ずくなしの冷や水

2021年01月20日

突然変異によりSARSCoV2が抗体中和に耐性を持つようになったが、ワクチンはなお意味がある

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2021/1/20のツイート
STUNNING−South African’s CDC has made a sobering declaration:
“We now know that mutations (K417N & E484K) have allowed #SARSCoV2 to become resistant to antibody neutralization.”
“Blood samples from *1/2 tested showed all neutralizing activity* was lost.”
https://nicd.ac.za/can-i-be-re-infected-with-the-new-variant-if-ive-had-covid-19/
驚異的−南アフリカのCDCは冷静な宣言をしました:
「突然変異(K417NおよびE484K)により、#SARSCoV2が抗体中和に耐性を持つようになったことがわかりました。」
「テストされた* 血液サンプルの1/2は、すべての中和活性*が失われたことを示しました。」

2) “This suggests that they may no longer be protected from re-infection.”
画鋲 They point out that of people who had recovered from #COVID19 from the 1st wave, “90% showed reduced immunity” to the new variant #B1351 (aka 501Y.V2)
画鋲 in addition to 48% w/ “complete immune escape”

3) Why are mutations arising so fast these days??
右向き矢印
“as more people have become protected pressure on the virus has increased. A so-so spreader might no longer be able to, but variants with mutations that help them spread can take off”.

4) We’ve reached a point one year on and in certain parts of the world where the density of natural immunity is sufficient so that the variants that have got a fitness advantage … are more likely to emerge and spread,” said head of infectious diseases at Imperial College London

5) 南アフリカ国旗 data from where?
New study from blood of 44 people infected in 1st wave in S Africa南アフリカ国旗 was tested against new #SARSCoV2 variant #B1351 (501Y.V2)−found antibodies from 21 of 44 did not recognize the new variant−Almost half!
In this video:
http://youtu.be/Ja_tLG8CLAc #COVID19

6) This new E484K study is by 南アフリカ国旗’s CDC @nicd_sa
. That said, antibody immunity is not all of immunity. T cells also offer some spike protein recognizing immunity too (not measured).

Here is more studies on E484K−it’s in both 南アフリカ国旗 & Brazil ブラジル国旗 variants.

7) Support for worry about E484K? In another recent study by @jbloom_lab, E484 mutation (inside the #SARSCoV2’s spike’s critical receptor binding domain) seemed to escape neutralizing antibodies in 9 of 11 patients, some with **10x reductions in neutralizing** ability!

8) Any other troublesome variants besides the South Africa #B1351 or the Brazil ブラジル国旗 #P1?

Maybe some suggestion of issues with the U.K. #B117 too... a 3.8x reduction in neutralization for a #B117 pseudo virus among people who got vaccine-derived immunity...

9) TO BE CLEAR−Still take the vaccine. It should not be affected too much. Maybe a few % drop in efficacy − but 80-95% is still better than 0% protection if you don’t take it!
posted by ZUKUNASHI at 14:35| Comment(0) | Covid19

イベルメクチン服用者のツイート

※ 新型コロナ後遺症経過観察@0BFFTW1kzbUi168氏の2021/1/19のツイート
イベルメクチン服用から4日目
体調は順調です。本日2日間開けたので半錠6mgを再度服用します。
あまり関係ないかもしれませんが、悪夢を見なくなりました。退院してから悪夢が多かったのですがイベルメクチン服用後はあまり見ません。

※ 新型コロナ後遺症経過観察@0BFFTW1kzbUi168氏の2021/1/18のツイート
イベルメクチン服用から3日目
特に異常はありません。むしろ腹膜辺りの痛みや胸部痛はなくなりました。
良い状態になってきています。

※ 新型コロナ後遺症経過観察@0BFFTW1kzbUi168氏の2021/1/17のツイート
皆さんとは少し意見が違い手厳しいようですが、アビガン・イベルメクチンの承認を遅らせていたのは紛れもなく医師会に他なりません。
今東京都医師会会長がイベルメクチンの服用許可を訴えているようですが、いい加減口ではなく手を動かして欲しいものです。
https://mixonline.jp/tabid55.html?a

※ 新型コロナ後遺症経過観察@0BFFTW1kzbUi168氏の2021/1/17のツイート
イベルメクチン服用から2日目
副作用のようなものは今のところ感じません。
横隔膜あたりや心臓あたりの痛みの頻度が大分減ったように思います。あと時々睾丸から股関節にかけてもたまに痛みがあったのですが、なくなってきているように感じます。

※ 新型コロナ後遺症経過観察@0BFFTW1kzbUi168氏の2021/1/17のツイート
服用は2日置きなので今日と明日は飲みません。
症状の回復は単純な時間経過やプラセボ的なものも影響しているかと思いますが、このまま観察してみたいと思います。

※ 新型コロナ後遺症経過観察@0BFFTW1kzbUi168氏の2021/1/16のツイート
実はイベルメクチンが海外から届きました。あれだけ待ち望んでいたのにいざ来ると「本当に大丈夫か」と不安が強いです。
本日早速ではありますが勇気を出して半錠(6mg)服用しました。
経過報告します(生きていればですが…)

※ 新型コロナ後遺症経過観察@0BFFTW1kzbUi168氏の2021/1/7のツイート
nikoさんと非常に同意見です。
入院時にアビガンを処方された方から後遺症の話をあまり聞きません。
軽症時の処置が非常に大事になることは確かです。
#アビガン承認 #イベルメクチン承認

※ Tiger Gyroscope “Hope Is Good Medicine”@TigerGyroscope氏の2020年12月29日のツイート
フロントラインCOVID-19クリティカルケア(FLCCC)アライアンスが、「I-MASK+」プロトコールを改定(v7 Dec. 27)、一部変更した。
イベルメクチンの推奨用量0.2mg/kgと1日目・3日目の一回投与は変わりないが、それ以後 週に一回だったのが〈2週間ごと〉になった。
(PDF)
https://covid19criticalcare.com/wp-content/uploads/2020/11/FLCCC-I-MASK-Protocol-v7-2020-12-27-ENGLISH.pdf

※ 花木秀明@hanakihideaki氏の2020年12月15日のツイート
イベルメクチンの各国の治験方法は様々です。3〜6mgを服用後、2日後毎に同じ容量を3回程度服用させてます。しかし、この服用方法による日本人の安全性は確保されていません。治験で行われている方法なので、入院して何があっても対応できる事が必須条件です。

・・・引用終わり・・・

新型コロナ後遺症経過観察@0BFFTW1kzbUi168氏は、慎重に対処しておられます。服用量は、花木秀明@hanakihideaki氏の上記ツイートを参考にしておられるようです。

この方法ですと6mgを3回ですから全体で18mg飲むことになります。

一方、Tiger Gyroscope “Hope Is Good Medicine”@TigerGyroscope氏の服用量ですと、体重60kgの人で1回12mgですから1回目と一日置いて2回目そして2週間ごとに12mgですから半月ほどの間に36mgを呑むことになります。

ツイートに添付された画像にある包装や薬の色は、管理人が個人輸入したものと異なります。管理人の手元の薬はピンクです。

10錠あれば、3人が服用できることになります。
posted by ZUKUNASHI at 13:11| Comment(1) | Covid19

英国の新コロナウィルス死亡数が1600人/日に

英国で見つかった変異株が猛威を振るっているようです。
一日の死亡数が1600人と過去最高に達したそうです。英国では新規感染者の多くが変異株のウィルスを持っているとされています。

静岡県の東部でこの変異株に市中感染したとみられる感染者3名が見つかっています。
posted by ZUKUNASHI at 11:25| Comment(0) | Covid19

あさっての私 おとといのあなた

発熱外来の嘆き事例その(3)

上は、管理人のごく近い将来の姿。

下は、きっとあなたの一昨日の姿だと思います。

発熱外来の嘆き事例その(2)

今も同じように苦しんでいる方が多いはずです。

コロナ自宅療養に殺されかけた話
工藤スナッフ 2021/01/19 12:15

「コロナかも」からホテルに行くまでの、12のできごと
コロナにかかったニート✑真琴 2020/12/22 00:39
posted by ZUKUNASHI at 10:55| Comment(0) | Covid19

欧州のどの国が米国追随の意識が強いか

次のグラフは面白いです。北欧でイスラム教徒排斥の動きが強いのはこのグラフからもわかります。ポーランド人もロシアの脅威と戦うという立場からか米国追随が多くなっています。

posted by ZUKUNASHI at 10:44| Comment(0) | 国際・政治

テレビ電話で孫のお守り?

息子から孫が爺とテレビ電話したいと言っているので、デバイスを用意してくれと言ってきた。

いつも家にいて相手をするのが大変になっているんだろう。

モバイル機器でもできるというが、私のモバイルの契約はデータ量が小さく、LINE通話でも音が途切れてしまう。

パソコンでやるしかないか。webカメラとマイクを探す。マイクはリアルタイム測定システムを作るときに音でデータを取ろうとして安いものをいくつか買っていたが見つからない。

しょうがない。アルバイトで使うためにおいてあるノートブックを取り出して久しぶりに使ってみるとまずWindowsOSのアプデイトから。レジストリィのアプデイトもあってこれらに時間がかかった。

Google talkというソフトを入れろというので探すが、もう古くて見当たらない。代替にGoogle hangoutというソフトを入れた。

試しにカメラを起動させると・・禿げ頭がえらく目立つ。少ない頭髪が逆毛状態で立っている。洗面所で水をつけて撫でつけるが、とても慈愛溢れる爺の顔ではない。

まあ、しょうがない。毎日怒り狂っているのだから。

息子に招待を送ったが応答なし。そのうち返事が来るだろう。

Google hangoutをインストールしたのにそれが起動しない。モタモタしていたら、先方からGoogle meetのサイトアドレスを送ってきた。メールを受信するパソコンと別のパソコンを使っているので、メールにあったサイトのアドレスを一文字ずつ入力してやっと接続。ChromeではなくEdgeのほうでつながった。

つながると、こちらの画像が先方の画像に切り替わる。みんな元気そうで喜ぶ。

画像はこちらのものも向こうのもの解像度が低いが、別に構わない。先方は、アンドロイドスマホを使っているので子供の動きを追える。

息子は、ZOOMやmeetを多用しているらしい。これらはホスト側が場、サイトを設定する。招かれたほうはそのアドレスをクリックするだけでテレビ電話ができるから世話がない。専門的知識がなくてもよい。もっとも、カメラやマイクの使用許可を出さなければならないのだが、簡単になっている。

私は顔出しで話をする相手もいないので、これまでオンラインのカメラを使っていない。

でも便利だし、リモートワークが増えて利用度は画期的に上がっているだろう。自宅勤務のサラリーマンは、個別の相手とはmeetで話をし、一定の時間にZOOMで会社などのセクションのメンバーと全員が顔出ししてミーティングをするようだ。

この手のソフトは多い。
skype
zoom
LINE
google hangout
meet 旧称はHangouts Meet
時流に乗って需要急拡大の分野。オンライン講義で使われているのは、ZOOMが多いようだ。

家族でも会うのがためらわれる、あるいははばかられることが多くなっているので、こういうソフトを使うことは個人レベルでもメリットが多くなっている。

だが、私が使うのは子供の家族と話をするときだけだろう。込み入った話は、文章で伝えたほうがよい。

アイフォンやアンドロイドスマホでもできるらしい。
デスクトップパソコンはカメラやマイクがついていないのが普通。カメラ、スピーカー、マイクの付いたノートブックパソコンが使いやすい。
LINEは、表示される相手の顔が小さい。

介護施設に入った年寄りにタブロイドを持たせて、使い方を覚えさせれば、時間を決めて顔を見ることができるが、そんなことをする人は少ないんだろうな。

読者から介護施設に入っている老人で、タブロイドスマホを持たせてそれを適切に使える人などまずいないとコメントがありました。そんなにしっかりしているなら在宅でもOKだと。まあ、そうなんでしょう。若い時に使い慣れていればまた別かもしれませんが、携帯を持たせたら四六時中、のべつ幕なしに掛けてきて、携帯を取り上げざるを得なかった例もあると・・・。
posted by ZUKUNASHI at 09:33| Comment(0) | 日記