ずくなしの冷や水

2020年11月14日

韓国の製薬GL RaphaがスプートニクV コロナウイルスワクチン製造ライセンス契約を締結

RT2020/11/13
Russia deals with South Korean pharmaceutical GL Rapha to manufacture Sputnik V coronavirus vaccine

The Russian Direct Investment Fund (RDIF) and Seoul-based pharmaceutical company GL Rapha have signed a deal to produce more than 150 million doses of Russia’s Sputnik V Covid-19 vaccine in South Korea annually.

Production will begin in December and the vaccine will be exported to countries around the world starting in January 2021.

The first interim results of a large-scale Phase III clinical trial for the jab were released earlier this week and showed 92-percent efficacy. Researchers said they would publish their preliminary findings in a top medical journal and promised to make available a full clinical trial report once the testing phase is complete. They said it would take up to six months to ensure that participants in the trials do not suffer any side effects.

Developed by Russia’s Gamaleya Research Institute of Epidemiology and Microbiology, Sputnik V is the world’s first registered Covid-19 vaccine. It is now undergoing the Phase III clinical trial involving 40,000 volunteers.

Other countries are also taking part in testing the vaccine. Belarus, the UAE, Venezuela, and India are conducting their own clinical trials of Sputnik V, and could potentially purchase doses, or licensing rights to produce the vaccine, for domestic distribution.


ロシアは韓国の製薬GL RaphaとスプートニクVコロナウイルスワクチンを製造するために取引する

ロシア直接投資基金(RDIF)とソウルの製薬会社GL Raphaは、ロシアのスプートニクVコビド-19ワクチンを韓国で年間1億5000万回分以上生産する契約を締結した。

12月から生産を開始し、2021年1月から世界各国にワクチンを輸出する。

今週初めには、この接種の大規模な第3相臨床試験の最初の中間結果が発表され、92%の有効性が示された。研究者らは、その予備的な結果を一流の医学雑誌に発表し、試験段階が完了したら臨床試験の全容を報告することを約束したという。彼らは、試験の参加者が副作用に悩まされないようにするためには、最大で6ヶ月かかると述べた。

ロシアのガマレヤ疫学・微生物学研究所が開発したスプートニクVは、世界で初めて登録されたコビド-19ワクチンです。現在、4万人のボランティアが参加する第3相臨床試験が行われています。

他の国もこのワクチンの試験に参加しています。ベラルーシ、アラブ首長国連邦(UAE)、ベネズエラ、インドはスプートニクVの臨床試験を実施しており、国内流通のために用量を購入したり、ワクチンを製造するためのライセンス権を購入したりする可能性があります。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

RT2020/11/13
Russia & Hungary consider JOINT production of Sputnik V coronavirus vaccine
Budapest is set to receive its first samples of the Sputnik V vaccine next week, Russia’s industry and trade ministry has said, revealing that the two countries are considering joint, Hungarian-based production of the shots.

The announcement was made on Friday following talks between Russian Industry and Trade Minister Denis Manturov and Hungarian Foreign Minister Peter Szijjarto.

Manturov confirmed that the first batch of vaccine samples will be delivered next week, while Szijjarto said that the Hungarian government has decided to simplify the process of certification for medical products, citing the urgency of the coronavirus situation.

Moreover, the two countries are considering launching joint production of the vaccine.

“A respective production site is currently being prepared in Hungary. Thus, Hungary may become the first country in the European Union to begin the production of the Russian vaccine,” the ministry said in a statement.

Budapest first revealed it was in talks with Russia and China over procuring a Covid-19 vaccine late in October. The move has put additional pressure on the already strained relations between Hungary and the EU. The EU Commission warned Budapest that only EU-approved Covid-19 vaccines will be certified for use by member states and threatened Hungary with repercussions.

Hungary has defied the EU’s threats, however, insisting it has the right to procure whatever vaccine it pleases. Speaking to RT earlier this week, Szijjarto said Budapest “will not allow anybody to put pressure on us not to negotiate with eastern counterparts,” and even dismissed what he called a “rumor” that EU member states are unable to buy vaccines from outside the bloc as “absolutely not true.”

The minister also called upon countries worldwide to cooperate in wake of the pandemic, instead of “over-politicizing” the vaccines issue and attacking each other.

“The more vaccines the better,” Szijjarto said, explaining that the country was open to purchasing any working vaccines, regardless of where they were produced.

Compared to other European nations, Hungary has been relatively spared by the pandemic so far, registering some 130,000 cases and around 2,800 deaths.

That figure is still quite sizable for the 9.8 million nation, though, and it has recently experienced a surge in new daily cases.

Hungarian PM Viktor Orban warned on Monday that unless anti-coronavirus action is taken swiftly, the country’s healthcare system might get overwhelmed with the flow of new patients.

“If the number of people infected increases at such a rate, hospitals will not be able to cope with the burden on them, so the number of illnesses will have to be reduced; mask-wearing is no longer enough. Restrictive measures are needed,” Orban said, adding that while the vaccine relief was close, it was still several weeks away.

ブダペストは10月下旬、コビド19ワクチンの調達を巡ってロシアや中国と協議中であることを初めて明らかにした。この動きは、ハンガリーとEUの間のすでに緊張した関係にさらなる圧力をかけている。EU委員会はブダペストに対し、EU承認のコビド-19ワクチンのみが加盟国での使用が認証されると警告し、ハンガリーには反撃の可能性があると脅した。

ハンガリーはEUの脅しを無視して、好きなワクチンを調達する権利があると主張している。今週初めにRTに語ったシジャルト大臣は、ブダペストは「東側の相手と交渉しないように圧力をかけることを誰にも許さない」と述べ、EU加盟国がEU圏外からワクチンを購入できないという「噂」を「絶対に真実ではない」と否定した。

大臣はまた、ワクチン問題を "過剰に政治化 "してお互いを攻撃するのではなく、パンデミックをきっかけに協力するよう世界各国に呼びかけた。

"より多くのワクチンより良い、"Szijjarto は言った、国は、彼らが生産された場所に関係なく、任意の作業ワクチンを購入するオープンだったことを説明します。

他のヨーロッパ諸国と比較して、ハンガリーはこれまでのところ、いくつかの 130,000 ケースと約 2,800 の死を登録するパンデミックによって比較的免れています。

しかし、この数字は980万人の国にしてはまだかなりの大きさであり、最近では毎日のように新しい症例が急増している。

ハンガリーのビクトール・オルバン首相は月曜日に、コロナウイルス対策が迅速に行われない限り、国の医療システムが新しい患者の流れに圧倒される可能性があると警告した。

"感染者の数がこれだけ増えれば、病院が負担に耐えられなくなり、病気の数を減らさなければならなくなる。制限的な措置が必要だ」とオルバン氏は述べ、ワクチンの救済は近いが、まだ数週間先であると付け加えた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
posted by ZUKUNASHI at 16:41| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルスに罹患し生還した人も就労や家計に支障

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/12のツイート
2) In a followup survey of 488 #COVID19 patients post discharge, Cardiopulmonary symptoms (such as cough and dyspnea) were reported by 159 patients or 32.5%, including ***92 (19%) with new or worsening symptoms*** and 65 with persistent loss of taste or smell.
488人の#COVID19患者を対象とした退院後追跡調査では、心肺症状(咳や呼吸困難など)は159人、32.5%の患者から報告されており、その中には***新規症状または症状悪化92人(19%)***と、味や匂いの持続的な喪失があった65人が含まれていました。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/12のツイート
3) Of the 117 patients who returned to work, 30 reported reduced hours or modified duties due to health reasons. That is **1 in 4 people** who couldn’t fully work−among those who even could post #COVID19 hospital discharge.
職場復帰した117人のうち、30人が健康上の理由による勤務時間短縮や業務の変更を報告しています。これは、#COVID19退院後に仕事ができた人の中にも*4人に1人**が完全には仕事ができなかったことになります。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/12のツイート
4) Nearly half of all patients (238 of 488) reported being emotionally affected by their health.
全患者の半数近く(488人中238人)が、自分の健康状態から感情的な影響を受けていると報告した。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/12のツイート
5) Moreover, 179 patients reported at least a mild financial impact from their hospitalization
さらに、179人の患者は、入院によって少なくとも軽度の経済的影響を受けたと報告した。
47 reporting use of most or all of their savings and 35 rationing food, heat, housing, or medications due to cost.
47人が貯蓄の大部分または全部を使ったと報告し、35人がコストの関係で食料、暖房、住居、薬を制限していると報告しています。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/12のツイート
6) Summary− “These data confirm that the toll of COVID-19 extends well beyond hospitalization. Although most patients saw a primary care provider after discharge, 1 in 5 had no primary care follow-up visit within 60 days of discharge.
要約-「これらのデータは、COVID-19による損害が入院後にも及んでいることを確認している。ほとんどの患者は退院後に第一次治療を受診していたが、5人に1人は退院後60日以内に第一次治療のフォローアップを受けていなかった。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/12のツイート
7) BOTTOMLINE: Collectively, these findings suggest that better models to support COVID-19 survivors are necessary. This is why we need @Survivor_Corps led by @dianaberrent
結論: これらの知見をまとめると、COVID-19の生存者を支援するためのより良いモデルが必要であることが示唆される。これが、@dianaberrentが率いる@Survivor_Corpsが必要な理由です。

※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/12のツイート
8) And we need to stop this coronavirus. We do not want this to be our continued fate. #COVID19
私たちは、コロナウイルスを止める必要があります これが私たちの引き続く運命であって欲しくありません。

引用ツイート
※ Eric Feigl-Ding@DrEricDing氏の2020/11/12のツイート
Horrifying: New single-day all time high 144k US cases of #COVID19. All time high 65.4k COVID patients hospitalized. And >1500 deaths in single day, highest since May. Death lag is ~3 weeks. December will be horrendous.
CHOOSE WISELY: Do we want 406x the cases in 60 days?
ぞっとする。新たに1日で過去最高の144k人の米国の#COVID19患者が発生。COVID患者の入院数は過去最高の65.4k人。1日の死亡者数は1500人を超え、5月以降で最高。死に至るまでのタイムラグは3週間。12月は恐ろしいことになるだろう。
懸命な選択を:60日で406倍の症例が必要か?

※ Hiroshi Tsuji@Hiroshi_Tsuji氏の2020/11/13のツイート
新型コロナで入院し、退院60日後の職場復帰率出来てたのは6割。入院前に雇用されていた195人の患者のうち、117人は仕事に復帰。78人は進行中の健康問題または失業のために仕事に復帰できず。職場復帰した117人の患者のうち、30人が健康上の理由で時間の短縮または職務を変更。
posted by ZUKUNASHI at 14:41| Comment(0) | Covid19

千葉県は浦安市が人口当たり感染経路不明者数でトップ

感染経路不明な者が増えています。千葉県の感染者リストでは「県内発生」と区分されています。感染経路不明者と全陽性者の差が大きいところは集団感染があったところです。浦安市、松戸市、船橋市、市川市、習志野市、佐倉市など。感染経路不明者は発見と対処が遅れます。感染拡大要因の一つ。浦安市はその面では千葉県でトップを走っています。遊興施設も稼働して全国からの人の出入りが増えていますから、感染拡大のハブになりつつあります。


浦安市の日別陽性確定者。7月にタムス浦安病院の集団感染がありました。浦安市内居住者23人。


次は千葉県全体の年代別性別陽性者累積数。20代の男女で1,350人が感染しており今なお増加の勢いが衰えません。6月ころは50代男、40代男、30代男、20代男、20代女の順に多かったのですが、7月末ころは、20代男、20代女、50代男、40代男、30代男の順となり20代が急増、そして最近では20代男、20代女、30代男、40代男、50代男の順となっています。

早い時期には、新コロナウィルス感染症の症状は風邪と同じ程度とか、若い人はかかりにくい、かかっても軽症とかのデマがテレビなどで流されました。
このため全般的に警戒感が緩く、6月ころには対人接触の多い管理職クラスがより多く感染したものと見られます。
しかし、その後新コロナウィルス感染症の怖さが伝えられるようになり、年代の高い階層ほど感染拡大状況に関する情報も入りますから、自制が効いてきたものと見られます。
若い人たちは、新コロナウィルス感染症に関する正しい情報が十分でないと見られ、甘くみる見方が強いことに加え、感染予防に関しても職場などでの配慮が十分でない非熟練労働や非正規雇用に従事する方が多いことから若者の感染増が勢いを保ったままとなっています。
船橋市の物流倉庫での集団感染では若い方を中心に106名の感染者が出ていますし、市原市内の「JFEプロジェクトワン建設工事仮設事務所」、千葉市中央区の建設工事現場などでも若い方が感染者の中心です。

新コロナウィルスに感染して重症化して死亡したりしなくても、退院後感染前と同じように働けなくなる人も少なくないのです。

あなたの周りの不注意な人、配慮の足りない人のおかげでこの先身体的、精神的なハンディを負って生きていかなければならないこともあるのです。まずは、自分でそのような危険な場にいないよう、リスクを避けるように気を付けることです。

GOTOなどという悪魔のささやきに乗ってはいけません。
posted by ZUKUNASHI at 12:10| Comment(0) | Covid19