ずくなしの冷や水

2022年04月20日

ゼレンスキーはまともな判断力を失っている コカイン常用らしい


ゼレンスキーは、2022/4/17、マリウポリの完全に包囲された兵士の投降を認めず、投降しようとする者はその場で射殺せよとネオナチに命じたようです。
Ukraine ready to fight Russia ‘for 10 years’ - Zelensky
Ukrainian president said that his country is not prepared to give up its territories
Ukraine is not prepared to give up its territories and is ready, if needed, to fight with Russia “for ten years,” the country’s President Volodymyr Zelensky said.

In an interview with CNN, Zelensky said that for Ukraine “the battle for Donbass is very important” for a number of reasons. He explained that this battle might influence “the course of the whole war.” However, the president stressed that the preferable solution of the conflict is the diplomatic one.

“We cannot give up our territory, but we must find some kind of dialogue with Russia,” Zelensky said, underlining that no talks could be conducted “on the basis of the Russian ultimatum.”

He stressed that a dialogue is needed to prevent more deaths but he hasn’t ruled out another option.

“We can fight the Russian Federation for 10 years,” Zelensky said.

He said that the Ukrainian forces in Donbass are some of “the best military” the country has. “It is a large grouping. And Russia wants to encircle them and destroy them,” he said.

He clarified that he was talking about “44 thousand professional military men who survived a great war from the beginning of 2014.”

“This is why it is very important for us to preserve that part of our army,” the president underlined.

Asked by CNN presenter if Ukraine would be victorious in the conflict, Zelensky said, “Yes, of course, and will.”

Russia attacked the neighboring state in late February, following Ukraine’s failure to implement the terms of the Minsk agreements, first signed in 2014, and Moscow’s eventual recognition of the Donbass republics of Donetsk and Lugansk. The German and French brokered protocols were designed to give the breakaway regions special status within the Ukrainian state.

The Kremlin has since demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join the US-led NATO military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked and has denied claims it was planning to retake the two republics by force.


Missile factory outside Kiev destroyed – Russia
Moscow promised more strikes should Ukraine keep shelling its territory
Moscow has announced that its Kalibr cruise missiles struck a missile factory outside Kiev, overnight, and has promised more assaults on the Ukrainian capital should Ukraine continue its attacks on Russian territory.

Russia earlier accused Ukraine of shelling its Belgorod and Bryansk regions on Thursday, leaving eight residents injured, including a two-year-old boy and his pregnant mother.

A Russian warship was used to destroy the Vizar military factory outside Kiev, which was building and repairing anti-aircraft and anti-ship missiles, Defense Ministry spokesman Major General Igor Konashenkov said on Friday.

Konashenkov warned that Moscow will “increase the number and scale of missile strikes” on the Ukrainian capital in response to attacks on Russian soil. He had issued a similar warning on Wednesday.

Russia claimed that Ukrainian helicopters crossed the border on Thursday, flying close to the ground and attacking the village of Klimovo in the Bryansk Region bordering Ukraine. Eight locals, including a two-year-old boy and his pregnant mother, were injured. Officials also said that a border checkpoint was shelled in the region the same day, as a group of Ukrainian refugees was passing through. No injuries were reported.



#ARESTOVICH
#ウクライナ の理念、ウクライナの中心的な国家理念の1つは、自分にも他人にも、できる限り嘘をつくということです。
なぜなら、真実を語ればすべてが崩壊するからだ。
それ以外に(崩壊をもたらす)必要なものはないのです。これが私たちの基本的な矛盾です。





posted by ZUKUNASHI at 23:59| Comment(1) | 国際・政治

ロシアは自らが求める安全保障を得るまで緊張戦略を続けるだろう

Ukraine crisis is a pivotal moment in history − for the US, not Russia
By Cameron Leckie
Jan 31, 2022

大変優れた論文です。機械翻訳で読みやすい日本語になります。ぜひご一読を。

著者 Cameron Leckie
Cameron Leckie served as an officer in the Australian Army for 24 years. An agricultural engineer, he is currently a PhD candidate.
オーストラリア軍に24年間従事、本職は農業技術者とありますが、現在、University of Southern Queensland の大学院でPhD candidateです。博士号取得目前、あとは博士論文を書いて審査を受けるだけ。
20歳で入隊したとしてもう40歳を超えていますが、学者の見識は十分ですね。この先が楽しみです。

豪州には、地政学者のケイトリン・ジョンストンがいます。シリア人のsyrian girlも豪州の大学で論文書きに専念しているはず。やはり若い方に期待です。
posted by ZUKUNASHI at 22:31| Comment(0) | 国際・政治

ロシアがブチャの虐殺はフェイクニュースだと反論

Russia denies Ukraine war-crimes allegations
Moscow claims accusations of Bucha massacre by Russian forces are fake news
The Russian military has firmly denied accusations of mass killings of civilians in Bucha, a Ukrainian town northwest of Kiev. The claims have been raised by Ukraine itself, some Western media outlets and human rights groups, after Moscow had withdrawn its troops from the outskirts of Ukraine’s capital.

“All photographs and video materials published by the Kiev regime, allegedly showing some kind of "crimes" by Russian military personnel in the town of Bucha, Kiev region, are yet another provocation,” the Russian Ministry of Defense said Sunday.

Russian troops had been pulled out from the area on March 30, the military said, pointing out that “the so-called ‘evidence of crimes’ in Bucha appeared only on the fourth day” after the withdrawal, when Ukrainian intelligence and “representatives of Ukrainian television arrived in the town.”

“Moreover, on March 31 the mayor of Bucha, Anatoly Fedoruk, confirmed in his video address that there was no Russian military in the town, but did not even mention any local residents laying shot in the streets with their hands tied,” the Russian military also pointed out.

“It’s particularity concerning that all the bodies of people whose images were published by the Kiev regime, after at least four days, have not stiffened, do not have characteristic cadaveric spots, and have fresh blood in their wounds,” the military noted, adding that all these inconsistencies show that the whole Bucha affair “has been staged by the Kiev regime for Western media, as was the case with the [fake news from the] Mariupol maternity clinic.”

Russia scrambles UN Security Council over Bucha war crimes accusations
Moscow insists the incident was staged by Kiev to accuse Russian military of war crimes

Moscow will convene an extraordinary meeting of the UN Security Council over the incident in the Ukrainian town of Bucha, Russia’s deputy permanent representative with the organization, Dmitry Polyansky said Sunday. Ukraine has accused Russia of massacring civilians in the town, while Moscow dismissed the incident as staged by the Kiev forces.

“In light of the blatant provocation by Ukrainian radicals in Bucha, Russia has demanded a meeting of the UN Security Council to be convened on Monday, April 4. We will bring to light the presumptuous Ukrainian provocateurs and their Western patrons,” Polyansky said in a Telegram post.

Graphic footage from Bucha, a town to the northwest of Kiev, emerged over the weekend, showing multiple bodies clad in civilian clothing scattered around. Kiev was quick to blame Russian military for the incident, with Ukrainian foreign minister Dmytro Kuleba alleging it was a “deliberate massacre”.

“The Bucha massacre was deliberate. Russians aim to eliminate as many Ukrainians as they can. We must stop them and kick them out. I demand new, devastating G7 sanctions NOW,” Kuleba said on Twitter.

Top Western politicians were quick to back and amplify Kiev’s claims, with NATO chief Jens Stoltenberg branding the incident “a brutality against civilians we haven’t seen in Europe for decades.”

“And it’s horrific, and it’s absolutely unacceptable that civilians are targeted and killed, and it just underlines the importance of, that this war must end. And that is President Putin’s responsibility, to stop the war,” Stoltenberg told CNN.

Similar stance has been voiced by many other officials, with some explicitly pinning the blame for the ‘massacre’ on Moscow. French President Emmanuel Macron said, for instance, that “Russian authorities will have to answer for these crimes”.

Moscow, however, has firmly rejected any involvement, accusing Kiev of staging the whole affair to frame Russian troops. The country’s Defense Ministry said that Russian troops pulled out of the town on March 30, with local mayor confirming it in a video address a day after without mentioning “any local residents laying shot in the streets.” The purported “evidence” of the incident emerged only four days after the withdrawal, when Ukrainian intelligence and “representatives of Ukrainian television arrived in the town,” the military added, stressing that multiple inconsistencies show that the affair “has been staged by the Kiev regime for Western media.”

Moscow launched a large-scale offensive against Ukraine in late February, following Ukraine’s failure to implement the terms of the Minsk agreements signed in 2014, and Russia’s eventual recognition of the Donbass republics in Donetsk and Lugansk. The German- and French-brokered protocols had been designed to regularize the status of those regions within the Ukrainian state.

Russia has now demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join the US-led NATO bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked and has denied claims it was planning to retake the two rebel regions by force.








Kremlin comments on Bucha war crimes claims
Ukrainian allegations against Russian troops should be properly investigated, not taken at face value, Moscow said
Ukrainian allegations that Russian troops were involved in war crimes in the city of Bucha near Kiev are not true, Kremlin spokesman Dmitry Peskov said on Monday. The claims need to be properly investigated and not taken at face value by foreign leaders, he suggested.

Information provided by the Ukrainian side “should be subject to serious skepticism,” the official said of the allegations made by Kiev. He claimed Russian military specialists found evidence of video manipulation and other forms of fabrication coming from Bucha.

“The facts and the timeline likewise speak against the veracity of the claims,” he added.




Global lies over Bucha: How people’s minds are manipulated

[ワシントン 4日 ロイター] - 米国防総省は4日、ウクライナ首都キーウ(キエフ)近郊ブチャで民間人とみられる多数の遺体が見つかったことについて、ロシア軍に責任があることは「米国だけでなく世界にとっても」明白という認識を示した。
カービー報道官は、現時点でロシア軍のどの部隊に責任があるかは正確には確認してないとししつつも、「残虐行為がロシア人の手によって行われたことに反論することもできない」と語った。
これに先立ち、米国防当局者は、ロシアによる「大虐殺」というウクライナの主張を米国防総省は独自には確認できていないとすると同時に、こうした残虐行為に関するウクライナ側の主張に「反論する根拠も存在しない」と言明していた。












posted by ZUKUNASHI at 18:25| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナ野党指導者ヴィクトル・メドベチュクの英国人捕虜との交換はなるか



続報です。
Ukraine’s Medvedchuk asks Putin, Zelensky to swap him for soldiers, Mariupol residents
Vladimir Zelensky announced that Medvedchuk was seized on April 12
KIEV, April 18. /TASS/. Ukrainian politician Viktor Medvedchuk has called on Presidents Vladimir Putin of Russia and Vladimir Zelensky of Ukraine, to swap him for servicemen and Mariupol residents.

"I, Viktor Vladimirovich Medvedchuk, want to ask Russian President Vladimir Putin and Ukrainian President Vladimir Zelensky that the Ukrainian side exchange me for Mariupol defenders and residents, who are still there and cannot safely leave the city through humanitarian corridors," he said in a video address posted on the Telegram channel of the Ukrainian Security Service (SBU) on Monday.

According to the SBU press service, "around 120,000 civilians," as well as Azov battalion militants and marines from the 36th brigade are holed up in Mariupol.

Zelensky announced that Medvedchuk was seized on April 12. On his Telegram channel, Zelensky posted a photo of a handcuffed man resembling Medvedchuk and suggested the man be swapped for Ukrainian prisoners.

Later, Medvedchuk’s wife, Oksana Marchenko, released several video addresses to say that her husband’s detention was politically motivated. She asked Putin for help in getting her husband back through a prisoner exchange. She also addressed Turkish President Recep Tayyip Erdogan and Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman Al Saud. Apart from that, Medvedchuk’s wife addressed the families of the captured British nationals to ask UK Prime Minister Boris Johnson to help reach a swap deal for her husband.
キエフ、4月18日。/ウクライナの政治家Viktor Medvedchukは、ロシアのVladimir Putin大統領とウクライナのVladimir Zelensky大統領に対し、自分を軍人やマリウポリ住民と交換するよう呼びかけた。

「私、Viktor Vladimirovich Medvedchukは、ロシアのVladimir Putin大統領とウクライナのVladimir Zelensky大統領に、ウクライナ側が私を、まだそこにいて人道的通路を通して安全に街を離れることができないマリウポルの防衛者と住民と交換するよう求めたい」と、月曜日にウクライナ治安局(SBU)のテレグラムチャンネルに投稿したビデオアドレスで述べている。

この意味は、Medvedchuk氏がアゾフスタルの包囲網の中に入るので、今中にいる人を代わりに出してほしいということでしょうか。マウリポリは解放され、市民は市外に出ることがてきます。外に出れないのは、アゾフスタルの中の人ですが、これはゼレンスキーが出すなと命令している。

アゾフスタルの中にいる人を一部でも出すのは、今の命令を停止また修正することになります。Medvedchuk氏がそのきっかけを作ることを狙ってこのように発言しているならば、立派な政治家。

プーチンの報道担当のペスコフは、プーチンが何らかの応答をするような含みのある言い方をしています。この捕虜交換の件は、ボリスジョンソンがゼレンスキーに直接依頼したのではないかと思っています。英国人捕虜との交換を言い出したのは、Medvedchukの妻ですが、彼女がなぜそう言い出したのか。誰かがそのようにすれば、夫がロシア側に引き渡される可能性があると知恵をつけています。ウクライナ当局側です。英国がそのようにしてほしいと頼むことが必要でしょう。ゼレンスキーはボリスジョンソンに恩を売り、援助を得る。ボリスジョンソンは支持回復の手段に使う。
ここでロシア側は難しい状況に置かれます。なぜロシア兵の捕虜と交換しないで、Medvedchukと交換するのか、その理由が必要です。同数の捕虜交換に加えてMedvedchukも引き渡しということになるでしょうか。

MOSCOW, April 18. /TASS/. The Kremlin will make an announcement if Russian President Vladimir Putin reacts to a request from Oksana Marchenko, the wife of Ukrainian politician Viktor Medvedchuk, who asked for assistance in exchanging her husband, Kremlin Spokesman Dmitry Peskov told reporters on Monday.

"We will make an announcement if there is a reaction from the president," he said in response to a question.

British Mercs Who Surrendered to Russia Ask Johnson to Exchange Them for Ukraine's Medvedchuk

Ukrainian opposition leader’s wife appeals to Putin
Oksana Marchenko has revealed that Victor Medvedchuk gave consent to be swapped and handed over to Russia

妻でスターのオクサナ・マルチェンコは、ウクライナ野党指導者ヴィクトル・メドベチュクがロシアに交換され引き渡されることに同意したことを明らかにした。

オクサナ・マルチェンコは、ロシア軍の捕虜となった英国人二人とヴィクトル・メドベチュクの交換を求めています。

ヴィクトル・メドベチュクは、親ロとされていますが、ロシアは同氏をウクライナ民族主義者だとしています。この時点では、ロシア側はヴィクトル・メドベチュクとのつながりを否定しておいたほうが本人のためだと判断しているでしょう。

ヴィクトル・メドベチュクの妻がどうやってヴィクトル・メドベチュクがロシア側に送られていいとの意思を確認したのか、わかりません。オクサナ・マルチェンコは、2022/4/15にモスクワで記者会見をしています。

エルドアンやボリス・ジョンソンにメッセージも送りました。英国は、自国民が何年も前からウクライナに入って軍事行動をしていたことを認めなければならなくなっています。

ロシアがこの取引に応じるのか、応じる場合にどんな条件を付けるのか。大変難しい政治判断になります。

当初、ゼレンスキーはウクライナ人捕虜と交換を言っていました。なぜ英国人捕虜との交換なのかよくわかりませんが、ウクライナ政府は英国人捕虜が解放されれば英国に恩を売れる。

ロシアは、ヴィクトル・メドベチュクを引き取ることにより親ロ派に対する保護提供をアピールできる。

ですが、同じことが次々に生ずる恐れがあります。

ロシアの出方を見ましょう。

「マルチェンコは土曜日、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子への演説も収録した。リヤドはイギリスと「歴史的に密接な関係」にあるとして、彼女はジョンソンと話すことができ、ジョンソンがウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領を説得して、メドベチュクとイギリス人を交換してくれるかもしれないという希望を表明した。」とあります。

なんでMbSが出てくるのかよくわからないですが。この件が広がれば、ウクライナで政府側が野党勢力を弾圧し、拘束しているということが世界に知られることになります。

2022年04月14日
ウクライナの野党党首が拘束される
posted by ZUKUNASHI at 16:40| Comment(0) | 国際・政治

岐阜県羽島市の医療機関で5歳の男の子に日本脳炎ワクチンと新型コロナワクチンを同時接種

posted by ZUKUNASHI at 16:25| Comment(0) | Covid19

台湾に米軍駐留を計画




posted by ZUKUNASHI at 16:20| Comment(0) | 国際・政治

ウクライナでは政府側が市民を殺している

次のツイートは、埋め込みができにくくなっています。ツイッターでは、ウクライナの政府側(ネオナチ、テロリスト、政府軍兵士)が市民を殺しています。ロシア軍側は市民を救出しています。




kumiさんのツイートは、ぜひフォローしてください。スペイン語のほうが日本語のものよりも情報が圧倒的に多いです。


次のツイートも埋め込みの一回目に妨害されました。
posted by ZUKUNASHI at 13:23| Comment(0) | 国際・政治

日本は独立した政策をとることは不可能と米国高官が本に書いた



Japan is under control of the US in that it is "impossible for [them] to pursue an independent policy"
日本はアメリカの支配下にあり、"独立した政策をとることは不可能 "である。
posted by ZUKUNASHI at 12:25| Comment(4) | 国際・政治

クラマトルスク駅爆破事件はウクライナ軍による自国民殺害

【ロンドン共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は8日、フィンランド議会に向けてオンライン演説した。ロシア軍によるウクライナ東部の駅への攻撃について「攻撃されたのはごく普通の駅で避難しようとしていたごく普通の市民だ」と批判し、ロシア語話者の保護を大義名分とした侵攻から「44日目の現実だ」と訴えた。フィンランド放送協会などが報じた。

Russia claims to know details of deadly missile strike in Ukraine conflict
The projectile that struck a train station was launched by Ukrainian forces from a town southwest of Kramatorsk, Moscow says

今回のミサイル攻撃について、ロシア軍は即座に関与を否定しました。現場のミサイルの残骸からそれが古いものであることからウクライナとベラルーシしかもっていないものだとしています。射程も短くロシア軍のいる地域からは飛ばせられない。

避難しようとする人たちが、駅に集まっていたところを爆撃するという、ISISのテロリストと同じ残虐さです。

ウクライナのネオナチ、アゾフは、死体を道に並べたり、捕虜を拷問し殺したり、ウクライナ市民を無差別に射撃したり、残虐極まりません。

それなのに、日本では知識人も含めてゼレンスキーを支援する声が大きいのに驚きます。

香港の暴動の際も同じでしたが、真実を見極めることが必要です。ウクライナでの市民殺害の証言はたくさんあります。ツイッター社によって次々に消されています。

西側の報道機関は、慈善団体ではなく、報道活動をしてカネを稼いでいるのです。不都合な真実を報じられてカネを出す人がいますか。

駅舎です。外側

ホーム側

ミサイルの一部

クラマトルスクの駅

クラマトルスクの町


Russia accuses Ukraine of ‘barbarism’
Moscow calls on West to stop arms supplies to Kiev following deadly attack

The Russian Foreign Ministry has called on Western nations to stop supplying Ukraine's armed forces with weapons in the wake of a missile attack on a train station in the city of Kramatorsk that killed dozens of civilians on Friday.

The ministry has requested that the international community “make an unbiased assessment” of the actions of the Ukrainian forces and “stop supplying them with weapons, as well as urge Kiev to abandon unacceptable fighting methods.”

Earlier, Moscow accused Kiev of being behind the attack that has claimed the lives of 50 people, including five children, according to the latest assessments provided by both sides.

Kramatorsk is a city in the northern part of the Donetsk region and is claimed by the Donetsk People’s Republic as part of its territory. When hostilities broke out in eastern Ukraine in the wake of the 2014 Maidan coup, the city remained under Kiev’s control.

It is the Ukrainian army that employs Tochka-U ballistic missiles, similar to the one that hit the central train station in Kramatorsk, the Foreign Ministry reminded, repeating the claims made earlier by the Russian Defense Ministry.

The Russian military also said earlier that it had pinpointed the location from which the missile had allegedly been launched. According to defense officials, it came from the town of Dobropole, which is located southwest of Kramatorsk and has been under the control of Ukrainian forces.

The Foreign Ministry has denounced the attack as a “barbaric act of aggression” and said that it only proves Russia had been right to launch its military operation to protect the two Donbass republics it had earlier recognized. The attack on Kramatorsk also closely resembles another missile strike that killed 17 people in the city of Donetsk in mid-March, it has added.

“We are convinced that the Kiev authorities will not escape justice,” the ministry’s statement said.






テレ東BIZ@txbiz_ondemandの悪意のある誤報


Kramatorsk train station attack: The key to finding the perpetrator lies in this overlooked detail
スコット・リッターの書いたものです。豊富な専門的知識と論理力。読み応えあり。
以下一部抜粋部分の機械翻訳
トーチカUの飛行特性は、クラスター弾が最初に地上に着弾し、その後、弾頭の着弾から少し遅れて劣化したブースターが地上に着弾するというデブリパターンとなる。これはいわば、ミサイルが発射された方向を示すサインであり、弾頭の着弾点からブースターを経由して逆方向の方位を撮影することで簡単に算出することができる。

ロシアも米国も、トーチカが発射された場所の事実上の証拠を持っていることに疑問の余地はない。米国はこの地域に様々な情報収集プラットフォームを配備しており、発射時のミサイルの位置を探知し、目標に向かって飛んでいくミサイルの弾道も追跡できたはずである。同様に、ロシアはS-400を含む多くの地対空ミサイル防衛システムを配備しており、発射から着弾までのミサイルの飛行を追跡できたはずである。

米国が、キューバ・ミサイル危機のような瞬間を国連で再現し、ロシアの嘘の範囲と規模を世界に示すために、このデータの機密指定を解除しなかったという事実は、ロシアが実際には嘘をついていないことを強く示唆している。さらに、ウクライナがミサイルを発射したという主張を補強するためにロシアが同じことをしなかったのは、ロシアのレーダーは活発な軍事行動地帯の一部として作動しており、そのためロシアは戦場でウクライナに戦術的優位をもたらすようなデータを公表したくないという現実があることを指摘している。

ミサイルの寿命は1発につき10年で、それを過ぎるといわばメーカーの保証が効かなくなる。つまり、1991年に製造されたミサイルは、通常であれば2001年までに退役することになる。しかし、ロシア軍では、トーチカUのようなミサイルのライフサイクルを延長するための点検作業を実施し、運用寿命を延ばすことがしばしば行われてきた。このような検査は、ミサイルの取り扱いや移動が行われたすべての作戦展開や実地訓練と同様に、パスポートに記録される。

ゼレンスキーは自分が何を望んでいるのか、注意した方がいいかもしれない。クラマトルスク駅爆破事件の真相究明には、関与したミサイルの調査が含まれ、ブースターに刻まれたミサイルのシリアルナンバーが所有権に関する問題の主役になるだろう。もしこれが事実なら、そして入手可能な証拠がそれを強く示唆しているのなら、ゼレンスキーと彼の指導者たちは、彼が保護すると主張する民間人の命をまさに虐殺した罪で事件表に載ることになるであろう。
posted by ZUKUNASHI at 11:44| Comment(0) | 国際・政治

ロシアの軍事作戦は新たな局面に

New stage of Ukraine operation starting – Moscow
Ukrainian President Volodymyr Zelensky previously announced that the battle for Donbass has begun
Russia's military operation in Ukraine is entering a new phase, Foreign Minister Sergey Lavrov has told Indian media.
セルゲイ・ラブロフ外相はインドのメディアに対し、ウクライナにおけるロシアの軍事作戦は新たな局面を迎えていると語った。

現況は、
ロシアは、NATOから搬入される武器弾薬を破壊している。(オデッサ近郊での輸送機撃墜、リブウへのミサイル攻撃)
NATOから供給される武器については、使えるようになるのに訓練が必要だとされています。
アゾフスタルとイリイチの製鉄所にこもっている兵士は消耗を待つ作戦をとり、何度も投降を呼びかける。(イリチャにはまだ兵士が閉じこもっているようです)
2/19夜も投降を呼びかけたが、まだ一人も応じていない。
ハリコフとザポロージャを結ぶ線でウクライナ軍に対して猛攻撃

ネオナチの指揮者は脱出回廊を確保してくれと言っていますが、これには投降すればよいとかわせます。



ロシア軍は、何年も前から長期の戦闘を想定して、ミサイル資材などを備蓄し、製造工程も整えてきたので、高精度のミサイルが底をつくことはないとしています。

ロシア軍は越境してロシア領内を爆撃したヘリコプターをS-400で撃墜しています。オデッサ近郊での輸送機の撃墜もおそらくS-400を使用したのではないかと考えられ、事実上ロシア軍が制空権を確保したと考えられます。

ハリコフ地方の国境地帯にS-400を配置したとの情報があります。

ロシアが戦術核兵器を使う可能性を指摘する人もいますが、管理人はそれはないと断言してきました。ラブロフがインドの新聞記者の質問にはっきり否定しています。
FM Sergey Lavrov has rejected claims that Moscow could resort to the use of tactical nuclear weapons
今の戦況からしても、そのような必要は全くありません。アゾフスタルでもまだ燃料気化爆弾も使っていません。

2022/4/19は、東部におけるロシア軍の猛攻が続き、イジュームから南下してスラビャンスクまで20km地点まで迫っていると伝えられています。

イリチャ製鉄所前の地元住民のインタビュー。次の動画では路上の遺体を映した部分がカットされています。ツイートでは「イリチャ製鉄所に駐留しているウクライナの狙撃兵によって殺害された」としています。


ウクライナ大統領府が「ウ軍とアゾフ軍が籠るマリウポリ製鉄所の核シェルターに露軍がバンカーバスター爆弾を投下」、「核シェルターには家族も1000人避難しており、各国政治指導者の怠慢が市民を殺している」と発表しています。マリウポリには爆撃が続いている模様です。

一方、NATOがロシア国境近くに軍隊を集結させています。

20日も現地時間14時から人道回廊を設置する

ドネツク人民共和国の国民警察、およびロシア国防軍はウクライナ東部の要衝マリウポリでウクライナ兵士らが籠城を続けているアゾフスタリ製鉄所の敷地内から人道回路を設置し、これまでに140人以上を救出した。ドネツク人民共和国の国民警察が発表した。

posted by ZUKUNASHI at 10:23| Comment(0) | 国際・政治