ずくなしの冷や水

2021年08月03日

フォートデトリックラボ











US lawmaker publishes report on COVID-19 lab leak theory
As the report lays out, a preponderance of the evidence proves that all roads lead to the Wuhan Institute of Virology
WASHINGTON, August 2. / TASS /. Ranking member of the US House Foreign Affairs Committee Republican Michael McCall has released a report on the COVID-19 origins supporting the lab leak theory, Fox News announced on Monday.

"As we continue to investigate the origins of the COVID-19 pandemic, I believe it is time to completely dismiss the wet market as the source of the outbreak. Instead, as this report lays out, a preponderance of the evidence proves that all roads lead to the WIV [Wuhan Institute of Virology]," McCall stated, noting that the virus had spread earlier than September 12. Also, the US lawmaker urged both parties in Congress to carry out a joint investigation.

McCall's report also claims that the Wuhan Institute of Virology may have been working on genetically modified viruses. The document points out a possible lack of safety at this research center. Furthermore, McCall mentioned that in the summer of 2019, the WIV was on the hunt for specialists to update air disinfection, hazardous waste treatment, and air conditioning systems.

According to the Hill newspaper, the authors of the report "do not claim to have a smoking gun to definitively prove their claims", however, their goal is "crafting a legislative response <...> and imposing cost on China". The authors call for the introduction of sanctions against the WIV’s scientists and the members of the Chinese Communist Party who were responsible for the anti-coronavirus measures in the early days of the pandemic.
10 САМЫХ НЕОБЫЧНЫХ ДОМОВ В МИРЕ
Copy video url
Play / Pause
Mute / Unmute
Report a problem
Language
Mox Player
advertisement

In July, WHO Director-General Tedros Adhanom Ghebreyesus announced the second phase of studying the origins of COVID-19. After that, he admitted that the spread of infection could be caused by the emergency situation in the Chinese laboratory. The US Intelligence Community also tested the lab leak theory but has not yet arrived at a final conclusion.


情報機関が新型コロナウイルス感染症を予言 疑わしいことだ
2021-08-02 18:02 CRI

 米国のジョンズ・ホプキンス大学が発表した統計によりますと、北京時間7月31日午前5時21分までに、米国の新型コロナウイルス感染者数は累計3481万人、死亡者数は累計61万人に達しました。感染症のリバウンドは米国の雇用や社会福祉など多くの分野に持続的に影響を及ぼしています。

 また、米国労働省が発表したデータによりますと、米国では7月24日までの1週間に40万人が新規に失業救済を申請しており、デルタ変異株が引き続き労働力市場に影響を及ぼしていることを示しています。

 新型コロナウイルス感染症のリバウンドおよびそのマイナスの影響に直面しながらも、米国の関心の重点は依然として感染症の予防と抑制ではなく、ウイルス発生源調査の問題で他国に責任を転嫁することに向けられています。同時に、米国国内で早い時期に多くの新型コロナウイルス感染事例が発生していたことも世間に暴露されました。最も早い感染者は少なくとも2019年11月まで遡ることができます。

情報機関が新型コロナウイルス感染症を予言 疑わしいことだ

 さらに疑わしいのは、昨年ABC、CNN、「タイムズ・オブ・イスラエル」などのメディアがそれぞれ、米軍当局が2019年11月にはイスラエルや北大西洋条約機構(NATO)と情報を共有し、まもなくコロナウイルスの大流行が始まると予言し、その中で中国の武漢にまで言及していると報じていることです。(玉華、坂下)

posted by ZUKUNASHI at 23:08| Comment(0) | Covid19

コロナ早わかり ホテル療養

2021/8/2の政府発表後もホテル療養は継続される模様です。

ホテル療養の実態は、保健所、地域により大きく異なります。看護師が駐在して検温結果を集め、定期的に体調変化などを聞きに来ることが多いようです。食事は出ます。自分では買い物に行けない例が多いようです。家族からの荷物の取次がしてもらえないところもあります。


・・・
アセトアミノフェン・・・作用のおだやかな解熱鎮痛薬 商品名 カロナール
コンタック・・・花粉、ハウスダストなどによる鼻のアレルギー症状(くしゃみ、鼻みず、鼻づまり)の緩和に効果
ロキソニン・・・プロピオン酸系の消炎鎮痛剤の商品名



2021年06月17日
千葉県の宿泊療養・自宅療養の基準
2021年05月24日
朝日新聞記者のホテル療養の実際
2021年01月04日
ホテル療養に必要な物
posted by ZUKUNASHI at 22:29| Comment(0) | Covid19

人がバタバタ倒れれば国民は恐れをなして巣ごもりになる

















posted by ZUKUNASHI at 22:18| Comment(0) | Covid19

感染者の急増はデルタ株効果が大きいと判断

千葉県やその他の都県の7月末から8月初めにかけての感染者数の変化を見ていましたが、週末要因による落ち込みが小さくなっています。千葉県のこの1週間の新規感染者公表数は、次のとおり推移しています。
7/27 405、7/28 577、7/29 576、7/30 753、7/31 792、8/1 767、8/2 787、8/3 781



感染者数以外にもデルタ株の広がりを推定させるデータがあります。次は、千葉県が実施しているL452R変異株PCR検査の実施状況です。L452R変異は、デルタ、イプシロン、カッパ変異株が持っています。7/19以降の1週間ではすでに約6割がデルタ株などの変異株になっています。




デルタ株は、若い人にも感染しやすいとされています。7月は日を追って同月中の若年世代の割合が上がりました。


7月下旬になって船橋市や市川市で新規感染者数が大きく伸びました。


問題は、これがオリンピック開催に伴う人々の警戒感のゆるみ、人の接触の増大によるものか、あるいはデルタ株のシェアの増大によるものかということになります。

管理人はこれら二つの要因がともに作用しているのではないかとみており、オリンピック関連であれば、さらに増えることはあってもここ数日のような急増はなく、デルタ株関連であれば更なる水準訂正を伴う増加がありうるだろうと考えています。

後者の場合、デルタ株の脅威が明らかになるでしょう。



上のように考えれば、感染者数はこの後も高水準で推移すると見なければなりません。政府が医療面での対応が困難だとして感染者放置の方針を打ち出したのは、そのような感染者の動向についての見通しがあるからでしょう。

今後の対応については、次の点が焦点です。
@ 感染防御の観点からどうするか。
A 感染した場合にどうするか。

@ 感染防御策については、まだ参考になる情報は少ないのですが、やはりマスクの機能強化を推奨する声があります。もはや不織布マスクだけでは足りないとの判断です。確かに、デルタ株による感染急増が起きているとしたら、これまでの感染防御措置では防ぎきれない場面が出てきているということになりましょう。





マスクによる感染防御は、接触する者すべてがきちんと装着していて初めて効果がでます。マスクをしていない者のそばに近寄ってはいけないのですが、これまでであれば、2m以内の距離に入っても自分がきちんとマスクをしていれば自分の吸い込むウィルスの量は感染に至らない量にとどまったのかもしれません、それで感染発症をまぬかれていたことがあったとしても、デルタ株の蔓延の下では、より少ないウィルス量で感染しますから自分のマスクだけでは感染を防御するに至らない可能性が出ます。

ただ、新コロナウィルスは、旧株でもデルタ変異株でも大きさは変わらないはずですので、不織布マスクをきちんと装着していれば、一定の防御機能はあります。



自分の出会う人がすべてしかるべき機能のマスクを適切に装着していればよいですが、それが期待できないとなれば、自分のほうのマスクの機能を上げるしかありません。普通のサージカルマスクから高機能のKF94にグレードアップするなどの対応です。

A 感染した場合には、基本的に自宅療養とする国の方針が出ています。状態が悪化してもおそらく病院に入れることは望みがたくなると思います。医師の治療は受けられないと考えておいたほうがよいでしょう。

そうなると、自己判断の服薬などを行うかどうかという問題になります。この点については、抗ウィルス薬のイベルメクチンが候補の筆頭になるでしょう。(イベルメクチンに関する情報はこのブログの中に豊富に蓄積してあります)

管理人は、このような事態を念頭に置いてイベルメクチンの情報を収集し、現物の入手にも努めてきましたが、ここまで事態が悪化することはなかろうと思っていただけに大変ショックを受けています。読者には、早い方には半年前にイベルメクチンの利用について情報を流したのがせめてもの慰めです。

まずは、明日以降、巷にはデルタ株ウィルスが溢れているとの前提で、マスク着用の強化と距離、換気の確保を図ることにします。防護手段の強化については、引き続き情報を集めていく予定です。

以下に掲げた集団感染事例は、やはりデルタ株の感染力の強さを物語っていると思います。






posted by ZUKUNASHI at 21:59| Comment(0) | Covid19

A Five-day Course of Ivermectin may Reduce the Duration of COVID-19 Illness




A Five-day Course of Ivermectin may Reduce the Duration of COVID-19 Illness


We would like to thank you for sending us the letter from Dr Ajay Kumar Shukla and Dr Saurav Misra related to our article entitled “A five-day course of ivermectin for the treatment of COVID-19 may reduce the duration of illness” published in the International Journal of Infectious Diseases (Ahmed et al., 2021).

This pilot study was performed to evaluate the rapidity of viral clearance and safety of a 5-day course of ivermectin or a single-dose of ivermectin + a 5-day course of doxycycline in the treatment of mild COVID-19 in adults.

The letter states that any significant antiviral activity is unlikely to achieve the dose used in our study and the resultant plasma concentration of the administered ivermectin. In response to the letter we intend to make few comments.

We agree with Shukla and Misra, that in vitro studies showed antiviral activities of ivermectin in such a high plasma concentration which cannot be achieved through therapeutic dose in vivo. In this connection, firstly, we like to state that in vitro and in vivo studies of same drug may differ in various aspects.

Viruses are known to have high rates of replication and therefore, one day dose of ivermectin, is unlikely to have sufficient effect since half life is around 20 hours (González Canga et al., 2008). To maintain an effective concentration of ivermectin in the body we decided to give ivermectin single dose for 5 days.

The highest dose of ivermectin that we have used in our study is 12 mg (200 μg/kg) once daily for 5 consecutive days which showed significantly shorter time of viral clearance. Virological clearance was earlier in the 5-day ivermectin treatment arm when compared to the placebo group (9.7 days vs 12.7 days; p = 0.02), but this was not the case for the ivermectin + doxycycline arm (11.5 days; p = 0.27). Similar to this, clinical trial with the 3-day once daily dose of 400 μg/kg oral ivermectin on dengue patients has been proved to be safe and accelerated clearance of nonstructural protein 1 of dengue virus (Suputtamongkol et al., 2021).

In response to Shukla and others’ comment on other retrospective studies that showed no improvement in microbiological and virological clearance, we like to state that pooled analysis of 6 studies of ivermectin on COVID-19, which includes our studies showed that ivermectin administration significantly shortened the time to negative COVID -19 RT-PCR results (p = 0.007) (Hariyanto et al., 2021).

Besides, we like to state that ivermectin is a multifaced medication with anti-viral as well as anti-inflamatory and anticancerous properties. Studies of ivermectin have reported potential immunemodulatory functions of the drug, which have been hypothesized to be beneficial for COVID-19 infection (Zhang et al., 2008, Ci et al., 2009, DiNicolantonio et al., 2020). We cannot rule out the effect of immunomodulatory function of ivermectin that could be present in vivo and play synergistic role with antiviral properties of the medicine.

At last, we agree with the WHO recommendation that Shukla and others mentioned in their letter. As mentioned in the ‘Discussion’ section, we also think that a larger randomized controlled clinical trial of ivermectin treatment is warranted to validate these important findings.

Funding Source: The study was funded by the Beximco Pharmaceuticals Ltd. (BPL). icddr,b also acknowledges the governments of Bangladesh, Canada, Sweden and the UK for providing institutional support.


International Journal of Infectious Diseasesに掲載された「A five-day course of ibermectin for the treatment of COVID-19 may reduce the duration of illness」と題した論文に関連するAjay Kumar Shukla博士とSaurav Misra博士からの手紙をお送りいただき、感謝申し上げます(Ahmedら、2021年)。

このパイロット試験は、成人の軽度のCOVID-19の治療において、イベルメクチンの5日間コースまたはイベルメクチンの単回投与+ドキシサイクリンの5日間コースのウイルスクリアランスの速さと安全性を評価するために実施されました。

この書簡では、有意な抗ウイルス作用は、我々の試験で使用した投与量と、その結果としての投与されたイベルメクチンの血漿中濃度では達成できないだろうと述べています。この手紙に対して、私たちはいくつかのコメントをするつもりです。

我々はShuklaとMisraの意見に同意します。in vitroの研究では、生体内の治療用量では達成できないような高い血漿濃度でイベルメクチンの抗ウイルス活性が示されました。これに関連して、まず最初に、同じ薬剤のin vitroとin vivoの研究は様々な面で異なる可能性があることを述べたいと思います。

ウイルスは複製速度が速いことが知られており、半減期が約20時間であることから、イベルメクチンを1日で投与しても十分な効果は期待できません(González Canga et al., 2008)。体内のイベルメクチンの有効濃度を維持するために、イベルメクチンの単回投与を5日間行うことにした。

今回の研究で使用したイベルメクチンの最高用量は12mg(200μg/kg)を1日1回、5日間連続で投与したところ、ウイルスクリアランスの時間が有意に短くなりました。5日間のイベルメクチン投与群では、プラセボ群と比較してウイルスクリアランスが早かったが(9.7日 vs 12.7日、p = 0.02)、イベルメクチン+ドキシサイクリン投与群ではそうではなかった(11.5日、p = 0.27)。 これと同様に、デング熱患者に対してイベルメクチン400μg/kgを1日1回3日間経口投与した臨床試験では、安全性が高く、デング熱ウイルスの非構造タンパク質1のクリアランスが促進されることが証明されています(Suputtamongkolら、2021年)。

Shuklaらが微生物学的およびウイルス学的なクリアランスの改善が見られなかった他のレトロスペクティブ研究についてコメントしたことに対し、我々の研究を含むCOVID-19に対するイベルメクチンの6つの研究のプール解析では、イベルメクチン投与によりCOVID -19のRT-PCR結果が陰性になるまでの時間が有意に短縮されたことを述べたいと思います(p = 0.007)(Hariyanto et al., 2021)。

また、イベルメクチンは、抗ウイルス作用だけでなく、抗炎症作用や抗がん作用もある多剤併用型の薬であることを述べたいと思います。イベルメクチンの研究では、この薬の潜在的な免疫調節機能が報告されており、それがCOVID-19感染症に有益であるという仮説が立てられています(Zhangら、2008年、Ciら、2009年、DiNicolantonioら、2020年)。我々は、イベルメクチンの免疫調整機能が生体内に存在し、この薬の抗ウイルス特性と相乗的な役割を果たしている可能性を排除することはできません。

最後に、Shukla氏らが手紙の中で述べたWHOの勧告に同意します。また、「考察」の項で述べたように、これらの重要な知見を検証するためには、イベルメクチン治療に関するより大規模な無作為化比較臨床試験が必要であると考えています。

資金提供者 本研究は、Beximco Pharmaceuticals Ltd.(BPL)から資金提供を受けています。(icddr,bは、バングラデシュ政府、カナダ政府、スウェーデン政府、英国政府からの組織的支援にも謝意を表します。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 17:01| Comment(0) | Covid19

イランの指導者は率先してひげを落とさないといけないだろう



イランは感染者が増えています。こういう立派な髭の上にマスクをしても効果は期待できないでしょう。
軍人や政府の要人に感染者が出ているのは、伝統を守っているからです。そこは意識の切り替えが必要でしょうが。

posted by ZUKUNASHI at 16:27| Comment(0) | Covid19

ファイザーが2020年に日本の保健当局に提出した架空のmRNAワクチンの配布と廃棄を含む動物実験の結果の要約


この記事の前半のみをGoogleで翻訳

概要

ファイザーが2020年に日本の保健当局に提出した、架空のmRNAワクチンの配布と廃棄を含む動物実験の結果を要約します。この研究が、血液凝固やその他の副作用の深刻なリスクをどのように明確に示しているかを示します。その後の臨床試験でこれらのリスクを監視および評価できなかったため、非常に怠慢なレビューメカニズムと緊急使用許可が組み合わされて、前例のない健康災害が発生することが予想されました。

1はじめにと背景

COVID mRNAワクチンの毒性に関する重要な考慮事項は、他の薬剤と同様に、体内の正確な分布と滞留時間を知ることです。薬物動態の分野で扱われるこれらの問題は、通常、医薬品開発中に注意深く精査されます。初期の薬物動態および毒性試験は動物で実施されます。結果が良好な場合は、少数の人間のボランティアに対して同様の実験が行われます。これらの予備研究が成功裏に終了した後にのみ、問題の薬物またはワクチンが望ましい臨床効果を有するかどうかを決定する実際の臨床研究が承認されます。

いわゆる緊急事態への突入とCOVID-19ワクチンの開発と承認における深刻で体系的な過失のために、それらの薬物動態に関する私たちの知識はやや大雑把です。一般に公開されている詳細な動物実験は、ファイザーワクチンに関するものだけです[1、2]。このデータは、ファイザーが日本の保健当局にワクチンの緊急使用許可を申請する際にその国に寄託した後、一般に知られるようになりました[*]。これらのデータは、特に投与後の体内でのワクチンの生体内分布と代謝に関するものです。完全または適切とはほど遠いものの、この文書には広範囲にわたる影響があります。ファイザーとこのデータを知らされていた当局は、臨床試験が始まる前でさえ、ポストの深刻なリスクを認識すべきだったことを示しています。 -ワクチン接種の有害事象。それにもかかわらず、ファイザー自身の[その後の]臨床試験は、[日本の当局に提出された作業から]すでに明確に強調された臨床リスクのいずれも記録できず、規制当局は適切な監督基準を適用していませんでした。人口に最大の被害をもたらしたのは、この二重の失敗でした。

この研究とその意味を詳細に説明する前に、ファイザーのmRNAワクチンの操作のメカニズムを簡単に調べます。これらの説明はModernaのmRNAワクチンにも当てはまりますが、AstraZenecaとJohnson&Johnsonのワクチンはいくつかの点で異なります。

ファイザーとモダーナのmRNAワクチンは、通常コロナウイルスの表面に見られるSARS-CoV-2スパイクタンパク質をコードする合成メッセンジャーRNA(mRNA)で構成されています。このmRNAは、合成脂質(脂肪に類似した分子)の混合物でコーティングされており、体内での輸送中に保護し、エンドサイトーシスのメカニズムを通じて標的細胞への吸収を促進します。

ワクチンが細胞に入った後、それは最初に膜小胞、細胞膜から分離した小さな泡に囲まれています。その後、この気泡内に酸が蓄積すると、脂質が除去され、mRNAが細胞質ゾル(細胞内液)に放出されます。この放出は、カチオン性脂質ALC-0315によって促進されます(以下を参照)。次に、mRNAはリボソーム(細胞の小タンパク質工場)に結合し、スパイクタンパク質の合成を誘導します。これらのスパイクタンパク質のほとんどは、細胞の外表面に輸送されます。

細胞の外面に到達すると、スパイクはBリンパ球(B細胞)によって認識され、それに対する抗体の産生を開始します[**]。さらに、スパイクタンパク質の一部は、細胞表面に存在するプロテアーゼによって切断され、細胞から放出されます。これが血管内​​腔内で発生した場合、放出されたフラグメント(S1と呼ばれる)が血小板(血小板)に結合してそれらを活性化する可能性があります。このように、スパイクタンパク質は血液凝固を直接促進します。

細胞内で合成される他のタンパク質と同様に、少数の分子が断片化され、その断片は特定の担体タンパク質(HLA-)によって細胞表面[外部]に運ばれます。このメカニズムの目的は、免疫監視を活性化することです。免疫系が「その」[「自己」]として認識しないように見えるタンパク質の断片が現れるとすぐに、そのタンパク質と産生細胞に対して免疫応答が活性化されます。それ。この応答は、細胞傷害性Tリンパ球(CTL、Tキラー細胞)によって媒介されます。

細胞毒性反応を活性化する際に、免疫系は真のウイルス感染とmRNAワクチンの発現を区別しません。スパイクタンパク質フラグメントが[外面]細胞に現れ続ける限り、キラー細胞はその仕事を続けます

ワクチンが血管の内側を覆う細胞(内皮細胞)で発現している場合、免疫攻撃によって引き起こされた血管病変も血液凝固を引き起こします。したがって、ワクチン接種後に血液凝固を引き起こす少なくとも2つの異なる経路があります。
posted by ZUKUNASHI at 15:48| Comment(0) | Covid19

どんな職業、年代に感染者が多い? 東京都7月

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/info/todokedehcyouseisya.files/7-0802.pdf をもとに集計





表の一番上「--」は記載がないもの。職業を問わず感染です。男女を通じて20代の感染が多い。若い人は感染しても軽く終わるとの不正確な情報が浸透しています。
posted by ZUKUNASHI at 09:39| Comment(0) | Covid19