ずくなしの冷や水

2021年01月10日

ワシントンはまだ知らないかもしれないがアメリカ帝国は崩壊した

日本語訳は機械翻訳のまま、修正を加えます。

RT2021/1/9
The American Empire has fallen, though Washington may not know it yet
ワシントンはまだ知らないかもしれないがアメリカ帝国は崩壊した

Wanting to turn back the clock and restore the American Empire to what it was before Donald Trump’s presidency is a fool’s errand. It’s already a thing of the past – and the storming of the US Capitol was just the last straw.
時間を戻して、アメリカ帝国をドナルド・トランプの大統領になる前の状態に戻したいと思うのは、愚かなことだ。それはすでに過去のものであり、米国議会議事堂の襲撃は最後の藁(わら)にすぎない。

Don’t take my word for it, though. “If the post-American era has a start date, it is almost certainly today,” argued none other than the head of the Council on Foreign Relations – the foremost think tank advocating for the Empire in Washington – after Wednesday’s storming of the Capitol by several hundred Trump supporters protesting the certification of the election for Biden.
しかし、私の言葉を鵜呑みにしてはいけない。"バイデン氏の当選証明に抗議する数百人のトランプ支持者による水曜日の議事堂襲撃の後、「ポストアメリカ時代の始まりの日があるとすれば、それはほぼ間違いなく今日である」と、外交問題評議会(Council on Foreign Relations)のトップ以外の誰もが主張した。

“No one in the world is likely to see, respect, fear, or depend on us in the same way again,” lamented CFR president Richard Haas.
"世界の誰もが再び同じように私たちを見たり、尊敬したり、恐れたり、頼ったりすることはないだろう」とCFRのリチャード・ハース会長は嘆いた。

Sure enough, as Haas was saying this the NATO secretary-general tweeted about the “shocking scenes” in Washington and demanded that Joe Biden’s election “must be respected.” British and French leaders followed suit, as did the Organization of American States. Turkey “expressed concern.” Canada and India chimed in.
案の定、ハースがこのように言っている間に、NATO事務総長はワシントンでの「衝撃的なシーン」についてツイートし、ジョー・バイデン氏の当選を「尊重されなければならない」と要求した。英国とフランスの指導者たちは、米国機構と同様に、それに続いています。トルコは "懸念を表明" カナダとインドも同調した。

Even Venezuela got into the act, condemning “acts of violence” in Washington and “political polarization” in the US, while expressing hope that Americans “can blaze a new path toward stability and social justice.”
ベネズエラでさえ、ワシントンでの「暴力行為」とアメリカでの「政治的偏向」を非難し、アメリカ人が「安定と社会正義に向けて新たな道を切り開くことができる」と希望を表明した。

Keep in mind that the US has refused to recognize Venezuela’s elected president or parliament, attempting for the past two years to install an unelected ‘interim president’ instead and call it democracy. While the Trump administration has led this effort, the Democrats – now poised to have absolute power in the US – have been fully on board.
アメリカはベネズエラの選挙で選ばれた大統領や議会を認めず、過去2年間、選挙で選ばれていない「暫定大統領」を代わりに設置し、それを民主主義と呼ぼうとしてきたことを覚えておいてほしい。トランプ政権がこの努力を主導している間、民主党は-今ではアメリカで絶対的な権力を持つようになっている-完全にそれに乗っかっている。

Likewise, the only time the Republican establishment and the Democrat ‘Resistance’ banded together in near-unison was to override Trump’s veto of the NDAA military funding bill, which contained a provision that would block him or any future president from withdrawing troops from overseas endless wars without prior congressional approval. The commitment to the Empire runs deep in the Washington ‘swamp’, as Trump used to call it.
同様に、共和党の設立と民主党の「抵抗」がほぼ一致して結束したのは、トランプのNDAA軍事資金法案の拒否権を無効にすることだけでした。これには、彼または将来の大統領が海外から軍隊を無限に撤退させることを阻止する条項が含まれていました。事前の議会の承認なしに戦争。帝国へのコミットメントは、トランプがそれを呼んでいたように、ワシントンの「沼」の奥深くにあります。

“We are seeing images that I never imagined we would see in this country – in some other capital yes, but not here,” said Haas.
「私たちは、この国で見られるとは想像もしていなかった画像を見ています。他の首都ではそうですが、ここでは見られません」とハース氏は言います。

This unwitting admission of ‘American exceptionalism’ basically says it’s fine for US-backed activists to storm parliaments in “regimes” that Washington dislikes and wants to change, but when Americans rebel against their own government they believe is acting illegitimately, that’s beyond the pale.
この「アメリカ例外主義」の無意識の承認は、基本的に、米国が支援する活動家が、ワシントンが嫌いで変更したい「政権」で議会を襲撃することは問題ないと言っていますが、アメリカ人が自分たちの政府に反抗するとき、彼らは違法に行動していると信じています、それは淡い色を超えています。

While what happened Wednesday was not actually a “color revolution,” the visuals were certainly similar enough for the world to take notice. It would be wrong, however, to blame the Capitol “insurrection” for the demise of the American Empire, when it was merely the last domino to fall.
水曜日に起こったことは実際には「色の革命」ではありませんでしたが、ビジュアルは確かに世界が注目するのに十分似ていました。しかし、それが単に落下した最後のドミノであったとき、アメリカ帝国の終焉のために国会議事堂の「反乱」を非難することは間違っているでしょう。

Again, don’t take my word for it – here’s Ishan Tharoor, a columnist for the notoriously pro-establishment Washington Post, declaring on Thursday that for “many abroad,” the vision of the US as a shining city on a hill with global moral influence and authority “has already died a thousand deaths.”
もう一度言いますが、私の言葉を鵜呑みにしてはいけません。悪名高い親体制派のワシントン・ポストのコラムニスト、イシャン・タローアは木曜日に、「海外の多くの人々にとって」、世界的な道徳的影響力と権威を持つ丘の上の輝く都市としての米国のビジョンは、「すでに千の死を迎えている」と宣言しています。

For some of these people, Tharoor argued, this narrative was “always an illusion to obscure the Washington-engineered coups and client military regimes.” Indeed.
これらの人々の何人かにとって、この物語は「ワシントンが仕組んだクーデターやクライアントの軍事政権を隠蔽するための幻想だった」とタローア氏は主張した。その通りだ。

Democrats and their neocon allies have spent the past four years blaming Trump’s ‘America First’ policy, lamenting that he was acting unilaterally, antagonizing “allies” and creating a “leadership vacuum” in the world. Those are the talking points of the incoming administration as well.
民主党とその新保守主義の同盟国は、過去4年間、トランプの「アメリカファースト」政策を非難し、彼が一方的に行動し、「同盟国」に敵対し、世界に「リーダーシップの空白」を作り出したことを嘆きました。これらは、次期政権の論点でもあります。

Except they’ve clearly forgotten the events of January 2020, when Trump ordered the drone assassination of Iranian General Qassem Soleimani. There were no protests from US “allies” – or should we say vassals? Instead, they fell in line with amazing alacrity.
トランプがイランのガーセムソレイマニ将軍のドローン暗殺を命じた2020年1月の出来事を明らかに忘れていることを除いて。米国の「同盟国」からの抗議はありませんでした–それとも家臣と言うべきでしょうか?代わりに、彼らは驚くべき敏捷性と一致しました。

Trump actually embraced the American Empire, he simply dispensed with the polite fictions it had used to dress up as something else over the years.
トランプ氏は実際にアメリカ帝国を受け入れたのだが、彼はアメリカ帝国が長年にわたって他の何かを装うために使ってきた丁寧なフィクションを単に取り払っただけだった。

Ironically, it was the mobilization of the entire US political establishment to get rid of Trump – starting with ‘Russiagate’ and the impeachment circus over the phone call to Ukraine, with nationwide riots about “racial justice” and the politically weaponized coronavirus lockdowns along the way – that did the lion’s share of exploding the myths that maintained US hegemony, both at home and abroad.
皮肉なことに、トランプを排除するために米国の政治組織全体が動員されました。「ロシアゲート」とウクライナへの電話による弾劾サーカスから始まり、「人種的正義」に関する全国的な暴動と、方法–それは、国内外で米国の弾劾を維持した神話を爆発させるという大部分を占めました。

Remember the ‘Deep State’ that was supposedly a Trumpian conspiracy theory? Yet its existence was confirmed in the impeachment hearings, a former CIA director openly praised it, and the eventual revelations of a FBI plot to frame General Flynn removed any vestiges of doubt.
トランプの陰謀論とされていた「ディープステート」を覚えているだろうか?しかし、弾劾公聴会でその存在が確認され、元CIA長官が公然と賞賛し、最終的にフリン将軍を陥れようとしたFBIの陰謀が明らかになったことで、疑念のかけらも取り除かれた。

The mainstream media’s war on Trump, later joined by social media platforms – censorship of the legitimate and accurate Hunter Biden laptop story just before the election being just the most egregious example – also played out for the world to see. In the end, they banned Trump from every social media platform while he was still in office, even as he said he would leave peacefully.
トランプに対する主流メディアの戦争は、後にソーシャルメディアプラットフォームが加わりました。選挙直前の合法で正確なハンターバイデンのラップトップストーリーの検閲は、最もひどい例でしたが、世界に向けて展開されました。結局、彼らは、トランプが平和的に去ると言ったとしても、彼がまだ在職している間、すべてのソーシャルメディアプラットフォームからトランプを禁止しました。

Basically, the entire US establishment was so consumed by the desire to burn Trump at the proverbial stake, they chopped up the scaffolding that held up the Empire to use as firewood.
基本的には、アメリカの組織全体が、トランプ氏を火あぶりにしたいという願望に飲み込まれ、帝国を支えていた足場を薪として切り刻んでしまったのだ。

In a speech recently, Joe Biden vowed to “rebuild, reclaim America’s place in the world” as a country that will “champion liberty and democracy once more.” That’s a daunting task, on par with putting the genie back into the bottle, un-spilling milk, or putting Humpty Dumpty back together again.
最近の演説で、ジョー・バイデンは、「自由と民主主義をもう一度唱える」国として、「アメリカを再建し、世界におけるアメリカの居場所を取り戻す」と誓った。それは大変な作業で、精霊を瓶に戻したり、牛乳をこぼしたり、ハンプティ・ダンプティを元に戻したりするのと同じくらい大変な作業です。

Ironically, the only thing that could repair American prestige in the world might be to patch up the American Republic, almost broken by the four years of ‘Resistance’ to Trump. But as that would entail some self-awareness and soul-searching, it remains, shall we say, highly unlikely.
皮肉なことに、世界におけるアメリカの威信を修復できる唯一のことは、トランプ大統領への4年間の「抵抗」によってほとんど壊れてしまったアメリカ共和国を修復することかもしれない。しかし、それにはある程度の自己認識と魂の探究が必要になるだろうから、それは非常に可能性が低いと言えるだろう。
posted by ZUKUNASHI at 20:03| Comment(1) | 国際・政治

日本海側で空間線量率の低下が大きい 大雪のためです

北日本、日本海側の各地で空間線量率の低下が大きくなっています。これは急な積雪による放射線の遮断効果が生じているためです。
秋田県、山形県、新潟県、石川県。鳥取県や島根県でも雪が多い。
上越市については公共施設の屋根の雪下ろしのため自衛隊の出動を依頼したそうです。

屋根の雪下ろしは危険を伴います。崩れ落ちた雪に埋まったり、屋根から落下したりの事故が絶えません。
どうぞ注意して作業をなさってください。最近は新しい雪下ろしの器具も出ているようです。

ただいまの空間線量率 変動状況

posted by ZUKUNASHI at 15:41| Comment(0) | 日記

新コロナウィルスの主戦場は今や田舎です

長い表は、2020/12/1から最新時点までの市町村別新規感染者数。神埼町や八街市、鎌ヶ谷市、白井市などが上位に来ています。田舎に住んでいてもウィルスは訪れます。10万人当たり169人なら1000人当たり1.7人。600人に一人が感染です。用心の足りない街に一人でも拠点を確保すれば、あとは暴れ放題です。
posted by ZUKUNASHI at 11:38| Comment(0) | Covid19