ずくなしの冷や水

2020年07月21日

香港 2019年の反政府デモ主要メンバー逮捕


・・・管理人は、香港の暴徒は米国の資金援助を受けたテロリストだと考えています。

香港 2019年の反政府デモ主要メンバー逮捕
Sputnik / Miguel Kandela
2020年04月18日 20:17
香港警察は2019年の反政府デモ参加者の一斉摘発に乗り出し、主要メンバーを逮捕した。AFP通信が伝えている。
香港の反政府デモの主要メンバーで、4月18日に逮捕された13人には、メディアグループ「壱伝媒」創設者の黎智英(ジミー・ライ)氏も含まれている。
同じく逮捕者には民主党初代主席の李柱銘(マーティン・リー)氏、民主活動家の何俊仁(アルバート・ホー)氏、社会主義政治家の梁国雄(レオン・クォックホン)氏、元民選議員の區諾軒(Au Nok-hin)氏なども含まれ、いずれも2019年8月および10月の大規模な不法集会を組織したとして罪に問われている。
香港の大規模な抗議行動は2019年6月から開始された。住民たちは、中国政府によって迫害された人々の身柄を中国本土に引き渡す法案を地域当局が検討し始めた後に、街頭での抗議行動に集まり始めた。
反対派は、引き渡し法の改正により、香港に逃亡した中国の汚職官僚のみならず、中国政府の政策に反対する活動家たちを裁判にかけるために、中国本土へ送還することが可能になると危惧していた。
posted by ZUKUNASHI at 21:09| Comment(5) | 国際・政治

千葉県では若いやつらに気を付けろ

2020/7/20現在千葉県の陽性者年齢分布。20代が4分の1、10代が4%、10代未満が2%です。子供は感染しないなどということはありません。小学校内での感染例もありますが、それは例外的。多くが同居の家族から感染しているはずです。親は稼がなければならないからリスクも冒さざるを得ない。つらいところです。


次は、タムス浦安病院陽性者数確認状況。事実上の介護施設のため入院者は年配、介護・看護スタッフは新設間もない病院のため20代が多いです。介護職ではなく看護師がこれだけ感染しています。感染症予防に対する基礎知識、あるいは感染症の最新動向に疎かったのではないかと感じさせられます。


陽性となった入院患者は、退院した者を除き、他の病院に収容されたそうです。22人ほどになります。看護師などは16人。彼らは入院した? 千葉県下の新コロナウィルス感染者のための病床は一気にひっ迫では? 看護師などの療養などの情報が見当たりません。

転院受け入れ患者に症状が出た時、なぜアラームが鳴らなかった? 最初に陽性が確認されたのは看護師です。 

タムス浦安病院は、看護師長を年収500万円で募集中。2020/7/21現在。看護主任や看護師も。

介護施設での集団感染は、各地で例がありました。同じタムスという名の付く病院のある市川ゆうゆうでの集団感染。
令和2(2020)年6月12日
新型コロナウイルス発生のクラスター施設の感染の状況について(市川)第3報

千葉県は第二の山を形成中です。


2020/4/15公表分以降のデータ。系列1は累積感染者数、系列2は退院+療養解除+死亡の計、その他という欄がありますが何を指すのか不明。系列3は系列1から系列2を引いたもの、入院加療中ないしは場所を問わず療養中の者。



系列1が入院中、系列2が入院調整中等、つまり自宅待機・療養、系列3がホテル療養、系列4が施設内療養(介護施設などで残留して療養することのようです)。初期には入院調整中等、つまり自宅待機・療養が多かったことがわかります。2番目の山では施設内療養がほぼなくて自宅療養とホテル療養が増えています。


自宅療養なら、いつでも外出可能です。感染症に対する認識の甘い看護師などがおとなしく自宅にとどまっている? とても考えられない。あちこち出歩いているかもしれません。

年配者は病院に収容されるが若い人は必ずしもそうではないということになると、街中で感染者と接する機会は若い人が多いということになります。最近は街中で年配者を見かける機会がぐんと減っています。

街中でプラプラしている若い人がいたら気をつけろ! 新コロナウィルス感染者で自宅療養中の者の可能性ありということになりましょう。


・・・以下は札幌市の事例です。上の事例と関係ありません。・・・

NHK2020年7月15日 17時02分
“崩壊”は介護現場で起きていた〜コロナで12人死亡 実態は〜 (抄)
札幌市が施設に送った別の文書に、市の考え方が記されていました。入所者は介護を必要としているため、施設にとどめて療養してほしいとしています。そのうえで、症状が悪化したときに入院を検討するとしていました。
しかし実際には、最初の感染者が確認された日から2週間後の5月11日まで、入院した人はいませんでした。そのあいだ、8人が施設内で相次いで亡くなりました。
札幌市は、感染者を施設にとどめるかわりに、病院と変わらない医療の体制を整える、としていました。しかし送られてきたのは、日中に医師1人で、看護師は確保できたときのみ。介護士の応援はありませんでした。

事態が改善するきっかけは、5月9日。厚生労働省が現場に医師を派遣したことでした。感染拡大が続いていることを重く見たのです。

赤星昂己さんは、被災地での緊急対応を専門とする国の医療チームに所属しています。赤星さんは、現場の実情を札幌市が把握できていないことに気付きます。そして、施設に必要な人員や物資を独自に調査して市の幹部に直接報告したのは、5月13日。この日以降、札幌市は入院の調整や人員の確保に、複数の部署が連携して取り組むようになりました。

・・・引用終わり・・・

札幌市長は、ライブバーの集団感染の時には見取り図まで手にして説明したいたのに、えらい差だ。
posted by ZUKUNASHI at 12:21| Comment(0) | Covid19