ずくなしの冷や水

2020年09月06日

猛暑の後は台風襲来


ケロ爺氏のこの方法、覚えておきましょう。管理人は関東に台風が向かえば教えてもらったように対策を講じる予定です。飛来物でガラスが割れることはまずなくなるでしょう。

https://on.windy.com/42r4s

シリアは最高気温40度以上都市がいくつも


韓国は台風二重連です。


2020/9/3、新潟県三条市で気温40度記録。午後3時。


2020/9/2午後になって東京都と埼玉県の境で強い雨です。管理人の自宅では30度を超えています。

東京から北東方面は、2020/8/31の夕刻から北東の風が入り、気温が下がりました。夜の10時ころには今朝の予想最低気温を下回る地域も出ていました。


2020/8/25、だいぶ涼しくなりました。今日は、ユリの香りが流れてきています。ユリが新コロナウィルスの感染者だとしたら、ここまでウィルスが飛んできているということですね。長く続くと感染してしまう。たとえが良くないですけど、そういうことですよね。

と書いていましたからこれから1週間、暑さが続きましたが、もうあの暑さはないでしょう。ですがこれからは台風に警戒です。
posted by ZUKUNASHI at 20:19| Comment(0) | 日記

各地で外来、退院の患者が死亡 事後に新コロナ感染判明

※ ペン二郎@morilyn1123氏の2020/9/5のツイート
外来での「検体採取中」に新型コロナ患者が死亡、というニュース。死因は肺炎による呼吸不全?

以下抜粋-
「金沢市の60代男性は3日、39度台の発熱を訴え、帰国者・接触者外来で抗原検査に向けて検体を採取していたところ死亡し、その後、陽性だったことがわかりました。」

MRO北陸放送9/4(金) 22:00配信
石川、男女4人感染 検体採取中に男性死亡
石川県は4日、新型コロナウイルスで男女3人が死亡したと発表しました。また新たに男女4人の感染が確認され、県内の感染者は合わせて681人になりました。
死亡したのは金沢市の60代男性、能美市の90代男性、それにクラスターが発生している金沢医療センターに入院していた80代の女性です。
このうち金沢市の60代男性は3日、39度台の発熱を訴え、帰国者・接触者外来で抗原検査に向けて検体を採取していたところ死亡し、その後、陽性だったことがわかりました。医療機関での対応について、県健康福祉部の北野喜樹部長は「症状が非常に軽ければ待合室で待つこともあるし、症状が重ければそれに対する治療をする。当然、医療機関に来ているので、医師・看護師が適切に対応していたと考えている」と話しています。
石川県は4日、この男性を含む4人の感染を発表しました。金沢医療センターでは病棟を訪問した40代の女性の感染が確認されました。
七尾市教育委員会が3日に発表していた七尾東部中学校の10代の男子中学生は、2日に感染が確認された七尾市の40代の男性会社員と同居していました。生徒は先月31日まで登校していましたが、保健所は校内に濃厚接触者はいないとしています。
これで県内の感染者は合わせて681人になりました。退院した人は10人増え、治療を受ける感染者は127人となっています。県内の感染状況を示すモニタリング指標は、感染経路不明者数と病床使用率の2つの項目で依然、基準値を上回っています。

※ けんもう新型コロナ対策本部@kenmomd氏の2020/9/5のツイート
新型コロナ 肺炎で死亡 無症状で退院の男性
https://fnn.jp/articles/-/81201
神奈川・横須賀市の発表によると、70代の男性は、都内で新型コロナへの感染が判明して入院し、8月24日に無症状のまま退院していた。
男性は在宅勤務していたが、9月1日に死亡した。
死因は新型コロナによる肺炎だった。

NHK2020/9/6
千葉市は今月3日に病院に救急搬送され、4日死亡した60代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かったと発表しました。

※ まぐろ山かけ@tororoontuna氏の2020/9/4のツイート
21歳の健康な女性
3月にコロナ罹患。
顕著な症状は吐き気のみで、一週間で回復するも4ヶ月後に再び体調を崩し脳卒中で死亡。
コロナを疑った医師が遺族の承諾を得て剖検したところ、多くの血栓が確認された。
米国アトランタの事例
posted by ZUKUNASHI at 19:31| Comment(0) | Covid19

この傍受記録は本物? 英国人女性がトムスクに同行 俄然おもしろくなってきたのにもう終わりらしい

※ mko@trappedsoldier氏の2020/9/5のツイート
ベラルーシのメディアが、ドイツとポーランドの会話を公表した!
「やあ、ニック。うまく行っているか?」
「すべて計画どおりだ。 ナヴァルニーに関する資料の準備ができ、ドイツ首相府に転送される。彼女の声明を待っている」

RIA Novosti
Опубликована запись разговора Берлина и Варшавы по делу Навального

ロシア語から英語へ機械翻訳
MOSCOW, September 4 - RIA Novosti. The state Belarusian media published a recording of the negotiations between Berlin and Warsaw intercepted by Minsk on the situation with Alexei Navalny.
RIA Novosti publishes a transcript of this dialogue.
- Hello, good afternoon, Nick. How are we doing?
- Everything seems to be according to plan. Materials on Navalny are ready. Will be transferred to the Chancellor's office. We are awaiting her statement.
- Is the poisoning confirmed exactly?
“Look, Mike, it's not that important in this case. There is a war going on. And during the war, all sorts of methods are good.
- I agree. It is necessary to discourage Putin from sticking his nose into the affairs of Belarus. The most effective way is to drown him in the problems of Russia, and there are many of them. Moreover, in the near future they will have elections, voting day in the regions of Russia.
- This is what we are doing. How are you doing in Belarus?
- To be honest, not really. President Lukashenko turned out to be a tough nut to crack. They are professional and organized. It is clear that Russia supports them. The officials and the military are loyal to the president. While we are working. The rest is at the meeting, not by phone.
- Yes, I understand. See you then, bye.


mko@trappedsoldier氏の2020/9/5のツイート
ナヴァルニーはノボシビルスクとトムスクを訪問しており、ロンドンの実業家マリア・ペブチッチ(33歳)を伴っていた。彼女は8月11日に到着し、8月22日に出発。
ナヴァルニーが、飛行機の中で具合が悪くなり、オムスクの病院に救急搬送されたのが8月20日。ふ〜ん。何か匂うぞ
片メガネをかけた顔
twitter.com/sbobkov/status…

※ Sergey Bobkov@sbobkov氏の2020/9/4のツイート
Interesting developments in #Navalny case.
It was reported that he was visiting #Novosibirsk and #Tomsk accompanied by Maria Pevchich (33 yo), a businesswoman based in #London, with ties to British elites and oligarch #Khodorkovski.
She arrived on Aug 11, left on Aug 22.

※ Sergey Bobkov@sbobkov氏の2020/9/4のツイート
The beauty celebrated her birthday on Aug 15th in #Moscow, and then flew with #Navalny on his business trip.
She was also with him on the returning flight, which had to land in #Omsk due to Navalny’s medical emergency.
She habitually uses VPN during her travels in #Russia.

https://life.ru/p/1341159
Помимо внезапного и загадочного недуга оппозиционера Алексея Навального в этой истории была одна пикантная деталь. По данным Лайфа, в поездке его тайно сопровождала красивая молодая женщина. Кто она и что делала рядом с оппозиционером − разбирался Лайф.
Вчера скандальному оппозиционному блогеру Алексею Навальному внезапно стало плохо на борту самолёта, летевшего в Москву. Борт экстренно приземлился в Омске, откуда его отвезли в реанимацию. В настоящий момент Навального подключили к ИВЛ. Сейчас он находится в коме, а его состояние оценивается как стабильное. Жена Навального, несмотря на риски, просит перевезти его на лечение в Германию. Однако главврач больницы, где лежит Навальный, считает, что его состояние слишком нестабильно для транспортировки.

ロシアの情報当局は当然この動きをつかんでいる。

※ Mats☮Nilsson@mazzenilsson氏の2020/9/5のツイート
Russia shouldn't be having to answer questions about the #Navalny case, the onus is very much on the German authorities to explain their “findings” and to back them up with verifiable evidence. Otherwise it amounts to hearsay and innuendo.

※ brianct@bodhibrian氏の2020/9/5のツイート
Has the evidence for Novichok poisoning been presented?
I’ve seen none, I’ve only heard the Germans screaming against the Russians.
I think this is a setup organised before Navalny arrival in Berlin

※ ConcernedHKFather@ConcernedHk氏の2020/9/5のツイート
The West pushing #Navalny narrative must think people are stupid. He is polling at 2pct. Who in #Russia would even care who the hell he is? And certainly no one there thinks it will be worth the time to give that moron the time of day. Poison him?
ぐるぐる目の顔

この件についての欧州からの反応が止まってしまいました。この事件の詳細は興味があります。下手なお粗末な物語。誰が筋書きを書いたのか。ロシアに事実調査を要求すれば、英国人女性の動きも含めて曝露されてしまいます。

FARSNEWS2020/9/4
Head of Russian Intelligence Service on Navalny: Western Provocation Cannot Be Ruled Out
TEHRAN (FNA)- A provocation of Western special services cannot be ruled out in the situation with Russian opposition figure Alexey Navalny, the head of the Russian Foreign Intelligence Agency (SVR) Sergey Naryshkin said Thursday.

"This cannot be excluded," Naryshkin said when asked if the situation with Navalny could be a provocation of Western special services, Sputnik reported.

Regarding the statement of Belarusian President Alexander Lukashenko that Germany's claim of Navalny's poisoning was based on false information, the SVR head said that "if president Lukashenko said so, he had reasons to do so".

Earlier in the day, Lukashenko said during a meeting with Russian Prime Minister Mishustin that a phone call between Warsaw and Berlin was intercepted by Belarusian radar intelligence, showing that Merkel's statements on Navalny were false in order to "make sure Putin won't interfere in Belarusian affairs".

"I for one, see this as a possibility," Naryshkin said.

"Yesterday's statement by the German authorities raises more questions than it gives answers," Naryshkin said, stressing that Russian doctors had carried out all tests before Navalny was transferred to a clinic in Berlin and they found no poison in his system.

Russian opposition activist Alexei Navalny remains at the Charite hospital in Berlin after he was flown there from Russia's Omsk on 22 August. On Wednesday, German doctors said that Navalny's health condition remains serious.

"The symptoms triggered by what has been confirmed as poisoning with a cholinesterase inhibitor are waning. The reason for this is a gradual regeneration of cholinesterase activity," the clinic said in a statement.

Navalny fell gravely ill during a flight from Tomsk to Moscow on August 20. Following an emergency landing in Omsk, he was taken to a local hospital where for the next 44 hours doctors fought for his life.

According to Russian doctors, they did not rule out poisoning at the beginning but after multiple tests were conducted they found no traces of poisonous substances in Navalny's system. They suggested that his condition was caused by an abrupt drop of glucose in his blood due to a metabolic imbalance.



posted by ZUKUNASHI at 12:11| Comment(1) | 国際・政治

感染源はどんどん身近になっている

東京新聞2020/9/5
4日に感染が発表された市原市の自営業の40代男性の行動歴を調査して、複数経路の感染が判明。職場の従業員で君津市の30代男性と大多喜町の50代男性、友人で先月29日に会食した市原市の30代女性が感染。さらに、この女性の妹で市原市の30代女性、その息子の男子中学生も感染が確認された。姉妹と男子生徒の3人で同28日に会食していた。県は「感染源は不明」としている。

市原市 自営業の40代男性
君津市 従業員の30代男性
大多喜町 従業員の50代男性
市原市 友人の30代女性
市原市 友人女性の妹の30代女性
市原市 この妹の男子中学生の子

は一つのグループのようです。
市原市は、このほかに女子中学生の感染が判明しており、クラスメイトの検査を9/7に予定。

余計なお世話ですが、上の東京新聞の記事によると、30代女性は8/29に自営業者と会食していますが、8/30に発症と一番早いです。自営業者との会食の前日の8/28に妹家族と会食しており、妹家族はそこで感染した? 30代女性→自営業者→従業員の順序もありうるように思いますが、会食時以外にも接触があれば、自営業者→30代女性という可能性が強くなります。保健所はどんな判断をしたのでしょう。

浦安市では家族内感染の例が出ています。20代女性は学生のようです。

家族内感染の防止は難しいです。

これからもこんな形で(感染経路がわかるもの、わからないもの入り混じって)感染者が出るでしょう。収束のめどはまったくないです。

posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(0) | Covid19