ずくなしの冷や水

2020年10月02日

デジタルはいろいろと手間がかかる

数日前にメーラーThunderbirdのアプデイトがありましたが、完全に終わらなかったらしく、アイコンが更新を要す場合の形に変わったままになりました。そしてしきりに再起動を求められるようになりました。Thunderbirdをアンインストールして再度インストールしようと思いましたが、通常の方法ではアンインストールができません。ネットで調べて、Wibdowsのプログラムファイルの中のThunderbirdのディレクトリを丸ごと強引に削除。(こういうことはやってはいけません) そして再度インストールして回復しました。

ただ、以前からメールサーバーの証明書の関係なのかメール送信時に何度も確認を求められるようになって面倒です。(セキュリティソフトの関係もあるでしょう) でもまあ発信するメールは少ないので、そこは我慢。

知人から、メールアドレスを作って運用したいというので、メールアドレスを作ろうとしたら、サーバーにログインできません。どうもパスワードが変わっている。文字数が少なくなっているのです。

サーバーのパスワードは、ファイルをアプロードするときや、メールアドレスを作るとき、ブログにログインするときに使います。これがおかしいとほとんどの作業が行えません。

サーバーのパスワードの再発行を依頼して発行されましたが、長くてしかもいろいろな記号が入っているので入力が厄介です。もう1回依頼してまあ使いやすいものになりました。

ところが新しいパスワードを入れてもログインできません。さんざん調べた結果、パスワードをパソコン記憶させていますが、それが新しいものに書き換えられていませんでした。いったん書き換えたいIDとパスワードのセットを削除、そして新たに入れたらつながりました。

私のThunderbirdでは3社の発行した5、6個のメールアドレスを一括管理しているのですが、B社のメールの送信に障害が出ます。これもいろいろ調べてメールサーバーの指定がおかしくなっていることがわかりました。

mail.ドメイン が入り混じっていました。Thunderbirdの更新の際にそうなったのかはわかりませんが、普段はいじらないところ。

今度また一つD社のメールを扱うことになりますが、もう別のパソコンでメールを見ることにしました。同じパソコンで別のメーラーソフトを使う手もありますが、今さら他のメーラーソフトの扱いを覚えたくありません。古いスティクパソコンで本来の目的に使うにはちょっと能力が落ちるものを生かして使うことにしました。

みなさん、スマホを複数お持ちの方は、スマホごとに受けるメールアドレスを異にしておられる方もおられるようですが、メールを扱うのはやはりパソコンです。過去に遡って検索したり、数多くの受信先から必要な情報を探し出したりするのは、パソコンのメーラーでないと無理です。

それにメールアドレスをIDとして使うことも多くなっていますから、スマホを変えてメールアドレスが自動的に変わるのはとても大変だと思いますが、どうなんでしょう。

メールはパソコンで。簡単な用事や連絡はショートメールやLINEのメッセージで。LINEを少しずつ使っていますが、音声通話ができるのは便利ですね。あれなら時間を気にせず話せる。LINEでファイルを送ることもできますが、その時はパソコンから送っています。

電子メールはセキュリティ面での技術が進歩しつつあるようです。私の契約しているプロバイダーはまだ追い付いていない面もあって、そのギャップがメール送信時の確認要求になっているようです。

そうそう、ここ数日で二つ、粗品の名前入れなどの原稿を印刷屋に送りました。一つは文字をそれらしく並べて送り、先方が作った版下を校正確認で終わり。もう一つは、原稿をPDFで送りました。

古い印刷物をスキャンしPDFに出力。これはコンビニの機械を使いました。PDFをパソコンで開いて画像で取り込み、修正箇所を直します。そして、修正後の画像を再度PDFに出力するという手順を踏みました。

これを原稿として送ったら、スキャン時に付いたと見られる辺縁部の線や影が残っていると指摘され、何度か原稿を直しました。

でも、こうやって居ながらにして(コンビニには行きましたが)印刷物を発注できるなど便利な世の中になったものです。

私は、スキャナーやプリンターは持たないことにしました。インク代が高いのと機械がすぐ壊れます。フルカラーの資料を作ったりすることもありません。そういうものを送るならそれこそ画像にして電子メールで送って見てもらえばいいのです。

電子メールを扱わない人とは、もう音声通話で伝えられる範囲しか用件は処理できないので、どんどん離れていきますね。
posted by ZUKUNASHI at 23:51| Comment(0) | デジタル・インターネット

トルコの F-16 戦闘機がアルメニアのSu-25を撃墜

トルコがシリアやリビアから傭兵やテロリストをアゼルバイジャンに送り込んでいることが確認されました。シリアのテロリストは当初日当100ドルとされていましたが、アゼルバイジャンでは月1000ドルですから相場は下落しています。

トルコとしては、送り込んだテロリストなどの賃金や糧食はアゼルバイジャンに負担させることができます。アゼルバイジャンは石油収入が潤沢です。トルコは用済のテロリストを厄介払いできますが、アゼルバイジャンにテロリストが残留する恐れがあります。

テロリストや傭兵は、近代兵器の扱いに慣れていません。テロ活動はできても正規軍とともに働けるか疑問もあります。アルメニアの兵士のレベルは高いとされており、特にナゴルノカラバフ市民には志願兵が出ているとされます。

ロシアがシリア、リビアからテロリストをアゼルバイジャンに送り込んだことを強く非難。ロシアは、アルメニア本土が攻撃されるまでは動かないだろうとされていますが、トルコの動きを強く警戒しており、シリア問題でのロシアとトルコの関係にも影響しかねないと見られます。

トルコリラは、さらに下落。エルドアンは、成果も出口もない状況ですが、アゼルバイジャンでの戦争が拡大すればトルコに戦火が及びます。

アルメニアがロシア製イスカンダーミサイルを使ったとアゼルバイジャンが非難しています。イスカンダーミサイルは、車両に搭載される移動式の戦域弾道ミサイルで命中精度が極めて高いとされています。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/10/2のツイート
トルコは「今再びジェノサイドの道を進んでいる」と、アルメニア首相パシニャンが批判

Sputnik2020/10/2
Armenian PM Claims Yerevan Has Proof Turkish Military Command Controlling Karabakh Military Ops
Armenia previously accused Turkey, a historic ally of Baku, of sending mercenaries to Azerbaijian to back it in the Nagorno-Karabakh conflict. On 1 October, Turkish President Recep Tayyip Erdogan said Ankara will support Azerbaijan by any means, which is in line with the "two states, one nation" principle.

Armenia has evidence that the Turkish military command is controlling Azerbaijan's military operations in Nagorno-Karabakh, Armenian Prime Minster Nikol Pashinyan told French newspaper Le Figaro. The Armenian PM told the newspaper that Turkey should be excluded from the Organisation for Security and Co-operation in Europe (OSCE) due to its aggressive and biased stance on the Nagorno-Karabakh conflict.

Pashinyan stressed that those who started the ongoing conflict should put an end to it, pointing the finger at Ankara and Baku.

The Armenian prime minister said that 30 percent of the people killed on the Azerbaijani side are foreign fighters and noted that Ankara had decided to head military operations against Yerevan as Baku is unable to control mercenaries.

The prime minister noted that Ankara is not only controlling Baku's military operations in Nagorno-Karabakh, but supporting Azerbaijan militarily.

"The international community, in particular, the American public, must know that the F-16 made in the United States are now being used to kill Armenians in this conflict. There is proof that Turkish military commanders are directly involved in leading the offensive", the prime minister said.

Yerevan previously said that a Turkish F-16 had downed one of its Su-25 jets, a claim which Ankara categorically denied calling it "a lie and yet another fantasy of the Armenian military propaganda machine".

Pashinyan made a reference to the Armenian genocide, as he said that Turkey wants to finish what it started 100 years ago – to exterminate Armenians.

RT2020/9/30
Russia ‘deeply concerned’ about reports of mercenaries from Syria & Libya being sent to fight in disputed Nagorno-Karabakh
Moscow has condemned the alleged use of “foreign mercenaries and terrorists” in the conflict between Azerbaijan and Armenia over Nagorno-Karabakh, calling them a threat to the entire region that must “immediately” be withdrawn.

“Militants of illegal armed groups, in particular from Syria and Libya” have been transported to the conflict zone “in order to directly participate in the hostilities,” the Russian Foreign Ministry said in a Wednesday statement commenting on the recent reports, adding it was “deeply concerned” about the development that creates “long-term threats to the security of all countries in the region.”

The ministry called on the “leaderships of the states concerned” to prevent the use of foreign mercenaries and terrorists and “immediately” withdraw them from the area.

While not naming names, it was clear the message was intended for Turkey and Azerbaijan. Earlier this week, the Guardian and Reuters both reported that Turkish-backed militants from the Syrian province of Idlib, previously sent to fight for Ankara in Libya, have been recruited to go to Azerbaijan and work in “security” roles.

After the Armenian government repeated those accusations, Ankara and Baku rejected them as “nonsense” and “propaganda.”

While the Western media outlets made sure to note they could not independently verify the claims of the militants they interviewed, a French investigative journalist appears to have managed to do so. About 1,000 fighters from the Al Hamza and Sultan Murad divisions of militants from Idlib were recruited and flown to Azerbaijan since mid-September, according to Guillaume Perrier, who provided the details about their wages, which amount to $1,000 or so a month.

At least two of these militants have been killed since Sunday, Perrier said. This was when the Azeri military opened fire on ethnic Armenian forces in Nagorno-Karabakh, claiming they were responding to “provocations.”

One of several border disputes left over from the collapse of the Soviet Union, Nagorno-Karabakh is an enclave predominantly populated by Armenians that seceded from Azerbaijan in 1988 and declared itself the Republic of Artsakh. A bitter war in 1991-94 left most of Nagorno-Karabakh under Armenian control, along with a territory linking it to Armenia proper. Azerbaijan is insisting on retaking the territory, and Baku’s most recent push to do so has been backed by neighboring Turkey.

eurasiantimes 2020/9/29
Featured
Armenia Threatens To Shoot-Down Turkish F-16s With Russian Iskandar Missiles
In a severe escalation of tensions between Armenia and Azerbaijan, Armenian Ministry of Defense reported that an Armenian jet was shot down by a Turkish F-16 aircraft. This comes after Yerevan had accused Turkey of using its F-16s against Armenia.


In a severe escalation of tensions between Armenia and Azerbaijan, Armenian Ministry of Defense reported that an Armenian jet was shot down by a Turkish F-16 aircraft. This comes after Yerevan had accused Turkey of using its F-16s against Armenia.

According to the Armenian Ministry of Defense, an Armenian Sukhoi Su-25 was shot down by a Turkish F-16. The Armenian Unified Infocenter, managed by the Armenian government, said in a statement that an F-16 fighter jet belonging to the Turkish military took off from Ganja Airbase in Azerbaijan at 10:30 am local time.

Earlier, according to a report in Armenpress, Armenian President Armen Sarkissian while delivering opening remarks at the CYBERSEC2020, an international cybersecurity conference which is taking place in partnership with North Atlantic Treaty Organization (NATO), revealed that the country is facing cyber threats not only from Azerbaijan but also from Turkey, which is NATO member.

TASS2020/9/29
Turkey's F-16 fighter downs Armenia's Su-25 from Azerbaijani territory − Yerevan
According to official Yerevan, the pilot of the shot down aircraft died

TASS, September 29. Turkey's F-16 fighter shot down Armenia's Sukhoi Su-25 from Azerbaijni territory, the Armenian Defense Ministry reported. The Turkish plane, while staying inside Azerbaijani airspace, was providing support for Azerbaijan's forces on the ground delivering strikes against the Armenian city of Vardenis.

"At about 10:30 am on Tuesday Turkish F-16 fighters took off from the airbase in Ganja to provide support for Azderbaijani forces' strikes against the city of Vardenis and the villages of Mets Masrik and Sotk. A Turkish F-16 shot down a Sukhoi Su-25 of the Armenian Air Force, which was on a combat mission. The Turkish fighter was 60 kilometers inside Azerbaijan's air space at an altitude of 8,200 meters," the Armenian Defense Ministry said in a news release.

According to official Yerevan, the pilot of the downed aircraft died.
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(0) | 国際・政治

新型コロナに関連して病院や介護施設などの責任を問う訴訟

中国新聞社2020/10/2(金) 7:53配信
広島県三次市の介護業者を提訴 「ヘルパーから感染」、82歳死亡
 新型コロナウイルス感染症のため82歳で亡くなった三次市の女性の遺族の男性=広島市=が、広島県三次市の訪問介護事業所の運営会社に計4400万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴したことが1日、分かった。担当ヘルパーが訪問を控えていれば母親の感染は防げたとし、運営会社の安全配慮義務違反や使用者責任を問うている。

 訴状などによると、三次市で1人暮らしをしていた女性は4月3日に発症し、PCR検査で9日に陽性と分かった。広島市内の病院に入院し、19日に新型コロナによる肺炎のため死亡した。10日に陽性が判明した50代のヘルパーの訪問サービスを3月23、27、30日と4月2、6日に受けていた。

 このヘルパーは3月31日に発熱と味覚・嗅覚異常があったが、翌日にいったん症状が改善した。原告側は、ほかに母親を感染させたと考えられる人がおらず、ヘルパーの親族にも新型コロナが疑われる症状が出た4月1日までには、自身の感染可能性を十分に認識できたとする。ヘルパーが訪問サービスを回避すべき注意義務を怠り、運営会社に損害を賠償する責任があると主張。運営会社は安全配慮義務を怠ったとも指摘する。

 新型コロナ関連を担当する広島弁護士会災害対策委員会の砂本啓介委員長は「現時点では、全国でも新型コロナに関連して病院や介護施設などの責任を問う訴訟はあまりないのではないか」とみる。

 遺族の男性は中国新聞の取材に対し「ヘルパーを交代させていれば母の命は奪われなかった。運営会社は責任を認めて謝罪してほしい」と話している。中国新聞の1日の取材依頼に対し、午後9時時点で運営会社からの返答は得られていない。

・・・・

※ さと桜介護士@Hb5p3SNXNQuhvy3氏の2020/10/2のツイート
毎日の検温、県外や不要不急の外出禁止、クラスター防止の為集まりへの参加、密集禁止、県外の人と接触は会社への報告義務、世の中は解放的になっている最中介護士だからという理由で散々気をつけているのにそういう経緯も知っての事だろうか?もう疲れたよ。ふざけとんか

※ へら@herahuntbb氏の2020/10/2のツイート
広島県三次市の介護業者を提訴 「ヘルパーから感染」、82歳死亡(中国新聞デジタル)
#Yahooニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/51e2a22dd1949b3d27cda54fb45740d3f09d689a
これがもし介護業者に責任があるとなると、院内感染で亡くなった人の遺族とかも訴訟を起こすんじゃないの? それでなくても人手の足らない業界を潰すきっかけになりかねない
posted by ZUKUNASHI at 10:49| Comment(1) | Covid19

地方の人的接触の希薄さが感染拡大抑制に寄与

新規感染者2日平均と患者数 2020/9/30時点


地方で感染拡大が食い止められているのは、住民同士の接触範囲が狭いということなのでしょう。車で移動し、集会なども少ない。会食なども葬儀などの機会を除けば限定的です。

例外は北陸3県。これらは都市部との人的交流が多い? 温泉などもあります。

地方の閉鎖性が、この感染症に関してはプラスに働いています。

地方では、地元の人の新コロナウィルスに関係のない葬儀に東京から参列者が来るのであれば、葬儀を受けつけない例もあったと聞きました。

子女が関東ナンバーの車で帰省した家の主婦が、勤め先の介護サービス施設から2週間の出勤自粛を求められた例もあるとか。

年寄りの多い地方では、警戒感が著しく強いところもあるようです。大都市の人はバイキン汚染の恐れが強いと見られているようです。

ですが感染を防ぐにはそれほどに警戒するのもやむを得ないのかもしれません。日本では検査も満足になされず、感染者は野放し同然なのですから。

警戒する人は警戒しています。
プーチンはこの3月から数えられるほどの人間としか会っていない

石川県知事は、東京から無症状の感染者を呼び込むような発言をしていました。それが効果があったのか、累積値で石川県が人口単位当たり死亡数で全国一、次いで沖縄県、東京都、富山県、大阪府、北海道、福岡県、神奈川県、福井県となっています。

新型コロナに関連して病院や介護施設などの責任を問う訴訟も出ています。

行動歴が不明な人とは接触しない。汚染地帯から来た人と接触した人には接触しないという傾向はなお続くでしょうし、感染回避のためにはそれが必要とも言えます。

社会はいやおうなしに変わります。変わりつつあることを実感します。

地方と大都市との観光客などの交流促進でどれほど感染拡大が進むか。観光地のサービス業従事者に感染が拡大する恐れありです。
posted by ZUKUNASHI at 10:36| Comment(0) | Covid19