ずくなしの冷や水

2020年12月05日

石川県は医療界全体で感染者数を抑えている?

中日新聞2020年12月5日 05時00分 (12月5日 10時12分更新)
死亡前 コロナ検査断られ 金沢の男性 死後に陽性判明
石川県「医師の判断が必要」
 死後に新型コロナウイルス感染が確認されたとして、石川県が11月27日に発表した金沢市の男性は、県発熱患者等受診相談センターに電話してPCR検査を希望したが受けられなかったことが、本紙の取材で分かった。男性には、ぜんそくの疾患があったという。(堀井聡子)
 この男性は金沢大薬学系准教授の高橋広夫さん=享年四十二。妻(43)や知人の話では、高橋さんの自宅は県外にあり、金沢市内に単身赴任していた。十一月十六日に強い倦怠(けんたい)感があり、自宅療養中の二十日には三九度台の発熱があった。二十一日に医療機関を受診したところ、インフルエンザの検査は陰性で、薬を処方された。
 本人は「近くの医院」と話していたという。妻や知人とのメール記録によると、高橋さんは二十一日、県発熱患者等受診相談センターに電話してPCR検査を受けたいと伝えたが、「かかりつけ医の判断がなければ検査は受けられない」と告げられたという。
 通院後、熱は三七度台に下がったが、せきやのどの痛みが出たため、三連休明けの二十四日に同じ医療機関を再受診した。二十五日朝、妻がチャットでメッセージを送ったが返信がなかった。何度電話してもつながらなかったため、知人を通じて金沢大に連絡。二十六日に職員が自宅を訪れると、既に死亡していた。
 その後、保健所によるPCR検査で陽性が判明した。死亡を証明する死体検案書によると、死因は「不詳の内因死(病死)」。直接死因に関係しないが、影響を及ぼした傷病名として「COVID−19(新型コロナ)陽性」と記されていた。
 妻は本紙の取材に、高橋さんがPCR検査を受けられなかったことに「検査が間に合い入院できたら、夫は助かった」と悔やんだ。さらに「検査するかどうかの判断が、医師に限られていることは良くない。ちょっとでも具合が悪いと思ったら、すぐ検査を受けられるようにしてほしい」と訴えた。高橋さんは二十四日、妻に「自宅近くの医院で、コロナではないと言われた」とのメッセージを残していたが、医療機関名は告げていなかった。
 厚生労働省はぜんそくについて、コロナの重症化リスク因子に入れていないが、医師によると、コロナでぜんそくが悪化する可能性があるため、一般の人より慎重な診察が求められるという。
 高橋さんは生物工学が専門。中でも遺伝情報など膨大な数値データを解析する分野で、優秀な若手に研究費を助成する文部科学省の「卓越研究員」に選ばれていた。妻は「とても明るく、いつも全力で頑張る前向きな人。家族のことも大好きでした」としのんだ。
 高橋さんが受診相談センターにPCR検査を希望していたことについて、県健康推進課の相川広一課長は「個別の案件は把握していない」とし、「センターは通常通り対応した。検査するかは患者を診た医師が判断することだ」と話した。


posted by ZUKUNASHI at 15:59| Comment(0) | Covid19

45歳の強健なアスリートでも低酸素状態で泣く

https://twitter.com/toxicmd013/status/1334962416019443714

私の、初期の急性呼吸窮迫症候群を伴う重度の低酸素症の顔を見てほしい。 私は45歳の強い、調整されたアスリートです。私は低酸素状態だったので死にたくなかったのでppeを着用して泣いた。私の看護師は私の手を握りました。ささやかなことですが。#COVID19 #MedTwitter #FOAMed #FOAMcc

・・・ツイートが埋め込めなくなっています。

2020/12/4、次のニュースが流れましたが、自治体に再度確認しているとの続報が続きました。深刻な話は、流れなくなってきています。

新型コロナ感染で10代女性が死亡、国内では初 若い世代も注意必要
 厚生労働省は4日、新型コロナウイルスに感染した10代女性が死亡したことを国内発生動向集計で明らかにした。国内で10代の死亡は初めて。海外では若者や子どもの死亡例も報告されており、注意が必要だ。
posted by ZUKUNASHI at 13:58| Comment(0) | Covid19

2021 going to be catastrophic

RT2020/12/5
‘2021 going to be catastrophic,’ UN officials warn as organization faces worst year in history since inception after WWII
The executive director of the World Food Program made a dire forecast about the months to come, slating “catastrophic” humanitarian crises for 2021, in what could be the worst year seen in the better part of a century.

WFP chief David Beasley sounded alarms at a United Nations General Assembly meeting on Friday, convened to discuss the coronavirus pandemic and worldwide efforts to blunt its impact. He warned that some 270 million people are now “marching toward starvation” and that, in some countries, famine is “around the horizon.”

“2021 is literally going to be catastrophic, based on what we’re seeing at this stage in the game,” Beasley said, adding that “because we’ve spent $19 trillion, that money may not, and will not most likely be available for 2021,” even as economic contractions have already begun.

We’re now looking literally at 2021 being the worst humanitarian crisis year since the beginning of the United Nations, and we’re going to have to step up.

While Beasley said the pandemic and government lockdown policies are driving the disturbing trends – stating the “cure could be worse than the disease because of the economic ripple effect” – he noted that “man-made conflict” also had a role to play, naming ongoing wars in Syria, Yemen and South Sudan.

“We’ve got to end some of these wars. We’ve got to bring these wars to an end, so we can achieve the sustainable development goals that we so desire,” he said, dubbing the conflicts, health crisis and looming famine as “icebergs in front of the Titanic.”

If we’re strategic and put the funds to these particular icebergs before us, I believe that we can get through 2021, while we work with the vaccines and rebuild the economies.

In August, the WFP head said the number of people facing malnutrition could spike by 80 percent by the end of the year, warning of a “famine of biblical proportions” as millions risk starvation. UNICEF, meanwhile, predicted in May that, in 118 low and middle-income nations, 1.2 million children under the age five could die in the following six months, pinning the surge on declining access to medical care “due to lockdowns, curfews and transport disruptions.”
posted by ZUKUNASHI at 11:49| Comment(0) | 国際・政治

「ワクチンはゼロCovidと同じではない」とWHO パンデミックはすぐに終わるだろうとの人々の思い込みを「懸念」

RT2020/12/4
‘Vaccines DO NOT equal zero Covid,’ says WHO, ‘concerned’ about people’s belief pandemic will soon be over
The World Health Organization has urged people to continue to take the coronavirus outbreak seriously and not to act as though the pandemic will soon be over, despite recent progress in the development of Covid-19 vaccines.

“Progress on vaccines gives us all a lift and we can now start to see the light at the end of the tunnel”, the organization’s Director-General Tedros Adhanom Ghebreyesus said on Friday, before adding: “However, WHO is concerned that there is a growing perception that the Covid-19 pandemic is over.”

The health official went on to explain that “at present, many places are witnessing very high transmission of the Covid-19 virus”. This puts immense extra pressure on hospitals, intensive care units and health workers, which are sometimes “running at or over capacity.”

Furthermore, new alarming data indicates that protection from vaccines “may not be lifelong and therefore re-infections may occur,” the WHO's top emergencies expert Mike Ryan, said.

Vaccines do not equal zero Covid.

The WHO's comments come on the heels of the UK becoming the first country in the world to approve a vaccine, jointly developed by Pfizer and BioNTech.

Notably, on Thursday, Pfizer’s CEO seemed to echo Ryan’s concerns, saying that he “wasn’t certain” if the already green-lit cure would stop transmission of Covid-19.

「ワクチンはゼロCovidと同じではない」とWHO パンデミックはすぐに終わるだろうとの人々の思い込みを「懸念」
世界保健機関(WHO)は、コビド19ワクチンの開発が進んでいるにもかかわらず、コロナウイルスの流行を真剣に受け止め続け、パンデミックがすぐに終わるかのように行動しないよう人々に促している。

「ワクチンの進歩は私たち全員をほっとさせ、トンネルの先に光が見えるようになりました」と同組織のTedros Adhanom Ghebreyesus事務局長は金曜日に述べて次のように付け加えた。「しかし、WHOは、コビド19のパンデミックが終わったという認識が広まっていることを懸念しています」

保健当局者は、「現在、多くの場所でコビド-19ウイルスの感染が非常に多く発生している」と説明しました。これは、ときにその能力いっぱいかそれを超過している病院、集中治療室、医療従事者に計り知れない余分な圧力をかけている。

さらに、新たな憂慮すべきデータは、ワクチンからの保護が生涯続くとは限らず、再感染が起こる可能性があることを示している、とWHOの緊急事態専門家のトップ マイク・ライアンは述べています。

ワクチンはゼロCovidと同じではない

WHOのコメントは、英国がファイザーとBioNTechが共同開発したワクチンを世界で初めて承認した国になったことを受けてのものである。

注目すべきは、木曜日、ファイザーのCEOは、ライアンの懸念に呼応するかのように、すでにゴーサインの出た治療薬がコビド19の感染を止めることができるかどうか「確信がない」と述べた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。修正を加えている。

関連でもう1件

RT2020/12/4
98.5% success rate: Just 273 of over 20,000 volunteers for Russia’s Sputnik V vaccine trials have subsequently caught Covid-19
A mere 273 people who volunteered for the third phase trial of Russia’s Sputnik V vaccine have been infected with the coronavirus after their jabs. That's just 1.5% of more than 20,000 who have taken part in the process, so far.

Speaking to a local TV channel, Moscow Deputy Mayor Anastasia Rakova told reporters that the world’s first registered Covid-19 vaccine is performing well, successfully inoculating 98.5% of recipients who had received both the first and second parts of the formula.

“To date, more than 20,000 people have received both doses of the vaccine in post-registration clinical trials,” she explained. “We have recorded only 273 Covid-19 cases. That is 1.5% of those vaccinated.”

“These figures speak for themselves about the effectiveness of this vaccine,” she added.

The Deputy Mayor also explained that Moscow has been preparing a full logistics chain for the vaccine over the last six months, including its storage and transportation.

On Friday morning, registration to be vaccinated against Covid-19 was opened up, and citizens will begin receiving the jab from December 5. To enroll, a Muscovite must be registered to a local city clinic, which can be done online. The first people to be invited for immunization will be those in the main risk groups, including doctors and teachers.

On December 2, Russian President Vladimir Putin ordered the start of a large-scale vaccination program against Covid-19.

On August 11, Putin announced that the country had registered the world’s first Covid-19 vaccine, Sputnik V. Exactly three months later the Russian Direct Investment Fund announced that Sputnik V was 92% effective in producing antibodies after 28 days. Russia has also created a second vaccine called EpiVacCorona, produced by Siberia's Vector Center. It’s scheduled to become available to the public in December, with mass inoculation to begin in the New Year.


posted by ZUKUNASHI at 10:48| Comment(0) | Covid19

やはり日本の学術は遅れている

日本の役所やそれが取り立てる専門家のレベルは世界的に見てずいぶん劣っているようです。

日本の生物系の研究者は大学院までは厳しく育てられる?

大学院まで厳しく仕込まれていても、大学院を出て勤めたとたんに緩んでしまう?

理研のSTAP細胞事件、最近では大急ぎで特例承認(2020/5/7)されたレムデシビルが効果のない偽薬だったと判明しています。

新コロナウィルスのワクチンでも海外の製薬研究機関が先行。日本は輸入のみ。

感染の事例研究でも、中国、韓国の研究が実証的で参考になります。
2020年12月03日
レストランで6.5m離れていても5分間で空気感染

2020年10月27日
下水を介した感染 新コロナで下痢の人のガスは200m先まで影響?

日本では専門家とされる人たちが不正確な人々を惑わせる言説をテレビなどを通じて流しています。

勉強不足な徳島大学の名誉教授
徳島大学
2020年8月27日
本学名誉教授 大橋眞氏の活動に対する苦情について
本学名誉教授の大橋眞氏が、新型コロナウイルス感染症に関する仮説を動画等で発信していることについて、本学へ多くの苦情が寄せられております。
 大橋眞氏は現在、本学と雇用関係になく、⼀連の活動は大橋氏個⼈が行っているものであります。
 従って、大橋氏の見解などは本学と一切関係ございません。


大阪大学のトンデモ教授など終身雇用制にあぐらをかいている人も。彼らは社会に害悪を流している。

著名人も事実よりも希望に逃げ込んでしまう。
https://twitter.com/TokikoKato/status/1283201771389632512
※ 加藤登紀子@TokikoKato氏の午前9:48 ・ 2020年7月15日のツイート
驚きですRT @ttubouti: 科学以前の常識として、新型コロナウィルスは感染力も病原性もほとんどない、常在ウィルスとしか考えられない!納得の大橋真先生のお話です。メディアはなぜ嘘の報道をするのか?考えましょう。⇒ウイルス数から伝搬力と病原性を読み解く https://youtu.be/f9RC8RGDzwQ @YouTube
より

海外でも同じです。
カナダの独立ジャーナリストでガザやシリアの現地取材で評価の高かったエバ・バートレットも新コロナウィルス問題では科学的知識のないことを露呈してしまいました。

シリア人の女性で豪州の大学で学んだ(まだ在籍している?)Syrian Girl@Partisangirlは、惑わされてはいない。

こういう風に世間の言説に虚実が入り乱れてくると一般人が戸惑うのは当然です。そしてその中には楽観論にすがって命を失う人も出てくる。自己責任というのは大変厳しいものです。
posted by ZUKUNASHI at 09:22| Comment(0) | 社会・経済

もうどこにも感染者

※ エキサイトニュース@ExciteJapan氏の2020/11/30のツイート
【発表】スピードスケートの全日本選抜が中止 11月の大会に出場した選手8人が新型コロナ感染
https://excite.co.jp/news/article/SportsHochi_20201130_OHT1T50263/
容体は安定しているという。また、濃厚接触者は14人で、9人は陰性。5人が結果待ちとなっている
https://excite.co.jp/news/article/S

千葉県の年代別、性別の感染者数の推移。この1週間では30代、40代、50代の男性の伸びが少し大きくなっています。


千葉県 2020/11/27〜12/3の都市別感染者

総数519人、このうち感染経路不明が217人。4割が感染経路不明です。
集団感染もある一方で、感染経路不明も増えているという状況です。

もうそこいらじゅう感染者です。あなたも私も無症状だとしても症状のない感染者かもしれない。

次は、埼玉医科大総合医療センター(埼玉県川越市)の岡秀昭教授(感染症科)の2020/11/26のFACEBOOKへの投稿だそうです。埼玉県は各地で超過死亡が発生しています。


「若い人には風邪のイメージですが、1週間も熱が続いて呼吸不全にこんな頻度でなる風邪は見たことないです」「このまま無策では今後1〜2週間でさらにピークは高まり、それに遅れて、1週間後に重症者がピークになります。今の医療体制で限界ですので、つまり2〜3週間後に医療崩壊を迎えます」と指摘。「もう波は起きてしまいましたが、波の高さピークはまだ変えられます」と続くそうです。

2020/12/4千葉県発表の陽性者一覧から「区分」ごとに集計。区分ごとに4名以上のもの。千葉県下の医療機関から報告のあったもののみで他都県で検査を受け陽性と判定された者を含まない。
区分 人数 検査確定日の最小
県外患者接触者 13 2020/1/31
県内発生 3128 2020/2/13
ジム関係 4 2020/2/20
福祉事業所関係 4 2020/3/6
海外渡航者 38 2020/3/17
海外来日者 6 2020/3/19
障害福祉施設関係 121 2020/3/28
県内患者接触者 5 2020/3/31
調査中 307 2020/3/31
運送業関係 8 2020/4/2
同意なし 58 2020/4/4
県外患者接触 340 2020/4/5
会食関係 9 2020/4/7
市川老健施設関係 22 2020/4/8
松戸医療機関関係 10 2020/4/10
松戸老健施設関係 35 2020/4/11
佐倉ケアハウス関係 8 2020/4/12
千葉医療機関関係 5 2020/4/24
県内患者接触 66 2020/4/29
患者接触 71 2020/6/12
松戸専門学校関係 9 2020/6/28
松戸特養関係 6 2020/6/29
海外渡航者(空港検疫症例) 7 2020/7/4
浦安医療機関関係 39 2020/7/11
市外患者接触 100 2020/7/14
市内患者接触 24 2020/7/19
印西研修所関係 13 2020/7/20
千葉飲食店関係 11 2020/7/21
鎌ケ谷市高齢者施設関係 8 2020/7/24
患者1318接触 4 2020/7/27
患者1307接触 4 2020/7/28
佐倉市カラオケ店関係 29 2020/7/30
千葉飲食店関係A 7 2020/7/31
木更津市内通所介護事業所関係 5 2020/7/31
船橋市医療機関関係 15 2020/8/2
佐倉市飲食店関係 5 2020/8/5
野田市飲食店関係 12 2020/8/6
八千代市内保育施設関係 13 2020/8/14
八千代市医療機関関係 16 2020/8/15
銚子市水産加工施設関係 8 2020/8/16
千葉飲食店関係B 6 2020/8/17
勝浦市宿泊施設関係 7 2020/8/21
接触確認アプリ(COCOA)で通知あり 6 2020/8/25
患者2568接触 4 2020/8/31
柏市医療機関関係 33 2020/9/2
松戸市高齢者介護施設関係 4 2020/9/3
市原市飲食店関係 12 2020/9/4
柏市内学校関係 16 2020/9/7
千葉飲食店関係C 13 2020/9/11
市原市建設現場関係 17 2020/9/14
八街市飲食店関係 9 2020/9/14
我孫子市スポーツチーム関係 4 2020/9/18
千葉市建設工事現場関係 4 2020/9/18
柏市飲食店関係 6 2020/9/20
千葉市スポーツジム関係 17 2020/9/24
鎌ケ谷市高齢者施設関係A 12 2020/9/29
千葉市特別養護老人ホーム関係 12 2020/10/3
千葉市球団関係 13 2020/10/4
患者3413接触 4 2020/10/6
千葉市内企業関係 12 2020/10/7
患者3621接触 5 2020/10/13
船橋市内事業所関係 77 2020/10/15
千葉飲食店関係D 19 2020/10/16
浦安市内高等学校関係 6 2020/10/21
柏市飲食店関係A 13 2020/10/21
千葉飲食店関係E 5 2020/10/24
松戸市高齢者施設関係 7 2020/10/29
船橋市内事業所関係A 29 2020/10/30
柏市プロサッカーチーム関係 13 2020/11/4
柏市内小学校関係 6 2020/11/6
船橋市内高等学校関係 11 2020/11/8
市川市高齢者施設関係 28 2020/11/10
千葉市特別養護老人ホーム関係A 50 2020/11/13
千葉市特別養護老人ホーム関係A 12 2020/11/14
無症状897接触 4 2020/11/14
我孫子市内高等学校関係 7 2020/11/19
患者5170接触 4 2020/11/21
市川市高齢者施設関係A 6 2020/11/21
松戸市飲食店関係 16 2020/11/25
千葉市内大学運動部関係 30 2020/11/25
柏市内認定こども園関係 13 2020/11/26
我孫子市事業所関係 4 2020/11/27
佐倉市保育所関係 7 2020/11/27
柏市内医療機関関係A 15 2020/11/27
posted by ZUKUNASHI at 08:55| Comment(0) | Covid19

中国の二つのコロナワクチン 強い免疫反応

中国が開発中の新コロナウィルスワクチンは、一部接種段階に移ったものがあるようですが、情報が少ないです。中国は情報戦では大きく後れを取っている。次の記事は特に新しいことはない。より詳しい情報が出たら差し替えます。

ロイター2020/12/4
China's Clover says its COVID-19 vaccines trigger 'strong immune responses' in early trial
BEIJING (Reuters) - Two coronavirus vaccine candidates developed by China’s Clover Biopharmaceuticals triggered strong immune responses in an early-stage human trial and appeared to be safe, the company said on Friday.

The vaccine candidates, one containing an adjuvant from GlaxoSmithKline and the other from Dynavax, induced strong immune responses including neutralizing antibodies and cell-mediated immunity in a Phase 1 clinical trial, Clover said. Adjuvants are ingredients that can boost immune responses.

While several vaccine candidates have shown promising trial results in recent weeks, health experts are encouraging the development of more vaccines to tackle a pandemic that has killed more than 1.5 million people globally.

“Based on the positive Phase 1 results reported and the unprecedented need for COVID-19 vaccines, Clover and its partners are confident to enter late-stage clinical development for both adjuvanted vaccines,” the company said.

The vaccines did not trigger any serious adverse reactions on the 150 adult and elderly people that participated in the trial, the company said.

The candidate with the GSK adjuvant will begin a mid- to late-stage clinical trial this month, and the one with the Dynavax adjuvant is expected to start a separate phase 2/3 trial in the first half of next year.

Preliminary results showed that both candidates could be stored at temperatures of 2C to 8C (35.6F to 46.4F) for at least six months, Clover said. It also said the vaccine could remain stable at room temperatures or temperatures of 40C (104F) for at least one month.

Britain approved Pfizer Inc’s COVID-19 vaccine on Wednesday, jumping ahead in a global race to begin the most crucial mass inoculation programme in history.

AstraZeneca Plc, Moderna Inc, and Russian researchers have also announced positive trial results in recent weeks.

Clover’s trials are partially funded by the Coalition for Epidemic Preparedness Innovations (CEPI), a global epidemic response group.

Googleによる機械翻訳
中国のクローバーは、そのCOVID-19ワクチンが初期の試験で「強力な免疫反応」を引き起こすと言います
北京(ロイター)-中国のクローバーバイオ医薬品によって開発された2つのコロナウイルスワクチン候補は、初期段階のヒト試験で強力な免疫反応を引き起こし、安全であるように見えた、と同社は金曜日に語った。

クローバーによると、ワクチン候補の1つはグラクソ・スミスクラインのアジュバントを含み、もう1つはダイナバックスのアジュバントを含み、第1相臨床試験で中和抗体や細胞性免疫などの強力な免疫反応を誘発した。アジュバントは、免疫反応を高めることができる成分です。

いくつかのワクチン候補がここ数週間で有望な試験結果を示していますが、健康の専門家は、世界中で150万人以上が死亡したパンデミックに取り組むためのワクチンの開発を奨励しています。

「報告された第1相の陽性結果と、COVID-19ワクチンの前例のない必要性に基づいて、クローバーとそのパートナーは、両方のアジュバントワクチンの後期臨床開発に入る自信があります」と同社は述べています。

ワクチンは、試験に参加した150人の成人および高齢者に深刻な副作用を引き起こさなかったと同社は述べた。

GSKアジュバントを使用する候補者は今月中期から後期の臨床試験を開始し、Dynavaxアジュバントを使用する候補者は来年前半に別の第2/3相試験を開始する予定です。

予備的な結果は、両方の候補が少なくとも6ヶ月間2Cから8C(35.6Fから46.4F)の温度で保存されることができることを示しました、とクローバーは言いました。また、ワクチンは室温または40℃(104F)の温度で少なくとも1ヶ月間安定した状態を保つことができるとも述べています。

英国は水曜日にファイザー社のCOVID-19ワクチンを承認し、歴史上最も重要な大量接種プログラムを開始するための世界的な競争に飛びつきました。

AstraZeneca Plc、Moderna Inc、およびロシアの研究者も、ここ数週間で肯定的な試験結果を発表しました。

クローバーの試験は、世界的なエピデミック対応グループである感染症対策イノベーション連合(CEPI)によって部分的に資金提供されています。
posted by ZUKUNASHI at 00:29| Comment(0) | Covid19