ずくなしの冷や水

2022年04月22日

Russia unveils plans for digital ruble

Russia unveils plans for digital ruble, domestic payment system
The central bank plans to launch digital ruble by 2023 and expand the use of its MIR payment card
The Bank of Russia announced on Thursday it plans to have a digital ruble ready by next year and capable of making international payments. It also aims to expand the number of countries that accept Russian Mir banking cards.

“The digital ruble is among the priority projects,” central bank governor Elvira Nabiullina told the lower House of Parliament. “We have fairly quickly created a prototype ... now we are holding tests with banks and next year we will gradually have pilot transactions.”

The concept of a national digital currency was unveiled by the Bank of Russia in late 2020. The new form of money is expected to coexist with cash and non-cash rubles. Unlike virtual currencies such as bitcoin, the digital ruble is projected to pose minimal risk as it will be issued by the state monetary regulator and backed by traditional money.
READ MORE: Gold-backed ruble could be a game-changer (INTERVIEW)

Nabiullina also said that Moscow aims to extend the number of countries that accept Mir banking cards, after international corporations Visa and MasterCard have joined Western sanctions, suspending operations in Russia. The national payment system Mir was launched by the central bank in 2015.
中央銀行が2023年までにデジタルルーブルを発売し、MIR決済カードの利用を拡大する計画
ロシア銀行は21日、来年までにデジタル・ルーブルを準備し、国際的な決済ができるようにする計画だと発表した。また、ロシアのミール銀行カードを受け入れる国の数を拡大することも目指している。

「中央銀行のElvira Nabiullina総裁は下院議会で、「デジタル・ルーブルは優先プロジェクトの一つである。「現在、銀行とテストを行っており、来年には徐々に試験的な取引を行う予定です」。

国家デジタル通貨のコンセプトは、2020年末にロシア銀行によって発表された。この新しい貨幣形態は、現金や非現金ルーブルと共存することが期待されている。ビットコインのような仮想通貨とは異なり、デジタルルーブルは国の通貨規制当局が発行し、伝統的な貨幣に裏打ちされるため、リスクは最小になると予測されている。
続きを読む 金で裏打ちされたルーブルはゲームチェンジャーになりうる(INTERVIEW)

ナビウリナ氏はまた、国際企業のビザやマスターカードが西側の制裁に加わり、ロシアでの事業を停止したことを受け、モスクワはミール銀行のカードを受け入れる国の数を増やすことを目指していると述べた。国家決済システムMirは、2015年に中央銀行が立ち上げた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 23:35| Comment(0) | 国際・政治

Glonass

Russian airlines told to prepare to fly without GPS – media
The reported move comes after increased reports of jamming and spoofing of the US satellite system's signal

Russia's air traffic regulator has told carriers to learn to fly their planes without relying on the American Global Positioning System (GPS) satellite-based-navigation facility, newspaper Izvestia reported on Friday.

According to the letter from the regulator, Rosaviatsia, which was seen by the paper, it has instructed national airlines to prepare to cope without GPS after a March report by the European Union Aviation Safety Agency (EASA), which warned of increased cases of jamming and spoofing of the system's signal after February 24 – the day Russia started its military offensive in Ukraine.

These were apparently registered in such areas as Russia's western enclave, the Kaliningrad Region, the Baltics, eastern Finland, the Black Sea, the eastern Mediterranean, Israel, Cyprus, Lebanon, Syria, Turkey and northern Iran.

The interference has led to some planes changing their course or destination as the pilots were unable to perform a safe landing without the GPS, EASA has reportedly said.

According to Rosaviatsia, carriers should evaluate the risks of GPS malfunction and provide additional training to its pilots on how to act in such situations. The crews have also reportedly been told to instantly inform traffic control about any problems with a satellite navigation system.

The letter from the agency should be treated as a recommendation only and doesn't constitute a ban on the use of GPS by the Russian airlines, the paper clarified.

Several Russian carriers, including major ones like Aeroflot and S7, have confirmed receiving a relevant message from the traffic regulator. However, they insisted that they didn't encounter any problems with GPS over the past two months.

Rosaviatsia later clarified that “disconnection from GPS or its disruption won’t affect flight safety in Russia.”

The GPS signal isn’t the only source of information about the location of a plane at any given moment. Crews can also rely on the aircraft’s inertial navigation system, as well as ground-based navigation and landing systems, the agency said.

Last month, Dmitry Rogozin, head of the Russian space agency Roscosmos, warned that Washington may well disconnect the country from GPS as part of draconian sanctions imposed on it over the conflict in Ukraine.

On Friday, Rogozin took to Telegram to propose switching all of the country's commercial planes from GPS to its Russian counterpart, Glonass.

However, it might be a complicated thing to do as Boeing and Airbus planes, mainly used by the country's carriers, are designed to solely support the GPS technology.
posted by ZUKUNASHI at 22:44| Comment(0) | 国際・政治

ISISとウクライナ兵 何が違う






posted by ZUKUNASHI at 18:31| Comment(0) | 国際・政治

0000




・・・これでだれが利益を得る?
posted by ZUKUNASHI at 15:40| Comment(0) | 国際・政治

マリウポルのネオナチを引き受ける国はあるか

マリウポルのアゾフスタル工場に籠城するネオナチ、ウクライナ軍が投降を拒否して武器を携行したまま第三国に移動することを認めるよう要求しています。

キエフ当局は投降を禁じ、投降しようとする者はその場で射殺せよとの命令を出しています。兵糧攻め状態で籠城しているネオナチとウクライナ軍が第三国への移動を認めろと要求しています。あと数日しか持たないとしています。

さて、武器や資金でバックアップしてきた米国やEU諸国がこの要求を後押ししてロシアに譲歩を認めるよう主張するのかとみていますが、その動きはないようです。

何百人ものテロリストを受け入れる国があるか。彼らが地域のウクライナ市民を殺していることは欧米諸国でも現地市民の情報発信で知っています。

実は、テロリストを家族ぐるみで脱出させた例はシリアでありました。ダマスカス近郊やアレッポからイドリブに大型バスで移動させました。しかし、トルコやサウジに団体で移動させたわけではない。

ロシアは、投降すればよいと、生命の保証はするとの立場です。テロリストに武器を携帯してアゾフスタルからの脱出を認めることなどありえません。

ネオナチらの支援国に向けた彼らの要請に、米国も欧州諸国も反応していません。ウクライナの領土でウクライナ国民とロシア兵が殺しあうのには金も武器も出すが、彼らが自国に来るのは拒否ということになるでしょう。

ゼレンスキーは、コカインをやっています。本人が礼賛している。正常な判断力を失っています。

困ったNATO、米国は、なんでも言うことを聞く日本に受け入れを求めてくる? 政府専用機と自衛隊機でピストン輸送。そんなことはありませんよね。

Besieged Ukrainian neo-Nazis outline conditions to leave Mariupol
Kiev and Moscow traded blame after a new attempt at setting up a humanitarian corridor in the city flopped

Ukrainian forces holed up at the Azovstal steel plant in the Black Sea port city of Mariupol have outlined their conditions to leave the besieged location.

Late on Wednesday, Svyatoslav Palamar, the deputy commander of the neo-Nazi Azov regiment, released a new video address, stating that the troops were ready to leave the plant with the support of an unspecified “third party.” The fighters want to keep their personal weapons, as well as to evacuate their wounded and fallen comrades. Palamar refused to surrender to Russian forces or troops of the Donetsk People’s Republic (DPR), which are besieging the sprawling industrial facility.

Earlier in the day, a similar address was released by Sergey Volyna, the commander of Ukraine’s 36th marines brigade, which is holed up at the plant as well. There are some 500 wounded fighters at the facility, as well as “hundreds” of civilians, Volyna claimed.

“This is our appeal to the world, this may be our last appeal. We may have only a few days or hours left,” he said. “We are asking to apply an extradition procedure to us and take us to the territory of a third state.”

The Russian military has admitted that a new attempt at organizing a humanitarian corridor for those willing to exit the Azovstal plant has flopped.

“We have to state that the declared humanitarian operation by the Kiev authorities was cynically disrupted, no one used the corridor. The commanders of the nationalist battalions did not use yet another opportunity to save themselves and the lives of their subordinates,” the military said, blasting the pleas by the besieged Ukrainian troops issued towards foreign nations.

Your address is misdirected. Russia has done everything to save your lives. You should have pleaded directly with the Ukrainian leadership, which treacherously abandoned you long ago.

Kiev, however, has blamed Moscow for the new botched attempt at staging the humanitarian corridor. Ukrainian Deputy Prime Minister Irina Vereschuk claimed Russian forces were unable to observe a “proper ceasefire”.

“Due to the inherent disorganization and negligence of the occupiers, they were unable to provide timely transportation of people to the points where dozens of our buses and ambulances were waiting,” she alleged.

黒海の港町マリウポルのアゾフスタル製鉄所に立てこもるウクライナ軍は、包囲された場所を離れるための条件を概説した。

水曜日遅く、ネオナチ・アゾフ連隊の副司令官スヴャトスラフ・パラマルは、新しいビデオ演説を発表し、部隊が不特定の「第三者」の支援で工場を出る準備ができたと述べた。戦闘員たちは個人の武器を保持し、負傷し倒れた仲間を避難させることを望んでいる。パラマールは、広大な産業施設を包囲しているロシア軍やドネツク人民共和国の軍隊に降伏することを拒否した。

その日のうちに、同じく工場に立てこもるウクライナ第36海兵旅団のセルゲイ・ボリナ司令官からも、同様の演説が発表された。ヴォーリナ氏は、この施設には負傷した戦闘員が500人ほどおり、「数百人」の民間人もいると主張した。

「これは世界へのアピールであり、最後のアピールになるかもしれない。数日、数時間しか残されていないかもしれない」と述べた。「私たちに身柄引き渡し手続きを適用し、第三国の領土に連れて行くよう求めているのです」。

ロシア軍は、アゾフスタル工場から出ようとする人々のための人道的回廊を組織する新しい試みが失敗したことを認めている。

「キエフ当局が宣言した人道的作戦は皮肉にも中断され、誰も回廊を利用しなかったと述べなければならない。国粋主義者の大隊の司令官は、自分自身と部下の命を救うための別の機会を利用しなかった」と軍は述べ、包囲されたウクライナ軍による外国に向けて発せられた嘆願を非難している。

あなたは訴えの相手を間違っている。ロシアはあなた方の命を救うためにあらゆることをした。あなた方は、ずっと前にあなた方を見捨てたウクライナの指導者に直接懇願すべきだったのだ。

しかし、キエフは人道的回廊の演出に失敗した新たな試みについて、モスクワを非難している。ウクライナのイリーナ・ベレシュク副首相は、ロシア軍は「適切な停戦」を守ることができなかったと主張した。

「占領軍特有の無秩序と怠慢のため、数十台のバスと救急車が待機している地点に人々を適時に輸送することができなかった」と彼女は主張した。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ウクライナの避難民がドイツのホロコースト記念碑を汚したと伝えられています。




[21日 ロイター] - ロシア・チェチェン共和国のカディロフ首長は21日、ロシア軍が包囲した要衝ウクライナ南東部の港湾都市マリウポリのアゾフスターリ製鉄所を完全掌握するとの見方を示した。

ウクライナ当局は、マリウポリに取り残されている部隊と民間人を退避させるため、条件なしの協議をロシア側に提案した。
ロシアとの停戦交渉団を率いるウクライナのポドリャク大統領府長官顧問はツイッターに投稿し、協議は「1対1か、2対2になる。民間人やアゾフ大隊、部隊、市民、子ども、負傷者を救うためだ」と説明した。

現地で直接交渉を行うという提案がなされたとし、ロシア側から確認が取れ次第、交渉に臨む用意があると述べた。

マリウポリの正午は日本時間の18時。

ロシアとウクライナ代表との交渉見込みなどについてまだ情報が入りません。この局面での1対1とか2対2の交渉はありえない。テロリスト側が投降することを通告するのなら別ですが。アゾフスタルの地下には民間人はいないのではないかとの見方もあります。もしいても食物などは与えられずに衰弱しきっているでしょう。

欧米の報道機関は、この件について触れていません。アゾフスタルのテロリストらは完全に孤立無援です。

4/21の報道によると、ドイツ政府は、ウクライナへの軍事援助リストから重火器をすべて消した。ビルト紙によると、「ウクライナのリスト」には当初、レオパルド戦車、プーマ装甲兵員輸送車、マーダー、ボクサー、フーチが含まれていたという。ショルツ首相の指示で、軍事援助のリストが48ページから24ページになった。

ウクライナ戦争は、近くウクライナの敗北で終わります。

交渉するのは、ウクライナ議会多数派のダビッド・アラカミア氏と、大統領府長官顧問のミハイロ・ポドリャク氏。

パラマール氏は、マリウポリのウクライナ兵が「兵士を救出し、負傷者を避難させ、死者の遺体を引き取ってロシアが支配していない土地に尊厳を持って埋葬する」ために第三者の援助を受けて小火器で避難する準備ができていると述べた。

同氏によると、ウクライナの交渉担当者はロシアの大統領補佐官ウラジーミル・メジンスキー氏、国会議員のレオニード・スルツキー氏と交渉する。

・・・・・

ロシア軍は、アゾフ鉄鋼工場でウクライナ軍とアゾフ大隊のメンバーへの攻撃を止めました。 包囲と降伏の交渉が続くと発表した。

上の交渉では、降伏以外にはないということです。2022/4/21は進展はなかったようです。

ゼレンスキーは、アゾフスタルに籠る兵士の救出のため外国軍の力が必要だとしています。
“There is a military way” to unblock Mariupol, Zelensky told local media during a press conference with the prime ministers of Spain and Denmark in Kiev.
“We need to prepare for it. We are preparing to be strong, but here we need the help of our partners. It’s difficult, by ourselves,” he added.

“There is a military way” to unblock Mariupol, Zelensky told local media during a press conference with the prime ministers of Spain and Denmark in Kiev.
“We need to prepare for it. We are preparing to be strong, but here we need the help of our partners. It’s difficult, by ourselves,” he added.

posted by ZUKUNASHI at 15:37| Comment(0) | 国際・政治

上海で重症例・危重例が急増





日本郵便は2022/4/22から中国宛てのEMS=国際スピード郵便の引き受けを当面、停止すると発表。手紙やはがき、2キロ以内の小包については、航空便と船便とも引き続き引き受ける。
中国の上海では外出制限が続いて、日本と結ぶ航空便が減便されて輸送力を十分に確保できないうえ、空港では郵便物の仕分けを行う人員も不足しているためという。

上海の住人はここ1か月ほど郵便物が届いていないという。

posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | Covid19

コロナ後遺症は10%ではきかない





平畑先生と会話(1):ワクチン長期副反応について
posted by ZUKUNASHI at 11:46| Comment(0) | Covid19

日本は武器輸出に踏み出した



ドイツも武器輸出に方針転換。
posted by ZUKUNASHI at 10:52| Comment(0) | 国際・政治