ずくなしの冷や水

2020年07月10日

ロスコスモス総裁のアドバイザーが反逆罪で逮捕される

ロスコスモス総裁のアドバイザーのスパイ疑惑 簡単な話ではないようです。チェコの特殊機関を通じてロシアの中東武器輸出の情報が米国に流されたというこの疑惑、チェコの第一副首相がコメントを拒否、サフロノフが事情聴取・取り調べに協力拒否、何らかの事実がないわけではないようです。ロゴージンもかなり微妙な立場に置かれました。



※ Rob Lee@RALee85氏の2020/7/7のツイート
Absolutely terrible news. Ivan Safronov, who was previously a journalist at Kommersant and Vedomosti where he primarily covered the defense industry and military, has been arrested for treason. He began working recently as an adivsor at Roscosmos.

毎日新聞2020年7月8日 18時00分(最終更新 7月8日 18時04分)ロシア連邦保安庁、有力紙元記者を逮捕 「言論統制強化」に抗議広がる
 ロシア連邦保安庁(FSB)は7日、露有力紙コメルサントの元記者で国営宇宙企業「ロスコスモス」顧問のサフロノフ氏(30)を国家機密を流出させた国家反逆容疑で逮捕した。ロシアでは6日にも別の女性記者がテロ行為を「正当化」する論評をしたとして有罪判決を受けたばかり。露メディアの記者からは「言論統制の強化」に抗議する動きが相次いでいる。
 露メディアによると、サフロノフ氏は2017年、北大西洋条約機構(NATO)に加盟するチェコの情報機関に対し、ロシアと中東諸国などとの軍事技術協力に関する国家機密を渡した疑いが持たれている。情報は最終的に米国に伝えられたという。国家反逆罪の審理は通常、非公開で行われ、有罪になれば最長で禁錮20年の可能性がある。サフロノフ氏は容疑を否認しており、拘束が伝えられた後にはFSBの庁舎前で元同僚記者らが抗議活動を行った。
 サフロノフ氏は昨年5月、プーチン大統領と関係が近いマトビエンコ上院議長の更迭の可能性を報じた後、コメルサント紙を解雇され、同紙政治部の全記者らも抗議のために辞職。政権側からコメルサント紙への圧力が取り沙汰された。ペスコフ大統領報道官は7日、サフロノフ氏の拘束と「過去の記者活動は関係していない」と述べたが、サフロノフ氏は軍事を専門とし、エジプトへの戦闘機売却契約など軍事機密を暴く記事を発表しており、過去の取材活動と拘束の関連を疑う声も出ている。
 ロシアでは6日にも、18年に17歳の少年が治安機関の建物内で爆発物を爆発させた事件に関し、「(政治活動の自由がない中で)少年が他に意思を伝える手段を思いつかなかった」とラジオで論評した女性記者に対し、「テロ行為を正当化した」として罰金50万ルーブル(約75万円)の有罪判決が言い渡された。首都モスクワなどでは、判決前から女性を支持する他の記者らの抗議活動が相次ぎ、一部が拘束された。
 昨年6月にはモスクワでインターネットメディアの記者が違法薬物の所持容疑で拘束された後、大規模な抗議活動が起こり、記者が釈放された。コメルサント紙は7日に発表した声明の中で、「近年の経験は、言論活動に関わるロシア市民は誰でも重い罪に問われる可能性があることを示している」と懸念を表明。他の有力紙も相次いでサフロノフ氏を支持する声明を発表しており、抗議活動が広がる可能性がある。【前谷宏】

共同2020/7/8
ロ当局、国家反逆罪で元記者逮捕
軍事機密の特ダネに報復か
【モスクワ共同】ロシア連邦保安局(FSB)は7日、有力紙コメルサントの特ダネ記者だったイワン・サフロノフ氏を国家反逆容疑で逮捕した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の情報機関に国家機密を渡した疑いがあるとしている。
 コメルサント紙をはじめ多くのメディアは容疑に疑問を呈し、サフロノフ氏への支持を表明。同氏が暴いた軍事機密に関する記事に対する当局の報復との見方を強めている。
 サフロノフ氏の弁護士によると、FSBは同氏が2012年からチェコ情報機関のスパイとなり、17年にロシアと中東・アフリカ諸国の軍事協力に関する機密情報を渡したと主張している。

TASS2020/7/7
Czech Interior Minister declines to comment on Safronov’s case - media
Safronov's lawyer, Ivan Pavlov, earlier said that in the case file of his client, the United States is referred to as the country that received secret information through Czech special services

PRAGUE, July 8. / TASS /. First Deputy Prime Minister and Minister of Internal Affairs of the Czech Republic Jan Hamacek declined to comment on reports that Ivan Safronov, adviser to the head of Roscosmos, a former correspondent for the Kommersant and Vedomosti newspapers, passed information to the republic’s special services, the network publication Denik N. stated on Wednesday.

"No comment," it quotes Hamacek as saying.

Safronov's lawyer, Ivan Pavlov, earlier told TASS that in the case file of his client, the United States is referred to as the country that received secret information through Czech special services.

Safronov was detained on July 7 as he left his apartment in the morning. The FSB public relations service informed that Safronov is suspected of communicating confidential state secrets to a representative of one of NATO’s intelligence services and was arrested by the Russian Federal Security Service (FSB) agents. Prosecution launched criminal proceedings on the count of state treason against Safronov, who is now facing 20 years behind bars. The FSB added that the investigation continues. Earlier, Roscosmos informed that Safronov had been arrested but underlined that the arrest is not linked to his current duties as Roscosmos advisor.

Lawyer Yevgeny Smirnov later told reporters, the FSB suspects Safronov of transmitting information to the Czech special services about arms deliveries from Russia to the Middle East and Africa.

Safronov pleaded not guilty in court. According to a TASS source, he refused to cooperate during questioning.

Roscosmos Director General Dmitry Rogozin said on Tuesday that the former journalist, who earlier worked for the Kommersant and Vedomosti business dailies, was "invited to cover Roscosmos activities a month and a half ago" and "did not have classified information clearance." "I did not doubt his high professionalism and personal decency," Rogozin added.

Russia’s Kommersant Daily, where Safronov worked between 2010 and 2019, issued a statement in support of Safronov, calling him "a true Russian patriot, who was covering defense and space issues because he truly cared about them." Russia’s Vedomosti and Novaya Gazeta newspapers, RBK media group and the Dozhd TV channel also declared their support for Safronov.

Some of the journalist’s former colleagues gathered outside the FSB quarters in downtown Moscow on Tuesday afternoon to show solidarity. Several journalists, including from Kommersant, were detained in the course of one-person protests.

2020/7/7 16:54:52
Rogozin's adviser detained on charges of treason
The press service of Roscosmos said that the investigating authorities detained the adviser to the general director of the state corporation Ivan Safronov.
This is stated in a message on the website of Roscosmos.
He was charged under article 275 of the Russian Criminal Code. Investigative measures are being taken.
It is noted that the detention of Safronov does not concern current work at Roskosmos.
Safronov in May 2020 was appointed to the post of adviser to the head of the state corporation Dmitry Rogozin on information policy.
It was previously reported that military expert Vladimir Neyolov was sentenced to seven years in a maximum security colony on charges of treason.

Roscosmos advisor suspected of handing over confidential data to NATO
The charges carry a punishment of 20 years behind bars, according to the Federal Security Service
MOSCOW, July 7. /TASS/. Advisor to the head of the Russian space agency, Roscosmos, Ivan Safronov is suspected of communicating confidential state information to a representative of one of NATO’s intelligence services and was arrested by the Russian Federal Security Service (FSB), the FSB public relations office told TASS.

"The Federal Security Service detained Ivan Safronov, advisor to the director general of Roscosmos state corporation, in Moscow. Safronov was performing tasks of one of NATO intelligence services, collecting state confidential data about Russia’s military and technical cooperation, defense and security and handing it over to its [NATO intelligence service] representative," the FSB said.

Prosecution launched criminal proceedings on the count of state treason against Safronov, which carries 20 years behind bars. The FSB added that the investigation continues. Earlier, Roscosmos informed that Safronov had been arrested.

Safronov was born in Moscow in 1990. He graduated from Moscow’s Higher School of Economics in 2010, obtaining a degree in journalism. He worked as a special correspondent for Russia’s Kommersant and Vedomosti newspapers and was covering military and military-technical cooperation as well as defense and space industries. In May 2020, Safronov was appointed advisor to the Roscosmos chief for information policy and was curating a number of Roscosmos programs.

MOSCOW, July 7. / TASS /. Advisor to the Director General of Roscosmos on information policy Ivan Safronov was detained on Tuesday on suspicion of treason. According to the press service of the state corporation, the detention was not related to his current work.
"The press service of the state-owned corporation" Roscosmos "reports that today the investigating authorities detained the adviser to the general director of the state-owned corporation" Roscosmos "I. I. Safronov," the Roscosmos reported.
The state corporation emphasized that Safronov was charged under Art. 275 of the Criminal Code of the Russian Federation (high treason). “At the moment, investigative measures are being conducted,” the Russian Space Agency emphasized, adding that the detention of the adviser to the general director does not concern current work in the state corporation.
The press service noted that Roscosmos is providing all kinds of assistance to the investigating authorities.
According to a source in law enforcement agencies, Safronov was detained by FSB officers.
Safronov was born in Moscow in 1990. In 2010, he graduated from the Higher School of Economics with a degree in journalism. In 2010-2019, he was a Kommersant correspondent and special correspondent, and in 2019-2020, he was a special correspondent for the Vedomosti newspaper. He was engaged in covering the activities of military and military-technical cooperation, the problems of the military-industrial complex and the space industry. In May, Safronov was appointed adviser to the head of Roscosmos on information policy.

モスクワ、7月7日。 / TASS /。情報政策に関するロスコスモス事務局長への顧問イヴァン・サフロノフは火曜日に反逆罪の容疑で拘留された。国営企業のプレスサービスによると、拘留は彼の現在の仕事とは関係がありませんでした。
「国営企業のプレスサービス」ロスコスモスは、今日、捜査当局が国営企業の総局長に顧問を拘留したと報告している「ロスコスモス」「I. I.サフロノフ」とロスコスモスが報じた。
国営企業は、サフロノフがロシア連邦刑法の275(反逆)アートの下で起訴されたことを強調した。 「現在、調査措置が実施されている」とロシア宇宙庁は強調し、ゼネラルディレクターへのアドバイザーの拘留は国営企業での現在の仕事には関係がないと付け加えた。
プレスサービスは、ロスコスモスが調査当局にあらゆる種類の支援を提供していることを指摘しました。
法執行機関の情報筋によると、サフロノフはFSBの職員によって拘留された。
サフロノフは1990年にモスクワで生まれました。 2010年に彼はジャーナリズムの学位を取得して経済高等学校を卒業した。 2010〜2019年にはコメルサント特派員および特別特派員を務め、2019〜2020年にはヴェドモスティ新聞の特別特派員を務めました。彼は軍事および軍事技術協力の活動、軍産複合体および宇宙産業の問題を​​カバーすることに従事していた。 5月、サフロノフはロスコスモスの情報政策の責任者に任命された。

TASS2020/7/10
Safronov’s case not linked to his professional activities, Russian intelligence chief says
Safronov was a reporter for the Kommersant daily in 2012-2017
MOSCOW, July 10. /TASS/. The detention of Ivan Safronov, an advisor to the head of Russia’s Roscosmos space agency, is in no way linked to his professional activities, Russian Foreign Intelligence Service Director Sergei Naryshkin told reporters on Friday.

"I would like to highlight a few important things," he said in response to a question. "First, I highly appreciate the skills of Russian intelligence personnel. Second, the defendant’s detention and the charges brought against him are in no way linked to his professional activities," Naryshkin pointed out.

"And third, I don’t recommend anyone try to put pressure on the investigation, let alone on the court. Only the court can decide whether a defendant is guilty or not," he stressed.

According to Russia’s Federal Security Service (FSB), Safronov was recruited by Czech intelligence in 2012. Eventually, he collected information on Russia’s defense cooperation with African countries and the Russian military’s activities in the Middle East in 2017 and passed it to the Czech Office for Foreign Relations and Information. However, the information was actually meant for US intelligence agencies. Safronov was a reporter for the Kommersant daily in 2012-2017. According to a FSB investigator, the case is not linked to Safronov’s work as a journalist.

サフロノフは、発覚する、あるいは立件されるとは思っていなかったんでしょう。せっかく良いポストに就くことができたのに、惜しいことをしました。

チェコの情報機関が米国に取り込まれていたことが発覚してチェコの第一副首相がコメントを拒否。対応に苦慮しているでしょう。ロシアの情報機関はチェコ側からサフロノフに関する情報を得たのかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 23:46| Comment(0) | 国際・政治

米国の情報機関がアフガンの麻薬密輸に関与している



このツイートに注目しましたが、元のツイートは消されています。

※ MFA Russiaロシア国旗@mfa_russiaの2020/7/5のツイート
ロシア国旗 #Russia's Special Presidential Envoy on #Afghanistan #Kabulov on #US intelligence's involvement in drug trafficking: Their planes fly without any checks. Anyone in Kabul could tell you about it. It's an open secret, everyone is sick & tired of it.

US Intelligence, Accusing Russia of Shady Deal With Taliban, Is Involved in Drug Trade, Envoy Says
YAKUTSK (Sputnik) - US intelligence is deeply involved in the Afghan drug trade at the same time as it accuses Russia of conspiring with the Taliban, Special Presidential Envoy on Afghanistan Zamir Kabulov said on Saturday.

"Their [US intelligence's] planes fly from Kandahar or Bagram to any destination - like Germany or Romania - without any checks. No wonder, such is their business. Any Afghan citizen, anyone, in Kabul could tell you about it. It's an open secret and everyone is sick and tired of it and dismisses it as a given", Kabulov said.

関連が深そうなツイートも上の記事も「麻薬密売に関連してCIAとタリバンとの間で交わされた取引の長いリストがあると」述べてはいません。おそらく当初のツイートは、そういう文言が入っていたのでしょう。リストを示せと言われかねないですし、タリバンとの関係でもタリバンと麻薬密売の関係に触れるのはまずいという判断が、事後的になされてツイートが変わったのでしょう。

タリバンの財源を考えれば、麻薬取引について米国側とタリバンとの間で何らかの取り決めがあって、タリバンが一定の収入を得ていたと考えるのが妥当かもしれません。

sputniknews.com/politics/20151212
Washington Could 'Cut a Deal With Daesh in Afghanistan to Counter Russia'
に掲載された画像、ケシですね。


2016年02月29日
イランがアフガニスタン国境で麻薬2.9トン押収 米国の侵略後麻薬生産が急増

この問題、アフガン大使の若干の勇み足で米国と対立の種になりかねないところ、ラブロフが一般報道を引きながら、"Looking at absolutely reliable facts, we can say that・・・"と軌道修正しました。見事なカバーです。
TASS2020/7/10
Possible use of NATO aircraft to traffic Afghan drugs needs to be investigated - Lavrov
According to Russia's top diplomat, over the 20 years of the US’ and the coalition’s other participants' presence in Afghanistan, drug trafficking from that country has increased many-fold
MOSCOW, July 10. /TASS/. Russia insists that reports about possible use of NATO aircraft to traffic drugs in Afghanistan be probed into, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Friday.
"We keep on receiving reports, including via mass media, that contraband of opiates has been organized from Afghanistan to other countries, including to Europe, with the use of military aircraft of the NATO coalition," he said during the Primakov Readings international online forum.
"We cannot verify these reports 100% but such reports are coming too regularly to be ignored. If military aircraft were used over Afghanistan, they could have been only NATO’s aircraft and such flights could have been performed only by the military or special services. Naturally, such information needs to be probed into, first of all in the United States," Lavrov stressed.
According to the Russian top diplomat, investigation is also needed inside the country of NATO presence. "Looking at absolutely reliable facts, we can say that over the 20 years of the US’ and the coalition’s other participants' presence in Afghanistan, drug trafficking from that country has increased many-fold. Neither the United States nor other members of the coalition have taken any serious efforts to stop drug production in Afghanistan," he added.

posted by ZUKUNASHI at 23:37| Comment(0) | 国際・政治

ブルブルブル 千葉は自殺名所になっている? 成田では毎月一人遺体発見

2017/3 千葉県松戸市リンちゃん殺害事件。

2018/9〜10
産経2019.2.28 18:24社会事件・疑惑
千葉切断遺体、死因は「窒息死」 長男を殺人罪で追起訴
 千葉県の九十九里浜一帯で昨年9〜10月、同県八街(やちまた)市の山田容子さん=当時(75)=の切断された遺体が相次いで見つかった事件で、千葉地検は28日、長男の基裕(もとひろ)被告(38)=死体損壊・遺棄罪で起訴=を殺人罪で追起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、昨年9月25〜27日、自宅で同居する山田さんの首を圧迫し、殺害したとしている。これまで山田さんの死因は不明とされていたが、捜査の結果、窒息死と判断した。

時事通信社2019年3月14日(木)21時03分
遺棄容疑で長男逮捕=資材置き場の白骨遺体−千葉県警
 千葉県白井市の資材置き場で1月、白骨化した遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは遺体の身元を同県柏市戸張、長谷川嘉久さん(1947年生まれ)と特定し、死体遺棄容疑で14日、長男の自営業、敬悦容疑者(47)=住所不定=を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、嘉久さんの遺体をブルーシートで包み、当時住んでいた柏市内の民家の床下に埋め、2017年ごろ立ち去り遺棄した疑い。

この報道では、遺体を柏から白井に移動させたのが誰かわからない。

2019/2/26、千葉県山武市スーパーアクション殺人事件
山武市ですが、八街市役所に近い。
この事件、ちょっと興味があります。もと製材所の工場だったところで70歳くらいの爺さんが体を縛られ、顔にガムテープを貼られて死んでいたというものです。

この件について調べた人は、SM関連ではないかと書いている人がいます。体を紐で縛られていた、畑の中で隣は事務所の人気のない犯行場所、声を出しても聞こえません。スーパーアクションという工場の名前がいかにも思わせぶりです。

でも、警察の発表や発見者の供述からすれば違いますね。
・山武市埴谷における男性殺人事件の発生及び捜査本部の設置(山武警察署捜査本部)
 男性(71)が日時場所等不明なるも、何れかの手段方法により殺害される事件が発生。同男性は、2月25日午後10時39分頃、山武市埴谷の工場内で発見。2月26日午後3時、山武警察署に捜査本部を設置
・・・殺害日時場所等不明なんだそうです。2020/7/10になってこの件の続報がありました。

毎日新聞2020年7月10日 11時28分(最終更新 7月10日 11時42分)
千葉・山武の強盗殺人容疑で5人に逮捕状 都内「アポ電強盗」逮捕のメンバーも
 千葉県山武市の木材加工会社で2019年2月、同社社員の誉田一夫さん(当時71歳)が遺体で見つかった事件で、千葉県警が強盗殺人容疑で5人の逮捕状を取ったことが、捜査関係者への取材で明らかになった。5人には、東京都内で起きた現金の有無などを事前に尋ねて強盗に入った「アポ電強盗」事件で警視庁に逮捕された男も含まれている。近く逮捕する方針。
 県警によると、19年2月25日夜、誉田さんと連絡が取れないことを不審に思って会社を訪ねた女性従業員が、会社の工場内にある居住スペースで誉田さんが両手足を縛られ、口や鼻に粘着テープを貼られて死亡しているのを発見した。県警は、5人が強盗目的で押し入り、誉田さんを窒息死させたと見て捜査している。
 5人のうち一部は、同年2月に東京都渋谷区の住宅に侵入し、高齢の夫婦を縛って現金約400万円などを奪ったとして警視庁に強盗容疑で逮捕されている。渋谷区の事件では、事件の数日前に現金の有無を尋ねる不審な電話があったという。【秋丸生帆、長沼辰哉】

2019/3/3 3月3日午前9時44分頃、八千代市大和田新田の倉庫に放火し、同倉庫を焼損させた派遣社員の男(29)を逮捕
この火災、大きな黒い煙が上がりました。職場での恨みつらみが積み重なっていたんですね。

2019/3/10、千葉・匝瑳市の海岸に全裸の男性遺体
山武市よりも北。
テレ朝NEWS2019/3/10
匝瑳市にある堀川浜で10日午前6時ごろ、海岸を散歩していた女性から「人が砂浜に倒れている」と119番通報がありました。駆け付けた救急隊と警察官が、衣服を何も身に着けていない状態で仰向けに倒れて死亡している男性を発見しました。警察によりますと、男性に目立った外傷はなく死後、あまり時間が経っていないとみられます。男性は、年齢は20代から30代くらいで身長約175センチ、黒髪の短髪だということです。

・・・この件は少し詳しく検討しましたが、続報がまだありません。捜査難航必至ですね。

子供の虐待死もあります。野田市。

あちこちの用水路や池などで遺体が見つかっています。3/13は野田市で道路でも遺体。

2019年3月14日10:43 JNN/TBS
13日午前7時半ごろ、千葉県野田市の交差点で信号待ちをしていた70代の男女3人が歩道に乗り上げた乗用車にはねられ死亡し、車を運転していた会社員・金子龍司容疑者(42)が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。
 その後の捜査関係者への取材で、金子容疑者は「事故を起こす直前に意識を失った」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。
 警察は容疑を過失運転致死に切り替え、事故の経緯を調べています。



最近嫌な事件が目につきましたが、どうも増えている感じ? 千葉県警の事件簿ファイルで調べてみました。

河川や池や山で続々遺体発見
2018年11月11日午後7時26分頃、柏市大井の手賀沼で、浮いている年齢等不詳の女性の死体を発見
死者は、身長約150センチメートル、頭髪白髪まじり、上衣エンジ色長袖ブラウス、下衣青色長ズボン、靴下着用

2019年1月31日午後2時28分頃、流山市思井の山林内で、散歩をしていた近隣居住の男性が白骨死体を発見。死体は、上衣紺色ジャンパー様の物、白色トレーナー様の物、下衣黒色ズボン、茶色皮ベルト、黒色靴下、黒色靴着用
流山市思井は、こんなところです。


2019年2月5日午後零時10分頃、成田市小菅の山林内で、通行人の男性が白骨死体を発見。死者は、年齢性別等不明、付近に青色っぽいダウンジャケット、色不明の靴、青色っぽい手提げカバン

2019年2月5日午後2時50分頃、富津市金谷の鋸山で、登山に訪れた男性らが死体を発見。死者は、年齢性別等不明、上衣黒色長袖ジャンパー着用

2019年2月27日午後3時40分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜で、海岸を散策中の男性が年齢性別等不詳の白骨死体の一部(下顎骨)を発見

2019年3月5日午前10時30分頃、流山市大字桐ケ谷の用水路内で、散歩中の女性が年齢等不詳の男性の死体を発見
 死者は、上衣黒色っぽいジャンパー様の物、色不明のパーカー、下衣色不明のズボン、ベルト、靴下着用、白色っぽいスニーカー

2019年3月6日午前9時56分頃、成田市成田で、池の中に浮いている年齢性別不詳者を発見

2019年3月15日午後5時50分頃、千葉市中央区港町の河川内に、死体が浮いているのを通行人の男性が発見

身元不明死体(白骨)の発見(成田警察署)
 4月16日午前11時頃、成田市前林の雑木林内で、埋め立て造成の作業員が年齢性別等不詳の死体を発見

朝日新聞デジタル2019年5月3日 19時31分
知人男性の遺体を遺棄の疑い、男2人逮捕 千葉県警
遺体が見つかった現場の周辺。2日から警察官が捜索していた=2019年5月2日午後9時40分、千葉県東金市松之郷、武田遼撮影(画像の一部を加工しています)
 男性の遺体を捨てたとして、千葉県警は3日、千葉県内に住む60代の男2人を死体遺棄容疑で逮捕した。
 捜査関係者への取材でわかった。このうち1人が2日、千葉市内の交番を訪れ、「今年1月に知人の遺体の処理に困り、(千葉県)東金市内に埋めた」と話したという。県警が東金市内を検索し、3日、成人とみられる遺体が見つかった。県警は死因や身元を調べる。
 捜査関係者によると、遺体は東金市松之郷の雑木林内の深さ数十センチの土中に埋められ、衣服や靴を身に付けていた。逮捕された男の説明によると、埋められたのは70代後半の男性という。「車で他県に連れていこうとしたら死んでしまった」といった趣旨の説明をしているという。県警は司法解剖やDNA型鑑定をして死因や身元の特定を進める。
 遺体が見つかった現場はJR東金線東金駅から北に約2キロの県道沿い。夜間の人通りは少ないという。
2019年05月04日
悪人になり切れなければ そんなことしなければいいのに

・身元不明白骨死体の発見(館山警察署)
 5月25日午前10時22分頃、南房総市和田町白渚の海岸で、散歩中の男性が死者を発見
 ※情報をお持ちの方は、メール又は館山警察署(0470-23-0110)まで
・・・なんで散歩の人が通るような場所に白骨死体?

・身元不明白骨死体の発見(香取警察署)
 5月26日午前4時40分頃、香取市佐原の利根川河川敷で、釣りに訪れた男性が白骨死体を発見

・身元不明死体の発見(茂原警察署)
 6月7日午後3時11分頃、茂原市千町の河川内で、男性の死体を発見
 特徴は、年齢等不詳の男性、身長160センチメートルくらい、上衣紺色トレーナー、下衣ベージュ色作業ズボン、白色スニーカー

・人倒れの発見(市川警察署)
 6月19日午後3時3分頃、工事を行っていた業者が、市川警察署2階屋根上に男性(30歳代くらい)が倒れているのを発見。同男性は、搬送先の病院で死亡確認

産経2019.6.19 22:03社会事件・疑惑
警察署の屋根に男性遺体 千葉県警市川署
 19日午後3時ごろ、千葉県警市川署(同県市川市鬼高)の本庁舎の2階屋根部分に、30代くらいの男性が意識がない状態で倒れているのを、同署を工事している業者が発見した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は男性の身元の確認を急ぐとともに、死亡した経緯について詳しく調べている。
 同署によると、男性の持ち物にあった診察券の氏名が、同日午後0時半ごろに同署プレハブ棟で対応した男性の氏名と一致しているという。来署した男性は、目的の職員が別件の対応中だったため待っていたが、約10分後に「外に行く」と別の職員に声を掛けて外へ出たという。
 同署は庁舎内の防犯カメラを確認するなど、事件と事故の両面の可能性があるとみて、捜査を続けている。

・・・・・・・

冬でも海岸で発見される遺体、海中で溺れる例が出ています。
2019年1月27日午後零時18分頃、匝瑳市吉崎の海岸で、男性(64)がサーフィン中に所在不明となり、家族らが捜索中、付近テトラポットで発見され、搬送先の病院で死亡

2019年3月10日午前5時50分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜上で、散策中の女性が男性の死体を発見
死者は、年齢20歳から30歳代くらい、身長175センチメートルくらい、体格中肉、頭髪黒髪 

2019年3月12日午前7時30分頃、長生郡一宮町船頭給の海上で、男性(50歳代くらい)が溺れているのを、サーフィン指導のため岸にいた男性が発見。溺れていた男性は搬送先の病院で死亡

2019年3月16日午前7時37分頃、安房郡鋸南町大帷子の海上で、男性(50歳代くらい)が水泳中に所在不明

2019年3月25日午前8時14分頃、鴨川市天津の漁港で、堤防の海面に浮いている男性(60歳代くらい)を通りかかった男性が発見。同男性は現場で死亡状態

JNN/TBS 2019年4月15日(月)22時15分
海中の軽ワゴン車から男性遺体、千葉・富津市の港
15日午後、千葉県富津市の港で、海中に軽ワゴン車が沈んでいるのが見つかりました。車内には男性の遺体があり、警察は事件と事故の両面で捜査しています。
 15日午後3時前、富津市の上総湊港で海底の砂をかき出す作業をしていた男性から「水中で車両を発見した」と110番通報がありました。警察が駆けつけ、沈んでいた軽ワゴン車を引き上げたところ、車内から年齢不明の男性の遺体が見つかったということです。
 男性は運転席でシートベルトを身に着けていて、車体の屋根は大きくへこんでいたということです。
・・・この件は、2019/4/16 11時現在事件簿ファイルに記載がありませんでしたが、その後早々と車両転落と思われる事案として発表されました。「死亡状態の男性」?
・車両転落と思われる事案の発生(富津警察署)
4月15日午後2時55分頃、富津市湊の上総湊港で、湊湾関係者が海に転落している軽貨物車を発見。同車両から死亡状態の男性を発見

・身元不明死体の発見(鴨川警察署)
7月31日午前7時35分頃、鴨川市横渚の待崎川河口で、消波ブロックの間に男性の死体を発見
※年齢30歳から50歳代くらい、身長178センチメートルくらい
  体格中肉、頭髪短髪、上衣黒色半袖Tシャツ、下衣青色ジーパン

・身元不明死体の発見(山武警察署)
8月1日午前8時4分頃、山武郡横芝光町北清水の栗山川で浮いている男性の死体を発見
※年齢70歳代くらい、身長165センチメートルくらい
上衣赤色タンクトップ、黒色ハーフパンツ

・水難事故と思われる事案の発生(勝浦警察署)
8月1日午後4時44分頃、勝浦市新官の沖合で、浮いている男性(40歳代くらい)を発見、同男性は搬送先の病院で死亡確認

・身元不明白骨死体の発見(松戸警察署)
 8月6日午後2時頃、松戸市千駄堀の雑木林で、年齢性別等不詳の白骨死体を草刈り作業中の作業員が発見
 死者は、上衣深緑色と黒色で左胸にCONVERSEと記載のジャンパー、下衣ジーパン、赤色マフラー着用、右すねに骨接合プレートあり

・身元不明死体の発見(匝瑳警察署)
 9月1日午後1時23分頃、匝瑳市川辺の堀川浜海岸で、海水浴に来ていた男性が、浅瀬で倒れている男性を発見。その後、男性は搬送先の病院で死亡
 男性は、身長170センチメートルくらい、上衣着衣なし、下衣灰色パンツ
 ※情報をお持ちの方は、メール又は匝瑳警察署(0479-72-0110)まで

・身元不明死体の発見(我孫子警察署)
 9月1日午前9時頃、我孫子市布佐の利根川河川内で、ボートで釣りをしていた男性が、河川内に浮いている男性を発見
 男性は、身長170センチメートルくらい、上衣白色ポロシャツ、下衣紺色作業ズボン
 ※情報をお持ちの方は、メール又は我孫子警察署(04-7182-0110)まで

・身元不明死体の発見(鴨川警察署)
9月2日午後2時頃、鴨川市横渚の加茂川で、死亡状態で浮いている男性を発見
※年齢等不詳、身長165センチメートルくらい、体格中肉、頭髪金色短髪、上衣白色ポロシャツ、下衣黒色スラックス、茶色革製ベルト、灰色靴下着用
情報をお持ちの方は、メール又は電話で鴨川警察署(04-7092-0110)まで

JNN/TBS 2019年9月15日(日)22時27分
モーターボートの遺体、衣服を着ていない状態で遺棄
 千葉県の銚子マリーナに停泊中のモーターボートから遺体が見つかった事件で、遺体は衣服を着ていない状態で遺棄されていたことが分かりました。
 この事件は14日、銚子市の「銚子マリーナ」で、停泊中のモーターボートの中にあった木箱から、腐敗が進み年齢・性別が分からない遺体がブルーシートにくるまれた状態で見つかったものです。
 その後の警察への取材で、遺体は成人とみられ、衣服を着ていなかったことが分かりました。遺体が見つかった船内のスペースは施錠されていて、職員が鍵を壊して遺体を見つけたということです。また、モーターボートの所有者は2年前から連絡がつかなくなっているということです。
 警察は、死体遺棄事件と断定して80人態勢の特別捜査班を設置し、18日に遺体を解剖して、死因や身元の特定を急ぐなど捜査しています。(15日18:28) JNN/TBS

・・・お巡りさんは大変な職業です。

でも、前からこんなに遺体発見が多かったのでしょうか。
生活に困窮したりする人が増えて、金銭的なトラブルから殺人、死体遺棄、投棄が増えている。

自殺もある。これは確実にありそうです。列車の人身事故が続いています。

そして管理人が感じるのは、3月に海に入って溺れている人もいるようなので、何か精神的に異常を来して珍しい、とっぴな行動に出る人が増えている、そんな気がします。

セシウム被ばくで精神状態が不安定になり、予想外の行動に出る人が増えているような気がしますが、違うでしょうか。

管理人もそのうち徘徊中に遺体に遭遇しそうな気がします。いや、そんなのは大したことない。警察を呼ぶだけだ。

それよりも問題は自分が遺体で運ばれることがないようにするにはどうしたらよいかです。

2019年03月08日
千葉市に町田市、豊島区 大阪 やはりきているようだ

千葉県の事件事故情報は何でも入っています。埼玉県の事件情報は痴漢が多い。東京都は公然わいせつが多い。千葉県は不審者とか公然わいせつなどないのかな。でも強制性交はある。茨城県は住民からの情報収集目的に的を絞っている。

警察官は大変な職業です。早死にするのも無理はない。次はどこの県警か明らかではありません。

※ 元警察官 @motokeisatu氏の11:58 - 2019年4月14日のツイート
全寮制の警察学校で知って驚いたこと
男の6割は小便後に手を洗わない
そのうちの2割は大便後も手を洗わない
私がトイレの洗面台で石けんで手を洗ってたら、個室から出てきた同期生が私の後ろを素通りしたので
「手洗うの忘れてない?」
と言ったら、
「え?いつも洗わないよ」
皆さまご周知を

・・・警察官は、ばい菌には強い。悪人にも強い? まあ、汚いものを扱うことも多いので気にしていられないかも。

管理人は、先日交通事故を目撃しました。ドーンと大きな音で車の追突かと思ったら自転車に左折の車がぶつかっていました。運転者は比較的若い女性。自転車の男性は大したケガではなかったようですが。横断歩道ではねられる。

※ JNN/TBS2019/4/18 4月18日(木)10時12分
井の頭公園の池に女性の遺体
 18日朝、東京・三鷹市の井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかり、その後、死亡しました。警視庁は事件と事故の両面で調べています。
 18日午前6時50分ごろ、三鷹市の井の頭公園の池で「人が浮いている」と近くの交番に通報がありました。警察や消防が駆けつけたところ、井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかりました。女性は意識不明の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
 警視庁によりますと、女性の体に目立った傷は見つかっておらず、死後まもないとみられるということです。女性の服は軽装で、靴を履いていたということで、警視庁は女性の身元の確認を進めるとともに、事件と事故の両面で現場の状況を詳しく調べています。(18日09:42) JNN/TBS
・・・井の頭公園で人が浮くと動画付きで速報されますが、千葉県で人が浮いても報道されないことも。えらい違いです。目立たずに死ぬなら千葉県?
posted by ZUKUNASHI at 18:32| Comment(7) | 社会・経済

東京の新コロナ感染者数はテイクオフしたようだ



一回目のピークの後、十分な拡散期間がありました。この間、千葉県北西部でも感染者の発生が続き、海外からの帰国者やその人の濃厚感染者だけであったものが、感染ルート不明が増えています。

私は、感染して治癒したとされる方からも感染がありうると見ています。本人が再発発症しているのに他に感染させていないなどということはないでしょう。

神栖市は集団感染がありました。


仙台市は、感染者がどんどん治癒して退院しています。入院にも至らない感染者が多いのですが、6月にも超過死亡が出ています。


東京から感染拡大は必至。通勤電車も混雑が増してきているそうです。

私的には、平日日中のスーパーは、まず感染者はいなかろうと考えていたが、わからなくなっきた。ローカルなスーパーを使う。

都内に出るのは厳禁。

2020/7/10の東京都の陽性者数240人超とニュースが流れています。

Yahoo!ニュース@YahooNewsTopicsの2020/7/9のツイート
【東京220人以上感染 過去最多】
https://yahoo.jp/yswhuJ
東京都で9日、220人以上が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。都内の感染者数としては過去最多となる。

こうなることは予見できたんですよね。それでも国民は、都民は今の当局の対応を受け入れてきた。どんどん感染したらいい。風邪にかかるのと同じと思っているのなら。

※ K&M&Y&A@uchu1dane氏の2020/7/8のツイート
医師として、COVID-19 の話をすると…
ネトサポ(?)が湧いてきて ↓
他の疾患はどうでもいいのか?
経済が回らなくなり倒産したり自殺者が増えたらどうするんだ?
命と金は同等だ。
コロナ脳…
などと揶揄されますが、やかましいわ
怒りマーク
それは無能で私利私欲の塊、安倍首相と閣僚達に言え。

新コロナの玉が当たったら、視野の外に消えるだけ。その後、死のうが障害が残ろうが、知ったこっちゃない。

SNSで新コロナウィルス感染はただの風邪だというような主張が増えています。根拠もなく。次のツイートは典型です。中小事業者のお一人でしょうか。


※ kaori@kaori87567967氏の2020/6/14のツイート
返信先: @syouwaoyajiさん
コロナで死ぬのは、落雷で死ぬより確率低いんです。そもそもコロナは茶番だと気づかなければ論外。自粛は必要なかったと専門家も認めています。目を覚ましてください。経済壊して中小事業者潰しにかかって来ているんです。

概して、事業運営、経済活動の維持を重視する側からのこのような発言が増えているようです。客や従業員が感染して死んでも賠償責任はありませんから。

あと次のような意見も増えているようです。


※ chocolat.@chocolat_psyder氏の2020/7/8のツイート
大西つねき
「このウィルスを受け入れて、救える命、救えない命の見切りをつけるしかない」
この人の優生思想めいた発言は今にはじまったことじゃない。以前にこうやって批判も上がっていたのにまったく内部では誰も問題視していなかった。それが今回の動画につながってる。マジでひどいな。

※ あっち行け!鼻くそ自民党@ #山本太郎を都知事に@Sakuraphon78氏の2020/4/3のツイート
私はれいわ新選組や山本太郎代表の支持者ですが、これは看過できない。これ、れいわ新選組として容認できる意見なんですか?是非、真摯にお答えください。>【大西つねき】「このウィルスを受け入れて、救える命、救えない命の見切りをつけるしかない。」@reiwashinsen @eikokimura @anmintei

※ Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸)@takavet1氏の2020/5/3のツイート
返信先:@reservetroopSemさん
このままだと逆に死者が増えてしまうのです。仮にコロナウイルス による死者を1000人に抑えると、経済破綻による死者は20万人を超えてしまいます。医療崩壊を防ぎつつ、感染を広げて収束させるというのがベストだと思うのです。今の施策は問題の先送りで経済に与える影響が大きすぎるという指摘です。

感染症の専門家が経済困難による死者の予想までしています。まったく根拠もなく。医療サイドの責任を軽くしようとする試みです。

国会議員は、どこの党でもいいからとにかく議員になりたいという人がほとんど。そういう人がれいわにいても、立憲にいてもおかしくない。共産党だって、何だこれはという政策はある。


※ mko@trappedsoldier氏の2020/7/9のツイート
介護し救おうとしても、残念ながら力不足で救えない命はある。我々は人として、救えなかったことを悔やみ、人が亡くなったことを悼む。
大西つねきのように、経済的限界がある、若者の時間が大事と「高齢者の死」を積極的に招くような思想は絶対に拒否する! それは人間の社会ではない。

※ 啓山@tanaka93225760氏の2020/7/9のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
琥珀さんが言う「体が思うように動かず意思の疎通もできず排便も垂れ流し認知もできない状況で生きてる・・・」
そのような老人は飲食を自ら止めます。老衰という自然死をします。命の選別など必要ない程自然なことです。
posted by ZUKUNASHI at 14:18| Comment(0) | Covid19

ブラジル、ボリビア大統領が新型コロナウイルス感染

Bloomberg2020/7/7
ブラジル大統領が38度発熱でコロナ検査、今週の予定取りやめ−CNN
ブラジルのボルソナロ大統領に38度の発熱など、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の幾つかの症状が表れたとCNNが6日伝えた。検査結果が現地時間7日に公表される見通しという。
  CNNブラジルによれば、ボルソナロ大統領はこれらの症状のため、今週のスケジュールを全てキャンセルした。

※ kmiura@kmiura氏の2020/7/7のツイート
ブラジル大統領、陽性判定

※ RT@RT_comの2020/7/10のツイート
#BREAKING: Bolivia's acting president Jeanine Añez confirms she tested positive for coronavirus
posted by ZUKUNASHI at 10:15| Comment(0) | Covid19