ずくなしの冷や水

2022年05月06日

ウクライナ兵の遺体を収容するロシア兵


倒れたウクライナ兵の遺体を戦場から運び出すロシア兵。この目的のために何度も停戦を要請したがウクライナ軍は応じなかった。銃撃を受けながらも、ロシア軍はその作業を完了させた。遺体はウクライナ人に引き渡される。

・・・・・

ウクライナ軍は敗退しています。遺体も回収しようとしない。作戦もずさん、将校は真っ先に逃げている。


2014年5月2日、スラビャンスク近郊の村アンドレフカの住民は、ウクライナ第95旅団の隊列を足止めし、ウクライナ戦闘員が守ることを誓った市民に発砲しても立ち向かい続けたのです。

Posted by ukranian channel :

Our source in the OP said that Ukrainian commanders were forbidden to take the bodies of the dead from Russians and separatists. The General Staff sent a new order to the troops. According to the document, commanders of all levels are prohibited from organizing the exchange of the dead. It is also forbidden to negotiate with Russians or separatists on this issue. According to our source, the new order was prepared by the Ministry of Defense based on the decision of the Office of the President. The document is classified, but it does not indicate what such a decision is connected with. Commanders who disobey are threatened with dismissal.
The reasons for the refusal are quite understandable - if the corpses are taken away, then they must be buried, which means that even more information about the real level of losses will seep into Ukrainian society. And the point here is not even in the payment of compensation (although in them too), but, above all, in concealing the real size of the losses of the Armed Forces of Ukraine, which are now hastily trying to compensate at the expense of reservists and the Volkssturm.
投稿者:ウクライナチャンネル:

OPの情報筋によると、ウクライナの司令官はロシア人と分離主義者から死者の遺体を引き取ることを禁じられたという。参謀本部は部隊に新しい命令を送った。その文書によると、全てのレベルの司令官は死者の交換を組織することを禁止されている。また、この問題に関してロシア人や分離主義者と交渉することも禁止されている。情報筋によると、この新しい命令は、大統領府の決定に基づいて国防省が作成した。文書は機密扱いだが、そのような決定が何に関連しているかは示されていない。従わない司令官は解雇されると脅されている。
拒否の理由は極めて理解しやすい。遺体を持ち出すなら、埋葬しなければならない。つまり、実際の損失レベルに関する情報がさらにウクライナ社会に染み込むことになる。ここで重要なのは、補償金の支払いでもなく(それもあるが)、何よりもウクライナ軍の損失の実態を隠すことであり、予備役やヴォルクスシュトルムを犠牲にして、急いで補償しようとしているのである。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 23:56| Comment(0) | ウクライナ

チェチェン ドンバス部隊の兵士 残虐??







チェチェン
https://t.me/levigodman/1525
posted by ZUKUNASHI at 23:34| Comment(0) | 国際・政治

ウズベク国境警備隊が発砲しキルギスタン人3人が死亡

posted by ZUKUNASHI at 17:21| Comment(0) | 国際・政治

ハンターバイデンのパソコン修理の男がメディアを訴える

Man behind Hunter Biden laptop leak sues media
Computer repairman sues CNN, congressman, others for falsely claiming data trove that he exposed was ‘Russian disinformation’
The Delaware computer technician who exposed data from a laptop left at his shop by President Joe Biden’s son, Hunter Biden, has sued US Representative Adam Schiff (D-California) and three media outlets for defaming him by suggesting that he was an agent of a Russian disinformation campaign.

John Paul Mac Isaac’s lawsuit against Schiff, CNN, Politico, and the Daily Beast was filed on Tuesday at Montgomery County Circuit Court in Rockville, Maryland, seeking at least $1 million in actual damages and far more in punitive damages. Mac Isaac claimed that his business and reputation were destroyed because he was smeared as a treasonous criminal who worked with the Russians to influence the 2020 presidential election.

The filing was first reported by the New York Post, which also broke the story on alleged influence-peddling by the Biden family in October 2020 – just three weeks before the election – based on emails from Hunter Biden’s abandoned laptop. “After fighting to reveal the truth, all I want now is for the rest of the country to know that there was a collective and orchestrated effort by social and mainstream media to block a real story with real consequences for the nation,” Mac Isaac told the Post on Tuesday.


posted by ZUKUNASHI at 11:55| Comment(0) | 国際・政治

千葉県では感染者が若い年代に移っている

千葉県の新コロナウィルス感染者の死亡率が高く推移しています。埼玉県や神奈川県に比して以前はそれほど差がなかったのに最近は累積値で千葉が差を拡大しています。


これは、時間の経過とともに千葉の死亡率が相対的に上がってきていることにほかなりません。

次は浦安市の2022/4中の感染者の年代別分布です。

20代までで感染者総数の55%を占めています。

一方、4月中の無症状感染者は24人。オミクロン株では無症状感染者が多いとされていますが、1793人に対する24人の比率は0.015。言われていることとは全く違う。もしかして、無症状感染者が把握されないですっぽり抜け落ちている?

把握を怠っている、あるいは意図的に把握を避けているのだとしたら、感染者にカウントされない無症状感染者の死亡は一定数あるはずですから、亡くなってから検査をして感染者にカウントされているのであれば、感染者死亡率は上がります。

有症状の感染者の中で死亡者が多くなっているという特別の事情があるのかもしれません。

千葉県の公表数値に疑問の声が上がらないのはなぜでしょう。

上の表にあるように若い人の感染者割合が高いので、老人が主体を占めた時期に比べれば、死亡する人は少なくなっている。これは事実でしょう。てすが、死ぬ人がいないわけではないのです。現に千葉県の死亡数は増えています。

2022年04月28日
千葉県はコロナ死亡者の増え方が大きい ケアが劣っています






最近このような分析をやっていませんが、2022年の第6波はやはり大きいですね。
posted by ZUKUNASHI at 11:46| Comment(0) | Covid19

ウクライナ戦況 2





Pentagon denies sharing intel with Ukraine to ‘kill’ Russian generals
However, it provides “battlefield intelligence” to help Kiev “defend” the country
Ukrainian and German presidents bury hatchet – media
Der Spiegel publication says Zelensky and Steinmeier talked on the phone to ease tensions after snub











Reports that mobilization may be announced in Russia on May 9 are “untrue, nonsense” – Kremlin spox
動員はないとクレムリンのスポークスマンがきっぱり否定




アンドリュー・ヒルは、イギリス出身の傭兵である。 ウクライナに来る前に、彼はすでに戦闘経験を持っていました:彼はイギリスの地上軍に所属し、アフガニスタンで戦いました。彼は、戦闘経験のある訓練された軍事教官です。外国人のグループ全体が我々に対して働いていた。そのうちの何人かは排除され、第二の部分はどこかで逃げ回っているが、そう長くは続かないだろう。
ヒルは今、私たちと一緒にいる。彼は、金のために民間人に犯罪を犯したかつての仲間を呪っている、そう、自分と同じようにだ。外国の傭兵がロシア軍人をいかに拷問したかを語っている。死刑にならないよう、あらゆる方法で協力し、取引をしようとしています。




Germany warned about military aid to Ukraine
Providing training and arms deliveries to Ukrainian troops could make Berlin a party to the war, an expert report says
If a country provides a party to a conflict with “instructions or training”, including in using specific weapons in addition to supplying it with arms, it could lose its “safe” status as a neutral state under international law, a panel of experts told German MPs in a report issued back in mid-March.
Despite this conclusion, Berlin has stepped up the delivery of armaments to Ukraine over the past six weeks. Officials have brushed off the concerns, saying they don't believe they are crossing a red line by allowing Ukrainian troops to be trained at US bases on German soil. The government is well aware of the March report, spokesman Steffen Hebestreit told the media.
“We are convinced that the training of Ukrainian soldiers [in using] weapons systems in Germany still does not mean directly joining the war,” he said.




・・・ウクライナ人の政府に対する信頼は地に落ちています。住民投票をすれば、独立してロシアと同盟を結びたいという声が多数を占める地域が多いでしょう。ゼレンスキーはここまで自国民の人的被害が増えると戦後も政権の座にいられるかは疑問です。

カービーのこの発言について米国が世界の各地で進めている惨劇についてはこのような発言はないのにとの指摘が早速なされています。


西側通信社がウクライナ軍不利の情報を流すのは珍しいです。
Russian aviation destroys S-300 systems, ammunition and fuel warehouses in Ukraine
Russian air defense systems also destroy two Ukrainian Su-24M aircraft, spokesman for the Russian Defense Ministry Major General Igor Konashenkov said










・・・ウクライナの人口は2021年、クリミアを除いて4,159万人。ウクライナは出稼ぎが多いので、実際にウクライナに居住する人はもっと少ない。避難希望者を含めれば、人口の約1割に達します。


・・・クラスター爆弾の被害者ということ?

25 civilians leave Mariupol’s Azovstal plant
Among them six children under 14 years old
NOVOAZOVSK, April 30. /TASS/. A group of civilians has left the Azovstal steel workshops in Mariupol, a TASS correspondent reported from the site on Saturday.

A total of 25 people, including six children under 14 years old, have come out.

Mariupol is the largest city of the Sea of Azov, one of the key metallurgical centers of Donbass and a seaport. Two major ironworks are located in the city - the Ilyich metal plant and Azovstal. The Azovmash engineering plant is also situated in Mariupol.

The battles for Mariupol erupted on February 25. By now, Ukrainian nationalist formations have been driven out of Mariupol’s residential areas. In mid-April, over 1,300 personnel belonging to the 36th Ukrainian marine infantry brigade laid down their arms at the Ilyich factory in Mariupol. Later, the city’s merchant port was fully cleared of Ukrainian troops and the hostages held there were released. Ukrainian nationalists remain holed up in Azovstal, blocked by Russian troops.
ノボアゾフスク、4月30日。/タス通信によると、民間人の一団がマリウポルのアゾフスタル鉄鋼作業場から退去した。
出てきたのは、14歳以下の子ども6人を含む計25人である。

Ukrainian strike on Donetsk market was a terrorist act
When artillery hit a busy public space in Donetsk, it brought flashbacks of attacks in Gaza and Syria
If the Donetsk marketplace that was hit by rocket artillery on Thursday had been in a city controlled by Kiev, the names and faces of the five civilians killed would be on all major news sites. But because it was another Ukrainian attack on civilians in the Donetsk People's Republic (DPR), the deaths and 23 additional civilians injured will almost certainly go unreported, as has the been the norm during the regime’s eight years of the Donbass and Western media’s eight years of ignoring the attacks.
・・・Eva Bartlett の記事です。彼女は新コロナウィルス対策で隔離政策などを激しく批判し、ジョージ・ギャロウェイにも攻撃の矛先を向けていました。彼女は戦争・政治ジャーナリストです。分野が違うと活躍できない。

posted by ZUKUNASHI at 09:27| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナの進退を決めるのは米国



Belarus outlines concerns about Ukraine conflict
The operation in Ukraine is “taking too long” but Russia “cannot lose,” President Alexander Lukashenko said

While Russia insists that its miitary offensive in Ukraine is proceeding according to plan, Belarusian President Alexander Lukashenko feels that it is taking too long, he told the AP in an interview on Thursday.

“I did not think the operation would drag on like this,” Lukashenko declared. “I am not so involved in this matter to say whether it’s going according to plan, as the Russians say, or the way I feel. But I would like to stress that I feel the operation is taking too long.”

Russia “by definition cannot lose or be defeated in this operation,” and this has to be the starting point of any analysis, Lukashenko told AP. He added that Minsk did everything to prevent the conflict and is currently doing everything it can to end it, pointing out he was the one who arranged the first talks between representatives of Moscow and Kiev, which took place in Belarus.

“I know Russia’s position. I know what Russia proposed to Ukraine. Why Ukraine, on whose territory there is basically a war in which people are dying, why Ukraine is not interested in these talks, is another question. But the answer to that question can be found in Washington,” he added.

Lukashenko brushed away concerns about the ongoing military drills in Belarus, announced out of the blue on Wednesday as NATO started its own exercises on the territory of Minsk’s neighbors – Defender Europe 2022 in Poland, and Swift Response 2022 in Lithuania and Latvia.
ウクライナでの作戦は「時間がかかりすぎている」が、ロシアは「負けるわけにはいかない」とアレクサンドル・ルカシェンコ大統領は語った。

ロシアはウクライナでの軍事攻勢が計画通りに進んでいると主張しているが、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領は時間がかかりすぎていると感じていると、木曜日にAP通信のインタビューで語った。

「作戦がこれほど長引くとは思っていなかった」とルカシェンコ大統領は明言した。「私はこの問題にあまり関与していないので、ロシア人が言うように計画通りに進んでいるのか、あるいは私が感じているように進んでいるのかを言うことはできない。しかし、私はこの作戦が長すぎると感じていることを強調したい」。

ルカシェンコはAP通信に対し、ロシアは「定義上、この作戦で負けることも敗北することもありえない」とし、これがあらゆる分析の出発点でなければならないと述べた。彼は、ミンスクは紛争を防ぐためにあらゆることを行い、現在は紛争を終わらせるためにあらゆることをしていると付け加え、ベラルーシで行われたモスクワとキエフの代表の最初の会談を手配したのは彼であると指摘した。

「私はロシアの立場を知っている。ロシアがウクライナに何を提案したかは知っている。なぜウクライナは、その領土で基本的に戦争があり、人々が死んでいる、なぜウクライナは、これらの協議に興味を持っていないのか、別の質問です。しかし、その答えはワシントンにある」と付け加えた。

ルカシェンコ大統領は、ベラルーシで行われている軍事訓練に関する懸念を一蹴した。NATOがミンスクの近隣諸国で独自の演習(ポーランドで2022年のディフェンダー・ヨーロッパ、リトアニアとラトビアで2022年のスウィフトレスポンス)を始めたことを受けて水曜日に突如として発表されたのである。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 00:24| Comment(0) | ウクライナ