ずくなしの冷や水

2022年04月12日

米、仏、EUは紛争が勃発する条件を作ってしまった



Former NATO Military Analyst Blows the Whistle on West’s Ukraine Invasion Narrative
April 9, 2022
Jacques Baud, a NATO expert, denounces western coverage of the Ukraine invasion.

長文ですが、よくわかり、参考になる良い記事です。
PART THREE: CONCLUSIONSの一部を機械翻訳しました。

今日、私たちが目撃している劇的な展開には、私たちが知っていながら見ようとしなかった原因がある。

- 戦略レベルでは、NATOの拡大(これはここでは扱っていない)。

- 政治的なレベルでは、西側諸国がミンスク合意を履行することを拒否したこと。

- 作戦レベルでは、ドンバスの市民に対する何年にもわたる継続的かつ反復的な攻撃と、2022年2月末の劇的な増加である。

つまり、私たちは当然、ロシアの攻撃を嘆き、非難することができます。しかし、WE(つまり、米国、フランス、欧州連合を筆頭に)は、紛争が勃発する条件を作ってしまったのです。私たちは、ウクライナの人々や200万人の難民に思いやりを示す.それはいいことだ。しかし、自国政府によって虐殺され、8年間もロシアに集積しているドンバスのウクライナ住民の同数の難民に少しでも同情していれば、おそらくこんなことは起きなかっただろう。

ドンバスの人々が受けた虐待に「ジェノサイド」という言葉が当てはまるかどうかは、未解決の問題である。この言葉は一般に、より大きな事件(ホロコーストなど)にのみ用いられるが、ジェノサイド条約が与えた定義は、おそらく十分に広い範囲で適用される。弁護士は評価するだろう。

明らかに、この紛争は私たちをヒステリーに導いている。制裁は、我々の外交政策の好ましい手段となってしまったようだ。もし我々がウクライナに、我々が交渉し承認したミンスク合意を尊重するよう主張していれば、このような事態は起こらなかっただろう。プーチンを非難するのも私たちだ。後から泣き言を言っても仕方がない、先に行動しなければならなかったのです。しかし、エマニュエル・マクロンも(保証人として、国連安全保障理事会のメンバーとして)、オラフ・ショルツも、ヴォロディミル・ゼレンスキーも、その公約を尊重していない。結局のところ、真の敗北は、声を上げられない人々のものである。

EUはミンスク協定の履行を促進することができず、それどころか、ウクライナがドンバスで自国民を砲撃しても反応しなかった。そうしていれば、ウラジーミル・プーチンは反応する必要がなかっただろう。外交的な局面から姿を消したEUは、紛争を煽ることでその存在を際立たせている。2月27日、ウクライナ政府はロシアとの交渉を開始することに同意した。しかし、その数時間後、EUはウクライナに武器を供給するための予算4億5000万ユーロを議決し、火に油を注ぐことになった。そこから、ウクライナ人は合意に至る必要はないだろうと感じるようになる。マリウポルでのアゾフ民兵の抵抗は、武器のための5億ユーロの引き上げを引き起こすでしょう。

ウクライナでは、西側諸国の祝福を受け、交渉に賛成する人々が排除されている。ウクライナの交渉担当者の一人であるデニス・キレエフがそうである。彼はロシアに有利すぎるため、裏切り者とみなされ、3月5日にウクライナ秘密情報局(SBU)によって暗殺されたのである。ロシアとの合意に好意的すぎるという理由で、3月10日に暗殺されたSBUのキエフとその地方を担当する主要局の元副局長、ドミトリー・デミャネンコも同じ運命であり、彼はミロトヴォレツ民兵(「平和構築」)に殺された。この民兵は、「ウクライナの敵」をリストアップし、その個人情報、住所、電話番号を掲載し、嫌がらせや抹殺さえできるようにした「ミロトヴォレッツ」のウェブサイトと関連している;多くの国では罰せられる行為だが、ウクライナではそうではない。国連といくつかのヨーロッパ諸国は、その閉鎖を要求している...ラダはそれを拒否した。

最終的には高い代償を払うことになるが、プーチンは自ら設定した目標を達成する可能性が高い。北京との結びつきは強固なものになった。中国は紛争の調停役として浮上し、スイスはロシアの敵のリストに入る。アメリカは、ベネズエラとイランに石油を要求して、自分たちが陥っているエネルギーの袋小路を抜け出さなければならない。Juan Guaidoは決定的に現場を離れ、アメリカは哀れにも敵に課された制裁を覆さなければならない。

(略)

結局のところ、ウクライナの紛争は、イラク、アフガニスタン、リビアでの戦争よりも非難されるべきものなのだろうか。国際社会の前で意図的に嘘をつき、不正で不当な、そして殺人的な戦争を行った者たちに対して、私たちはどのような制裁を採用したのだろうか?イラク戦争の前に、私たちに嘘をついたアメリカ国民を(民主主義だから!)「苦しめようと」しただろうか?世界最悪の人道的災害」とされるイエメン紛争を煽っている国、企業、政治家に対して、制裁を一度でも採用しただろうか?米国の利益のために自国の領土で最も忌まわしい拷問を行う欧州連合(EU)加盟国に制裁を加えたことがあるだろうか?


posted by ZUKUNASHI at 22:23| Comment(2) | 国際・政治

ウクライナの戦況悪化でいつ戦闘を止めるか




激戦地は、マリウポルです。ここをロシア軍が包囲し、アゾフやNATOの兵士が脱出すべくいろいろやっていましたが成功しなかったようです。投降するしかないです。

あとは、ドンバスの郊外で戦闘継続中でしょうか。ウクライナ軍は、各地で投降しています。ウクライナ側の民兵は、ほとんどが傭兵でこれらが残虐行為を働いている。

ロシア軍は戦闘を継続するとしています。EUや英国がゼリンスキーを励ましに入っていますが、アゾフの幹部は支援がないとウクライナ政府を非難しています。

この戦況悪化の中でいつゼリンスキーが停戦交渉をまとめようとするか、換言すれば、米国が停戦交渉に渋々ながらもOKを出すかです。

ロシアが化学兵器を使ったなどという情報が流れていますが、これで米英や欧州諸国が戦争への関与を強めることになるか、まだ見えません。

ロシア軍は、スロバキアからウクライナに供与されたS-300システムの格納施設を到着後数日で攻撃破壊しています。ウクライナ国内での兵器などの移動監視はきっちりとなされているようです。







posted by ZUKUNASHI at 15:18| Comment(0) | 国際・政治

ロシアは米国支配の世界秩序を終わらせることを目指す−ラブロフ

ラブロフが2022/4/10のロシア国内テレビ局のインタビューで「ロシアは米国支配の世界秩序を終わらせることを目指す」と言明しました。

米英が後押しをするウクライナの戦争でも後には引かない構えを示したと言えます。

America's attempts to impose its own so-called “rules-based international order,”
米国が、自分が決めたいわゆる「ルールに基づいた国際秩序」を課すという一方的な主張は不当極まりないことですが、この点をはっきりと指摘しました。

ラブロフのこの発言には、心強く感じて共感している国も多いでしょう。反対しているのはロシアと中国だけではない。

軍事的な戦闘行為に加えて、経済制裁についてもロシアは屈せずに戦うという意思表示です。

Russia seeks to end US-dominated world order – Lavrov
Washington acts based on ad-hoc rules that violate international law, foreign minister claims
Russia's military action in Ukraine is meant to put an end to the US-dominated world order, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has explained. Washington has been seeking supremacy by imposing ad-hoc rules and violating international law, he claimed, in an interview aired by Russian television on Monday.

He was referring to America's attempts to impose its own so-called “rules-based international order,” which have met with strong resistance from Moscow and China.

“Our special military operation is meant to put an end to the unabashed expansion [of NATO] and the unabashed drive towards full domination by the US and its Western subjects on the world stage,” Lavrov told Rossiya 24 news channel.

“This domination is built on gross violations of international law and under some rules, which they are now hyping so much and which they make up on a case-by-case basis,” he added.

Russia is among the nations who would not submit to Washington’s will, the Russian diplomat added. It will only be part of an international community of equals and will not allow Western nations to ignore its legitimate security concerns, Lavrov said.

Lavrov blasted EU foreign policy chief Josep Borrell for appearing to encourage more fighting in Ukraine. The bloc’s top diplomat said the conflict “will be won on the battlefield” as he announced more military aid to Kiev last Saturday. Lavrov called the statement “outrageous.”

“When a diplomatic chief … says a certain conflict can only be resolved through military action… Well, it must be something personal. He either misspoke or spoke without thinking, making a statement that nobody asked him to make. But it’s an outrageous remark,” Lavrov added.

The EU's role has shifted during the Ukraine security crisis, the minister believes. Previously it didn’t act as a military organization “fighting collectively against an invented threat.” Lavrov said the change was the result of pressure put on the bloc's members by Washington, which has pushed it closer to NATO.

For its part, Russia wants to negotiate peace with Ukraine, Lavrov added.

ロシアは米国支配の世界秩序を終わらせることを目指す-ラブロフ氏
ワシントンは国際法に違反する場当たり的なルールに基づいて行動していると外相が主張
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ウクライナにおけるロシアの軍事行動は、米国が支配する世界秩序に終止符を打つためのものだと説明した。ワシントンはその場しのぎのルールを押し付け、国際法に違反することで覇権を求めてきたと、月曜日にロシアのテレビで放映されたインタビューで主張した。

彼は、いわゆる「ルールに基づく国際秩序」を独自に押し付けようとするアメリカの試みに言及し、モスクワと中国の強い抵抗に遭っていることを明らかにした。

我々の特別軍事作戦は、(NATOの)臆面もない拡張と、世界舞台でのアメリカとその西側臣民による完全支配に向けた臆面もない推進を終わらせることを意図している」と、ラブロフはニュースチャンネル「ロシヤ24」に語った。

「この支配は、国際法の重大な違反と、彼らが現在大げさに言っている、ケースバイケースで作り上げるルールの下に成り立っている」と彼は付け加えた。

ロシアはワシントンの意向に従わない国の一つであると、ロシアの外交官は付け加えた。ロシアは対等な国際社会の一員であり、西側諸国が自国の正当な安全保障上の懸念を無視することを許さないだろう、とラブロフ氏は述べた。

ラブロフ氏は、EUのジョセフ・ボレル外交政策委員長がウクライナでの戦闘を助長しているように見えるとして非難した。EUの外交トップは、先週の土曜日にキエフへの軍事支援を強化すると発表した際に、紛争は「戦場で勝利する」と述べた。ラブロフはこの発言を「言語道断」と呼んだ。

「外交官が、ある紛争は軍事行動によってのみ解決されると言うのは......何か個人的な理由によるものだろう。彼は失言したか、考えなしに発言したか、誰も彼に要求していない発言をしたのだ。しかし、とんでもない発言だ」とラブロフ氏は付け加えた。

EUの役割は、ウクライナの安全保障危機の間に変化した、と同大臣は考えている。以前は、軍事組織としてではなく、「作り出された脅威に対して集団で戦う」ために行動していた。ラブロフ氏は、この変化は、EUをNATOに接近させたワシントンからEU加盟国にかけられた圧力の結果であると述べた。

ロシアはウクライナとの和平交渉を望んでいると、ラブロフ氏は付け加えた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 14:00| Comment(0) | 国際・政治

マリウポルで今度は毒ガス攻撃 ホワイトヘルメットがウクライナに?



posted by ZUKUNASHI at 13:13| Comment(0) | 国際・政治

death of pro-Russian ex-MP in Bucha

Questions arise about death of pro-Russian ex-MP in Bucha
A newly surfaced audio recording suggests the Russian military urged the political to evacuate, but he decided to stay in Kiev’s suburb
The murder of a veteran Ukrainian politician, Alexander Rzhavsky, has a new twist after an audio recording suggesting Russian military urged him to evacuate surfaced on Monday. The ex-MP and presidential candidate Rzhavsky, known for his “pro-Russian” stance, was found dead in the northwestern Kiev suburb of Bucha shortly after the withdrawal of Russian forces from the area on March 30.

The death of the politician was first publicized last week, with Ukrainian officials and media alike squarely blaming it on Russian forces. The Ukrainian account of events was corroborated by Rzhavsky’s family on Monday. In a statement posted on Facebook, the family of the late politician said he was slain by a “Russian serviceman” in Bucha on March 27. The ex-MP was “killed in his own yard before the eyes of his wife and his sister,” the statement claims.

The audio recording obtained by RT, however, paints another picture. The politician has apparently been in close contact with the Russian military, which urged him to evacuate before the withdrawal from the outskirts of Kiev. In the recording, the politician can be heard saying that he was “heading home” to Bucha, prompting objections from another person, presumably a Russian officer.

“Will you have any problems? Since our leadership is very concerned about your life after you have been with us,” Rzhavsky’s interlocutor can be heard saying.

In order to avoid any incidents later on, when you return home and then they ‘find you lifeless’ and probably pin all of this on this on our leadership, a decision will be made to send you … away from here, from Bucha.

The politician, however, firmly refused to evacuate with the Russian troops, ridiculing the idea that some Ukrainian “saboteur” had been waiting for him and “sharpening his knife.”

I’m not afraid. If that’s my fate, then that’s the fate. This should be treated philosophically.

Rzhavsky also said that he owned a “sniper rifle” and was able to defend himself and his family should any threat from Ukrainian extremists arise. “Concerning my safety, I will be much calmer where there are my people, my family are,” he said, reiterating his resolve to go back to Bucha.

Bucha made the headlines early in April, when Kiev authorities accused the Russian military of killing civilians en-masse in the town. The alleged massacre has garnered widespread international condemnation, with the suburb becoming a hotspot for top European politicians to visit and express their solidarity with Ukraine as well as to condemn the alleged “Russian war crimes.”

Moscow has firmly rejected any involvement into the Bucha affair, dismissing it as a deliberate “provocation” staged by the Ukrainian authorities to frame Russian troops.

Moscow launched a large-scale offensive against neighboring Ukraine in late February, following Kiev’s failure to implement the terms of the Minsk agreements signed in 2014, and Russia’s eventual recognition of the Donbass republics of Donetsk and Lugansk.

The German and French brokered Minsk Protocol was designed to give the breakaway regions special status within the Ukrainian state.

Russia has since demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join the US-led NATO alliance. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked and has denied claims it was planning to retake the two rebel regions by force.
posted by ZUKUNASHI at 08:59| Comment(0) | 国際・政治

EUがワシントンとNATOの利益のために行動する軍事組織に変貌

posted by ZUKUNASHI at 08:45| Comment(0) | 国際・政治

EU fails to agree Russian energy ban

EU fails to agree Russian energy ban
The trade bloc was planning to slap sanctions on imports of oil and natural gas

The European Union’s foreign ministers have not agreed on a ban on Russian oil and natural gas imports, Head Representative of the European Union for Foreign Affairs and Security Policy Josep Borrell said on Monday, adding that discussions on the issue will continue. The energy ban was expected to be part of the latest EU sanctions package against Moscow.

“We discussed, first of all, how to ensure the effectiveness of the existing sanctions in order to avoid gaps in their implementation. But we also discussed new steps we can take, including sanctions against oil and gas,” Borrell said. “We have not made decisions regarding such sanctions, we agreed to continue the discussion.”

While the European Union agreed numerous sanctions against Moscow, member states have been at loggerheads over banning Russian energy imports. That’s because many EU countries are heavily dependent on Russian energy. Thus, Hungary has placed a veto on a total ban of Russian gas imports, saying it was the only option, as the country is landlocked and wouldn’t be able to directly receive liquefied gas from the US.

Borell stressed the importance of EU countries becoming less reliant on Russian energy, arguing that buying gas from Moscow is “financing the war.” He did, however, admit that it’s impossible to cut a 55% dependence on Russian gas overnight, referring to the situation in Germany, which has already warned of a looming “collapse” of its economy.

貿易圏は、石油と天然ガスの輸入に制裁を加えることを計画していた

欧州連合(EU)の外務・安全保障政策担当のジョゼップ・ボレル首席代表は月曜日、ロシアの石油と天然ガスの輸入禁止について合意していないと述べ、この問題についての議論は継続されると付け加えた。エネルギー輸入禁止は、EUの最新の対モスクワ制裁措置の一部となる見込みであった。

「我々は、まず第一に、既存の制裁措置の実施に隙間が生じないよう、その効果を確保する方法について議論した。しかし、石油やガスに対する制裁を含む、我々が取り得る新たな措置についても話し合った」とボレルは述べた。"我々は、そのような制裁について決定したわけではなく、議論を継続することに合意した "と述べた。

欧州連合はモスクワに対する数々の制裁措置に合意したが、加盟国はロシアのエネルギー輸入の禁止をめぐって対立している。それは、多くのEU諸国がロシアのエネルギーに大きく依存しているためだ。したがって、ハンガリーは、ロシアのガス輸入の全面禁止に拒否権を発動した。同国は内陸国であり、米国から液化ガスを直接受け取ることができないため、それが唯一の選択肢であると述べた。

ボレル氏は、EU諸国がロシアのエネルギーへの依存度を下げることの重要性を強調し、モスクワからガスを買うことは "戦争の資金調達 "になると主張した。しかし、彼は、55%のロシアガスへの依存を一夜にして削減することは不可能であることを認め、すでに経済の「崩壊」が迫っていると警告しているドイツの状況を引き合いに出した。
posted by ZUKUNASHI at 00:58| Comment(0) | 国際・政治

EUのボレル外交政策委員長をラブロフが強く非難

EUのボレル外交政策委員長が先週の土曜日にキエフへの軍事支援を強化すると発表した際に、紛争は「戦場で勝利する」と述べたことをラブロフがウクライナでの戦闘を助長しているように見えるとして非難しています。

EU morphed into a military organization – Lavrov
Russia’s foreign minister reacts to bloc’s foreign policy chief statement that the conflict in Ukraine “will be won on the battlefield”

The EU made a “serious U-turn” by morphing into a military organization acting in the interests of Washington and NATO, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Monday in an interview with Russian media. He cited a remark that EU foreign policy chief Josep Borrell made last Saturday.

The European official said the conflict in Ukraine “will be won on the battlefield” as he announced more European military aid to Kiev. Lavrov called the statement “outrageous.”

“When a diplomatic chief … says a certain conflict can only be resolved through military action… Well, it must be something personal. He either misspoke or spoke without thinking, making a statement that nobody asked him to make. But it’s an outrageous remark,” Lavrov told Rossiya 24 news channel.

The EU has made a noticeable U-turn in its attitude towards Russia because Western powers are furious at Moscow for defending its vital interests in Ukraine instead of accepting a subservient role in the Washington-dominated “rules-based order”, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said.

Western nations acting in pursuit of American interests were trying to turn Ukraine into “a foothold for final suppression of Russia,” Lavrov said. After Moscow used force to counter that threat, European nations made a rapid shift in their attitude towards Russia. Now it “reflects spite and fury” towards the country. The dramatic change is evidence that the conflict in Ukraine is not about Ukraine, Lavrov believes.

“Western propaganda shifted gear into depicting Russia as pure evil and [Ukraine] as pure good. The current Ukrainian regime is presumably a beacon of democracy, justice, freedom that is drawn to everything European, to the values that Europe claims it always adhered to,” the minister said.

Neither is true, Lavrov argued. Ukraine is a hotbed of radical nationalism while Western powers easily break any norms when it fits them, while telling others to comply.

“Kosovo can be recognized as independent without a referendum. Crimea cannot, despite holding a referendum observed by [many international monitors],” he offered as an example of double standards.

“In Iraq, 10,000 kilometers away from the US, they imagined some threat to their national security. They bombed it, found no threat. And didn’t even say they were sorry,” he added. “But when right at our border they grow neo-Nazi ultra-radicals, create dozens of biolabs … working on bioweapons, as documents prove, we are told we are not allowed to react to those threats,” he added.

EUは軍事組織に変貌した - ラブロフ
ロシア外相、ウクライナ紛争は "戦場で勝利する "というEUの外交政策責任者の発言に反発

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ロシアのメディアとのインタビューで、EUがワシントンとNATOの利益のために行動する軍事組織に変貌したことで、「深刻なUターン」をしたと語った。彼は、EUの外交政策責任者であるジョゼップ・ボレルが先週土曜日に行った発言を引用した。

欧州の高官は、キエフへの欧州の軍事支援の強化を発表する中で、ウクライナの紛争は「戦場で勝利することになる」と述べた。ラブロフはこの発言を "言語道断 "と呼んだ。

「外交官がある紛争は軍事行動でしか解決できないと言うのは......何か個人的な理由でしょう。彼は失言したか、考えなしに発言したか、誰も彼に頼んでいない発言をしたのだ。しかし、とんでもない発言だ」とラブロフ氏はロシヤ24ニュースチャンネルに語った。

EUがロシアに対する態度を顕著に変えたのは、西側諸国が、ワシントンが支配する「ルールに基づく秩序」において従属的な役割を引き受ける代わりに、ウクライナにおける重要な利益を守るためにモスクワに激怒したからだと、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が語った。

アメリカの利益を追求する西側諸国は、ウクライナを「ロシアを最終的に弾圧するための足場」にしようとしていると、ラブロフ氏は述べた。モスクワがその脅威に対抗するために武力を行使した後、欧州諸国はロシアに対する態度を急速に変化させた。今では同国に対して「唾棄と怒りを反映」している。この劇的な変化は、ウクライナの紛争がウクライナに関するものではないことの証拠である、とラブロフは考えている。

西側のプロパガンダは、ロシアを純粋な悪として描き、(ウクライナを)純粋な善として描くようにギアをシフトしている」。ウクライナの現政権は、民主主義、正義、自由の道標であり、ヨーロッパのすべて、ヨーロッパが常に固執していると主張する価値観に引き付けられているのだろう」と同大臣は述べた。

どちらも真実ではない、とラブロフ氏は主張する。ウクライナは過激なナショナリズムの温床であり、西側諸国は自分たちに都合のいいときにはどんな規範も簡単に破り、他国には従うように言っているのだ。

「コソボは住民投票なしで独立を承認された。クリミアは、(多くの国際監視団が)見守る中で住民投票を行ったにもかかわらず、できない」と、二重基準の例を挙げた。

「アメリカから1万キロも離れたイラクで、彼らは自国の安全保障に対する脅威を想像した。空爆を行ったが、何の脅威も感じなかった。そして、謝罪の言葉もなかった」と付け加えた。「しかし、我々の国境でネオナチの過激派を育て、何十ものバイオラボを作り、文書が証明するように、生物兵器を開発しているのに、我々はその脅威に反応することは許されないと言われるのだ」と彼は付け加えた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 00:55| Comment(0) | 国際・政治