ずくなしの冷や水

2022年04月19日

中国、ロシアが新国際通貨システムを近く発表か

メモ・独り言のblog2022/4/19の記事に注目される情報が載っています。
ロシア・中国の「合成」新通貨
ざっと読んだところでは、基本的なところは以前から検討されている方向に沿ったものとなっていますので、まったく根拠がないものではないでしょう。

元記事はこちらでギリシャ語です。
WarNews247 2022年04月19日
https://warnews247.gr/afto-einai-to-neo-panischyro-nomisma-rosias-kinas-psifiako-syndedemeno-me-agatha-poies-chores-entassontai-egkataleipoun-to-dolario/

Αυτό είναι το νέο πανίσχυρο "συνθετικό" νόμισμα Ρωσίας-Κίνας: Ψηφιακό & συνδεδεμένο με αγαθά - Ποιες χώρες εγκαταλείπουν το δολάριο -

Αρθρογράφος: Βασίλης Καπούλας

“Βόμβα” στα θεμέλια του δολαρίου και της τωρινής παγκοσμιοποίησης έριξε η Μόσχα καθώς ο εξ απορρήτων οικονομικός σύμβουλος του Β.Πούτιν περιέγραψε για πρώτη φορά αναλυτικά το νέο νόμισμα και το νέο χρηματοπιστωτικό σύστημα που θα αντικαταστήσει το δολάριο μετά την συμφωνία Ρωσίας-Κίνας!

Σύμφωνα με πληροφορίες του WarNews247, αναμένονται σύντομα σημαντικές ανακοινώσεις από Β.Πούτιν και Σι Τζιπίνγκ. Τα κύρια χαρακτηριστικά του νέου νομίσματος είναι τα εξής:
これが、強力なロシア・中国「合成」新通貨です。デジタル&モノ連動 -どの国がドルを捨てるのか-」。

コラムニスト Βασίλης Καπούλας

プーチンの最高機密の経済顧問が、ロシアと中国の取引後にドルに代わる新しい通貨と新しい金融システムを初めて詳細に説明したため、ドルと現在のグローバル化の基盤に対する "爆弾" がモスクワから投下されたのだ!

WarNews247によると、ウラジーミル・プーチンや習近平からの重要な発表が間もなく予定されているとのこと。新通貨の主な特徴は次のとおりです。

上の記事で名前が挙がっているSergei Glazyevは、大統領選挙に出たこともある政治家で経済学者。
Sergei Glazyev, a strong advocate of state spending known for challenging the mainstream economic agenda in Russia, is leaving the Kremlin after seven years
2019/8/16
経済学者でロシアのプーチン大統領の顧問を務めていたセルゲイ・グラズィエフは、7年ぶりにクレムリンを離れることになった。彼の動向は、グラジエフ氏がまもなく拠点を置くユーラシア経済委員会(EEC)の広報担当者によって8月16日に発表された。

グラジェフ氏は、EECの加盟国間の関係を監督する統合・マクロ経済部門の大臣を務めることになる。ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、アルメニア、キルギスの5カ国を統括する。10月1日に正式に任命される。

グラツィエフは、クレムリンで主流の経済政策に異議を唱えることで知られる、やや物議を醸す人物である。国家による介入と政府支出を固く信じており、アレクセイ・クドリン元財務大臣などロシア政府の他の著名人が提唱する市場主導型のアプローチに反対の立場を表明している。2016年には、クドリンに代わる経済計画として、国内投資による最大5兆ルーブル(681億ユーロ)の経済投入を打ち出した。

投資家は、グラジエフ氏の孤立主義的な政策に警戒感を抱いている。彼は米ドルを放棄し、ロシアのドル準備高を清算することを提案している。また、2017年には、ロシアの銀行が国際的な制裁を避けるために暗号通貨を取り入れ、国家が「機密性の高い」サービスに対する支払いを行うのを支援することを提案した。彼はクリミア併合に関与したことで、現在も米国と欧州からの制裁を受けている。

2004年、グラジエフはロシア大統領選にプーチンの対抗馬として出馬した。ロディナ党の党首として、国民皆保険制度、最低賃金の引き上げ、労働組合の保護などを唱えた。オリガルヒの富を再分配し、汚職に終止符を打つことを約束した。最終的には4.1%の得票率で3位となった。

グラジェフ氏は2012年7月、プーチン大統領に任命され、ロシア、ベラルーシ、カザフスタンの関税同盟(後にユーラシア経済連合に発展)の構築を支援することになった。新任のグラツィエフ氏は、この同盟に戻り、加盟国間の経済統合に再び焦点を当てることになる。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ペペエスコバルによるインタビュー記事
Exclusive: Russia's Sergey Glazyev introduces the new global financial system
Leading Russian economist Sergey Glazyev says a complete overhaul of the western-dominated global monetary and financial system is under works. And the world's rising powers are buying into it.
著者は Pepe Escobar

Sergey Glazyev is a man living right in the eye of our current geopolitical and geo-economic hurricane. One of the most influential economists in the world, a member of the Russian Academy of Sciences, and a former adviser to the Kremlin from 2012 to 2019, for the past three years he has helmed Moscow’s uber strategic portfolio as Minister in Charge of Integration and Macroeconomics of the Eurasia Economic Union (EAEU).

Glazyev’s recent intellectual production has been nothing short of transformative, epitomized by his essay Sanctions and Sovereignty and an extensive discussion of the new, emerging geo-economic paradigm in an interview to a Russian business magazine.

In another of his recent essays, Glazyev comments on how “I grew up in Zaporozhye, near which heavy fighting is now taking place in order to destroy the Ukrainian Nazis, who never existed in my small Motherland. I studied at a Ukrainian school and I know Ukrainian literature and language well, which from a scientific point of view is a dialect of Russian. I did not notice anything Russophobic in Ukrainian culture. In the 17 years of my life in Zaporozhye, I have never met a single Banderist.”

Glazyev was gracious to take some time from his packed schedule to provide detailed answers to a first series of questions in what we expect to become a running conversation, especially focused to the Global South. This is his first interview with a foreign publication since the start of Operation Z. Many thanks to Alexey Subottin for the Russian-English translation.

The Cradle: You are at the forefront of a game-changing geo-economic development: the design of a new monetary/financial system via an association between the EAEU and China, bypassing the US dollar, with a draft soon to be concluded. Could you possibly advance some of the features of this system – which is certainly not a Bretton Woods III – but seems to be a clear alternative to the Washington consensus and very close to the necessities of the Global South?

Glazyev: In a bout of Russophobic hysteria, the ruling elite of the United States played its last “trump ace” in the hybrid war against Russia. Having “frozen” Russian foreign exchange reserves in custody accounts of western central banks, financial regulators of the US, EU, and the UK undermined the status of the dollar, euro, and pound as global reserve currencies. This step sharply accelerated the ongoing dismantling of the dollar-based economic world order.

Over a decade ago, my colleagues at the Astana Economic Forum and I proposed to transition to a new global economic system based on a new synthetic trading currency based on an index of currencies of participating countries. Later, we proposed to expand the underlying currency basket by adding around twenty exchange-traded commodities. A monetary unit based on such an expanded basket was mathematically modeled and demonstrated a high degree of resilience and stability.

At around the same time, we proposed to create a wide international coalition of resistance in the hybrid war for global dominance that the financial and power elite of the US unleashed on the countries that remained outside of its control. My book The Last World War: the USA to Move and Lose, published in 2016, scientifically explained the nature of this coming war and argued for its inevitability – a conclusion based on objective laws of long-term economic development. Based on the same objective laws, the book argued the inevitability of the defeat of the old dominant power.

Currently, the US is fighting to maintain its dominance, but just as Britain previously, which provoked two world wars but was unable to keep its empire and its central position in the world due to the obsolescence of its colonial economic system, it is destined to fail. The British colonial economic system based on slave labor was overtaken by structurally more efficient economic systems of the US and the USSR. Both the US and the USSR were more efficient at managing human capital in vertically integrated systems, which split the world into their zones of influence. A transition to a new world economic order started after the disintegration of the USSR. This transition is now reaching its conclusion with the imminent disintegration of the dollar-based global economic system, which provided the foundation of the United States global dominance.
引用ここまで

報道内容は確かです。
posted by ZUKUNASHI at 20:33| Comment(0) | 国際・政治

韓国がウクライナに致死兵器の供与を拒否

Ukraine looks to Asia for weapons
South Korea’s Ministry of Defense has rejected Kiev’s request for lethal weapons
South Korea’s Ministry of National Defense has rejected Kiev’s plea for anti-aircraft lethal weaponry due to a “principled stance,” ahead of Ukrainian President Vladimir Zelensky’s virtual address to Seoul’s parliament.

The country's Defense Minister Suh Wook had a phone call with his Ukrainian counterpart, Aleksey Reznikov, on Friday. During the conversation, Seoul’s military chief reiterated his country’s “principled stance” on not sending lethal weapons to the war-torn nation, outlet This Week in Asia has reported.

“The Ukrainian defense minister asked for weapons for air defense and Minister Suh politely repeated the South Korean government’s principled stance that its aid is confined to non-lethal materials,” an identified Korean official shared with the outlet.

On Monday, President Zelensky is expected to address the South Korean National Assembly, seeking to receive more support from Seoul for Kiev’s resistance to Russian troops operating within Ukraine.

Attending a meeting with NATO leaders on Thursday, South Korean Foreign Minister Chung Eui-yong pledged that his country will allocate an additional $30 million for humanitarian aid to Ukraine.

Previously, South Korea has provided Ukraine with such non-lethal military supplies as bulletproof helmets, blankets, and medical items. The overall value of Korean aid has exceeded $800,000.



韓国は、ロシアにスマホをはじめとして家電製品などを輸出していますが、その市場が中国に奪われてしまいます。ロシアからの小麦の輸入などもあるはず。エネルギーも含め、近年、ロシアとの経済関係は深まっていたのではないでしょうか。

日本と比べて相対的に冷静さが目立ちます。米国が台湾に軍隊を駐留させる動きもあり、日本、韓国は巻き込まれかねない中、韓国の動きは注目されます。米国は、日本により多くの関与を求めてくるかもしれません。

posted by ZUKUNASHI at 15:35| Comment(0) | 国際・政治

クピャンスク市長の娘が誘拐され、SBUから脅迫を受けている

ウクライナ、クピャンスク市長の娘がウクライナ保安庁に誘拐され、脅迫を受けている。市長のゼレンスキーに対するアピールのビデオ



SBU職員の金銭目当て、あるいは個人的な怨念が動機になっているのかもしれませんが、政府機関の所業であることは確認されているようです。この市長は、自分が罪を犯したのなら自分を捕まえろと言っています。

ウクライナの政府機関は、自国民を逮捕し、殺害しています。戦争現場から逃げようとしただけで、殺されるのです。ロシア軍によって解放された地域の住民は、感謝しています。外国人ジャーナリストによってたくさんの住民の証言が記録されています。

ゼレンスキーの演説にスタンディングオベイションを送る日本の国会議員は、バカだとしか言えない。

正しい情報を得ない、得ようとしない人は、客観的に見ればとんでもない間違いをしている。
posted by ZUKUNASHI at 14:10| Comment(0) | 国際・政治