ずくなしの冷や水

2021年02月28日

これは卓見

鳩山友紀夫(由紀夫)Yukio Hatoyama@hatoyamayukio氏の2021/2/28のツイート
安倍・菅政権では政権を忖度する官僚は出世して、国民を思う官僚は自殺に追い込まれた。ただ私の時は、政権に逆らいアメリカを忖度した官僚が出世した。要するにアメリカを忖度する自民党を忖度する官僚が出世コースに乗るのだ。これが政官業の癒着を生み、多くの国民が蚊帳の外に置かれる仕組みだ。

・・・引用終わり・・・

日本の大企業の多くが米国からの投資を受けています。取引も米国との間のものが大きい。

防衛省が、すでに時代遅れの戦闘機、しかも欠陥機を1機147億円で数十機も買う。

日本のメディアが、米国の立場を宣伝する情報の二番煎じを伝える。

みんなそういうことです。
posted by ZUKUNASHI at 22:46| Comment(0) | 社会・経済

歩く楽しさ歩ける喜び 2020年冬

2021/2/28、好天で出かけました。今日も集団感染現場巡り?  いいえ、今日は格調高く市川市を流れる大柏川の源流を訪ねる空間線量率測定の旅です。

徘徊コース


今日は放射能測定器を携行しました。電車の中で電源を入れました。

12:40 目的の駅で下車。13:30には馬込沢の駅に着いています。

年配者の集団感染があったカラオケ喫茶。


ここから船橋市の北の境を東に歩きます。
お風呂屋さんが開店の準備をしていました。珍しいです。

公衆浴場は、生活に欠かせない必須サービス。都市部ではだいぶ減ってきて困っている人も多いと聞きます。ぜひ頑張ってほしい。

面白いのは、お風呂屋さんの入口前に飲食店街ができていました。


営業時間短縮の店もあります。


公園で昼食。今回は友人が巻き寿司を作って持ってきてくれました。このまえチラシ寿司を激賞したら本人気をよくして新たな挑戦。どんどん木に上らせます。



14:40ころは住宅街の中の道を歩いていました。

道端に何か物を並べる台があり、女性が出てきて容器のふたを開けました。なんだろうと視線を向けると、ピーナツペーストが入っているような薄いプラスティックの器に入ったカブトムシの幼虫を売っていました。オスとメスのつがいで買い求めました。300円。孫娘にやるつもりですが、親が世話するだろうか。成虫になるまで面倒を見るのも大変。

農協系の野菜販売所でメダカを容器に入れて販売していたりします。いつも世話が大変と思いとどまりますが、カブトムシの幼虫はペーストを補充してやるだけでよいとのことで決断しました。

息子にオファーしたら、孫が「幼虫は嫌いだけど、成虫は好き」との微妙な回答だったと。

大きな新しい建物。自家発電装置があります。建物は工場かと見まがうほどに大きい。老人介護施設だそうです。この辺にも増えています。






15:49には、鎌ヶ谷大仏駅の少し北の林にいました。16時前は鎌ヶ谷大仏駅の近くか構内。少し高い値が出ていますが、何かが飛んで来たのでしょう。

今日、この地域を歩いていて、低地の住宅の間を流れる河川に気づきました。
地図を調べると、河川がこの地域の中をぐるっと回っています。そしてそれは馬込沢駅の近くを通り、その先は暗渠になり、鎌ヶ谷グリーンハイツの近くで大柏川に合流しています。

地点A

木下街道の裏道と川が交差している地点。この裏道は日中は車の数は少ないのですが、平日朝は渋滞するそうです。新コロナウィルスで車通勤の人も増えているはずです。

地点B

ここは、高台の谷間になっています。地点Bから木下街道のほうに坂を上がってきて見下ろしたところです。

黄色い線の先に大きな夏みかんが落ちていました。この画像の黄色の線に沿ってあそこまで転がっていました。

この川に沿った地帯は氾濫の被害を受けたことがあり、ハザードマップに表示があります。

北習志野より東では地域の河川は桑納川を経て花見川に流れ込みます。新京成の線路が分水嶺を通っているようです。


16:50電車乗り換え
4時間半の平均で0.115μSv/h。私の家の中より0.06μSv/h高いだけです。測定器は地上1.2mほどの私のリュックの中。私の体で遮蔽されている分もあるはずですが、どれほどかはわかりません。

上のグラフを作成したシステムは、WINDOWSのタブレットパソコンとGC10を組み合わせたポータブル型です。電池は4時間半持ちました。十分な時間です。

この機器セットをリュックに出し入れする際などにケーブルが緩んだりして測定が途絶えることがありましたので、ケーブルをグルーガンで固定させるようにしました。それでも手が画面に触れると不要なウィンドウが現れますので、タブレットパソコンのみを薄いケースに入れるか、二つ一緒にケースに収めるかさらに工夫します。


2021/2/21、温かくなったので出かけました。

途中からシャツを腕まくりしてビタミンDを補給。飲み物に酸っぱい果汁。

そうそう、亜鉛のサプリメントは人によって顕著な効果があります。友人から亜鉛のサプリを追加で所望されました。老眼の進行により物がずれて見えることがなくなったと言っています。

イベルメクチンは、私は1月中旬から2回服用しています。特に変化なし。やばいかなと思ったときに呑んでいると大体1か月に1回(12mg、体重での基準量は18mgなのでこれより少ない)から1.5回になりそうです。

先週は梅が咲いていましたが、今週はしだれ梅も咲いています。


歩いていて感じますが、林の木が切り倒されています。住宅建設もありますし、ソーラー発電所もあります。ソーラー発電所は比較的容易に開発許可が出る?


こんな道を歩いています。やはり春の雰囲気はしっかりと感じられます。梅の香り、ぢんちょうげの香り、何か知らない花の香り。


この先で若い女性が荷物を手にして小川の土手を行ったり来たりしています。何しているんだろうと遠くから眺めていましたが、近づいてきたところで話しかけるとカワセミを見ていたと。あっちに行ったりこっちに行ったりで追っていたら疲れたから帰ると。

大王松ダイオウマツです。松ぼっくりが大きい。


今日は往復ともに電車が空いていました。皆さん、どうされているのでしょう。せっかく良い天気なのに自粛に協力? スーパーの駐車場も混んでいませんでした。

今日は高空に飛行中の航空機が何機も確認できましたが、飛行機雲は見られませんでした。高空の気象条件、特に温度によって雲のでき方がまるで違います。

今日のコースです。12km。今日は裏が起毛のジャンパーを脱いで歩きましたが、汗をかきました。結構水を飲んでいますが、尿意を催さない。空気が乾燥しているのでどんどん汗が飛んでいきます。



2021/2/14、地震を逃れて郊外に出かけました。今日は天気も良く、寒からずで快適に歩き、10.9kmの距離が出ました。



この地域は、昔自転車で走り回ったところです。自転車なら10kmなんて1時間ですけどね。歩くと3時間、道草を食うと4時間かかります。

今日はロードレーサーに乗った若い人をよく見かけました。

八千代緑が丘の駅前から愛生グリーンプラザ八千代の建物が見えます。ここでは集団感染がありました。


八千代市の新市街地を抜けると田や畑が残っていますが、やはりそこここで開発が進んでいます。
途中、連れの友人が畑わきの道路でフキノトウを見つけて採取しました。農薬を撒くような場所ではありません。放射能濃厚汚染地帯ですが、1個2個食べる程度ならまあいいかと制止しませんでした。

次の建物は、最近集団感染があった八千代市小池の小池更生園 。かなり昔からここにあって道路からよく見えたことから印象に残っています。

ここで一休みしましたが、墓地の中にもベンチが見えません。水路脇の排水桝の蓋に腰かけて水を飲んだりしていると脇を中高年の男女3人が通っていきます。

3人の中の一番若く見える中年女性がこちらを見ながら通り過ぎました。あれっ、この人たちどこに行くんだろう。農業用排水路に沿ってずんずん歩いていきます。



この先はこんな感じです。墓地の周りを周遊する? 道がないが。


地図をじっくりと眺めました。八千代市営霊園とある場所が私らの休んでいたところです。

排水路は神崎川に流れ込んでいます。そこには橋はありません。野草摘みには少し早い。どこへ行ったんだろう。川の向こう側の集落に用があったことは確実です。

排水路の延長線の先に老人介護施設があります。

3人のうちの中高年男性はこの介護施設の従業員、連れの二人の女性は介護施設に入るには歩き方からしてまだしっかりしていますからおそらく従業員希望者。

小池更生園から出てきたのならこちらには来ないでしょう。広い道路を通ります。私の座っていたところから川向こうの介護施設に行くためには排水路沿いで行くと距離で100m短いのです。

では出発点はどこか。小室駅ですと北総開発鉄道添の歩道を行くでしょう。つまり近くで落ち合ったのです。福祉施設に勤めるならこの辺にはいくつか施設があります。誠光園もありますし、国道16号の西側にはエスポワール船橋という老人介護施設もあります。

おそらくこれらの施設から出てきたのではないかというのが私の結論です。

ただ、介護施設は送迎用の車両を何台も持っています。なんで2km近い距離を歩いて行ったのかは、まだ疑問として残っています。

徘徊時には、こんな風に頭をひねることも多いのです。しばらく前にも、大学の教員をしている年配女性とお話しし、会話を後で思い起こして何をしておられる方かと、推測するのに時間がかかりました。

人と話せなくなって徘徊の楽しみは半減しました。

2021/2/11も出かけましたが、風が強く、気温も上がりませんでした。梅の花が咲いていましたが、撮影が難しいです。歩き疲れただけでした。

2021/2/7、今日も良い天気で孫が凧揚げに来ました。3時間立ち続けていたら腰が痛いです。ブラブラ歩いて立ち止まっているのは、歩き続けるより疲れることを知りました。

年末に買ってあった洋凧はよく上がりました。でも日本凧と違って簡単に上がるので面白味はないです。孫と一緒に凧作りも良いと思いますが、あと何年自分の手先が動くのか心配な面も。

息子の配偶者といるところに知人が通りかかりました。
「声かけちゃ悪いかと思ってどうしようかと迷ったわ」
私が子連れの若い女性とデートする? ちょっと考え難いし、もしそれなら知人と会いそうなこんなところに来ませんよ。

息子の配偶者が私の知人との関係を察してあいさつしました。そばに孫がいたのですが、知人は目もくれず。その人の娘は一向に結婚する気配がなくて、他の人から孫の話を聞かされると腹が立つと以前に言っていました。

その気持ちはよくわかる。でももうあきらめたのでなかったのかな。ふつうは、孫のほうに関心を寄せて、「あら、おじいさんに似たのかな、体格いいわね」とかいうのが一般的ですよね。

2021/2/6、好天で気温も上昇。海の近くへ出かけました。山茶花も終わりかと知られざる名所を訪ねると、バリバリという轟音が聞こえます。近づくと建物を解体していました。



あれれ、ここにはモダンな場外舟券売り場があったはず。昔の記事を探すとありました。

2007年04月29日
ボートピア
競艇の場外舟券売り場です。最近は「ボートピア」と呼ぶようです。


なかなかモダンな建物で建設中は何ができるのかと訝しく思いつつ見ていました。2006/9に開場していますが、それまで反対運動を刺激しないよう近くに住む人もわからなかったとか。
内部では大型スクリーンが、江戸川競艇と平和島競艇を実況しています。舟券は競馬場と同じくマークシートに記入して機械で購入します。競馬に比べて、入場者がじっくり、落ち着いてレースを楽しんでいるような感じを受けました。

片側に4階建てのような建物が見えます。これも解体中です。こんなのあったかな。


Googleのマップで空から見ると

立体駐車場のようです。

2020/7に閉鎖したようですから建設して14年で取り壊しです。駅前にはここに向かう人のために警備員が立っていましたし、津田沼との間に専用バスが走っていたはずです。

でも、ボートレースねぇ・・・。レースでカネをすって場外売り場ならお土産に新コロナウィルスをもらいかねませんからね。廃止決定時期からすると、新コロナウィルス以前から計画されていたようですが。

歩きやすさからブランド品のスニーカーを使っていましたが、昔、怪我をした足の靴が偏減りして歩きにくくなりました。1万円も靴に出せないのでホームセンターで2000円台の靴を購入して、長く歩くときは靴下を2枚はいています。これで8km、10kmと歩くのです。

歩けます。助かった。

この再生エネルギー装置、これも14年前くらいからありますが、よく壊れています。風車はなくて太陽光パネルが2枚つけられたところも。


アフリカ系の若者が音楽をかけて踊っていました。

1万歩ほど歩いたところで友人が持ってきてくれた稲荷寿司を食べました。隣に高校生くらいでしょうか女の子がいましたので勧めると受け取ってくれました。

友人は、めきめきと料理の腕を上げています。見栄えはよくないけれども食べやすい味。

幕張の駅前です。ちょっと海外のような雰囲気があります。


2021/1/31、市川市北部と松戸市南部を歩きました。歩行距離7.2km。少し寒かったですが、集合住宅の多い市街地は風が弱くて苦になりません。

高塚住宅、梨香台団地を通りましたが、松戸は公団住宅が多い。そして高齢化が顕著です。

東松戸病院 以前はどうだったのかわかりませんが、現在は老人病院になっています。介護施設併設。正式名:松戸市立福祉医療センター


隣に民間の有料老人ホームがあります。入居一時金約2500万円、後、介護費用や健康管理費用、食事代が別途必要です。


高塚団地の側から写しています。高塚団地はエレベーターなしの5階建て。上の階は年寄りにはきつい。


梨香台団地で珍しい光景に出会いました。団地の老人たちが陽だまりに集まって談笑していたのです。外国では、道端に椅子を持ち出して日がな通りを眺めたり、知り合いと話をしている老人たちをよく見ますが、日本ではなかなか見かけません。次の画像はとても珍しい。

ダウンジャケットのようなものを着て、野球帽をかぶり、マスクをして万全の態勢で臨んでいます。

そしてこの画像の左上に2階のベランダが写っていますが、爺さんが干し物をチェックしています。そんなことはまあ当たり前なのですが、次々にベランダに出てくるのが爺さんばっかり。ばあさんも一人見かけましたが。正面に見える部屋数はこんなに多かったのです。


そして、ここの広場のベンチには、吸い殻入れの空き缶が置いてありました。私にとってはありがたい配慮。喫煙可のサインでもありますのでね。

年配者が多いのかな、広場の周りの商店はほとんどが閉まっています。友人が日曜だから閉まっているんだと言いますから、そうかな〜? そんなに先進的な商店街なのか? と改めて見回すと看板に名前が書いてあるものは、薬局と整骨院と介護サービスの三つだけでした。まあ、そのどれも閉まっていましたが。


公団住宅の商店街は、どこも開いている店が少ないです。豆腐屋さんやクリーニング店がやっていたりするところもありますが、この梨香台団地は近くにクリーニング屋さんもあるでしょう。

1km弱離れたところにスーパーがあります。薬はできるだけ近くで買えたほうがいいですよね。それに接骨院は整体でしょう。あと介護サービス。どれも老人には欠かせない、利用度の高いものです。

じゅんさい池まで歩き、北総開発鉄道で帰りました。


今日のコースです。この地域は、福島第一原発事故で放射能汚染が濃厚に生じた地域です。何年か前に国分小学校の近くのブロック塀の上で私が測定した中では最高値の一つを経験しています。



たびたびは行きたくはないし、今回も測定器は持参しませんでした。でも、街は何事もなかったかのように開発が進み、人々は子供を作って暮らしています。さっと通り抜けるだけなら原発事故の影響は見えません。

介護施設見学を続けているうちに、よほどカネがあれば別だが、とにかく介護を受けなくて済むようにする。これがこれからの我が人生最大の課題だと思うようになっています。

2021/1/22、気温が上がる見込みでしたので介護施設巡りに出かけました。最近集団感染が発生した市川市の介護施設をいくつか訪れる予定でした。駅から歩きだして以前訪れたことのある豚舎の跡地にこぶしとすずかけの大きな木があったところは、家庭菜園になっていました。朽ちかけた豚舎が一部残っています。


そしてそこに入る細い道のわきの丘が丸坊主になっていました。千葉県北西部の開発意欲は旺盛です。

グレースケア市川は、建設されてからかなりの年数が経過しています。私が徘徊を始めたころ、なんでこんな畑の向こうの奥まった所に建てたのだろうと疑問に感じたことを覚えています。

この日は、これ以外にも2か所介護施設を回りました。どれも前から所在は知っていましたが、改めて集団感染の場だと思って眺めると入居している老人たちの息遣いやうめきが聞こえてくるような気がします。

2021/1/14、年が変わってからずーっと自粛していましたが、天気が良く気温が上がりそうだったので出かけました。千葉市の秘境探訪です。人がいなく、車の往来も少なく、空気のきれいなところを求めて出かけると行く先は限られてきます。

この日から放射能測定器を携行しています。

電車の中で青年作業員が身に巻き付けるようにしているものが何かわかりますか。これは電車のシートです。薄くて軽いのですが、これであなたの体重を支えているのです。裏側まで汚れていますが、これはクリーニング済で交換に行く途中だろうと思います。とても合理的にできています。


小さな飲み屋の入口ドアーに2/7まで休業すると張り紙。カラオケが売り物のようです。カラオケ営業を続けていたら経営者まで感染しますよね。小さな飲み屋さんは、休業して補償をもらったほうが良いかもしれません。


2019/10に発生した千葉市緑区誉田町のがけ崩れは、約1年半経過してようやく復旧作業が始まりました。階段工を作っているようです。


瀬又の貝層と地図に表示があります。一番上の表土が土色ですが、1mほど下からは白っぽくなっていて貝類が含まれているようです。村田川を挟んだ急ながけになっていて近くに行けません。高倍率の望遠レンズがあればよくわかるでしょう。


日中は気温が上がりましたので、日の当たるところはダウンジャケットを脱いで歩きました。でも日陰には氷が残っています。


友人が撮影してくれました。おい! シャツが出ているぞ! 帽子もドゴール帽のはずが、型なし。ズボンがずり落ちそう。こういう肥満爺が新コロナウィルスに感染するとイチコロで逝くんですよね。そのほうが世の中のためかも。


これは神社の表参道です。こういう階段にもなっていない参道はよく見かけます。裏参道が舗装されて参拝者は車で来ます。


お参りしました。


1/14のコースです。ちょうど10km。下のほうにあるループは私が道を間違えたのです。友人にぐるーっと回らせられたとクレームをもらいました。この分が1kmですからコースとしては9km程度なのですが、2か所急坂を登らなければなりませんでした。これでふくらはぎに負担が。


午後4時半前にバス停についてバスで帰る予定が、足の痛みで乗り遅れ30分ほどロスしました。

電車は夕方の上りですが、そこそこ混んでいました。マスクをしていない若い人もちらほらと。千葉の感染者は簡単には減らないでしょう。

1/15、友人が風邪気味だというので、私もイベルメクチンの予防的服用を始めました。フルーツの香りが少し。苦味はなく呑みやすいです。これで私の知るイベルメクチンの服用者は、5人になりました。


2020/12/26、また出かけました。今日は年末年始の食料買い出し。野菜です。


輸送機関に乗る時間を減らすために8.8kmも歩きました。ほとんど街中です。


あまり物珍しいことはありませんでした。人家の玄関先にあった大きなヒイラギナンテン。



今年の徘徊はこれで終わりになるでしょう。年末年始に孫娘が凧揚げに来るかもしれないというので、フェイスシールド、不織布マスク何箱か、薬少し、そして新米を用意して押し付けます。全然喜ばないし感謝もされないんだけど。

連絡の取れない兄弟の一人の様子を知っているかと聞いたら、あいつは風来坊だとメールに書いてきました。Wanderer、vagabond?
まあ言われてみれば、そんな面もあるかも。それならそれでも私はいいと思うけど。

子供ができて3年も経つとこんな保守的な、安定志向の見方をし始めるのかと少し驚き。

2020/12/13、また出かけました。
花見川沿いの人通りの少ない側の道を少し歩いて、実籾に抜けるルート。釣り人が少しいました。ハゼを釣っています。一人の老人が見せてくれましたが何匹かがビクに。この時期、花見川の京葉道路の橋がある辺りまではハゼが上ると。

この日は、ちょうど枇杷の花が盛り。ヒサカキほどではありませんが、なかなか重い香り。こんなに香ることを初めて知りました。風がなかったため? サザンカの香りも。私の場合、以前より匂いに敏感になっています。

2020/12/6、少し風が冷たかったのですが、出かけました。途中で方針変更して帰れるように千葉市の町はずれを歩きましたが、久方ぶりにとても楽しい経験。

蘇我駅から歩き出しますが、極力坂の上りが緩やかな道を選んで東南に向かいます。高速道路に近づいたところの公園で一休み。高速道路の向かい側に淑徳大学があります。この公園には、草ぼうぼうの時に立ち寄った記憶があります。この日は整備されていました。



公園の向かいに懐かしい感じの家があります。


高速道路を渡ると淑徳大学。この前は何度か通っていて、知っていましたが、新コロナウィルス感染者が出てしまいました。


隣に大巌寺があります。境内内側から見た山門


市街地を抜けました。この近くに福島第一原発事故後、米軍が土壌調査のサンプルを採取した地点があり、2回ほど放射能測定に来たことがあります。




丘の下の道を歩きますが、すぐ飽きて台地の上に上がりました。ここは家庭菜園が多く、年配者がよく手入れしています。




野菜が好きな友人が虫食い穴だらけの葉に驚いていましたが、これのほうが安全なんだよな、と理解のある発言。


シロウトの耕す菜園としては、立派なものです。畑仕事をしていた老人に伺ったら、店に卸す方もおられるとか。農作業は楽しいよとおっしゃっていました。


雑木林 林の入口で私よりも年配と見える老人が車止めの石に腰かけ、林の空気は体にいいぞと教えてくれました。


住宅に付属した菜園で作業をしているご婦人がおられました。菜園の周りに菊が植えられていて盛りは過ぎていますが、その中に私の知らない緑濃い草花が1株。声をかけてお尋ねします。

うずくまっていたご婦人がこちらに近づいてきてくれました。
「何かわからない。私は全然手伝っていなかったから」、「私はこれだけ」と手先を合わせて小刻みに動かす動作をしました。
2年前に亡くなったご主人がもっぱら管理していたのだそうです。
「ここは前は家が建っていて、その後撤去した跡地だから土が浅くてダイコンはできないの。カブだけ。ここには60年住んでいるのよ。」
近くの林から落ち葉を持ってきてたい肥にしたら土が増えますよ。
御主人はそれもやっていたようでした。
「マスクはしないの?」
林で休憩した後でマスクを胸ポケットに入れていました。取り出して見せます。
菜園の作業の時は、マスクで酸素不足になることがあるので、今日のように少し風があればやらなくてもよいです。近所の人が寄って来て話しかけられそうなときにマスクをすればよいです。などと話しました。
ご婦人が私においくつなのと歳を問います。7*歳ですと正直に答えると、「私8*歳よ。」
(えーっ、とてもそんなお歳には見えませんよとのいつもの社交辞令がなぜか出てきませんでした。それだけ驚きが大きかった。私より一回り以上上なのですから)
この辺を歩いているわけを話したりました。するといろいろ話をしてくれます。
「・・・で・・えているんだけど、二人も・・・。送り迎えしてもらえるから・・。」
マスクをしているので話が聞き取れません。写真を撮らせてくれと頼んだら快く撮らせてくれました。いつか機会があればお持ちしますと告げて失礼しました。

街中のくねくねとまがった道をだいぶ歩いて都市緑化植物園に着きました。あまり花はありません。


バス停近くで良い香り。ヒイラギかヒイラギモクセイが花をつけていました。この香りは極上です。


さて、家庭菜園の手入れをしていたご婦人は、何をやっている方かわかりましたか?
帰路、会話を思い出しながら考えた結論。
あのご婦人は、淑徳大学で被服関係の講義をしているのです。8*ですが。年齢的な問題で大学が送迎してくれるのでしょう。撮らせてもらった写真を拝見しても品格がありますし、会話の展開を思い出してもとてもシャープでした。
年何回講義を持つているかわかりませんが、1時限90分程度でしょう。その時は小柄な方ですが、背筋を伸ばしてマイクを持って講義をしておられるはずです。写真を掲載すれば、あのご婦人に教わった方は、すぐ〇〇先生だと気づくでしょう。

徘徊時にいろいろな方に会いましたが、大学の先生は二人目でしょう。一人目は、川に入って底にある石を手にとっては裏返して見ていました。

最近は徘徊時に出会った人と話をしないようにしていますので楽しみはほとんどなくなりました。子供も集団の中で育まれるし、大人だって人との交流がなければ楽しくない。新コロナウィルスは本当に厄介な伝染病です。

posted by ZUKUNASHI at 22:17| Comment(0) | 日記

東京都の2021/1人口動態大幅悪化 超過死亡の多い都市はここ

2021/1の東京都の出生数6,952人、 死亡数13,141人。出生死亡比率0.53。



東京都全体で超過死亡が発生していることがわかります。4月、9月、12月は明白です。


小平市、国分寺市、西東京市


目黒区全域の数値を使用。


小池百合子は、とんでもない厄の神。出生数は2月以降さらに減るでしょう。死亡数はさらに増える可能性。

次は埼玉県北本市。2021/1の超過死亡が過去5年平均との比較で最大となりました。


posted by ZUKUNASHI at 11:16| Comment(0) | 福島原発事故

2021年02月27日

米軍がシリアでイランに支援された民兵を攻撃

RT2021/2/25
US strike in Syria at Biden's orders destroys 'multiple facilities' of 'Iranian-backed militia' - Pentagon
The US has targeted Iran-backed militia in Syria, the Pentagon confirmed, adding that the airstrikes were approved by US President Joe Biden and intended as reprisal for rocket attacks on US bases in Iraq.

“At President Biden’s direction US military forces earlier this evening conducted airstrikes against infrastructure utilized by Iranian backed militant groups in eastern Syria,” the Pentagon’s spokesman John Kirby said in a statement. The attack took place around 6 pm Eastern time on Thursday.

※ mko@trappedsoldier氏の2021/2/26のツイート
米軍は、イラクでISISと戦うために結成され、最も激しくテロリストと戦い、ISISを打倒したイラクのハシド・アルシャアビPMUを、シリアで空爆! 謎のエルビル・ロケット攻撃は、シリア空爆のための口実づくりだった? またニセ旗?

spriters@neccamc1氏の2021/2/26のツイート
Special resources for Sabrin News
The aircraft that carried out the bombing was an F15E
The bombs that were used in the bombing JDAM
下向きの三角形
Warplanes were refueled by a KC10 Douglas airborne aircraft over Anbar Governorate.
The bombing places reached 7 targets, 6 of which were emptied by the resistance factions due to the spy flights flying over the area.
The agent intelligence apparatus, under the shepherd's cover, explored the location of the bombing the day before, and this explains the Pentagon's statement that the bombing was carried out with the help of Iraqi intelligence sources.
The martyr fighter, Mr. Rahi Al-Sharifi, from the people of Al-Hilla, who was martyred at a checkpoint on the Syrian-Iraqi border to prevent the flow of ISIS gangs from the Syrian side as a result of the bombing of the American evil crows yesterday on the approach of Al-Qaim.

mko@trappedsoldier氏の2021/2/27のツイート
「シリア空爆の前にイラク軍と偵察情報を交換したという、米国防総省の声明に驚いた」―イラク防衛省が、国防長官オースティンの主張を否定した。アメリカは、「情報をもらい正確にターゲットを特定できた」とわざわざ発表。イラク内に疑心暗鬼と対立を起こそうという魂胆?
https://sana.sy/en/?p=224077
posted by ZUKUNASHI at 17:46| Comment(0) | 国際・政治

年始からの感染爆発は食品が原因? 飲食店の時間短縮は効果

2021年02月15日
自粛呼びかけだけでこれだけの効果? 食品が介在では?の続き

千葉県の感染者リストから年末年始の感染爆発時に、性別、年代別にどんな差があったかを見ます。社会の中軸をなす50代の男女。


驚くほどに男女のバランスが取れています。いやー驚きました。50代の夫婦は、年末年始、終始行動をともにしたんですかね。どこに行くのも一緒。感染リスクを二人で共同で負担した。1/5から感染者数が増えています。

もっと若い世代はどうでしょう。1/5頃から感染者が増えたのは同じですが、1月上中旬の感染者数の増加は男性が大きくなっています。男性たちは、新年会などを隠れてやった?


30代では男女の差がより小さくなっています。子供も小さく、男性はリスクのある行動を抑制せざるを得ません。


20代では、1/5、6頃の男性感染者数の増加が大きいですが、その後は男女間の差は大きくはありません。


10歳未満。感染者のピークが大人に比べて数日遅れていますが、基本的に大人たちの発症と同じような変化をたどっています。


次は60代。50代と同じように男女の動きが似ていますが、1/13にピークができています。これも前週辺りに行われた新年会の影響でしょうか。


70代になれば、外での行事はぐんと少なくなるでしょう。1/20のピークは介護施設の集団感染の発表ではないでしょうか。


80代、90代になると女性が多いですから感染者も女性が多くなります。そして介護施設などでの感染者が多くなります。




さて、各年代を見てきましたが、どの年代も1/5から数日の間に感染者数のピークができています。感染から発症まで4日から1週間、もっと長くかかる場合もありますし、発症しても検査で確定するまでにも時間がかかりますが。感染原因となる事象は12/31から1/1頃とみられます。

この時期、各ご家庭はどのように過ごされたのでしょう。客を招いてにぎやかに過ごしたご家庭はごく少ないはずです。静かに家族で過ごしたはずなのに感染者が出たということなら家庭内に原因があります。

それは何か? 家庭の外から持ち込まれたものです。そして殺菌なしで家族の体内に入ったもの、生ものを主体とした食品です。

無症状感染者を除いて発症日ごとの感染者を見てみます。上の総感染者の中に含まれます。発症日は、患者の申告です。

50代男性では12/29に最初のピーク、続いて1/3、4そして1/7です。女性は12/31、1/7、10、14です。


40代では男性に1/1にピークがありますが、その後1/12まで高水準で推移です。女性は1/5過ぎにピーク。








60代男性は、2020/12の下旬にピークが来ていますが、女性はやはり1/5過ぎです。


70代は集団感染の影響が大きく、職員の感染が先行しますから、下旬にピークが来ています。



2020年10月16日
乳児が新コロナに単独感染 どういうこと?
乳児が一人で出歩くことはありません。しかし、家族に感染者は出ていないようです。となると乳児の触ったものや食べ物が感染源として疑われます。

大江戸線の運転士39人集団感染で、保健所からは「歯磨きの際の唾液が付着した手で蛇口を触れたことにより、感染が広まった可能性が高い」との指摘を受けたとされています。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/79940
蛇口に触れた後どうやってウィルスが体内に入ったのかわかりませんが、経口感染の可能性があるとの見解です。

次は千葉県下の一家の皆さんとみられる方々の感染状況。お二人が1/9に発症しています。この5人の方の濃厚接触者として挙がっているのはこの5人の方だけで、他の方はおられません。



年末から年始にかけて世界の多くの地域で感染者が増加しました。キリスト教徒の教の多い地域では、クリスマスのミサや会食が原因となっているでしょう。次のグラフで1/1が新年ではない地域やイスラム圏では感染者が増えていません。ロシアも新年を迎える行事は簡素です。面白いことにアフリカ全体では日本と同じく2021/1/11がピークです。


感染者発生の動向は、その社会の慣習による人の動きが影響していますし、欧米や日本などのように老人介護施設が多く集団感染が発生しているところでは、その動向が感染者発生動向のブレを大きくします。

ベースは、職場や学校での他の者との接触と家庭内の接触です。

そこに何らかの社会的行事で人々の接触が増えると、感染者が感染者を生み、感染者が急増します。その中には病院や介護施設での集団感染が含まれます。

日本で1月以降感染者が急速に減少してきたのは、正月の人々の動きが終わったことが大きく、加えて飲食店の営業時間の短縮も影響しているとみられます。

感染者の再生産指数が論じられますが、あれは単にトレンドを見ているにすぎません。社会的な状況変化や特別に要因があれば、感染者が感染者を呼ぶ状況はすぐに変わります。

特別な要因として現在懸念されるのは、変異株の登場です。感染しやすく、子供もかかりやすいとされています。感染者を減らす方向での特別な要因は、言うまでもなくワクチンです。

ただ、千葉県下の感染者の発生状況を見て感じましたが、保健所などが取りまとめた感染者数は、感染者の拾い上げに問題があるように感じています。

実際にはもっと感染者は多いのではないかとの疑念です。

次の表に致死率(死亡者÷感染判明者)の数値を右側に再掲しました。北海道はすでに0.035ですから感染者100人中3.5人が死亡しています。この水準はエクアドルやメキシコ、エジプトを除くと世界でも最も高いレベルに属します。このことからすれば、日本の医療サービス水準が高いというのは事実ではない?。


本来、日本の感染者は把握されているものの何倍もいるということなら、致死率は下がります。いったいどっちでしょう。

上の表は人口当たりの感染者の数が多いものから並べています。欧米の国が上位に来ており、文明化、都市化した国ほど感染者率が多くなっています。一方、人口当たり死亡者数でみると、欧米の国と並んで中南米、中東の国が出ています。これはまさに医療の問題でしょう。ワクチンも経済的に低位の国には供給遅れが懸念されています。


日本は以前に比べてこの表の上位にじわじわと進出しています。

変異株の蔓延が見込まれ中、日本は先進国に伍していくことになるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 14:52| Comment(0) | Covid19

2021年02月26日

福島でピークが立っている 足立区でも 足利から?

福島県の測定ポイントでは、以前から0.2μSv/hの値を示すことがありましたが、2021/2/14以降、回数が増えている印象です。
F1から何十キロも離れていますので、影響があったとしても風向き次第。
管理人は、千葉県北西部でこれまでにない高い測定値が出ているのが気になります。







2021/2/24、足立区で0.03μSv/h高いピークが立ちました。


次の規制庁のサイトで確認できます。東京アメッシュではこの時間帯には降雨がないようですが、この測定ポイントの周りには建物などはないはずです。降雨にしてはピークが急角度ですぐに終わっています。

こんな風にして監視できます。

デスラーさんからの次のコメントで、足利の山火事がなお継続していることを知りました。

「栃木県の山火事にチェルノブイリ森林火災を彷彿させられるくらい恐ろしいかもと恐怖を抱いているのは、私だけではあるまい!!!」

出火は2月21日、もう5日も続いていますね。福島の十万山の山火事では、近傍の空間線量率が目に見えて上がりました。

2月22日、千葉県北西部や東京都の東部に設置したGC10使用の測定ポイントで0.006μSv/hほど空間線量率が上がり福島由来かと疑っていたのですが、足利市由来の可能性もありますね。



2017年05月10日
浪江町で山林火災 その5 自衛隊員の被曝回避のためロシアの放水用飛行機の救援を依頼すべき

2018年06月15日
こんなに遅れている日本
posted by ZUKUNASHI at 21:01| Comment(1) | 福島原発事故

福島県は新コロナウィルス感染者の致死率が高いようだ

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2021/2/4のツイート
福島県感染者少ないのに致死率どんどん上がっている。
致死率2.9%、100人感染したら3人は死ぬ。
医療体制貧弱であることが分かる。
これで適正な放射線の影響調査などできるわけもない。

・・・引用終わり・・・

福島県のサイトから
確かに陽性者の致死率2.85%です。


福島県の致死率は全都道府県の中で7位。原発の多い北陸3県も高い。

陽性者の捕捉が重症者に偏っている県、医療体制が十分ではない県、老人比率の高い県で致死率が高いということはありましょう。


そのほかに日ごろ原発から放出される放射性物質、あるいはF1事故で疾患を抱えている人が免疫力の低下で新コロナウィルスに感染すると亡くなることが多いという面があるのかどうか。

人が動くことの多い季節の節目に感染者が増えていることがわかります。春、お盆、年末年始。



福島県は千葉県に比べて中年年代の男女差が少ないです。


福島民友2021年02月26日 09時30分
280カ所1万5000人PCR検査へ 郡山市、施設クラスター受け
 郡山市は新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生を受け、市内にある高齢者施設など280カ所の職員、利用者約1万5000人のPCR検査を実施する。具体的な実施方法は今後となるが、市は各施設と連携して進める方針。
 市は、新たなクラスターが確認されたライフサポートハウス「喜楽」郡山とライフサポートセンター「家楽」くぼたの消毒作業を23日に終えている。喜楽では入居を続けていることから、県の感染制御チームなどから担当者の派遣を受け感染防止対策などを徹底する。
posted by ZUKUNASHI at 17:40| Comment(0) | 福島原発事故

海外ニュース 2021/2/26

Step on it! Russian diplomats forced to push trolley to depart from North Korea (VIDEO)
With borders shut tight due to the coronavirus pandemic, the diplomats from the Russian mission in Pyongyang had to saddle a handcar and push it all by themselves to make it home from North Korea.
豆満江にかかる北朝鮮とロシアを結ぶ鉄橋をトロッコを押して渡るロシア人外交官家族




鉄橋を渡り終えた地点から北朝鮮側に2qの地点に駅らしきものがありますからここからトロッコを押してきた。

北朝鮮はまさに未開発。極東アジアでは、一番自然が残されている。
このトロッコは北朝鮮が製作して提供したのではなく、ロシア人外交官が自分で作ったとのこと。 
この記事に付されたコメントが興味深いです。同感です。
Good parenting; Making a game out of hardship!

でも、北朝鮮側の協力がなければ、これだけしっかりしたものはできませんね。

Scammers offered ‘ghost’ vaccines to EU countries for 12.7 billion euros – anti-fraud body OLAF
詐欺師は、EU諸国に127億ユーロで「ゴースト」ワクチンを提供しました–不正防止団体OLAF
Amid a slow vaccine rollout in the European Union, several of the bloc’s member states say they were contacted by middlemen who offered to sell them some 900 million doses of Covid-19 jabs, EU anti-fraud agency OLAF has revealed.

The "alleged intermediaries" were asking for a total of 12.7 billion euros for the vaccines which they claimed to possess, OLAF said on Thursday.

European Commission President Ursula von der Leyen said last week that the EU was facing a “growing number of fraud and fraud attempts related to the vaccines.” She warned governments against purchasing shots from the black market and promised that the bloc was “fighting this trend.”

OLAF had earlier opened an inquiry into scam vaccine offers, saying that “many different forms” of them had already been encountered.

The fraudsters might try to sell vaccines illegally imported into the bloc, attempt to offer fake immunization, or provide some quality samples of the jab, but “vanish” immediately after receiving the first advance payment, the agency said.

The EU is purchasing its vaccines collectively, but member states are also allowed to sign deals on their own if they don’t contradict agreements negotiated by the European Commission – a window the perpetrators are trying to exploit.
欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は先週、EUは「ワクチンに関連する詐欺や詐欺の試みの増加」に直面していると述べました。とあります。まだ実害はないようですが、欧州はそんな風土です。

2021年02月26日
米軍がシリアでイランに支援された民兵を攻撃
これは展開次第によって大変なことになります。

Human guinea pigs for Big Pharma and rotten states. The sickening experiments fuelling vaccine scepticism among people of colour
以下日本語訳はgoogleによる機械翻訳のまま
ビッグファーマと腐敗した国のための人間のモルモット。 有色人種の間でワクチン懐疑論を煽る不快な実験
There’s much talk in the news of a low take-up in Covid vaccinations among people of colour in the US, UK, Africa and beyond. But it’s a scepticism born of horrific and shameful acts by governments and Big Pharma.

Well done, world. Less than a year into a global pandemic we now have quite the menu of vaccines to choose from, with hundreds of millions of doses already administered (albeit with around 75 percent of those jabs in just 10 countries).

The rapid development of the drugs has been hailed as one of the few successes of an otherwise – let’s be kind – clumsy global response to the coronavirus. Under-fire governments who supported this development, usually through large pharmaceutical companies or ‘Big Pharma’, have gladly welcomed such rare praise.

But there is still a hitch. For vaccines to work, enough people have to take them and, putting aside the inequitable distribution, the biggest hurdle here is scepticism.

Rational refuseniks

Scepticism is a broad church. Of course, you have the die-hard anti-vaxxers, for whom all inoculations range from pointless or dangerous to DNA-altering vessels for billionaires’ tracking devices. The more rational sceptics worry about the speed at which these particular vaccines were developed and approved. Some people just don’t like needles.

Most of these groups are so small that their reluctance is insignificant to the larger fight against the virus. But scepticism among many people of colour is most certainly not.

In the US, surveys have consistently shown black Americans as the racial or ethnic group least keen to take a vaccine. Black African populations, too, are highly suspicious.

In the UK, where more than a quarter of the population has already had its first dose, there are worries about the emergence of ‘vaccine poverty’, as areas with large BAME populations have a significantly lower take-up of the jab – leading politicians and celebrities from those communities to encourage people to get vaccinated.

Several explanations are given for this scepticism. Some cite religious beliefs, others a lack of access to information (or too much access to misinformation), and then there are those for whom a language barrier exists, particularly among older immigrants.

However, perhaps the most powerful explanation is that they simply don’t trust those much-lauded governments and Big Pharma. And with very good reason: a gruesome history of often lethal human experimentation on people of colour.

It's U.S. and them

The most infamous American example is the Tuskegee Study of Untreated Syphilis in the Negro Male. In 1932, the US Public Health Service duped over 600 poor black men into taking part in a study that it said would last for six months but which it stretched out for 40 years. A study that continued even when its funding was stopped.

Researchers told subjects that they would get free health care, but the 399 ‘volunteers’ who had latent syphilis were never told of their diagnosis, nor treated for it. The study led to the deaths of 128 men.

In a focus group run last year by a foundation that supports the US Food and Drug Administration (FDA), many black participants cited Tuskegee as a reason for their reluctance to take a Covid-19 vaccine.

"I firmly believe that this is another Tuskegee Experiment," said one.

Tuskegee is merely the tip of a nightmarish iceberg.

“Tuskegee shouldn’t be the first thing people think of,” Harriet A. Washington, author of the book 'Medical Apartheid', told TIME magazine in 2017. “It’s the example that the government has admitted to and acknowledged. It’s so famous that people think it was the worst, but it was relatively mild compared to other stuff.”
この懐疑論についていくつかの説明があります。宗教的信念を引用する人もいれば、情報へのアクセスの欠如(または誤った情報へのアクセスが多すぎる)を引用する人もいれば、特に年配の移民の間で言語の壁が存在する人もいます。

しかし、おそらく最も強力な説明は、彼らがそれらの高く評価されている政府やビッグファーマを単に信頼していないということです。そして非常に正当な理由があります:色の人々に対するしばしば致命的な人間の実験の恐ろしい歴史。

それは米国と彼らです

最も悪名高いアメリカの例は、黒人男性の未治療梅毒のタスキーギ研究です。 1932年に、米国公衆衛生局は600人以上の貧しい黒人男性をだまして、6か月間続くと述べたが、40年間続いたという研究に参加させました。資金提供が停止されても継続した研究。

研究者たちは被験者に無料のヘルスケアを受けると言ったが、潜在的な梅毒を患った399人の「ボランティア」は彼らの診断について知らされなかったし、治療もされなかった。この研究により、128人の男性が死亡しました。

米国食品医薬品局(FDA)を支援する財団が昨年運営したフォーカスグループでは、多くの黒人参加者がCovid-19ワクチンの接種に消極的な理由としてタスキーギを挙げました。

「これはまた別のタスキーギ実験だと確信している」とある人は言った。

タスキーギは悪夢のような氷山の一角にすぎません。

「タスキーギは人々が最初に考えるものであってはなりません」と、本「メディカルアパルトヘイド」の著者であるハリエットA.ワシントンは、2017年にタイム誌に語りました。「これは政府が認め、認めた例です。とても有名なので、最悪だと思われますが、他のものに比べると比較的穏やかでした。」

It also allows people to think that it was a one-off and that black people shouldn’t fixate on it. The truth is, this is something that has gone on for centuries.

Washington’s book discusses the work of James Marion Sims, the ‘father of gynaecology’, who used slave women and children in 19th century Virginia as human guinea pigs to develop medical treatments – treatments that were then only used to help white women, obviously.

The US even exported its human experiments on racial and ethnic groups.

Between 1946 and 1948 it infected prisoners, mental hospital patients, and soldiers in Guatemala with syphilis in order to test the effectiveness of penicillin.

In 1954, it began Project 4.1 – a medical study into the effects of radioactive fallout on residents of the Marshall Islands who were ‘unfortunate’ enough to be too close to the American ‘Bravo’ nuclear weapon test.

Many Marshallers believe it had nothing to do with luck and that their lowly world status and remote Pacific location made the islands perfect for a very deliberate experiment.

Africa: a living lab

Of course, American scientists and the US government are far from alone in this. Africa, for example, has long been used as a living lab by various governments, academics, and pharmaceutical companies.

The turn of the 20th century saw German ‘scientist’ Eugen Fischer conduct sterilisation experiments on native women in Namibia. You’ll be shocked to learn that Fischer later joined the Nazi party, eventually continuing his work on Jewish women in concentration camps.
また、それは1回限りのことであり、黒人はそれに固執するべきではないと人々が考えることもできます。真実は、これは何世紀にもわたって続いてきたものです。

ワシントンの本は、19世紀のバージニア州で奴隷の女性と子供を人間のギニアピッグとして使用して治療法を開発した「婦人科の父」であるジェイムズマリオンシムズの仕事について説明しています。

米国は、人種や民族グループに関する人体実験さえも輸出しました。

1946年から1948年の間に、ペニシリンの有効性をテストするために、グアテマラの囚人、精神病院の患者、兵士に梅毒を感染させました。

1954年に、プロジェクト4.1が開始されました。これは、アメリカの「ブラボー」核実験に近すぎるほど「不幸」だったマーシャル諸島の住民に対する放射性降下物の影響に関する医学的研究です。

多くのマーシャラーは、それは運とは何の関係もなく、彼らの低い世界的地位と遠隔の太平洋の位置が島を非常に慎重な実験に最適にしたと信じています。

アフリカ:生きている実験室

もちろん、アメリカの科学者とアメリカ政府はこれだけではありません。たとえば、アフリカは長い間、さまざまな政府、学者、製薬会社によって生きた実験室として使用されてきました。

20世紀の変わり目に、ドイツの「科学者」であるオイゲンフィッシャーが、ナミビアの先住民女性に対して滅菌実験を実施しました。フィッシャーが後にナチ党に加わり、最終的に強制収容所でユダヤ人女性の研究を続けたことを知ってショックを受けるでしょう。

In the 1970s, black women in Zimbabwe (when it was still called Rhodesia) who worked on white-run farms were forced to take part in trials for the birth-control drug Depo-Provera. The country also witnessed unethical human trials for the HIV drug AZT in the 1990s, as part of US projects funded by the Centers for Disease Control (CDC), the World Health Organization (WHO), and the National Institutes of Health (NIH).

HIV-positive Zimbabweans were recruited by American physicians and the University of Zimbabwe without informed consent for a study on mother-to-child transmission of HIV and AIDS. The women involved weren’t made aware of the potential risks, how a placebo works, or even that they might be given one, leading to an estimated 1,000 babies contracting HIV/AIDS.

Then you have the testing of the antibiotic Trovan in Kano, Nigeria, to assess its effectiveness against meningitis. Eleven children died in the trial – five after taking Trovan, six after taking an older antibiotic used as a comparison drug.

Others suffered blindness, deafness, and brain damage, which may or may not have been due to the trials. We’ll never know, because the Big Pharma company responsible settled out of court when sued by the Nigerian government (denying us the whole truth but giving off very guilty vibes), having been accused of conducting an illegal study with no permission from the children or their parents.

The name of the company? Pfizer. And you wonder why black Africans might be wary of a vaccine with that name on it.

1970年代、ジンバブエ(ローデシアと呼ばれていた)の白人農場で働いていた黒人女性は、避妊薬Depo-Proveraの試験に参加することを余儀なくされました。国はまた、米国疾病対策センター(CDC)、世界保健機関(WHO)、および国立衛生研究所(NIH)によって資金提供された米国のプロジェクトの一環として、1990年代にHIV薬AZTの非倫理的な人体試験を目撃しました。

HIV陽性のジンバブエ人は、HIVとエイズの母子感染に関する研究のインフォームドコンセントなしに、アメリカの医師とジンバブエ大学によって採用されました。関与した女性は、潜在的なリスク、プラセボのしくみ、さらにはプラセボが与えられる可能性があることさえ知らされていなかったため、推定1,000人の赤ちゃんがHIV / AIDSに感染しました。

次に、ナイジェリアのカノで抗生物質Trovanをテストして、髄膜炎に対する有効性を評価します。 11人の子供が試験で死亡しました–トロバフロキサシンを服用した後5人、比較薬として使用された古い抗生物質を服用した後6人。

他の人々は、失明、難聴、および脳の損傷に苦しんでいましたが、これは試験によるものである場合とそうでない場合があります。責任のある大手製薬会社がナイジェリア政府から訴えられたときに法廷外で和解したため(私たちに真実を否定しているが、非常に有罪な雰囲気を放っている)、子供たちの許可なしに違法な研究を行ったと非難されたため、私たちは決して知りませんまたはその両親。

会社の名前は?ファイザー。そして、なぜ黒人のアフリカ人がその名前の付いたワクチンに警戒するのか疑問に思います。

But surely no-one would consider making Africans guinea pigs for a Covid vaccine, right? Not in this day and age. Well, last April two French doctors suggested precisely that.

Speaking on French television channel LCI, Jean-Paul Mira, the head of the intensive care unit at the Cochin Hospital in Paris, said, “Should we not do this study in Africa where there are no masks, no treatment or intensive care, a little bit like it’s been done for certain AIDS studies, where among prostitutes, we try things, because we know that they are highly exposed and don’t protect themselves?”

Rather than being shot down, Mira was backed by Camille Locht, research director at France’s national health institute, Inserm, who replied, “You are right. And by the way, we are thinking in parallel about a study in Africa using this same approach.”

The cruelty and the cruel irony

It’s a staggeringly colonial attitude, but the issue isn’t confined to previous centuries. In India, more than two and half thousand people died between 2005 and 2012 as a result of dubious testing of unregistered drugs. It led the country’s Supreme Court to accuse the government in 2003 of "being negligent in curbing illegal clinical trials."

This also shows that the abuses aren’t always white-on-black. However, the relationship – the powerful using the powerless as lab rats – has exactly the same corrosive effect on people’s confidence.

しかし、確かに誰もCovidワクチンのためにアフリカ人のモルモットを作ることを考えませんよね?この時代ではありません。さて、去年の4月、2人のフランス人医師が正確にそれを提案しました。

フランスのテレビチャンネルLCIで、パリのコーチン病院の集中治療室の責任者であるジャンポールミラは次のように述べています。「マスク、治療、集中治療がないアフリカでこの研究を行うべきではありません。特定のエイズ研究で行われているように、売春婦の間で私たちは物事を試みます。なぜなら、彼らは非常に露出されており、身を守っていないことがわかっているからです。」

ミラは撃墜されるのではなく、フランス国立保健医学研究所の研究責任者であるカミーユ・ロヒトに後押しされました。彼は次のように答えました。ちなみに、私たちはこれと同じアプローチを使ったアフリカでの研究について並行して考えています。」

残酷さと残酷な皮肉

それは驚くほど植民地時代の態度ですが、問題は前世紀に限定されていません。インドでは、未登録の薬物の疑わしい検査の結果として、2005年から2012年の間に2.5万人以上が死亡しました。それは国の最高裁判所が2003年に政府を「違法な臨床試験の抑制に怠慢である」と非難するように導いた。

これは、虐待が必ずしも黒地に白であるとは限らないことも示しています。ただし、この関係(実験用ラットのように無力を使用する強力なもの)は、人々の自信にまったく同じ腐食作用を及ぼします。
The higher levels of distrust among people of colour in Covid vaccines may be misplaced – if anything, the greed of predominantly white countries for vaccines means that they’re the testing grounds for the long-term efficacy and effects – but it isn’t completely irrational.

The examples here aren’t of a single evil regime like the Nazis conducting experiments over a limited period of time. There is a long and consistent pattern of inhumanity, exploitation, and racism.

And while it’s not something that has happened exclusively to these groups – white people have been victims of human experimentation, too – it’s happened to them a lot more, and often because of their race or ethnicity.

There is of course a cruel irony to this. Statistics tell us in very blunt terms that BAME people are already far more likely to be hospitalised and killed by Covid-19, which means that it is they who will suffer most for the fear and scepticism that’s been instilled in them.
976 / 5000
翻訳結果
コビッドワクチンに対する有色人種間のより高いレベルの不信は見当違いかもしれません-どちらかといえば、ワクチンに対する主に白人の国の欲望は、彼らが長期的な有効性と効果の試験場であることを意味します-しかしそれは完全ではありません 不合理。

ここでの例は、限られた期間に実験を行っているナチスのような単一の邪悪な政権のものではありません。 非人道性、搾取、人種差別の長く一貫したパターンがあります。

そして、それはこれらのグループだけに起こったことではありません-白人も人体実験の犠牲者でした-それは彼らにもっとたくさん起こりました、そしてしばしば彼らの人種や民族性のために。

もちろん、これには残酷な皮肉があります。 統計によると、BAMEの人々は、すでにCovid-19によって入院し、殺される可能性がはるかに高いということを非常に率直に言っています。つまり、彼らに植え付けられた恐怖と懐疑論で最も苦しむのは彼らです。
posted by ZUKUNASHI at 15:50| Comment(0) | 国際・政治

2021年02月25日

飲食店の営業時間短縮で効果?

知人から飲食店が給付金ブームに沸いていると聞きました。給付金で車を買い替える人もいるとか。


千葉県感染拡大防止対策協力金 支給の考え方

この協力金は緊急事態宣言の1か月延長で給付期間が1か月延びています。1日当たり6万円ですから28日でざっと168万円。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく協力要請に応じていただいた飲食店に対する千葉県感染拡大防止対策協力金について(2月8日以降の時間短縮分)

この協力金の原資は、すべて国の補助金です。千葉県以外も同様な協力金を出しています。
県内で夜間営業時間の短縮にご協力いただいた皆様へ神奈川県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第6弾)のご案内

2021年の1月初めから感染者が急角度で減少してきたのは、この措置の効果ですね。問題は、この措置が切れる3/7より後です。あと10日ほどは感染者数は低位で推移するとして、その後はどうなるか。

この措置が本当に効果を発揮しているとすれば、それがなくなった後、また感染者が増えるでしょう。増えないで推移するなら飲食店のお客が学習効果で減ってしまったということになるのかもしれません。

日本にも変異株が入ってきています。変異株は、概して感染しやすく、ワクチンや感染により生じた抗体を逃れやすく、症状も重いとされています。海外から入って来るものだけでなく、国内でも変異株が発生する恐れもあります。

そう簡単に収まるとも思えないので、個人営業の飲食店は、細々とでも営業を続けたほうがまた次の協力金受給のチャンスがあるかもしれません。「個人営業の飲食店」の権利が売買されるということはないのでしょうか。

3/8以降の動向がどうか。注目します。

※ Jun Makino@jun_makino氏の2021/2/20のツイート
緊急事態宣言の効果で実効再生産数でいって 1.2 から 0.75 まで下がったんだとすると、それはずすとまた 1.2 にもどった上でイギリス変異株の影響でさらに 1.5-1.7倍とかで 2 近くまであがって、週に2倍とか3倍で増えるかも、というところか。外さなくても1超えるか、、、

sci_kat
@scikat2

11時間
(政府曰く「急所」の)飲食業への時短要請は続けつつ宣言解除という謎行為、五輪のためか。

解除後『感染が再拡大しないように、感染防止対策は段階的に緩める』『時短要請を継続するが自治体の判断で営業時間を延長できる。国は引き続き協力金を支給して時短要請を促す』
https://nikkei.com/article/DGXZQO
posted by ZUKUNASHI at 12:09| Comment(0) | Covid19

英国型B117、南ア型B1351の感染拡大 警戒強まる

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2021/2/6のツイート
Worrisome discovery−Among placebo group for Novavax’s vaccine in South Africa南アフリカ国旗: people with prior #COVID19 infections appeared just as likely to get sick as people without prior infections−means past infection wasn’t fully protective for #B1351 variant.
スレッド
https://washingtonpost.com/health/2021/02

新コロナに感染履歴があって、Novavaxワクチンでプラセボを投与された人は、感染履歴がない人と同様な発症を示した。
つまり、#B1351に対しては十分に保護できない。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2021/2/6のツイート
12) Bottomline: #B1351 is a beast that increases the likelihood of reinfection for those who thought they had protection from prior #COVID19. Good news is vaccines do work & clearly work better than natural infection immunity (little to none against B1351). Vaccinate please.

ロイター@ReutersJapan2021/2/8
新型コロナワクチン、毎年接種が必要になる公算大=英担当相

※ RT@RT_comの2021/2/8のツイート
Russia state-affiliated media
South Africa SUSPENDS AstraZeneca vaccine rollout after study shows its ‘limited efficacy’ against local variant

ロイター2021/2/6
中国、シノバックの新型コロナワクチン承認 一般向けで2例目
[北京 6日 ロイター] - 中国国家薬品監督管理局(NMPA)は、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)の子会社が開発した新型コロナウイルスワクチンの一般向け使用を承認した。シノバックが6日に発表した。
昨年12月に承認された中国医薬集団(シノファーム)系列会社のワクチンに次いで、中国で一般向けの使用が認められるのは2例目。

※ 共同通信公式@kyodo_officialの2021/2/8のツイート
ワクチンの安全、有効性を確認 − ファイザー製、15日承認

※ ParsToday日本語@ParstodayJ午後11:19 ・ 2021年2月8日
#DCGI は、昨年12月末から #ファイザー社 に対し少なくとも3回のチャンスを与え、専門家委員会に出席し #ワクチン 承認に十分な証拠の提示を求めていましたが、同社は同委員会の会合には出席しませんでした。

ParsToday日本語@ParstodayJの2021/2/7のツイート
#インド が、米 #ファイザー社のワクチン を承認せず
#DCGI 「#ファイザー社 のワクチンは、インド以外の一部の国で接種後の障害、全身的なアレルギー反応・アナフィラキシーショック、その他の重篤な副反応が報告されているため、当局はこのワクチンの承認を却下した」
https://parstoday.com/ja/news/asia-i

※ Jay O'Brien@jayobtv氏の2021/2/9のツイート
A new study from a collaboration of scientists finds the faster spreading UK COVID-19 variant (B117) is spreading rapidly in the U.S.-- particularly in FLORIDA.
@DrEricDing
on what that means and how to stop it.
下指差しMore of our interview to come.
https://twitter.com/i/status/1358857497864462344

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2021/2/9のツイート
OUTBREAK OF #B1351 VARIANT IN AUSTRIA オーストリア国旗−B1351 南アフリカ国旗 variant now identified in 293 cases in western Austria state of Tyrol−at least 140 active cases. Germanyドイツ国旗 is considering closing the border to Tyrol. Austria govt has issued urgent travel warning. #COVID19

https://twitter.com/DrEricDing/status/1358916234650275848

※ Koichi Kawakami, 川上浩一@koichi_kawakami氏の2021/2/9のツイート
とても深刻な問題。日本で拡がっているSARS-CoV-2は、早晩、感染力が強い英国型、南アフリカ型に置き換わるでしょう。現在のバージョンのファイザー、モデルナのmRNAワクチンは、英国型に対して効果が弱く、南アフリカ型に対してはさらに効果が弱いことが報告されています。

共同2021年2月12日 12:02
ブラジルの変異株「感染力3倍」
保健相、1月に羽田空港で初確認
 【サンパウロ共同】ブラジルのパズエロ保健相は11日、北西部アマゾナス州で発生した新型コロナウイルスの変異株について、分析によると「感染力は(通常の)3倍だ」と述べた。ブラジルメディアが報じた。この変異株は、1月に同州から羽田空港に到着した男女4人から初めて確認された。
 パズエロ氏は「ありがたいことに、ワクチンはこの変異株に有効だという明確な情報がある」とも語った。分析の内容や、どのワクチンが有効かについて明らかにしていない。
 専門家によると、同州では最近、感染者の9割から変異株が検出されている。患者急増で医療崩壊が起き、多くの患者を他州に搬送した。

共同2021/2/13 00:12 (JST)
新潟や兵庫の7人に変異株
滋賀、山梨でも確認
 厚生労働省は12日、新潟、山梨、滋賀、兵庫の男女計7人が新型コロナウイルスの変異株に感染したと発表した。このうち新潟、滋賀、兵庫の6人は英国で報告された変異株に感染した。いずれも英国滞在歴はなかった。山梨の1人はブラジルで報告された変異株に感染。ブラジル滞在歴があった。
 7人はいずれも不特定多数との接触はないという。厚労省は国内で変異株がまん延している状況と考えていないとした。

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2021/2/15のツイート
画鋲
“There’s clearly something going on with this mutation”: 7 striking new converging variants with same #677 mutations suddenly found. Experts across US independently found them & are worried−all 7 changed same spike protein amino acid−bad sign.
スレッド
#COVID19 https://nytimes.com/2021/02/14/health/coronavirus-variants-evolution.html

※ 共同通信公式@kyodo_officialの2021/2/18のツイート
ドイツ、変異株が急拡大 − 全感染の2割、保健相懸念

US-developed Pfizer & Moderna vaccines produce THREE TIMES LESS antibodies against South African strain of Covid-19 – lab studies
Vaccines developed by US companies Pfizer/BioNTech and Moderna are producing fewer antibodies against the coronavirus mutation that has emerged in South Africa, according to studies reported in the New England Journal of Medicine.
A lab study jointly conducted by Pfizer/BioNTech and researchers at the University of Texas in Galveston showed that the neutralization of the South African strain “was weaker by approximately two thirds,” but concluded that it was “unclear what effect” that would have on protection the vaccine provided from the disease. This is according to the letter by the researchers published on Wednesday in NEJM, the oldest US medical journal.

読売新聞オンライン2/22(月) 5:02配信
変異ウイルスに16都府県173人感染、厚労省「蔓延状態ではない」
 英国や南アフリカなどで流行する変異した新型コロナウイルスの感染者が各地で確認され始めている。新たに開発された簡易検査法で早期に検知できるようになったのが一因で、厚生労働省は「蔓延(まんえん)している状態ではない」との見方を示す。ただ、感染力が強いとされる変異ウイルスが広がれば、今の対策だけでは抑え込めなくなる恐れがあり、政府は検査範囲を広げるなど対策強化を急いでいる。
 国内の変異ウイルス感染者は昨年12月25日に初めて確認されて以降、21日時点で計173人に上る。このうち海外滞在歴がない人は115人で、居住地は東京、埼玉、新潟、京都、鹿児島など16都府県に及ぶ。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2021/2/24のツイート
TRIPLE WORRISOME−Data says the new variant that is now dominant strain in California:
画鋲
spreads FASTER
画鋲
evades antibodies from #COVID19 vaccines or prior infection
画鋲
causes more severe illness.
右向き矢印
Scientist says “the devil is here” #B1427 / #B1429
スレッド
https://latimes.com/science/story/
注: #B1427 / #B1429はカリフォルニアで見つかった変異株のようです。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2021/2/24のツイート
画鋲
Elementary school outbreak of #B117 mutation in Vienna
オーストリア国旗−16 infections−4 teachers, 12 students. Started with 1 positive teacher early last week−by end of last week, +6 students. Testing of all students & teachers on Wednesday found +9 more #COVID19.
https://puls24.at/news/chronik/w
posted by ZUKUNASHI at 00:21| Comment(0) | Covid19

2021年02月24日

ロシアの特使がイスラエルにロシア軍の駐留地域を含むシリア領への攻撃をやめなければ実力を行使すると警告

イスラエルがシリア内のイラン軍を攻撃するとして爆撃を繰り返していますが、ロシア軍の駐留地域に対しても攻撃が行われている模様で、ロシアがイスラエルに強く警告しています。

※ spriters@neccamc1氏の2021/2/23のツイート
The special envoy of the President of the Russian Federation Alexander Lavrentyev made a report in which he emphasized the unwillingness of the Israeli side to fulfill the agreements reached between Israel and Russia on de-escalating the situation in Syria.

※ spriters@neccamc1氏の2021/2/23のツイート
We hope that the Israeli side will hear our concerns, including concerns about the possibility of an escalation of violence in Syria, ”Lavrentiev said.

※ spriters@neccamc1氏の2021/2/23のツイート
It should be noted that we are talking about an official statement. Thus, Russia has shown that it is extremely dissatisfied with the actions of Israel, especially after the strikes on the areas where the Russian military and civilian Syrian citizens were stationed.

※ spriters@neccamc1氏の2021/2/23のツイート
According to experts, as the first steps, the Russian military, to counter the Israeli aviation, will begin to raise their fighters into the sky, and if this measure does not help, the next step will involve air defense systems. In this case, the IAF may incur losses.
posted by ZUKUNASHI at 01:07| Comment(0) | 国際・政治

2021年02月23日

子どもの能力を目いっぱい引き出すためには何よりも健康に留意して

うれしいお便りが届きました。被ばく回避が主たる目的でお子さんと海外に出ていたSさんからです。どの国も新コロナウィルス対策で揺れ動く中、Sさんからずっと投稿がなく、消息を案じていました。

帰国されてお子さんはもう中学生になるんですね。何事にも戦い続けるファイトのSさん、子供の教育に親の看護に、疲れなど知らないかのように。立派です。引用開始。


お久しぶりです。去年日本に帰ってきました。 子供の学業の遅れ、と言いますのは進学系小学校にいたため復学しても6年生の授業は全て終わっていたため、そして大手塾の入塾も終わっていたため、家塾しかありませんでした。 壮絶でした。子供が中受を目指すと言ったためです。

帰国同時にその時期、実家の母が救急搬送され入院、個室でその頃は毎日訪問しても問題なかったのです。 午後一番から夕方6時までほぼ毎日病院におりました。今は無理ですね。

でも私には確信がありました。 放射能を最大限に防いでいればある程度は受験で戦えるのではないかと。

私の予測を裏切ることなく、子供は不可能と言われるスロースターターでありながら難関校に合格しました。 放射能防御が子供にどれくらい有効なものなのか、興味のある方は大いに試されれば良いです。

母が退院して受験真っ只中、そしてその直後に実父の白血病発症がありました。 今は(被ばく影響が)現在進行形なのです。

自己満足と言われがちな放射能防御ですが、その後の生活は確実に足を引っ張られるのですよ。

聞く耳を持っている身内なら、話しておくべきです。 またすぐに移住の必要があるかも知れないのですけれどもね。

・・・引用終わり・・・

海外避難がお子さんの成長にもプラスに作用したようでよかったです。

それにしても、行く先々でゆっくりする間もなく、いろいろと起きますね。私の身内もそんないろいろで風来坊になっています。

でも、これからの世の中は、そういう状況が続くのではないかと思っています。どこでも暮らしていける力をつけなければならない。

被ばくも感染症感染もないように最善を尽くす。そして健康を維持できていれば、子供の能力を最大限引き出すことができる。そういうことですね。

Sさんには、一息入れる時間ができることを願っています。また投稿してください。
posted by ZUKUNASHI at 23:42| Comment(0) | 福島原発事故

イランと米国の対立 交渉に向けた動きが出るか

Suribelle
@Suribelle12/23

47分
Biden doesn’t understand that Iran is not the same Iran that entered JCPOA..4yrs of Trump has made Iran stronger and more self-sufficient; Sanctions are harsh But Iran has been under some type of sanctions since 1979..The Biden regime has no cards to play

RT2021/2/7
Biden puts US in standoff with Iran, says sanctions won't be lifted until country stops enriching uranium
In a new excerpt from his pre-Super Bowl interview, President Joe Biden made it clear there is no chance of the US lifting sanctions on Iran unless they "stop enriching uranium first," a step Tehran is not willing to take.

Biden's stance puts him at odds with Iranian Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei, who said before the US president's comments aired that the US must lift all sanctions if it wants Iran to "return to its commitments."

"It must lift all sanctions in practice, then we will do verification … then we will return to our commitments," he stated, according to local media.

Biden's thoughts on the matter were much briefer, but they may be expanded upon when CBS airs the wide-spanning interview with him in the hour before the Super Bowl game begins.

Asked whether the US would lift sanctions "first" to get Iran "back to the negotiating table," Biden simply responded: "No."

In 2018, Donald Trump withdrew the US from the nuclear deal with Iran, which included the country promising to limit its atomic work in exchange for the lifting of economic sanctions. Biden has said he is interested in re-entering the deal, but his hard stance has put the two countries at odds.

ロイター2021/2/6
イラン外相、核合意巡りバイデン政権に迅速な行動呼びかけ
[ドバイ 6日 ロイター] - イランのザリフ外相は、6日付現地紙「ハムシャフリー」とのインタビューで、米バイデン政権に対し2015年のイラン核合意復活に向け迅速に行動するよう求めた。
同外相は、同国議会を通過した法制により、2月21日までに米国の制裁が緩和されなければ核問題を巡るイラン政府の態度が硬化する可能性があると指摘。さらに6月の同国大統領選で強硬派の候補が選出された場合、核合意への復帰がさらに困難になるとし「時間はなくなりつつある」と述べた。
対米強硬派が多数を占めるイラン議会は12月、米国による制裁緩和期限を2カ月とする法律を可決した。
バイデン政権は、トランプ前政権が2018年に離脱したイラン核合意を復活させる方策を模索しており、イランが核合意を再び厳守すれば核合意に復帰する意向を表明している。
一方イラン側は、先に米国が制裁措置を緩和すべきだとの立場を示している。


posted by ZUKUNASHI at 23:05| Comment(0) | 国際・政治

2021年02月22日

人口動向 近年の出生数最低の都市が続出

2021/1分の人口動態の速報が出始めています。

守谷市がF1事故以降の出生数で最低を記録

人口の自然増、社会増は継続。

新コロナウィルスによる面があるとしたら影響の出方が早い。

柏市が2008年以降で最小の出生数。死亡率は一段と上昇。




守谷市、柏市ともに人口の流入があり、出生数は高位で推移してきましたが、ここにきて変調です。

松戸市は2021/1の超過死亡は一息入れています。


市原市の超過死亡は続いています。


水戸市は出生数はこの10年で最低の2019/4より1人上回りましたが、自然増減では年間1000人程度の減になります。


市川市は介護施設で集団感染が続いています。


出生数が大きく落ち込みです。


船橋市の出生率 2020年の後半から低下が顕著です。妊婦が逃げた? 


千葉市の出生数が大きく減少。この10年来で最低。


出生数はこの先月を追って減少していくでしょう。福島第一原発事故で出生数減、社会経済的環境悪化で出生数減、さらに新コロナウィルスで出生数減と続いています。

我孫子は沈静化見えず


次は全国人口動態統計から













posted by ZUKUNASHI at 20:02| Comment(0) | Covid19

2021年02月20日

さあ学校が始まる

※ くぅ@wishforpeace22氏の2021/1/6のツイート
明日から学校。昨年末自主休校したので、明日からどうするか、先ほど先生から電話がありました。先生も学校再開には反対の立場であり、「学校は危険な場所です。今は生徒の安全を確保する自信がない。本音を言うと来ない方が良いと思う。」と仰いました。それが現場の認識です。#選択登校制

・・・・・

ある読者が心配する母親に欠席も自衛策だと話したそうです。
そうですよ、当然です。

ただし、子供を休ませたら勉強のほうを少しは親が面倒を見なくてはいけません。元小学校で教えておられた方の中に、オンライン授業をやってくれる人はいないのでしょうか。

※ やまもとReduce exposure!@Yamamoto0509
今日も患者さんがめちゃくちゃ心配してたから、自民とか維新とか応援するとこうなりますよ、
と注意喚起しておいた(苦笑いしとったけど)。

※ 3児のmama@ImmwVs6pnYYOkyS氏の2021/1/8のツイート
友達の知人がコロナになったという事を今日聞きました。
お子さんもいる家庭。家族全員感染。
子供は無症状…。これが何を意味するか?
子供は無症状や軽症が多いと、知らずに学校へ通ってしまう事があると言う事。
#学校再開で感染拡大する



※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2021/2/13のツイート
5) “We got a letter from the Israeli Association of Pediatrics that says they are very worried about the rate of disease in younger students,” Health Minister Yuli Edelstein told The Jerusalem Post. “This is something we did not witness in previous waves of corona.”

※ まなか21号@6YE8k49fORZJU0K氏の2021/2/20のツイート
#子供にも積極的にPCR検査を
うちの子は3人ともコロナ後遺症疑いで治療中です。
PCR検査が受けられなかったばかりに、治療開始まで半年ほどかかりました。
最初が軽症でも長引く症状は子どもにもあります。
自分で症状を訴えられない子もいます。
軽い風邪症状でもまずは検査で早期発見すべきです。
posted by ZUKUNASHI at 22:23| Comment(0) | Covid19

偽りの専門家・日本  恥の殿堂

Coved is airborneから一部転載
「ここで偽りの専門家の情報を共有することは、日本の恥の一部を明らかにすることです。 しかし、彼らは非常に影響力があり、テレビや他のメディアに登場し、彼らの情報提供の行為を決して省みていないようです 。 彼らは自分たちの考えに揺れ動く傾向があり、別の種類の偽情報を広めることになります。 どうしても止めるべきです。」

@ Kentaro Iwata. Prof. of Kobe Univ.
A Takayuki Miyazawa. Associate Prof. of Kyoto Univ.
B Sohtaro Mine. Medical Dr. Postdoctoral Fellow, National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID)
C Yasuhiko Kamikubo. Prof. of Kyoto Univ.
D Yoshihiro Takayama. Medical Dr. Okinawa Prefectural Chubu Hospital
E Makoto Ohashi. Emeritus Prof., Tokushima Univ.
F Narumi Hori. Nurse. National Center for Global Health and Medicine, NCGM. Disease Control and Prevention Center.

・・・引用終わり・・・

でも、偽りの専門家の情報を信じた人は、その人が自らがそういう情報を進んで信じ込んだということです。PCR検査の開発者が新コロナウィルスにPCR検査を適用してはいけないと言ったなどというデマは、私は付き合いの長い読者が繰り返して言うので、何のこと? と改めて調べてようやく知りました。

私の読んでいた、収集していた情報にはそんなことは一度も出てこなかった。

新コロナウィルスが実在しない陰謀だとか、PCR検査を増やすと医院に患者が殺到して末端の医療が崩壊するとかいう説の問題点はすぐにわかるはず。わからない人は、そこで思考を停止したのです。見たくない情報から目を背けていたのです。

そういう偽りの専門家の言説に頼っていた人は、すでに感染したか、あるいはこれから変異株に感染するでしょう。まあ、それも人生ですが、ワクチンはどうするんでしょう。当然ワクチンなんか打たないんでしょうね。

今の大きな論点は、ワクチンの安全性と変異株に対するワクチンの効果、そしてワクチンでできた抗体がどのくらいの期間継続するという点に移ってきています。

2021年02月15日
学者(ポスドク)には幼稚な人も多いんだ B

2021年01月14日
日本の感染症の専門家とされる人たちは何を狙っている @、D

2020年12月05日
やはり日本の学術は遅れている E

2020年08月12日
何処で感染するかわからないなぁ A

2020年07月30日
新コロナウィルス関連情報 16 C、E

F


次の連続ツイートは、デマの起源に関して大変参考になります。
posted by ZUKUNASHI at 21:48| Comment(0) | Covid19

地方でも瞬く間に感染拡大することがある

現在、都道府県別に見た新コロナウィルス陽性者の致死率は、岩手県がトップです。


岩手県は、2020/7まで感染者が現れなかったし、その後も低位で推移してきましたが、2020/12以降陽性者が急増しました。岩手県の累積感染者数549人、死亡数30人です。



鶯宿温泉病院(雫石町)で集団感染が発生しています。2021年12月23日現在で感染者98人。この病院は老人病院で老人介護施設も併設。当初患者に発熱などの症状が出た際に対応が遅れたようです。

緑の多い美しい環境にありますが。


もう一つ、2021/1に感染者が激増した日立市。日立市の10万人当たり死亡率の推移


この1月の激増は何といってもおかしいですよね。まあ、F1事故による被曝もあったところだし、10年経って何が出てきた? と一度は受け止めることにしましたが、こんな都市が続出したら怖すぎる。

茨城県のサイトで感染者リストを探し出して整理しました。

日立市は、早い時期に海外から帰った人に感染者が見つかっていました。ですが、その後はこの町にある大企業は感染防止のため海外出張を抑制していたと記憶します。

この町で感染者が続いたのは、年が明けてからです。下の図が累積数。

日立市が特に多いのでしょうか。人口18万人。水戸、つくばに次いで人口が多い。ですが、感染者数では土浦市や取手市よりも少なくなっています。


日立市は、何らかの特殊要因で、2021年になって感染者が激増したのです。そして大きな超過死亡が発生した。下の表では超過死亡数は約68人と推定されます。日立市の市民の方は、この1月に葬式が多いと思われたのではないでしょうか。

日立市で新コロナウィルスに関係して亡くなった人が何人おられるか市のサイトを見てみましたが、もちろん書いてありません。


1月以降に感染者が138人出た。そして同じ月に68人の超過死亡が出た。

2020/11/1以降について感染者の性別、年代別の感染者の分布をみると、次の通り性別には偏りがなく、年代も幅広くなっています。町全体に感染が広がったことがうかがえます。


そして免疫力の弱い人、基礎疾患をお持ちの方が短期間のうちに亡くなっていったとみられます。

今、まだ自分の町に感染者は少ないと高をくくっている方もいつ感染拡大の波に飲み込まれるかわからないのです。感染者が少ないと住民に油断のある地域はいったん感染拡大すると、免疫力の弱い人から亡くなっていきます。

これから感染力の強い変異株も広がっていきます。
posted by ZUKUNASHI at 16:59| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルスワクチン わかってきたこと



※ ペン二郎@morilyn1123氏の2021/2/14のツイート
ファイザー社ワクチン、添付文書出ました。「コミナティ」って言うんですね。こうして型通り文書が出てくると、ある種の陳腐化のような、不思議な感覚。
国内治験の結果は右。37.5℃以上の発熱は1回目で14.3%、2回目32.8%。ちょっと多い…?この熱では仕事は無理でしょう。
https://www.mhlw.go.jp/content/11123000/000738743.pdf



※ Koichi Kawakami, 川上浩一@koichi_kawakami氏の2021/2/17のツイート
メリットはあると思います。接種の際には、年齢、基礎疾患の有無、アレルギー体質の有無、化学物質過敏の有無等と副反応の関連性を各自が理解して、リスクを考慮する必要があると思います。もちろん変異株が蔓延して、ワクチンがそれに効かない等が明らかになったら、接種のメリットは無くなります。

※ bokemontaro@hichachu氏の午後5:43 ・ 2021年2月18日のツイート
宮坂昌之先生
2回目の接種時の副反応の頻度が1回目と比べて、1.5-3倍に増加!
NHKのHPでは1回目のワクチンの副反応の頻度しか公表していない。
正確な報道に欠けている。
アメリカではワクチン接種者の、1/3がアセトアミノフェンを服用。インフルエンザ様症状であり発熱が25%
https://facebook.com/100003403973006/posts/3577188265737937/?d=n

BLOOMBERG2021年2月18日 7:14 JST
アストラゼネカ製コロナワクチン、独仏で使用回避広がる−副反応懸念
Naomi Kresge、Tim Loh、Iain Rogers
ドイツは使用が当初供給の1割未満−フランスは予約に多数の空き
アストラ製ワクチンを接種した300人の25%に副反応と現地報道


posted by ZUKUNASHI at 13:30| Comment(0) | Covid19

2021年02月19日

学校の先生はばれなきゃ感染源になっても構わないと考えている

※ くぅ@wishforpeace22氏の2021/2/19のツイート
更に、来年度からの宿泊行事はコロナがどうであれやると言ったので、事前と事後のPCRを希望したら、またまたさっきの保護者が「PCRには偽陽性や偽陰性があるから無意味だと言っていた」と言う。更に更に教師は「私も受けたくないですよ、だって陽性になったら周りに迷惑かけちゃうから」と
うんざりしている顔
もうやだ。

・・・引用終わり・・・

「だって陽性になったら周りに迷惑かけちゃうから」と教師が発言しています。

PCR検査を受けたら陽性であると確定するわけですが、感染していれば、検査を受けても受けなくても陽性であることは変わらないわけで、周りに感染させてしまうことになる。

自分が陽性で周りに感染させる危険よりも検査を受けて陽性であると周りに知られることをより恐れる。

つまり、自分が感染源であることがばれなければ感染者が出てもかまわないと考えている。

ご自分が感染しても症状は出ないという保証でもあるのでしょうか。ご自分が感染源で集団感染が発生した場合には、だいたい感染源の推定はつきます。名指しで責任を問われ、非難されることはないでしょうが。

集団感染が起きると感染者リストからスプレッダーは推測がつくことは忘れてはいけません。後で「あのバカ教師めが生徒に感染させやがって」と白い目で見られるのです。



子供で亡くなる例は少ないですが、保護者にまで感染が広がることもあります。

これから変異株が広がると子供の感染が増えます。こういう配慮のない教師のところへは子供を通わせたくない。

「PCRには偽陽性や偽陰性があるから無意味だと言っていた」
いまだにこんなデマを言いふらしている人がいるんでは、その学校は変異株が入ったら広がり放題ではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 11:34| Comment(0) | Covid19

市川市の65歳以上の者は千人に一人が無症状感染者

この記事は、県発表陽性者リストでの市川市分高齢者の拾い上げを精査し、データ、記述ともに大きく書き換えています。

※ NHK@首都圏@nhk_shutokenの2021/2/17のツイート
千葉県市川市が、無症状の高齢者を対象に新型コロナウイルスのPCR検査を独自に進めた結果、陽性の疑いがある人の割合がおよそ0.1%だったことがわかった。市内の高齢者の2割以上、2万3163人が検査を受け、陽性の疑いがある人は24人。

NHKニュース2021/2/17 抄
市川市は先月から今月にかけて、市内に住む65歳以上の高齢者およそ10万5千人のうち症状のない希望者を対象に、だ液によるPCR検査を無料で受けることが出来る取り組みを進めています。
市によりますと、16日までに市内の高齢者の2割以上にあたる2万3163人が検査を受け、このうち陽性の疑いがある人はおよそ0.1%にあたる24人で、いずれも検査の時点では無症状だったということです。

市川市役所のサイトによると検査キットの配布は2021/1/19から。65歳以上が対象。受検者23,000人で無症状陽性者率0.1%。

一方、1/20以降に保健所の調査で確定した症状の有無を問わない感染者は
65〜69(60代の半分)32人
70代       53
80代       42
90以上       26
合計      153人
母集団105,000人 比率0.00145
153人のうち、発症日が記載されている方は事務手続きの関係もあって13人のみ。これを引けば140人になりますが、0.00133。

県庁発表の感染者リストから算定した65歳以上の無症状陽性者率は、市川市の行った任意検査の陽性者率とほとんど変わりません。

市の任意検査におけるサンプル数が圧倒的に多く、これの無症状陽性者率は統計的に信頼できます。

今、市川市の65歳以上の方は、1000人に一人無症状感染者がいるということになります。

一方、埼玉県は、高齢者施設職員を対象にPCR検査を実施しており、陽性者率0.03%となっています。こちらの数値が一桁低いのは、職業柄感染防止に意を用いている人が多いためとみられます。

※ 埼玉県庁@pref_saitamakの2021/2/12のツイート
【大野知事より高齢者施設での検査について】
12市の高齢者施設職員を対象にPCR検査を実施しています。2月11日時点で、11,506人中、陽性者は3人、陽性率0.03%でした。
併せて、国の基本的対処方針に基づいた高齢者施設職員等への集中的検査を、約12万9千人を対象に2月から3月までに実施します。

次は最近時の千葉県の市町村別人口1万人当り陽性者数です。症状の有無を問いません。

この表の右側が60代以上の方の全人口1万人当り陽性者率。市川市が3.7人で0.00037、0.037%。これは65歳以下も含んだ人口で割っています。65歳以上が約10万人、全人口50万人ですから65歳以上の人口集団に置き換えれば、0.00189となります。陽性者率が0.00133よりも高いのは、60歳から64歳の人を含むこと、有症状の人も含むことが原因です。

この表で右側の上位にある市町村は、高齢化率では市川市に劣らないでしょう。全人口1万人当り陽性者数が市川市よりも高い市町村は、高齢者の陽性者が千人に一人を上回る割合でおられると考えていたほうが良いです。

PCR検査では、中央値22-33日間で陽性が出るとされています。簡略化して考えると、一人の高齢者が3週間陽性を示し、その後は陰性となりますから、3週間の間に拾い出した陽性者が他の者に感染させなければ、3週間経てば陽性者は見つからないことになります。

しかし実際問題としては、3週間後も陽性者が見つかれば、千人に一人の無症状感染者からまた別の人に移ったことになります。ほとんどの人で感染性があるのは4-8日間とされていますから、その間に他人に移すかどうか。

市川市の60代以上の年代層の今後の感染者発生数が注目されますが、集団感染が多発すれば、施設外の感染数はわからなくなりますので感染状況を把握するのは難しいかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 11:00| Comment(0) | Covid19