ずくなしの冷や水

2021年08月07日

Exiled Belarusian activist’s gruesome death by hanging in Ukraine casts more light on overseas opposition’s alleged neo-Nazi links

Exiled Belarusian activist’s gruesome death by hanging in Ukraine casts more light on overseas opposition’s alleged neo-Nazi links
The tragic case of Belarusian activist Vitaly Shishov, found hanged after vanishing while out jogging near his home in Ukraine, has sparked furious speculation both about whether he was murdered by the KGB or other state actors.

However, his purported far-right ties have been completely ignored by Western media.

On Tuesday, police in Kiev announced that they had discovered Shishov’s body in a park. He had been declared missing the day before after he failed to return home after setting out for a run. An official statement said that he had been found hanged in a park close by, and that a murder probe had been opened to investigate any potential foul play. According to independent Ukrainian news outlet Strana, an anonymous police source initially insisted all signs pointed to suicide.

The group that the activist headed, Belarusian House in Ukraine, was unconvinced by that explanation. It responded with a fiery message released on its Telegram channel, claiming that his death was part of a “planned operation” designed to “eliminate a Belarusian who was really dangerous for the regime,” and vowed to push for the truth around the incident.

Despite never having been a prominent member of the opposition, Shishov is said to have fled the troubled Eastern European nation as authorities violently cracked down on activists in the wake of last summer’s presidential election, which many international observers say was rigged in favor of veteran leader Alexander Lukashenko. Since then, he has, according to his organization, been working to support others fleeing the country, as well as planning actions against the government in Minsk.

Opponents of Lukashenko claim that his security forces are orchestrating a series of operations to capture and even kill his detractors, both at home and abroad. Previous investigations by German state broadcaster DW alleged that officials sanctioned death squads to abduct and murder politicians more than two decades ago, as the country emerged, newly independent, from the collapse of the Soviet Union.

Some insist that this practice is now being revived to deal with the new generation of opposition activists involved in last summer’s crisis and residing abroad. The grounding of a Ryanair flight and the arrest of blogger Roman Protasevich is cited as evidence that the embattled government will stop at no lengths to silence its critics.

While there appears to be no solid evidence linking Belarusian special services to the death of Shishov at present, another avenue of speculation has simultaneously opened up online. A number of commentators and analysts have reported that the activist has close links to the Ukrainian far-right, and that Belarusian House in Ukraine is linked to unsavory groups.

The same charge has been leveled against his fellow countryman, Protasevich, who is alleged to have fought with a notorious neo-Nazi unit, the Azov Battalion, against breakaway militants during the civil war in Donbass. The self-proclaimed breakaway Lugansk People’s Republic has even filed a request with Belarusian prosecutors to extradite the detained activist, who was said to be pictured wearing Nazi iconography and carrying a rifle.

In Shishov’s case, the links appear less clear. Matthew Shaas, advocacy director of Freedom Now, an American criminal justice NGO funded by George Soros’ Open Society Foundations, tweeted his concerns about the Belarusian on Wednesday. “Belarus House has apparent connections with Sergey Korotikh, a neo-Nazi active in Belarus, Russia, & now Ukraine,” he said, adding that “this is likely highly relevant to the story.”

On Wednesday, as the circumstances of Shishov’s death were still unfolding, the Ukrainian security service, the SBU, confirmed that his deputy at Belarusian House, Rodion Batulin, had been barred from entering the country. According to officials, the activist is “is known for his radical views and provocative actions during protests in Ukraine.”

Zaborona, a controversial but generally well-regarded Ukrainian news outlet, has probed the group’s supposed links to the far-right. In November 2020, representatives of Shishov’s organization reportedly attended the unveiling of a monument to the victims of Belarus’ police crackdown near the country’s embassy in Kiev, organized by Korotikh. Korotikh himself is frequently branded a neo-Nazi and was, in effect, the spokesperson for the far-right Azov movement to which Protasevich reportedly belonged. In recent years, he has been accused of publishing material denying the Holocaust and labelling US President Joe Biden a “pedophile.”

In addition, when news broke of Shishov’s death, Korotikh wrote on his Telegram channel that he had been his “comrade and brother in arms,” arguing that the death was actually an orchestrated murder. Then, in a strange twist, Korotikh went on to blame “the collective West” for the events.

While the nature of the relationship between Korotikh and Shishov remains unclear, and the police continue to probe the tragic death of the young Belarusian activist, the media narrative around the events will likely continue to miss the wider context. Worse still, it seems few are asking why several of the prominent and Western-backed opponents of Belarus’ brutal government appear to have close ties with neo-Nazis and the far right.

This is another example of a notable, and dishonest, trend in Western reporting from Eastern Europe, where those who oppose ‘regimes’ considered distasteful by elites in Britain, the European Union, and the US are automatically elevated to a sort of ‘saintly’ status. As a result, any unsavoury elements of their characters, or nefarious ties they may have, are glossed over to fit a narrative. Naturally, such practice is both unethical, under traditional norms of journalism, and deeply unfair to consumers of the media outlets concerned.
posted by ZUKUNASHI at 23:10| Comment(0) | 国際・政治

デルタ株はワクチンの効果がないとCDCが認める



Covid-19 vaccines no longer prevent transmission, CDC director says
From CNN's Lauren Mascarenhas

Covid-19 vaccines no longer prevent transmission, US Centers for Disease Control and Prevention Director Dr. Rochelle Walensky said Thursday.

“Our vaccines are working exceptionally well,” Walensky told CNN’s Wolf Blitzer. “They continue to work well for Delta, with regard to severe illness and death – they prevent it. But what they can't do anymore is prevent transmission.”

That is why the CDC is recommending even vaccinated people wear masks indoors again, Walensky said.

“If you're going home to somebody who has not been vaccinated, to somebody who can't get vaccinated, somebody who might be immunosuppressed or a little bit frail, somebody who has comorbidities that put them at high risk, I would suggest you wear a mask in public indoor settings.”

機械翻訳
コヴィド-19ワクチンはもはや感染を防げないとCDC長官が発表
CNNのローレン・マスカレンハスより

米国疾病管理予防センターのロシェル・ワレンスキー所長が木曜日に語ったところによると、コヴィド-19ワクチンはもはや感染を防ぐことはできないという。

ワレンスキー氏はCNNのウォルフ・ブリッツァー氏に、「我々のワクチンは非常によく効いている」と語った。

ワレンスキー氏はCNNのウォルフ・ブリッツァー氏に、「デルタの重症化や死亡を防ぐという点では、ワクチンは非常によく機能しています。しかし、感染を防ぐことはもうできません」。

ワレンスキー氏によると、CDCはワクチンを接種した人にも室内でのマスク着用を推奨しているのはそのためです。

「あなたが、ワクチンを接種していない人、接種できない人、免疫力が低下している人、体が弱っている人、リスクの高い合併症を持っている人の家に行く場合は、公共の屋内環境ではマスクを着用することをお勧めします」。

翻訳終わり

・・・・・

屋内環境でのマスク着用の要否については、CDCのガイダンスは二転しました。

英国や米国でイベルメクチンの治験が始まったのは、これと関係がある?

日本では、デルタ株の割合が70〜80%になっていますが、新規感染者に占めるワクチン接種率の高い高齢者の割合はまだ相対的に低くなっています。感染するのであれば、いずれこれが上がってきます。注目しています。

デルタ株が支配的になると
@ 感染しやすくなる。・・・これはすでに感染者の激増で日本でも生じています。
A 若い人もかかりやすくなる。・・・千葉県の年代別感染者割合でこの傾向は出ています。
この点を千葉県の年代別感染者割合で改めて詳しく見てみました。まず、千葉県でL452R変異の検査が始まった6/10以降のデルタ変異株の割合は最近になって特に上がっています。


2021/6/6に始まる週から1週間ごとに新規感染者の年代別割合をみると、次のようになります。

70代以上の高齢者の割合は低位で推移ですが、ワクチン接種済の者が含まれる60代では、割合が少し上がりました。10歳未満は0.5%前後で推移ですが、10代は割合が大きく上がっています。

B 中壮年世代での重症者が増える。・・・医療関係者のツイートで繰り返し指摘されています。
次は、千葉県のサイトにあった重症患者の時点別推移

2021/8/1時点で20代の重症者が3名、30台の重症者が4名出ています。

C ワクチン接種で感染を防ぎきれない。
 ワクチン接種済の者でもデルタ株に感染しています。ワクチン接種率の高い国で感染者が増加。
冒頭のCDCの発表はまさにそのことがあるゆえにマスクの着用を進めています。

ブレークスルー感染の場合、感染者の体調が大きく悪化することがあるとされています。死亡者の増加は、その指標になります。

まもなく、デルタ株の特徴とされる現象が現れるでしょう。その時は正視できない状況になっていないことを願うだけです。

千葉日報2021年8月4日 17:32 | 無料公開
【速報】千葉市の医療機関でクラスター、14人中12人がワクチン2回接種済み 新型コロナ
 千葉市は4日、中央区の医療機関で入院患者4人の新型コロナ感染が分かり、既に判明していた入院患者10人と合わせて計14人のクラスター(感染者集団)が確認されたと発表した。14人は同じ病棟で、うち12人が2回のワクチン接種を終えていた。医療従事者33人の検査を進めている。
posted by ZUKUNASHI at 18:17| Comment(0) | Covid19

家庭内の隔離 マスク着用が効果があるかもしれません




心配です。お大事になさってください。

ワクチンを接種した人の気道でウィルスが増殖して体外に放出されることがあることが判明しています。

2021年07月30日
ワクチン接種した人の気道でウィルスが増えることも 人々の観察は正しかった
posted by ZUKUNASHI at 16:40| Comment(0) | Covid19

long Covid被害者を生みだす凄惨な結果が目に見えている

posted by ZUKUNASHI at 16:32| Comment(0) | Covid19

5G technology interfering with weather forecast and warning services since at least 2019

posted by ZUKUNASHI at 15:51| Comment(0) | 電磁波問題

鳥インフルエンザ

中国で鳥インフルエンザの人感染が2件報告される

Two human cases of avian flu reported in China
The first case of human infection with the H5N6 virus was recorded in May 2014 in Sichuan province

HONG KONG (XIANGGANG), August 6./TASS/. Two new cases in which people were infected with the highly pathogenic H5N6 strain of avian flu were reported in China, Hong Kong’s healthcare agencies reported on Friday referring to a notification received through official channels from colleagues in mainland China.

A 61-year-old female resident of Guilin in the Guangxi Zhuang Autonomous Region was infected after contact with birds. She was hospitalized in a stable condition.

Another case was reported in the city of Yibin in the south-eastern part of Sichuan province. The 65-year-old female patient is in a critical condition.

The first case of human infection with the H5N6 virus was recorded in May 2014 in Sichuan province. Since then, the number of cases in the country has reached 37, with five of them being reported this summer.
8月6日、香港(XIANGGANG)、/TASS/:中国で高病原性H5N6型鳥インフルエンザに感染した2つの新しいケースが報告されたと、香港の医療機関が金曜日に中国本土の同僚から公式ルートで受け取った通知を参照して報告した。

広西チワン族自治区の桂林市に住む61歳の女性が、鳥との接触により感染しました。この女性は入院しており、容態は安定しています。

また、四川省南東部の宜賓(イービン)市でも感染者が出ました。65歳の女性患者が危篤状態にあります。

H5N6ウイルスのヒトへの感染例は、2014年5月に四川省で初めて記録されました。その後、国内での感染者数は37人に達し、今夏はそのうち5人が報告されています。
posted by ZUKUNASHI at 14:01| Comment(0) | Covid19

この先の日本の死亡数増加は加速するか



・・・これまでの死亡数累計15000人。医療崩壊で死亡数増が加速するにしても2か月で2万人は大きい。だがありうること。
posted by ZUKUNASHI at 09:26| Comment(0) | Covid19

イベルメクチンの使い方について

この記事の当初投稿時に参照したFLCCCの日本語版が出ています。内容的にも新しいものが入っています。
新型コロナウイルス感染症(C OV I D -19)の予防および早期の外来患者治療に関するプロトコル

FLCCCの新しいプロトコールでは、治療時の服用の定量が、「1回につき0.2〜0.4 mg/kg (食前または食後に服用) – 1日1回、5日間、または回復するまで服用」と上限値が倍に引き上げられています。予防に関しては従来通り「1回につき0.2 mg/kg 」となっています。米国や英国で始まった治験では、「1日につき0.3 mg/kg 」となっています。

なお、イベルメクチンの服用量に関しては、国内での具体例が出てきています。陽性判定を受けた20代の男性が最初1錠(12mg)翌日から4日間2錠、解熱剤のカコナールとともに服用し平熱に戻った例があります。特に副作用は伝えられていません。

一方、読者のAさんは予防的服用で2日連続夕食後に1錠(12mg)呑んだところ間もなく激しい下痢に見舞われたとの体験例があります。
食後間もなく服用すると特に油脂分を含んだ食事の場合、イベルメクチンの吸収がよくなり体内濃度が上がると指摘されています。
このため、迅速に体内濃度を高めて効果を確保する観点から油脂を含む食事のあとすぐ服用するという呑み方もありますし、下痢などの反応を抑えるため空腹時に服用するという呑み方もあります。

つまり、意図的に一時的に体内濃度を上げようとする場合、一日の服用回数を増やす(10時間とかの時間を置く)、油脂を含む食事の後に呑むなどの措置が試みられています。

イベルメクチンを呑んで下痢を起こす方は少なくないようです。呑みすぎや体質的に合わない場合に下痢が生ずるなら、排出による安全確保が期待できます。

・・・・・・

この記事は、2021年2月初めに古くからの読者向けに限定的に公開したものです。これまでに特にご意見をいただいていません。変異株の蔓延にもかかわらず、日本の当局の動きは迷走です。これはたまらんとお考えの方も多いでしょう。一般公開します。この記事は、特定の薬を推奨することを狙いとするものではありません。イベルメクチンを使用することを決めた方が服用に当たって参考になることを書いています。内容のほぼすべてが海外からの情報です。末尾の引用ツイートは、2021/3/20頃に追加しています。

この薬品の新コロナウィルス感染症を対象とした日本人向けの服用基準は公式に定まったものはありません。治験には多額の費用がかかります。この薬については特許が切れており先発薬に比して格安の値段で後発品が売られているので、薬メーカーに治験を行うインセンチブがないのです。

ですが、南米など海外では治療薬として使われた例があり、用法、用量がまちまちですが、そのデータは参照することができます。

それらの治験の結果を踏まえて、先進国の研究者や医師が参加したアライアンスが標準治療法をまとめています。現時点では、イベルメクチンの新コロナウィルス感染症に対する適応では最も信頼性が高いといえるでしょう。
I-MASK+ Prophylaxis & Early Outpatient Treatment Protocol for COVID-19

日本の研究熱心な臨床医は、すでに治療にイベルメクチンを使っていると聞いています。どのような基準で投与するのかはわかりません。

プロトコールとは、外交分野では議定書などと訳されますが、治療の実施要綱という意味でも使われます。次のように予防的利用と初期治療とに分けて規定されています。


予防的利用は二通りに分けて書かれています。
予防的服用の一般規定 まだ感染していないと判断される場合です。ハイリスクの人向けと書いてあります。

この場合は、服用開始時、最初の48時間に服用量を多くします。まず初回に定量を呑み、その後48時間以内にまた定量を呑んで、その後は2週間に1回定量を呑みます。2回目は1回目の48時間以内ですから、24時間後でも47時間後でもよいことになります。

グラフの横軸は経過時間です。イベルメクチンの血中濃度の半減期は18時間とされていますから36時間経てば濃度は4分の1、180時間、7.5日経てばほぼゼロです。

予防的服用の追加の場合です。ウィルスに曝露したかなと疑われる場合の追加的な服用です。49時間に2回呑みます。

その後のことについては触れられていません。発症した場合は、次の初期治療に移行し、感染をまぬかれた場合は、一般規定に戻って2週間ごとに服用することになりましょう。

初期治療の場合は、1日目から5日目まで毎日定量を呑む方法です。1回につき0.2〜0.4 mg/kg (食前または食後に服用) – 1日1回、5日間、または回復するまで服用とあります。毎日呑むと血中濃度60以上の時間が約5日間継続します。
  

薬の個人輸入のサイトには、コメント欄に予防のために10日ごと、2週間ごとに呑んでいると書いている方が何人かおられます。


この方法ですと服用日の中間で新コロナウィルスに曝露してもうまくいけば前回の薬成分が残っているかもしれませんし、ほとんど残っていない場合には数日で血中濃度が上がりますから、予防措置としては隙がないことになるでしょうか。ただ、一定の期間をまとめるとイベルメクチンの服用量はかなり大きくなります。10日ごとの服用を1年間続けると36錠服用することになり、やはり副作用が心配になります。

イベルメクチンについて、この薬の駆虫薬としての用法、用量どおりに使うことを勧めている人もいますが、寄生虫とウィルスは違いますから、FLCCCはウィルスを対象とした場合には駆虫薬のように1回服用するだけでは足りないと判断しているのだろうと考えます。

私は当初、月1回の定量の服用で予防ができるのではないかと考えていましたが、上のグラフで分かるように7.5日で血中濃度はほぼゼロになりますから、月1回では足りないようです。

ある読者が書いておられたように、曝露した恐れが強い時に、随時服用する方法もありそうです。その場合は前回の服用から2週間を置くようにしたほうが良いようです。予防的服用の一般規定と追加的服用の折衷です。

駆虫薬として使われる場合、1回につき体重1kg当たりイベルメクチン約200μg。体重60kgの人なら12,000μg=12mg。ジェネリックとして海外で生産されているものは1錠12mgのものが多いです。

上の説明で定量というのは、体重60kgの人なら12,000μg=12mg 〜 24,000μg=24mgです。体重に応じてこの量は変わります。ただし、日本で体重15kg未満の者に新コロナウィルスに関してこの薬を投与した例はないとされています。安全性が分かっていません。

この薬の説明がこちらにあります。
駆虫薬(イベルメクチン)の解説

私が追加で購入したもののパッケージに記載された情報
 
 

次は、ツイッターに掲載されていた画像ですが、私が2020/11に試験的に購入した際には、上の大きな箱のものが送られてきましたが、2回目には下の小さな箱でした。錠剤の色が違います。
 

イベルメクチンは、感染初期に呑むほど効果があるとされていますので、私としては、感染した場合にこのBの服用方法をとるつもりです。私の場合体重があるので12mgの錠剤が1回あたり1.5錠必要となります。タブレットカッターが必要です。

私がこの薬を確保したのは、首都を中心に入院が困難になっており、医療を受けることが難しくなっているためです。自宅待機あるいはホテル療養となった場合に自分で服用を決します。

あとアスピリンがあったほうが良いようです。またパルスオキシメーターを購入しました。

読者から亜鉛のサプリメントが有効との助言もいただいて購入しました。服用して1日後、目の調子が良くなって驚きました。

なお、私の調べたところでは、禁忌は見当たりませんでしたが、 下痢、食欲不振、便秘、腹痛などの消化器症状、痒み、発疹などの皮膚症状、頻度は稀だが肝機能障害が現れることがあるとされています。さらに最近の海外での試験では脳機能障害が出ることもあるようです。

基礎疾患のある方は、どうぞ慎重にお願いします。下痢や食欲不振などの一時的な症状で終わればよいですが、薬である以上身体、肝臓などに負担がかかります。

新コロナウィルスによる症状が出ても医師にかかることは難しいのに、イベルメクチン服用による体調異変が出てから医師に相談することも難しいでしょう。ほとんどの医師は、イベルメクチンの投与の効果とその弊害についての知識はないと思います。

それを考えれば、予防的に慎重に服用するのが良いかとも考えているところです。

空腹時だと吸収が少なくなり吸収量が安定するとの研究者の見解があります。

いずれにしても、基本的には定量の1回の服用で効果が出るとの観察結果が多いですので、服用してみてその効果、影響を慎重に見極め、続けて服用するかどうかを判断するつもりです。薬の個人輸入のサイトのコメントには、服用後蕁麻疹とみられる赤いぷつぷつが少量ながら出たと書いている人もいます。

私は、1月半ば以降、ほぼ1か月に1回、1錠12mgを服用しましたが、なにも変化なしでした。放射能で発赤が出たり、変なものを食べて蕁麻疹が出たりする友人は、なんどか呑んでいますが、特に異常は出ていないそうです。

イベルメクチンを服用した読者、知人から花粉症の症状が軽減したとの情報が寄せられました。知人は服用の翌日鼻水が止まったそうですが、そのまた翌日には元に戻ったとのことです。イベルメクチンが何らかの作用を及ぼしていることは間違いありませんが、副作用を期待して服用するのは止めたほうが良いです。

この薬を呑むと肝臓に負担がかかり、3日ほど身体が思うように働かなくなると書いている人もいます。

国際機関や国の薬品行政機関を巻き込んで適応の有無に関する見解がこれほど対立するのは、珍しいことではないでしょうか。効用ありとする立場と効用なしとする立場からの見解表明が続いています。







イベルメクチンに関する最新情報は「イベルメクチンに関する追加情報 1〜4」に記録してあります。インドはイベルメクチンのジェネリックの大輸出国ですが、「テレビに出続けている大手の医師は、この安い薬を評価したがりません」との評があります。個人輸入ですと1錠12mg200円程度。5錠で1,000円ですからこの薬を処方しても薬局は喜ばないという面はあります。

若い方は、英語を勉強してください。インターネットで自分の関心のある分野の情報を読んでいれば、最初は遅くてもいずれ力が付きます。日本語しか読めなくては、自分自身と家族を守ることはできません。日本は、世界の動きから取り残されつつあります。若い方が中年、壮年に差し掛かるころにはよりはっきりしてきます。
posted by ZUKUNASHI at 08:41| Comment(0) | Covid19

半端ないデルタの感染力 そんな感染があり?

「デルタ変異株感染者が使ったカフェの座席に座った大学生2人も感染」という韓国の事例の詳しい事情がわかりません。そのように感染するならまさに爆発的に感染拡大するはずですが・・・。


posted by ZUKUNASHI at 08:21| Comment(0) | Covid19