ずくなしの冷や水

2022年04月23日

米国が戦術核兵器による偽旗作戦を準備か

US prepares provocations to accuse Russia of using tactical nuclear weapons
According to Chief of Russian Radiation, Chemical, and Biological Protection Force Igor Kirillov, the plan is a reaction to Russia’s success in the special operation
モスクワ、4月23日。/ロシア放射線・化学・生物防護部隊のイゴール・キリロフ主任は、土曜日に、米国はロシア側が化学・生物・戦術核兵器を使用していると非難するための挑発を準備していると発表した。

「ロシア国防省は、米国がロシア軍による化学兵器、生物兵器、戦術核兵器の使用を非難する挑発行為を準備しているという情報を持っている」と述べた。

キリロフ氏によると、この計画は、ロシアが特殊作戦で成功したことへの反動だという。"今年の3月〜4月だけでも、西側諸国の指導者は、ロシアが大量破壊兵器を使用する可能性について定期的に挑発的な発言をした "と述べた。
MOSCOW, April 23. /TASS/. The United States is preparing provocations to accuse the Russian side of using chemical, biological, or tactical nuclear weapons, Chief of Russian Radiation, Chemical, and Biological Protection Force Igor Kirillov announced on Saturday.

"The Russian Ministry of Defense has information about the United States preparing provocations to accuse the Russian Armed Forces of using chemical, biological, or tactical nuclear weapons," he said.

According to Kirillov, the plan is a reaction to Russia’s success in the special operation. "In March-April of this year alone, the leadership of Western countries regularly made provocative statements about the possibility of Russia using weapons of mass destruction," he said.

米国が戦術核兵器の偽旗作戦をするなら、ウクライナ国内ですね。マリウポル? 
posted by ZUKUNASHI at 21:50| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍作戦の第2段階任務





posted by ZUKUNASHI at 18:17| Comment(0) | 国際・政治

私の薬箱

この記事は随時更新しています。オミクロンのまん延で症状の出方が違ってきているので自分のための準備を変えました。
 
葛根湯については、効果のない人、副作用の出る人もいるとのことで使用には慎重を期すこととしました。イベルメクチンがあれば葛根湯の利用は控えます。

管理人は医師ではありません。社会としての新コロナウィルスの制圧は難しい現状だと理解し、いずれは感染をまぬかれないだろうと覚悟を決めました。そのうえで距離と、換気、マスクで極力感染回避。自分が感染した場合は、重症化しやすく、致死率が高いことを考慮し、自己判断による抗ウィルス薬の早期服用で重症化を回避する作戦をとるつもりです。

 

 

 

管理人が以下にあるような薬剤を買い集めるにために投じた支出額はイベルメクチンを除けば大きくありません。イベルメクチンは家族を代表して買いましたのでロットが大きいです。最初は50錠3箱で2万円以上しましたが、その後は安いところを探して3箱1万6千円程度で買えています。他の薬品ではコンタックZが16錠入りで2,000円近くしました。セール品でしたが。1錠130円程度ですね。

@ イベルメクチン(商品名例:イベルメクトール)・・・ サンファーマ製1錠12mg
自己判断での新コロナウィルスに効く薬としては、これが基本です。
ネット上で個人から効果があったとの発信が出てきています。とにかく感染初期に服用することで効果があります。
感染した恐れがあったら体重60kg基準でまずイベルメクチンを1錠服用。
発症したら管理人の場合は体重が多いことも考慮し12mg2錠/日で連続5日服用。5日経過せずとも症状が消えれば服用停止。
 イベルメクチンのプロトコール(服用法)

予防的に服用している読者からの副作用の情報では、下痢の例が2件。一方寝冷えかと思われる風邪類似の体調不良と喉のイガイガ感を感じてイベルメクチンを定量の半分、2日続けて呑んだ方から体調不良が消えたとの知らせを受けています。

臨床でイベルメクチンを処方している医師が、服用量は西欧基準の半分にするのが良いのではないかとの意見を示しています。「予防なら量も間隔も。治療なら量と期間を」としています。予防の服用で間隔半分ということは、間隔を西欧基準の倍にするということでしょう。西欧基準とはFLCCCのプロトコールを念頭に置いて理解すればよいでしょうか。

A フルボキサミン(商品名例:ルボックス、デプロメール)・・・抗うつ薬の一種。初期の服用で効果が期待できるらしい。抗うつの効果がどう出るかわからないが、FLCCCのプロトコールにも掲載されており、副作用を覚悟で服用することにして個人輸入で入手済。

フルボキサミンは、炎症に関与するサイトカインと呼ばれる化学物質のレベルを下げることができるので、肺の損傷を減らすことができる
 精神科を開業の医師がフルボキサミンをコロナの治療に使用と述べています。

B カモスタット(商品名例:フオイパン)・・・慢性膵炎や手術後の逆流性食道炎のための薬。副作用も少なく、他の薬との呑み合わせも問題が少ないとしている医師もいる。感染初期に服用。個人輸入。
カモスタットメシル酸塩錠100mg  1日3錠を3回で服用。2日連続服用で様子見てから 追加考慮。「術後逆流性食道炎には通常1日量カモスタットメシル酸塩として300mgを3回に分けて食後に経口投与する」とされている。
 

 C アンブロキソール(商品名例:ムコソルバン)・・・去痰薬に属する医薬品の1種 去痰剤としてはよく効きます。予防効果に関しては、点鼻薬程度かと個人的には見ています。副作用はまず心配ないようです。45mg 1錠 1日1回服用。15mgは3錠1日一回。個人輸入。
何故ビゾルボンがCovid-19感染の予防をするのか? 原論文は、2021年度: 千葉県がんセンター(研究所), 画像診断部, 診療部長 高野 英行氏によるもの。

D ファモチジン(商品名例:ガスター10)・・・市販薬。個人的にはアスピリン服用時に服用する予定だが、新コロナウィルスの治療効果があるとの医師の声がある。1日1錠2回まで

E アスピリン(商品名例:バッファリンA)・・・市販薬 抗血栓作用に期待。 1回2錠 1日2回を限度。空腹時を避ける。服用間隔6時間以上。

解熱鎮痛剤としては、アセトアミノフェン(商品名例:カロナール)を選択する人もいる。


F クラリスロマイシン(商品名例:クラリス錠200)・・・抗菌作用を示すマクロライド系の抗生物質 副作用、使用上の注意が多い。咳がひどい場合に服用。クラリス200 マクロライド系抗菌薬。1錠1日2回。発症した場合に服用。



G デキサメタゾン(商品名例:デカドロン)・・・ステロイド系の抗炎症薬 息が苦しくなった場合には服用を考慮しなければならないか。1週間後開始が目安←自己免疫暴走を抑える為
デカドロン 0.5mg

日医工の説明書には次のようにあります。
〈抗悪性腫瘍剤(シスプラチンなど)投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)〉
通常、成人にはデキサメタゾンとして1日4〜20mgを1〜2回に分割経口投与する。
ただし、1日最大20mgまでとする1)。
〈全身性ALアミロイドーシス〉他の薬剤との併用において、通常、成人にはデキサメタゾンとして1日40mgを1、8、15、22日目に投与する。28日を1サイクルとして、最大6サイクルまで投与を繰り返す。
〈上記以外の効能共通〉
デキサメタゾンとして、通常成人1日0.5〜8mgを1〜4回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。




プレドニゾロン:プレドニン 横浜市が自宅療養の患者に投与し始めた。SpO2が93%以下の人に薬剤師経由で「プレドニゾロン」というステロイド剤をを届ける。病院では、処方の翌日、4日後、8日後、そして15日後に看護師が電話で健康状態を確認しているとのこと


・・・個人判断の場合は、肺炎が強まる前にイベルメクチン、フルボキサミン、さらにはカモスタットで対処し、ステロイドは使わないで済むようにしたい。早い時期にステロイドを処方されて状態が悪化する例があるとされています。

H 各種サプリメント
亜鉛・・・視力改善効果があった。
ビタミンD3・・・ビタミンDは、肝臓、腎臓で代謝されて活性型になりますが、その際にマグネシウムなどのミネラルを消費するとされています。そのためマグネシウムの補充なしにビタミンDを大量に摂取すると、動物では冠動脈の動脈硬化を生ずることもあるとされます。
活性型ビタミンDは、すでに活性化されているのでマグネシウムの補給は特に必要ないとみられますが、 念のためににがりを食事時に使うことも考えられます。

ビタミンC
ケルセチン

メラトニン


I セチリジン(商品名例:ジルテック)・・・第二世代抗ヒスタミン薬のひとつ
 CONTACZはセチリジンが配合されています。鼻づまり用の市販薬品
購入済




J ヒドロキシクロロキン(商品名例:プラケニル)・・・抗マラリア薬、関節リウマチの薬。トランプが呑んだ。この論文では亜鉛とともに服用している。副作用は少ないらしいが、自己判断による服用の情報が不足。新コロナウィルスにも免疫調整剤として効果があるらしい。処方薬。イベルメクチンのほうが安全。

江戸川病院 ヒドロキシクロロキンを投与した新型コロナウイルス肺炎患者30 例の検討

帝京大学医学部のサイトから
ヒドロキシクロロキンは通常非常に副作用の少ない薬で、重大な副作用は少ないです。最も良く認められる副作用は吐き気と下痢ですが、内服しているうちに改善することも多く、またヒドロキシクロロキンを食事と一緒に摂ることで改善することもあります。ときには筋力の低下、皮疹、皮膚色素沈着、毛髪の色の変化や毛髪が細くなることも認められます。まれには貧血が出現することがあります。
まれに、ヒドロキシクロロキンにより視力の低下や失明が起こりうることが報告されています。このような副作用は、高用量を長期間、内服し続けている方、60才以上の方、著しい腎障害をお持ちの方におこりやすいことが知られています。現在使われている用量は以前関節炎やマラリアに使われていた量よりずっと少なく、このような視力に関連した障害の発生は非常にまれであることが分かっています。


Où acheter de l’ivermectine et de l’hydroxychloriquine ? Les solutionsイベルメクチンとヒドロキシクロリキンはどこで買えますか?ソリューション

J セフジニル100mg セフェム系抗菌薬

K タチオン100mg 還元型グルタチオンとして、1回50〜100mgを1日1〜3回経口投与する 解毒作用

L レルベア 喘息やCOPDに対して、気道の炎症を抑え気管支を拡張することで、咳や息苦しさなどを改善する薬

M ナファモスタット(商品名例:フサン)・・・蛋白分解酵素阻害剤 入手していない
※ 新型コロナには特効薬がある@masahitosasaki氏の2021/6/8のツイート
新型コロナ治療薬で最強なのは「カモスタット」と「ナファモスタット」
2つの薬はウイルスの細胞への侵入を防ぎながら、血栓症も抑制します。
重症患者 3 人に、ナファモスタット(200mg/日)を 4 日、引き続きカモスタット(600mg/日)を 4 日投与すると、全員が陰性となり症状も改善したようです

N 補中益気湯 2.5g

O アローゼン 1袋1.0g 以前から使用の下剤 穏やかによく効く。
P ザクラス 降圧剤処方薬 1日1錠


・・・・・・・

基本はイベルメクチンです。これを早期に服用すれば効果があります。イベルメクチンは、その作用機序(薬が効く仕組み)からどの変異株にも効果が期待できます。先進国がイベルメクチンに目を向け始めました。高いカネを出してパルスオキシメーターを買ったのに、酸素飽和度が落ちたからと言って救急車を呼んでも来てくれないんですよね。

少し前ですが、次のような情報を見てメモしてありました。個人判断での服用は難しいものもあります。入手も容易ではないのでは? でもこんなに幅広く用意してある方もおられるんですよ。

自宅療養に準備しておくと安心Ver.2
@イベルメクチン
Aファモチジン
Bヒドロキシクロロキン
Cアジスロマイシン
Dアスピリン
Eメラトニン
Fコルヒチン
Gドキシサイクリン 合成抗菌薬
Hオルベスコ
Iブデソニド

亜鉛
ケルセチン
ビタミンD3
ビタミンC
EGCg

WHOは6日、新型コロナウイルスの重症患者向け治療薬として、関節リウマチ治療薬の「トシリズマブ」と「サリルマブ」の利用を推奨すると発表した。ステロイド薬との併用を勧めている。

COVID-19 に対する薬物治療の考え方 第7 版 (2021年2月1日)

なお、ここに書いてあるような情報は、受診時に安易に引用しないことをお勧めします。医師が不快に感じるかもしれません。











調べる過程で自分に効果があるようで検討中のもの
ガチフロ・・・抗菌剤 結膜炎、ものもらいなど細菌感染症。
ヒアルロン酸




新型コロナ発症12日目の中等症2の方です。下熱したが息切れと倦怠感強。肺は半分白い。パルスオキシメーターの酸素飽和度92%とあります。
3種配合剤変法で著効。15病日にはCRP1.5と一気に改善。息切れも倦怠感も消失とありますから、発症後かなり時間がたっても効果が出ています。
3種の配合処方は、イベルメクチン(ストロメクトール) カモスタット(フオイパン) クラリスロマイシン(クラリシッド) 。
いずれも処方薬で個人で使うには個人輸入でなければ入手できません。

@、B、Fの組み合わせです。ステロイド剤の投与はやっていないようです。クラリスロマイシンは、肺炎発症の際に細菌による影響をなくすために投与されるようです。@のイベルメクチンは発症後時間が経つと効果が少なくなるとされていますので、カモスタットが効いている?

サプリメントも処方されている可能性がありますが、確認できません。管理人は感染初期に使いますので、まずはイベルメクチンとサプリメントで対処です。

フルボキサミンも初期でないと効果が期待できないとされています。イベルメクチン、アスピリン、フルボキサミン、ファモチジン(ガスター)、カモスタット、クラリスロマイシンの順で種類を増やしていくのがよいでしょうか。アスピリンは発熱、頭痛が生じた際に服用する予定でしたが、抗血栓作用に期待してイベルメクチンと同時に服用することにしました。ガスターも早めに服用。コンタックは鼻づまり、鼻汁が出たらでよいでしょうか。

私が感染したらこのブログで自己治療の経過を報告します。

COVID-19 に対する薬物治療の考え方 第 7 版
(2021年2月1日)という公的な文書に目が留まりました。
「現在日本でCOVID-19に対して適応のある薬剤はレムデシビルである。」と冒頭にあり、保険診療(2類は全額国庫負担)での薬物の使用基準について触れられています。

この文書の末尾に次のように記されています。
<COVID-19 に対する他の抗ウイルス薬>
COVID-19 に対する治療に使用できる可能性のある抗ウイルス薬にはインターフェロン、カモスタット、ナファモスタット、インターフェロンβ、イベルメクチン、フルボキサミン、コルヒチン、ビタミンD、亜鉛、ファモチジン、HCV治療薬(ソフォスブビル、ダクラタスビル)などがあるが、それらの効果や併用効果に関しては今後の知見が待たれる。


イベルメクチン、ファモチジン、カモスタット、ナファモスタット、フルボキサミンについては、上でも触れていますが、ファモチジン:商品名例 ガスター10 のほか、ビタミンD、亜鉛も抗ウイルス薬としての位置づけがなされています。

ガスター10は市販薬ですし、ビタミンD、亜鉛はサプリメントとして容易に入手できます。処方薬は、入手も難しく、副作用が強いものもありますので、個人判断での服用は慎重にしたほうが良いと考えますが、イベルメクチンは日本では処方薬ながら海外、特に途上国では市販薬として入手できるところも多いです。個人輸入で入手している人も多いです。

新コロナウィルス感染症が2類から5類に変更される動きの中、自衛のために広い範囲での抗ウイルス薬の使用を考えておくことが必要になっています。

上の文書では、次のように記されています。
3. 抗ウイルス薬等の対象と開始のタイミング
COVID-19では、発症後数日はウイルス増殖が、そして発症後7日前後からは宿主免疫による炎症反応が主病態であると考えられている1)。したがって、発症早期には抗ウイルス薬、そして徐々に悪化のみられる発症7日前後以降の中等症・重症の病態では抗炎症薬の投与が重要となる2)


イベルメクチンなどの抗ウィルス薬が効果を表し、重症化防止効果があるのは、発症から7日前後までであることになります。発症したらすぐ服用できるよう手元に置いておくことが必要と考えられます。

posted by ZUKUNASHI at 13:28| Comment(5) | Covid19

ロシア財務大臣が世界経済の成長鈍化に警鐘を鳴らす

Sanctions against Moscow hurt vulnerable nations – minister
The Russian Finance Minister has warned of a slowdown in global economic growth

The accelerating inflation in most developed nations has come as a result of the irresponsible actions of Western financial authorities during the pandemic, worsened by a sanctions campaign against Moscow, according to Russia’s Minister of Finance Anton Siluanov.

“The scale of inflationary pressure is unprecedented in the context of recent decades,” the minister said, speaking at a plenary meeting of the International Monetary and Finance Committee of the IMF.

“This is the result of the irresponsible actions of the financial authorities of Western countries, from which the whole world suffers, and above all the most vulnerable countries with a low level of income,” he added.

According to Siluanov, the latest sanctions imposed by the West on Russia are exacerbating the situation.

“Dynamics of the accelerated energy transition is also pushing up energy prices, worsening the problems of poverty, food security, energy availability,” the minister said.

The US and its allies have introduced unprecedented economic penalties on Russia in response to the military operation in Ukraine. In less than two months, the country became the subject of over 6,000 different targeted restrictions. Russia is a major global exporter of all types of commodities, including energy and grain.

ロシアのアントン・シルアノフ財務大臣によると、ほとんどの先進国で加速するインフレは、パンデミック時の西側金融当局の無責任な行動の結果であり、モスクワに対する制裁キャンペーンによって悪化したものだという。

シルアノフ財務大臣は、IMFの国際通貨金融委員会の本会議で、「インフレ圧力の規模は、ここ数十年の文脈では前例がない」と述べた。

「これは、西側諸国の金融当局の無責任な行動の結果であり、全世界が苦しんでおり、とりわけ所得水準の低い最も脆弱な国々が苦しんでいる」とも述べた。

西側諸国がロシアに対して行っている制裁措置は、この状況をさらに悪化させるものだという。

「エネルギー転換を加速するダイナミクスは、エネルギー価格を押し上げ、貧困、食糧安全保障、エネルギーの入手可能性の問題を悪化させている」と同大臣は述べた。

米国とその同盟国は、ウクライナでの軍事作戦に対応して、ロシアに対して前例のない経済的なペナルティを導入している。2ヶ月足らずの間に、ロシアは6,000以上の異なるターゲット制限の対象となった。ロシアはエネルギーや穀物など、あらゆる種類の商品の世界的な主要輸出国である。
Deeplによる機械翻訳

・・・・・

新コロナウィルスの猛威が衰えない中、従業員の休業による工場の操業困難、サプライチェーンの停止が生じています。(BAの全便キャンセル、中国中部の電子部品工場などの操業停止)

それに加えて対ロ経済制裁で、まずはエネルギー価格が急騰しました。これは米国でも同じでインフレーションが亢進、米国金融当局が急激な金利引き上げに進むとの観測から米国株式が大幅下落。(4/22)

対ロ経済制裁の跳ね返りは、欧州諸国が最も大きいのですが、エネルギー価格の高騰は、世界の弱小国に深刻な打撃を与えています。(スリランカ)

米国は、ロシアから輸出される穀物について制裁対象から外しました。穀物輸出に支障が出ると飢餓に直面する国が増えて反米感情が燃え上がります。

ウクライナ戦争は、軍事的にはロシアが圧倒的に優勢。停戦への動きが見えませんが、米国はウクライナ人が最後の一人になっても戦わせる方針です。

ウクライナの政権は、米国の意に逆らえば巨額の資金援助が得られませんから、このままずるずると戦争、軍事活動を続けるでしょう。今や、殺人がウクライナの主要産業になっているのです。

戦闘が終結した後に、欧米がウクライナの社会経済の正常化にカネを出すことは考え難いと管理人は思っています。

欧州の正体がばれてしまいました。EUの指導者がこれほどにクズだったとは、見通せませんでした。ドイツは、ロシアからの石油輸入の一律禁止に異を唱えています。

欧米がウクライナに供与したとされる武器・弾薬がすでに横流しされて闇市場で売買されています。これらはテロリストによって使われるのです。

米国はロシアと直接交戦しないとしていますが、米国の将官がロシアの捕虜になっています。自国への悪影響が出れば、米国は態度を変えるでしょう。

混乱、激動はこれからですね。
posted by ZUKUNASHI at 11:12| Comment(0) | 国際・政治

思っていても書けなかったから どうするかを書いている

次は、ニューヨーク在住の女性のツイートですが、コロナとの戦いでは社会的地位によって大きな差があることを指摘しています。日本でも、議員などが陽性になればさっさと入院できる、PCR検査も容易に受けることができる例が伝えられています。
今、コビドにかかる政治家や有名人たちは、最新の治療法、治癒のための休暇、専任の援助など、元に戻るために必要なものをすべて十分に利用できるだろう。あなたは解雇され、死ぬまで放置されるでしょう。引き続き、予防策を講じてください。

管理人は、死ぬまで放置されないように自衛策を講じています。距離、換気、マスク、そして抗ウィルス薬。

このブログには、自分のために調べ、考えた自衛策を載せています。管理人は医師ではありませんのであくまでも常識的な対策の範囲について触れるにとどまります。

新たな変異株は、より感染しやすく、入院数が増えるものも出てきています。
新コロナウィルスがワクチンでしのげるというのは、幻想です。ワクチンによる後遺症が残るだけでしょう。変異株が次々に出現して、どの薬が効くのかもわかりにくくなっています。米国の医学研究者からの情報発信が急減しています。日本の感染症専門家は、さんざん不確かなこと、国際的な基準から外れたことを言い続けて、最近はダンマリを決めてしまいました。

保健当局も大学などの研究者も当てにならない。この状態が長く続くでしょう。

自衛するしかないです。甘く見ている人は、いずれ社会の現場から姿を消します。命はあっても社会活動に参加できなくなります。

新コロナウィルスに対する警戒を、注意力を持続できない人は、消え去るのです。生活のためにリスクを負うしかないという局面はもちろんあります。しかしその中でどこまで防護努力をするかで、命運が決まります。

2022年04月28日
死亡直前の診断時「軽症・無症状」が43.4%
posted by ZUKUNASHI at 11:05| Comment(0) | Covid19

戦争のさなかにウクライナ首相が訪米

2022/4/22だと思われますが、ウクライナの首相と財務大臣がワシントンを訪れ、米国の財務大臣と会談をしています。

Speaking to reporters following a meeting with Ukrainian Prime Minister Denys Shmyhal and Finance Minister Sergiy Marchenko in Washington, Yellen said that such a ban could ultimately cause more harm than good.

ワルシャワ経由で訪米した? そしてどんな話をした?



軍事、政治的な対処方針は、現地の米人指揮者と協議すればよいが、財政的な援助はホワイトハウスが決めるので首相が交渉に行くということのようです。

先週の日曜からワシントン滞在?
Washington (AFP) – Ukraine's prime minister said Sunday that the strategic port city of Mariupol "has not fallen" and that the encircled forces defending the city from Russian attack will "fight to the end."

Biden, Yellen meet with Ukrainian prime minister
President Biden on Thursday met with Ukrainian Prime Minister Denys Shmyhal, the White House said.

Driving the news: "We had a good discussion," Biden said in remarks on Thursday. The pair discussed U.S. actions against Russia "in the effort to stop Putin's brutality," Biden said.

"He was thanking the American people for their support, understands its significance and we talked about keeping everyone together in terms of Europe, European Union and others in the effort to stop Putin’s brutality," Biden said.

The big picture: Shmyhal also met with Treasury Secretary Janet Yellen on Thursday.

He is set to meet with House Speaker Nancy Pelosi (D-Calif.) and other Cabinet members, Biden said.
"The Secretary will reiterate the Biden Administration’s firm support for the people of Ukraine as they defend their lives and their country. In this meeting, the Secretary will underscore our shared resolve to hold Russia accountable and provide Ukraine necessary aid," the U.S. Treasury said in a statement.
Shmyhal is the most senior Ukrainian official to visit the U.S. since the start of Russia's unprovoked invasion and amid its ongoing military offensive in the eastern Donbas region of the country.

それで次の話につながるのですね。
2022年04月23日
米国はウクライナ人がどんなに被害を被っても自分らが直接戦うことはない

ウクライナは、成人男性のすべてを徴用しています。コックからマッサージ師まで。経済活動は全土で停止状態に近いでしょう。当然歳入はない。国家運営の費用は米・NATOに依存するしかない。
posted by ZUKUNASHI at 09:27| Comment(0) | 国際・政治

米国株式市場は大きく下落

4/20まで連日上げていたNYダウが4/21に大きく下落、4/22も600ドルを超す下落になっています。(4/23、午前1時現在)
米国の金利上昇が原因とされていますが、金利上昇観測は4/21に急に強まったわけではない。(知りませんでしたが、パウエルの金融の引き締めを急ぐ方針を示す発言があったようです)

ウクライナ戦争でロシアが圧倒的に優位となり、いずれ停戦になるとの見通しでも広まって、それが影響しているのかと思いましたが、停戦になれば経済制裁も解除になって経済回復するはずですよね。

4/22は日本株も大きく下落しましたが、これは外国人が売り込んだためですね。外国人はこの先の景気についてどう見ているのでしょう。

ルーブルが上昇して1ドルが76.45 ロシア・ルーブルになっています。1月末の水準です。

4/23、日本時間の朝には、NYダウは981ドルの下落。77.38 ロシア・ルーブルとなっています。

株価急落の背景には、FRBのパウエル議長が前日の4/21に、金融の引き締めを急ぐ方針を示したことがあるとされています。でも動きがちょっと大きいです。

US warns against Russian energy ban
An EU embargo on oil and gas imports could harm the global economy, the treasury secretary says
US Treasury Secretary Janet Yellen said on Thursday that a complete European ban on Russian oil and gas imports would “clearly” raise global oil prices and may inflict harm on Europe and other parts of the world.
経済制裁による世界経済への影響が広く出てきているということもあるはずと思います。
posted by ZUKUNASHI at 01:16| Comment(0) | 国際・政治

BoJoがロシアの勝利に重きを置く

BoJo weighs in on Russian victory

UK Prime Minister admits that Russia winning in Ukraine is a “realistic possibility”

There is a “realistic possibility” that Russian forces could “win” in Ukraine and that the conflict could last a “long period,” British Prime Minister Boris Johnson said on Friday.

During a press conference in New Delhi, a British reporter asked Johnson if he agrees with the Western intelligence assessment that the military action in Ukraine could continue till the end of 2023 and end in victory for Russia. The British prime minister conceded that both these statements might turn out to be true.

posted by ZUKUNASHI at 00:39| Comment(0) | 国際・政治