ずくなしの冷や水

2022年04月25日

戦術核を使うのはNATO側 それなら実行はありうる

ウクライナ戦争で双方が大きな人的損害を出しながら、ロシアが圧倒的に優勢です。

マリウポリはアゾフスタルの封鎖が続きますが、市内は解放されました。

ロシア軍・ドンバス軍は西に進軍。

米・NATOが供与した武器について、ロシア軍はオデッサへ輸送中の航空機を一回撃墜、さらに空港近くの保管庫を爆撃して武器の供給を断っています。

米・NATOは、大量殺戮兵器、化学兵器、生物兵器、核兵器を使用することを検討中のようで、オデッサではアンプルを詰め込んだ容器がドローンによって投下されたと伝えられています。

核兵器については、戦術核兵器を国境近くで使用する可能性が指摘されています。戦術核兵器は、通常兵器の延長線にあるものとして敵軍の部隊や陣地などの軍事目標を攻撃する小型の核兵器です。

米国らは、ロシアが戦術核兵器を使う可能性があるとしてきましたが、戦闘の現状からしてロシアにその必要性はなく、使うとしたら米・NATO・ウクライナ側です。

戦術核兵器が使われると、破裂による爆風、熱線などの直接的な影響が及ぶ範囲は狭くても、放出された放射性物質は地球規模で影響を及ぼします。

私設リアルタイム測定システムのメンテナンスに気を付けることにしました。日本への影響を監視するには、まず
ただいまの空間線量率 変動状況のグラフが有用と思います。

米・NATO・ウクライナ側が戦術核兵器を使う場所がどこになるかはわかりませんが、ロシア兵の集積場所が優先的な候補になりますから、マリウポリ、アゾフスタルということになるかもしれません。

マリウポリは、北緯47.08。極東ではサハリン州のユージのサハリンスク46.97とほぼ同じです。

US plans to accuse Russia of using nukes in Ukraine – Moscow
The Russian Defense Ministry says Washington wants to use weapons of mass destruction to frame Moscow

Russia has accused the US of planning to use weapons of mass destruction (WMD) in Ukraine in order to frame Moscow. The US is preparing “a provocation aimed at accusing the Russian armed forces of using chemical, biological, or tactical nuclear weapons,” Lieutenant General Igor Kirillov, the head of the Russian Radiation, Chemical and Biological Protection Force, said on Saturday.
ロシアは、米国がモスクワを陥れるためにウクライナで大量破壊兵器(WMD)の使用を計画していると非難している。ロシア放射線・化学・生物防護部隊の長であるイーゴリ・キリロフ中将は、土曜日に、アメリカは「ロシア軍が化学・生物・戦術核兵器を使用したと非難することを目的とした挑発行為」を準備していると述べた。
According to Kirillov, the supposed plans include “three scenarios.” The most probable scenario, he said, is a false-flag attack on civilians, or “an act of sabotage on Ukrainians sites, which were involved in the development of the components of weapons of mass destruction.”
キリロフ氏によれば、想定される計画には「3つのシナリオ」があるという。最も可能性の高いシナリオは、民間人への偽旗攻撃、あるいは「大量破壊兵器の部品開発に関与していたウクライナの施設への破壊工作」であるという。
Kirillov claimed that the potential targets are the Zaporozhskaya Nuclear Power Station, which has been controlled by Russia since early March, and the site of a former chemical plant in Kamenskoye in eastern Ukraine.
キリロフ氏は、3月上旬からロシアが支配しているザポロジスカヤ原子力発電所や、ウクライナ東部のカメンスコエにある化学工場跡地が標的となる可能性があると主張した。
RBC Ukraina media outlet reported last year that the plant in Kamenskoye was used for uranium enrichment in Soviet times and still contains nuclear waste. Kirillov said the Russian Defense Ministry obtained a document which shows that the facilities there are in critical condition.
RBCウクライナメディアは昨年、カメンスコエの工場はソ連時代にウラン濃縮に使用され、今も核廃棄物が残っていると報じた。キリロフ氏によると、ロシア国防省はそこの施設が危機的状況にあることを示す文書を入手したとのことである。
The second option mentioned by Kirillov involves “discreetly” using WMDs “in small quantities.” He claimed that the Pentagon initially planned to deploy WMDs in Azovstal, a large steel mill in the Azov Sea port of Mariupol.
キリロフ氏が挙げた2つ目の選択肢は、大量破壊兵器を「目立たないように」「少量ずつ」使用することである。彼は、米国防総省が当初、アゾフ海のマリウポリ港にある大規模な製鉄所、アゾフスタルに大量破壊兵器を配備する計画だったと主張した。
While Russian and Donbass troops largely control the city, a handful of Ukrainian troops and civilians remain holed up in the mill, mostly underground. On Thursday, Russian President Vladimir Putin called off the assault on the mill, opting for a blockade instead.

The last option is what Kirillov called “an open use of WMDs on the battlefield.” He said it could be used in the Donbass towns of Slavyansk and Kramatorsk, which are close to the frontline and controlled by Kiev. Kirillov called this scenario “the least probable.”
最後の選択肢は、キリロフが「戦場での大量破壊兵器の公然使用」と呼ぶものだ。キエフが支配するドンバスのスラビャンスクとクラマトルスクという前線に近い町で使用される可能性があるという。キリロフ氏はこのシナリオを "最も可能性が低い "とした。
The general said that last month, Russian intelligence services found three spray drones in Ukraine’s southern Kherson Region. He argued that the UAVs could be used to spray “biological agents and toxic chemicals.” Kirillov claimed that vials with an unknown substance were airdropped on Thursday on Russian troops. The vials are being studied by the Defense Ministry, he said.

Kirillov noted that Russia disposed of all of its chemical weapons in 2017, while the Soviet Union scrapped its biological weapons program in 1972.

Moscow previously claimed that Ukraine had maintained US-funded biological weapons research programs, citing what it said were documents from the country’s several laboratories. Ukrainian President Volodymyr Zelensky strongly denied these allegations, saying the labs were only conducting “ordinary scientific research.”

In an interview aired on CNN last week, Zelensky said “all countries have to be worried” that Russia might use nuclear or chemical weapons.

Izumi Nakamitsu, the UN’s top disarmament official, said last month that the organization was “not aware” of any biological weapons programs in Ukraine.

In March, US diplomat Victoria Nuland testified before the Senate that the US was working with Kiev “to ensure that the materials of biological research do not fall into the hands of Russian forces.” The State Department, however, said the allegations of the US and Kiev conducting “chemical and biological weapons activities in Ukraine” were “outright lies.”


スコットリッターの投稿記事です。複雑な問題を平易な英語で書いています。本当に問題を理解した人の論稿はこうなります。機械翻訳で正しい日本語になります。
A Russian nuclear strike in Ukraine: How likely is it?
The threat of Moscow nuking Ukraine is virtually zero – but irresponsible actions by NATO may increase the nuclear danger to Europe

The director of the Central Intelligence Agency (CIA), William Burns, made headlines recently while answering questions from reporters about the threat posed by Russian nuclear weapons within the context of the ongoing conflict in Ukraine. “Given the potential desperation of President [Vladimir] Putin and the Russian leadership, given the setbacks that they’ve faced so far militarily, none of us can take lightly the threat posed by a potential resort to tactical nuclear weapons or low-yield nuclear weapons,” Burns said.

Burns’ statements were derived from a fact-set being promulgated by Ukraine, the US and the Western media which holds that Russia has suffered serious setbacks in Ukraine and is desperate to salvage the military situation on the ground. Russia disputes this assessment, holding that what it calls the “special military operation” in Ukraine is proceeding according to plan, having transitioned into its second phase, which focuses on the destruction of Ukrainian military forces in and around the Donbass region.

Burns himself was unable to provide any concrete evidence to back up his claims about the possibility of Russia using nuclear weapons in Ukraine. “While we’ve seen some rhetorical posturing on the part of the Kremlin about moving to higher nuclear alert levels, so far we haven’t seen a lot of practical evidence of the kind of deployments or military dispositions that would reinforce that concern,” Burns said. “But we watch for that very intently, it’s one of our most important responsibilities at the CIA.”

Burns’ exaggerated and unfounded concerns were put front and center on the international stage by Ukrainian President Volodymyr Zelensky when answering a question posed by a CNN reporter about the potential for Russia using nuclear weapons in Ukraine. “We shouldn’t wait for the moment when Russia decides to use nuclear weapons,” Zelensky replied. “We must prepare for that.”

Russian Foreign Minister Sergey Lavrov was dismissive of Zelensky’s analysis of Burns’ remarks. “[Zelensky] says many things,” Lavrov said, speaking to a reporter during his recent visit to India. “I cannot comment [on] something, which a not very adequate person pronounces.”

Lavrov noted that the US and Russia had, during the June 2021 Summit between US President Joe Biden and Russian President Vladimir Putin, reiterated the Cold War-era understanding that “there could be no winners in a nuclear war,” a statement which was adopted by the Permanent Five members of the Security Council (Russia, the US, China, France, and Great Britain) in January 2022. Lavrov emphasized the fact that this statement remained in full effect, and that Russia would only use conventional weapons in Ukraine.

The statements by Burns and Zelensky, magnified as they have been by a Western media more interested in creating sensational headlines than understanding the reality of the situation regarding Russian nuclear posture, is part and parcel of an overall public relations strategy designed to paint Russia, and its nuclear weapons, as representing an existential threat to world peace.

Russia, and in particular its leader, Vladimir Putin, has left no doubt as to the reality of Russia’s nuclear deterrent capability. Indeed, Putin, when announcing the start of the operation, raised the specter of Russia’s nuclear power status when warning the US, NATO, and the EU not to intervene directly in Ukraine. “Whoever tries to interfere with us, and even more so, to create threats for our country, for our people, should know that Russia’s response will be immediate and will lead you to such consequences that you have never experienced in your history.”

Putin followed that statement up with a more pointed response to what he termed the “unfriendly” actions of “Western countries” in response to the Ukrainian operation. “Western countries aren’t only taking unfriendly actions against our country in the economic sphere, but top officials from leading NATO members have made aggressive statements regarding our country,” Putin said during a meeting with his top officials. He then directed that Russian Defense Minister Sergey Shoigu and the chief of the military’s General Staff, Valery Gerasimov, place Russia’s nuclear deterrent forces in a “special regime of combat duty.”

While anti-Russian pundits in the West jumped on Putin’s directive as an order to elevate the operational readiness of Russia’s nuclear arsenal, the reality is far different – Putin’s orders most likely simply increased the communications capability of the various command and control functions related to Russia’s strategic nuclear forces, with no change in the operational readiness of any frontline nuclear units.
欧米の反ロシア派は、プーチンの指示をロシアの核兵器の運用態勢を強化するための命令と受け止めたが、現実は大きく異なる。プーチンの命令は、ロシアの戦略核戦力に関するさまざまな指揮統制機能の通信能力を高めるだけで、前線の核部隊の運用態勢に変化はない可能性が高いのだ。

The ability of the West to overact to any news about Russia’s nuclear arsenal displays a deep-seated lack of understanding as to what Russia’s posture is, and under what circumstances its nukes might be used. While such uncertainty may have been understandable in the past, on June 2, 2022, Russia – for the first time in its 30-year history – released to the public a document, “Basic Principles of State Policy of the Russian Federation on Nuclear Deterrence,” which explains Russia’s nuclear war fighting policy.

The Russian “Basic Principles” make clear that nuclear weapons are viewed “exclusively as a means of deterrence,” the use of which could only take place as “an extreme and compelled measure.” Russia’s strategic nuclear forces are organized so that there is “the inevitability of retaliation” in the event of nuclear attack on Russia and that these forces were designed to inflict “guaranteed unacceptable damage” on any potential adversary – in short, any nation on the receiving end of Russia’s nuclear arsenal would cease to exist as a modern state with a functioning society.

The nuclear posture document details Russia’s “launch on warning” posture, noting that Russia would launch its nuclear weapons if it received “reliable data on a launch of ballistic missiles attacking the territory of Russia and/or its allies.” Russia would also retaliate if nuclear weapons were used against Russia and/or its allies.

The document also outlined two non-nuclear scenarios where Russia would retaliate using nuclear weapons. The first involves an attack by an adversary against critical governmental or military sites of Russia, the disruption of which would undermine nuclear force response actions (i.e. a so-called decapitation strike against the political and military leadership). The second involves any aggression against Russia with the use of conventional weapons when the very existence of the state is in jeopardy.

As Sergey Lavrov pointed out in his statement to the Indian press, none of the conditions set forth in the “Basic Principles” document apply to the current situation in Ukraine.

This does not, however, mean that the Ukraine conflict has not resulted in elevating the nuclear temperature in Europe – far from it. In Sweden, support for joining NATO is growing, and Finland could be filing an application for membership within weeks. If the US-led bloc expands to these two countries, it may be a case for a potential military response by Russia – or at least a boosted build-up of Russian forces. According to Dmitry Medvedev, a former president and prime minister who currently advises President Putin on national security matters, if either Sweden or Finland were to join NATO, “it will no longer be possible to talk about any nuclear-free status of the Baltic – the balance must be restored.”

Medvedev noted that “Russia has not taken such measures and was not going to,” but added that “if our hand is forced, well… take note it wasn’t us who proposed this.”

The talk of Sweden and/or Finland joining NATO comes on the heels of a concerted effort by the bloc to deploy nuclear-capable F-35A fighters. “We’re moving fast and furiously towards F-35 modernization and incorporating those into our planning and into our exercising and things like that as those capabilities come online,” Jessica Cox, the director of the NATO nuclear policy directorate in Brussels, declared recently. “By the end of the decade, most if not all of our allies will have transitioned” to the F-35, Cox said.
NATO reveals new European nuclear plans
Read more
NATO reveals new European nuclear plans

The F-35A was certified as a nuclear capable aircraft in October 2021, having been tested using B-61 nuclear bombs. The US maintains a stockpile of some 150 B-61 nuclear bombs at various depots throughout Europe. These weapons are intended to be used by both the US and so-called “non-nuclear” members of NATO. Indeed, Cox had specifically noted that other NATO allies currently operating the F-35, such as Poland, Denmark, and Norway, might be called upon to support NATO nuclear sharing missions in the future. Finland has recently announced that it intends to purchase 60 F-35A fighters, a move that can only be seen as worrisome by Russia considering Finland’s stated desire to join NATO.

The extensive use by the US and other NATO air forces of the F-35A in support of the so-called “Baltic air policing” operation ongoing over the skies of Latvia, Estonia, and Lithuania, is seen by Russia as representing a serious threat, given that every F-35A in the air must be treated as a potential nuclear-armed threat.

Jessica Cox and the other proponents of the F-35A fighter – including Finland – would do well to reflect on the fact that the Russian “Basic Principles” list the “deployment of nuclear weapons and their delivery means in the territories of non-nuclear weapon states” as one of the scenarios “to be neutralized by the implementation of nuclear deterrence.”
ジェシカ・コックス氏やフィンランドを含むF-35A戦闘機推進派は、ロシアの「基本原則」が「核抑止力の実施によって無力化すべきシナリオ」の一つとして「非核兵器国の領土への核兵器とその運搬手段の配備」を挙げていることを反省した方がいいのではないか。
Russia may not be preparing to use nuclear weapons in Ukraine. However, NATO’s irresponsible posturing may result in increasing the potential for Russian nuclear weapons to be used in Europe.
ロシアはウクライナで核兵器を使用する準備はしていないかもしれない。しかし、NATOの無責任な態度は、ロシアの核兵器が欧州で使用される可能性を高める結果になりかねない。
posted by ZUKUNASHI at 08:52| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍の人的損失は大きい

この記事に掲げたツイートは、即日訂正が出ていました。



訂正のツイート


Readovkaというサイトは、これです。ロシア語のサイトです。本件について、ReadovkaのTelegram チャンネルに次の記事があります。

ウクライナでもロシアでも、ウクライナの宣伝マンに。VKコミュニティへのハッキングに関するReadovkaの声明
おそらく、ロシアのメディアで、最近、私たちほどロシアとの情報戦について書いている人はいないでしょう。ちょうど昨日、ウクライナのプロパガンダが見事に機能していることを素直に認める記事(https://t.me/readovkaru/332)を掲載しました。しかし、ウクライナ自身にとって良い結果になるとは思えませんが、今はプロパガンダのことです。

では、現実とウクライナ人の心の中ではどうだったのでしょう。昨夜遅く、VKの私たちのコミュニティがハッキングされ、隣国の領土から国防省によるある「非公開」の説明会についての投稿が公開されました。この投稿はすぐに削除され、ハッキングの原因も特定されました。国防省によるクローズドなブリーフィングは原則存在しないこと、主な内容は我が軍の300万人の損失を報告すること、総じて同じ情報戦の日常的なエピソードで、私たちは気にも留めなかった。しかし、それが始まりました。

その直後から、ウクロスのメディアや現地のテレグラム・チャンネルで、このメッセージのスクリーンショットが転載され、事件として取り上げられたのだ。朝には、重砲が動き出しました。ロシアのリベラル派(ちなみに、私たちもテキストで訴えました(https://t.me/readovkaru/183))は、この事件を無視しませんでした。ウクライナの敵とロシアの共犯者が何を証明しようとしているのか、我々の理解を超えている。VKのコミュニティがハッキングされること?ロシアに自国と戦争している出版物があること?それとも他の何か?

今回のことで言いたいことは。テングだけでなく、サイト上だけでなく、私たちのVKでもそう密接に読まれていることを嬉しく思います。ちなみに、Viberもありますよ、サブスクライブ。もちろん、敵からの評価は私たちの仕事の質を示す重要な指標であり、これだけ注目されれば、私たちが正しい方向に進んでいることを証明することになります。その見返りとして、私たちはウクライナ人、そしてリベラルなファンの皆さんに、私たちの作品をより多くの方に見ていただくことを約束します。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

簡単にハッキングされてしまったようです。
posted by ZUKUNASHI at 01:10| Comment(2) | 国際・政治

2022年04月24日

「ヘルソン住民投票なら停戦交渉停止」とウクライナ大統領

「ヘルソン住民投票なら停戦交渉停止」とウクライナ大統領
ウクライナ侵攻で、同国のゼレンスキー大統領は23日、記者会見を行い、ロシアが占領した南部ヘルソンで「ヘルソン人民共和国」を設立するための「住民投票」を計画しているとした上で、住民投票を実施した場合は停戦交渉を停止すると述べた。露軍は同日、南部オデッサをミサイル攻撃。ウクライナ側は子供を含む民間人8人が死亡したと発表した。露軍は東部にも激しい攻撃を続けた。

ゼレンスキー氏は会見で、ロシアがヘルソンをウクライナから「独立」させる住民投票や、東部マリウポリの製鉄所に籠城するウクライナ部隊の掃討に踏み切った場合、「停戦交渉から撤退する」と表明した。同国メディアが伝えた。

ヘルソンは侵攻開始直後に露軍が占領。3月中旬に地元議員が「ロシアが住民投票を計画している」と告発していた。ウクライナ国防省も今月22日、ロシアが住民投票を準備していると発表。住民投票は4月下旬にも行われる恐れがある。

ヘルソンはロシアが2014年に併合したウクライナ南部クリミア半島の付け根に位置し、併合前はクリミアに水を供給してきた。併合後、クリミアでは水不足が深刻化。ロシア側は現時点で住民投票に言及していないが、ヘルソンを親露地域として「独立」させ、占領の永続化とクリミアの実効支配の強化を企図している可能性がある。

・・・このニュースは、海外の方のツイッターでは見ていません。ゼレンスキーは、交渉停止にしばしば言及します。そもそも交渉しているのか。

アゾフスタルの民間人退避にも踏み切りません。コカインで持ちこたえている?

ゼレンスキーは、内部で方針を決めることはできないのでしょう。米国に指示を求めれば武器とカネを出すから戦いを続けろということになります。最後の一人まで戦わせる方針ですから。

ゼレンスキーは、コカインを使っていますから、早晩中毒になる。判断力も失われる。

ポーランドの軍人トップが、ボリス・ジョンソンが゛軍事機密をばらしたと非難しています。ポーランドが自国内でウクライナ兵士を訓練していたという周知の事実を言っただけですが、ポーランド軍はロシアの報復を恐れている。

RT
ウクライナ、ロシアとの和平協議をやめると脅す
ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領、モスクワに「疑似レフェレンダム」の実施とマリウポルの戦闘員の「破壊」を警告した。
During a press conference held at one of Kiev's metro stations amid the ongoing Russian offensive in Ukraine, Zelensky was asked how Kiev would respond to potential independence referendums in the territories controlled by Russian forces. The president insisted that it would force him to stop any talks with



ドンバスだけでなくあちこちでウクライナからの離脱を求める声が出ています。国民を虐殺する政府のもとにはいられない。国家崩壊の過程です。
posted by ZUKUNASHI at 21:58| Comment(0) | 国際・政治

Donbass 記録映像

https://www.youtube.com/watch?v=kdilp0A37pM
2022/3/14、ウクライナ軍のトーチカミサイル攻撃
被害者が写っています。
posted by ZUKUNASHI at 16:31| Comment(0) | 国際・政治

米・NATO・ウクライナ側が戦術核兵器を使う偽旗作戦の可能性

ロシア軍の情報によると、米・NATO・ウクライナ側が戦術核兵器を使う偽旗作戦の可能性があります。

しかも場所として可能性が高いのは、ウラン濃縮が行われていた化学工場跡地、ザボロージャ原発とされています。

戦術核兵器の爆発による放射性物質の放出だけでなく、化学工場や原発に蓄えられた放射性物質の飛散がありえます。

まず警戒すべきは、放射性ヨウ素の吸入回避です。管理人は昆布を食べることにしました。身内にどう伝えるか思案中です。安定ヨウ素剤はどうするかこれから考えます。

個人用放射能測定器を使う機会はあまりないと思いますが、気になる方は、電源を入れて作動確認の上、平常時のバックグラウンド空間線量率を測っておきましょう。

異常があるかどうかを見るには、次のページが参考になります。
2021年06月12日
ただいまの空間線量率 変動状況

このグラフのデータは原子力規制庁のサイトからとっていますが、データの並び順が変わることがあり、その場合に対応関係を修正しなければなりませんが、この作業が遅れることがあります。

イラクで米軍が劣化ウラン弾を大量に使用したときには、欧州で劣化ウラン弾由来の放射性物質の検出が増えています。

米軍は、シリアでISISの敗色が濃厚となった時期に市街地の無差別爆撃を行っています。そして、イランのソレイマニ将軍をバクダッドの空港で暗殺しています。

米軍は形勢不利となると何をするかわからない。

戦術核兵器よりも何千倍、何万倍も威力がある戦略核兵器の使用にまで至らなければ、放射性ヨウ素の濃度もそんなには上がらないと思います。福島第一原発事故時よりもはるかに低いでしょう。

この先、外出時のマスクは、二重の意味で有効です。ガス化した放射性物質はさえぎることはできませんが、大気中を飛んでくる微小な放射性物質はウィルスより格段に大きいので遮蔽できます。

空間線量率が上がった場合は、家に閉じ籠り、換気を止めます。外に出ている子供は、呼び戻しましょう。
posted by ZUKUNASHI at 15:59| Comment(0) | 福島原発事故

ウクライナを応援する人は このスレッドを見ていますか

スレッド

https://t.me/lantidiplomatico/17337
posted by ZUKUNASHI at 15:17| Comment(0) | 国際・政治

Russian space chief warns of possible trigger for WW3

Russian space chief warns of possible trigger for WW3
Dmitry Rogozin has argued that destruction of a spacecraft by a foreign power could lead to an armed conflict
An attack against a spacecraft could usher in the next global war, Dmitry Rogozin, the head of Russia's national space agency Roscosmos, said on Saturday.

“One must keep in mind that the destruction of a foreign spacecraft means World War III. It’s a casus belli, and there’s no doubt about that,” Rogozin said, using a Latin term for a formal legal reason to start a war.

Rogozin was commenting on Washington’s decision to stop conducting anti-satellite missile tests. Announcing the move on Monday, Vice President Kamala Harris called the destruction of satellites during such tests “reckless and irresponsible” because it leaves dangerous space debris.

The Roscosmos chief, however, argued that the US is now “pretending to be doves” because it had already conducted all the necessary tests. “This move should, therefore, be strictly viewed as propaganda,” he said.

Rogozin argued that the Boeing X-37, an unmanned US shuttle-like spacecraft currently orbiting the Earth, could potentially be used for spying and carrying weapons of mass destruction. He said that a proposal by Russia and China to sign a treaty banning the placement of weapons in outer space was met with “dead silence” in Washington.

The stationing of weapons of mass destruction in outer space has been internationally banned since 1967.

posted by ZUKUNASHI at 14:08| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍に化学兵器が使用された?




US, NATO move to final stage of plotting provocations in Ukraine, diplomat says
Russian Foreign Ministry Spokeswoman Maria Zakharova added that Washington could not pressure Russia economically, switches to plan of using weapons of mass destruction in Ukraine
MOSCOW, April 23. /TASS/. According to data by Russia’s Defense Ministry published on Saturday, the US and its NATO partners have moved on to a final stage of plotting provocations in Ukraine, Russian Foreign Ministry Spokeswoman Maria Zakharova wrote on her Telegram channel.

"Information by the Russian Defense Ministry published today clearly proves: Washington, in close coordination with NATO partners, has moved on to a final stage of plotting provocations in Ukraine which should convince the global community that 'Russia is using poisonous combat substances and biological agents'," the diplomat noted.

She stressed that Washington’s initial plan involved economic pressure on Russia to make Moscow "completely reconsider legitimate interests in the security sphere." "It didn’t work out. Now the US is moving on to involving the weapons of mass destruction (WMD), practically - to the games beyond the ‘red line’," the spokeswoman stated. "If this happens, there will be uncountable victims. And each one of them is on the conscience of American strategists in the offices of the White House, the State Department and the Pentagon, and on the conscience, if there is anything left of it, of their puppets in Kiev," she added.

Earlier, Chief of Russian Radiation, Chemical, and Biological Protection Force Igor Kirillov said that the US is preparing provocations in order to accuse Russia of using chemical, biological or tactical nuclear weapons, According to him, Washington prepared three scenarios: the first scenario being "a staged false flag incident," the second - "a covert use of the weapons of mass destruction (WMD) in small volumes," and the third, the least probable one - " the open use of the WMD in combat.".
モスクワ、4月23日。/ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は自身のテレグラム・チャンネルで、土曜日に発表されたロシア国防省のデータによると、米国とそのNATOパートナーはウクライナでの挑発行為を企てる最終段階へと進んでいる、と記した。

「今日発表されたロシア国防省の情報は、明らかに証明している。ワシントンは、NATOのパートナーとの緊密な連携により、国際社会に『ロシアが有毒な戦闘物質や生物製剤を使用している』と確信させるべく、ウクライナでの挑発行為を企てる最終段階に移行した」と外交官は指摘している。

彼女は、ワシントンの当初の計画には、モスクワに "安全保障分野における正当な利益を完全に考え直させる "ためのロシアへの経済的圧力が含まれていたと強調した。「しかし、それはうまくいかなかった。今、米国は大量破壊兵器(WMD)の関与、実質的には『レッドライン』を超えたゲームに移行しようとしている」と同報道官は述べた。「もしそうなれば、数え切れないほどの犠牲者が出るだろう。そして、その一人一人が、ホワイトハウス、国務省、ペンタゴンの事務所にいるアメリカの戦略家の良心に、そして、キエフの操り人形の良心に、もし何か残っているとすれば、そうである」と、彼女は付け加えました。

ロシア放射線・化学・生物防護部隊のイゴール・キリロフ隊長は、米国はロシアが化学・生物・戦術核兵器を使用したと非難するために、挑発行為を準備していると述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 11:39| Comment(0) | 国際・政治

米国はウクライナ人がどんなに被害を被っても自分らが直接戦うことはない

米国の国家安全保障問題担当補佐官の発言はひどいと思いませんか。詳しい発言記録を確認する必要がありますが、ウクライナ国民がいくら死んでもかまわないと言っているようなものです。

https://t.me/vicktop55/3360
U.S. Deputy National Security Adviser Duleep Singh said that the United States is not going to enter into a direct military confrontation with Russia. Otherwise, the United States is ready to do anything to "hold Russia accountable" for the situation in Ukraine. Mr. Singh noted that Washington I am ready to provide Kiev with all the resources that it can" - the Americans are not fools, they will not fight themselves, let the Ukrainians fight to the last Ukrainians. https://t.me/kommersant/30511

米国の国家安全保障問題担当補佐官のドゥリープ・シン氏は、米国はロシアとの直接の軍事対立に入るつもりはないと述べた。 それ以外であれば、米国はウクライナの状況について「ロシアに責任を負わせる」ために何でもする準備ができています。 シン氏は、ワシントンは私がキーウにできるすべての資源を提供する準備ができていると述べた」-アメリカ人は愚か者ではなく、彼らは自分たちで戦うことはなく、ウクライナ人を最後のウクライナ人まで戦わせる。 kommersant / 30511

США готовы на любую помощь Украине, кроме прямой военной конфронтации с Россией
Заместитель советника президента США по нацбезопасности Далип Сингх заявил, что Соединенные Штаты не собираются вступать в прямую военную конфронтацию с Россией. В остальном США готовы пойти на все, чтобы ≪привлечь к ответственности≫ Россию за ситуацию на Украине. Господин Сингх отметил, что Вашингтон готов предоставлять Киеву все ресурсы, которые сможет.
米国は、ロシアとの直接的な軍事衝突を除いて、ウクライナへのいかなる支援も行う用意がある。
米国大統領の副国家安全保障顧問であるDalip Singh氏は、米国はロシアと直接軍事的な対立をするつもりはないと述べている。そうでなくても、アメリカはウクライナ情勢について「ロシアの責任を追及する」ためなら何でもする気満々なのだ。シン氏は、ワシントンはキエフにできる限りの資源を提供する用意があると述べた。
"ロシアと直接軍事的な対決をするつもりはない。大統領(ジョー・バイデン米大統領)は、ロシアとの直接的な軍事衝突以外はすべて、我々が行い、同盟国とともに行い、必要なだけ強化する、と明言した」と、大統領府国家安全保障顧問代理がCNN(RIA Novostiから引用)に語った。米国には、「これらの人々が行ったことの責任を問う時間はあるが、我々の措置が機能するには時間がかかるだろう」と指摘した。

3月11日、ジョー・バイデン米国大統領は、ウクライナでロシアと戦争することは、第三次世界大戦の脅威となるため、米国は戦争をしないだろうと述べた。その日のうちにバイデン氏は、たとえそれがロシアとの第三次世界大戦につながったとしても、米国はNATOの領土を守るだろうと発言した。

2月24日からウクライナでロシアの「特別軍事作戦」が展開されている。米国を含む欧米諸国は、ウクライナを支援し続けている。アメリカはすでにNATOを守るため、ロシアとの国境に1万2千人の軍隊を派遣している。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。



posted by ZUKUNASHI at 11:03| Comment(0) | 国際・政治

Turkey closed its air space to Russian military and civilian planes flying to Syria

Turkey closes air space to Russian military, civilian jets heading to Syria
Turkish Foreign Minister Mevlut Cavusoglu said that permit expires in April
ANKARA, April 23. /TASS/. Turkey closed its air space to Russian military and civilian planes flying to Syria, Turkish Foreign Minister Mevlut Cavusoglu told journalists during his Latin American tour.

"We were giving permissions in three-month intervals. The latest one was until April," the Sabah newspaper quoted him as saying. The Turkish top diplomat stated that President Recep Tayyip Erdogan had informed his Russian counterpart Vladimir Putin about the situation. "Henceforth the flights have stopped," he added, saying that the process is being conducted through dialogue on both the Montreux Convention and other matters.

・・・トルコ軍がシリア、イラク北部でクルドを攻撃していることと関連?
posted by ZUKUNASHI at 09:41| Comment(0) | 国際・政治

2022年04月23日

米国が戦術核兵器による偽旗作戦を準備か

US prepares provocations to accuse Russia of using tactical nuclear weapons
According to Chief of Russian Radiation, Chemical, and Biological Protection Force Igor Kirillov, the plan is a reaction to Russia’s success in the special operation
モスクワ、4月23日。/ロシア放射線・化学・生物防護部隊のイゴール・キリロフ主任は、土曜日に、米国はロシア側が化学・生物・戦術核兵器を使用していると非難するための挑発を準備していると発表した。

「ロシア国防省は、米国がロシア軍による化学兵器、生物兵器、戦術核兵器の使用を非難する挑発行為を準備しているという情報を持っている」と述べた。

キリロフ氏によると、この計画は、ロシアが特殊作戦で成功したことへの反動だという。"今年の3月〜4月だけでも、西側諸国の指導者は、ロシアが大量破壊兵器を使用する可能性について定期的に挑発的な発言をした "と述べた。
MOSCOW, April 23. /TASS/. The United States is preparing provocations to accuse the Russian side of using chemical, biological, or tactical nuclear weapons, Chief of Russian Radiation, Chemical, and Biological Protection Force Igor Kirillov announced on Saturday.

"The Russian Ministry of Defense has information about the United States preparing provocations to accuse the Russian Armed Forces of using chemical, biological, or tactical nuclear weapons," he said.

According to Kirillov, the plan is a reaction to Russia’s success in the special operation. "In March-April of this year alone, the leadership of Western countries regularly made provocative statements about the possibility of Russia using weapons of mass destruction," he said.

米国が戦術核兵器の偽旗作戦をするなら、ウクライナ国内ですね。マリウポル? 
posted by ZUKUNASHI at 21:50| Comment(0) | 国際・政治

ロシア軍作戦の第2段階任務





posted by ZUKUNASHI at 18:17| Comment(0) | 国際・政治

私の薬箱

この記事は随時更新しています。オミクロンのまん延で症状の出方が違ってきているので自分のための準備を変えました。
 
葛根湯については、効果のない人、副作用の出る人もいるとのことで使用には慎重を期すこととしました。イベルメクチンがあれば葛根湯の利用は控えます。

管理人は医師ではありません。社会としての新コロナウィルスの制圧は難しい現状だと理解し、いずれは感染をまぬかれないだろうと覚悟を決めました。そのうえで距離と、換気、マスクで極力感染回避。自分が感染した場合は、重症化しやすく、致死率が高いことを考慮し、自己判断による抗ウィルス薬の早期服用で重症化を回避する作戦をとるつもりです。

 

 

 

管理人が以下にあるような薬剤を買い集めるにために投じた支出額はイベルメクチンを除けば大きくありません。イベルメクチンは家族を代表して買いましたのでロットが大きいです。最初は50錠3箱で2万円以上しましたが、その後は安いところを探して3箱1万6千円程度で買えています。他の薬品ではコンタックZが16錠入りで2,000円近くしました。セール品でしたが。1錠130円程度ですね。

@ イベルメクチン(商品名例:イベルメクトール)・・・ サンファーマ製1錠12mg
自己判断での新コロナウィルスに効く薬としては、これが基本です。
ネット上で個人から効果があったとの発信が出てきています。とにかく感染初期に服用することで効果があります。
感染した恐れがあったら体重60kg基準でまずイベルメクチンを1錠服用。
発症したら管理人の場合は体重が多いことも考慮し12mg2錠/日で連続5日服用。5日経過せずとも症状が消えれば服用停止。
 イベルメクチンのプロトコール(服用法)

予防的に服用している読者からの副作用の情報では、下痢の例が2件。一方寝冷えかと思われる風邪類似の体調不良と喉のイガイガ感を感じてイベルメクチンを定量の半分、2日続けて呑んだ方から体調不良が消えたとの知らせを受けています。

臨床でイベルメクチンを処方している医師が、服用量は西欧基準の半分にするのが良いのではないかとの意見を示しています。「予防なら量も間隔も。治療なら量と期間を」としています。予防の服用で間隔半分ということは、間隔を西欧基準の倍にするということでしょう。西欧基準とはFLCCCのプロトコールを念頭に置いて理解すればよいでしょうか。

A フルボキサミン(商品名例:ルボックス、デプロメール)・・・抗うつ薬の一種。初期の服用で効果が期待できるらしい。抗うつの効果がどう出るかわからないが、FLCCCのプロトコールにも掲載されており、副作用を覚悟で服用することにして個人輸入で入手済。

フルボキサミンは、炎症に関与するサイトカインと呼ばれる化学物質のレベルを下げることができるので、肺の損傷を減らすことができる
 精神科を開業の医師がフルボキサミンをコロナの治療に使用と述べています。

B カモスタット(商品名例:フオイパン)・・・慢性膵炎や手術後の逆流性食道炎のための薬。副作用も少なく、他の薬との呑み合わせも問題が少ないとしている医師もいる。感染初期に服用。個人輸入。
カモスタットメシル酸塩錠100mg  1日3錠を3回で服用。2日連続服用で様子見てから 追加考慮。「術後逆流性食道炎には通常1日量カモスタットメシル酸塩として300mgを3回に分けて食後に経口投与する」とされている。
 

 C アンブロキソール(商品名例:ムコソルバン)・・・去痰薬に属する医薬品の1種 去痰剤としてはよく効きます。予防効果に関しては、点鼻薬程度かと個人的には見ています。副作用はまず心配ないようです。45mg 1錠 1日1回服用。15mgは3錠1日一回。個人輸入。
何故ビゾルボンがCovid-19感染の予防をするのか? 原論文は、2021年度: 千葉県がんセンター(研究所), 画像診断部, 診療部長 高野 英行氏によるもの。

D ファモチジン(商品名例:ガスター10)・・・市販薬。個人的にはアスピリン服用時に服用する予定だが、新コロナウィルスの治療効果があるとの医師の声がある。1日1錠2回まで

E アスピリン(商品名例:バッファリンA)・・・市販薬 抗血栓作用に期待。 1回2錠 1日2回を限度。空腹時を避ける。服用間隔6時間以上。

解熱鎮痛剤としては、アセトアミノフェン(商品名例:カロナール)を選択する人もいる。


F クラリスロマイシン(商品名例:クラリス錠200)・・・抗菌作用を示すマクロライド系の抗生物質 副作用、使用上の注意が多い。咳がひどい場合に服用。クラリス200 マクロライド系抗菌薬。1錠1日2回。発症した場合に服用。



G デキサメタゾン(商品名例:デカドロン)・・・ステロイド系の抗炎症薬 息が苦しくなった場合には服用を考慮しなければならないか。1週間後開始が目安←自己免疫暴走を抑える為
デカドロン 0.5mg

日医工の説明書には次のようにあります。
〈抗悪性腫瘍剤(シスプラチンなど)投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)〉
通常、成人にはデキサメタゾンとして1日4〜20mgを1〜2回に分割経口投与する。
ただし、1日最大20mgまでとする1)。
〈全身性ALアミロイドーシス〉他の薬剤との併用において、通常、成人にはデキサメタゾンとして1日40mgを1、8、15、22日目に投与する。28日を1サイクルとして、最大6サイクルまで投与を繰り返す。
〈上記以外の効能共通〉
デキサメタゾンとして、通常成人1日0.5〜8mgを1〜4回に分割経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。




プレドニゾロン:プレドニン 横浜市が自宅療養の患者に投与し始めた。SpO2が93%以下の人に薬剤師経由で「プレドニゾロン」というステロイド剤をを届ける。病院では、処方の翌日、4日後、8日後、そして15日後に看護師が電話で健康状態を確認しているとのこと


・・・個人判断の場合は、肺炎が強まる前にイベルメクチン、フルボキサミン、さらにはカモスタットで対処し、ステロイドは使わないで済むようにしたい。早い時期にステロイドを処方されて状態が悪化する例があるとされています。

H 各種サプリメント
亜鉛・・・視力改善効果があった。
ビタミンD3・・・ビタミンDは、肝臓、腎臓で代謝されて活性型になりますが、その際にマグネシウムなどのミネラルを消費するとされています。そのためマグネシウムの補充なしにビタミンDを大量に摂取すると、動物では冠動脈の動脈硬化を生ずることもあるとされます。
活性型ビタミンDは、すでに活性化されているのでマグネシウムの補給は特に必要ないとみられますが、 念のためににがりを食事時に使うことも考えられます。

ビタミンC
ケルセチン

メラトニン


I セチリジン(商品名例:ジルテック)・・・第二世代抗ヒスタミン薬のひとつ
 CONTACZはセチリジンが配合されています。鼻づまり用の市販薬品
購入済




J ヒドロキシクロロキン(商品名例:プラケニル)・・・抗マラリア薬、関節リウマチの薬。トランプが呑んだ。この論文では亜鉛とともに服用している。副作用は少ないらしいが、自己判断による服用の情報が不足。新コロナウィルスにも免疫調整剤として効果があるらしい。処方薬。イベルメクチンのほうが安全。

江戸川病院 ヒドロキシクロロキンを投与した新型コロナウイルス肺炎患者30 例の検討

帝京大学医学部のサイトから
ヒドロキシクロロキンは通常非常に副作用の少ない薬で、重大な副作用は少ないです。最も良く認められる副作用は吐き気と下痢ですが、内服しているうちに改善することも多く、またヒドロキシクロロキンを食事と一緒に摂ることで改善することもあります。ときには筋力の低下、皮疹、皮膚色素沈着、毛髪の色の変化や毛髪が細くなることも認められます。まれには貧血が出現することがあります。
まれに、ヒドロキシクロロキンにより視力の低下や失明が起こりうることが報告されています。このような副作用は、高用量を長期間、内服し続けている方、60才以上の方、著しい腎障害をお持ちの方におこりやすいことが知られています。現在使われている用量は以前関節炎やマラリアに使われていた量よりずっと少なく、このような視力に関連した障害の発生は非常にまれであることが分かっています。


Où acheter de l’ivermectine et de l’hydroxychloriquine ? Les solutionsイベルメクチンとヒドロキシクロリキンはどこで買えますか?ソリューション

J セフジニル100mg セフェム系抗菌薬

K タチオン100mg 還元型グルタチオンとして、1回50〜100mgを1日1〜3回経口投与する 解毒作用

L レルベア 喘息やCOPDに対して、気道の炎症を抑え気管支を拡張することで、咳や息苦しさなどを改善する薬

M ナファモスタット(商品名例:フサン)・・・蛋白分解酵素阻害剤 入手していない
※ 新型コロナには特効薬がある@masahitosasaki氏の2021/6/8のツイート
新型コロナ治療薬で最強なのは「カモスタット」と「ナファモスタット」
2つの薬はウイルスの細胞への侵入を防ぎながら、血栓症も抑制します。
重症患者 3 人に、ナファモスタット(200mg/日)を 4 日、引き続きカモスタット(600mg/日)を 4 日投与すると、全員が陰性となり症状も改善したようです

N 補中益気湯 2.5g

O アローゼン 1袋1.0g 以前から使用の下剤 穏やかによく効く。
P ザクラス 降圧剤処方薬 1日1錠


・・・・・・・

基本はイベルメクチンです。これを早期に服用すれば効果があります。イベルメクチンは、その作用機序(薬が効く仕組み)からどの変異株にも効果が期待できます。先進国がイベルメクチンに目を向け始めました。高いカネを出してパルスオキシメーターを買ったのに、酸素飽和度が落ちたからと言って救急車を呼んでも来てくれないんですよね。

少し前ですが、次のような情報を見てメモしてありました。個人判断での服用は難しいものもあります。入手も容易ではないのでは? でもこんなに幅広く用意してある方もおられるんですよ。

自宅療養に準備しておくと安心Ver.2
@イベルメクチン
Aファモチジン
Bヒドロキシクロロキン
Cアジスロマイシン
Dアスピリン
Eメラトニン
Fコルヒチン
Gドキシサイクリン 合成抗菌薬
Hオルベスコ
Iブデソニド

亜鉛
ケルセチン
ビタミンD3
ビタミンC
EGCg

WHOは6日、新型コロナウイルスの重症患者向け治療薬として、関節リウマチ治療薬の「トシリズマブ」と「サリルマブ」の利用を推奨すると発表した。ステロイド薬との併用を勧めている。

COVID-19 に対する薬物治療の考え方 第7 版 (2021年2月1日)

なお、ここに書いてあるような情報は、受診時に安易に引用しないことをお勧めします。医師が不快に感じるかもしれません。











調べる過程で自分に効果があるようで検討中のもの
ガチフロ・・・抗菌剤 結膜炎、ものもらいなど細菌感染症。
ヒアルロン酸




新型コロナ発症12日目の中等症2の方です。下熱したが息切れと倦怠感強。肺は半分白い。パルスオキシメーターの酸素飽和度92%とあります。
3種配合剤変法で著効。15病日にはCRP1.5と一気に改善。息切れも倦怠感も消失とありますから、発症後かなり時間がたっても効果が出ています。
3種の配合処方は、イベルメクチン(ストロメクトール) カモスタット(フオイパン) クラリスロマイシン(クラリシッド) 。
いずれも処方薬で個人で使うには個人輸入でなければ入手できません。

@、B、Fの組み合わせです。ステロイド剤の投与はやっていないようです。クラリスロマイシンは、肺炎発症の際に細菌による影響をなくすために投与されるようです。@のイベルメクチンは発症後時間が経つと効果が少なくなるとされていますので、カモスタットが効いている?

サプリメントも処方されている可能性がありますが、確認できません。管理人は感染初期に使いますので、まずはイベルメクチンとサプリメントで対処です。

フルボキサミンも初期でないと効果が期待できないとされています。イベルメクチン、アスピリン、フルボキサミン、ファモチジン(ガスター)、カモスタット、クラリスロマイシンの順で種類を増やしていくのがよいでしょうか。アスピリンは発熱、頭痛が生じた際に服用する予定でしたが、抗血栓作用に期待してイベルメクチンと同時に服用することにしました。ガスターも早めに服用。コンタックは鼻づまり、鼻汁が出たらでよいでしょうか。

私が感染したらこのブログで自己治療の経過を報告します。

COVID-19 に対する薬物治療の考え方 第 7 版
(2021年2月1日)という公的な文書に目が留まりました。
「現在日本でCOVID-19に対して適応のある薬剤はレムデシビルである。」と冒頭にあり、保険診療(2類は全額国庫負担)での薬物の使用基準について触れられています。

この文書の末尾に次のように記されています。
<COVID-19 に対する他の抗ウイルス薬>
COVID-19 に対する治療に使用できる可能性のある抗ウイルス薬にはインターフェロン、カモスタット、ナファモスタット、インターフェロンβ、イベルメクチン、フルボキサミン、コルヒチン、ビタミンD、亜鉛、ファモチジン、HCV治療薬(ソフォスブビル、ダクラタスビル)などがあるが、それらの効果や併用効果に関しては今後の知見が待たれる。


イベルメクチン、ファモチジン、カモスタット、ナファモスタット、フルボキサミンについては、上でも触れていますが、ファモチジン:商品名例 ガスター10 のほか、ビタミンD、亜鉛も抗ウイルス薬としての位置づけがなされています。

ガスター10は市販薬ですし、ビタミンD、亜鉛はサプリメントとして容易に入手できます。処方薬は、入手も難しく、副作用が強いものもありますので、個人判断での服用は慎重にしたほうが良いと考えますが、イベルメクチンは日本では処方薬ながら海外、特に途上国では市販薬として入手できるところも多いです。個人輸入で入手している人も多いです。

新コロナウィルス感染症が2類から5類に変更される動きの中、自衛のために広い範囲での抗ウイルス薬の使用を考えておくことが必要になっています。

上の文書では、次のように記されています。
3. 抗ウイルス薬等の対象と開始のタイミング
COVID-19では、発症後数日はウイルス増殖が、そして発症後7日前後からは宿主免疫による炎症反応が主病態であると考えられている1)。したがって、発症早期には抗ウイルス薬、そして徐々に悪化のみられる発症7日前後以降の中等症・重症の病態では抗炎症薬の投与が重要となる2)


イベルメクチンなどの抗ウィルス薬が効果を表し、重症化防止効果があるのは、発症から7日前後までであることになります。発症したらすぐ服用できるよう手元に置いておくことが必要と考えられます。

posted by ZUKUNASHI at 13:28| Comment(5) | Covid19

ロシア財務大臣が世界経済の成長鈍化に警鐘を鳴らす

Sanctions against Moscow hurt vulnerable nations – minister
The Russian Finance Minister has warned of a slowdown in global economic growth

The accelerating inflation in most developed nations has come as a result of the irresponsible actions of Western financial authorities during the pandemic, worsened by a sanctions campaign against Moscow, according to Russia’s Minister of Finance Anton Siluanov.

“The scale of inflationary pressure is unprecedented in the context of recent decades,” the minister said, speaking at a plenary meeting of the International Monetary and Finance Committee of the IMF.

“This is the result of the irresponsible actions of the financial authorities of Western countries, from which the whole world suffers, and above all the most vulnerable countries with a low level of income,” he added.

According to Siluanov, the latest sanctions imposed by the West on Russia are exacerbating the situation.

“Dynamics of the accelerated energy transition is also pushing up energy prices, worsening the problems of poverty, food security, energy availability,” the minister said.

The US and its allies have introduced unprecedented economic penalties on Russia in response to the military operation in Ukraine. In less than two months, the country became the subject of over 6,000 different targeted restrictions. Russia is a major global exporter of all types of commodities, including energy and grain.

ロシアのアントン・シルアノフ財務大臣によると、ほとんどの先進国で加速するインフレは、パンデミック時の西側金融当局の無責任な行動の結果であり、モスクワに対する制裁キャンペーンによって悪化したものだという。

シルアノフ財務大臣は、IMFの国際通貨金融委員会の本会議で、「インフレ圧力の規模は、ここ数十年の文脈では前例がない」と述べた。

「これは、西側諸国の金融当局の無責任な行動の結果であり、全世界が苦しんでおり、とりわけ所得水準の低い最も脆弱な国々が苦しんでいる」とも述べた。

西側諸国がロシアに対して行っている制裁措置は、この状況をさらに悪化させるものだという。

「エネルギー転換を加速するダイナミクスは、エネルギー価格を押し上げ、貧困、食糧安全保障、エネルギーの入手可能性の問題を悪化させている」と同大臣は述べた。

米国とその同盟国は、ウクライナでの軍事作戦に対応して、ロシアに対して前例のない経済的なペナルティを導入している。2ヶ月足らずの間に、ロシアは6,000以上の異なるターゲット制限の対象となった。ロシアはエネルギーや穀物など、あらゆる種類の商品の世界的な主要輸出国である。
Deeplによる機械翻訳

・・・・・

新コロナウィルスの猛威が衰えない中、従業員の休業による工場の操業困難、サプライチェーンの停止が生じています。(BAの全便キャンセル、中国中部の電子部品工場などの操業停止)

それに加えて対ロ経済制裁で、まずはエネルギー価格が急騰しました。これは米国でも同じでインフレーションが亢進、米国金融当局が急激な金利引き上げに進むとの観測から米国株式が大幅下落。(4/22)

対ロ経済制裁の跳ね返りは、欧州諸国が最も大きいのですが、エネルギー価格の高騰は、世界の弱小国に深刻な打撃を与えています。(スリランカ)

米国は、ロシアから輸出される穀物について制裁対象から外しました。穀物輸出に支障が出ると飢餓に直面する国が増えて反米感情が燃え上がります。

ウクライナ戦争は、軍事的にはロシアが圧倒的に優勢。停戦への動きが見えませんが、米国はウクライナ人が最後の一人になっても戦わせる方針です。

ウクライナの政権は、米国の意に逆らえば巨額の資金援助が得られませんから、このままずるずると戦争、軍事活動を続けるでしょう。今や、殺人がウクライナの主要産業になっているのです。

戦闘が終結した後に、欧米がウクライナの社会経済の正常化にカネを出すことは考え難いと管理人は思っています。

欧州の正体がばれてしまいました。EUの指導者がこれほどにクズだったとは、見通せませんでした。ドイツは、ロシアからの石油輸入の一律禁止に異を唱えています。

欧米がウクライナに供与したとされる武器・弾薬がすでに横流しされて闇市場で売買されています。これらはテロリストによって使われるのです。

米国はロシアと直接交戦しないとしていますが、米国の将官がロシアの捕虜になっています。自国への悪影響が出れば、米国は態度を変えるでしょう。

混乱、激動はこれからですね。
posted by ZUKUNASHI at 11:12| Comment(0) | 国際・政治

思っていても書けなかったから どうするかを書いている

次は、ニューヨーク在住の女性のツイートですが、コロナとの戦いでは社会的地位によって大きな差があることを指摘しています。日本でも、議員などが陽性になればさっさと入院できる、PCR検査も容易に受けることができる例が伝えられています。
今、コビドにかかる政治家や有名人たちは、最新の治療法、治癒のための休暇、専任の援助など、元に戻るために必要なものをすべて十分に利用できるだろう。あなたは解雇され、死ぬまで放置されるでしょう。引き続き、予防策を講じてください。

管理人は、死ぬまで放置されないように自衛策を講じています。距離、換気、マスク、そして抗ウィルス薬。

このブログには、自分のために調べ、考えた自衛策を載せています。管理人は医師ではありませんのであくまでも常識的な対策の範囲について触れるにとどまります。

新たな変異株は、より感染しやすく、入院数が増えるものも出てきています。
新コロナウィルスがワクチンでしのげるというのは、幻想です。ワクチンによる後遺症が残るだけでしょう。変異株が次々に出現して、どの薬が効くのかもわかりにくくなっています。米国の医学研究者からの情報発信が急減しています。日本の感染症専門家は、さんざん不確かなこと、国際的な基準から外れたことを言い続けて、最近はダンマリを決めてしまいました。

保健当局も大学などの研究者も当てにならない。この状態が長く続くでしょう。

自衛するしかないです。甘く見ている人は、いずれ社会の現場から姿を消します。命はあっても社会活動に参加できなくなります。

新コロナウィルスに対する警戒を、注意力を持続できない人は、消え去るのです。生活のためにリスクを負うしかないという局面はもちろんあります。しかしその中でどこまで防護努力をするかで、命運が決まります。

2022年04月28日
死亡直前の診断時「軽症・無症状」が43.4%
posted by ZUKUNASHI at 11:05| Comment(0) | Covid19

戦争のさなかにウクライナ首相が訪米

2022/4/22だと思われますが、ウクライナの首相と財務大臣がワシントンを訪れ、米国の財務大臣と会談をしています。

Speaking to reporters following a meeting with Ukrainian Prime Minister Denys Shmyhal and Finance Minister Sergiy Marchenko in Washington, Yellen said that such a ban could ultimately cause more harm than good.

ワルシャワ経由で訪米した? そしてどんな話をした?



軍事、政治的な対処方針は、現地の米人指揮者と協議すればよいが、財政的な援助はホワイトハウスが決めるので首相が交渉に行くということのようです。

先週の日曜からワシントン滞在?
Washington (AFP) – Ukraine's prime minister said Sunday that the strategic port city of Mariupol "has not fallen" and that the encircled forces defending the city from Russian attack will "fight to the end."

Biden, Yellen meet with Ukrainian prime minister
President Biden on Thursday met with Ukrainian Prime Minister Denys Shmyhal, the White House said.

Driving the news: "We had a good discussion," Biden said in remarks on Thursday. The pair discussed U.S. actions against Russia "in the effort to stop Putin's brutality," Biden said.

"He was thanking the American people for their support, understands its significance and we talked about keeping everyone together in terms of Europe, European Union and others in the effort to stop Putin’s brutality," Biden said.

The big picture: Shmyhal also met with Treasury Secretary Janet Yellen on Thursday.

He is set to meet with House Speaker Nancy Pelosi (D-Calif.) and other Cabinet members, Biden said.
"The Secretary will reiterate the Biden Administration’s firm support for the people of Ukraine as they defend their lives and their country. In this meeting, the Secretary will underscore our shared resolve to hold Russia accountable and provide Ukraine necessary aid," the U.S. Treasury said in a statement.
Shmyhal is the most senior Ukrainian official to visit the U.S. since the start of Russia's unprovoked invasion and amid its ongoing military offensive in the eastern Donbas region of the country.

それで次の話につながるのですね。
2022年04月23日
米国はウクライナ人がどんなに被害を被っても自分らが直接戦うことはない

ウクライナは、成人男性のすべてを徴用しています。コックからマッサージ師まで。経済活動は全土で停止状態に近いでしょう。当然歳入はない。国家運営の費用は米・NATOに依存するしかない。
posted by ZUKUNASHI at 09:27| Comment(0) | 国際・政治

米国株式市場は大きく下落

4/20まで連日上げていたNYダウが4/21に大きく下落、4/22も600ドルを超す下落になっています。(4/23、午前1時現在)
米国の金利上昇が原因とされていますが、金利上昇観測は4/21に急に強まったわけではない。(知りませんでしたが、パウエルの金融の引き締めを急ぐ方針を示す発言があったようです)

ウクライナ戦争でロシアが圧倒的に優位となり、いずれ停戦になるとの見通しでも広まって、それが影響しているのかと思いましたが、停戦になれば経済制裁も解除になって経済回復するはずですよね。

4/22は日本株も大きく下落しましたが、これは外国人が売り込んだためですね。外国人はこの先の景気についてどう見ているのでしょう。

ルーブルが上昇して1ドルが76.45 ロシア・ルーブルになっています。1月末の水準です。

4/23、日本時間の朝には、NYダウは981ドルの下落。77.38 ロシア・ルーブルとなっています。

株価急落の背景には、FRBのパウエル議長が前日の4/21に、金融の引き締めを急ぐ方針を示したことがあるとされています。でも動きがちょっと大きいです。

US warns against Russian energy ban
An EU embargo on oil and gas imports could harm the global economy, the treasury secretary says
US Treasury Secretary Janet Yellen said on Thursday that a complete European ban on Russian oil and gas imports would “clearly” raise global oil prices and may inflict harm on Europe and other parts of the world.
経済制裁による世界経済への影響が広く出てきているということもあるはずと思います。
posted by ZUKUNASHI at 01:16| Comment(0) | 国際・政治

BoJoがロシアの勝利に重きを置く

BoJo weighs in on Russian victory

UK Prime Minister admits that Russia winning in Ukraine is a “realistic possibility”

There is a “realistic possibility” that Russian forces could “win” in Ukraine and that the conflict could last a “long period,” British Prime Minister Boris Johnson said on Friday.

During a press conference in New Delhi, a British reporter asked Johnson if he agrees with the Western intelligence assessment that the military action in Ukraine could continue till the end of 2023 and end in victory for Russia. The British prime minister conceded that both these statements might turn out to be true.

posted by ZUKUNASHI at 00:39| Comment(0) | 国際・政治

2022年04月22日

Russia unveils plans for digital ruble

Russia unveils plans for digital ruble, domestic payment system
The central bank plans to launch digital ruble by 2023 and expand the use of its MIR payment card
The Bank of Russia announced on Thursday it plans to have a digital ruble ready by next year and capable of making international payments. It also aims to expand the number of countries that accept Russian Mir banking cards.

“The digital ruble is among the priority projects,” central bank governor Elvira Nabiullina told the lower House of Parliament. “We have fairly quickly created a prototype ... now we are holding tests with banks and next year we will gradually have pilot transactions.”

The concept of a national digital currency was unveiled by the Bank of Russia in late 2020. The new form of money is expected to coexist with cash and non-cash rubles. Unlike virtual currencies such as bitcoin, the digital ruble is projected to pose minimal risk as it will be issued by the state monetary regulator and backed by traditional money.
READ MORE: Gold-backed ruble could be a game-changer (INTERVIEW)

Nabiullina also said that Moscow aims to extend the number of countries that accept Mir banking cards, after international corporations Visa and MasterCard have joined Western sanctions, suspending operations in Russia. The national payment system Mir was launched by the central bank in 2015.
中央銀行が2023年までにデジタルルーブルを発売し、MIR決済カードの利用を拡大する計画
ロシア銀行は21日、来年までにデジタル・ルーブルを準備し、国際的な決済ができるようにする計画だと発表した。また、ロシアのミール銀行カードを受け入れる国の数を拡大することも目指している。

「中央銀行のElvira Nabiullina総裁は下院議会で、「デジタル・ルーブルは優先プロジェクトの一つである。「現在、銀行とテストを行っており、来年には徐々に試験的な取引を行う予定です」。

国家デジタル通貨のコンセプトは、2020年末にロシア銀行によって発表された。この新しい貨幣形態は、現金や非現金ルーブルと共存することが期待されている。ビットコインのような仮想通貨とは異なり、デジタルルーブルは国の通貨規制当局が発行し、伝統的な貨幣に裏打ちされるため、リスクは最小になると予測されている。
続きを読む 金で裏打ちされたルーブルはゲームチェンジャーになりうる(INTERVIEW)

ナビウリナ氏はまた、国際企業のビザやマスターカードが西側の制裁に加わり、ロシアでの事業を停止したことを受け、モスクワはミール銀行のカードを受け入れる国の数を増やすことを目指していると述べた。国家決済システムMirは、2015年に中央銀行が立ち上げた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 23:35| Comment(0) | 国際・政治

Glonass

Russian airlines told to prepare to fly without GPS – media
The reported move comes after increased reports of jamming and spoofing of the US satellite system's signal

Russia's air traffic regulator has told carriers to learn to fly their planes without relying on the American Global Positioning System (GPS) satellite-based-navigation facility, newspaper Izvestia reported on Friday.

According to the letter from the regulator, Rosaviatsia, which was seen by the paper, it has instructed national airlines to prepare to cope without GPS after a March report by the European Union Aviation Safety Agency (EASA), which warned of increased cases of jamming and spoofing of the system's signal after February 24 – the day Russia started its military offensive in Ukraine.

These were apparently registered in such areas as Russia's western enclave, the Kaliningrad Region, the Baltics, eastern Finland, the Black Sea, the eastern Mediterranean, Israel, Cyprus, Lebanon, Syria, Turkey and northern Iran.

The interference has led to some planes changing their course or destination as the pilots were unable to perform a safe landing without the GPS, EASA has reportedly said.

According to Rosaviatsia, carriers should evaluate the risks of GPS malfunction and provide additional training to its pilots on how to act in such situations. The crews have also reportedly been told to instantly inform traffic control about any problems with a satellite navigation system.

The letter from the agency should be treated as a recommendation only and doesn't constitute a ban on the use of GPS by the Russian airlines, the paper clarified.

Several Russian carriers, including major ones like Aeroflot and S7, have confirmed receiving a relevant message from the traffic regulator. However, they insisted that they didn't encounter any problems with GPS over the past two months.

Rosaviatsia later clarified that “disconnection from GPS or its disruption won’t affect flight safety in Russia.”

The GPS signal isn’t the only source of information about the location of a plane at any given moment. Crews can also rely on the aircraft’s inertial navigation system, as well as ground-based navigation and landing systems, the agency said.

Last month, Dmitry Rogozin, head of the Russian space agency Roscosmos, warned that Washington may well disconnect the country from GPS as part of draconian sanctions imposed on it over the conflict in Ukraine.

On Friday, Rogozin took to Telegram to propose switching all of the country's commercial planes from GPS to its Russian counterpart, Glonass.

However, it might be a complicated thing to do as Boeing and Airbus planes, mainly used by the country's carriers, are designed to solely support the GPS technology.
posted by ZUKUNASHI at 22:44| Comment(0) | 国際・政治