ずくなしの冷や水

2021年09月01日

FDAのワクチン担当幹部2名が退任へ

BREAKING: In a major blow to vaccine efforts, senior FDA leaders stepping down
Zachary Brennan
Senior Editor
Marion Gruber

Two of the FDA’s most senior vaccine leaders are exiting from their positions, raising fresh questions about the Biden administration and the way that it’s sidelined the FDA.

Marion Gruber, director of the FDA’s Office of Vaccines Research & Review and 32-year veteran of the agency, will leave at the end of October, and OVRR deputy director Phil Krause, who’s been at FDA for more than a decade, will leave in November. The news, first reported by BioCentury, is a massive blow to confidence in the agency’s ability to regulate vaccines.

The bombshell announcement comes at a particularly crucial moment, as boosters and children’s shots are being weighed by the regulator. The departures also come as the administration has recently jumped ahead of the FDA’s reviews of booster shots, announcing that they might be available by the week of Sept. 20.

速報: ワクチンへの取り組みに大きな打撃、FDAの上級幹部が退任
Zachary Brennan
シニアエディター
マリオン・グルーバー

FDAのワクチン担当幹部2名が退任することになり、バイデン政権とFDAの傍若無人ぶりに新たな疑問が生じている。

FDAのワクチン研究審査局の局長であり、32年のキャリアを持つマリオン・グルーバー氏は10月末に、OVRRの副局長であり、10年以上FDAに勤務しているフィル・クラウス氏は11月に退任する。このニュースはBioCenturyが最初に報じたもので、ワクチンを規制する能力に対するFDAの信頼性に大きな打撃を与えるものです。

今回の発表は、ブースターや子供用の注射が規制当局によって検討されているという、特に重要な時期に行われました。また、政権は最近、ブースター・ショットについてFDAの審査を先取りし、9月20日の週までには入手できるかもしれないと発表していただけに、今回の離脱は大きな意味を持つ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 18:42| Comment(0) | Covid19

名古屋市長が新コロナウィルス感染 大阪府で毎日数十人40代50代が自宅待機で死亡

FNNプライムオンライン2021/9/1
愛知・名古屋市の河村たかし市長が新型コロナウイルスに感染していることがわかった。
名古屋市の河村市長は、8月29日に側近の田中克和特別秘書の感染が判明したため、30日からは自宅待機を続けていて、31日にPCR検査を受け、9月1日に陽性が判明した。



・・・引用終わり・・・

管理人は職場の集団感染に巻き込まれた方の体験を伺いました。10人程度の職場で次々に感染者が出て半数が感染。若い方ですが、39度の熱が4日間出たそうです。若い方は自宅療養で回復したそうですが、二人がまだ入院中だと。

すでに集団感染から1か月近く経過していますので、なお入院中ということはかなりの重症。

自宅療養者への保健所からの連絡はほとんどなく、食料品などの配達もなかったと。その方は会社に連絡して同僚に買い物を頼んだと。

怖いのは、感染経路が全く不明なこと。オフィスでの集団感染ですからオフィス内で感染したことは間違いないのですが、だれが最初に感染、り患したかがわからないと。

デルタ株は発症4日前から他者に感染させるといいます。誰か一人が発症した時には、すでに同僚は何人も感染していた。感染者が職場を休んで感染が止まったということなのでしょう。濃厚接触者を発症4日前からなどとしていたら、該当者はきりがなく程に広がります。

濃厚接触者を聞き取りで特定するのではなく、職場関係者や家族まで含めて幅広くPCR検査をしないと感染者に網をかけることはできません。

・・・・・

これを書いていたら救急車が団地の中に音もなく入ってきました。さて、患者を載せてすぐに出発できるか。病院に搬送できれば良いですが・・・。
posted by ZUKUNASHI at 18:04| Comment(0) | Covid19

シールドプラグ解放で3京4京ベクレル拡散



・・・引用終わり・・・

シールドプラグ解放など近い将来には到底できないとは思いますが、使用済み燃料ジルカロイ火災と核反応、原子炉建屋崩壊で粉じん拡散2京ベクレルはいつあってもおかしくないです。

私設モニタリングシステムは、安定的に稼働できていますが、残念ながら設置地点が少ない。皆さん、コロナ禍に放射能汚染が追い打ちということも十分ありうるのに、危険に対する備えをすることにもう疲れているのかもしれませんね。

posted by ZUKUNASHI at 16:24| Comment(1) | 福島原発事故

デルタ株では発症4日前から感染しうる



・・・引用終わり・・・

日本では濃厚接触者の範囲が狭められています。同僚や知人が感染したら、発症日を尋ねてその人との接触機会を思い出さなければなりません。そして感染可能性があれば、私の場合はすぐに薬を服用です。
posted by ZUKUNASHI at 15:34| Comment(0) | Covid19

片山虎之助氏も維新時代が黒歴史になってしまうのかも







・・・引用終わり・・・

片山虎之助氏の発言を聞いて、唖然としました。選挙の地盤を確保するためとはいえ、少し知らないわけでもないので、こんなカルトの人だったんだとびっくり。
posted by ZUKUNASHI at 13:00| Comment(2) | 社会・経済

アクセス動向からみると感染爆発はやみそうもない

このブログのアクセスは微々たるものですが、2021/8のアクセス動向は以下のようになっています。

日々のアクセス実績では、MacOSXが日によってトップを占めますが、月間では次のとおり。アンドロイドに次いでアイフォン。記事の内容や引用ツイートなどが多いことなどから、スマホで読むのは難しいのではないかと思いますが、やはりスマホのアクセスが最も多い。高価なアイパッドもかなりあります。スマホでアクセスしたものの内容が不快ですぐやめてしまうという方が多いだろうと思います。



時間帯別のアクセスが様変わりしています。夜間比較的遅い時間にピークが来ています。何年か前は、午前中の10時から11時ころにピークが来ることが多かったのですが、自主的な登校・登園停止も選択肢などと書いてあるブログを見ようとする人は少ない。20代女性の感染者が多いですから、その思考、行動の延長線ならば、これから子供の感染が増えると家庭内の感染が増えると思います。



変異株出現の動向を一つ一つ追う必要もないと思いますが、ワクチンで感染防止はできない、重症化防止効果も疑問、子供の感染が増えているなどを頭に入れておかなければ、感染防御の実践は難しいと思います。

まあ、当局は、マスコミを動員して新コロナウィルスは風邪のようなものでかかってもたいしたことはないと大々的に宣伝しましたから、その洗脳が残っている人も多い。

記事別のアクセスでは、「東京近郊の感染者の急増はまだ続くだろう」が最も多いです。日々の各県の感染者数を拾っているからだと思います。次いで多いのが「私の薬箱」でした。医療関係者も見ているはずなのにコメントはありません。
posted by ZUKUNASHI at 10:09| Comment(0) | Covid19