ずくなしの冷や水

2022年05月04日

映画監督の予想シナリオはこんなになる


オリバー・ストーンは、「米国はドンバス地域のどこかで、出所不明の低収量核爆発を起こし、何千人ものウクライナ人を殺すためのお膳立てをしているのではないか、と私は思う。」と書いています。

ドンバスでロシアが核兵器を使う理由がないが、そんなことはどうでもよくなるのでしょう。まあ、今の米英ウクライナ政権幹部を見ていれば、ないとは言い切れない怖さがあります。

No WWIII is expected, and the US wants to end the war while victorious
イライジャ・J・マニエは、中東・北アフリカ(MENA)地域で35年以上の取材経験を持つベテラン戦場特派員・政治アナリスト
posted by ZUKUNASHI at 19:46| Comment(0) | ウクライナ

ウクライナの軍人は機会があれば降伏することを好む

Russia reveals number of captured Ukrainian POWs
Many Ukrainian servicemen see resistance as “futile” and prefer to lay down arms, Russia’s top investigator told RT

Russia is holding about 2,000 Ukrainian servicemen “who have voluntarily laid down their arms,” including five brigade commanders who “were fighting against the Donbass population,” the head of the Investigative Committee Alexander Bastrykin announced on Tuesday.

In an interview with RT, Bastrykin said that investigators were working with prisoners of war and were getting “many details about the circumstances of the Ukrainian regime’s crimes.”

“Everyone sees that Ukrainian servicemen, no matter how it sounds in the Western media and propagandist social media, prefer to surrender when a good opportunity arises. They understand the futility of resistance,” Bastrykin claimed.

The testimonies of those captured have provided the Russian authorities with information about the Ukrainian forces’ work with foreign advisors, as well as about foreign mercenaries, the Investigative Committee’s head revealed.

“Based on the available data, criminal cases have been initiated against 75 mercenaries who are participating in hostilities on the side of Ukraine. We know that they came from the UK, the US, Norway, Canada, Georgia and other countries,” Bastrykin said.

As an example, he mentioned a Georgian national who is said to have created an armed formation called Georgian National Legion on Ukrainian territory, which included at least 24 of his compatriots as mercenaries.

“Some of them also surrendered and were questioned by investigators,” Bastrykin added.

Commenting on the reports of alleged torture of Russian prisoners of war by the Ukrainians, Bastrykin said that “a number of such crimes” are currently being investigated. He cited two examples of such incidents: first, when the Ukrainians allegedly “systematically used physical violence” against several Russian servicemen whom they captured in Zaporozhye Region and “illegally held” for ten days.

“They tried to beat information out of them about the progress of the special military operation,” Bastrykin explained.

The second incident involved two groups of Russian soldiers who were captured in the Nikolayev Region and were allegedly also subject “to physical and psychological violence.”

“There are always chances to determine those involved, because there are no crimes without traces,” Bastrykin underlined, adding that the Investigative Committee was coordinating its efforts with officials from the Donetsk and Lugansk People’s Republics.

ロシア、捕虜となったウクライナ人捕虜の人数を公表
多くのウクライナ軍人は抵抗を「無益」とみなし、武器を置くことを好むとロシアトップの調査官がRTに語った。

ロシアは、「ドンバス住民と戦っていた」5人の旅団長を含む、「自発的に武器を捨てた」約2000人のウクライナ軍人を拘束していると、調査委員会のアレクサンダー・バストリキン部長が火曜日発表した。

RTとのインタビューで、バストリキン氏は、調査委員会は捕虜と協力しており、「ウクライナ政権の犯罪の状況について多くの詳細を得ている」と述べた。

"誰もが、ウクライナの軍人は、西側メディアやプロパガンダのソーシャルメディアではどうであろうと、良い機会があれば降伏することを好むと見ている "と述べた。彼らは抵抗が無駄であることを理解している」とバストリキンは主張した。

調査委員会の責任者は、捕らえられた人々の証言から、ロシア当局に、ウクライナ軍が外国の顧問と協力していることや、外国の傭兵に関する情報を提供したと明かした。

「入手可能なデータに基づいて、ウクライナ側で敵対行為に参加している75人の傭兵に対して刑事事件が開始された。彼らは英国、米国、ノルウェー、カナダ、グルジアなどの出身であることが分かっている」とバストリキン氏は述べた。

その一例として、グルジア人がウクライナ領内でグルジア国民軍団という武装集団を作り、その中に傭兵として少なくとも24人の同胞が含まれていたとされることを挙げました。

「そのうちの何人かは自首し、捜査官の尋問を受けた」とバストリキン氏は付け加えました。

ウクライナ人によるロシア人捕虜への拷問疑惑の報道について、バストリキン氏は、「そのような犯罪が数多く」現在捜査中であると述べた。まず、ウクライナ人がザポロジェ州で捕らえ、10日間「不法に拘束」したロシア兵数名に対して「組織的に身体的暴力を行使」したとされる事件である。

「彼らは、特別軍事作戦の進捗状況について、彼らから情報を引き出そうとしたのです」とバストリキンは説明した。

2つ目の事件は、ニコラエフ州で捕らえられた2組のロシア兵が、同じく「肉体的・心理的な暴力」を受けたとされるものです。

バストリキン氏は、「痕跡のない犯罪は存在しないので、関係者を特定するチャンスは常にある」と強調し、調査委員会がドネツクおよびルガンスク人民共和国の当局者と連携して取り組んでいることを付け加えました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 08:08| Comment(0) | ウクライナ

米国は日本の再軍備を奨励すべき ランド研究所

New US strategy seeks to arm Japan against China
With no ally in the region willing to host US missiles, Washington should encourage Japan’s rearmament instead, says a new report

None of the US allies in the Pacific are currently willing to host intermediate-range missiles, says a new report by the RAND corporation, a think-tank tasked with developing strategies for the Pentagon. Instead, its author advises, Washington should encourage Japan to develop a missile arsenal of its own in order to threaten Chinese ships.

Within days of the US pulling out of the Intermediate-Range Nuclear Forces (INF) Treaty in August 2019, the Pentagon revealed it was working on previously banned missiles and wanting to station them somewhere on the Pacific rim. As RAND analyst Jeffrey W. Hornung points out, that seems to be easier said than done.

In the report, which RAND publicized on Monday, Hornung argues that “the likely receptivity to hosting such systems is very low as long as current domestic political conditions and regional security trends hold,” pointing specifically to Thailand, Australia, South Korea, the Philippines and Japan.

So long as Thailand has a “military-backed government” that “shows a propensity to pursue closer ties with China,” the US wouldn’t want to base missiles there – and the Thai would be unlikely to accept if asked – Hornung said.

The Philippines are also “extremely unlikely” to accept US missiles. Even though “the Philippine public and elites generally support the United States and the alliance, President Rodrigo Duterte has pursued policies that negatively affect ties,” Hornung wrote.

According to the report, the government of South Korea (ROK) also has ties to China and is susceptible to Chinese pressure, with Seoul “highly unlikely” to consent to hosting US missiles amid “a general deterioration of US-ROK relations.”

While Australia seems like a good candidate, especially after the 2021 AUKUS submarine pact and other developments, Canberra is known for “historical reluctance to host permanent foreign bases.” Australia is also just too far from China for the ground-based intermediate-range missile systems (GBIRM) to be effective.

Even Japan, which is willing to “bolster its own defense capabilities vis-à-vis China,” is reluctant to accept any increase in the US military presence or “deploying weapons that are explicitly offensive in nature,” the report notes.

Any US strategy that relies on an ally permanently hosting GBIRM “would face serious risks of failure due to an inability to find a willing partner,” Hornung writes.

Instead, he argues the US should “help Japan in its efforts to develop and deploy an arsenal of ground-based, anti-ship standoff missile capabilities,” which could eventually lead to Tokyo being willing to deploy anti-ship cruise missiles with longer ranges.

“Although these missiles still would not be capable of deep strikes into China, if they were deployed on Japan’s southwestern islands or even Kyushu, they would be able to cover ship movements in the Taiwan Strait, the East China Sea, and some of China’s east coast, thereby extending the range at which Chinese assets could be held at war-planning risk and potentially contributing to a maritime interdiction mission in the Taiwan Strait,” the report concludes.
米国のミサイルを受け入れてくれる同盟国がないため、米国は代わりに日本の再軍備を奨励すべきであると、新しい報告書は述べている。

太平洋にあるアメリカの同盟国の中で、中距離ミサイルを受け入れてくれる国はないと、国防総省の戦略策定を任務とするシンクタンク、ランド研究所は新しい報告書を発表した。その代わりに、ワシントンは日本が中国の船を脅かすために独自のミサイルを開発するよう奨励するべきだと、著者は助言している。

米国が2019年8月に中距離核戦力(INF)条約を脱退してから数日以内に、国防総省は以前禁止されていたミサイルに取り組み、環太平洋のどこかに配備したいと考えていることを明らかにした。ランド研究所のアナリスト、ジェフリー・W・ホーナングが指摘するように、それは言うは易く行うは難しということのようだ。

ランド研究所が月曜日に発表した報告書の中で、ホーナング氏は「現在の国内政治状況と地域安全保障の傾向が続く限り、このようなシステムを受け入れる可能性は非常に低い」と主張し、特にタイ、オーストラリア、韓国、フィリピン、日本について指摘している。

タイが「中国との緊密な関係を追求する傾向を示す」「軍に支えられた政府」である限り、アメリカはそこにミサイルを設置したがらないだろうし、タイも要請されても受け入れにくいだろう、とホーナン氏は言う。

フィリピンも米国のミサイルを受け入れる可能性は「極めて低い」。フィリピンの国民とエリートは一般的に米国と同盟を支持しているが、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は関係を悪くするような政策をとっている」とホーンティング氏は書いている。

報告書によれば、韓国政府も中国と関係があり、中国の圧力に弱い。「米韓関係が全般的に悪化」している中で、ソウルが米国のミサイルを受け入れることに同意する可能性は「極めて低い」のである。

オーストラリアは、特に2021年のAUKUS潜水艦協定などの後、良い候補のように思えるが、キャンベラは "外国の恒久的な基地を受け入れることに歴史的に消極的 "であることで知られている。また、地上配備型中距離ミサイルシステム(GBIRM)が効果を発揮するためには、オーストラリアは中国から遠すぎる。

中国に対する自国の防衛力を強化する」ことに前向きな日本でさえ、米軍のプレゼンスが増大したり、「明白に攻撃的な性格を持つ兵器を配備する」ことには消極的だと、報告書は指摘している。

同盟国がGBIRMを恒久的に受け入れることに依存する米国の戦略は、「意欲的なパートナーを見つけることができないため、失敗する深刻なリスクに直面するだろう」とホーナング氏は書いている。

その代わりに、アメリカは「日本が地上発射型の対艦スタンドオフミサイルを開発・配備する努力を支援する」べきであり、そうすれば、最終的には東京がより射程の長い対艦巡航ミサイルを配備することにつながるだろう、と彼は主張する。

「これらのミサイルはまだ中国を深く攻撃することはできないが、もし日本の南西諸島や九州に配備されれば、台湾海峡、東シナ海、中国の東海岸の一部の船の動きをカバーできるようになり、それによって中国の資産を戦争計画上の危険にさらす範囲を広げ、台湾海峡での海上阻止作戦に貢献する可能性がある」と、報告書は結論付けている。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 07:46| Comment(0) | 台湾