ずくなしの冷や水

2020年07月29日

感染事例を他山の石に

感染者を責めるとか、そんな意図はありません。個々人の自由な判断、行動の結果です。

私は、せっかくの事例ですから、感染を防止したいという人は参考にさせてもらったらよいと思います。いくつかの事例について報道でわかっている範囲で感染回避方法のコメントをします。

1 NHK 新潟市は29日、県内の大学に通う西区の20代の男子学生の感染が確認されたと発表しました。
市によりますと、男子学生は今月18日から20日まで友人と2人で大阪府内に旅行で訪れ、新潟市に戻った後、26日に味覚の低下の症状が出たということです。
・・・大阪への旅行が感染原因であることは確実、市の衛生部局もそのように推定しています。

2 NHK 新潟県は、上越市の20代の会社員の男性が新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
県によりますと、男性は今月26日にせきやたんの症状が出て、28日、37度の発熱や頭痛などの症状が現れたということです。
男性は最近、県外から訪れた人と職場で接触していて、この人も同様に新型コロナウイルスに感染していることが確認されているということです。
・・・県外者との接触が原因と見られます。感染防止策を講じていなかった? なお上越市近辺では超過死亡が出た月があります。

3 livedoor news 岩手県の感染者の1名は、7月22日に関東方面のキャンプ場に移動し26日まで滞在。その際に合流した同行者の中から新型コロナ陽性患者が1名いたことから、本人がセンターに相談し判明したという。
・・・キャンプ場の場所よりも同じテントで寝泊まりした人がどこから来たかが問題。関東の人であれば感染リスクが高いことは感じなかったのか。この期間、天気が良くなくテント内での滞在が長時間にわたっただろう。

4 船橋市 2020/4中旬に陽性となった方がいったん退院したものの、体調が芳しくなく再検査の結果、結局再度陽性となっています。

再度陽性になる人の例がぽつぽつと見られます。偽陰性の問題です。

5 読売 船橋市立医療センターの新型コロナ患者専用病棟に勤務する20〜30代の女性看護師2人が感染。うち1人は、発症の数日前、入院直後でマスクの着用を拒否していた高齢の感染患者と近距離で30分以上会話をし、体調の聞き取りなどを行っていた。同病院は「看護師はマスク、防護服を着用していたが、感染している方がマスクをしていないとリスクは非常に高い。ここで感染した可能性がある」としている。
・・・わがままな高齢者の迷惑、たまりませんね。中国の病院で看護師がやっていたような高度の装備が必要では。

6 イオンタウンおゆみ野溶岩ホットヨガスタジオ専門店アミーダの従業員と客に感染者。鎌倉のホットヨガでも感染者が出ています。普通のエアロビクスなどと変わらないように思いますが、何か違うんでしょうか。屋内での体操はリスクがあります。
posted by ZUKUNASHI at 22:18| Comment(0) | Covid19

佐渡島で初の感染者 各地の読者から厳戒態勢シフトの便り

佐渡島は、これまで感染者が出ていませんでしたので注目していましたが、とうとう見つかりました。50代の男性会社員。感染源はわかっていません。

もう日本国内に非汚染地域はないと考えたほうかよいでしょう。岩手県も感染者が本当にゼロなのか疑問に思っています。
7/28にこのように書きましたが、7/29岩手県で2人の感染確認です。

次の毎日新聞の記事で「東京都在住の女性(65)が7月上旬、「お盆に帰ろうか」」と高齢の母親に打診したとありますが、このような人がいたとすれば、大変な認識不足です。

東京都在住者の多くに感染が拡大しているのに、自分が地方に移動すことの危険を認識していない。自分が感染していて他人に移す恐れがあるかどうかはPCR検査をしないとわからないわけですし、新幹線などで移動することにより感染する機会も増える。

感染した方は、隔離状態でしょうから詳しい聞き取りはできないでしょうが、佐渡市は濃厚接触者だけでなく広く調査したほうがよいです。島外から届いた荷物が感染源ということもありうる。

毎日新聞2020年7月27日 14時56分(最終更新 7月27日 17時46分)
新潟県の離島、佐渡島で22日、初の新型コロナウイルス感染が確認された。感染者は7月中に島外への渡航歴はなく、島民の間で不安が広がっている。島外に住む娘の帰省を「だめだっちゃ」と断り、島外に出たら知人と会うのを自粛するなど感染防止策を徹底してきた島民たち。一方で4連休には観光客も多く訪れ、「今後、広がるのが怖い」と懸念している。
 「絶対にだめだっちゃ」
 佐渡市出身で東京都在住の女性(65)が7月上旬、佐渡に住む90代の母親に「お盆に帰ろうか」と電話すると、「帰ってくるな」と強く断られた。
 母親は週2回、デイサービスに通っているが、島外の人と接触すると2週間通所できなくなるという。「楽しみにしているデイサービスに通えなくなったら困る」という理由のほか、この時はまだ感染者が出ておらず、「1人目になりたくない」という思いもあったという。島民の多くが感染防止策を徹底しており、「島外の病院を受診したから」と2週間自宅にこもって知人に会うのを自粛した人もいるという。

・・・引用終わり・・・

このブログでは、感染拡大の実態を記事にしていますが、読者から事態の深刻さを認識し厳戒態勢をとったとの便りが相次いでいます。

子供に学校を休ませた、習い事を休ませたなど。特に地方では8月の旧盆の時期に東京などから帰省する人がいるので、それによる感染拡大のリスクをどうしのぐか、悩む人が多いです。

生きている人が一番大事。新コロナウィルス感染の危険を冒して法事をやったり、墓参する必要はないと管理人は考えています。時代環境が変わったのです。

「孫の顔を見に行く」などの行動は、相手にしてみれば迷惑至極。管理人は身内に葬儀があっても参列するか、悩むでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 19:10| Comment(0) | Covid19

イランがハリボテの航空母艦を攻撃目標にして演習を実施



Passenger: US Officials Lie about Fighter Jets’ Move against Iran’s Civil Airliner
TEHRAN (FNA)- A Lebanese female passenger of Mahan Airline's Tehran-Beirut Thursday flight said American officials are lying about the route and distance of their fighter jets, and added that the two fighters had approached the civil plane in a provocative way.

Fatimah Hamdan of Tehran-Beirut flight No. 1152 described her witness account on the harassment of two US fighter jets against the passenger plane.

“We were in the Syrian space at 7:15 when suddenly a fighter jet approached us very much. Contrary to what they [Americans] claim that they were one kilometer away from the plane, their fight jets were in a short distance. Before I could hold my camera to take photos, all of sudden, I heard a noise and our plane started reducing altitude in the sky, and unfortunately nobody had fastened the belt - as it was not the time for it - and everyone rose to the air,” Hamdan said to Sputnik News Agency.

The fighter jets wouldn’t leave us; they were flying over and under [our] plane. Then the first fighter left and the second one appeared and started maneuvering and flew for a while over our head. Then it left, she added.

Calling the American fighter jets’ move as provocative and unnatural, the Lebanese lady went on to say that all passengers were horrified as nobody expected such an event.

Fatimah Hamdan, then, continued that most of the passengers got injuries as a result of sudden rising from their seats and hitting the ceiling with their head or shoulder.

She noted that the two American fighter jets flew for 3-4 minutes around the passenger plane and the Iranian plane landed at Beirut airport eventually calmly.

Two US fighter jets approached a Mahan Air Tehran-Beirut flight over the Syrian sky in a highly risky move and the captain of the Iranian passenger plane was forced to make a sudden change of direction and altitude, causing several injuries.

The captain of Mahan Air Flight No. 1152 later said the pilots of the two hostile planes have identified themselves as US army pilots during a radio contact.

A video posted by a reporter of Iran's state-run TV who was aboard the plane showed an F-15 fighter jet from the window of the plane and comments from a passenger who had blood on his face.

In a later interview from Beirut, the reporter said three passengers have been wounded during "the US planes' intentional move".

Iranian Foreign Ministry Spokesman Seyed Abbas Mousavi said Iran's Ambassador to the UN Majid Takht-Ravanchi has informed the UN Secretary-General Antonio Guterres of the incident, and warned that "in case of any incident for this plane on the way back home, the Islamic Republic of Iran will take the United States responsible".

"A similar message has been sent to the Swiss ambassador to Tehran," the spokesman added. The Swiss embassy hosts the US interests section in Iran in absence of formal diplomatic ties between the two countries.

Mahan Air told FNA later that several passengers wounded during the incident were taken to a hospital in Beirut and others evacuated the plane sound and safe.

It said the passenger jetliner refueled to fly back to Iran.

The jetliner flew back home early Friday morning.

Minister of Road and Urban Development Mohammad Eslami said threatening of Iran’s passenger plane by US fighter jets is a terrorist move, and added that CAOI has filed a complaint at the International Civil Aviation Organization (ICAO).

Speaking to FNA on Friday about the hostile move of the US fighter jets against the Iranian Mahan Airbus late on Thursday, Eslami said, “This is a terrorist act which has been carried out by the US lawless and oppressive government. This is considered an international aggression typical of the lawless American government.”

The Civil Aviation Organization of Iran called for urgent investigation by ICAO into the threat posed by the US fighter jets to the Iranian passenger plane.

"Iran considers the US fighter jets' threats as blatant instance of the violation of international law, regulations and aviation standards," the CAOI wrote in a communique on Friday.

Iranian Vice President for Legal Affairs Laya Joneidi also said disturbing a passenger plane is equal to the violation of indispensable international rules and regulations.

Causing of disturbance for a passenger plane amounts to violation of the inalienable principles of international rules, Joneidi wrote in a note on Friday.

“The behavior of the fighter jets against Flight No. 1152 of Mahan Air and creating trouble for the passenger plane, and that in a third country’s soil [airspace], is in flagrant violation of aviation security and infringing the principle of freedom of flight for civil planes,” she said, and noted, “Furthermore, it is in contrast to article 3 and article 44 of Chicago Convention, the relevant appendices and Montreal 1971 Convention."

Joneindi underlined that the explanations presented by the US are unjustifiable and unconvincing; thus, “the measures taken by these fighters have caused international responsibility for their government and is liable to legal prosecution, including at the ICAO and International Court of Tribunal.”
posted by ZUKUNASHI at 16:17| Comment(0) | 国際・政治

タリバンの幹部はこんな顔つきをしている

アフガンにいるタリバンの幹部のようです。襟のついた白いシャツに黒いチョッキ。前列右から2人の人はチョッキの胸ポケットにハンカチが見えます。白い帽子をかぶってこれが正式な装い? 暑いからターバンは巻いていないのでしょう。


タリバンの政治部門のスポークスマン。下にも何枚か写真がありますが、顔つきの変化が大きい。そんなお歳なのか、苦労が多いのか。



中央がタリバンのポリティカルチーフ Stanikzai スタニクザイ。


向かって右側の人は、耳がとても立派です。髭も。でも表情は穏やかです。この方は政治部門のスポークスマンで英語をしゃべります。まだ若いんですよ。髭が黒いですものね。


この方のチョッキ、まさに背広の発祥地と言われるだけのことがあるしっかりした仕立て


タリバンの会議出席者などは、目が左右に動く範囲が広いのです。顔を向けないで目の玉だけ大きく動かして斜めや横の方向を見ていることがよくあります。耳の大きなことは山岳地帯では遠くの音が聞こえやすいというメリットがあります。しかし、目の玉の動く範囲が大きいということがどんなメリット?

ターバンの下は長髪かと思っていましたが、短髪です。ほとんど坊主頭
。そこにこんな帽子をかぶり、ターバンを巻くんですね。ターバンはそれぞれに柄が違います。このスポークスマンのターバンはそれなりにしゃれている。この方は、若いこともあっておしゃれなんだと思います。


これが素顔ですね。服を変え、髭を剃れば日本人と違いません。40歳は過ぎていそうです。


こちらは、アフガンの大統領とその幹部。西欧化しています。


タリバンの服装は、自分たちのアイデンティティの証。イエメンのフーシもそうです。

RT2020/3/10
Afghan president Ghani orders release of Taliban prisoners, important point of deal with US
President Ashraf Ghani has signed a decree pardoning Taliban fighters held in Afghan prisons. The move was part of the peace deal Washington made with the group, but official Kabul hesitated to act on it, demanding guarantees.

The Afghan president “has signed the decree that would facilitate the release of the Taliban prisoners in accordance with an accepted framework for the start of negotiation between the Taliban and the Afghan government,” Ghani’s spokesman Sediq Sediqqi tweeted on Tuesday, announcing the measure.

The decree will see around 1,500 Taliban militants freed from prisons across Afghanistan, starting within the next four days. Each of them will have to provide a written guarantee that they won’t be returning to the battlefield.

The Taliban have promised to honor the deal, saying that they would release around 1,000 Afghan government troops as part of the swap.

Under the agreement signed by the US and the Taliban in Qatar last month, as many as 5,000 members of the militant movement were to be released by March 10, to pave the way to intra-Afghan talks on the future of the country.

However, the deal got stuck in Kabul, where Ghani demanded “executive guarantees” the freed prisoners would not take up arms again.

In the meantime, Taliban attacks on the government forces continued. Last week, around 20 Afghan soldiers and police were killed in clashes with the group, forcing the US to retaliate with an airstrike and put the fragile ceasefire at risk of a collapse.

American troops began their withdrawal from Afghanistan earlier on Tuesday, however, with the US military’s spokesman Sonny Leggett announcing the start of the “conditions-based reduction of forces to 8,600 over 135 days.”

With the US determined to withdraw and leave the authorities in Kabul to fend for themselves, Ghani appears to have changed his mind in an effort to shore up his legitimacy. His re-election in the September 2019 polls, validated only three weeks ago, has been disputed as fraudulent by challenger and former aide Abdullah Abdullah.


posted by ZUKUNASHI at 14:22| Comment(0) | 国際・政治

地味に精神を根本から狂わせてくるブログが話題

※ SIVA@sivaprod氏の2020/7/23のツイート
大久保三代って人を「政治家は世襲でないとダメ」とか書くようなとんでもなくヘンなブロガーとして先に知りその後京都での嘱託殺人容疑者の伴侶と知りさらにその後ご本人が衆議院議員だったと知るという順番だったのでビックリ続き...。

※ ガイチ@gaitifuji氏の2020/7/27のツイート
さりげなく、とんでもないことが書かれている
“申請書や予算書は、夫が書いてくれた。今だからいえる話。”
下心 | 大久保三代 オフィシャルブログ「いつみてもSocial Work」 Powered by Ameba

関連のツイート
https://twitter.com/search?q=%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E4%B8%89%E4%BB%A3&src=typeahead_click

40代のきらっきらの女性から見たら、どう見えるんでしょう。(あるいはそれを超えた世代では? あなたの子女の交際相手からあなたの感想を求められるかもしれません。)

私は、若い男性にぜひ読んでほしい。結婚相手を選ぶ時の女性を見る目が養えると思う。交際相手の親にこの大久保氏のブログの感想を問うのは良いテスト。その家の精神の健全性がわかると思う。
posted by ZUKUNASHI at 11:55| Comment(0) | 社会・経済

テロリストは新コロナウィルスの保有者で残る

シリアでも新コロナウィルスによる感染が生じています。シリア軍は消毒を行っています。

この兵士たちがどんな消毒作業を待っているのかわかりませんが、とにかく感染拡大に意を用いているようです。もともと生物兵器は、兵士に感染させれば最も効果が大きい。



一方、イドリブのテロリストには感染防止措置は取られていないはずです。トルコが感染防止策にカネを使うとは思えない。ホワイトヘルメットが消毒薬の噴霧器を持ち運んでいたりする場面が見られますが、あれは小道具です。

感染したテロリストを敵地に送り込めばまさに生物兵器、人間兵器です。殺害しても、ウィルス感染のおそれは残ります。地球上から新コロナウィルスが消えることを期待するのは無理かもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 10:30| Comment(6) | Covid19

老いると正しい判断ができなくなる

※ 町山智浩@TomoMachi氏の2020/7/25のツイート
曽野綾子「私は最近も、マスクをしません。それで外を歩けないわけではありませんし、白い目で見られても平気です。
 その代わり、それで自分が病気になっても他人さまのせいにはしません」
 ちがくて、あなたが感染して気づく前に他人に広げないようマスクするんだよ。

※ 水飴@ZBjvQ599F6MneTp氏の2020/7/25のツイート
貴女一人がどうなろうとどうでもいいのですが、
貴女一人の為に感染拡大する事を考えて欲しいと言っても伝わらないんでしょうね。
老いては誰にも従うものか
と言う風にしか聞こえない。

※ Ryuma Matsuzaka@RyumaMatsuzaka氏の2020/7/25のツイート
まだこんな自分の事をしか考えてない人がいるんだ。本当にどこで感染するか分からない。僕は気をつけていたけど3月に感染した。つまりどこで誰かに感染させるかも分からない。こんなバカげた事を公にしてしまう勇気だけは感心する。

・・・・・

曽野綾子88歳ですね。続いて

※ Lady Baba (鍵なし)ドブ撹拌中@BabaJaga33_2氏の2020/7/29のツイート
そうですね。もともと好きじゃなかったですけど本当にがっかりしました。

※ masa@zebra_masa氏の2020/7/29のツイート
上杉隆氏のときもそうだったけど、ホント、江川紹子って憎しみとかの自分の思いがそのまま表現に出ちゃうんだなあ。

※ Kazuo Uozumi(蘇民将来子孫家門)@forthman氏の2020/7/27のツイート
返信先: @amneris84さん
「自分の考えが通らないからと、無責任に役割を放棄したり、泣いて騒いで訴えたりするのが「科学者としての良心」だと思ってんのかな…」
 ↑
ジャーナリストならこんな当てこすりはやめて、きちんと言葉で批判すればいいのに。「泣いて騒ぐ」って江川氏の感想ですよね?

※ Lady Baba (鍵なし)ドブ撹拌中@BabaJaga33_2氏の2020/7/28のツイート
ツイートのような短いものをこんな風に歪めて認知するなら江川さんの書いたものは推して知るべし。望月さんは泣いて騒ぐ人の話してますか? あきれ果てるw
#とにかくイソコ

※ Shoko Egawa@amneris84氏の午後3:24 ・ 2020年7月27日のツイート
あきれ果てる。助言するのが専門家、決定するのが政治家。そんな役割の違いも分からないで、記事を書いているのか?! 自分の考えが通らないからと、無責任に役割を放棄したり、泣いて騒いで訴えたりするのが「科学者としての良心」だと思ってんのかな……。

※ 望月衣塑子@ISOKO_MOCHIZUKI氏の2020/7/26のツイート
#分科会 の #尾身茂 #会長 が「延期すべき」と思っていたのなら、もっとはっきり政府に物を言うべきだ。後から「自分は進言したんだ」と国民に言い訳をしても何の説得力もない。
科学者としての良心や覚悟が感じられない。 twitter.com/kazu10233147/s…

・・・・・・

江川紹子 年齢 61歳

自分の立場を明らかにして、需要を作ろうとしている感じですね。

海外でも、問題のジャンルが違うとそれまで見せていた見識が吹き飛んでしまう例はありますが、日本は福島第一原発事故と新コロナウィルス蔓延を経て、それまで文化人とか評論家ともてはやされていた人たちが総崩れです。

マスコミ主導のパラダイムが多様化すれば当然そうなる。
posted by ZUKUNASHI at 09:08| Comment(0) | Covid19