ずくなしの冷や水

2020年11月26日

なぜ日本の知事などは新コロナウィルスに感染しない?

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/26のツイート
BREAKING−Wyoming Governor Mark Gordon tests positive for #COVID19.
右向き矢印
4 days ago: Same governor forgoes mask mandate. https://apnews.com/article/wyoming-mark-gordon-coronavirus-pandemic-casper-54b4c6f0534d1764e75bc5535f57f8ed

ワイオミングの知事が新コロナウィルステスト陽性
4日前にマスク義務化を見送ったその人

・・・引用終わり・・・

米国では、州知事などが次々に感染しています。あちらではマスクをしていない人も多い。マスク一つでこれだけの差が出る?

左の表のトップはイスラエル。10万人当り陽性者数3,000人は、100人当り3人です。米国が追い上げてきていて一両日中にイスラエルを抜くでしょう。英国は集団免疫路線のスウェーデンと人口当たり陽性者数は並んでいますが、死亡数ではスウェーデンを上回ります。初期に死亡数が激増したイタリアは、英国と並ぶところまで陽性者数、死亡数を押さえ込みました。路上に遺体が放置されどうなることかと思わされたエクアドルは、陽性者の致死率が高く人口当たり死亡数も大きいですが、人口当たり陽性者数は1000人程度にとどまっています。日本の東京や沖縄はインドネシアに近くなっています。韓国、中国とはさらに差が広がりました。

 

米国の仕掛けたシリア内戦では、控えめな見積もりでも死者40万人を超えています。それに比較すれば26万人の死者は米国人にとっては大したことはない? しかし、ジェノサイドと呼ぶ識者もいます。

日本では新コロナウィルス感染による死亡者は高齢者が多いのですが、実際には年齢の高くない層でも突然死などが起きています。それらは超過死亡となって表れています。
posted by ZUKUNASHI at 23:37| Comment(0) | Covid19

私なら頼まないと思う

※ ****@****氏の2020/11/26のツイート
こんな時期にウィシュレットが故障して修理に来てもらっているのですが・・・
修理の人、肩で息をしています・・・
ウィルス感じますね・・・
やはり・・・
泣き顔
家中の窓を開け放ち、リビングドアを閉めてリビングへ引きこもり中・・・

※ ****@****氏の2020/11/26のツイート
世間の感染対策が本当になっていないことを思い知らされました・・・
汚れた場所を触ったその手で、端末パッドを触り、汚れたままでも普通に・・・
急いで洗面所で手を洗ってもらって消毒しましたが、『毎年やっているので大丈夫ですよ』との返事・・・
今年は違うんですよ・・・
この知識の矛盾・・・

・・・引用終わり・・・

ウォシュレットの修理で呼ばれる作業員は大変だ。依頼者と作業者とどっちが感染しているかはわからない。

私は修理などを頼まないつもり。ウォシュレットが壊れてもトイレが使えないわけではないし。

新コロナウィルス感染の危険のある作業は少なくない。

posted by ZUKUNASHI at 19:05| Comment(1) | Covid19

新コロナウィルスワクチンの現状 1

アストロゼネカの治験で被験者の一部に1回目に接種量を間違えて半量しか与えなかったことが判明しています。そのような治験データを米国のFDAが認めるはずがないとの意見も出ています。実用化にはまだまだ不透明な部分があります。ロシアのワクチン スプートニクVワクチンの有効性が少なくとも91.4%あるとされています。ハンガリーに届けられました。韓国も導入。中国のワクチンの動向がよくわかりませんが、ブラジルでの被験者の死亡はワクチンのためではない模様で、中傷の可能性が大です。ワクチンでも日本は後れを取るでしょう。

RT2020/11/25
‘Average’ effectiveness & unexplained side effects: 7 QUESTIONS that AstraZeneca needs to answer about its Covid-19 vaccine
The drug manufacturer AstraZeneca said on Monday it would seek emergency authorization for its coronavirus vaccine with various regulators. However, it might first have to answer a number of serious questions about its jab.

The British-Swedish company, which has developed its candidate vaccine together with the University of Oxford, “will begin the submission of the clinical data to regulators around the world that have a framework in place for emergency use or conditional approval,” its spokesman said on Monday, adding that the list of the regulators that will receive the application particularly includes the US Food and Drug Administration (FDA).

The statement came as the drug manufacturer published interim results of the vaccine’s clinical trials, which it said “showed the vaccine was highly effective in preventing COVID-19” and declaring its overall effectiveness to amount to 70 percent - much lower than 90-percent efficacy that other leading vaccine candidates showed.

Yet, some information published by the company appeared to be quite puzzling, while some data seemed to be lacking.

AstraZeneca might eventually find itself in need of answering key questions about its would-be jab as it rushed to get regulators’ approval for it.
1.Half dose or full dose?

The company’s assessment of its vaccine effectiveness in fact comes as an estimated average for two slightly different tests. AstraZeneca admitted in its Monday release that a group of volunteers initially got a half-dose jab, followed by afull one a month later. Another, larger, group got two full doses.

The first regimen showed 90-percent efficacy, although such results were based on analysis of slightly more than 2,700 volunteers. The second one, which involved almost 8,900 people, showed only a 62-percent efficacy.

7.Evading responsibility?

What AstraZeneca did, though, was to secure full indemnity from all damages in most countries that struck vaccine-supply deals with the company. Such agreements were reached in July, well before the somewhat puzzling test data arrived.

“This is a unique situation where we as a company simply cannot take risk if in ..four years the vaccine is showing side effects,” Ruud Dobber, a member of Astra’s senior executive team, told Reuters.

Would the drug manufacturer change its stance now and agree to share some legal risks in case any damage would emanate from its own mistakes during the clinical trials? This is particularly concerning, as there is no long-term study to date of the safety of chimpanzee adenovirus vector vaccine.

When will its long-term effects be studied and presented to the public?

RT2020/11/25
Puzzling higher AstraZeneca vaccine efficacy for smaller dosage explained: It was reportedly tested on people only under 56
A seemingly strange phenomenon of a smaller dose of the Oxford-AstraZeneca Covid-19 vaccine being more effective than a bigger one is reportedly explained by it first being tested on a younger group.
オックスフォード-アストラゼネカCovid-19ワクチンの少量が大量のものよりも効果的であるという一見奇妙な現象は、最初に若いグループでテストされたことによって説明されると報告されています。
On Monday, the pharmacological company announced that its AZD1222 vaccine for Covid-19, which is based on a common cold virus that causes infection in chimpanzees, has an efficacy of 70 percent. The number is average for two slightly different tests. One involved people, who received half a dose of the vaccine, followed by a full dose a month later, while the larger second group took full doses for both shots.
月曜日に、製薬会社は、チンパンジーに感染を引き起こす一般的な風邪ウイルスに基づくCovid-19用のAZD1222ワクチンの有効性が70%であると発表しました。この数は、わずかに異なる2つのテストの平均です。1つは、ワクチンの半分の用量を投与され、1か月後に全用量を投与された人々が関与し、より大きな2番目のグループは両方のショットで全用量を投与しました。
Counterintuitively, the first regimen showed 90 percent efficacy, compared to 62 percent for the second group of subjects.
直感に反して、最初のレジメンは90%の有効性を示しましたが、2番目のグループの被験者では62%でした。

The Spectator Index@spectatorindex氏の2020/11/24のツイート
JUST IN: Russia's Sputnik V vaccine developers say it has 95% efficacy

※ mko@trappedsoldier氏の2020/11/24のツイート
速報:臨床試験データの2回目の中間分析で、初回投与後28日目にスプートニクVワクチンの有効性が91.4%であることが示された。最初の投与から42日後、ワクチンの有効性は95%以上に。

※ Dr. Ali Nouri@AliNouriPhD氏の2020/11/24のツイート
1/The #AstraZeneca vaccine is a version of an adenovirus (common cold virus) that delivers instructions to our cells to make the Spike protein of the coronavirus. That way our immune system is "trained" so when it encounters #SARSCoV2, it can mount an efficient response

2/#SARSCoV2 is covered w/Spike proteins that help the virus grab human cells. To make the vaccine, researchers first isolated the gene that is responsible for making the Spike protein. They 'snipped' it from the rest of the genetic material of the coronavirus.

3/They then needed a delivery vehicle to get the Spike gene into our cells. So they took an adenovirus that normally infects chimpanzees, and genetically altered it so it can no longer replicate or cause disease. They then added the Spike gene to the adenovirus vector.

4/When the adenovirus and its Spike gene cargo get inside of our cells, our cellular machinery takes the Spike gene, which is in DNA format, and "transcribes" it into Spike RNA, which is then "translated" into Spike proteins.

5/The Spike protein is just a piece of the full coronavirus so it doesn't cause disease either. It just trains our immune system to quickly recognize that part of the virus. That way when we are infected with #SARSCoV2, we can mount an effective immune response against it.

Dr. Safa Mote@SafaMote氏の2020/11/24のツイート
電球顕微鏡
A new serendipitous scientific discovery!
The half-dose/full-dose regimen of the Oxford vaccine was given to a small group of trial participants by mistake. This regimen showed ~90% efficacy, while the full-dose/full-dose was only ~60% effective.
https://mobile.reuters.com/article/amp/idUSKBN28327Q

Dr. Ali Nouri@AliNouriPhD氏の2020/11/23のツイート
Could be artifact that goes away w/more data but could be real. Our immune system may be responding to not just the Spike protein, but also to the adenovirus vector. High dose might blunt the reaction while low dose might've hit the sweet spot. More here:
https://www.nature.com/articles/d41586-020-03326-w

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/23のツイート
BREAKING−Oxford/Astrazeneca vaccine is 70% effective overall. But one of its dosing regimens of low-then-high yields 90% effectiveness.

Oxford #COVID19 vaccine cheaper than the Pfizer & Moderna vaccines, and does *not* does not require freezing transport.

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/23のツイート
2) When volunteers were given two "high" doses the protection was 62%, but this rose to 90% when people were given a "low" dose followed by a high one. Not clear why yet.

The 90% effectiveness data was "intriguing" and would mean "we would have a lot more doses to distribute."

Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/23のツイート
3) There were also lower levels of asymptomatic infection in the low followed by high dose group which "means we might be able to halt the virus in its tracks," Prof Pollard said.

In the UK there are 4 million doses ready to go, with another 96 million to be delivered.

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/23のツイート
BREAKING−Pfizer #COVID19 vaccine could get green light by end of week
British regulators say, with NHS delivery as early as December 1st.
On US side: FDA set to meet Dec 10th on vaccine approval. If approved, earliest immunizations could start on Dec 12.

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/21のツイート
メモ
VACCINE MIGHT BE BETTER than natural #COVID19 recovery for immunity. 36 days after 2nd dose of vaccine, titers for binding & neutralization are often substantially better in vaccinated individuals than naturally recovered patients (labeled as "convalescent").
メモ
ワクチンは自然回復した#COVID19患者よりも免疫力に優れていると思われます。2回目のワクチン接種から36日後、結合と中和の力価は、自然に回復した患者(「回復期」と表示されている)よりも、ワクチンを接種した人の方が実質的に良いことが多いです。

2) The above figure from the original Phase 1 trials of the Moderna vaccine. Hence why you should try to rely on the vaccine instead of natural infection (ie don’t do natural plow thru herd strategy).

3) What about the Pfizer / Bio-N-tech vaccine−do we see the same pattern?? YES! Notice how antibody binding and neutralizing titer again higher for the Pfizer vaccine than natural #COVID19 infection recovery (labeled HCS). https://nejm.org/doi/full/10.10

4) That said, Harvard immunologist Michael Mina is slightly unsure if the initial >90% efficacy of the vaccine will hold forever long term because immunity response is often stronger early on but plasmablasts can wane.

5) Thus, we must be careful not to assume the efficacy is 90% or more − it might persist but it might drop over time. This is why we need to full trials. Let’s be optimistic but fingers crossed
交差させた指 on 90-95% efficacy holding.

ロイター
シノバックのコロナワクチン、来月に最終結果判明の可能性=幹部
[ジャカルタ 20日 ロイター] - 中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)SVA.O幹部は20日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの第3相臨床試験(治験)結果について、早ければ来月にも判明するとの見解を示した。
同社のワクチンは、ブラジルとインドネシア、トルコで大規模な臨床試験が行われている。今週判明した初期および中期の結果では、早期の免疫反応がみられたものの、新型コロナウイルス感染症から回復した人が持つ抗体レベルに比べると低かった。
シノバックの幹部はオンラインで開催された国際会議で「第3相臨床試験はとてもうまく行っている。結果データはおそらく来月にも得られるだろう」と述べた。
同幹部はまた、インドネシアなどの現地企業とワクチン製造契約を結ぶことで、コスト削減と迅速な輸送が可能になると述べた。

Potential Covid-19 vaccine hub in Africa: Russian trade envoy says Morocco mulling Sputnik V registration
モスクワの通商代表団長によると、モロッコはロシアのスプートニクV型コビド19ワクチンの登録と流通を認可することを検討しているという。
Artyom Tsinamdzgvrishvili氏は、ロシア直接投資基金(RDIF)が9月にモロッコの製薬会社ガレニカとスプートニクVを出荷する契約を結んだとTASS通信に語った。ロシアとモロッコの保健当局は現在、ワクチンを正式に登録して流通を可能にするかどうかを議論している、と同氏は付け加えた。
Tsinamdzgvrishvili氏によると、取引の初期段階でモロッコに出荷できる量は、「モロッコの人口の20%以上にワクチンを接種する」のに十分な量であるという。
関係者によると、ガレニカはモロッコだけでなく、「同社が長年のビジネス関係とパートナーを持つ他のアフリカ諸国の市場にもスプートニクVを流通させることができる製造ネットワークを所有している」という。
"モロッコはEU、米国、トルコ、およびいくつかのアラブおよびアフリカ諸国との自由貿易協定を持っているので、モロッコの製造工場は、地域の他の国へのワクチンの配布のためのハブになる可能性があります。"

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

2020/11/17、ハンガリーにロシア製のワクチンSputnik V vaccineがコンテナーに入れられて到着。ハンガリーの医師に引き渡される。
WATCH first European nation get Russia's Sputnik V vaccine against Covid-19

Sputnik V vaccineは、すでにベネズエラにも供与されている。ワクチン開発のパートナーとして、India, Mexico, Brazil, Azerbaijan, Kazakhstan, and Belarus が可能性があるとされている。韓国は、国内でSputnik V vaccineを製造することが決まっている。

※ 河野太郎@konotarogomame氏の2020/11/16のツイート
我が国のコロナ関連のワクチンの状況は、
ファイザー社との基本合意
2021年6月までに6000万人分
アストラゼネカ社との基本合意
2021年初めから1億2000万回分、内3000万回分は3月末までに供給
(二回接種なら6000万人分)
モデルナ社/武田との契約
2021年上半期に2000万人分、第3四半期に500万人分

※ ひろし@hiroshitokyo46氏の2020/11/16のツイート
モデルナのmRNAワクチン。
研究を知る専門家の警鐘。「永続的な未知の遺伝子的変化を引き起こす。」


NHK2020年11月17日 6時01分
米モデルナ コロナワクチン「94.5%の有効性」暫定結果を発表
モデルナは16日、臨床試験のこれまでのデータを分析した、暫定的な結果を発表しました。
それによりますと、3万人を超える臨床試験の対象者のうち、新型コロナウイルスによる感染症になったのは95例でした。
このうち、ワクチンの接種を受けていたのは5例だったのに対し、「プラセボ」と呼ばれる偽薬の接種を受けていたのは、90例だったということで、モデルナは「ワクチンの有効性は94.5%だった」としています。

・・・ワクチン接種を受けても感染発症することがある。

※ Carl Zha@CarlZha氏の2020/11/17のツイート
World’s vaccine testing ground deems Chinese COVID candidate ‘the safest, most promising’
・・・元のソースが不明です。

※ ヤシの木Josh Lekachヤシの木@JoshLekach氏の2020/11/19のツイート
The Military just confirmed forced vaccinations are coming
・・・米軍兵士はワクチン強制接種へ

ファイザーのワクチンは2回接種 頭痛発熱筋肉痛があるという
※ James Todaro, MD@JamesTodaroMD氏の2020/11/13のツイート
Pfizer vaccine sounds worse than covid for many young people−causing days of headache, fever & muscle aches after 1st injection
Oh, and you have to get the injection twice.
And you still have to wear masks.
And we don’t know the long term side effects.

このブログの既往の新コロナウィルスワクチン関係情報

韓国の製薬GL RaphaがスプートニクV コロナウイルスワクチン製造ライセンス契約を締結

ワクチン接種は影響が現れるまでに時間が必要

ロシアのワクチンに40か国が関心を示す ブラジルが中国のワクチンの試験を停止

新コロナウィルスワクチン実用化の期待が一気に高まる

ロシアがベネズエラにワクチン少量を供給、ベネズエラが試験に入る

イスラエルの有力病院がロシアのスプートニク・ワクチン1500万回分ロシアに発注

ドバイの首長が中国製のワクチン接種を受ける

ハンガリーのオーバンがロシアのワクチン導入の意図を表明

フィリピンのドゥテルテが中国またはロシアとワクチン供給につき政府間交渉の意図を表明

アストラゼネカ ブラジルでのワクチン被験者が死亡

ボリビアの新しい大統領がロシアのワクチン導入の意図を表明

ロシアがWHOにスプートニクV型Covid19ワクチンの緊急リストアップを申請、承認されれば世界的な流通が加速する 

アルゼンチンが数か月以内にロシアのワクチン2500万回分を受領予定

Chinese COVID vaccine finds few volunteers in Pakistani trial

China's Sinovac vaccine is safe, Brazil institute says : The ...

Details about China's phase 3 coronavirus vaccine trials ...

中国は自国内で新コロナウィルスの流行地域がないためアフリカで試験を行っていたと伝えられています。パキスタンでの試験もやっています。
posted by ZUKUNASHI at 13:20| Comment(0) | Covid19

宿泊療養施設での業務に従事した千葉県職員が感染

※ 水野ゆうき@yuukitten氏の2020/11/25のツイート
千葉県知事部局職員が新型コロナウイルスに感染し、報道発表するという情報提供がありました。当該職員は宿泊療養施設での業務従事後に感染が判明しましたが、保健所の調査の結果、感染経路不明とされており、業務上の感染ではないと判断しているとのことです。

・・・引用終わり・・・

千葉県の発表資料がサイトに掲載されました。おそらく応援職員として宿泊療養施設での業務に当たったのでしょう。それが終わった直後に感染判明ですからこれは宿泊療養施設での感染の疑いが濃厚です。

「保健所の調査の結果、感染経路不明とされており、業務上の感染ではないと判断」しているとありますが、これはおかしい。宿泊療養施設に派遣された応援職員の感染防止措置が不備であったことに関する保健所の責任回避です。

もう、千葉県の特に北西部はどこにも感染者の状況。日々身近に迫ってきています。

千葉県発表資料
https://www.pref.chiba.lg.jp/soumu/jinji/covid19/press-021125.html

この資料は「新型コロナウイルス感染症への対応について」と題したページの末尾「県職員の新型コロナウイルス感染について」に載っています。
https://www.pref.chiba.lg.jp/cate/kfk/kenkou-iryou/kenkouzukuri/kansenshou/coronavirus.html
水野ゆうき氏が触れなければ、千葉県民は気づかなかったでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 11:44| Comment(0) | Covid19

感染者の60日後の検査で抗体の低下が生じている

Dr. Ali Nouri@AliNouriPhD氏の2020/11/26のツイート
1/
画鋲
Precipitous decline in #SARSCoV2 antibodies: study participants who'd been infected and had detectable antibodies were retested 60 days later. 94% showed antibody decline & 28% had no detectable antibodies. They had "seroreverted". How that impacts reinfection risk is unknown#SARSCoV2


抗体の急激な減少:感染していて抗体が検出された研究参加者は、60日後に再検査されました。94%は抗体の低下を示し、28%は検出可能な抗体がありませんでした。彼らは「seroreverted」していた。
それが再感染リスクにどのように影響するかは不明です
注:「seroreverted」とは、e抗原について血清復帰されていること?

2/serorevesion has a couple consequences: 1) negative serolgical test doesn't rule out prior infection; and 2) because of rapid drop in antibody levels, there's likely a short window when convalescent plasma from recovered patients could be effective.
血清検査が陰性であることは、いくつかの結果をもたらします。1) 血清学的検査が陰性であっても感染の可能性を排除できない、2) 抗体レベルが急速に低下しているため、回復した患者からの回復期血漿が有効な期間が短い。
posted by ZUKUNASHI at 10:59| Comment(0) | Covid19