ずくなしの冷や水

2020年11月27日

New Daesh leader worked with US, new documents reveal

New Daesh leader worked with US, new documents reveal

Friday, 20 November 2020 11:31 AM [ Last Update: Friday, 20 November 2020 11:36 AM

New documents reveal that Abu Ibrahim al-Hashimi al-Quraishi, the new leader of the Daesh terrorist group, had been cooperating with US intelligence elements.

According to the newly declassified documents, the new Daesh commander has betrayed dozens of fellow Daesh terrorists in Iraq.

According to Iraq’s Al-Forat news, during an interrogation in 2008, al-Quraishi provided the Americans with confidential information about terrorist elements.

At that time, he was detained by US forces in Camp Bucca prison in southern Iraq where he met Abu Bakr al-Baghdadi, the former Daesh leader who allegedly killed himself last year.

Out of 66 reports of al-Quraishi’s interrogations conducted by the Pentagon, only three documents have been declassified.

According to these documents, al-Quraishi had accepted to cooperate with the US intelligence service, giving the names of 88 fellow terrorists to the Americans.

He had also disclosed information about his group’s abduction and terror operations, but denied any involvement in the 2003 attacks against foreign forces in Iraq.

His confessions also shed more light on how Daesh was established and how it could reinforce itself following the increase in the number of American troops in Iraq in 2007 and 2008.

US knows ‘exactly’ who new Daesh leader is: Trump
US President Trump says Washington knows "exactly" who the Daesh terror group

The Daesh terrorist group was vanquished in Iraq and Syria and lost all of its urban bastions in both Arab countries, but its remnants carry out sporadic attacks both on government soldiers and civilians.

The group’s leader, Abu Bakr al-Baghdadi, was allegedly killed in a US raid in northern Syria last month when he detonated his explosive vest after being cornered in a tunnel by approaching American Special Forces.

Daesh later confirmed his death and named Abu Ibrahim al-Hashimi al-Quraishi as the new leader.

この記事はよくわからない。時間的な関係が少しおかしいように見える。
posted by ZUKUNASHI at 21:53| Comment(0) | 国際・政治

US army data on civilian harm in war against ISIL questioned

US army data on civilian harm in war against ISIL questioned

Withholding of more precise data raises eyebrows as rights groups remain sceptical of geographic coordinates in densely-populated areas.

By
Sofia Barbarani
27 Nov 2020

Erbil, Kurdish region of northern Iraq – Rights groups and charities have raised questions over the United States military coordinates of civilian harm in Iraq and Syria released last week by the United Kingdom-based watchdog, Airwars.

In a data-sharing agreement hailed by the non-profit as a “groundbreaking decision by the US-led Coalition”, Airwars made public the geographic coordinates of 341 confirmed incidents of civilian harm and roughly 1,400 civilian deaths since the war against ISIL (ISIS) started six years ago.

During the campaign to retake the ISIL-occupied territories in Iraq and Syria, the battles for Mosul and Raqqa marked the height of destruction and civilian casualties.

Airwars estimated that more than 13,000 non-combatants were confirmed killed in the campaign due to the coalition’s actions since 2014. The coalition puts that number at just 1,410.

Once prominent commercial and cultural centres in the region, the two cities were razed to the ground by coalition air raids in the name of liberation. According to the United Nations, much of the old city of Mosul and 70 percent of Raqqa were destroyed.

The data provided by Airwars states that 70 of the 341 credible incidents have been pinpointed to an accuracy of one square metre (10.8 square feet), leaving little margin for error. The remaining 271, however, are accurate to within 100sq m (1,076sq ft).

“The coalition has the one metre squared coordinates of all events it has deemed credible, though more recently has chosen to withhold publicly that more precise data. We don’t know why and it’s for OIR to explain their reasoning,” Airwars director Chris Woods told Al Jazeera.

OIR refers to the Combined Joint Task Forces – Operation Inherent Resolve, as the US-led coalition against ISIL is officially known.

In an air campaign that has been described by the British Foreign Office as “the most precise in history of warfare”, the withholding of more precise data has raised eyebrows.

“Either the coalition doesn’t have the specific coordinates of the buildings it bombs, which would be very concerning, or they do have them and we presume they do, so why are they not providing them?” asked Amnesty International’s senior crisis adviser, Donatella Rovera.

“It has to do with liability, with not wanting to take responsibility.”

Devil in the details: Activists

In populated areas such as Raqqa and Mosul, 100 metres (328 feet) “could be the distance between a legitimate military target and a school or an apartment building,” said Iain Overton of the London-based explosive violence monitoring charity, Action on Armed Violence (AOAV).

While Amnesty’s Rovera does not dismiss the Airwars findings, she argues that “unless the data is accurate, you won’t be able to do much with it at all”.

Over the years, rights groups and watchdogs have worked on the ground and provided the coalition with the precise coordinates of their air raids.

The only known ground investigation carried out by the coalition followed the al-Jadida Mosul attack of March 2017, which killed more than 140 civilians.

“To determine whether a strike is lawful, you need to have the precise location to analyse what happened to that strike,” said Rovera. “One hundred metre radius coordinates are not useful.”

Airwars director Woods disagrees. “Even locational data to within a 100 metre box has significant value, allowing affected families to determine whether loved ones were or weren’t likely harmed in a particular event, in a particular neighbourhood.”

However, even “accuracy” could be an ambiguous term, particularly when a war takes place in dense neighbourhoods, and as was the case with ISIL, the enemy hiding among the civilian population.

“A [lawful] target might be hit but the degree to which 500 pound bombs can be accurate is misleading,” said AOAV’s Overton.

AOAV’s data on explosive weapons over a decade globally has shown that “when explosive weapons with wide area effects are used in populated areas, over 90 percent of those reported in English-language media as killed or injured have repeatedly and routinely been civilians,” said Overton. “No amount of ‘accuracy’ alters that repeated truth.”
posted by ZUKUNASHI at 21:30| Comment(0) | 国際・政治

新コロナウィルスワクチンの現状 2

※ The Spectator Index@spectatorindex氏の2020/11/27のツイート
JUST IN: India is set to produce 100 million doses of Russia's Sputnik coronavirus vaccine
韓国、ハンガリー、インド
イスラエルもロシア製ワクチンを導入

ロシアのスプートニクワクチンの生産状況
posted by ZUKUNASHI at 17:02| Comment(0) | Covid19

Windows 10 バージョン20H2 不具合があるらしい

Windows 10 の最新バージョンの配布が始まっています。
Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)と呼ばれています。

管理人の常用パソコンも新しいバージョンに移行しました。
エディション Windows 10 Home
バージョン 20H2
インストール日 ‎2020/‎11/‎13

不調で調整のため里帰りしたスペックの低いスティックPCの一つも20H2に更新成功。Windowsのディスク使用容量が8GBとコンパクトになりました。

厳しい設置環境に耐えられるよう新調したミニPCも20H2に更新。これはproが入っています。HOME、pro、64ビット、32ビットどれも更新が始まっているようです。

器械のOSバージョンや器械の処理速度にもよりますが更新に時間がかかります。3時間かかった例があります。1903などからですと1909に更新してから20H2にするようで、1909への更新に時間がかかります。

Windows 10 の最新バージョンへのアプデイトに際しては、記憶容量の少ないものはあらかじめディスクをクリーンアップして空き容量を大きくしておきます。さもないと容量不足でアプデイトが失敗することがあります。20H2に更新した後もディスクのクリーンアップをしておきます。使用領域35.3GBだったものが16.9GBになることもあります。

また、管理人の手持ちの古い器械ではすでに1903、1909へのアプデイトができなくなっているものもあります。スペックの面で限界があるようです。これらはアプリを入れて強制的に更新を止めています。

管理人は自分が管理するPCについて極力長持ちさせようとしていますので、せっせとアプデイトしていますが、機会があったらやっておいたほうが良いでしょう。急いでやることもないかもです。下のSさんのコメントを見てください。

毎日、机の脇に古いパソコンを置き、ブログを書く傍ら進捗を確認しながら更新作業をする日が続いていましたが、当面中止です。更新が終わったらビニールの袋に入れて密封しておけば、2週間も経てば器械自体にはおそらく新コロナウィルスはほとんどなくなっているはずという計算だったのですが。

後ては受取人に梱包容器だけに気を付けてもらえば感染のおそれは減ります。管理人が感染したら、もちろん器械の交換はストップです。

WINDOWSの器械は、OSの更新が多いためにモバイル回線で使うことは事実上無理になっています。WINDOWSの器械には直接LTE回線でネットとつなげるものはごく少ないですが、モバイルルーターを使っての更新はまず難しいです。固定回線からWifiでつなげてやるしかないでしょう。Sさんのにコメントどおりで楽天固有のサービスエリアならデータ通信無制限ですけど。

常用パソコンに不具合が出ています。FIREFOXが動かなくなりリフレッシュしなければならなくなりました。
スティックパソコンの中にも不具合が出たものもあります。これは困った。
当面、Windows 10 バージョン20H2へのアプデイトは見送ったほうが良いようです。
ドライバーがおかしくなったりするようです。ブラウザーリフレッシュのためか、記憶させたパスワードを呼び出せなくなったりしています。

Windows 10 October 2020 Update(20H2):不具合情報まとめなど
いくつも記事があります。

下にあるSさんのコメントでそうなのかぁ、と納得し、記載内容を修正した。Sさんありがとうございます。千葉県の北西部では楽天の固有回線エリアが増えているようなのですが、データ使用量が無制限なので固定回線代わりに使えないかと私も調べました。

ただ音声とセットのプランしかなくて見合わせていたのです。
posted by ZUKUNASHI at 13:39| Comment(1) | デジタル・インターネット

新コロナウィルスでも血栓、被ばくによる障害と重なる

コロナ禍で亡くなる原因が実は血栓が多いと
ネットで見ましたが
心不全や脳血栓って…
放射能禍と被るなぁ
毎年の人口減が加速しているのに追い討ちだなと感じました。
放射能のせいでだいぶやられていた所に
コロナで留め?

・・・読者のコメント引用終わり・・・

管理人の近所に血管炎を患っている方がおられて、今にも死にそうなほどに痛いことがあると言っていました。もう4、5年ほど前です。その後もお見掛けしましたので、血管炎ではそう簡単には死なないのだと安どしていましたが、最近姿を見かけません。

新コロナウィルスでは血栓ができるので、若い人でも足の先などにしもやけ状の箇所ができたりします。

突然死もあり、こちらは心不全や脳血栓が原因です。

私は納豆を食べるようにしています。ナットウキナーゼは血栓を溶かす効果があると言いますので。薬ほどには効かないのでしょうが。

そんなことより、感染しないようにするのが何よりも必要ですが、これだけ感染者が増えるとずっと新コロナウィルスをかわし続けることができるか、心もとないです。
posted by ZUKUNASHI at 10:54| Comment(0) | 福島原発事故

休日は 距離、屋外、マスク


※ 放射能内部被曝・新型コロナ感染情報@radioactive_SOS氏の2020/11/27のツイート
個人にマスクうがい手洗いを呼びかける幼稚なメッセージはいい加減やめろ。車内エチケットのアナウンスにしか聞こえない。それより自衛で最重要なのは@外食しないA人の集まる場所に行かないB対面近距離で会話しないC共用スペースに長居しないD部屋は常に換気E共用部分に触れない

※ 放射能内部被曝・新型コロナ感染情報@radioactive_SOS氏の2020/11/26のツイート
忘年会、新年会の類は全国で一律禁止!初詣はオンラインで十分!貴方のその軽率な行動が社会を滅ぼし多数の人を不幸にする!くらいの強いメッセージを政府や大臣はなぜ発しないのか。それとも春のNYやイタリアのように死者の山を築かせたいのか。

・・・・・・

人と接しないようにするのは、感染防止の基本中の基本ですが、休日に家に閉じこもるのは、精神的にも、肉体的にも後ろ向きです。人のいないところに出かければよい。

公園もよいですが、人が多い。景色の良いとされる知られた場所もそうです。とにかく人のいないところへ。

木や草を調べて歩くのもいいし、スマホの地図を頼りに知らない場所で目標を定めて歩くのもよい。

私は車がないのでひやひやしながら電車を使いますが、車のある人は目的地まで感染リスクを抑えて移動することができます。郊外の時間貸し駐車場は安いです。

着替えを用意して汗をかいたら着替えます。私は冬に厚着をして歩き、汗をかいたときは寒い風の中でも物陰で着替えます。これは大変気持ちが良い。

いやいや裸になることではなくて、着替えて湿った下着から乾いたものに変えた後の体感のことです。
posted by ZUKUNASHI at 10:04| Comment(0) | Covid19