ずくなしの冷や水

2020年07月18日

ブラックロックというマルウェアが300を超えるAndroidアプリからパスワードとカード情報を盗む可能性

アンドロイドスマホでは、設定の際クレジットカードのデータ入力を求められます。管理人は断固拒否しています。無料ソフトはそれでもインストールできますのでその範囲でしか管理人は使用していません。

ブラックロックという新しいマルウェアは、300以上のアプリからパスワードとカード情報を盗むとされています。その他にもいろいろな情報を盗むらしい。

アンドロイドは、個人情報がダダ漏れだと繰り返し書いてきましたので、もう驚きもありませんが、個人情報漏れのニュースが続いています。Googleが詳しいMAPを提供したり、検索エンジンを提供しているのは、別に慈善事業ではない。彼らは営利事業としてやっているのです。そして掲載する広告よりもこれらの際で集めた情報のほうがより高く売れる。

各国の情報機関が高い値段でも個人情報を買うと思いませんか?

行動を監視したい人物の位置情報だってリアルタイムで把握できるんですよ。

あなたの行動履歴が把握できれば、出張中のデリヘル嬢と接点があったことなど簡単にわかります。

RT020/7/17
BlackRock alert: New malware can steal passwords and card info from over 300 different Android apps
Analysts have uncovered a new strain of malware that hides itself from Android users and poses as Google updates, in yet another example of increased hacking activity during the pandemic.

Discovered by mobile security firm ThreatFabric in May, the new malware, dubbed ‘BlackRock’, shares a common ancestry with previous banking trojan malware LokiBot.

LokiBot, considered a dead malware for some time now, infiltrates systems and harvests their information.

In the same vein, BlackRock, which shares a common source code ancestry with LokiBot and affects Android devices, invades victims’ devices once downloaded onto a system.

One of the key differentiating factors is that, instead of only targeting banking apps like previous trojans, BlackRock targets a variety of social networking, communication and dating applications.

It is thought that the change in target could be down to the fact that, with the world locked up because of Covid-19, hackers have noticed new opportunities for nefarious activity.

“It therefore seems that the actors behind BlackRock are trying to abuse the growth in online socializing that increased rapidly in the last months due to the pandemic situation,” ThreatFabric’s statement states.

The malware works via ‘overlays’, fake windows placed over legitimate apps that collect login and card data.

Users who download a BlackRock-infected app are then asked to grant it access to the phone's Accessibility feature, which allows it to automate and perform its heinous behaviors.

But that’s not all: such access can also allow the malware to intercept SMS messages, spam contacts, log key taps and even sabotage mobile antivirus apps. The full list of actions can be found in the report.

BlackRock currently disguises itself as fake Google update packages offered on third-party sites, and has yet to be seen on the Google Play app store.

It is usually only a matter of time before such malware migrates, however, as has been documented with past threats.


posted by ZUKUNASHI at 23:25| Comment(0) | デジタル・インターネット

人口の一部は新コロナウィルスに感染していなくてもすでに免疫を持っている可能性

RT2020/7/17
Your past seasonal colds could actually SAVE you from Covid-19, Oxford study suggests
According to research, some of the population may already have immunity to the deadly coronavirus without having been infected. If this proves to be true, it could limit the further mortal consequences of the disease worldwide.

A group of scientists from Oxford University conducted a new study which suggests exposure to seasonal coronaviruses – including the common cold – could already have provided the population with the immunity needed “to mitigate a potential second wave” of Covid-19.
オックスフォード大学の科学者グループは、風邪を含む季節性コロナウイルスへの曝露がすでにCovid-19の「潜在的な第2波を緩和する」ために必要な免疫力を住民に提供している可能性があることを示唆する新しい研究を実施しました。

The paper is yet to be peer-reviewed, but if it’s proven credible, it could be a huge breakthrough in the fight against coronavirus.

While it’s widely believed that the herd immunity threshold (HIT) “required to prevent a resurgence of the virus” should exceed 50% “for any epidemiological setting,” Oxford scientists demonstrated that it “may be greatly reduced if a fraction of the population is unable to transmit the virus due to innate resistance or cross-protection from exposure to seasonal coronaviruses.”

The herd immunity threshold is passed once a large enough percentage of the population becomes resistant to the infection, resulting in a collective form of protection.
The researchers found that the percentage of the population needed for the Covid-19 HIT could, in reality, be just 10-20%. These results “suggest that sufficient herd-immunity may already be in place to substantially mitigate a potential second wave,” stated the paper.
集団の十分なパーセンテージが感染に耐性をもつようになると、集団免疫閾値を通過し、集団的な保護がもたらされます。
研究者たちは、Covid-19 HIT(集団免疫閾値)に必要な人口の割合は、実際にはわずか10〜20%である可能性があることを発見しました。これらの結果は、「潜在的な第2の波を大幅に緩和するのに十分な集団免疫がすでに整っている可能性があることを示唆している」と論文は述べています。

Meanwhile, according to the European Centre for Disease Prevention and Control, in Europe – including the UK – the HIT degree is still too low to claim that it’s strong enough to resist a new pandemic wave. “It is unlikely that population immunity levels reached by winter 2020-2021 will be sufficient for indirect protection,” it said.
一方、ヨーロッパの疾病予防管理センターによると、英国を含むヨーロッパでは、HITの度合いはまだ低く、新しいパンデミックの波に耐えるのに十分な強さであるとは言えません。 「2020年から2021年の冬までに到達する人口免疫レベルが間接的な保護に十分であるとは思われない」。

The second coronavirus wave could strike the world in winter and be two or even three times deadlier than the first, British scientists have warned. This would echo what happened in the 20th century with the Spanish flu. Scientists warn that lifting lockdown restrictions too early could definitely trigger new massive outbreaks.
第二のコロナウイルスの波は冬に世界を襲い、最初のコロナウイルスの2倍から3倍も死ぬ可能性があるとイギリスの科学者たちは警告している。これは、スペインのインフルエンザで20世紀に起こったことを反映しています。科学者たちは、ロックダウン制限を早すぎる時期に解除すると、間違いなく新たな大規模な集団発生を引き起こす可能性があると警告しています。
posted by ZUKUNASHI at 23:05| Comment(0) | Covid19

街から年寄りの姿が見えなくなっている

管理人はできるだけ出歩かないようにしていますが、たまに出ると年寄りの姿が見えません。知人も年寄りが家から出なくなっていると言っています。

政府がこれだけ無策ですと、年寄りが街中に出ると感染の危険があると感じるのは無理からぬこと。

最近は、企業が従業員の感染を開示する例が増えており、コーヒーショップ、洋菓子店、デパート、学校、警察官ともう業種、職種を問わず感染者が出ています。それも若い人が主。その辺で見かける兄ちゃんや姉ちゃんの中に感染者がいる。

完全に市中感染による蔓延です。

若い方の闘病事例を見ると大変つらいものであることがわかります。

※ イオ@コロナ闘病中(21歳)学生@ioio060氏の2020/7/16のツイート
3月に発症して前から辛い時に励まし合ってきた子ですけど、未だに辛い時はこんな状況ですよ…発症から110日以上経ってもこれですよ!コロナ後遺症の恐ろしさわかりましたか?話聞いてるといつも可哀想すぎる…

※ 赤ちゃん@コロナ闘病中10代学生@akachanman6221氏の2020/7/16のツイート
朝から殴られたような激しい頭痛
全く起き上がれない強烈な倦怠感
肺の痛み、喉の違和感
38.2℃右向き矢印38.3℃
今日は起きているだけでも辛い状況で朝から何も食べれていません。携帯を触るのも辛く、ツイートはほとんど出来ませんでした。
今はほんの少しマシになりました。でも体調はかなり悪いです。

若い人は感染しないとか、症状はないかあっても軽いなどというデマを飛ばした人の責任は大きい。

朝目覚めると管理人はすぐに次の点検を行います。
(ベッドの縁に掛けて)立ち上がれるか
(歩き始めて)ふらつきはないか
目の焦点がぼけていないか
(トイレで)尿が支障なく出るか
(コーヒーを入れながら)頭痛はないか、香りがするか(嗅覚チェック)
熱はないか
だるさはないか

最初の三つは血圧上昇がないことを確認するものです。四つ目は中高年男性に特有な障害の確認。その次の三つは新コロナウィルス感染発症の有無を確認します。そしてパソコンを付けてブログの記事を書こうかとの気持ちが出れば、まあ、特に問題はないと安心。こんな毎日です。
posted by ZUKUNASHI at 13:41| Comment(2) | Covid19

鹿児島県下で新コロナウィルス感染爆発

鹿児島県下の新コロナウィルス感染者が7月に入って急増しています。
7/1に12例目が発生し、7/16までに162例を数えていますから半月余で151人の陽性者が出ています。

2020/7/17時点


2020/7/8の鹿児島県知事緊急メッセージ冒頭部分
今回,接待を伴う飲食店におきまして集団感染が発生いたしまして,多くの感染者が出るなど極めて厳しい状況にあります。集団感染の連鎖を断ち切っていかなければなりません。

373news(2020/07/16 12:30)
新型コロナ ショーパブクラスター関連以外も急増 鹿児島県内7月感染者数の2割強 無症状者が拡大要因か
 鹿児島県内で、鹿児島市天文館のショーパブ「NEW おだまLee男爵」で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)関連以外の感染者が急増している。

・・・この記事は7/16時点です。「7月に確認された総感染者147人」は7/16現在で151人になっています。感染者は各地に散らばっており、感染拡大を食い止めるためには特段の努力が必要です。
posted by ZUKUNASHI at 11:03| Comment(0) | Covid19