ずくなしの冷や水

2021年08月17日

「疑惑の選挙で選ばれ、ひどい統治を行い、恥ずかしい結末を迎えた」

Russia could recognize Taliban as Afghanistan’s official government after collapse of US-backed administration, Putin’s envoy says
As Taliban fighters in Kabul announce talks to form a new government, one of Russia’s top diplomats has said that Moscow will be watching the situation closely to determine whether any new leadership can be deemed legitimate.

Speaking to the Rossiya 24 channel on Monday, President Vladimir Putin’s envoy for Afghanistan, Zamir Kabulov, said that there were hopes for constructive relations now that the American-backed president, Ashraf Ghani, had gone into exile. “If we compare how easy it is to negotiate as colleagues and partners, then the Taliban have seemed to me for a long time much more prepared for negotiations than the puppet Kabul government,” he said.

According to the diplomat, Ghani, who the local Russian embassy claimed attempted to take large quantities of cash out of the country, was “doubtfully elected, ruled badly and ended shamefully.” Kabulov said that “he deserves to be brought to justice and held accountable by the Afghan people.”

The official added that the door to recognition for any new administration was open, depending on its conduct. “We are in no hurry to grant recognition,” he said. “We will see how the new regime behaves.”

Earlier on Monday, the Russian embassy in Kabul confirmed that its external perimeter was now being guarded by Taliban militants, after troops loyal to Ghani’s government gave up their posts. Ambassador Dmitry Zhirnov told journalists that “the Taliban reaffirmed once again that nobody would be allowed to touch a single hair from [the heads of] Russian diplomats.” He added that the diplomatic mission continues to function and that bilateral channels had been opened on the ground.

“We met [the Taliban] today, and there was a very good, well-organized transfer of guard posts from employees of the Afghan National Security Forces,” Zhirnov said.

Despite hosting political representatives of the Islamist group in Moscow for peace talks in recent weeks, the Taliban remains a prohibited terrorist group domestically within Russia. Kabulov said that the group’s status was unlikely to be changed in the coming days, and would be based on a UN appraisal of its actions.

カブールのタリバン戦闘員が新政府樹立のための協議を発表する中、ロシアのトップ外交官の一人が、新指導部が正当なものと判断できるかどうか、モスクワは状況を注視していると述べた。

プーチン大統領のアフガニスタン特使であるZamir Kabulov氏は、月曜日にRossiya 24チャンネルに出演し、アメリカの支援を受けていたアシュラフ・ガーニ大統領が亡命したことで、建設的な関係が期待できると述べた。「同僚やパートナーとして交渉するのがどれだけ簡単かを比較すれば、タリバンは傀儡のカブール政府よりもずっと長い間、交渉の準備ができているように私には見えた」と彼は語った。

この外交官によると、現地のロシア大使館が大量の現金を国外に持ち出そうとしたと主張しているガーニ氏は、「疑惑の選挙で選ばれ、ひどい統治を行い、恥ずかしい結末を迎えた」という。カブロフ氏は、「彼は、アフガン国民によって裁かれ、責任を負わされるべきだ」と述べた。

また、同氏は、新政権の行動次第では、新政権への承認の扉は開いていると付け加えた。「我々は承認を急いではいない」と述べた。「新政権がどのように行動するかを見守る」と述べた。

月曜日早くに、カブールのロシア大使館は、ガニ政権に忠誠を誓う軍隊が彼らのポストを放棄した後、その外周が現在タリバーンの過激派によって守られていることを確認した。 ドミトリー・ジルノフ大使はジャーナリストに、「タリバーンは、ロシアの外交官の髪の毛に触れることは誰にも許されないことをもう一度再確認した」と語った。 彼は、外交使節団は引き続き機能しており、二国間チャネルが現地で開かれていると付け加えた。

「今日、我々は(タリバンに)会ったが、アフガン国家治安部隊の従業員から、整然とした形でガードポストの譲渡があった」とジルノフ氏は述べた。

ここ数週間、和平交渉のためにイスラム教グループの政治的代表をモスクワに招いたにもかかわらず、タリバンはロシア国内では禁止されたテロリストグループのままである。カブロフ氏は、同グループの地位が数日中に変更される可能性は低く、同グループの行動に対する国連の評価に基づいて行われるだろうと述べた。

…引用終わり・・・

ロシアはアフガンの和平交渉の場を作ってきました。ラブロフとタリバンの政治局長は旧知の仲。タリバンのこれまでの動きも見てきましたが、彼らは単なるテロリストではありません。理念を持った交渉可能な相手です。欧米と不要な摩擦を起こさないように配慮していくと期待しています。

ガーニは、写真でもいやらしさとずるさが感じられます。
posted by ZUKUNASHI at 22:08| Comment(0) | Covid19

サイゴンを1000倍にしたような光景



・・・管理人も masanorinaito (@masanorinaito)氏と同じく感じました。米軍とNATO軍の駐留の間、アフガニスタンには巨額のカネが投下されましたが、国民一般が潤うところにはなっていません。アフガニスタンも携帯電話網が整備され、タリバンの兵士は携帯電話で連絡を取り合っています。一般市民もネットを使っているはずで、若い方は外国の状況を知っている。アフリカから難民が地中海を超えてヨーロッパに渡ろうとしているのはそのためですし、南米から米国への移住希望者が絶えないのも同じです。
米軍が引き上げるとき協力者をアフガニスタンから連れ出してくると期待するのは無理からぬこと。若い人たちにしてみれば、国外に出るチャンスと映ったでしょう。多くの若い人が集まり無謀な行動に出ました。空港で米軍の警告射撃で5人が死亡し、そして米軍機にしがみついて空中から落下した人が3人いるとされています。

2021/8/16は、トルコの民間機が数便カブールに飛来して帰りました。2021/8/17午前9時、アフガニスタンは夜が明け始めたところですが、領域内には航空機が見当たりません。軍用機は飛んでいるのかもしれませんが。

posted by ZUKUNASHI at 19:45| Comment(0) | 国際・政治

若い方はぜひお読みください 世界情勢を読む目が深まります

この記事は、シリア、ダマスカス生まれの地政学研究者 Maram Susliによる投稿記事です。彼女は、34歳、@partisangirlのアカウントでシリア戦争の情報を発信してきました。今や中東問題では、第一人者の一人です。世界では、地政学の分野で若い女性の活躍が目立ちます。既成概念にとらわれることなく、事実を収集し独自の視点で描く評論・レポートは傾聴すべき点が多いです。

Maram Susliはガニ政権下、あるいはそれ以前の政府軍のもとにおける腐敗、堕落についても触れています。一方最近参照させてもらっているmasanorinaito@masanorinaito氏(同志社大学教授)のツイートでは「親世代からタリバンの恐怖を聞き、この二十年の自由が失われる、そして国に居ても豊かになる見込みのない若者達」と書かれていて、ガニ政権はあるいはそれ以前の米軍占領下のアフガニスタンは「自由」があつたと認識されています。この辺に視点なり評価の違いが表れています。さらに、ロシアのアフガン特使は「疑惑の選挙で選ばれ、ひどい統治を行い、恥ずかしい結末を迎えた」とガニを酷評。MSMの報道だけでは真実はわかりません。

What Afghanistan’s Saigon moment teaches us about America’s ‘humanitarian wars’
Maram Susli


Maram Susli is a Syrian-Australian political analyst and commentator. She has written for Journal New East Outlook and Sputnik UK as well as being interviewed by France24 and Sky News, among others. Follow her on Twitter @partisangirl (when she's not banned) and YouTube SyrianGirlPartisan

What we’ve just witnessed in Afghanistan is a historical repeat of the ‘Saigon moment’. But the final hours of the US occupation have been accompanied by a cacophony of neocons decrying the decision to end the war.

They cite women’s rights, regional stability and anti-terrorism as reasons the US should have remained in Afghanistan. But those were the very reasons cited for starting the war in the first place, back in 2001. How many more decades do they expect the world to be held hostage to the narratives of ‘the humanitarian war’? It’s now, at the end of the US’s longest war, that we must reflect on the past 20 years, and consider how it was that those false “humanitarian” narratives led us to this point.

Some of the most grave human rights violations occurred at the very onset of the war.

In the first months, the US dropped thousands of yellow cluster bombs around Afghan villages. They resembled aid packages – also yellow. Children would rush to collect what they believed to be food, only to end up dead after picking up and setting off an explosive device.

In an incident now known as ‘the convoy of death’, Taliban fighters who surrendered to the Afghan Northern Alliance were stuffed into sealed shipping containers and allowed to asphyxiate as they were driven across the desert – allegedly under the watchful eye of the CIA.

The list of US war crimes grew as the years went by. Reports emerged that US soldiers were killing civilians and allegedly keeping their body parts as souvenirs. Thanks to the bravery of former British Army major turned Australian army lawyer David McBride, who leaked secret documents, we learnt that Australian special forces had a similar kill team operating in Afghanistan.

One of the strongest narratives that sold the war on Afghanistan to the public was what removing the Taliban could do for women’s rights. But the notion that the US had any real interest in women’s rights is ludicrous, since, in the first place, it was the US that helped the Taliban take control of Afghanistan away from the Soviet-backed secular government.

In 2001, when the former Islamist commanders from the days of the anti-Soviet insurgency came to power, ‘bacha bazi’ – a practice linked with the oppression of women’s rights and child sex abuse that had been outlawed by the Taliban – became common again. American soldiers were reportedly instructed not to intervene, not even when their Afghan allies abused boys on US military bases. In fact, in 2010, a WikiLeaks cable revealed that American mercenaries in the employ of DynCorp paid to bring bacha bazi boys onto a military base to dance for Afghan commanders.

Afghan women deserve rights, but not through US occupation.

And, while we’re talking about rights abuses, what about the rights of American soldiers? How many young men were buried in pursuit of this ill-fated war? Many who survived face a lifetime of pain or mental illness. Veterans are twice as likely as the average American to die from an overdose using opioids – which, ironically, likely originated in Afghanistan.

According to the US military, 90% of the world’s heroin is made from Afghan opium. In 2000, the Taliban outlawed its cultivation, but after the US invasion, there was record-high production year after year. The US effectively turned Afghanistan into a narco-state. Even the longest-running US-backed Afghan president, Hamid Karzai, had a brother who was a drug lord and allegedly on the CIA’s payroll. It is perhaps no coincidence that the US is now facing one of the deadliest opioid epidemics in a century.

In order to buy into the notion that the US pull-out will be a threat to peace and stability in the region, we would first have to believe the occupation of Afghanistan was a source of peace and stability. The reality is, in the past 20 years, not a day went by without violence, and it has left Afghanistan in ruins. The invasion was sold as a way to defeat Al-Qaeda in the War on Terror, but instead, we saw the rise of Islamic State (IS, formerly ISIS) across the Middle East and an increase in terrorist activity across the globe. Again, if the US were serious about defeating terrorism, it wouldn’t be backing Al-Qaeda-linked militants in Syria.

There is no reason to believe that America’s goals in Afghanistan had anything to do with maintaining stability. Although the US military has pulled out, that may, in fact, be part of Washington’s calculus to cause instability from afar – a cheaper alternative to the occupation. After all, as it pivots towards a confrontation with China, the US needs to retain its resources. China’s volatile Xinjiang province shares a border with Afghanistan. It would want to avoid any instability that could mean militants flowing over that border. Perhaps the US hopes to draw China into the graveyard of empires.

No one has a higher stake in maintaining Afghanistan’s stability than its neighbours – in particular, Pakistan, China, Iran, and Russia. After 40 years of conflict, the Taliban is now decidedly more pragmatic in its dealings with all of them. Russia, in spite of its own history of war in Afghanistan, has decided to normalise relations with the Taliban in the interests of stability. Iran, which had its share of animosity towards the formerly anti-Shi’ite Taliban, hosted peace talks with the militants and the US-backed Afghan government. China, too, has had its issues with the Taliban, as members of its Uighur minority have previously crossed the border to join Al-Qaeda and fight alongside them. The Taliban has promised not to intervene in China’s Uighur issue and, in return, China has offered to build Afghanistan’s infrastructure and bring it out of an era of ruin into an era of economic prosperity. That’s something else the decades of US control failed to accomplish.

Whatever may come next, as the last Chinook takes off from the US Embassy, Afghans finally have the ability to decide their own destiny. May we all stop to think twice when next the neocons spin a humanitarian narrative to breach the sovereignty of a nation.
posted by ZUKUNASHI at 16:32| Comment(0) | 国際・政治

アフガニスタンの空域を民間航空機は利用できない状況

RT2021/8/17
The Afghanistan Civil Aviation Authority has told airlines to avoid its airspace as it relinquished control to military use. The Taliban's takeover of Kabul has triggered a mass exodus, with many desperate to flee the militants.

On Monday, the Afghanistan Civil Aviation Authority (ACAA) issued an advisory notice warning airlines to avoid Kabul airspace – a defined area which covers all of Afghanistan.

"Kabul airspace has been released to the military. Advise transit aircraft to reroute," the notice, seen by Reuters, said.

While flights can still enter the airspace, the advisory highlighted that they'd no longer receive guidance from Afghan air traffic control units on the ground, warning that "any transit through Kabul airspace will be uncontrolled." "Surrounding FIRs [air traffic control regions] have been advised," it continued.

RT2021/8/16
As German military plane FAILS to land in Kabul, Merkel calls US-led Afghanistan mission ‘NOT AS SUCCESSFUL’ as hoped

RT2021/8/16
Indian embassy staff leave Afghanistan as military evacuation flights resume from Kabul airport after hiatus

RT2021/8/16
You have to acknowledge the Taliban is the new ‘governing entity’ of Afghanistan, former US diplomat tells RT

RT2021/8/16
Ousted president who fled Afghanistan with ‘bags of cash’ wrote article in 1989 predicting end of Soviet ‘puppet regime’ in Kabul

RT2021/8/16
From US withdrawal to fall of Kabul: A timeline of the Taliban’s rapid takeover of Afghanistan



posted by ZUKUNASHI at 15:30| Comment(0) | 国際・政治

2021/7 都市によっては超過死亡が定着したところもある

















市川市はまだ年初と同程度の超過死亡が出ています。












所沢市は、2021年の各月がふわりと浮上した感じですね。

柏市も同様






posted by ZUKUNASHI at 15:00| Comment(0) | Covid19

日本もテロがはびこっている どんどん増えるぞ




















posted by ZUKUNASHI at 12:39| Comment(0) | Covid19

新情報に敏感な医師は猛烈な忙しさらしい

当初のこの記事に書いたように日々のユニーク訪問者の使用機器シェアが Mac OS X、iOS (iPhone)、iOS (iPad)の三つで50%超を占める日が現れるようになっていますが、月曜日は決まってMac OS Xからのアクセスが急減します。月曜は、新コロナウィルス患者を受け入れている病院は、多忙を極めるようですので、その影響でしょう。一時、「当病院は満床、いったんこうなると時間がとれます」というツイートを見ていたころがMac OS Xのアクセスピークだったようです。

この動きから医療崩壊、医療受難の度合いが激しくなっていることを感じます。感染しないように気を付けましょう。

・・・・・
2021-08-02 15:21:15
このブログのアクセス動向は、極めて低調ですが、それは別に構わない。ただ、この春以降、異変が起きていて、日々のユニーク訪問者の使用機器シェアが Mac OS X、iOS (iPhone)、iOS (iPad)の三つで50%超を占めます。
あとはWindowsとアンドロイドになりますが、この二つで35%を占めます。

ところが月間で見ると、アンドロイドのユニーク訪問者が22%でトップなのです。次いでiOS (iPhone)が17%、Windowsが2つのバージョンを合わせて28%、Mac OS Xは12%。

これは、アンドロイド使用者はたまに来る、Mac OS X使用者は頻繁に来るということを示しています。Mac OS X使用者の多くは医療従事者ではないかと私は見ていて、医療崩壊の中で頑張る従事者の情報収集の役に立つのならとてもうれしいことです。

しかし、このブログの一次的な狙いは、仕事で疲れ、時間的制約もあって新コロナウィルス関係の情報収集に手が回らないであろう「その辺にいる普通の」人たちに最新情報を伝えることなのです。新コロナウィルスについては、流行当初は情報がなく、その後は誤情報、えせ情報が多く、情報選択は大変困難になっています。そのため、ここに掲げる情報には極力ソースを付与するよう努めてきましたが、それが読む側には大きな負担、わずらわしさになっているのではないかと気づきました。

最近は、継続的な情報・データ収集で、情報発信元の抱えるバイアスも大体見当がつくようになっています。

この1年余の学習過程で、日本政府やそれに助言する人たちがいかに海外の第一線の学者とレベルが違うかを嫌というほどに感じさせられました。米国CDCのファウチとかいう代表者もWHOの事務局長もいい加減なものです。個別の情報について常にそれに内在するであろうバイアスを推定しつつ解釈するのはとても疲れます。

ある程度、自分の確信が持てることについては、「コロナ早わかり」とマークを付して記事を書くことにしました。アンドロイド端末で読む人が、各記事の参照先まで読んでいるとは思えませんし、そこまで要求するのは無理と考えるに至ったからです。

日本の感染者数の伸びが事実上世界最悪を示し、医療崩壊で病院が使えない状況になっているのに、「その辺にいる普通の」人たちは、平静のように、管理人には見えます。「スーパーやコンビニしか使わないのに感染した」と不満?か驚き?を表明する人は、新コロナウィルスの感染力について全く無知だといわなければならないでしょう。「コロナ早わかり」は、そんな現状の中で目覚める人が一人でも多くなってほしいという気持ちでの試みです。

2021年08月02日
誰かと毎日連絡しあう体制を作ろう

2021年08月02日
コロナ早わかり ホテル療養

2021年08月02日
コロナ早わかり 買い物と散歩に感染リスクがないとなぜ言える?

2021年08月01日
コロナ早わかり 感染した時のためにあらかじめ用意したいもの

2021年07月31日
コロナ早わかり 誰がスーパーやコンビニではうつらないと言いましたか? 

2021年07月31日
コロナ早わかり 個人が入手可能な新コロナに効く薬はあるのか

2021年07月31日
コロナ早わかり これがあなたの周りで起きています

2021年07月31日
コロナ早わかり 新コロナウィルス 最新動向
posted by ZUKUNASHI at 11:12| Comment(0) | 福島原発事故

新宿区では200人に一人が10日以内感染者 川崎は中野区並み

東京都の市町村別感染者数は累計で示されていますので、2021/8/7時点までの感染者数から7/28時点の感染者数を引いて最近10日間の感染者数を出します。これを2021/6/1現在の人口で割って10万人当たりを出しました。トップが新宿区、次いで渋谷区、豊島区。新宿区は10万人につき510人ですから200人に一人最近10日以内の感染者がいることになります。これらの人々はほとんどが自宅療養のはずですから、人との接触を断っているはず。あくまでもはずですよね。右側の神奈川県は、2021/8/8時点の市町村別累計感染者数から7/27時点(まで)の累積感染者数を差し引き、10万人当たり感染者数を計算。川崎市が突出しています。
 

2021年08月09日
サーフィン会場になった一宮町が千葉県感染者密度ワーストワンになった に掲げた表は、正味10日分は入っていませんから、例えば船橋市や千葉市の感染者数は10日分では1割か2割程度増えるでしょう。それでも120人が132人とか、140人程度です。東京都の市部の下位に相当です。

この最近10日間の新規感染者の人口当たりの指標は地域間比較に使えますね。

東京都がさらに進んで『酸素需要がない容態になったら全員退院』という扱いをしても、入院者数の統計値にかかわらず、ウィルスを放出している可能性のある者の数をこの指標で推定することができます。




東京の盛り場は、100人に一人くらい、ウィルスを放出している人がいるはずです。しかもデルタ変異株を。感染者はまだまだ増えます。

県発表の患者数。東京は西東京市の水準、神奈川は茅ヶ崎市の水準。千葉は既出の表は日数が不足ですので柏市の水準辺りでしょうか。埼玉は市町村別のデータがとりにくく計算していませんが、最近の伸びの大きさから県平均が神奈川の上位、東京の中位に相当する水準になっているのは妥当ではないかとみられます。

最近特に感染者が増えている市町村は、人口当たりの患者数が県平均に比べて特に大きくなっていることがありますので注意が必要です。ウィルス放出中の人が町中に多いのです。





川崎には、川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦氏がいるようであちこちでお見掛けしますが、沖縄の高山氏と同じで、そういう人たちの活躍する現場はみな状況が悪い。
posted by ZUKUNASHI at 09:18| Comment(0) | Covid19

いずれ公共サービスが止まるよ



病院ですでに始まった。次は幼稚園、保育園だろうか。



posted by ZUKUNASHI at 01:36| Comment(0) | Covid19