ずくなしの冷や水

2021年08月28日

Russia,China help Taliban Fight Against US Military in Afghanistan



Russia,China help Taliban Fight Against US Military in Afghanistan

Regional powers will see their influence increase dramatically in Afghanistan as the US executes a hasty, haphazard withdrawal and the Taliban return to power after 20 years.

Russia, Pakistan and China have all signalled a readiness to transition smoothly into engaging with Taliban authorities with varying levels of enthusiasm.

Russia has long criticised the US intervention in Afghanistan and its spectacular failure has evoked obvious schadenfreude in the Kremlin.

More than three decades ago, the Soviet Union evacuated its last tanks in Afghanistan over the Friendship Bridge into Uzbekistan. This week, US-allied warlords and their fighters were forced to flee over the same bridge.


While China was uneasy about the US military engagement in Afghanistan, it has also been critical of its “irresponsible” withdrawal of late.

In recent years, Beijing has begun to see the US’s continued presence in Afghanistan as a lesser of two evils, according to Andrew Small of the German Marshall Fund, a US thinktank.

“But judging from last month’s meeting between the Taliban and the Chinese foreign minister Wang Yi, Beijing seems to have been well prepared for this eventuality – perhaps even better than the US itself,” he said.



posted by ZUKUNASHI at 22:16| Comment(0) | 国際・政治

ワクチンは感染を防がない 集団免疫の概念破綻


Delta variant renders herd immunity from Covid ‘mythical’
Head of Oxford Vaccine Group rules out overall immunity, but also questions need for booster jabs
Reaching herd immunity is “not a possibility” with the current Delta variant, the head of the Oxford Vaccine Group has said.

Giving evidence to MPs on Tuesday, Prof Sir Andrew Pollard said the fact that vaccines did not stop the spread of Covid meant reaching the threshold for overall immunity in the population was “mythical”.

“The problem with this virus is [it is] not measles. If 95% of people were vaccinated against measles, the virus cannot transmit in the population,” he told the all-party parliamentary group (APPG) on coronavirus.

“The Delta variant will still infect people who have been vaccinated. And that does mean that anyone who’s still unvaccinated at some point will meet the virus … and we don’t have anything that will [completely] stop that transmission.”
Advertisement

Although the existing vaccines are very effective at preventing serious Covid illness and death, they do not stop a fully vaccinated person from being infected by the virus that causes Covid-19.




オックスフォード・ワクチン・グループの責任者ポラード教授の発言は、コロナウイルスに関する全党議会グループ(APPG)の会合でなされたものです。ワクチンは感染を防ぐことはできない、そのためワクチンによっては集団免疫は達成されない、と述べています。ワクチンは重症化や死亡を防ぐうえで非常に有用だとも述べており、「ブースターが必要になるのは、ワクチンを接種した人の間で入院やその次の段階である死亡が増加したという証拠がある場合です。今のところ、そのようなことはありません」とも述べています。








香港―社会
専門家、集団免疫の概念破綻と指摘
香港大学感染及伝染病中心の何栢良・総監はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の集団免疫の概念を否定した。8月26日の香港メディアによると、何氏は「ウイルスが急速に変異種となるにつれてワクチン接種率が高い地域でもウイルス伝播と大規模な集団感染の状況が現れている。このため集団免疫の概念はすでに破綻している」と指摘し、今は全市民のワクチン接種によって感染者が重症化する可能性を低減する必要があると提唱した。初期のころは専門家がウイルスの基本的繁殖率を基に社会の70%の人がワクチン接種すれば集団免疫を達成できると推計していた。だがウイルスの急速な変異でワクチンの効果に大きな影響が出ていることは事実が証明していると指摘。イスラエル、英国、米国は香港よりもワクチン接種率が高いものの、依然として感染が拡大していることを挙げた。
posted by ZUKUNASHI at 21:33| Comment(0) | Covid19

ウイルスが空気感染しないと思ってたの?




posted by ZUKUNASHI at 20:53| Comment(0) | Covid19

武漢の貧しい老人のコロナ死亡率が低かった

読者のお便りに次のように書かれていました。

今日ツイッターで「武漢の貧しい老人のコロナ死亡率が低かった訳」の調査で「安い薬のファモチジンとアスピリンを常用していた」という論文見て思わずええ!と声が出てました。

ファモチジンはガスターの成分です。ガスターは、新コロナウィルス感染初期の服用で効果があるとされていますし、アスピリンは抗血栓作用があるとされています。

貧しくて消化の悪いものを食べ、頭痛持ちの老人が新コロナウィルス禍の中生き延びた人が多いとしたら、ご同慶に堪えません。
posted by ZUKUNASHI at 14:51| Comment(0) | Covid19

アホアホシステム作るな。無能過ぎる




posted by ZUKUNASHI at 14:37| Comment(0) | Covid19

東京都の実勢新規感染者は1万5千人か

Jun Makino@jun_makino氏が紹介している次の記事にある「繁華街でのモニタリング検査」の元データが東京都のサイトに見当たりません。こちらにあるそうです。コメントで教えてもらいました。ありがとうございます。


東京新聞がデータを独自に入手してグラフ化しているようです。
東京新聞の作成したグラフ URLを付記してあります。
 

次は管理人が日々発表される東京都の新規感染者数から作成したグラフ。1週間の移動平均ですから東京新聞の「第何週」の最終日に赤い線を引きました。8月第2週までは上のグラフとトレンドは似通っています。大きく違うのは8月第3週です。
 
モニタリングテストでは一日2000人程度検査しているらしいので、標本数としては結果が極端にばらつくことは防げる数が確保されているとみられます。

東京都の元データを教えてもらいましたので検査数と陽性者数をグラフ化しました。検査の場所が移っていますね。この先の検査結果を見ないと将来を見通すにはちょっと判断が難しい。
 

東京新聞の記事には「7月初旬と比べ陽性率は約18倍に」なったとありますが、各県について2021/7/4までの1週間の平均新規感染者数と2021/8/24までの1週間のそれを比較すると、愛知が17倍、京都が18倍です。

驚く数字ではないです。それに繁華街での検査結果ですから、感染拡大期には先行して感染者が増えます。東京都全体で実勢の新規感染者が1万5千人規模になっていることもありましょう。そこまで増えていると警戒して行動するのが良いことは間違いありません。
posted by ZUKUNASHI at 11:06| Comment(2) | Covid19