ずくなしの冷や水

2021年01月01日

イラン、トルコ、パキスタンが鉄道を復活させる

イランが中国と協力して鉄道網の整備を推進しています。アゼルバイジャンを経由してロシアの鉄道とつなげる計画もある。中国からは、欧州への直通貨物列車の実験も行われています。中国の内陸部から鉄道でユーラシア大陸の各地に荷物を届けられるメリットは大きい。
中国はレール敷設の大型機械を開発していて、コンクリート製の枕木をポンポンと落としながらレールを引いたり、枕木をつけたレールを敷いていくなど画期的な機械が開発されています。中国の勢いは止まらない。

PRESSTV2020/12/30
Iran, Turkey, Pakistan plan to revive railway line: Report

Iran, Turkey and Pakistan plan to revive a railway line connecting Istanbul to Tehran and Islamabad and ultimately extend it to China, Tokyo-based newsmagazine Nikkei Asia reports.

The three countries launched a container train service in 2009, but it only got as far as test runs and was never fully operational.

Even so, they always planned to follow up the initial freight trains with passenger services and are now willing to launch the ITI transnational line with the aim of enhancing connectivity with China's Belt and Road Initiative (BRI), the report said.

The railroad service, stretching for 6,540 km, will cut the 21-day journey between Pakistan and Turkey by sea to 10 days. And by extension, it will connect to China's Xinjiang autonomous region which is populated by ethnically Turkic Uighur Muslims, Nikkei said.

According to Lukasz Przybyszewski, a West Asia analyst for the Asia Research Center at Warsaw's War Studies Academy, the ITI railroad would further boost BRI, a trillion-dollar plan to connect the infrastructure and economies of countries across Asia, Africa and Europe.

Przybyszewski believes that Beijing regards Iranian transport infrastructure in particular as part of BRI. The ITI railroad, he says, will help Iran move around US sanctions.

"For Tehran, this is an attractive alternative trade route because the ECO countries trade, in local currencies," Przybyszewski told the publication.

ECO stands for the Economic Cooperation Organization, a 10-member political and economic intergovernmental organization founded in 1985 by Iran, Pakistan and Turkey.

Under President Donald Trump, the United States has been following a policy of “maximum pressure” against Iran in order to isolate the country through severing all modes of international trade with the Islamic Republic.

However, Przybyszewski believes it is “practically impossible to isolate and stop Iran from trading with its neighbors”.

According to the expert, infrastructure projects such as the ITI railroad will stimulate the Iranian economy, and new railway connections will offer greater flexibility going forward.

Last year, China took a major step to upset the United States in its efforts to isolate Iran economically by committing to several hundred billions of dollars in investment in the Islamic Republic.

China updated a 25-year deal signed with Iran first in 2016 that foresees $400 billion of Chinese investment in the resource-rich Middle Eastern nation.

According to analysts, the deal represents “a potentially material shift to the global balance of the oil and gas sector” and could mark a "seismic shift in the global hydrocarbons sector” where no US dollars will be involved in commodity transaction payments.

The central pillar of the new deal is that China will invest $280 billion, developing Iran's oil, gas and petrochemicals sectors. There will be another $120 billion investment in upgrading Iran's transport and manufacturing infrastructure.

Officials have said China’s close involvement in the build-out of Iran's manufacturing infrastructure would be entirely in line with its mammoth One Belt, One Road initiative.

The Asian giant, they say, intends to utilize the low cost labor available in Iran to build factories, designed and overseen by large Chinese manufacturing companies, with identical specifications and operations to those in China.

The idea is to ship Chinese products to Western markets by using Iran’s transport infrastructure.

Beijing’s biggest transportation project in Iran is worth $1.5 billion to electrify the rail line from Tehran to Mashhad for a length of 926 kilometers.

There are also plans to establish a Tehran-Qom-Isfahan high-speed train line and to extend this upgraded network up to the northwest through Tabriz.

The railway is part of the 2,300-kilometer New Silk Road that will link Urumqi in China’s resource-rich Xinjiang province to Tehran, connecting Kazakhstan, Kyrgyzstan, Uzbekistan and Turkmenistan along the way and extending to Europe via Turkey.

Tabriz, home to a number of key oil, gas and petrochemical and other industrial sites, and the starting point for the Tabriz-Ankara gas pipeline, will be a pivot point in the route.

However, those investment plans have been put on the back burner since the US reimposed sanctions on the Islamic Republic in 2018.
posted by ZUKUNASHI at 22:25| Comment(0) | 国際・政治

Will relations between old adversaries the US & Russia improve under Biden? No, they’ll only get worse

RT 31 Dec, 2020 15:54
Will relations between old adversaries the US & Russia improve under Biden? No, they’ll only get worse
As the incoming Democrat surrounds himself with hostile Russophobes, the frosty US-Russian relationship doesn’t look likely to thaw any time soon. In anticipation, Moscow is already shifting to a policy of deterrence.

In comments made to the media on Christmas Eve, Russian Deputy Foreign Minister Sergey Ryabkov was critical of US policy toward Russia. Discussing the most recent round of economic sanctions levied by Washington against the country, Ryabkov accused the US of “accommodating the domestic needs of those interested in further non-stop escalation of tensions in relations with Russia, and letting them know that Washington led by the current administration has no intention to slow down its anti-Russian campaign.”

Noting that “the next US president will receive a difficult legacy,” Ryabkov stated that “I am not sure that those who might be responsible for Russia after January 20 [when Joe Biden is sworn in] are inclined and ready to seriously start strengthening a healthy foundation,” adding that “[w]e are moving from bad to worse.”

Ryabkov’s comments cannot be viewed in isolation, but rather must be examined in the context of the past two decades, during which time the US has been angrily lashing out at Russian President Vladimir Putin for the “crime” of seeking to right a Russian ship that was floundering in the stormy seas of post-Cold War lethargy brought on by years of misrule on the part of Boris Yeltsin.

From the US' perspective, Yeltsin was a compliant asset who sought Russian stability through the implementation of flawed market reform that sacrificed Russian democracy, allowing “economic liberalization” to transform into a Russian version of 19th-century American “robber-baron” capitalism. After years of watching the US run roughshod over a prostrate Russia, buying elections and humiliating Yeltsin in phone calls where he begged his American counterpart, Bill Clinton, to give Russia a modicum of respect, Putin took the reins of power as Yeltsin’s hand-picked heir apparent.

Putin won the Russian presidential election of 2000 and has never wavered from his vision of restoring Russia to what he believes is its rightful position as one of the world’s “great powers.” This has been a constant irritation to Washington, which has sought to sustain the post-Cold War subservient status of Russia as a “defeated” nation whose ambitions were to be permanently subordinated to a “victorious” US/NATO alliance.

As President-elect Biden surrounds himself with a cast of Russo-phobic “Putin whisperers” whose singular focus is on how best to undermine the legitimacy of the Russian president, he should pay heed to the words and assessments offered up by Ryabkov.

The future will not be 'business as usual', where the US dictates policy options to a Russia waiting in the wings. Russia will no longer stand idly by waiting for the US to come to its senses, but rather will treat the US for what it has become – a malign actor who must be deterred rather than accommodated. It is the US, not Russia, who has seized the mantle of 'Evil Empire'.

Ryabkov’s statements are not a threat – indeed, he made it very clear that Russia is ready and willing to work with the US to improve relations.

“If at any stage of the development of the process of its thinking on Russia, Washington demonstrates the readiness to try to clear the way in at least some areas, we will not keep them waiting,” Ryabkov noted. “We are ready for that. But we are not going to beg them to do so. We need relations with the United States as much as Washington needs relations with Russia. They should be fully aware of that.”

The deputy foreign minister declared that “it's up to the Americans to choose how, when, and what should be done about our bilateral relations. We are not initiating any contacts with Biden's transitional team, and we are not going to do so. Whenever they become interested, they are welcome, every address is known.”

But Ryabkov was not optimistic for any change coming from the new administration, noting that “[it] would be strange to expect anything good from people, many of whom have built their careers on Russophobia and slinging mud at my country.”

Russia, Ryabkov declared, would be considering a two-track approach toward relations with the US, one that was driven by the reality that “US policy on Russia is deeply hostile and contravenes our fundamental interests.” As such, Russia would be seeking “total deterrence of the United States in all areas.” The second track, “selective dialogue,” would be engaged “only in those areas that are interesting to us, instead of the areas interesting to them only.”

Ryabkov picked up on the use by Biden of the term “adversary” when describing Russia. “If you are adversaries,” he said, “you should sit in your trench, while we will do everything we can to make things worse and more difficult for you. This is the essence of the US policy on Russia, it is crystal clear. This is what we should proceed from and we have no illusions about who we are dealing with on the other side. The situation will fully persist under the new administration.”

US-Russian relations under a Biden administration, Ryabkov declared, were reflective of “a historical moment of truth, when the masks slip and when there is no need to cover with empty words some things that have become obvious recently. This is what is called the naked truth of life. It should be perceived in all of its diversity as it is.”

Russia was patient with Trump, operating under the mistaken belief that the current incumbent sought to better relations. But no more. As Ryabkov noted, “I know for sure there was no interest in normalizing relations with the Russian Federation when the Trump administration was in office.” The door leading to the betterment of relations will remain unlocked, if the US decides it wants to enter. But it will no longer remain open, with Russia standing by like a girl ready to be stood up on prom night.

Those days are over, never to return. This is the new reality that Biden and his coterie of Russophobic advisers are going to have to deal with going forward, a pragmatic reality that no longer seeks or desires a foundation of a friendship upon which to conduct relations.

旧来の敵である米ロ関係はバイデンの下で改善されるのか?いや、悪化するだけだ
次期民主党員が敵対的なロシア恐怖症者に囲まれているように、凍りついた米ロ関係はすぐには解消されそうにない。それを見越して、モスクワはすでに抑止政策に移行している。

リャブコフ外務副大臣はクリスマスイブにメディアに向けたコメントで、米国の対ロ政策を批判した。リャブコフ氏は、最近ワシントンがロシアに課した経済制裁について、「ロシアとの関係をさらにノンストップでエスカレートさせたいと考えている人々の国内ニーズに対応し、現政権が率いるワシントンが反ロシアキャンペーンを減速させるつもりはないことを彼らに知らしめている」と非難した。

次期米大統領は難しい遺産を受け取ることになる」と述べ、「ジョー・バイデン氏が就任した1月20日以降にロシアの責任者になるかもしれない人たちが、健全な基盤を真剣に強化し始める気になっているかどうかは分からない」と述べ、「悪いことから悪いことへと進んでいる」と付け加えた。

リャブコフ氏のコメントは単独で見ることはできないが、過去20年間の文脈の中で検討しなければならない。その間、米国は冷戦後のボリス・エルツィン大統領の長年の失政によって引き起こされた冷戦後の無気力の荒波の中で浮沈していたロシアの船を正そうとしたという「罪」でロシアのウラジーミル・プーチン大統領に怒りをぶつけてきた。

アメリカから見れば、イェルツィンは、ロシアの民主主義を犠牲にした欠陥のある市場改革を実施することでロシアの安定を求め、「経済の自由化」が19世紀のアメリカの「強奪者バロン」資本主義のロシア版へと変貌することを可能にした従順な資産であった。アメリカが衰弱したロシアの上を奔走するのを何年も見てきた後、選挙を買収し、電話でイェルツィンを辱め、アメリカ人のビル・クリントンにロシアに少しは敬意を払ってほしいと懇願した後、プーチンはイェルツィンの手で選ばれた後継者として権力を掌握した。

プーチンは2000年のロシア大統領選挙で勝利し、ロシアを世界の「大国」としての正当な地位に戻すというビジョンを決して揺るがない。このことは、冷戦後のロシアの「敗戦国」としての従属的な地位を維持しようとしてきたワシントンにとっては、常に苛立ちの種であった。

次期大統領バイデンは、ロシア大統領の正統性をいかに損なうかに焦点を当てたロシア恐怖症の「プーチン・ウィスパラー」たちに囲まれているので、リャブコフの言葉と評価に注意を払うべきである。

将来は、米国がロシアに政策の選択肢を指示するような「いつも通りのビジネス」ではないだろう。ロシアはもはや、米国が正気になるのを待っているだけではなく、米国が何をしているのかを知らず知らずのうちに見ているのではなく、むしろ、米国を悪者扱いするだろう。悪の帝国」のマントを手に入れたのはロシアではなく、アメリカなのだ。

リャブコフ氏の発言は脅しではなく、ロシアは米国との関係を改善するために協力する用意があり、喜んでいることを明確にしている。

"もし、ロシアに対する考え方の発展過程のどの段階でも、ワシントンが少なくともいくつかの分野で道を切り開こうとする準備ができていることを示したなら、我々は彼らを待たせたりはしない」とリャブコフは指摘した。"我々はその準備ができている。しかし、彼らにそうしてほしいと懇願するつもりはない。ワシントンがロシアとの関係を必要としているのと同じくらい、我々は米国との関係を必要としている。彼らはそのことを十分に認識しているはずだ」と述べた。

外務副大臣は「我々の二国間関係について、いつ、どのようにして、何をすべきかはアメリカの選択次第だ」と宣言した。我々はバイデンの移行チームとの接触を開始していないし、そうするつもりもない。彼らが興味を持つようになればいつでも歓迎するし、すべての住所は知られている。"

しかし、リャブコフ氏は新政権の変化を楽観視しておらず、「多くの人がロシア恐怖症でキャリアを積み、わが国に泥を撒き散らしてきた人たちに何か良いことを期待するのはおかしい」と指摘した。

ロシアは、「米国の対露政策は深く敵対的であり、我々の基本的な利益に反する」という現実を受けて、対米関係の二本立てを検討していると、リャブコフ氏は宣言した。そのため、ロシアは「あらゆる分野で米国の全面的な抑止力」を求めている。第二のトラックである「選択的対話」は、「自分たちにとって関心のある分野だけではなく、自分たちにとって関心のある分野だけを対象にする」というものである。

リャブコフは、バイデンがロシアを表現する際に「敵対国」という言葉を使ったことを取り上げた。"もしあなた方が敵対者であるならば、あなた方は塹壕の中に座るべきであり、我々はあなた方のために状況を悪化させ、より困難にするためにできる限りのことをするだろう」と述べた。これが米国の対露政策の本質であり、はっきりとしている。これが私たちが進むべき道であり、私たちは相手が誰なのかについて幻想を抱いていません。新政権下では状況は完全に持続するだろう。"

バイデン政権下の米ロ関係は、「仮面が剥がれ落ち、最近明らかになってきたことを空虚な言葉で隠す必要がなくなる、歴史的な真実の瞬間」を反映しているとリャブコフ氏は宣言した。これが人生の裸の真実と呼ばれるものである。それは、その多様性のすべてにおいて、あるがままに知覚されるべきである。"

ロシアは、現在の現職がより良い関係を求めたという誤った信念の下で動作し、トランプとの忍耐でした。しかし、これ以上はない。リャブコフ氏が指摘するように、「トランプ政権時代には、ロシア連邦との関係を正常化することに関心がなかったことは確かだ」。関係改善につながる扉は、米国が入りたいと判断すれば、開かれたままだ。しかし、ロシアはもはや開いたままではなく、プロムの夜に立ち上がる少女のように待機している。

そんな時代は終わったのだ。これが、バイデンと彼の同人のロシア恐怖症アドバイザーたちが、今後対処しなければならない新たな現実であり、もはや友好関係の基盤を求めたり、求めたりしない現実である。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

posted by ZUKUNASHI at 21:56| Comment(0) | 国際・政治

従業員に新コロナウィルス検査結果を伝えられない、検査を受けてもらえない デイリートランスポート

NHK12月03日 18時53分
感染確認後10日余 連絡取れず
千葉県船橋市は、新型コロナウイルスの大規模な集団感染が発生した物流倉庫で2人の従業員の感染が確認されたにもかかわらず、連絡が取れなくなっていたことを明らかにしました。
船橋市によりますと、市内にある物流倉庫会社「デイリートランスポート」ではことし10月から先月にかけて従業員106人の集団感染が確認されました。
このうち20代の男性従業員2人について、船橋市は10月25日に感染が判明したにもかかわらず、その後、連絡が取れなくなっていたことを明らかにしました。
船橋市などによりますと、感染が判明した後、保健所や会社が電話やSNSなどを通じて連絡を続けましたが接触できず、検査結果を伝えられなかったということです。
感染の確認から10日あまりたって連絡がつき、会社が2人に感染について伝えましたが、この間の行動などについては分かっていないということです。
このほか検査の対象となっていたものの、連絡がつかないなどの理由で検査できなかった従業員も54人にのぼるということです。
関係者によりますと、働いていた人の中には外国籍のため日本語での会話が難しい人もいたということです。
船橋市保健所は「連絡が取れなかった間に感染が広がった可能性は否定できず望ましくない事例だが、できることはやったと認識している。同じことが起こらないよう対応を検討していきたい」と話しています。

・・・引用終わり・・・

工場や倉庫が休業になったら日給制の非正規職員は会社に連絡もしませんよね。連絡手段はスマホだけ。電話に出ない、SMSに応答しないことだってあるでしょう。

千葉県発表の陽性者リストには、今なお「船橋市内事業所関係」で居住地調査中の20代男性が二人います。無症状となっています。

デイリートランスポートは、2020/11/7に次の発表をしています。

「株式会社デイリートランスポート習志野物流センターの従業員全員へPCR検査を実施しておりますが、本日までに106名の陽性を確認しましたのでお知らせいたします。他機関にて検査された、当社との関連調査中の方1名を含んでおります。」

この会社は、コンビニの食品などのピッキングと配送をやっていたんですよね。従業員のことは、よく知らないまま雇っていたんですね。

この集団感染については、いったん就労制限期間が終わりましたが、その後もグループ内で陽性者が見つかっています。



まだ検査未実施者が54名もいるようです。これでは感染は収まりません。
posted by ZUKUNASHI at 16:55| Comment(0) | Covid19

Angama氏のこの意見理解できますか

※ Angama@Angama_Market氏の2020/12/31のツイート
まず、日本のテレビや流行に全くついていけなくなっても何の問題も生じない。日本に帰って馴染めなくなるんじゃないかというのも、そもそも帰らなければ問題ない。厳然たる現実として、日本を去っても幸せに生きていける。日本を出る=敗北では全くない。だから恐れることはない。

※ Angama@Angama_Market氏の2020/12/31のツイート
英語は全てへのワームホール。英語で勉強すれば日本が明治維新以降に輸入した全ての学問を無駄な装飾なしで勉強出来る。最新のだとプログラミング。 フランス語やスペイン語も英語からの方が圧倒的に差分が小さくて早いし、中国語の文法はほぼそのまま英語。出来るだけ容赦なく英語で勉強するのが得。

※ Angama@Angama_Market氏の2020/12/31のツイート
コロナウイルスの影響で受験とか就職とかに大きな影響が出てくる学生もいると思うけど、勉強のペースはむしろ上げていかないとダメだと思うね。厳しいことに聞こえるかも知れないけど、微分積分は学校を出たら役に立たないかも知れない。でも友達はもっと役に立たないから。

※ Angama@Angama_Market氏の2020/12/31のツイート
20年後30年後に笑って暮らしてる未来のオッズは、卒業式にスーツケースを持っていき、その足で日本を出るパターンで最大になると思う。1日後伸ばしにすればそれだけオッズは下がる。1-5年だけのスパンで近視眼的に考えないように。

・・・・・

管理人はよいことを言っていると思います。

英語に親しんでほしいと思い、このブログでは英文記事を転載してきました。通信社が日本語で流す記事と比べてどこが違うか分かったでしょう。

英語が好きでないという方に強調したいのは、英語は米国の帝国主義者や英国のダブルスタンダードの人たちだけの言葉ではなく、帝国主義に反対する人々、階級闘争を担う人々の言葉でもあるのです。それに英語以外の言葉の国では、世界とコミュニケートするツールになっています。

英語を使ってある特定の分野に関心を持って勉強する場合、英語力の進歩は特に大きいです。なんでも興味から。管理人が英語を読むのに立ち戻ったのは、シリア戦争で状況を知りたかったからです。ヒアリングは耳が閉じているので全く進歩なし、しかしリーディングは、翻訳ソフトの助けもありそれほどイラつかないようになりました。

子供が日本を出てどこかで勝手に暮らしていても、何も心配することはありません。言葉さえできれば、生きていける。マシな収入を得るにはプラスアルフアの技能やスキルが必要ですが。

「友達はもっと役に立たない」 同じような環境にいるときは役に立ちますが。

若ければ若いほど、吸収力があります。世界のいろいろな環境に置かれて物事に対する見方が深まります。これは何よりも強烈な刺激になる。

ただ一つ書いておいたほうがよいだろうと思うことがあります。もし治安の悪い国や地域に行った場合、戦闘に巻き込まれたり、誘拐されて身代金を要求されたりすることがあります。管理人の場合、子供がそういう不測の事態に陥ったときに備え、カネを作るためには自宅を処分する覚悟を持ちました。

そして現地の人と結婚する話が出た場合、こちらでは役に立つことはできないので、相手の方の両親と親しくさせてもらって指導してもらったり、助けてもらえと伝えました。結婚式もなしで構わない。先方の親族次第です。

冒頭の季節のご挨拶の画像は、海外で奮闘する日本人の一人から送ってもらったものです。
posted by ZUKUNASHI at 12:37| Comment(1) | 社会・経済

若ければなんでも挑戦できる 若いことは素晴らしいこと

シリア人でオーストラリアに住むシリアンガール。シリア戦争の事実を伝え、確かな地政学的な分析で世界的に知られています。


2020年にどんな失敗が起こったとしても、2021年が何をもたらすとしても、私はついにLEDバルーンを見つけて購入しました、そして何物もその勝利を奪うことはできません!

次の画像は、シリアンガールを称える目的で作られたのでしょう。


大学に在籍しているらしいのですが、上の画像でも世俗的なイメージで描かれています。
posted by ZUKUNASHI at 11:29| Comment(0) | 国際・政治