ずくなしの冷や水

2022年04月08日

ロシア人を殺すこと。それをウクライナ人がやらなければならない





posted by ZUKUNASHI at 21:37| Comment(0) | 国際・政治

中国がオミクロンで苦戦だが、大量動員で短期決戦策

中国で感染者が急拡大しています。管理人が参照している各国のコロナ感染者のデータには、まだ詳しくは登録されていません。上海は2600万人の全員検査。下にある Carl Zha氏の動画を見てください。これだけの人を動かすのですからそのロジスティックも大変。いま世界でこういうことを機動的にできるのは中国だけです。中国はすごい。











・・・この説明、よくわかります。

posted by ZUKUNASHI at 15:58| Comment(0) | Covid19

ブチャの市民殺害 遺体を探す親族や友人もいなかった?


・・・画像流用です。


このツイートが表示されなくなっています。代わりに。

ロシア軍が撤退して4日後に路上に散在する遺体が発見されています。遺体の服装からしてそこに住んでいた比較的若い人です。彼らはすべて発見現場で何日も放置されていた? 親族も知人も何日も帰らない人たちを探しに来なかった?

本当に亡くなった人もいるでしょうが、そうでない演技の人もいます。手が動いたり起き上がろうとしている人も映っています。





posted by ZUKUNASHI at 13:55| Comment(5) | 国際・政治

韓国はコロナ規制撤廃へ 韓国と行き来のある人は敬遠したい

各国で感染者などの計上基準が異なってきており、比較ができなくなっています。



韓国の感染者が一時より減りましたが20万人超で推移しています。
2022/3/17分の韓国新規感染者が62万人、3/19は38万人、3/21は21万人と落ちましたが、3/22は35万人、3/23は49万人、3/29は35万人、4/2は26万人となっています。4/7は22万5千人、死者348人。




韓国は2週後にコロナ防疫の規制を全面撤廃する予定だと先日伝えられました。

日本は、今でも韓国とは人的交流が多いのではないでしょうか。警戒が必要ですね。

韓国の大失敗の原因を整理してくれています。次のスレッドです。
https://twitter.com/koheikana/status/1507547390013677579





韓国は、ワクチンに過大な期待をしていた。そして大統領選で与党は『ウィズコロナ』に移行すれば勝てると踏んでいたのだそうです。

ところがワクチンの効果はどんどん弱まった。そもそもワクチンに感染防止の効果はない。

韓国は感染者累積数で日本を抜き、インドネシアも抜いてオランダ、イランも抜き、アルゼンチン、そしてスペインも抜きました。世界のワースト10に入りました。すでにトルコを抜き、1日でイタリアを抜いて8位浮上か。


人口3千万人以上の国の10万人当たり感染者数


これだけ増えると、韓国から輸入品の汚染が心配になります。中国では輸入荷物の表面汚染からの感染が確認されています。

人口3千万人以上の国の10万人当たり死亡者数


この春から夏にかけて感染者の増加が見込まれます。中期的な対策を考えていきましょう。マスク、換気は当然のこととして、人との接触を減らす方向での対策を。生活のために働かなければならないのでなければ、休職も考慮したほうが良いかもしれません。感染し後遺症で体が動かなくなれば、収入が途切れるだけでなく、いろいろな費用がかさみます。感染者の1割以上に後遺障害が出るのは確実なようです。


posted by ZUKUNASHI at 10:54| Comment(0) | Covid19

Phone call records shed light on what happened near Kiev

Phone call records shed light on what happened near Kiev
Looking for Russian atrocities alleged by Ukraine, Kiev’s security officials and Western journalists find something else
Ukrainian security officials and Western journalists who went looking for Russian atrocities northwest of Bucha in the Kiev region found no signs of human rights abuses, according to phone call records obtained by RT. Instead, locals told journalists the Russian troops gave them food and treated them well. Meanwhile, a Ukrainian official complained that his own side’s militia looted everything.

In a series of satellite phone calls, a reporter identified only as “Simon” tells his colleagues he visited Borodyanka – a town about 25 kilometers northwest of Bucha – and “there’s no bodies in the streets at all,” contrary to what he was led to expect.

The town has been “shelled to pieces,” Simon says, “but there’s no evidence of any rights abuses here at all.” In fact, he and his crew interviewed multiple residents who said the Russian troops had been very friendly and gave them food and water and other supplies. “And we got quotes on camera for that,” he adds.

“I don’t know what the prosecutor was talking about, but we have seen nothing like that, at all. It’s a completely different picture,” Simon tells his colleagues. One French journalist may have seen a body of someone killed by shelling, but “no executions.”

The correspondent ends the call by saying he was going back to Bucha, to “try and find some more evidence of extrajudicial killings there, but there’s no sign of any of that here.”

Ukraine has accused Russia of murdering over 400 civilians in Bucha before retreating from the town near Kiev last week. The US and its allies have accepted Kiev’s claims uncritically, citing them to impose more sanctions against Russia. Moscow has categorically denied the accusations, however, saying that Russian troops pulled out of the town on March 30, and that claims of killings appeared only four days later – after Ukrainian security forces and TV cameras arrived in town.

Another intercepted call, between two Ukrainian Security Service (SBU) officials, revealed the situation in Kukhari, a town about 60 kilometers northwest of Bucha – and it, too, clashes with the prevailing media narrative coming from Kiev and the NATO capitals.

“From March 24 to April 3, after we pushed the ‘orcs’ away from here,” says a SBU official identified only as Sergey Anatolyevich, speaking to someone named Lesogor and using the Ukrainian derogatory term for Russians. “After the unit that pushed them out moved on, the territorial defense came from Malin … and marauded during that time. Looted everything they could. Broke down doors, everything. Safes were opened, cars were stolen. They stuffed the cars with everything worth anything and took it away,” he adds.

“It turns out the ‘Moskals’ took nothing, but ours went in and looted everything,” Sergey Anatolyevich adds, using another derogatory term for Russians. Malin is a nearby town southwest of Kukhari, held by the Ukrainian military.

When Lesogor asks which unit was looting, the other official replies that no one really knows. “Some say Volhynian, others say someone else,” he says, referring to a region in western Ukraine.
posted by ZUKUNASHI at 08:52| Comment(0) | 国際・政治

クレムリン、「数日以内」にウクライナでの作戦終了を望む

Kremlin hopes operation in Ukraine ends ‘in coming days’
Either the Russian forces will reach their goals in Ukraine or Moscow and Kiev will reach an agreement in the near future, the Kremlin says
Moscow hopes the Russian military operation in Ukraine might end in the near future, possibly “in the coming days,” Kremlin spokesman Dmitry Peskov told Sky News on Thursday. Either the Russian troops will end it by reaching their military goals or Moscow and Kiev will reach an agreement through negotiations, he added.

The prospect of a peace deal would largely depend on the “consistency” of Ukraine’s position and its willingness to agree to Russia’s terms, Peskov said. He particularly said that those responsible for the crimes against civilians in the Donbass should be brought to justice.

When asked about accusations leveled by Kiev against Moscow over the alleged mass killings of civilians in the towns near Kiev, Peskov said that such claims are nothing but a “bold fake.”

“We deny the Russian military can have something in common with these atrocities and that dead bodies were shown on the streets of [the town of] Bucha,” the Kremlin spokesman told Sky News’ Mark Austin. “We are living in days of fakes and lies,” he added.

Russia is “interested in a really independent and objective investigation of all the crimes” committed in Ukraine, Peskov said.

According to Peskov, one of the goals of the Russian operation has been to avert a larger conflict, namely a potential World War III that would likely involve nuclear strikes. Should Ukraine join NATO and then try to seize Crimea through military means, NATO’s members possessing nuclear arms would have to defend it, he argued, adding that it would lead to a global conflict. Ukraine has been an “anti-Russian center” since 2014, the Kremlin spokesman said, adding that NATO is far from being a purely defensive military bloc as well.

“It's not a peaceful alliance. It was tailored for confrontation and the main purpose of its existence is to confront our country,” Peskov has said.

Peskov’s interview immediately drew criticism from UK officials. British MP Tom Tugendhat, the head of the Foreign Affairs Committee, has branded the Russian spokesman’s words “lies [that] aren’t meant to be believed.”

Russia launched a large-scale offensive against Ukraine in late February, following Ukraine’s failure to implement the terms of the Minsk agreements signed in 2014, and Russia’s eventual recognition of the Donbass republics of Donetsk and Lugansk. The German and French brokered Minsk Protocol was designed to regularize the status of the regions within the Ukrainian state.

Russia has now demanded that Ukraine officially declare itself a neutral country that will never join the US-led NATO military bloc. Kiev insists the Russian offensive was completely unprovoked and has denied claims it was planning to retake the two rebel regions by force.
クレムリン、ウクライナでの作戦終了を「近いうちに」と希望
ロシア軍がウクライナで目的を達成するか、モスクワとキエフが近いうちに合意に達するかのどちらかだとクレムリンは述べている。
モスクワは、ウクライナにおけるロシアの軍事作戦が近い将来、おそらく「数日のうちに」終了することを望んでいると、クレムリンのドミトリー・ペスコフ報道官が木曜日にスカイニュースに語った。ロシア軍が軍事的目標を達成することによって終了するか、モスクワとキエフが交渉によって合意に達するかのどちらかだと、彼は付け加えた。

和平交渉の見通しは、ウクライナの立場の「一貫性」と、ロシアの条件に同意する意思に大きく左右されると、ペスコフ氏は述べた。彼は特に、ドンバスの民間人に対する犯罪の責任者は裁判にかけられるべきであると述べた。

キエフ近郊の町で民間人が大量に殺害されたとの疑惑をめぐり、キエフがモスクワに対して行った非難について問われると、ペスコフは、そうした主張は "大胆なフェイク "に過ぎない、と述べた。

クレムリンの報道官はスカイニュースのマーク・オースチンに、「我々はロシア軍がこれらの残虐行為と共通点を持ちうること、そして(町の)ブチャの通りで死体が示されたことを否定する」と述べた。「我々は偽物と嘘の時代に生きているのだ」と彼は付け加えた。

ロシアは、ウクライナで行われた「すべての犯罪について、本当に独立した客観的な調査に関心がある」とペスコフ氏は述べた。

ペスコフによれば、ロシアの作戦の目的の一つは、より大きな紛争、すなわち核攻撃を伴うであろう第三次世界大戦の可能性を回避することである。ウクライナがNATOに加盟し、軍事的手段でクリミアを奪おうとした場合、核兵器を保有するNATO加盟国はそれを防衛しなければならず、世界規模の紛争につながると同氏は主張した。ウクライナは2014年以来「反ロシアの中心地」になっているとクレムリン報道官は述べ、NATOも純粋な防衛的軍事ブロックとはほど遠い存在だと付け加えた。

"平和的な同盟 "ではないのです。対立のために仕立てられたものであり、その存在の主目的はわが国と対立することだ」とペスコフは述べている。

ペスコフのインタビューは、すぐに英国政府関係者から批判を浴びた。外交委員会の責任者であるトム・トゥゲンドハット英議員は、ロシア報道官の言葉を "信じるべきでない(lies)"と烙印を押した。

ロシアは、ウクライナが2014年に締結されたミンスク協定の条件を履行せず、ロシアが最終的にドンバス共和国であるドネツクとルガンスクを承認したことを受け、2月末にウクライナに対する大規模な攻勢を開始した。ドイツとフランスが仲介したミンスク議定書は、ウクライナ国家内の地域の地位を正則化するためのものだった。

ロシアは現在、ウクライナが中立国であり、米国主導のNATO軍事圏に決して参加しないことを公式に宣言するよう要求している。キエフはロシアの攻撃は完全に無抵抗であると主張し、反乱軍の2地域を武力で奪還する計画であったという主張を否定している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 08:11| Comment(0) | 国際・政治