ずくなしの冷や水

2022年05月01日

ウロキナーゼ



ウロキナーゼは、米軍の男子トイレの尿から抽出していたと聞いたことがあります。青年期に達しない子供でも体内のウロキナーゼの産出は活発なんですね。

ただ、あくまでも健康な者の尿でないといけない。幼稚園児から小学校の低学年までですね。女児はダメなのかな。
posted by ZUKUNASHI at 22:51| Comment(0) | 健康・病気

NATOを待っているのは世界征服かそれとも破滅か?

NATOを待っているのは世界征服かそれとも破滅か?同盟国間で合意に達せず
2022年4月30日, 18:08
NATO(北大西洋条約機構)の今後の役割について、英国のリズ・トラス外相と米国のジェド・バビン元国防副次官の間で意見が分かれている。トラス外相は、NATOは全世界を従える国際的な組織であると捉えているのに対し、バビン氏は、現在、NATOはきわめて多くの問題に直面しており、ロシアに対抗することはもちろん、世界を支配することなどできないとの確信を示している。
グローバルな自由のネットワーク
インデペンデント紙が伝えるところによれば、トラス外相は、新たな世界の安全保障のしくみの確立を呼びかけている。また、そのしくみでは、ロシアが拒否権を行使している国連安保理の役割をG7(主要7カ国)とEU(欧州連合)に移るようなものにすべきだとしている。さらにインデペンデント紙によれば、トラス外相は、NATOはその影響力を全世界に広げ、国際的な「自由のネットワーク」になるべきだとしており、それを目的として、西側諸国に対し、軍事予算を増大するよう呼びかけている。
トラス外相は、NATO加盟国は、集団的防衛力を強化するだけでなく、経済的な推進力も利用していかなければならないとの考えを示している。グローバル経済へのアクセスについて、トラス氏は、「これはルールに基づいたゲームに左右される。現在、ロシアや中国のような国はこのルールに従ってプレーしようとしておらず、そうした国々は『世界のシステムから排除されることになる』と言明した。

決裂の危機にある現在のNATO
一方、第41代米大統領、ジョージ・ブッシュ政権の下、国防副次官を務めたジェド・バビン氏は、NATOの将来についてそれほど楽観的な見方をしていない。オンラインマガジン「アメリカン・スペクテイター」に投稿した記事の中で、バビン氏は、NATO加盟国は自らの防衛に急いで資金を投じようとしていないと指摘している。バビン氏は、「ロシアがウクライナで特別作戦を開始したとき、ドイツのアルフォンス・マイス陸軍参謀長は、NATOの防衛システムの強化という意味で何ら提案できることはない、NATOの多くの加盟国または大部分の加盟国の軍が同様の状況にあると述べた」と書いている。
バビン氏は、ロシア国境付近での軍事演習の規模を拡大させ、新たな国を加盟させることによるNATOの復活を予言している専門家らの意見には賛同できないとしている。というのも、現在、NATO内部にはあまりにも多くの問題が存在するからである。その一例がトルコ問題である。バビン氏は、エルドアン大統領は「国を西側の価値観から逸れさせ、米国ではなく、ロシアにより近い立場をとるようになった」と指摘している。さらにバビン氏は、トルコがNATOから排除されれば、NATOはより強化されるだけだとの見方を示している。

英国労働党の元党首であるジェレミー・コービン氏が、すべての軍事同盟は解散すべきであるとして、NATO解散の必要性を訴えたというニュースは「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。
posted by ZUKUNASHI at 18:48| Comment(2) | 国際・政治

英国の軍担当国務次官の扇動発言は弱さの表れ



RTNews
Russia’s Ministry of Defense has stated that the UK is directly provoking Kiev to strike against targets inside Russian territory - but warned it will lead to an immediate and proportional response on the capital.

Russia Strike-Ready Around the Clock: Moscow hits back at UK's 'provocation' - giving greenlight for Kiev to fire across border

Western advisers "will not necessarily be a problem" for the response of the Russian Armed Forces, the ministry added.

The comments came in response to the UK Under-Secretary of State for Armed Forces claiming Ukraine has a legitimate right to strike military targets on Russian territory to disrupt logistics of Russia's army.

RT
UK support for attacks on Russian soil triggers response



Liz Truss's militant rhetoric is another sign that post-Brexit Britain is dangerously delusional
The Foreign Secretary’s campaign against China and Russia indicates that London has lost the plot
By Timur Fomenko, a political analyst
A fanatical Neoconservative, British Foreign Secretary Liz Truss presents world affairs in an uncompromising ideological struggle between "democracy" and "authoritarianism."

She also seems to be addicted to the fervour of Cold War.

Her address on Wednesday night in London bordered on showing desire for war against Russia and China simultaneously. By first calling to "push Russia out of the whole of Ukraine," Truss described the conflict as "our war," then proceeded to turn to China and taunt Beijing that its rise "was not inevitable." demanding that they "play by the rules" and even arguing that NATO should defend Taiwan in a potential contingency. Truss once again called for a "a network of liberty" and urged to avoid economic dependencies on undesirable countries (again a reference to Russia and China).

But, unfortunately for Truss and despite the climate we now exist in, none of this huffed-up rhetoric has any serious basis in reality. Yet, if she gets her way, the potential dangers are existential: The British Foreign Secretary’s rhetoric is spoiling for direct conflict not just against one but two nuclear superpower adversaries. To try and oust Russia from Crimea and to prevent China from taking Taiwan if it moves to do so are both scenarios which could result in a military response, potentially even a nuclear one. This doesn't seem to faze Truss, and European leaders will probably not be happy with this, even if her masters in Washington will be delighted to hear it. However, it ultimately speaks to a wider truth that the hubris and nostalgic vigour of Brexit is driving Britain off a cliff edge, deposing its foreign policy of any kind of reason, restraint, moderation or realism about its current place in the world.
狂信的な新保守主義者であるリズ・トラス英外相は、世界情勢を「民主主義」と「権威主義」の間の妥協のないイデオロギー闘争で表現している。

彼女はまた、冷戦の熱狂にはまっているようである。

水曜日の夜にロンドンで行われた彼女の演説は、ロシアと中国に対して同時に戦争したいという願望を示す境地であった。まず「ロシアをウクライナ全域から追い出す」と呼びかけ、この紛争を「我々の戦争」と表現したトラスは、次に中国に目を向け、北京の台頭は「避けられないものではない」となじり、「ルールを守る」ことを要求し、さらにはNATOは有事の際、台湾を防衛すべきと主張したのである。トラスは再び「自由のネットワーク」を呼びかけ、望ましくない国(これもロシアと中国を指している)への経済的依存を避けるように促した。

しかし、トラスにとって不幸なことに、そして我々が今置かれている状況にもかかわらず、このふてぶてしいレトリックのどれもが、現実には深刻な根拠を持っていない。しかし、もし彼女の思い通りになったら、潜在的な危険は実存する。英国外相のレトリックは、1つだけでなく2つの核超大国の敵との直接対決を台無しにするものである。クリミアからロシアを追い出そうとすること、そして中国が台湾を奪おうとするのを阻止することは、いずれも軍事的な反応につながりかねないシナリオであり、潜在的には核による反応もありうる。このことは、トラス首相には気にくわないようだ。ワシントンの彼女の主人たちは喜ぶだろうが、ヨーロッパの指導者たちはおそらくこれを快く思っていないはずだ。しかし、これは結局のところ、ブレグジットの傲慢さとノスタルジックな勢いがイギリスを崖っぷちに追いやり、世界における自らの現在の位置についてのあらゆる理性、抑制、節度、現実主義を外交政策から奪っているという、より広い真実を物語っているのである。
The story of Britain's foreign policy since 1945 might be summarized as that of a declining Empire going through stages of grief. If the Suez Crisis represented anger and denial, then Britain's bid to join the European Economic Community in the 1970s represented bargaining and acceptance. Yet, it didn't last. Britain's Anglophone exceptionalist identity, compounded of course by the geographic conditioning of separation from mainland Europe, produced a very different historical experience from that of its neighbours. While France and Germany have recent memories of widespread devastation from centuries of wars, Britain, unscathed and undefeated, sees its history as that of triumph and lacks the pragmatism of its counterparts.

As a result, the British Empire faded away as opposed to facing a “reckoning” of sorts, meaning British public opinion was never “reset” and continues to believe it was a force for good, allowing the political right to continue to iconize it, and it is precisely this nostalgia of Imperialism which has manifested itself in the form of Brexit amongst many in the Conservative Party. Given in reality that Brexit itself has brought no economic benefits whatsoever, the Johnson government has sought to compensate for this by doubling down on nationalistic rhetoric and the euphoria of "Britannia rules the waves". The slogan of "Global Britain" is essentially a code word for Empire, the connotation of a country aloof from the internal squabbling of European politics that instead pursues ambitious trade ventures all over the world and seeks to militarily dominate all in the name of moral and ideological exceptionalism.
1945年以降のイギリスの外交政策は、衰退した帝国が悲しみの段階を経てきたといえるかもしれない。スエズ危機が怒りと否定を表しているとすれば、1970年代のイギリスの欧州経済共同体への加盟は、交渉と受容を表している。しかし、それは長続きしなかった。イギリスが持つ英語圏の例外主義的アイデンティティは、もちろんヨーロッパ本土から切り離されているという地理的条件も相まって、近隣諸国の歴史的経験とはまったく異なるものとなったのです。フランスやドイツは何世紀にもわたる戦争で荒廃した記憶が残っているが、イギリスは無傷で無敗のまま、自分たちの歴史を勝利の歴史と捉え、他の国々のようなプラグマティズムが欠けている。

その結果、大英帝国はある種の「清算」に直面することなく衰退し、英国の世論は「リセット」されることなく、それが善の力であったと信じ続け、右派がそれを象徴し続けることを可能にした。そして、まさにこの帝国主義へのノスタルジアこそが、保守党の多くの人々の間でブレグジットという形で現れているのである。ブレグジット自体が何の経済的利益ももたらさない現実を踏まえ、ジョンソン政権はナショナリスティックなレトリックと「ブリタニアが波を支配する」という陶酔感を倍加させることでこれを補おうとしている。グローバル・ブリテン」というスローガンは本質的に帝国の合言葉であり、欧州政治の内輪揉めから距離を置き、その代わりに世界中で野心的な貿易事業を行い、道徳的・思想的例外主義の名の下にすべてを軍事的に支配しようとする国という意味合いを持っているのである。
It should be no surprise that this rhetoric is getting worse as the UK economic environment deteriorates. Inflation is at a 30-year high, energy prices are out of control, Covid-19 has scuppered the economy and, worse still, Boris's own government is deeply unpopular after being rocked by an ever-recurring series of scandals, and is looking for whatever distractions it can muster. Against this backdrop, and with the conflict in Ukraine, is it really surprising that Liz Truss is being allowed to thunderously call for Cold War and, potentially, even a hot one? This is not a manifestation of Britain's strength, as dangerous as these comments may be, but a display of Britain's weaknesses. The current government has nothing else going for it than to appeal to nationalist and Imperialist sentiment by entertaining the possibility of war with other great powers and invoking the historically offensive Opium-wars-style rhetoric against China. But reality of course is different. Truss won't admit it, but the UK needs China as a critical post-Brexit economic partner, and of course we all know there is no chance Russia will be driven out of Ukraine. It seems implausible that despite her position and given not even Boris himself is so staunchly anti-China, that she has the actual influence to singlehandedly achieve her vision.

So, while this rhetoric may be dangerous, it's also empty talk at best from an increasingly unpopular government that wants to create as much noise as possible before the local elections, but that isn't stopping Truss from doing as much damage as possible to Britain's standing in the world as she can in her own aspirations for leadership first. Yet the fact the Foreign Secretary has been reduced to this kind of talk is emblematic of the broader problems Britain is facing, a country whose identity and aspirations are chronically out of touch with reality. It is no longer a projection of triumph, but one of woes.
英国の経済環境が悪化するにつれて、このようなレトリックが悪化しているのは当然である。インフレ率は30年ぶりの高水準、エネルギー価格は制御不能、Covid-19は経済を破綻させ、さらに悪いことに、ボリス自身の政府は、度重なるスキャンダルに揺さぶられて深く不人気であり、できる限りの気晴らしをしようとしているのだ。このような背景のもと、ウクライナでの紛争もあり、リズ・トラスが冷戦、そして潜在的には熱戦を呼びかけることが許されているのは、本当に驚くべきことなのだろうか。これは、これらの発言が危険であるとしても、英国の強さの現れではなく、英国の弱さの表れである。現政権は、他の大国との戦争の可能性を考え、中国に対して歴史的に不愉快なアヘン戦争風のレトリックを持ち出すことによって、ナショナリストや帝国主義者の感情に訴える以外にないのである。しかし、現実はもちろん違う。トラスは認めないだろうが、英国はブレグジット後の重要な経済パートナーとして中国を必要としているし、もちろんロシアがウクライナから追い出される可能性がないことは誰もが知っている。彼女の立場やボリス自身さえもそれほど強固な反中国主義者ではないことを考えると、彼女が単独で彼女のビジョンを実現する影響力を持っていることはありえないように思える。

つまり、このレトリックは危険かもしれないが、地方選挙の前にできるだけ騒ぎを起こしたいという、ますます不人気になっている政府のせいぜい空言でもある。しかし、それでもトラスは、まず自分がリーダーシップを取りたいという願望のために、世界におけるイギリスの地位にできるだけダメージを与えることを止めないのである。しかし、外務大臣がこのような話に終始しているのは、アイデンティティと願望が慢性的に現実と乖離している英国が直面している広範な問題を象徴している。それは、もはや勝利の予想ではなく、苦悩の予想なのだ。

posted by ZUKUNASHI at 18:42| Comment(0) | 国際・政治

イラクのキルクークでコンゴ出血熱確認

posted by ZUKUNASHI at 17:49| Comment(0) | 国際・政治

米国のコロナ流行は終わった? 米国当局は実態をうやむやにしようとしている

Covid pandemic over – Fauci
The Covid czar said “intermittent vaccinations” could keep the virus at a “low level” in the US
White House Covid-19 adviser Anthony Fauci has said that the “pandemic phase” of the coronavirus outbreak is finally over in the United States, citing a fall in daily infections and hospitalizations, while warning the health crisis itself is not over yet.

In an interview with PBS NewsHour on Tuesday, Fauci offered some optimism about the pandemic outlook in the US.

“We are certainly right now in this country out of the pandemic phase,” he said. “Namely, we don't have 900,000 new infections a day and tens and tens and tens of thousands of hospitalizations and thousands of deaths. We are at a low level right now.”

So if you're saying, 'Are we out of the pandemic phase in this country?' − we are.

Nonetheless, Fauci cautioned that “we're not going to eradicate this virus,” but suggested it may be possible to keep infections at a “very low” level through intermittent vaccinations. He did not clarify how often new the new shots would be needed, however.

“That might be every year, that might be longer, in order to keep that level low. But, right now, we are not in the pandemic phase in this country,” Fauci continued, adding, “pandemic means a widespread, throughout the world, infection that spreads rapidly among people.”

Despite his rosier assessment while speaking with PBS, last month Fauci warned that new coronavirus variants emerging in the United States could force the country back under sweeping restrictions such as lockdowns, arguing that Americans could not simply say “We’re done. We’re going to move on.”

In separate comments to the Associated Press on Wednesday, the Covid adviser said the US is “much, much better off” than it was last year, and despite a surge in cases last winter, “we’ve now decelerated and transitioned into more of a controlled phase.”

Still, he insisted “we can’t take our foot off the pedal,” urging health officials to be on the lookout for “another variant which could lead to another potential surge.”

Covid-19 infections, hospitalizations and deaths in the US have each dropped to their lowest level in months, gradually declining since the appearance of the Omicron variant. Around two-thirds of eligible Americans are now vaccinated, and compared to earlier phases of the pandemic, effective treatments are increasingly available, including monoclonal antibodies, convalescent plasma and antiviral therapies.

次の機械翻訳はラフですが、ファウシの発言を丁寧に読んで受け止める必要もないだろうと思い、そのままにしています。米国の統計は途中で変更され今どんな数字かよくわかりません。

コビドパンデミックは終わった-ファウシ氏
Covidの皇帝は、「断続的なワクチン接種」によって、米国内のウイルスを「低レベル」に保つことができると述べた。
ホワイトハウスのCovid-19アドバイザーであるアンソニー・ファウチ氏は、米国におけるコロナウイルス流行の「パンデミック期」がようやく終わったと述べ、1日の感染者数と入院者数が減少したことを理由にしながら、健康危機そのものはまだ終わっていないことを警告している。

火曜日に行われたPBS NewsHourのインタビューで、ファウシは米国でのパンデミックの見通しについて楽観的な見方を示した。

「我々は今、この国でパンデミックの段階を脱したことは確かだ。「つまり、1日に90万人が新たに感染し、何万人もが入院し、何千人もが死亡するようなことはない。今は低いレベルにあるのです。"

つまり、"この国ではパンデミックの段階を脱したのか?"と言われれば、脱したということです。

それでもファウチ氏は、「このウイルスを根絶するつもりはない」と注意を促しつつも、断続的なワクチン接種によって感染を「非常に低い」レベルに抑えることは可能かもしれない、と示唆した。しかし、彼は新しい予防接種がどれくらいの頻度で必要になるかは明らかにしなかった。

「毎年かもしれないし、もっと長いかもしれない。しかし、今現在、この国ではパンデミックの段階にはない」とファウシは続け、「パンデミックとは、世界中で、人々の間に急速に広がる感染症を意味する」と付け加えた。

PBSのインタビューでは、より楽観的な評価をしていたが、先月ファウチは、米国で出現した新しいコロナウイルスの亜種は、米国を閉鎖などの大規制下に追いやる可能性があると警告し、米国人は単に「もう終わりです。とは言えないと主張した。

水曜日にAP通信に寄せられた別のコメントで、コビッド顧問は、米国は昨年よりも「ずっと、ずっと良い」状態にあり、昨年の冬に患者が急増したにもかかわらず、「今は減速して、より制御された段階へと移行している」と述べました。

それでも、彼は「我々はペダルから足を離すことはできない」と主張し、保健当局に「別の急増につながる可能性のある別の亜種」に警戒するよう促しました。

米国におけるCovid-19感染、入院、死亡はそれぞれ、オミクロンの亜種の出現以来、徐々に減少し、ここ数カ月で最低のレベルにまで落ち込んでいます。現在、対象となる米国人の約3分の2がワクチン接種を受けており、パンデミックの初期段階と比較して、モノクローナル抗体、回復期血漿、抗ウイルス療法など、有効な治療法がますます利用できるようになってきています。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。









米国は、新コロナウィルス感染者の実態を公表する意欲を失っていることが明らかです。これだけの人的な被害が出て、対策に巨額の費用と手間をかけたのにその成果の評価も行いません。起源の追究もなされないまま。

新コロナウィルスは、このまま最近出現して世界を席巻した感染症の一つとして、対策を講じられる人は講じ、それが難しい人はこの感染症の餌食となっていく。その差異は、経済力であり、社会的地位ということになっていくのでしょう。中国がどこまで戦えるか。中国がこれまで進めてきた所得水準の向上、都市と地方との格差の縮小の成果を吹き飛ばしかねない感染症を徹底的に抑え込もうとするのは、合理的です。

日本など、先進国といわれる国々は、対策徹底に伴う経済損失を恐れて禍根を残すことになります。

個々人が目覚めて、どのように自らを守っていくのか、考えた人だけが生き残ることになりそうです。
posted by ZUKUNASHI at 12:06| Comment(0) | Covid19

ロシアは戦闘員のアゾフスタルの脱出は投降以外にないとの態度継続

https://t.me/vicktop55/3536
Russia agrees to release only civilians through the humanitarian corridor from Mariupol. All soldiers must surrender. No other way. The same applies to the wounded of the Armed Forces of Ukraine. https://t.me/boris_rozhin/45556



On the territory of "Azovstal" there may be a general of the Canadian army, - Basurin.



Among the militants of the 56th brigade of the Armed Forces of Ukraine, a video is being distributed in which prisoners from the 79th brigade tell the truth about their command:
"We sat in the trenches for almost a week, we were abandoned by the commanders, left to die on the battlefield.
The enemy forces greatly prevailed - one tank against 30 tanks.
The commanders told us to fight "with machine guns against armor."
The SBU now considers us deserters only because we survived.
The 95th and 79th brigades were "destroyed, 70 percent killed."
And they "do not want to fight in units where officers run away in cars and leave the wounded behind."
そして彼らは "将校が車で逃げ出し 負傷者を残すような部隊で戦いたくない" と言っています。

According to Basurin, there are more than 3,000 Ukrainian prisoners of war on the territory of the DPR alone.
Earlier it was reported that more than 100 captured soldiers and officers from the total number of prisoners of war of the Armed Forces of Ukraine in the DPR will stand trial in various cases related to the commission of war crimes on the territory of the DPR.

It is worth noting that the information above about the lack of guards in the Makeevka colony (the Ministry of Justice of the DPR is recruiting new guards for prisoners of the Armed Forces of Ukraine) concerns not only Makeevka. Similar problems with the lack of personnel for the protection of all prisoners of war manifested themselves in other points of temporary accommodation for prisoners of war.
バスリン氏によると、DPRの領域内だけで3,000人以上のウクライナ人捕虜がいるとのことです。
先に、DPRにおけるウクライナ軍の捕虜の総数のうち、捕虜となった100人以上の兵士と将校が、DPRの領土における戦争犯罪の遂行に関連するさまざまな事件の裁判にかけられると報じられたが、そのようなことはない。

マケフカ植民地の看守の不足(DPR法務省はウクライナ軍の捕虜のための新しい看守を募集している)に関する上記の情報は、マケフカだけに関するものではないことは注目に値する。すべての戦争捕虜を保護するための人員の不足という同様の問題は、戦争捕虜のための一時的な宿泊施設である他の地点でも顕在化した。

Besieged Ukrainian commander appeals to Turkey
Leader of marines holed up in Mariupol has asked Ankara for help
Sergey Volina, the commander of Ukraine’s 36th Marines brigade, which is still entrenched at the Azovstal steel plant in the Black Sea port-city of Mariupol together with the neo-Nazi Azov regiment, has called on Turkey’s President Recep Tayyip Erdogan to “extract” Ukrainian troops from the city.

The commander was talking to Turkish broadcaster Haberturk TV late on Friday.

“I now call on the Turkish people and the president to launch the extraction procedure,” Volina said, urging Ankara to “do everything possible to take the Mariupol garrison to Turkey” and provide it with “security guarantees.”

The marines’ commander has admitted that his troops are in a “very difficult” situation after 65 days of fighting Russian forces. He has also revealed that those entrenched at the steel plant include some 600 wounded soldiers.

He did not elaborate on whether he was referring solely to his own unit or to the Azov regiment as well. Volyna has also maintained that there are civilians hiding in the underground catacombs beneath the vast complex of the steel plant and there are injured among them as well.

Ankara has not responded to this appeal in any way so far. The Black Sea port of Mariupol has seen intense fighting since the start of the Russian military action in Ukraine in late February. The city was encircled by Russian forces and militias of the two Donbass republics in early March.

The Ukrainian forces as well as foreign mercenaries and militants that initially holed up in the city eventually retreated to the Azovstal plant. Now, the site remains the last pocket of resistance. Built in Soviet times, the facility has a massive network of underground tunnels, turned into a fortress by the Ukrainian forces.

On April 21, Russian Defense Minister Sergey Shoigu told President Vladimir Putin that Mariupol has been fully under Russia’s control except for the Azovstal plant. The president then called off an assault on the facility and instead offered those entrenched there a chance to surrender.

Russia guarantees anyone who would lay down their arms their lives, as well as “decent treatment under all international norms,” Putin outlined at that time. Moscow also said it sought to organize humanitarian corridors for those willing to exit the Azovstal plant several times before April 21 but those attempts failed.

Instead, the Azov militants and the Ukrainian forces, including Voluna himself, demanded they be allowed to leave through the assistance of an unnamed "third party" while also keeping their personal weapons. They also maintained that surrender was not an option.

On April 22, the Russian Defense Ministry said that the Ukrainian fighters and foreign mercenaries only need to raise white flags along the perimeter of Azovstal to be able to surrender. “This humanitarian offer by Russia remains in force 24/7,” it added. Some 2,000 Ukrainian fighters remain at the plant, according to the ministry’s estimates.

Kiev still maintains that Ukrainian forces would be able to rescue the troops holed up in Mariupol if provided with enough weapons. “There is a military way” to unblock Mariupol, President Volodymyr Zelensky told the media on April 21 as he called on western nations to supply Ukraine with more pieces of heavy equipment.
黒海の港町マリウポルのアゾフスタル製鉄所にネオナチのアゾフ連隊とともに駐留しているウクライナ第36海兵旅団のセルゲイ・ボリーナ司令官は、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領に、同市からのウクライナ軍の「撤退」を要請しました。

同司令官は金曜深夜、トルコの放送局Haberturk TVのインタビューに答えた。

"私は今、トルコ国民と大統領に脱出手続きを開始するよう呼びかける "とヴォリナ氏は言い、アンカラに "マリウポリ守備隊をトルコに移すために可能な限りのことをする "と "安全保障を提供する "よう促した。

海兵隊司令官は、ロシア軍との65日間の戦闘の後、部隊が「非常に困難な」状況にあることを認めている。また、製鉄所に立てこもる人々の中には、約600人の負傷した兵士が含まれていることも明らかにした。

自分の部隊だけのことなのか、アゾフ連隊のことなのか、詳しくは語らなかった。また、製鉄所の広大な敷地の地下にあるカタコンベには一般市民が隠れており、その中にも負傷者がいると主張している。

アンカラはこの訴えに対して、今のところ何の反応も示していない。黒海に面したマリウポリ港では、2月下旬のロシアによるウクライナへの軍事行動開始以来、激しい戦闘が繰り広げられてきた。3月上旬には、ロシア軍とドンバス両共和国の民兵が同市を包囲した。

当初、市内に立てこもったウクライナ軍や外国の傭兵・武装勢力は、最終的にアゾフスタル工場に退却した。今、この場所は最後の抵抗のポケットとして残っている。ソ連時代に建設されたこの施設には、巨大な地下トンネル網があり、ウクライナ軍によって要塞と化した。

4月21日、ロシアのショイグ国防相はプーチン大統領に「マリウポルはアゾフスタル工場以外、完全にロシアの支配下に入った」と伝えた。そして、プーチン大統領は同施設への攻撃を中止し、代わりに同施設に陣取る人々に降伏の機会を提供した。

プーチン大統領はその際、「ロシアは武器を捨ててくれる人には命を保証し、あらゆる国際規範の下でまともな扱いをする」と説明した。モスクワはまた、4月21日までに数回、アゾフスタル工場からの撤退を希望する人々のために人道的回廊を組織しようとしたが、その試みは失敗に終わったと述べた。

その代わりに、アゾフの過激派と、ヴォルナ自身を含むウクライナ軍は、個人的な武器も保持したまま、無名の「第三者」の援助によって退去することを許可するよう要求していた。また、降伏は選択肢にないとの立場を貫いた。

22日、ロシア国防省は、ウクライナ人戦闘員と外国人傭兵はアゾフスタルの境界線に沿って白旗を掲げるだけで降伏できるようになると発表した。「ロシアによるこの人道的な申し出は、24時間365日有効である」とも付け加えた。同省の推定によると、約2000人のウクライナ人戦闘員が工場に残っているという。

キエフは、十分な武器が提供されれば、ウクライナ軍はマリウポリに立てこもる部隊を救出することができるだろうと、依然として主張している。ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は4月21日、メディアに対し、マリウポルの封鎖を解除する「軍事的な方法がある」と述べ、西側諸国に対し、ウクライナにさらなる重装備を供給するよう要請した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 08:33| Comment(0) | 国際・政治