ずくなしの冷や水

2020年09月21日

DUMP US DOLLAR ドル安再燃

為替は2020/7末から約1か月調整していましたが、8月末からドル安再燃です。しかし、これは米国株式の調整でドル高に振れ、ここに来てまたドル安局面が始まろうかというところです。

米国の金融政策が中期的なインフレ追求の旗色をはっきりさせ、一方ユーロ圏はユーロの価値保全を政策目標としていますので、この先の方向性はドル安ユーロ高で間違いありません。

ただ、これも米国経済に波乱が生ずると一転ドル高に大きく振れることもありうるでしょう。経済ショックで破産が増大したりすれば、企業は手元流動性を厚くします。その過程で途上国の資産が叩き売られたりするのです。ドルが不足と見る企業は海外資産をドルに換えるでしょうし、ドル資産を持つている海外企業はユーロや円などに換えるでしょう。

この先、視野にある最大の経済ショックは、米国の金融バブルの破裂です。それに先行して起きるのがドル暴落かもしれません。

いずれにしても、この先、中期に渡って世界経済が平穏に推移することは望みがたいです。若い方は、将来に備えるための資金は、リスク分散が欠かせないでしょう。

金もよいでしょう。長期的には人民元。当面はユーロでしょうか。円は難しいです。日本株も出口戦略が見えませんからどうするつもりなのか。世界的な経済混乱で株価が暴落したところで、海外発の経済ショックで予測不能だった、不可抗力として仕方がないという言い訳が出口戦略のような気がします。

国内の不動産やREITはどうなんでしょう。家なんか子育てが終われば小さな家に住み替えたほうが良いことが多いです。親から家をもらっても維持にカネがかかり困る人もいます。

2020/9/21、欧州の株価が大幅下落、同時に為替も振れてユーロドルは下落、ドル高です。

米国株式も大幅下落。欧米でのコロナ感染の再拡大や、米国の追加経済対策の成立が遅れそうなためと解説されていますが、新コロナについてまだロックダウンなどが決まる前にこれだけの下落になったのは、少し予想外です。まだ明らかにされていない他の要因がありうると見ています

Angama
@Angama_Market

1時間
現在日本円を安全資産として吹聴している最大のバックは香港のHSBCなので、HSBCが米中の衝突に巻き込まれて引きずり倒されると日本円が大きな後ろ盾を失う。日本人にとってのオフショア銀行としての価値が既に失われたのは自明。
FOMC声明全文 2020/9/16



SPPUTNIK2020/9/13
Yuan May Become Third Global Currency
The Chinese yuan may become the third-largest global currency, after the dollar and the euro, by 2030, according to analysts at Morgan Stanley. The yuan share in world reserves is below 2%, but, according to Morgan Stanley, that share will grow to 5% in the worst case scenario, and up to 10% in the best case scenario.

Analysts referring to an upward trend in global investor demand for Chinese securities noted that, in July, foreign capital net inflows into Chinese bonds reached $21.3 billion, the highest since 2014, when the statistic was first published. The total value of foreign investor bonds reached $360 billion, which is 13.7% more than last year.

This trend will greatly strengthen the yuan's role in the international arena in the future, according to a Morgan Stanley report. The financial multinational corporation claimed that this decade, portfolio investments will become China's main channel for capital inflow, while direct investment will drop into the background.

Analysts say that this year the total volume of attracted portfolio investments in China will amount to $150 billion, and will increase to $200-300 billion, from 2021 to 2030. Considering that Beijing, as well as investors, are interested in attracting capital and claiming an increase in the openness of their financial markets, an increasing share of global assets could be denominated by the yuan in the future.

The yuan was included in the SDR basket in 2016; since then central banks in some countries have set up reserves in the Chinese currency. As of the end of 2019, 70 central banks had at least some yuan included in their reserves, while in 2018 there were only 60. However, the yuan's total share in global foreign exchange reserves do not exceed 2%.

According to IMF statistics, in the first quarter of 2020, the dollar share in world reserves stood at 61.9%, the euro share at 20.05%, the yen share at 5.70%, and the pound share at 4.43%. According to Liu Dongmin, head of the Centre for International Finance at the Institute of World Economics and Politics, at the Chinese Academy of Social Sciences, there are several factors hindering the yuan's acceptance internationally.

"Currently, the most important factor determining the yuan's internationalisation is the level of openness of the current account. China hasn’t fully opened it so far. Of course, this severely limits the yuan's internationalisation. There are other factors as well, including the yuan's free convertibility".

"The current account's liberalisation depends on it as well. If the yuan cannot float freely, it’s very difficult to achieve full liberalisation of the current account. Moreover, an important role is played by the level of openness of the Chinese financial markets. If they are fully open, it helps to attract more foreign investment. Finally, it is also important that the Chinese economy maintains high growth rates over the medium and long term".

Morgan Stanley analysts believe that Beijing's current account will become a deficit in the near future. As China seeks to change the growth model of its economy, switching from export to domestic consumption, it will inevitably absorb more than it produces; absorption here stands for consumption, investment and government spending.

China's current account deficit is projected to be minus 1.2% of its GDP by 2030. In this context, according to Morgan Stanley, to finance this deficit from 2025 to 2030, China needs a foreign capital net inflow of at least $180 billion per year.

Liu Dongmin pointed out that the focus on gradually opening the current account and financial markets remains unchanged and agreed that Morgan Stanley's forecasts regarding the yuan's increasing role in international financial system are justified.

"I think that the forecast is quite justified because the Chinese economy is currently showing good results. The fight against the pandemic has been successful, which makes Chinese markets attractive to investors. Many Western investors have shown more interest in Chinese capital markets".

"We see that the yield on Chinese securities is higher than on similar securities in Western markets. Therefore, foreign investors investing yuans in Chinese markets get higher returns than those investing in the Western markets. This is the key factor in attracting foreign investors. Moreover, China is actively reforming its financial sector and opening up financial markets. So I think the Chinese market will become even more attractive for foreign investors in the future. Finally, the Chinese economy is showing stable growth. All this creates conditions for attracting foreign capital".

To counter the current crisis, most countries with developed financial markets have launched minimum or even zero-interest rate policies, making global investment less profitable. China has abstained from the practice, maintaining interest rates at a higher level, and generally pursuing what is considered by some to be a moderate monetary policy.

The spread between the yields on Chinese and other markets makes the China market more attractive to investors, if investment reliability in Chinese and, for example, American securities, is comparable.

Despite a complicated international political situation, Beijing is said to be taking steps to facilitate foreign capital access to the Chinese market. Just a few days ago, financial regulators published new draft rules for foreign investor access to the Chinese bond market. The new rules simplify a number of formal procedures and standardise opportunities for foreign investors to access different types of securities markets in the country.

The stop list for foreign investment is constantly being reduced, according to reports, and a number of restrictions on foreign capital shares for banking, insurance and brokerage have been lifted this year. Many foreign financial corporations have applied for full control of their own joint ventures in China, as a means of side-stepping state control oversight by Beijing.

JP Morgan recently became the first corporation to receive full control over its business in China. Other major global players, including UBS Group AG, Nomura Holdings Inc. and Credit Suisse, have followed suit.

RT20208/24
Russia calls on fellow BRICS countries to DUMP US DOLLAR in favor of trade in national currencies
The Russian trade minister has called on the members of the BRICS trade alliance to increase the volume of settlements in national currencies to be more independent from Washington’s policies.

Denis Manturov suggested the possibility of boosting non-dollar settlements during a videoconference with fellow BRICS trade ministers on Monday. According to Manturov, trade in national currencies is a key aspect of the cooperation of the five-nation alliance that includes Brazil, Russia, India, China, and South Africa.

“Rational, balanced use of this tool will help to increase the stability of our countries' economies and reduce dependence on US’ policies,” he said.

Manturov called on the fellow ministers to use the BRICS’ New Development Bank (NDB) more actively, which was specifically created for these purposes.

The five-nation block has a combined nominal GDP of $21 trillion and represents more than 40 percent of the world’s population.

READ MORE: BRICS bank provides India with $1bn emergency loan to fight Covid-19 pandemic

The NDB, with an initial capital of $100 billion, was established in 2014 and formally opened for business a year later. Its goal is to mobilize resources for infrastructure and sustainable development projects in emerging economies. Headquartered in Shanghai, the bank has a regional office in Johannesburg, and is planning to open more centers in Moscow as well as other Russian cities.

posted by ZUKUNASHI at 23:09| Comment(0) | 国際・政治

養蜂家は恐ろしい現実を知っている

養蜂家の方とお話しする機会がありました。


伺ったお話のポイントです。

1 東京近辺では東京都内での蜂蜜生産量が最も多い。都内は街路樹に花をつけるものが多く、蜜源が多い。都内でミツバチを飼う人は多い。

2 ミツバチの巣は昼間に動かしてはならない。外出中のミツバチが巣がなくなったとパニックになり凶暴な行動をする。

3 ミツバチの入った巣箱は3万円程度。

4 果樹地帯では、開花受粉シーズンに共同でミツバチの巣箱を借りて設置、授粉の働きをさせる。

5 人工授粉は大変難しく、少し適期を外しただけでいくら授粉をしても一個も果実がならないこともある。梨の例。

6 昆虫は、紫外線で判断しているらしいが、花に蜜の多いタイミングを知っている。そのタイミングは受粉もしやすい。

7 東京近郊でミツバチの巣箱を持つ人は、岩手県の業者に蜜の取り出しを依頼することが多い。

8 東京近郊でミツバチを飼うと蜂が増えることはなく、次第に数が減っていく。そして一匹もいなくなる。

9 ミツバチは、中国から輸入している。

10 ネオニコチノイド農薬は効果が激しく、その散布の影響でミツバチがバタバタと死ぬことがある。ダントツという名前の農薬が使われている。養蜂家はそれを見て知っているからそういう農薬を使ったコメは食べられないと話している。

11 ネオニコチノイド農薬は欧米では多くが使用禁止になっているが、日本ではなお使用が認めらている。

12 ホルモン農薬も大きな影響がある。オトコオンナというか、中性が生まれる。繁殖力が落ちる。人間にも影響があるのではないか。

管理人は、年々昆虫が、特にチョウや蜂が減ってきているとの印象を受けていました。今の時期、ニセアカシアの花が咲くと、花のそばでは、蜂の羽音がブンブンとうるさいほどに聞こえることがありましたが、今はそのような経験は珍しいものとなりました。


国内産農産物については、放射性物質による内部被ばく回避と合わせて強力な農薬を使用した農産物を食しないように注意しましょう。危険分散という観点からは、海外産農産物のウエイト増加がとりやすい方策です。

虫が食った跡のある野菜は、安全性が高い? ネオニコチノイド農薬に関しては、中国のほうが汚染が少ない?

ダントツは住友化学、ラウンドアップは日産化学の製品です。


初出:2019-05-12 21:15:14

・・・・・



今年は、このブログで直販米のあっせんをしている秋田県の中田さんに依頼してネオニコチノイド系農薬を使用しないコメを試験的に栽培してもらいました。上に書いたような情報が発想の原点にあります。
posted by ZUKUNASHI at 19:26| Comment(0) | 福島原発事故

新コロナからどう身を守る 地方の方向け その2

新コロナウィルス感染の症状や後遺症に関して、この方のツイートが大変役に立ちます。

DOE@コロナ陽性からの後遺症@DOE10094995

東京やその周辺の都市部では、感染者が増え、情報発信が多くなっています。それらに学びましょう。

予防のために個別に留意することをいくつか。

@ 新コロナウィルス感染者の集団発生があると
A その地域でパラパラと感染者が出続けることがあります。
 浦安市(タムス浦安病院)、佐倉市、八千代市(カラオケ店、保育園など)などでその例が見られます。
B 超過死亡が発生することがあります。
 これは、新コロナウィルスの影響を受けていても検査を受けるに至らずに亡くなる方がおられるからです。
 
A ある程度感染者が増えると子供に感染者が続きます。学校、学習塾などで感染します。大都市ではその段階に達しています。

B 最近千葉県では工事現場で集団感染が2件発生しました。20代、30代の男性が中心です。工事現場の作業員は各地から来ていることが多く、その現場がハブとなって感染が拡大することがあります。

次は、市原市の三井化学の建設現場で発生した集団感染の陽性者全14人の居住地を示します。なお、この事例は休憩室で発生しており、工事の元受け会社の注意不足で発生した集団感染です。


C お盆の集まりや葬儀の参加者が集団感染した例があります。一族の高齢者が10人以上感染しました。それまでは感染者が少なかった地域です。
今年のお盆については、会食見送り、東京からの帰省見送り、玄関先でのお参りに済ませた地域もあると聞いていますが、良いことです。

超過死亡の発生でわかりますが、感染者の発生の中で容態が急変し、急死する人が出ることがあります。そのような方は後で調べると陽性、感染していることが判明したりします。急死した人の葬儀は内輪で慎重に迅速に運びましょう。

仮設の例ですが、親戚が多数集まって会食した後に年配者の一人が急死し、その通夜、葬儀をこれまでの慣習に従って盛大に行ったために大きな集団感染が発生することがあり得ます。急死者が出るということは身近に感染者がいたということですから最大限の警戒が必要です。

D 地域の中で感染者の先駆けになる人は、海外旅行に行ったり、仕事で大都市に出かけたりする人、趣味や娯楽で大都市に出かけることのある人、クラブ・バーなどの利用者、ジムの利用者など概して行動がアクティブな方です。

E 政府の助成制度を用いて国内旅行に行ったり、外食に出かける人は、リスクを冒しています。接触する際は気を付けましょう。経済的に余裕があり旅行が好きな管理人の知人は、半年ほど旅行を控えていましたが、このほど再開しました。よく土産をもらっていますが、土産話は聞きたくないのでとても複雑な心境です。

F 集団感染の事例を掲載した資料
クラスター事例集 国立感染症研究所感染症疫学センター国立感染症研究所実地疫学専門家養成コース(FETP)

G 大都市部では、新コロナウィルス感染回避に細心の注意を払う人と、感染リスクを重視しない人に分かれてきています。感染リスクを回避しようとしても仕事柄、あるいは事業所の理解不足からリスク回避が難しい人も多く存在します。

政府当局は、with corona などと新コロナウィルスとの共存が可能なようなことを言っていますが、とんでもないことです。集団免疫路線を採ったスウェーデンの惨憺たる状況を見ればそんなことは言えるはずがありません。国民にそんな負担を押し付ける国は、世界中見回しても日本のように国民無視の例外的な国だけです。

H 日本は新コロナウィルスについて当初から対応を間違えています。それが尾を引いて現状肯定的な発言をする政治家、専門家が少なくないことに注意しましょう。彼らはあなたの健康維持には貢献しません。
posted by ZUKUNASHI at 11:23| Comment(0) | Covid19

レストランやバーに行く人は陽性者が多い 当然でしょう

日刊ゲンダイ 9/17(木) 9:26配信
コロナ陽性者が陰性者に比べ共通して取っていた行動は…米CDC発表が波紋
 感染者が600万人を超えているにもかかわらず、レストランなどの営業規制が次々に緩和されているアメリカで、飲食に関する新たなリスクをCDC(米疾病対策センター)が発表し、波紋が広がっています。
 その根拠となったのは、CDCの依頼でバンダービルト大学病院が7月に行ったある調査です。
 まずカリフォルニア、コロラド、マサチューセッツなど10州から新型コロナと思われる症状のある約300人に検査を実施。その約半分が陽性反応でした。そして検査を受けた全員に「その前の2週間に何をしていたか」を質問したところ、陽性も陰性も含めほとんどの人が共通して教会、ヘアサロン、ジムなどに行っていました。
 しかし驚いたのは、陽性者はそうでない人に比べ、レストランやバーに行ったと答えた率が約2倍多かったことです。つまり、彼らはレストランやバーで飲食中に感染した確率が高いと考えられるわけです。
 バンダービルト大学病院の医師は、「教会やヘアサロンではマスクをしたままでいられるが、飲食ではそうはいかない」、さらに「対面での飲食などどうしても人と人との距離が近くなってしまうのも要因」と述べています。

・・・・・

何で今頃こんな記事が波紋を呼ぶ?
posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(0) | Covid19

米国の仕掛けるカラー革命の手口がロシアに把握されてしまった

ロシアの情報当局のトップがベルラーシの反政府行動の背景を詳しく把握しているようです。ベラルーシはロシアと社会政治的に密接ですから反政府運動の内部の情報も丸わかりでしょう。

曜日によって何万人ものデモが現れたり消えたりすることに疑問を抱いていましたが、一人1日動員費5千円なら1万人動員しても5千万円にしかなりません。米国は早くから何十億円も投じていたようですから資金は豊富。反政府運動に人が集まりますね。

RT 16 Sep, 2020 19:03 / Updated 9 hours ago
Another color revolution? US orchestrating Belarusian unrest, says Russian spy chief Naryshkin; Belarus' leader Lukashenko agrees
もう一つの色革命? 米国はベラルーシの騒乱を組織化しているとロシアのスパイ責任者ナリシキンは言う。ベラルーシの指導者ルカシェンコは同意する

The director of Russia’s foreign intelligence service (SVR) has accused the US of fomenting anti-government demonstrations in Belarus. Spy boss Sergey Naryshkin says Washington provided about $20 million to bolster the opposition.
ロシアの外国諜報機関(SVR)の局長は、ベラルーシでの反政府デモを煽動したとして米国を非難した。 スパイのボス、セルゲイナリシキンは、ワシントンが反対派を強化するために約2,000万ドルを提供したと言います。

His comments came as the president of Belarus said that – what he called – the orchestrators of the current events planned their tactics in accordance with the classic American textbook of color revolutions. Speaking on Wednesday, Alexander Lukashenko added that the turmoil had been plotted by Western countries for over a decade.
彼のコメントは、ベラルーシの大統領がこれらの事件の - 彼が言うところの - 編曲家が色革命の古典的なアメリカの教科書に従って彼らの戦術を計画したと述べた際になされました。水曜日の話の中で、アレクサンドル・ルカシェンコは、混乱は10年以上にわたって西側諸国によって計画されたと付け加えました。

“According to the available information, the United States is playing a pivotal role in the current events in Belarus,” Naryshkin alleged in a statement. “Though publically Washington tries to keep a low profile, once the massive street demonstrations began, the Americans stepped up funding to the Belarusian anti-government forces to the tune of tens of millions of dollars.”
「利用可能な情報によると、米国は現在のベラルーシでの出来事において極めて重要な役割を果たしている」とナルーシキンは声明で主張した。「公的にワシントンは控えめな姿勢を維持しようとしますが、大規模な街頭デモが始まると、アメリカ人はベラルーシの反政府勢力への資金を数千万ドルに引き上げました。」

He stressed the obvious signs of Western involvement in the events in Belarus. “The demonstrations have been well organized from the very outset and coordinated from abroad,” the SVR chief said. “It is noteworthy that the West had launched the groundwork for the protests long before the elections. The United States in 2019 and early 2020 used various NGOs to provide about $20 million for staging anti-government demonstrations.”
彼はベラルーシでの出来事への西側の関与の明らかな兆候を強調した。 「デモンストレーションは当初からうまく組織されており、海外から調整されていた」とSVRの責任者は述べた。 「選挙のずっと前に西側が抗議行動の土台を作ったことは注目に値する。米国は2019年と2020年初頭にさまざまなNGOを利用して、反政府デモの実行に約2,000万ドルを提供しました。」

The intelligence boss explained that the money was used to create a network of “ostensibly independent bloggers” and information accounts on social networks and to train activists for street demonstrations. “Some of them underwent training in Poland, Lithuania and Ukraine, where experienced US instructors coached them to stage ‘non-violent’ protests,” Naryshkin said.
インテリジェンスのボスは、このお金は「表面上独立したブロガー」のネットワークとソーシャルネットワーク上の情報アカウントを作成し、活動家を街頭デモのために訓練するために使用されたと説明しました。 「彼らの一部はポーランド、リトアニア、ウクライナで訓練を受け、そこで経験豊富な米国の指導者が「非暴力」抗議を演じるよう指導した」とナリシキンは語った。

He remarked that “the United States is closely mentoring former presidential candidate Svetlana Tikhanovskaya and other opposition activists, whom they try to present in the guise of ‘popular leaders’ and future top officials of a ‘democratic Belarus.’”
「米国は元大統領候補のスヴェトラーナティハノフスカヤと他の野党活動家を密接に指導しており、彼らを「人気のある指導者」そしいて「民主的なベラルーシ」の将来の最高幹部を装って提示しようとしている」と述べた。

“In its contacts with its European allies, Washington insists on increasing pressure on Minsk in order to force the legitimate authorities of Belarus to start a dialogue with the so-called Coordination Council on a ‘handover of power,’” Naryshkin continued. “In fact it is a poorly camouflaged attempt to stage another color revolution and anti-constitutional coup, having nothing to do with the interests of the Belarusian people.”
「ヨーロッパの同盟国との接触において、ワシントンはベラルーシの正当な当局に「権力の引き継ぎ」についていわゆる調整評議会との対話を開始するよう強制するためにミンスクへの圧力の増大を主張している」とナリシキンは続けた。 「実際、それはベラルーシの人々の利益とは何の関係もない、別の色革命と反憲法クーデターを上演するための、ほとんど偽装されていない試みです。」

In separate comments, Lukashenko expressed similar sentiments. He said that over the past ten years the opposition had been meticulously preparing for the present crisis. “A step-by-step analysis of the events in the country reveals the true plans and tactics of the external aggressors of Belarus,” state news agencBelTA quoted him as saying.
別のコメントで、ルカシェンコは同様の感情を表明しました。彼は過去10年間、野党は現在の危機に向けて細心の注意を払っていたと述べた。 「国の出来事の段階的な分析はベラルーシの外部の侵略者の本当の計画と戦術を明らかにします」と同国のニュース機関BelTAは彼の発言を引用した。

“In order to unmask them all at once, let us name the players. At the level of global centers this is above all the United States of America, more precisely – their network of foundations to support the so-called democracy,” he alleged. “In the European continent the American satellites were the most active, including Poland, Lithuania, Czech Republic, and, unfortunately, our Ukraine.”
「一度にそれらの仮面を引きはがすために、プレイヤーに名前を付けましょう。グローバルセンターのレベルでは、これはとりわけアメリカ合衆国、より正確には、いわゆる民主主義を支持する彼らの財団のネットワークである」と彼は主張した。 「ヨーロッパ大陸では、ポーランド、リトアニア、チェコ共和国、そして残念ながら私たちのウクライナを含むアメリカの衛星国が最も活発でした。」

Each of these countries played its part, Lukashenko stressed. “The Czech Republic for a long time [served] as a resource hub, Poland at first [served] as an incubator of media channels (Belsat, NEXTA, and others) and then – as a platform for alternative agencies in exile,” he elaborated. “Lithuania, peeved by the BelNPP (Belarusian nuclear power plant – TASS) issue [served] as a battering ram of Belarusian-European relations. Ukraine, despite our constant support for it (for example, in the issues of territorial integrity and in many others), despite the spirit of our relationship, became the outpost of political provocations.”
これらの国々がそれぞれの役割を果たしているとルカシェンコは強調した。 「チェコ共和国は長い間リソースハブとして機能し、ポーランドは最初にメディアチャネル(ベルサット、ネクサなど)のインキュベーターとして機能し、その後、亡命中の代替機関のプラットフォームとして機能したと彼は解説した。「リトアニアは、BelNPP(ベラルーシ原子力発電所– TASS)の問題に見舞われ、ベラルーシとヨーロッパの関係の暴れ回る雄羊として役立った。ウクライナは、それに対する私たちの絶え間ない支援にもかかわらず(たとえば、領土保全の問題や他の多くの問題において)、私たちの関係の精神にもかかわらず、政治的挑発の前哨地となりました。」

“Thus, we clearly see the subjects of this process, their middlemen and abettors,” he continued. “The tactics of the masterminds was built in accordance with the classic American textbook of color revolutions by well-known Gene Sharp. Now we can look back and analyze in detail all stages of the scenario to destroy our country which we, fortunately, staved off and will never let happen,” he added. “Trying to embroil the country in a lengthy political and economic crisis, the protest coordinators hand out instructions for economic resistance as they put it, or tax evasion, non-payment of utility bills, withdrawals from trade unions and so on.”
「このように、我々はこのプロセスの主題、彼らの仲介人と有権者をはっきりと見る」と彼は続けた。 「首謀者の戦術は、有名なジーン・シャープによる色革命の古典的なアメリカの教科書に従って構築されました。幸いなことに、私たちが幸運にも食い止めて、決して起こさせない国の破壊シナリオのすべての段階を振り返って詳細に分析することができます」と彼は付け加えた。 「長期にわたる政治的および経済的危機に国を巻き込むことを試みて、抗議行動コーディネーターは同時に経済的抵抗のため、脱税、公共料金の不払い、労働組合からの脱退などの指示を出します。」

Lukashenko didn't stop there. “The 2020 Belarusian scenario consists of an alloy of the most effective color [revolutions] techniques of destabilization which have been tested in a variety of countries. It is obvious that the stake is on the scale and duration of the protests, on wearing the strength down and on draining up resources,” the long-time leader went on. “We know those in charge pursuing some goals in Belarus, so we do not relax and are ready to respond to any challenge.”

Nationwide demonstrations have engulfed Belarus since the August 9 presidential election. According to the Central Election Commission’s official results, Lukashenko won by a landslide, garnering 80.10 percent of the vote. His closest rival in the race, Tikhanovskaya, came second, with 10.12 percent, but she refused to recognize the election’s outcome and left the country within days. The results are widely believed to have been falsified.

After exit polls were released, mass protests erupted in downtown Minsk and other Belarusian cities. During the early post-election period, the rallies snowballed into fierce clashes between protesters and police. Protests are being encouraged by the opposition’s Coordination Council. In response, the Belarusian authorities have demanded that the unauthorized demonstrations be stopped.
posted by ZUKUNASHI at 00:34| Comment(1) | 国際・政治