ずくなしの冷や水

2020年09月12日

Chinese Chip Manufacturers Want to Abandon American Technologies


Chinese Chip Manufacturers Want to Abandon American Technologies
Chinese chip makers want to insure themselves against US sanctions. SMIC and Yangtze Memory Technologies are considering replacing American equipment with domestic alternatives, after the US said it didn’t rule out sanctions against SMIC, similar to those imposed against Huawei.

Semiconductor manufacturing international corporation (SMIC) is a leading Chinese chip manufacturer that recently raised a record $7.8 billion worth of investment in production development.

But SMIC products are still lagging behind today’s most advanced chips in terms of manufacturability: SMIC produces 14nm chips, while leading manufacturers TSMC and Samsung produce smaller 5nm chips.

That said, even at 14nm, many Chinese electronics manufacturers use SMIC products. And this number looks set to rise due to US sanctions on Huawei, leading the company to buy a significant proportion of its chips from SMIC, up to 20 percent of the company’s orders, according to the chip maker.

The problem is that even in the 14nm manufacturing process, SMIC, as well as other chip manufacturers throughout the world, depends on American technology. For example, all the software needed to design chips is American: Cadence Design Systems, Synopsys, Ansys. The companies supplying the equipment necessary for chip production are also American: Applied Materials, KLA, ASML.

This makes SMIC sensitive to the secondary US sanctions imposed on Huawei, banning US companies from supplying chips to the Chinese telecom company if their production uses any American technology. Moreover, the US authorities have recently announced the possibility of blacklisting SMIC and imposing similar sanctions against it, motivated by the fact that SMIC allegedly cooperates with the Chinese military-industrial complex. This is damaging for SMIC's share price, and as reports of possible sanctions became public, the company’s capitalization fell by around 20 percent.

Given all of this, Chinese chip manufacturers are trying to reduce their dependence on imports. Chinese authorities have repeatedly spoken about the need to develop their own fundamental technologies and China has set a target to meet 70 percent of its needs for chips and semiconductors by 2025, and to achieve complete import substitution by 2030. To do this, the so-called “Big Fund” (China integrated circuit industry investment fund) was created in 2014, and has already built up a war chest of more than $30 billion. This is being used to finance the development of local equipment manufacturers: Naura, Advanced Micro-Fabrication Equipment, Hwatsing, ACM Research, Mattson Technology and Shanghai Micro Electronics Equipment. The latter, according to the Chinese media, promises to have installed its own equipment to produce 28nm chips by 2022.

Xu Canhao, professor at School of Computer Science and Technology at Suzhou University, considers this goal too ambitious, saying that it’s almost impossible to establish a domestic production base in just a few years.

“If we are talking about a 40nm manufacturing process, or even older technologies, of course, Chinese companies can do that. But if we are talking about a 5nm manufacturing process, it’s almost impossible to cease dependence on American technologies. China has always lagged behind in the field of semiconductors. After all, it is a process that involves a lot of production chain links.”

So far, to produce chips of at least 28nm, SMIC is able to provide itself with only 20 percent of the necessary equipment and technologies, while the rest has to be imported, if not from the USA, then from Japan, South Korea or the EU. But even non-US equipment still uses US technologies in some way. Therefore, China needs to develop its own industrial base from scratch. But this is a long process, the expert pointed out.

“For example, Dutch ASML produces photolithographic systems. But the laser radiation source these systems use is American. This is a very long production chain, and there is no company that can manufacture world-class products alone. The main problem for us is that we don’t have advanced semiconductor technologies. We’ve created a special fund to stimulate the semiconductor industry. Companies involved in this area are subject to tax breaks. But we need many years to reach the breakthrough international level. It took the US, the EU and Japan 40-50 years to develop these technologies. We simply won’t be able to reach such a high level in two or three years.”

Even those Chinese manufacturers that produce innovative products on a global scale still depend on foreign components. Back in spring, Yangtze Memory Technologies created a prototype of a 128-layer 3D NAND flash memory chip, which is not yet mass-produced by any company in the world. However, the company depends on foreign supplies, and, fearing a further deterioration in relations with the United States, it, like Huawei, started stockpiling components so that they would last for at least a year.

Chinese high-tech manufacturers are now trying to solve pressing problems by diversifying their suppliers. However, assuming that the technological and ideological confrontation with the United States is serious and long-lasting, China needs to think of how to ensure its independence and economic and technological security in the future.

China is sparing no expense in technology development, planning to allocate $1.4 trillion to it by 2025. A few decades ago, China produced only cheap consumer goods, but today it has switched to producing cars, telecommunications equipment and computers, which already are a real competition for Japanese, European and American products. It is hard to estimate how long it will take China to develop its own competencies in semiconductors. The Chinese authorities have exempted companies engaged in the semiconductor industry from income tax for 10 years. And it may well be the case that this is how long it could take them to become competitive players in the world market.
posted by ZUKUNASHI at 23:23| Comment(0) | 国際・政治

F-35s はステルスなんかじゃない ロシア製レーダーでイランが動きを把握していた

Iran Used Russian Radar to Track US F-35s After Soleimani Killing, Firm's Deputy CEO Says
The US assassination of top Iranian general Qasem Soleimani in early January exacerbated the already tense relations between Tehran and Washington in place since the Trump administration's unilateral withdrawal from the 2015 Iran nuclear deal in 2018.

Deputy director-general of the Russian research centre Rezonans Alexander Stuchilin has argued that a radar system produced by his company helped the Iranian Army track US F-35 stealth fighters following the death of a top Iranian general in an American drone attack at the beginning of this year.

"In early 2020, this [Rezonans-NE] system identified the US F-35s and steadily tracked them", Stuchilin said on the sidelines of the Army-2020 military and technical forum outside Moscow earlier this week.

He referred to the "well-known events" that took place early in the year, in an apparent nod to the US assassination of Qasem Soleimani, head of Iran's Islamic Revolutionary Guard Corps (IRGC)'s elite Quds Force.

"Thanks to the radar system's personnel openly transmitting information, including related to the routes of F-35 flights, the opponent did not commit any irreparable actions that might have caused a big war", Stuchilin emphasised.

The Rezonans chief added that the radar has been on constant combat service in Iran for several years now. Neither Russian nor US officials have not commented on Stuchilin's statement yet.
US-Iranian Tensions

Soleimani and senior Iraqi militia commander Abu Mahdi al-Muhandis were killed in a US drone strike on their car at the Baghdad International Airport on 3 January, in an attack authorised by President Donald Trump.

This resulted in a major escalation of tensions between Tehran and Washington, with Iran officially responding by launching air strikes against two Iraqi military bases housing US troops.

The strikes caused no deaths or serious injuries, but the Pentagon has since reported that at least 109 US servicemen have been diagnosed with traumatic brain injuries.

US-Iranian tensions have persisted since 8 May 2018, when President Trump announced the nation's unilateral exit from the 2015 Iran nuclear deal, also known as the Joint Comprehensive Plan of Action (JCPOA), also reinstating harsh economic sanctions against Tehran. Exactly a year later, Tehran declared that it would start suspending some of its key JCPOA commitments.
posted by ZUKUNASHI at 21:01| Comment(0) | 国際・政治

沖縄

沖縄は人口当たりの感染者数で東京に追いつきました。

※ mai@jrmmnisi氏の2020/9/12のツイート
那覇市立病院、救急診療を当面休止 緊急手術後に患者のコロナ判明 医師ら28人自宅待機 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1190020.html

手術に携わった医師や看護師ら28人を濃厚接触者として自宅待機を命じたと発表した。救急診療を当面、休止する。自宅待機の医師は6人で、一部診療科の入院も制限する。

※ ジョージ@GeorgeBowWow氏の2020/8/22のツイート
高山が悪辣なのは
沖縄の学校でクラスターが
できるだろうと
予言≠オていること。
専門家会議の医師≠ナあれば
クラスターができないように
休校などの
アドバイスをするのが仕事。
それを学校はやるもので
感染は防げないなどと
言い放つ姿勢は
倫理面からも許されない

※ ジョージ@GeorgeBowWow氏の2020/8/22のツイート
政府の回し者が
医師≠フ肩書きで
沖縄県のコロナ専門家会議に
入っていていいはずがない。

※ ジョージ@GeorgeBowWow氏の2020/8/22のツイート
また高山が放言した。
前は「夜の街」県外者のせいにして
今度はウチナーンチュのせいにした。
これは
旅行者が感染源ではないと
言い切ることで
GoToを後押しする意図がある。
高山は政府の回し者だ。

沖縄の感染増加 専門家「県外から戻った人からか」 新型コロナ

沖縄の感染者が激増していますが、県外から帰省した人が感染源になっているという面はあり得るでしょう。沖縄からはグループで大都市などの建設現場の仕事を請け負っている例があります。これらのグループの人は単身赴任状態で、盆に比較的長い休みを取って帰省する例が多い。

ですが、地元の方はもっと詳しく事情を知っているはず。夜の街の人の観光だとか、県外に働きに出ている人の帰省だとか、リスク要因がわかっていれば、それに先手を打って対処すべきです。それが行政や医師の仕事。

沖縄県知事は一生懸命でも、それを支える人がいないのかなという気がします。

沖縄で感染者の発生が続き、人口当たりの感染者数が東京都と並びつつあります。


※ rgb@C45425氏の2020/9/6のツイート
沖縄県でやっている抗原検査は
「30分程度で結果が出る」とあるのでおそらく抗原定性検査。
サンプルは唾液。
唾液&抗原定性はやはりあてにならない印象。

・・・沖縄の検査は陽性者の取りこぼしがあります。

posted by ZUKUNASHI at 20:00| Comment(0) | Covid19

さあ 究極の自己責任ゲームが始まった

集会などの人数制限の緩和、会食の人数制限の緩和で新コロナウィルスに感染するかどうかはすべて個人の責任に投げられました。

最近は、家庭の父親が感染してウィルスを持ち込み、子供や妻に感染させる例が増えています。親が感染した段階で子供は登校停止になります。学校が休校になることもあります。


これからはそうならないかもしれませんが、登校を続けてその子供から集団感染が始まった場合は地域で大ブーイングが起きるでしょう。

そこのお父さん覚悟はできていますか?

家族全員が新コロナウィルスはインフルエンザに感染した場合に少し毛が生えたものと考えているならそれでも良いのでしょう。ですが、新コロナウィルスによる感染事例は始まったばかりです。海外では専門家が大車輪で研究を進めているところです。日本の専門家はろくな研究成果もないのに大したことはないと言っています。

経済を回すことに協力すること自体、立派なことだと思いますが、ですがその結果については全部自己責任であることをお忘れなく。特に後遺症については大変困難な問題を伴います。

お父さんが感染後2週間で亡くなった例もあることをお忘れなく。妻や子供のほうが先かもしれませんが。

※ ムスカリン@コロナ専用(2月上旬組)@muscarine_covid氏の2020/9/10のツイート
ここまで徹底して感染防止していた消毒専門業者で41歳とまだ若く、医療へ早急につなげたにも関わらず、入院して2週間で死亡。やはりただの風邪ではまったくない。。。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb45537b6aa127372e8d227a9b0b5ae01380f011

2020/9/5


2020/9/11


外食店舗が消えても必要ならまた作れます。ですが死んだ家族はもう戻らない。

新コロナウィルスの蔓延とその人的被害については、陰謀論により誇大に伝えられているわけではありません。イスラエルやロシアで感染者を抑制できず、政府が苦慮しているのが陰謀論による演出の一環だとするのは無理があります。

※ Hiroshi Makita Ph.D.@BB45_Colorado氏の2020/9/10のツイート
トラムプ氏が、ずっと合衆国市民に対してコロナ禍について嘘をついていたことが暴露されて、大炎上している。
2月初めには、とんでもないパンデミックになって人がいっぱい死ぬことをしっていたんだって。その上で、すぐになくなる、風邪みたいなものだと言っていたと白状して、録音されていた。
CNN


posted by ZUKUNASHI at 19:34| Comment(0) | Covid19

小諸市で外国人労働者雷に打たれ意識不明

NHK2020年8月23日 4時52分
外国人とみられる男女2人 畑で倒れ発見 雷に打たれたか 長野
22日夕方、長野県小諸市の畑で外国人とみられる男女2人が倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが、消防によりますといずれも意識不明だということです。当時、現場付近では雷が鳴っていたことなどから警察では2人が雷に打たれたとみて詳しい状況を調べています。
22日午後5時半すぎ、長野県小諸市柏木の畑で農作業をしていた男女2人が倒れていると、一緒に作業をしていた人から消防に通報がありました。2人は病院に運ばれましたが、消防によりますと意識はなく、呼吸もしていなかったということです。
警察によりますと2人は外国人とみられ、体にやけどをしていて、当時、現場付近では雷が鳴っていたということです。
警察は2人が雷に打たれたとみて、詳しい状況を調べています。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/8/23のツイート
激しい雷雨の中、農作業を続けさせていた?!

※ かめさんですよ@ilWhkKtzsnW6Ecg氏の2020/8/23のツイート
外国の男女の方と聞いた。 実習生と言う名称での現代の奴隷労働、奴隷制度はやめて欲しい。 ホント、やめて欲しい。 何か日本人として、恥ずかしい。 また、亡くなられた方にも大変申し訳ない気持ちになります。 悲しい
ペンギン

※ 坂倉昇平@総合サポートユニオン/NPO法人POSSE@magazine_posseの2020/9/10のツイート
雷雨の中でレタスの苗植えをさせられていた外国人労働者が落雷を受けた事件で、重体の女性も亡くなったのか…。同市周辺では2時間で約3000件の落雷があり、周りの農家も作業を中止していた。繁忙期のノルマを背景に、立場の弱い外国人が業務を断れなかったのではないか。

NBS長野放送9/9(水) 21:48配信
農作業中に『落雷』…死者2人に スリランカ国籍の男性に続き女性も死亡 発生から19日
8月22日、長野県小諸市で農作業中の男女が雷に打たれた事故で、スリランカ国籍の男性に続き、9日、女性の死亡も確認されました。
落雷事故があったのは小諸市柏木の野菜畑で、22日夕方5時半ごろ、数人が農作業をしていたところ付近で落雷があり、男女2人が倒れ病院に搬送されました。男性は翌日、死亡が確認され、身元はスリランカ国籍の34歳の男性とわかりました。
女性は意識不明の状態が続いていましたが、9日午後3時ごろ、死亡が確認されました。男性と同様、落雷が原因の死亡でした。身元はまだ確認中ですが、アジア系の外国籍とみられています。
畑の所有者は当時、2人は「畑を借りた人が雇用していた外国人ではないか」と話していました。当日、小諸市は午後から激しい雷雨となっていました。
posted by ZUKUNASHI at 15:14| Comment(0) | 社会・経済

宮城県沖で地震


2020/09/12 11:45:49
最終報
宮城県沖
M
6.1
深さ
40km
最大予測震度
5弱
警報
この地震による津波の心配はないそうです。

宮城県沖で地震が続いています。
020年9月12日 14時40分ごろ 宮城県沖 3.5 1
2020年9月12日 14時18分ごろ 宮城県沖 3.5 1
2020年9月12日 12時49分ごろ 宮城県沖 4.6 2
2020年9月12日 12時31分ごろ 宮城県沖 3.7 1
2020年9月12日 12時03分ごろ 宮城県沖 4.1 1
2020年9月12日 12時00分ごろ 宮城県沖 4.2 1
2020年9月12日 11時50分ごろ 宮城県沖 5.0 3
2020年9月12日 11時44分ごろ 宮城県沖 6.1 4
2020年9月12日 11時38分ごろ 茨城県沖 3.9 3
2020年9月12日 9時42分ごろ 岐阜県飛騨地方 2.3 1
2020年9月12日 4時25分ごろ 茨城県北部 3.2 1
2020年9月11日 19時19分ごろ 千葉県北東部 3.5 2
2020年9月11日 11時13分ごろ 宮城県沖 4.2 1
posted by ZUKUNASHI at 14:45| Comment(0) | 福島原発事故

戦争遂行には巨大なロジスティクスの運用が必要

※ Hironobu SUZUKI@HironobuSUZUKI氏の2020/3/2のツイート
戦争は兵器を扱うだけが戦争じゃないよ。戦争を遂行するためには巨大なロジスティクスを運用することだよ。そのためには大量の兵員が必要だよ。

まあ我が国ニッポンはインパール作戦のように戦時においても兵站を無視するのが伝統なので、そのような兵員が必要だと認識する人は少ないけど。 twitter.com/a_saitoh/statu…

・・・・・

シリアでは国内各地に戦線が広がっています。時にシリア軍兵士の昼食の光景が載りますが、次の画像はそれらの中でも質素なものの一つ。ナンに何かの乳製品でしょうか、それに丸のままのトマトか何かのようなもの。場所によっては発泡スチロールの容器に入った弁当のようなものを食べている例もあります。前線では敵から攻撃を受ければ食事の用意もできないこともあります。ロシア軍の将軍があるときはふっくらとしていてもあるときはガリガリなのは、食事の不自由さによるのでしょう。


武器弾薬は、ロシア軍が輸送機と船舶で運んでいます。ロシアは民生用の援助品も運んでいますから量が膨大です。タルツースの港に着いたロシアの船から荷揚げを始めようとしているところ。大勢の兵士がいます。


posted by ZUKUNASHI at 01:10| Comment(6) | 国際・政治