ずくなしの冷や水

2021年09月03日

タリバン政治部スポークスマンへのTBS記者インタビュー



なかなか面白いです。取材に答えているのはカタールにある政治局のスポークスマンSuhail Shaheen、名前を紹介してないようです。質問者は 中東支局長とありますが、質問の背景は欧米メディアの流した偏見に満ちた理解です。
このスポークスマンは、この数か月で顔つきが変わりました。若く見えるときもありますが老けて見えるときも。やはり激務でやせた?

彼らは海外論調についてもしっかり調べています。カブール陥落前に中国に代表団を送ったりしています。このインタビューでもタリバン側は、しっかり想定問答を作っています。

新政権は、各民族と協議を続けているために政権樹立が遅れていると言っています。

記者:
対タリバン勢力が(アフガニスタン国内の)パンジシール渓谷に集結している。彼らの要求は、すべての民族や部族が組み込まれる包括的政府の樹立だ。それがあれば戦闘行為に及ばないと言っている。実現可能か?

報道官:
わたしたちの国には多くの民族がいる。例えばタジク、ウズベク、ハザラ、パシュトゥーンだ。彼らと包括的な政府を作りたいから、未来にむけて協議を続けている。だからこそ政府樹立の発表までに時間がかかっている。

記者:
ただ歴史を振り返るとタリバン前政権は、ハザラ人(アフガニスタンの少数民族)を迫害した過去がある。わたしたちは歴史からしか未来を予想することができない。全ての民族を含む包括的政府の樹立は難しいのではないか。

報道官:
まずお伝えしたい、あなたが歴史に学ぶというのなら、アメリカ人と北部同盟(反タリバンで結束した部族同盟)のことを思い出してほしい。連中は政府の高官を独占した。私のようにヒゲとターバンをつけている人物は独房に入れられて拷問され殺された。でも私たちは今回、財産や命を保障した。そして包括的な政府のために協議をしている。(アメリカとタリバン)2つを比較して欲しい。どちらが人道的か。これが事実で、これが歴史だ。残念ながら世界のメディアは偏向している。現実から目をそむけ片一方の意見ばかり紹介し、私たちを貶めようとしている。


posted by ZUKUNASHI at 18:44| Comment(0) | 国際・政治

北海道の実情






・・・・・

読者のお便りから

ALEX先生、共産系の病院入院が決まったそうです。本当に良かった。父親のがん性疼痛に身悶える姿を見てそれは悲しい思いをお嬢さんがしていると生きた心地がしませんでした。片親でまだ小学生となれば双方の心情如何ばかりかとツイのみの赤の他人乍…心配していました。

・・・・・



北海道ニュースUHB 2021/8/11(水) 19:59配信
北海道 351人感染 "38人クラスター"全国高校アイスホッケー大会 専門家が問題点を指摘
感染者が出た場合の初動が大切、と塚本教授は指摘する
 大規模なものとしては、苫小牧市内で8月3〜8日に開催された全国高校アイスホッケー大会で、全国から26チーム、約1000人が参加しましたが8月11日現在、38人の感染が確認されています。
 埼玉県のチームは30人で来道しましたが、うち29人が陽性となっています。その他の高校でも体調不良を訴える人がいるとの報告もあります。
 塚本教授は「埼玉のチームで4人の感染が判明した後、体調不良の人がいたにもかかわらず、対戦相手に体調不良者がいなかったということで、そのまま大会を続行したことが一番の問題点。PCR検査も発覚した段階では行わなかったということです。30人中29人が感染ということは、おそらく感染力が高いデルタ株だと思いますが、今後は、大会で感染者が出てからの対応について、部活動も含めて考える必要があります…」と大会で問題を指摘しています。





posted by ZUKUNASHI at 12:44| Comment(2) | Covid19

千葉県の新コロナウィルス関係のメインサイト 更新遅延

千葉県の新コロナウィルス関係のメインサイトの更新が遅れています。
2021/9/3午前9時現在、「感染者の発生状況」が9/1現在で9/2分が掲載されていません。

船橋市保健所、柏市保健所、千葉市保健所分は更新されていますから、千葉県のまとめページの更新が遅れているだけかもしれません。

2021/9/3 午前11時過ぎに更新されました。保健所の機能はどんどん削減されていくでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 09:48| Comment(0) | Covid19

PCR検査不要! 微熱が出たら抗ウィルス薬服用開始・・・私の心構え

日刊スポーツ[2021年8月31日19時21分]
綾瀬はるかコロナ感染 26日陽性反応、自宅療養も肺炎の症状で入院(抄)
女優綾瀬はるか(36)が新型コロナウイルスに感染し、現在入院していると31日、所属事務所「ホリプロ」が明らかにした。
発表によると、綾瀬は20日夜、微熱があり抗原検査を行ったが、陰性。翌21日、念のため都内のクリニックでPCR検査を受けたが再び陰性反応だったという。症状は治まっていたというが、その後、発熱が続き、抗原検査をしたところ再び陰性だった。
しかし26日、再診し抗原検査をしたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたという。

※ ペン二郎@morilyn1123氏の2021/9/1のツイート
綾瀬さんのケースはふじみの救急病院の院長のケースと似ています。まず一旦微熱が出るも検査陰性→症状が悪化し陽性化。同院長は想定される曝露イベントの翌日に微熱が出ています。
感染初期に低ウイルス量の状態で体が反応し微熱→その後ウイルス増殖しPCR陽性という感じ?

2021年1月28日 18時05分
鹿野晃院長 新型コロナ感染体験語る「熱は重要ポイントではない」最初は陰性「検査早すぎた」(抄)
 1月8日に熱っぽさを感じ、9日に37度の熱、せき、たんの症状が出た。この日のPCR検査では陰性で風邪と思ったという。連休を挟んだ3日後、12日のPCR検査で陽性となり、自宅療養に入り、25日に陰性に戻った。28日の段階でもせきが残っており、診察に戻っていないという。
 自宅療養中の16日、熱が下がり始めた時期にカメラに向かい、症状を説明。「寒気が半端ない。常にぞくぞくして解熱剤が切れると熱が上がる。人生で1、2を争う風邪のつらさですね」。ぐったりと顔は赤く、「息が切れてきました」とせき込んで撮影を打ち切った。 最初のPCR検査で陰性だったことには「検査が(発症から)早すぎたということかな。感染初期は唾液より鼻からの検査の方が精度が高い可能性がある」とした。
 当初、体温37・5度以上の感染指標があったが、「37度以下でも陽性はたくさんいます。お年寄りは感染しても熱が上がりにくい。熱は重要な(判断の)ポイントではない。熱がないからコロナでない、ではない」と注意を促した。

※ ペン二郎@morilyn1123氏の2021/9/1のツイート
20日夜微熱があり抗原検査→陰性
翌日都内クリニックでPCR→陰性
その後発熱が続き抗原検査→陰性
26日再診し抗原検査→ここで陽性

1度PCRで陰性となったのがお気の毒でしたが、最初からPCR併用していたらもう少し早く分かったのでは?有症状なら複数部位から検体取るとか…

・・・引用終わり・・・

感染初期には、PCR検査でも陽性にならないことがある。

風邪やインフルエンザ罹患時にみられるような症状が出たら、抗ウィルス薬服用開始。
PCR検査で陽性反応が出ないまま終わることもありうる。それがベスト。

新コロナウィルスの初期症状はいろいろあるようです。

発熱
寒気
だるさ、倦怠感
頭痛

のどの痛み
鼻水、鼻汁

これらが現れたら、いつもの風邪だとかと決めつけず、治療過程、あるいは少なくとも予防的過程に入ります。イベルメクチンの服用、サプリメントの服用で様子を観察。症状が続けば、服用量を増やし、もしあれば他の薬剤を服用します。コンタック、ガスター、アスピリンは早めに服用開始してよい。

管理人はこのほかにも抗ウィルス薬の機能があるとされるものを合わせて服用予定です。

イベルメクチンは予防的に服用する方も多く、深刻な副作用の報告例は基礎疾患のある方以外では伝えられていません。予防的には控えめな量にとどめ、感染したと判断されたらFLCCCのプロトコールに沿った服用量にします。

とにかく早期対処が肝心です。感染初期にはPCR検査で陽性にならないこともあります。PCR検査で陽性を確認してから本格薬剤服用などという考えは持っていません。

管理人は、高齢者ですから上の記事によれば症状が出にくいとされています。このため、知り合い等、接触のある人が感染者と濃厚接触し感染の恐れがある場合には、予防的服用を開始する予定です。




以下のデータでイベルメクチンは感染回避に完全な効果を持つものではありません。感染しないためには、ウィルスへの曝露量を抑制することが欠かせません。まずは、距離、換気、マスクです。







3種の配合処方 イベルメクチン(ストロメクトール) カモスタット(フオイパン) クラリスロマイシン(クラリシッド) youtube.com/watch?v=sHyEr3…


C反応性蛋白

C反応性蛋白(CRP)は肝臓の実質細胞(肝細胞)で合成され、同一のポリペプチド鎖5つから成る、非常に保存性の高い比較的大きな蛋白(分子量は最大120,000)です。健常人の場合、CRPの血漿濃度は通常5.0 mg/L(0.5 mg/dL)未満ですが、感染や何らかの組織損傷・傷害に対する免疫反応が起こると、肝臓での合成が促進し血漿濃度が上昇します。
posted by ZUKUNASHI at 09:15| Comment(2) | Covid19