクライナメディア
ボリス・ジョンソンの突然の訪問が戦闘終結を阻む重要な役割を果たしたと有力紙が主張
ウクライナの新聞Ukrayinska Pravda (UP)は木曜日、ウクライナのVolodymyr Zelensky大統領に近い関係者を引用して、先月のBoris Johnson英国首相の訪問が、キエフにモスクワとの和平交渉を打ち切るように説得する鍵となったと報じました。西側諸国は当初、72時間以内にロシアが勝利するからとゼレンスキー氏に逃亡を勧めていたが、現在は全面的にバックアップしているという。

キエフに拠点を置く出版社に掲載された、進行中の危機の「舞台裏」によると、ウクライナの西側支援者は、ロシア軍が3日以内にキエフを占領すると確信し、ロンドンかワルシャワに亡命して統治するようゼレンスキー氏に申し出たという。

それが実現せず、ロシアが交渉を持ちかけると、ゼレンスキーは交渉に応じるという印象を与えることを目的に代表団を派遣した。UPによれば、3月29日のトルコ・イスタンブールでの会談後、ロシア特使ウラジミール・メディンスキーが公表した合意点は、"事実 "であるとのことだ。

その後、ロシア軍はウクライナ北部から撤退し、英国首相ボリス・ジョンソンは4月9日、「ほとんど前触れもなく」キエフに到着した。

UPによれば、ジョンソンは「2つのシンプルなメッセージ」を携えてきた。1つ目は、プーチン(ロシア大統領)は "戦争犯罪人であり、告訴されるべきであり、交渉の対象にはならない "というものだった。もうひとつは、ウクライナがロシアと何らかの協定を結ぶ準備ができていても、欧米はそうではないというものだった。
UPが引用したウクライナ政府関係者によれば、ジョンソンのメッセージは、欧米の集団が「プーチンが本当は想像していたほど全能ではないと感じた」というシグナルとして理解されている。ウクライナ軍の勝利と、「ブチャ、ボロディヤンカ、マリウポリ」におけるロシアの残虐行為とされるものの間に、西側は「孤立主義」をやめ、あらゆる種類の重火器でウクライナを支援することを約束したのである。キエフの高官たちは今、公然とロシアの「完全敗北」と「降伏」を計画している。

UPによれば、「プーチンと世界の間の道徳と価値のギャップは非常に大きく、クレムリンでさえ、それを埋めるために十分な時間の交渉のテーブルを持たないだろう」。

モスクワは、ウクライナでの軍事作戦は計画通りに進んでおり、「第2段階」では、過去10年間の大半をドンバスで砲撃してきたウクライナ軍を破壊するか降伏させることに重点を置いている、と述べている。ロシア軍はまた、長距離ミサイルを使って、NATOの武器をウクライナに持ち込むための鉄道分岐点や、武器を保管している倉庫を破壊している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 15:07| Comment(0) | ウクライナ

日本だけ人口が減り続けている



・・・中国にこんな指摘を受けるなんて、日本の没落を何よりも如実に示している。

このブログで出生数の減少を取り上げても関心を持つ人は少ない。
posted by ZUKUNASHI at 14:56| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ戦争による世界経済のダメージは大きい

世界同時株安になっています。
日本では、2022/5/9と5/10の二日で日経平均が1000円下落。昨日の米国の下落に続き、5/10の豪州株も大きく下落。韓国、中国も。

2月末の相場下落は、ウクライナ戦争の行方が見えなかったことがあります。ですが、現時点では、軍事面ではロシアの勝利が確実、ロシアに対する経済制裁も効いていない。

一方で、西側が課した制裁でエネルギー価格が大幅上昇、それが経済活動の障害になって来つつあります。

コロナで政府の支出が増え、ウクライナでも支援費用の増で西側諸国は財政的にも大きな負担が続いています。

ウクライナ+西側連合が形はともあれ事実上負ければ、負の遺産だけが残る。国際金融システムも変わり始めた。

この後の展開によりますが、戦後77年経過して、世界の各国の相互関係が大きく変わり始めたと思います。政治が、各国の力関係が変われば、経済も変わっていきます。

特に米国の覇権が弱体化していくときに生ずる自国内の変化とその影響が見ものです。
posted by ZUKUNASHI at 10:40| Comment(0) | ウクライナ

米国のレンドリースは基本的に商品ローン「決して安いものではない」

Lend-leaseとは、米国のレンドリース法または武器貸与法により基地を提供することと引き換えに、大量の軍需物資を供給するプログラムのこと、その契約だとされています。

Russia explains what US lend-lease really means for Ukraine
Kiev is heading into a debt pit, Russia’s parliament speaker warns

Lend-lease isn’t free, and generations of Ukrainians are going to pay for the weapons that’ll be supplied by Washington to Kiev under the program, Vyacheslav Volodin, Russian State Duma speaker, has said.

On Thursday, the US House of Representatives approved the “Ukraine Democracy Defense Lend-Lease Act,” which makes it easier for Washington to send weapons to Ukraine amid its conflict with Russia. However, those deliveries are conditioned on Kiev having to pay for the “return of and reimbursement and repayment for defense articles loaned or leased.” The lend-lease bill, which now only needs Joe Biden’s signature, is separate from the White House’s ongoing efforts to arm the government of Ukrainian President Volodymyr Zelensky with weapons from the Pentagon’s stockpiles.

“Washington’s motives are crystal clear,” Volodin wrote on Telegram, suggesting that lend-leasing to Ukraine “would allow to increase the profits of American defense corporations by several times.”

The parliament speaker recalled the events of World War II when the Soviet Union had received military hardware from the US under a similar lend-lease scheme.

“It was described as help from the allies,” but the USSR, which lost 27 million lives fighting the Nazis, had to return those debts for decades, among other things, sending its platinum, gold and timber to America as part of mutual settlements, he said.

“The payments were only completed 61 years after the Great Victory, in 2006,” Volodin pointed out.

Lend-lease is basically a commodity loan, and “not a cheap one,” he warned. “Many future generations of Ukrainian citizens are going to pay” for the weapons, ammo and food supplies delivered by Washington.

By agreeing to the land-lease scheme, “Zelensky is leading the country into a debt pit,” the parliament speaker insisted.

レンドリースは無料ではなく、このプログラムの下でワシントンからキエフに供給される武器の代金を何世代ものウクライナ人が支払うことになると、ロシア下院議長のVyacheslav Volodinが述べた。

木曜日、アメリカ下院は「ウクライナ民主防衛レンドリース法」を承認し、ロシアとの紛争の中でワシントンがウクライナに武器を送ることをより容易にした。しかし、これらの納入は、キエフが "貸与またはリースされた防衛品の返却と弁済 "を行うことが条件となる。貸し出し法案は、ジョー・バイデンの署名を必要とするだけで、ウクライナ大統領ヴォロディミル・ゼレンスキー政権を国防総省の備蓄兵器で武装させようとするホワイトハウスの進行中の取り組みとは別のものである。

ヴォロディン氏はテレグラムで、ウクライナへの貸し出しは「アメリカの国防企業の利益を数倍にすることができる」と示唆し、「ワシントンの動機は極めて明確だ」と書きました。

同議長は、第二次世界大戦中、ソ連がアメリカから同様のレンドリース方式で軍備を供与されたことを思い出したという。

「しかし、ナチスと戦って2700万人の命を失ったソ連は、その借金を何十年も返さなければならなかった。とりわけ、相互決済の一環として、プラチナ、金、木材をアメリカに送っていた、と彼は言う。

「大勝利から61年後の2006年になってようやく支払いが完了した」とヴォロディンは指摘した。

レンドリースは基本的に商品ローンであり、「決して安いものではない」と彼は警告した。「ウクライナ国民の将来の多くの世代が、ワシントンから届けられた武器、弾薬、食料品の代償を払うことになるのだ」と警告した。

レンドリース計画に同意することで、「ゼレンスキーは国を負債の落とし穴に導いている」と国会議長は主張した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

US reveals date of major step in arming Ukraine
Legislation will make it easier for Washington to send unlimited military equipment to Ukraine

White House Press Secretary Jen Psaki has confirmed that President Joe Biden will sign the Lend-Lease Act of 2022 on Monday. The legislation will make it easier for Washington to ship more types of weapons to Ukraine.

The authorisation will take place on May 9, or "Victory Day" – when the defeat of Nazi Germany is celebrated annually in Russia. The symbolism will almost certainly raise eyebrows in Moscow.

“The president will sign the Ukraine Democracy Defense Lend-Lease Act of 2022,” Psaki said on Friday, aboard Air Force One en route to the Cincinnati/Northern Kentucky International Airport. Biden is set to meet manufacturing leaders in the Greater Cincinnati area on Friday afternoon.

The “Lend-Lease Act,” which was previously used to help the allies during WWII, was revived and backed by the US Congress last week and will allow the US to export unlimited weapons to Kiev.
Poll reveals Austrians’ stance on joining NATO

While the bill was approved by Congress last week, it was put together back in January – more than a month before Moscow recognized the Donbass republics as independent and sent troops into Ukraine.

Moscow has repeatedly condemned the US and its NATO allies for delivering arms to Ukraine, insisting that the inflow of supplies will only prolong the conflict. The Kremlin has also said Western weapons are considered a legitimate target once they enter Ukrainian territory.

Since Russia launched its military operation on February 24, Washington has pledged almost $15 billion in military aid to Kiev. Biden has urged Congress to pass his $33-billion Ukraine aid package, which would direct $20 billion toward providing military support for Kiev.

法律により、ワシントンは無制限の軍事装備をウクライナに送ることが容易になります

ホワイトハウス報道官のジェン・サキは、ジョー・バイデン大統領が月曜日に2022年のレンドリース法に署名することを確認しました。この法律により、ワシントンはより多くの種類の武器をウクライナに出荷しやすくなります。

承認は5月9日、つまり「戦勝記念日」に行われます。これは、ロシアで毎年ナチスドイツの敗北が祝われる日です。象徴主義はほぼ確実にモスクワで眉をひそめるでしょう。

「大統領は2022年のウクライナ民主主義防衛貸付リース法に署名する」とプサキは金曜日にシンシナティ/ノーザンケンタッキー国際空港に向かう途中の空軍1に乗って言った。バイデンは金曜日の午後に大シンシナティ地域の製造業のリーダーと会う予定です。

第二次世界大戦中に同盟国を支援するために以前使用された「レンドリース法」は、先週米国議会によって復活し、支持され、米国が無制限の武器をキーウに輸出することを可能にします。

法案は先週議会で承認されましたが、モスクワがドンバス共和国を独立と認めてウクライナに軍隊を派遣する1か月以上前に、1月にまとめられました。

モスクワは、ウクライナに武器を届けたとして米国とそのNATOの同盟国を繰り返し非難し、物資の流入は紛争を長引かせるだけだと主張した。クレムリンはまた、西側の武器がウクライナの領土に入ると、正当な標的と見なされると述べた。

ロシアが2月24日に軍事作戦を開始して以来、ワシントンはキーウに約150億ドルの軍事援助を約束しました。バイデンは議会に彼の330億ドルのウクライナ援助パッケージを通過させるように促しました。それはキーウに軍事支援を提供することに200億ドルを向けるでしょう。

・・・この記事は、レンドリース法が何を可能にするかの説明を欠いています。武器の商品ローンを可能にするものです。ウクライナは当面タダで武器を入手できますが、後年支払いを行わなければなりません。資源もない国がどうやって返済できるのか。


posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 国際・政治