ずくなしの冷や水

2020年07月07日

トルコの花火工場の爆発がドイツで低周波の観測で探知された

2020/7/3の8:10 GMT トルコのサカリヤ県の花火工場で爆発があり、その低周波の空気振動をチュニジアとドイツ、それぞれ1500kmおよび1900km離れた場所で検出したそうです。



花火工場の爆発の模様
https://www.youtube.com/watch?v=S1iJZuBVmss
posted by ZUKUNASHI at 19:06| Comment(0) | 福島原発事故

学生の数学オリンピックの結果だけじゃ測れませんけど これも一つ









まあ、別に学生の数学オリンピックなどの成績が、その国の教育水準の相対的な位置を示すとは思いませんが、日本の学術研究の水準は世界的に見て大きく遅れているらしい。

福島第一原発事故まではあまり学者の皆さんとは接触もありませんでしたが、その後学者、研究者の発言などを追ううちに学術的な知識に加え人格面でもかなり欠けた面があると思わされるようになりました。今回新コロナウィルスでもそれは同じ。医師というものは、そんなものとはうすうすわかっていましたが、それを白日の下にさらされるとやはり打撃は大きい。

これから大学進学を志す子弟がおられる皆さんは、子供の興味関心を踏まえ、進学先となりうる大学、教員の実情をよく調べるようにしたらいいです。

昔と違い、ネットで簡単に大学の教授陣や研究室の活動状況などは知ることができます。シラバスと呼ばれる講義要項も公開されています。

それに加えて、目星をつけた教員がSNSでどんなことを発信しているかも調べてみましょう。こんな教員の薫陶を受けたら子供がスポイルされてしまうと思う人も多いです。

最近は大学院に進む人も多いようです。大学を終えて就職のために役立つ追加的な勉強を続けることは悪くないと思いますが、研究者の道を歩み、大学などに就職できるのは大変限られた人数です。うまく研究者の端くれになっても給与は低い、研究に追われるということで40歳くらいまでは結婚など望みえないとも聞きます。

好きな道でビンボーしてもよいと本人がいうことならそれでも良いと思いますが、親としては気をもむことにもなりかねません。
posted by ZUKUNASHI at 12:51| Comment(0) | 社会・経済

木々と知り合う モクゲンジ

2012/6/10、谷津バラ園前の公園で撮影



奥まった2本の高木の左側がモクゲンジ、右側がオオモクゲンジ。



2013/7/21 撮影





次の画像は、モクゲンジかオオモクゲンジですね。


次は全く違うものでした。種の形が違います。


モクゲンジの種

posted by ZUKUNASHI at 08:47| Comment(0) | 木々と知り合う

二通りのディフェンス 地雷除去と学位論文審査

次の記事は、ハバロフスクで行われた地雷除去の訓練の模様を動画で紹介しています。大変珍しい。ロシア軍は常時こういう訓練を行っていますから、シリア戦争の展開に伴って兵士や軍の警察や工作兵というのでしょうか、サッパーを送り込むことができるのです。
この訓練で使われている地雷は威力が低いもののようです。地雷除去の現場の脇からゲリラが銃撃し、これに応戦する場面もあつてよくできています。
БМР-3М против минных полей: кадры учений саперов в Хабаровском крае

※ Rob Lee@RALee85氏の2020/7/6のツイート
Video of Eastern Military District sappers conducting a mine-clearance exercise with BRM-3M mine-clearing vehicles in Khabarovsk.
https://tvzvezda.ru/news/forces/co
https://twitter.com/i/status/1280143257905893376

※ Rob Lee@RALee85氏の2020/7/6のツイート
Video of Eastern Military District sappers conducting a mine-clearance exercise with BRM-3M mine-clearing vehicles in Khabarovsk. 2/
https://tvzvezda.ru/news/forces/co

・・・・・

次は大学院で博士号を取ろうとする学生が、博士論文の審査を受けている場面です。新コロナウィルスのせいでオンラインでの審査になっているようです。

6月27日
@danhriceへのお祝い、PhD。 彼は今日@UM_CommStudiesでコミュニケーションプラットフォーム間の政治キャンペーンの違いに焦点を当てた素晴らしい論文の防御をしました。
-これで、彼は今秋にassistant professorの仕事を開始する準備ができました!

画面の左下に見える方が@danhrice氏です。審査員の先生が3人? 欧米の博士号の審査はなかなか厳しいものがあると言われています。
画像の上のほうに 30 participantsとありますから、審査の状況を審査員の先生のほかに25人くらいも見ていた! これはなかなかしんどい。ミシガンの大学のようです。


posted by ZUKUNASHI at 00:05| Comment(0) | 福島原発事故