ずくなしの冷や水

2020年10月18日

フランスで生徒にマホメットの冒涜的な漫画を見せた教師が斬首され全土が恐怖に陥る

RT 16 Oct, 2020 19:28 / Updated 13 hours ago
WATCH scene of attack in France where man ‘beheaded’ teacher who ‘showed cartoons of Prophet Mohammed’ at school

RT 17 Oct, 2020 21:23
‘Our children are not safe’: Parents recall horror moments after teen terrorist beheaded teacher outside French school

RT 17 Oct, 2020 14:03 / Updated 10 hours ago
Charlie Hebdo calls for rally after terrorist beheading of French teacher in alleged payback for showing students profane cartoons
チャーリー・ヘブドは、生徒に冒涜的な漫画を見せたことへの仕返しとされるフランス人教師の斬首テロの後、集会を呼びかけています。

RT 17 Oct, 2020 13:24 / Updated 8 hours ago
Man who beheaded French teacher & ‘FIRED’ at police named as Moscow-born, ethnic Chechen asylum seeker – prosecutor
The suspect in Friday’s “Islamic terrorist attack” near Paris was an ethnic Chechen whose family sought asylum in France, the country’s prosecutor has said. The man posted an image of the teacher he beheaded and fired at officers.

The 18-year-old murder suspect, who was shot dead after a brief shootout with police in the town of Eragny, “enjoyed a refugee status” and “held a residence permit issued on March 4 and valid until March 2030,” anti-terrorism prosecutor Jean-François Ricard said on Saturday.
posted by ZUKUNASHI at 10:37| Comment(0) | 国際・政治

ロシアがナゴルノカラバフでようやく動く 10時間の交渉で停戦合意

 【モスクワ共同】係争地ナゴルノカラバフを巡り戦闘を続けるアゼルバイジャンとアルメニアは17日、ナゴルノカラバフと周辺で18日午前0時(日本時間同日午前5時)から軍事行動を停止することで改めて合意した。アルメニア国防省は18日未明の時点で戦闘は起きていないと説明している。
 現地ではロシアの仲介で合意したと10日に発表された停戦が完全履行されず攻撃が続いていた。停戦監視活動は行われておらず、軍事行動が止まるかどうかは不透明だ。

・・・・

アルメニア首相パシニャンは、2018年5月に就任しており、それを可能とした反政府行動は、米国などの支援を受けていたとされます。アルメニアは、1992年5月15日に旧ソ連の構成共和国6カ国が調印した集団安全保障条約に加盟しています。
アゼルバイジャンとの戦争が始まって以来、パシニャンは何度もプーチンに電話をしているようですが、ロシアはラブロフが両国に停戦を呼び掛けるだけで軍事的な援助などには動いていないようです。
ナゴルノカラバフは、国連の決議ではアルメニアの占領地域であり、アゼルバイジャンに返すことを基本にしています。
パシニャンは国際世論でアゼルバイジャンに戦争を止めさせたい考えのようですが、EUは動いていません。アゼルバイジャンは米国の安全保障顧問とも連絡を取っているとされ、手当たり次第に支援を求めている状況のようです。
アルメニア本土が攻撃されたのではなく、占領地域が攻撃されたということで国連決議もあり、ロシアは支援に出られない状況です。
一方、両国と国境を接するイランは、タンクなどを配置して戦火の拡大に備えているとされます。

2020/10/6のFARSNEWSによると、イランのベラヤチはアルメニアは占領地域をアゼルバイジャンに返すべきと明言しています。

米露仏のミンスクグループの外相が共同で即時停戦を求める声明を出しました。

次のMargarita Simonyanの記事はロシアとパシニャンとの微妙な関係を示しています。ナゴルノカラバフの占領を維持させるためにロシアが軍を送ることはないでしょう。平和維持軍という案も出ていますが、それをアゼルバイジャンが受け入れるようならその必要もない。

戦況はトルコが持ち込んだドローンが威力を発揮しているようです。圧倒的にアゼルバイジャンが優勢なようです。

プーチンがアルメニア、アゼルバイジャンの外相をモスクワに招きました。ラブロフが停戦の見込みを付けた?

2020/10/9の夕刻から始まったであろう三者会談で停戦合意のようです。

停戦発効後のアルメニアによるアゼルバイジャンの都市の砲撃とされています。歩道をゆっくりと歩く男性が急いで街路樹の陰に腹ばいになります。


MFA Russiaロシア国旗@mfa_russiaの2020/10/10のツイート
Russia government account
ロシア国旗 #Russia's FM Sergey #Lavrov makes a joint announcement following ロシア国旗アゼルバイジャン国旗アルメニア国旗 trilateral Ministerial talks on the situation in #NagornoKarabakh, announces ceasefire.

RT20201010
Armenia & Azerbaijan agree to ceasefire in disputed Nagorno-Karabakh starting SATURDAY after talks in Moscow
Armenia and Azerbaijan have agreed to halt hostilities in contested Nagorno-Karabakh after marathon talks in Moscow, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov has said. The armistice is set to take effect at noon on October 10.

The agreement was reached at the trilateral consultations involving the foreign ministers of the two warring parties, Armenia and Azerbaijan, and Lavrov, who acted as a mediator. The negotiations lasted some 10 hours and wrapped up in the early hours of Saturday local time.

Baku and Yerevan agreed to suspend all military actions, starting at noon on Saturday, for “humanitarian” reasons. The pause in fighting will allow for captured prisoners to be swapped and the bodies of soldiers fallen on the frontlines to be exchanged, Lavrov told the media.

The Red Cross will help to facilitate the exchanges.

Lavrov indicated that the deal is meant to serve as a stepping stone to a lasting peace, adding that the warring sides will embark on negotiations under the auspices of the OSCE Minsk Group to “reach peaceful resolution” of the conflict.

"The Republic of Azerbaijan and the Republic of Armenia under the mediation of the OSCE Minsk Group are starting meaningful negotiations to reach peaceful resolution [of the conflict] based on the basic settlement principles as soon as possible," Russia's top diplomat said.

The exact parameters of the ceasefire are still being fleshed out, according to Lavrov.

Specific parameters of the ceasefire regime will be agreed separately

The talks were held after both sides accepted Russian President Vladimir Putin’s invitation to Moscow. The Russian leader called on Baku and Yerevan to cease hostilities and return to negotiations on Thursday.

The invitation came after Putin held several rounds of calls with both Armenian PM Nikol Pashinyan and Azerbaijani President Ilham Aliyev. Earlier, Russia, together with France and the US – which are all co-chairs of the Organization for Security and Co-operation in Europe's (OSCE) so-called Minsk mediation group on Nagorno-Karabakh – repeatedly called on both sides to return to the negotiating table.

RT@RT_comの2020/10/9のツイート
#URGENT: #Armenia & #Azerbaijan agree to attend #Moscow talks on #NagornoKarabakh – Russian Foreign Ministry
・・・モスクワは6時間差の午前11時。両外相はすでにモスクワに向かっていますね。10時間の交渉だったとされていますから夕方5時に始まっても夜中の3時までかかっています。

MORE: https://on.rt.com/as4d
TASS 9 Oct, 06:54
Putin invites Armenian, Azerbaijani ministers to Moscow for talks
Russia calls for a ceasefire, so that sides can swap dead bodies and prisoners
MOSCOW, October 9. /TASS/. Russian President Vladimir Putin invited the foreign ministers of Armenia and Azerbaijan to visit Moscow on October 9 for talks on the Nagorno-Karabakh conflict, the Kremlin press service said on Thursday.

"After a series of phone conversations with Azerbaijani President Ilkham Aliyev and Armenian Prime Minister Nikol Pashinyan, the president of the Russian Federation is making a call to cease the current hostilities in the Nagorno-Karabakh conflict zone for humanitarian reasons, with the aim to carry out a swap of dead bodies and prisoners," the press service said in a statement.

"In order to hold consultations on those issues, mediated by the Russian foreign minister, the foreign ministers of Azerbaijan and Armenia are invited to Moscow on October 9," it said.

Renewed clashes between Azerbaijan and Armenia erupted on September 27, with intense battles raging in the disputed region of Nagorno-Karabakh. The area experienced flare-ups of violence in the summer of 2014, in April 2016 and this past July. Azerbaijan and Armenia have imposed martial law and launched mobilization efforts. Both parties to the conflict have reported casualties, among them civilians.

RT編集長のMargarita Simonyanは、クラスノダールでアルメニア人家庭の子として生まれ40歳。Armenian Diasporaということになります。Robert Kocharyanは、第二代の大統領
https://iravaban.net/en/284676.html
Margarita Simonyan, editor-in-chief of RT TV channel and “Rossiya Segodnya” (“Russia Today”) News Agency, wrote a post criticizing the current authorities of Armenia, calling them “a handful of screaming politicians who betrayed the interests of the great Armenian people for a moment of power and petty personal revenge.”

The appeal was published on 18 July, in the conditions of aggravation of the situation on the Armenian-Azerbaijani border and caused great discontent both in the Armenian Diaspora and in Armenia.

Later, Simonyan published a list of the names of representatives of the Armenian Diaspora in Russia who “signed” under that call. There are 26 names in the list. In an interview with RBC on 28 July, RA Prime Minister Nikol Pashinyan commented on the claims of Margarita Simonyan.

Simonyan: In response to the long-term goodness and protection you received from Russia, you did not recognize Crimea.

Pashinyan: Armenia has not yet recognized the independence of Nagorno-Karabakh. Does this mean that we are not defending Nagorno-Karabakh? No, we say that Armenia is the guarantor of the security of Nagorno-Karabakh.

Simonyan: You arrested Robert Kocharyan, Russia’s permanent ally purely for political revenge. Arrested on purpose, defiantly, spitting right in the face of their ‘Russian friends’.

Pashinyan: Russia must understand that Russia’s ally in Armenia is Russia’s Ally is not Pashinyan or Petrosyan, Poghosyan, Sargsyan, Kocharyan; the ally and partner is the Armenian People. This is a very important nuance.

Simonyan: You have flooded the country with anti-Russian NGOs that teach young people on your territory how to overthrow the government in Russia. You have become a springboard for anti-Russian forces in the Caucasus.

Pashinyan: They were created at a time when no one in Russia doubted the pro-Russian aspirations of the Armenian government. All these organizations were created during the time of Robert Kocharyan, the time of Serzh Sargsyan. If they were so pro-Russian, why didn’t they close these organizations?


∎∎∎∎∎∎∎∎ ∎∎∎∎∎∎@517design氏の2020/10/6のツイート
Another 40 bodies of mercenaries killed in #Azerbaijan, are taken to Syria. Other 50 were taken on October 4.
#KarabakhAgainstTerrorism

※ Rob Lee@RALee85氏の2020/10/7のツイート
Armenian losses according to the Azerbaijani MoD as of this morning:
-up to 250 tanks and armored vehicles
-up to 270 MLRS, artillery, and mortars
-up to 60 air defense systems
-11 CP/OPs
-8 ammo depots
-up to 150 vehicles
-1 S-300 air defense system
703/
https://mod.gov.az/en/news/list-o

※ mko@trappedsoldier氏の2020/10/4のツイート
アルメニアは、米露仏のミンスクグループの枠組みで、ロシアの平和維持軍をナゴルノカラバフに配置する案を提案した。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/10/6のツイート
アゼルバイジャンがカラバフを攻撃した後の10月1日、アルメニア首相パシニャンは、米安全保障顧問オブライエンに電話し相談。アルメニアは、ロシアの集団安全保障CSTOに加盟しているのに。オブライエンは、ポンペオ、ブライアンフックとと共に反イランの超タカ派。なんで?

※ mko@trappedsoldier氏の2020/10/6のツイート
アゼルバイジャン大統領アリエフ「軍事的解決の道はないという意見に同意しない! 国際社会が、決議を実行できないなら、自分がやる!」。米国が率いる国際社会は、現アルメニアのパシニャン政権と良好な関係だが動こうとしない。ロシアに接する南オセチア地方を不安定化するのが彼らの狙いだ。

アリエフは、ロシアが適切な調停をするだろうとの発言をしたりしています。

この戦争は長引きそうです。

Fars News Agency@EnglishFarsの2020/10/6のツイート
Iranian Leader's Aide Calls on Armenia to Return Occupied Lands to Azerbaijan Based on UN Resolutions
http://fna.ir/f03duy

※ Lara Demidova☭@Mainrushun
返信先: @VeraVanHorneさん, @LDV200さん
Calling is not officially asking for help.Besides,we all know what Pashinyan,the US puppet,has done during their Armenian color revolution, smearing Russia the worst way. And now when his f**ng ass is burning he calls Putin, Russia has suddenly become a friend? NO trust whatever.
呼びかけは公式に助けを求めているわけではありません。その上、私たちは皆、米国の人形であるパシニャンがアルメニアの色の革命の間に何をしたかを知っており、ロシアを最悪の方法で貶めました。 そして今、彼のお尻が燃えているとき、彼はプーチンに電話をします、ロシアは突然友達になりましたか? 何も信用はない。

Alec Luhn@ASLuhn氏の2018年5月8日のツイート
Protesters rally in front of Armenia's parliament, which is voting on whether to appoint opposition leader Pashinyan prime minister. If they do it will mark the latest color revolution in the former Soviet Union https://5-tv.ru/news/201807/

Vera Van Horne@VeraVanHorne氏の2020/10/5のツイート
返信先: @Mainrushunさん, @LDV200さん
Check, how many times Pashinyan called Putin...

I had rather frustrated comments from the Armenian side about Russia not acting according to the collective defence agreement.
posted by ZUKUNASHI at 10:24| Comment(2) | 国際・政治

海外情報の翻訳はwww.DeepL.comが良いようだ

www.DeepL.com/Translator(無料版)というものがあることを知りました。

管理人は、Googleの翻訳サイトを使っていましたが、米国に関する記述があると、原文を改変した翻訳が出てきてまったく意味が通じない、あるいは逆の意味になることがあります。

www.DeepL.com ではそれがないようです。

2020年10月14日
Beijing urges Asian nations to unite against Washington’s ‘old-fashioned cold war mentality’の記事に全文の日本語訳を載せましたので、比較してみてください。翻訳が表示されるまで何秒かかかりますが、これはやむを得ない。

すでに機械翻訳は技術的には誤りのない翻訳ができる水準まで開発が進んでいるはずです。www.DeepL.comはドイツの企業とのこと。

次は2020/10/15アルジャジーラの記事の冒頭部分

Amy Cooper, the white woman charged with filing a false police report for calling 911 during a dispute with a Black man in New York’s Central Park in May, made a second, previously unreported call in which she falsely claimed the man had “tried to assault her”, a prosecutor said Wednesday.

Assistant District Attorney Joan Illuzzi-Orbon described the second call as Cooper was being arraigned by video in a case that had garnered worldwide attention but was put on hold for months because of the coronavirus pandemic. Cooper did not enter a plea to the misdemeanor charge.

deeplによる訳
エイミー クーパー、5 月にニューヨークのセントラルパークで黒人男性との論争中に 911 を呼び出すための虚偽の警察の報告書を提出して起訴された白人女性は、彼女は虚偽の男が「彼女を暴行しようとした」と主張した 2 番目の、以前に報告されていない呼び出しを行った、検察官は水曜日に言った。

副地方検事ジョーン Illuzzi-Orbon クーパーは、世界的な注目を集めていたが、コロナウイルスのパンデミックのために数ヶ月間保留になっていた場合のビデオで起訴されていたように 2 番目の呼び出しを説明しました。クーパーは、軽犯罪の料金に嘆願を入力しませんでした。

Googleによる翻訳
5月にニューヨークのセントラルパークで黒人男性との紛争中に911に電話したとして、警察に虚偽の報告を提出したとして起訴された白人女性のエイミークーパーは、以前は報告されていなかった2回目の電話をかけ、男性が「暴行を試みた」と誤って主張しました。 彼女」、検察官は水曜日に言った。

地方検事補のジョアン・イルシ・オーボンは、クーパーが世界中の注目を集めたが、コロナウイルスのパンデミックのために数ヶ月間保留された事件で、ビデオによって罪状認否されていたとして、2回目の電話について説明した。 クーパーは軽罪の容疑で嘆願を入力しませんでした。

二つ目の節についてはどちらもわかりにくいですし、deeplは段落が入ったために Illuzzi-Orbonが主語としてとらえられていません。元の英文がそもそもわかりにくいという面がありそうです。

どちらも常に良い翻訳をするということはないようです。併用が良いかもしれません。

PDFだと英文を「Shaper」(http://dream-exp.net/shaper/)にかけて文章を整理してから機械翻訳

英文への翻訳ではdeeplで英訳し、 Langsmithで流暢にし、Grammaryで文法チェックという手法が取られているようです。

論理的なわかりやすい文章では、元が日本語でも英語でも機械翻訳でほぼ間違いのない訳文ができます。

英語の文字おこしでは
Otter Voice Meeting Notes
というサイトがあるそうです。

ほかに私が世話になっているサイト

PDFをEXCELのテーブルなどに変換する。
ファイルのダウンロード | iLovePDF


Leafletで地図に複数の住所を一括表示
posted by ZUKUNASHI at 00:26| Comment(0) | 国際・政治