ずくなしの冷や水

2020年07月14日

スクリパル父子の行方は依然不明

sott.net Wed, 08 Jul 2020 06:06 UTC
Were the Skripals secretly executed by Britain's government?
最新情報、長文です。


スクリパル事件から2年経過。スクリパル父子の行方は分からない。英国はメイを先頭に大騒ぎしたが、何を得た?

RT2020/6/8
‘They’re still at Porton Down’: Skripal’s niece doesn’t trust reports of poisoned ex-spy & daughter moving to New Zealand
The Sunday Times reports that former double agent Sergei Skripal and his daughter have moved to New Zealand under new identities. However, his niece in Russia believes it is all a distraction and that they are still in the UK.

The whereabouts of Sergei and Yulia Skripal have remained unknown since they were discharged from hospital after surviving a poisoning by a toxic chemical, which the UK authorities branded Novichok, in Salisbury in March 2018.

An unnamed senior British government official has confirmed to the Sunday Times that the father and daughter at the heart of one of the biggest scandals between London and Moscow have spent more than a year in an MI6 safe house before being given new identities and moved to New Zealand so that they could start a new life there.

However, the ex-double agent’s niece, Viktoria Skripal, who lives in Russia, said that she didn’t trust the report at all.

“I know nothing about this. And I don’t believe it,” she insisted, recalling that it’s not the first time that the possibility of the Skripals moving to another country is mentioned.

I think they’re still at Porton Down. It’s cheaper for the UK authorities to keep them there than in New Zealand.

The report about their move to the other side of the world “is just a distraction,” she added. Viktoria also alleged that after the poisoning Sergei and Yulia are in need of special medical supervision, which can only be provided to them at Porton Down – one of the most secretive British military research facilities, located just outside Salisbury.

Moscow suggested that the chemical that almost killed the Skripals could’ve been leaked from that very laboratory. London has repeatedly stated that Russia was “highly likely” behind the attack on its former intelligence officer, who supplied secret data to the UK for years.

The Russian side denies any involvement and insists that two years after the incident, Britain has yet to provide any convincing proof to back up its accusations, while refusing Russia’s offer of a joint investigation and denying the country’s diplomats access to the Skripals, who remain Russian citizens.

The UK authorities have also shown photos of two men in Salisbury who they said were agents of the GRU (Russian foreign intelligence agency). Moscow countered that the allegation does not match the facts and that London was trying to use the Skripal saga to justify placing more sanctions on Russia.

RT
Salisbury poisoning unleashed Russian bogeyman ... but where are the Skripals 2 years on?
Forget Where’s Wally, what we really want to know is where are the Skripals? It’s exactly two years to the day since the Russian spy and his daughter were novichoked in Salisbury, and we’ve still not seen hide nor hair of them.

Former double agent Sergei has been completely off-grid, while Yulia Skripal was seen in a highly staged video in 2018, filmed in an anonymous but pleasant leafy glade shortly after recovering from her poisoning ordeal; but, apart from that, there has been no statements or updates about them at all.

The most recent piece of ‘information’, and I use that term loosely, to leak out about their whereabouts came this weekend from Britain’s Mail on Sunday, courtesy of a source which became ubiquitous throughout the Skripal saga, the reliably unreliable “security insiders.” It’s always amazing how willing these apparent insiders are to release top-level secrets to the home of the “sidebar of shame.”

The latest speculation from ‘security insiders’ is that the Skripals are hoping to head for a new life down under in Australia after “effectively living under house arrest since the attack.” This means either those insiders are the leakiest spies in the world, or the Skripals are going to be nowhere near Australia anytime soon.

The house arrest must be at Julian Assange in Belmarsh levels of security, because even the Skripals’ family in Russia say they haven’t heard from them in months.

So all quiet on the Skripal front and, frankly speaking, it’s all quiet on the geopolitical front, too, and in the media. The disputed events of March 4, 2018, over poisoned spies and their aftermath formed the biggest story on the planet, and not just because the whole world finally started paying attention to the majesty of Salisbury cathedral’s glorious 123-metre spire.

This incident seemed like it might have genuine life-changing political consequences. Britain entered the phrase “highly likely” into the lexicon of geopolitics, and [then-PM] Theresa May’s declaration that it was “highly likely” that the Kremlin was to blame was deemed strong enough to see the West turn en masse against Moscow, and Russian diplomats and ‘diplomats’ were expelled by the dozen, by London and its allies across the world. It seemed the bar for state-to-state accusations had been lowered.

Russia to this day denies involvement in what happened in Salisbury.

So what has changed? If anything, all that has changed over the last two years is a desire to get back to business, to rebuild ties and move on. Some of those expelled diplomats have reportedly moved back.

French leader Emmanuel Macron is pushing hard for relations between the West and Moscow to be repaired, something Germany needs little encouragement for.

Britain is still pretending to be in a huff, but British imports of Russian oil were up 57 percent last year, so realpolitik reigns supreme in London, as ever.

Boris Johnson is now the prime minister and with a thumping majority doesn’t need to use bogeyman Russia as a tool to look strong quite as much as his predecessor did. Johnson and Putin even met in January and there are reports the prime minister is considering an invitation to attend a second world war commemoration parade in Moscow this May.

And as for the media, it’s all gone quiet there, too. Skripal coverage is about as common in the mainstream now as coverage of Julian Assange’s imprisonment. He’s a journalist whose supporters say is ‘highly likely’ a victim of a demonstrable state campaign against him because he attempted to uncover the misdeed of power. However, a boring attack on free speech is nowhere near as exciting as a poisoned spy, is it?!
posted by ZUKUNASHI at 15:09| Comment(0) | 国際・政治

株式のデイトレードをしてもそうそう儲かるものではない

この記事は、株式投資でデイトレードをしてもそうそう儲かるものではないということを書いています。内容的には、間違っていない。時間が取れたら主要部分だけでも訳します。読者の中には中年女性セミプロ投資家もおられるやに感じていますので、僭越至極ですが。

RT2020/7/13
Day-trading stock platforms are stealing from the poor and giving to the rich, causing depression and suicides
Thousands of young, inexperienced people have become day traders in stocks during the recent pandemic, thinking they’ll quickly make fortunes. They won’t and they are being duped, manipulated and exploited.

For hundreds of years, the typical market-pricing mechanisms determined the value of businesses and companies. Cash flow and profitability were always a critical metric in determining if a business was viable and worthy of additional capital to grow the company and its profits.

Snake oil salesmen at day trading firms that “charge no commissions” tell novices that “it is different this time.” Upon reviewing a few websites of the most significant day-trading firms, I realized that many statements in their learning centers ranged from stretching the truth and lying by omission to outright material misrepresentations. Remember: If something seems too good to be true, it is.

Since the credit crisis, many media outlets and politicians have been fixated on the stock market. The stock market is where fortunes are made and made quickly. One of the ridiculous false narratives put forward by politicians and their talking bobbleheads on TV is the fallacy that increasing stock prices reflect national prosperity.

How many times have you heard some TV bobblehead repeat the same refrain: “Stocks on Wall Street today surged because two million jobs were created” or “Germany's DAX stocks tumbled today because a million more jobs were lost” or “Riots and Covid-19 are expected to kill many small businesses across the US”?

Whatever stocks do, the media feel it necessary to give you their opinion, presented as news, on why markets moved. Sometimes the media are correct, but most of the time, they are clueless. Your main risk management goal needs to be the return of capital before return on capital. Never take a huge risk, and if your position goes bad, cut your losses early and sell. Do not dither and hope. SELL! Hope is not a viable trading strategy.

I was deeply saddened recently when I read that Alexander Kearns had committed suicide after realizing he had lost nearly $750,000 day-trading. Kearns was a 20-year-old college student who had a bright future in front of him, and he made one bad mistake. This was devastating news that highlighted many problems.

The platform Kearns was trading on should never have allowed him to trade in any options products. As an expert in these financial products, I know that options were inappropriate investment products for the college student. He should have NEVER been allowed to trade derivatives. It is likely that litigation against that firm by Kearns' family would be successful and could prevent further loss of lives.

Trading is not a video game. Trading is not easy. No one makes money all the time when trading. In fact, a few of my best trades early on in my career lost money but taught me an invaluable lesson, and I never repeated those mistakes. These mistakes were expensive on-the-job training. Having energy and enthusiasm about buying shares and investing is terrific but, like everything in life, getting it right takes discipline, hard work and hours of your own extensive, independent analysis. Many of the analysts you read are outright wrong.

People need to realize that every financial firm’s objective is to make money. ALL OF THESE firms make money EVERY TIME you trade. The firms are claiming “we charge no fees” because those firms are selling your orders to high-frequency trading firms, for which they are paid handsomely. There is no such thing as “a free lunch” or easy, quick profits trading stocks. Remember, if it sounds too good to be true, it is.

Loss of your money can cause depression and panic among inexperienced students who quickly lose a lot of money and confidence. In the last few years, I have seen numerous headlines that go something like this: Trader turns $30,000 into a million dollars in a year. For every story about someone who made a “fast fortune”, there are thousands of real-life experiences of people who lost everything. Why are the more massive wipe-outs not reported by the fake news media? Because it’s bad for Wall Street’s business model. Here are two points you will learn nowhere else:

Markets are rigged.

There are no regulators that protect investors.

I detail how Washington and Wall Street partner in fraud to exploit inexperienced and experienced traders in an entire chapter of my book, Planet Ponzi.

How are markets rigged? About ten years ago, we had a “flash crash” and stocks dropped a few thousand points quickly. There were no sellers in the volatility futures market, so I sold volatility futures at 75 percent and made a fortune because markets came back within hours. Unfortunately, the exchange broke those trades the next day and stole my profits because some “local traders” got skinned and convinced regulators to call back these trades.

In 1978, Hillary Clinton invested $4,000 in 10 hog futures contracts and made $100,000. My point: VIX (volatility index) and hog futures are only for professional investors. I was screwed, and Hillary Clinton made money trading pork bellies. Go figure.

These are just two examples of rigging through nonexistent regulation that the government claims is here to help investors – they help big banks and institutions, not individuals. During the 2008 credit crisis, trillions in taxpayer-funded bailouts went to financial institutions that committed crimes and no one was prosecuted.

The US Federal Reserve and other central banks have printed over 100 trillion dollars that has distorted market-pricing mechanisms and inflated the most grotesque asset bubbles in history, while widening the wealth inequality gap to levels never seen before. The money central banks created out of thin air was utilized for stock buybacks, which for good reason were illegal 30 years ago and should be illegal now. They are a scam to enrich executives.

By the most recent estimates, I have noticed we have around 30 percent participation by retail in stock markets. Typically, retail investors always buy at the top of the market and lose a fortune. Fortunately, the clients I advise make money; unfortunately, those I share my views with for free mostly never listen and don’t.

The price action of markets has become irrational, and irrational price action in overvalued markets always ends badly. This time will be no exception.
posted by ZUKUNASHI at 12:09| Comment(0) | 社会・経済

2020年07月13日

新宿の劇場で大規模集団感染

大分合同新聞 2020/07/12 17:36
榊原徹士、新型コロナ感染 クラスター発生の舞台『THE★JINRO』出演
 俳優の榊原徹士(30)が、新型コロナウイルスに感染したことを12日、所属事務所が発表した。榊原は今月3日、俳優の山本裕典(32)が主演し、キャストやスタッフの合計12人、さらには観客も新型コロナに感染するクラスターが発生した舞台『THE★JINRO−イケメン人狼アイドルは誰だ!!−』に出演していた。
 サイトでは「7月3日(金)に舞台『THE★JINRO−イケメン人狼アイドルは誰だ!!−』に出演、保健所より濃厚接触者との認定を受け、PCR検査を受診した結果、陽性判定となりました。現在、保健所の指導に従い、隔離生活・治療を行っております」と報告。10日に濃厚接触者認定後は「榊原徹士に接触した者はおりません」とした。
 同舞台ではすでに発表されている山本やナレーターのサッシャ(43)のほか、多数のキャスト・スタッフ、さらには観客にも新型コロナウイルスの感染者が続出。舞台公式サイトは10日、保健所より全キャスト及び全スタッフが濃厚接触者と指定され、自宅待機の指示があったことを明かし、「新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました出演者とスタッフは合わせて12名となっております」と報告している。

・・・引用終わり・・・

※ しょんた(翔太)@ 北海道在住の赤舁夫@shota611116氏の2020/7/9のツイート
県内で新たに1人感染 計89人
栃木県は、佐野市の40代の女性が、新型コロナウイルスに感染していることが、新たに、確認されたと発表しました。
栃木県によりますと、新たに、感染が確認されたのは、佐野市に住む40代の女性で、今月7月4日(土曜日)に、東京・新宿区の劇場で、都内の友人と舞台を観劇し、7月6日(月曜日)に、発熱や頭痛などの症状が出たということです。
7月7日(火曜日)に、舞台の運営者がホームページで、その日の出演者の1人が、新型コロナウイルスに感染していたと発表したことから、女性は、健康福祉センターに相談し、ウイルス検査をした結果、7月8日(水曜日)に、感染が確認されました。
現在、症状は、ないということです。
県は、東京都内に住む友人の女性について、都に、検査を依頼するとともに、7月9日(木曜日)以降、女性の家族についても、検査するということです。
また、勤め先の県内の工場の同僚などで、濃厚接触者がいるかどうか、調べています。

朝日2020/7/13
 群馬県は13日、同県玉村町に住む20代の女性保育士の新型コロナウイルス感染が新たに確認されたと発表した。この女性はクラスター(感染者集団)が発生したとみられる東京都新宿区の劇場で上演された舞台を鑑賞していたという。県内での感染確認は今月4日以来9日ぶりで、確認された感染者数は計156人(死者19人)となった。
 県保健予防課によると、女性は5日に公共交通機関で上京し、この舞台を鑑賞した。舞台に関係した感染者が複数出ているとの報道を受け、11日に保健所に相談し、12日に検体を採取した。
 女性は無症状で、鑑賞した翌日の6日から11日正午までの計6日間、同県伊勢崎市内の保育施設で勤務していたという。女性が保育を担当していた子どもたちや同僚など、勤務先での濃厚接触者は調査中としており、これまでに判明しているのは同居人1人のみという。

NHK2020/7/13
千葉県内では、集団感染が確認されている浦安市の病院の関係者6人や東京 新宿区の劇場で舞台公演を鑑賞した大学生1人を含む男女合わせて17人が、新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されました。
市川市に住む大学生の女性は出演者や客などの感染確認が相次いでいる、東京 新宿区の「新宿シアターモリエール」で先月30日に舞台を鑑賞していたということです。
posted by ZUKUNASHI at 21:12| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルスの脅威を否定する人は頭がおかしい

新コロナウィルスの脅威を否定する人は、まだおられるんでしょうね。
そういう方は、もちろんこんなブログ読んでいないでしょうし、周りに感染させ捲っている人が少なくないでしょうけど。

ロシアでも新コロナウィルスの脅威を軽視する人が多いのは悩みの種。元々寒い地域ですから、食中毒は毒キノコなどが原因。公衆衛生の知識の普及はそれほど高くないようです。

そのためもあって感染者の発生が絶えません。ハビブの父親が新コロナウィルスで亡くなりましたから、彼が日本の志村けんのような役割を果たしたかもしれません。

ロシア政府は、とにかく新コロナウィルスの流行抑制が最大の任務。
メドゥベージェフの後を継いだミハイル・ミシュスティンの内閣では保健・教育担当の副首相タチアナ・ゴリコワが頑張っているはずなのですが。


TASS2020/7/12
Kremlin spokesman says those who deny coronavirus threat are insane
Dmitry Peskov noted that the year 2020 cannot be called an ordinary year
MOSCOW, July 12. /TASS/. Those who deny the threat of the novel coronavirus infection are simply insane, Russian president’s press secretary Dmitry Peskov said on Sunday.

"At least, they [people who deny the existence of the coronavirus infection] are know-nothings, or even insane in the worst case. This disease does exist and it is a special disease, sometimes even terrific," he said in an interview with the Moscow. Kremlin. Putin program on the Rossiya-1 television channel.
「少なくとも、彼ら(コロナウイルス感染の存在を否定する人々)は何も知らないか、最悪の場合は正気でもない。この病気は確かに存在し、特別な病気であり、時にはひどいことさえある」と彼はインタビューで述べた。

He noted that the year 2020 cannot be called an ordinary year. "When we were seeing the year 2020 in, we wished each other the best things, we wished happy new year and could not even imagine what this year was going to bring," he said, adding that the current generation has never been faced with pandemics.

The pandemic, in his words, has impacted Russia "adding crisis phenomena stemming not only from the domestic crisis but also with the global crisis, first all, linked with health threats."

"[Russian President Vladimir] Putin has always put people’s health above all, that is why when the global threat emerged, it was necessary to take swift measures to help the public health system cope with this threat to people’s lives. And it was necessary to do it across the entire country, the biggest one in the world," he said.

"The economy was immediately mobilized to manufacture individual protective gear, lung ventilators, various sanitizers," he recalled. "It may now look like mere statistics but let us not underestimate the titanic work that was done."

Speaking about treatment techniques, Peskov, who was also taken to hospital with the coronavirus infection in May, noted that Russian doctors know much about the disease. "They have learnt to save lives, to cure with the most serious symptoms of this disease. They have learnt to combat it efficiently," he stressed.

According to the Kremlin spokesman, the president has also learnt a lot about the coronavirus infection. "During crises, Putin always becomes a specialist," he noted. "Putin is always guided by the opinions of specialists when wording his point of view. His viewpoint always rests on a scientific, expert approach. He never yields to emptions when making conclusions."

In late December 2019, Chinese officials notified the World Health Organization (WHO) about the outbreak of a previously unknown pneumonia in the city of Wuhan, in central China. Since then, cases of the novel coronavirus - named COVID-19 by the WHO - have been reported in every corner of the globe, including Russia.

On March 11, 2020, the WHO declared the coronavirus outbreak a pandemic. According to the latest statistics, over 12.7 million people have been infected worldwide and some 565,000 deaths have been reported.

To date, 727,162 coronavirus cases have been confirmed in Russia, with 501,061 patients having recovered from the disease. Russia’s latest data indicates 11,335 fatalities nationwide. Earlier, the Russian government set up an Internet hotline to keep the public updated on the coronavirus situation.
早くに、ロシア政府はインターネットホットラインを設置して、コロナウイルスの状況について国民に最新情報を提供し続けていました。
posted by ZUKUNASHI at 17:45| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルスがどうやって感染していくと思っていたの?

新コロナウィルスは空気感染するとの研究者の声が強まっています。

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO)@kinoryuichi氏の2020/7/8のツイート
新しい対策が必要になる可能性。
→「エアロゾル」感染の証拠認識、WHOが見解:日本経済新聞

エアロゾルによるものも含めた空気感染でなくて、なんでこんなに感染が広まっていると考えていたの?

接触? 日本人そんなに相手の身体に触ったりしませんよね。
感染者のウィルスを多量に含む唾の塊で感染する?

日本人は、相手かまわず隠れて唾液の交換をやっている? 介護施設で若い女性介護士が70、80の爺さんと、外国帰りの若い男性とその友人男性が成人映画のキスシーンのような濃厚な・・・。

バカじゃねえの? そんな願望があって、白昼夢でも見ている?

結核も空気感染ではないと思っていた?
インフルエンザも?

ずっと不思議で仕方がなかったんですよ。こんなの常識じゃないんですか。

それとも、何か神秘的な感染経路があると思っていた。テレパシーで感染するとか? みんなカルト好きですものね。

今行われている対策は基本的に空気感染の防止を目的とするためのものです。マスクもソーシャルディスタンシングも。

個人レベルでは新しい対策なぞありませんよ。人との接触を断つという一番実行が難しい防御方法をより徹底するしかありません。

結局こういうことになっているんですね。


※ yumi ゆみ@ygjumi氏の2020/7/8のツイート
#COVID19 の無症状感染者が
エレベーターを使用して隣人に感染
70人以上の感染症クラスターが生じた
https://twitter.com/AliNouriPhD/status/1280568013587128321

※ 善川チャーリ@GoodBye_Nuclear氏の2020/7/12のツイート
インフルエンザや新型コロナウイルスに関して空気感染の可能性を嘲笑し否定していた人たちですが、科学的・医学的に物事を考えるセンスが足りないと考えています。
posted by ZUKUNASHI at 09:32| Comment(0) | Covid19

この記事は読んでおいたほうが良い

NHK2020年7月2日 17時35分
コロナ陰性後も続く“後遺症” 実態調査へ 日本呼吸器学会

若い人でも陰性になった後も症状が続くことがあります。


※ M@1GCc1c08lYBBfN1氏の2020/7/13のツイート
わたし、昔から腰痛があるのですが、、
コロナ発症したとき、
すごい腰痛になりました。歩けないくらい腰がいたくなりました!
そーゆーことは、テレビとかで言われてませんが、きっと自分の持病や弱い場所が悪化する可能性がありますね!わからないですが。。。

・・・腰痛も大変ですが、基礎疾患、持病のある人は、症状が重いとされています。心臓とか、肺、脳に来ます。
posted by ZUKUNASHI at 09:17| Comment(0) | Covid19

文京区の保育園で園児20人職員2人感染

文京区発表 更新日 2020年07月11日
区立認可保育園における新型コロナウイルス感染症罹患者の発生について
【第一報】7月10日(金曜日)現在の状況
文京区内の区立認可保育園に勤務する保育士1人と園児2人が、新型コロナウイルス感染症に罹患していることが判明しました。当該園は、感染拡大防止のため、7月10日(金曜日)から7月20日(月曜日)まで臨時休園することとし、全園児の保護者に対して園から連絡を行いました。

【第二報】7月11日(土曜日)午後3時現在の状況
令和2年7月10日にお知らせしました「区立認可保育園における新型コロナウイルス感染症罹患者の発生について」(以下、「第一報」という。)につきまして、新たに罹患している方が判明しましたのでお知らせします。
現在、保健所が、疫学調査や検査、陽性患者の入院などの対応を進めています。
PCR検査の実施
現在68人の検査が完了しています。引き続き濃厚接触者についての検査を実施していきます。
陽性患者
保健所等による検査において、本日新たに保育士1人、園児18人の陽性が判明し、第一報と合計して保育士2人、園児20人の陽性が確認されました。

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/7/12のツイート
子供がCOVID-19を発症すると、親にもガラス越しでしか会えなくなります。政治家の方々は、本気でこのようなことが起こるのを防ぐつもりはあるでしょうか?

・・・引用終わり・・・

防護服を着て病室に入って子供を抱くなどということは許されないのだろう。病院側は汚染リスクが高く、手間のかかるそんな対応はしてくれないと思う。

幼児は感染しても発症しないという見解は、これまで伝えられた事実とは違います。幼児でも亡くなる例があります。
posted by ZUKUNASHI at 08:48| Comment(0) | 社会・経済

2020年07月12日

トランプ ロシアへのサイバー攻撃を認める

CNN.co.jp7/11(土) 16:00配信
トランプ氏、ロシアへのサイバー攻撃初めて認める
トランプ氏がロシアのネット企業に対するサイバー攻撃を実施したことを初めて認めた

(CNN) トランプ米大統領は11日、ロシアのインターネット企業に対し米国が2018年、サイバー攻撃を仕掛けたことを初めて公式に認めた。

米紙ワシントン・ポストのコラムニストであるマーク・ティーセン氏との会見で明かした。同氏はポスト紙での記事で、サイバー攻撃を許諾したのかをトランプ氏に質し、「その通り」との返答があったとした。

また、複数の米政府高官が攻撃の事実を確認し、この企業のネットワークへの接続を遮断する成果があったことを認めたとも述べた。

攻撃の標的となったのはロシア企業「インターネット・リサーチ・エージェンシー」で、米国側は16年の米大統領選、18年の米中間選挙で多数の投稿を繰り返すなどの手口で介入したとみている。同社の資金源はプーチン大統領に近い新興財閥の指導者とされる。

トランプ氏は今回の会見で、オバマ前大統領も大統領選前の時期におけるロシアの干渉を承知していたが何も言わなかったと指摘。民主党の指名候補だったクリントン元国務長官が勝利すると判断しこの問題に触れたくなかったためだなどとも主張した。

その上で自らの行動に言及し、諜報(ちょうほう)を受けたサイバー攻撃で、ロシアの干渉を止めたとの功績を自賛。このサイバー攻撃はロシアに敵対するより幅広い政策の一環だったとも誇示した。

ただ、オバマ前大統領は16年12月、米大統領選への干渉を理由にロシアに対する制裁や一部の外交官を追放する報復措置を講じていた。
posted by ZUKUNASHI at 23:41| Comment(0) | 国際・政治

さて感染者がどこまで増えるか

※ ともの桜カニメロン@tomonoise氏の2020/7/10のツイート
あたまおかしい。
「Go To トラベル」7月22日開始に前倒し、代金の35%割引=国交相 | Article [AMP] | Reuters

※ 但馬問屋@wanpakuten氏の2020/7/10のツイート
「Go Toキャンペーン」観光分野 今月22日から
NHKのニュースで、今日は最多243人の感染確認というのを見たばかり。
まさに狂気のインパール経済回復大作戦
うんざりしている顔
この1.6兆円は直ちに医療機関支援に使うべき!!
怒りマーク

※ chiki2913@chiki2913氏の2020/7/11のツイート
GoToトラベルにwithコロナって引っ付けたらちょっとすごいよね。それを国が主導でキャンペーン? たしかにすごい国だよ。

観光支援で補助金が出るそうです。観光客を受け入れる地域は、東京からのお客に歓迎と警戒の二色で対応でしょう。でも一番リスクが高いのは、東京から地方への旅行に同道する人々です。東京発日帰りの温泉バスツアー。どなたか試してみませんか? 私は日当をくれると言われても行きません。



ジョンズホプキンス大学のサイトから2020/7/11昼現在の数値を取り出しました。

10万人当り陽性者数。チリが突出しています。ついで、ペルー、米国、ブラジル。米国は10万人当り約1000人ですから100人に一人です。南米が米国の裏庭だという人もいますが、その解釈でいえば、邸宅とともに裏庭も荒れ放題です。米国が南米の国に対して何をやってきたかがあらわになっています。スウェーデンが米国に迫る勢いとなっています。集団免疫ができて鎮静化する見通しは立っていません。これに次ぐのがサウジアラビア。外国人出稼ぎ労働者が多く彼らに感染が広がっているのではないでしょうか。バッタの群れが襲った時、屋外で殺虫剤を撒いたために草を食べたラクダが多数死にました。そういう荒っぽい国です。
10万人当り陽性者数では、ロシアとイスラエルが英国を抜きました。この2国は早くから厳しい警戒態勢を敷き、PCR検査も徹底してました。それでもこの高さです。イランも検査を徹底しており、まだ陽性者、死亡者ともに増えています。封じ込めは容易ではないのです。中東から南アジアでは、イラク、パキスタン、エジプトが増加中。東京は人口密度からして明らかに不自然、潜在的な陽性者はこの10倍ということもあり得ます。


次に人口10万人当り死亡者数。スウェーデンがスペイン、イタリアに接近です。ロックダウンもマスクもせずに放置するとどうなるか、社会実験進行中です。ロシア、イスラエルは、陽性者数は多いものの、死亡者は相対的に低くなっています。早めの検出と治療が奏功しているものと見られます。日本は、検査をしないわけですから陽性者も死亡者も少ないという結果になります。韓国、中国は、その後も陽性者、死亡者は出ていますが、伸びはわずかです。


陽性者に対する死亡者の割合。上の二つの表と比べるとわかりますが、この指標が最もばらつきが少ないのです。0.05を中心として分布していますから、陽性者の致死率は5%と見ることができます。風邪でそんなに死にますか? 欧州の致死率が高いのは何が原因か不明です。ロシア、イスラエルは致死率が低くなっています。感染者を広く拾い起して治療に持ち込むという戦略であることがわかります。


米国では、物置やトラックに遺体が山積みになっているところが発見されています。感染者が増加を続けていますからそのような扱いがさらに増えている恐れがあります。トランプは対策を放棄しています。

東京にお住いの読者に改めて警告します。読者ご自身、あるいはご家族の感染リスクは極めて高いです。新コロナウィルスの抗体反応はせいぜい3か月程度しか持たないとの情報があります。そうだとするとワクチンは望み薄。そして肺炎以外の合併症に怖いものがあります。血栓による下肢の切断、脳炎。

感染した家族を救急車で見送った家族の5%は、それっきりでもう会えず、あとは遺骨を拾うときしか再会できないのです。

※ 海渡雄一@kidkaido氏の2020/7/11のツイート
https://nikkei.com/article/DGXMZO61415890Q0A710C2000000/
日本循環器学会は山中伸弥京大教授と西浦博北大教授の対談を公開。
山中氏は日本で「対策をしなければ今からでも10万人以上の死者が出る可能性がある」
西浦氏も「野球でいうとまだ二回表で新型コロナウイルス側が攻撃している段階」
#GoToキャンペーンを中止してください

※ 村中璃子 RIKO MURANAKA@rikomrnk氏の2020/7/9のツイート
「感染を疑う症状や感染者との濃厚接触歴・渡航歴などのない人にはPCR検査をやらない」という日本の方針はここで放棄してしまうのでしょうか。PCRを無症状にたくさんやった国ほど感染が拡大した可能性があるというレポートが各国からたくさん出され日本のやり方が今になって評価されてきているのに?

このツイートの下線部は根拠がまったく不明。前段のPCR検査を無症状の人にやっても感染者は増えません。そんなレポートは聞いたことがない。後段の日本のやり方が今になって評価されてきている話も聞いたことがない。この人のツイートはこういう根拠不明な話が多い。一時空気感染しないと言っていた。

※ 国立国際医療研究センター(NCGM)@NCGM1868の2020/7/7のツイート
#新宿区 界隈の #新型コロナウイルス 感染陽性者は確実に増えています。7/6(月)の新宿区 #PCR検査スポット 受診者数は167名と今までで最多でした。先週の #陽性率 も40%近くと高くなっており、#緊急事態宣言 が発出される前と状況が酷似しています。#市中蔓延 が始まっていないか心配です。

※ 現実論@UE5XVosjLOUy400氏の2020/7/12のツイート
返信先: @koichi_kawakamiさん
確かにその可能性はありますね
それにしても、次の波は晩秋と思ってましたが
このタイミングとは思ってませんでした
近所の飲食店の店員さんが感染して
その店の一軒隣の店員さんも感染が判明しました
流石に切羽詰まって来ましたね

※ シンチャン@shingo19580312氏の2020/7/11のツイート
世界のコロナウイルス対策、ワーストスリーは?第一位は、アメリカのトランプ大統領!再選は無理です!第二位は、ブラジルのボルゾナ大統領!自分が感染した究極の馬鹿!第三位は、我が国の安倍総理!感染爆発しているのに、国民に国内旅行に行けだって?空前絶後のどアホ!終息するのは何年後?
posted by ZUKUNASHI at 22:34| Comment(0) | Covid19

イランの一部が中国の植民地になる?

イランが米国による経済妨害の中で、活路を見出すために中国に依存する傾向が特に強まっています。米国が特に嫌っている動きです。

中国がイラン原油の買い付けを増やし、例えばキーシュ島に貿易拠点を持つような展開を見込む論者がいます。キーシュ島は国際空港もあります。

すでに中国は中央アジア経由の鉄道貨物列車を試験運行しています。

中国がイランに貿易基地を持ち、中東、北アフリカとの関係を強めることになると世界の貿易、経済関係はまた変わります。

中国がイランに軍隊を置くという見通しを語る人もいますが、これはない。イランは憲法で外国軍の駐留を否定しています。ロシアがシリア戦争の後方基地として一時的にイランの基地を使おうとしましたが、国内から疑義が出されて見送られました。

※ ZAID ALI@ZaidAliIE氏の2020/7/11のツイート
イラン国旗
signs a 25-year strategic agreement with China worth $600 billion in exchange for building cities, infrastructure,factories& transportation networks. When Adel Abdul-Mahdi signed such an agreement with China, pro-trump went crazy with this and start making demonstrations in
イラク国旗
posted by ZUKUNASHI at 10:16| Comment(0) | 国際・政治

コロナは「伝染する肺炎」

※ Masahiro Ono 小野 昌弘@masahirono氏の2020/7/11のツイート
コロナはただの風邪ではない。「伝染する肺炎」と受け止めるのが的確と思う。そもそも肺炎は医学的に重大な状態。しかもコロナの肺炎は血栓ができやすい、全身状態の急速な悪化を招きやすいなど、タチが悪い。重症者で免疫系の異常な反応がみられ、この手の免疫の暴走は危険。やはりただの風邪ではない

※ フランチェスカ@polofantasie氏の2020/7/12のツイート
ビジネス全開、検査制限の東京はアメリカのレッドステート(フロリダ・テキサス・アリゾナ)のようになっています。現在では検査・隔離かステイホームしか選択がありません。

・・・引用終わり・・・

検査・隔離かステイホーム どっちにします?
検査してもらえないんだからステイホームしかありません。
posted by ZUKUNASHI at 08:49| Comment(2) | Covid19

ソウル市長行方不明 ハバロフスク知事殺人関与で逮捕

RT 9 Jul, 2020 10:01 / Updated 15 minutes ago
Police launch search after Seoul mayor goes missing, reportedly leaving message resembling a will
Law enforcement are trying to locate the mayor of Seoul, after his daughter reported that the city official had gone missing.
Mayor Park Won-sun didn’t come to work on Thursday and his cell phone was switched off, according to media reports. Police are now searching the area where his mobile phone signal was last detected.
His daughter called police earlier in the day and said that her father had gone missing.
According to reports, a message written by Park resembling a will has been discovered. There are fears that the mayor may have taken his own life.
Police are using dogs and drones as part of an “all-out” search for the mayor, South Korea’s Yonhap news agency said.
An official from the city government told AP that Park had canceled all his appointments for the day, including a meeting with a presidential official.
A well-known activist and human rights lawyer in South Korea, Park has been serving his third term as mayor, after being first elected in 2011.

共同2020/7/10 07:55 (JST)7/10 08:07 (JST)updated
失踪前日に告訴状提出か、韓国
遺体発見のソウル市長巡り
 【ソウル共同】9日に行方不明となった後、ソウル市内の山中で、遺体で発見された韓国の朴元淳ソウル市長(64)を巡り、韓国メディアは9日、朴氏の元秘書が朴氏からセクハラを受けたとして失踪前日の8日に警察に告訴状を提出したと報じた。警察は10日、詳細は明らかにできないとしながらも、朴氏に対する告訴状を受理し捜査を進めていたことは認めた。
・・・知事や市長は、女性関係に注意しないとあっという間に失脚です。

毎日新聞2020年7月13日 10時01分(最終更新 7月13日 10時01分)
ソウル市長の告別式、市葬で開催 セクハラ疑惑判明で公葬に批判も
 韓国の首都ソウル市で13日、自殺した朴元淳市長=当時(64)=の告別式が市葬として行われた。元秘書の女性職員が朴氏からセクハラを受けたと告訴状を提出していたことが判明し、公葬とすることへの批判も相次いだ。
 葬儀委員会は、新型コロナウイルス感染拡大予防のためとして参列者数を絞り、インターネットで中継。国民からの請願を受け付ける大統領府のホームページでは「家族葬にすべきだ」との主張に50万人以上が賛同した。告別式が小規模となったのは、こうした批判を意識したためとの見方もある。(共同)

共同2020/7/9 19:16 (JST)7/9 19:27 (JST)updated
ロシア、ハバロフスク知事拘束
治安当局、殺人関与容疑
【モスクワ共同】ロシア治安当局は9日、2004〜05年に複数の実業家の殺害に関与したなどとして、極東ハバロフスク地方のセルゲイ・フルガル知事(50)を拘束した。知事は詳しい捜査のためモスクワに移送された。
 ロシア連邦捜査委員会によると、04年にハバロフスク地方、05年にアムール州で実業家が殺害された事件に関与した疑いが持たれている。事件を巡っては、既に4人が逮捕されているという。
 18年の知事選で自由民主党から立候補したフルガル知事は、与党「統一ロシア」の現職候補に決選投票で圧勝。与党以外から選出されたロシアで数少ない知事だった。


・・・この逮捕、ロスコスモス総裁アドバイザーの逮捕と続き、ロシアの憲法改正後の動きとして意味があると見る向きも。


TASS2020/7/10
Media: How murder charges against a regional governor may shake up Russia’s mainstream opposition
Governor of Russia’s Far Eastern Khabarovsk Region Sergei Furgal was taken into custody on July 9 on suspicion of masterminding murder-for-hire killings of businessmen in 2004-2005. He was flown to Moscow the same day, Vedomosti writes.
Member of the Liberal Democratic Party of Russia (LDPR) Sergei Furgal became governor of Khabarovsk in September 2018, winning a runoff election against the then incumbent governor, Vyacheslav Shport of United Russia. Experts point out that the charges brought against Furgal are unprecedented and the case could have serious consequences for the mainstream opposition. Unlike other high-profile cases against regional governors, Furgal’s case is based not on corruption but on murder charges, political scientist Alexander Pozhalov noted.

The Furgal case is a serious blow to the LDPR, political scientist Yevgeny Minchenko said. "Furgal was one of the party’s public faces. He was a success story. He demonstrated how you can join the LDPR and be part of a ‘safe’ opposition that attracts those left who were behind by United Russia but are unwilling to join the Communist Party and are pessimistic about the A Just Russia party’s prospects," the expert explained.

"Furgal was the party’s long-term sponsor. Last year, he led the LDPR branch to victory in regional elections. If a court upholds charges against a high-ranking politician like him, it will deal a powerful blow to one of the oldest parliamentary parties, leading to changes in regional policies," Civil Society Development Fund’s Chairman of the Board Konstantin Kostin told Izvestia.

According to Director General of the Agency for Political and Economic Communications Dmitry Orlov, Furgal is highly likely to be sacked over loss of trust and the region will be in for a tough election campaign. The expert emphasized that Furgal had always remained at the bottom of the agency’s regional influence ranking. In June, he ranked 81st among 85 regional heads

共同2020/7/12 05:35 (JST)7/12 05:47 (JST)updated
ロシア極東知事拘束に抗議集会
報道官は支持に感謝表明
【モスクワ共同】ロシア極東ハバロフスク地方のフルガル知事が、殺人事件に関与した容疑で治安当局に拘束されたことに抗議する集会や行進が11日、同地方の中心都市ハバロフスクで行われた。内務省によると参加者は1万〜1万2千人だが、3万5千人との地元報道もある。抗議は4時間以上続いた。
 知事報道官は同日、市民の知事への支持に謝意を表明。その上で、集会には当局の許可がなく参加者の拘束や混乱につながりかねないとして、解散を呼び掛けた。
posted by ZUKUNASHI at 08:17| Comment(0) | 国際・政治

イラク政府のセキュリティアドバイザーが暗殺される

※ Suribelle@Suribelle1氏の2020/7/7のツイート
He was an American Saudi mouthpiece targeting PMF indirectly & Iran directly; also, Hashimi was a leading “security expert” member of the Iraq Advisory Council and former advisor to the US-led coalition to “defeat” the Islamic State (ISIS).

毎日新聞2020年7月10日 08時09分(最終更新 7月10日 08時10分)
「ISとは?」過激思想と戦い続け “イラクの知性”ヒシャム・ハシミさん暗殺
 過激派組織「イスラム国」(IS)の研究で知られるイラク人の安全保障専門家、ヒシャム・ハシミさんが7月6日、首都バグダッドの自宅前で暗殺された。ハシミさんは「ISとは何か」を的確に分析し、毎日新聞の取材にもたびたび応じてくれた。イラクでISの内情を対外発信することは、命を危険にさらすことと同義だ。最期まで過激思想と闘い続けたハシミさんに哀悼の意をささげるとともに、その勇気に心から敬意を表したい。
 中東での特派員時代、ハシミさんに初めて取材したのは2014年9月だった。イラクで取材協力を受けていた通信員から「ISに詳しい研究者」として紹介を受けた。
 ISは14年6月に内戦下のシリアから進出し、イラク北部の第2の都市モスルを電撃的に制圧した。独自の「国家樹立」を宣言して、重要インフラを管理し、徴税や裁判も行っていた。
 「なぜ、過激派組織がそんなにもスムーズに統治を敷けるのか」。その問いに対して、ハシミさんは03年…

私の見ているSNSでは、ヒシャム・ハシミ氏についての言及は少ない。ヒズボラ、イランがサポートする組織がやったと非難する声はある。米国とサウジの代弁者というのは当たってるのかも。

※ anonymous@anonymous512404の2020/7/7のツイート
The Iraqi security expert and civil activist was killed by
Hezbollah militias
We will take action Against Hezbollah militias
We do not forgive
We do not forget
we are #Anonymous
expect us .

Hisham al-Hashimi
هشام الهاشمي
Born May 9, 1973
Baghdad, Iraq
Died 6 July 2020 (aged 47)
Baghdad, Iraq
Cause of death Assassination
Education University of Baghdad
Occupation Historian and researcher in security and strategic affairs

Hisham al-Hashimi (9 May 1973 – 6 July 2020) (Arabic: هشام الهاشمي‎) was an Iraq historian and researcher in security and strategic affairs and extremist groups, and a specialist in the file of the Islamic state and its supporters.[1][2][3][4] He also was an advisor to the Iraqi government on counter-terrorism.[5]

Iran condemns assassination of Iraqi analyst
In a statement issued on Monday night, the embassy wrote that the Islamic Republic of Iran strongly condemns this criminal act, which has shown the ugly face of terrorists by killing elites.

Undoubtedly, the goal of the supporters and perpetrators of such operations is to destabilize and insecure Iraq and to create sedition and division among the nation and to restore violence to Iraq, it added.

The Islamic Republic of Iran has always supported the stability and security of Iraq and strongly condemns such actions, the statement read.

Iraq armed groups expert Hisham al-Hashemi shot dead in Baghdad
A leading Iraqi expert on ISIL (ISIS) and other armed groups was shot dead in Baghdad on Monday after receiving threats from Iran-backed militias, security and interior officials said.

Hisham al-Hashemi, 47, was shot near his home in the Zeyouneh area of Baghdad and pronounced dead at a hospital, the officials said, speaking on condition of anonymity in line with regulations.

"Yes, he passed away and his body is now in the hospital freezer," said Saad Maan, head of the interior ministry's media relations department.

A medical source at the hospital confirmed to AFP news agency that Hashemi had suffered "a hail of bullet wounds in several body parts".

The investigator assigned to the killing told AFP that Hashemi, 47, walked out of his home and was getting into his car when three gunmen on two motorcycles fired at him from metres away.

Hashemi was wounded and ducked behind his car, but the gunmen approached and shot him four times in the head at close range, the investigator said.

There was no immediate claim of responsibility for the killing.

Al-Hashemi was a respected security analyst who appeared regularly on Iraqi television and whose expertise was sought out by government officials, journalists and researchers.

Weeks before his death, al-Hashemi had told confidantes he feared Iran-backed militia groups were targeting him. He was known to be critical of militia activity.

His death comes as the government grapples with a spate of rocket attacks targeting United States interests in the country believed to be orchestrated by Iran-backed militia groups. A raid last week detained 14 members of the powerful Kataib Hezbollah group. All but one were released.

Al-Hashemi was a strong supporter of the popular protests that swept across Baghdad and Iraq's Shia-majority south in October - protests that had slammed the government as corrupt, inefficient and beholden to neighbouring Iran.

More than 500 people lost their lives in protest-related violence, including several prominent activists who were shot in Baghdad, Basra in the south and other cities.

But high-profile political killings have otherwise been rare in recent years.

"Cowards killed my friend and one of the brightest researchers in Iraq, Hisham al-Hashemi. I am shocked," wrote Harith Hasan, who was an academic researcher before becoming an adviser to Iraq's current premier.

※ Rudaw English@RudawEnglish氏の2020/7/12のツイート
Candles are lit in Erbil’s Sami Abdulrahman Park this evening in memory of Husham al-Hashimi who was assassinated in Baghdad on Monday.

クルドが追悼の動きを示しています。

・・・・・・

posted by ZUKUNASHI at 08:11| Comment(0) | 国際・政治

2020年07月11日

沖縄米軍基地でクラスター 数十人に新型コロナ感染を確認

琉球新報電子版2020年7月11日 18:14
沖縄でクラスター発生の米軍2基地、玉城知事が閉鎖要請へ 普天間飛行場とキャンプ・ハンセン
沖縄県内の米軍施設で11日までに60人以上が新型コロナウイルスに感染した問題に関し、玉城デニー知事は11日の記者会見で「クラスター(集団感染)」が発生した普天間飛行場(宜野湾市)とキャンプ・ハンセン(金武町、宜野座村、恩納村、名護市)の閉鎖を米軍と日本政府に要請する考えを示した。
 感染者の増加について、玉城知事は「衝撃を受け、短期間で多数発生したことは誠に遺憾だ。米軍の感染対策に強い疑念を抱かざるを得ない」と語った。知事は11日中に在沖米四軍調整官と電話会談する方針だ。
 日本政府への要請は謝花喜一郎副知事が沖縄防衛局と外務省沖縄事務所に対して実施した。感染者数の公表や本国からの移動停止、海兵隊のローテーション配備の人数公表、医療体制に関する情報提供なども求めた。
 玉城知事は感染者数について「多数」と表現した。米軍側から具体的な人数を知らされていないという。【琉球新報電子版】

・・・引用終わり・・・

このブログでは、警告 新コロナウィルス 感染再拡大の記事に、2020/7/3、注意事項の筆頭として次のように書きました。
対策
@ 米軍基地関係者との接触を避ける。米兵は入国時の検疫を受けていません。

予想通りの進展です。

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/7/11のツイート
ひどいですね。陽性者を基地外で隔離して、沖縄県民に移るのはおかまいなし、と。
北谷町長「説明なく、容認できない」 米海兵隊の町内ホテル隔離施設使用、沖縄防衛局に抗議  - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

・・・引用終わり・・・

米軍が世界中で何をやっているか、その実態を知っていれば、このような事態を招くであろうことは容易に推定できます。なぜ、私が海外情報を追っているか、わかりましたか?

毎日新聞2020年7月11日 22時56分(最終更新 7月11日 22時56分)
沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施
沖縄県は11日、在沖縄米軍からの連絡で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)と米軍キャンプ・ハンセン(金武(きん)町など)で新たに米軍関係者45人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。具体的な人数について米軍は当初公表しないよう求めていたが、県が明らかにした。
 県内の米軍基地では7月に入って感染が相次いで確認されており、7日から11日までの感染者は計61人となった。県は基地内で大規模なクラスター(感染者集団)が発生しているとみて警戒を強めている。
 玉城(たまき)デニー知事は11日夜、在沖縄米軍トップのクラーディ4軍調整官と電話で協議し、普天間飛行場とキャンプ・ハンセンの封鎖や感染者数の公表、米国から沖縄への移動中止などを求めた。クラーディ氏は「普天間飛行場とハンセンについては、ロックダウンを行っている」と説明したという。
 玉城知事は県庁での記者会見で「衝撃を受けている。県民が一丸となって感染防止に取り組む中、極めて遺憾で、米軍の感染防止対策に強い疑念を抱かざるをえない。米軍基地の過重な負担を押しつけられている苦しみを国はしっかりと捉えてほしい」と述べた。【遠藤孝康】
posted by ZUKUNASHI at 22:09| Comment(0) | Covid19

常用パソコン クリーンインストール

中東の某国から攻撃を受けているようなので、対策を講じています。ネットの複線化を終えました。マルウェア除去のソフトを使ってもまだおかしいので、クリーンインストールを決断。

基本的に、PCに入っているソフトを全部更新する覚悟で臨みます。自分が作ったファイルだけは何が何でも残さなければと、バックアップを取りました。300GBの外付けハードディスクが3500円ほど。すぐ認識されました。これは便利。大容量のUSBメモリーの二つ分くらいの値段。

定期的なファイルバックアップにこれを使っていきます。私の常用パソコンの中にある自分が作製したファイルは、80GB程度です。動画などを記録しなければ、静止画が多くてもその程度です。古いものは別途保存してありますが。

1 外付けハードディスクに自分が作製したファイルを全部コピー。desktop、document、picture、othersのフォルダーを作ってコピーした。

ブラウザのブックマークが多い人は、予めブックマークをエクスポートしてファイルとして保存しておきます。作ったファイルをドキュメントフォルダーの中に入れておいてもよいです。

2 クリーンインストール 1時間強を要した。設定の「更新とセキュリティ」から入り、「回復」から「その他の回復オプション」。Windows10を使っていれば、最新のWindows10が入りますがPCのスペックに制約があると、最新版が入るとは限らないはずです。

3 PCの中のdesktop、document、pictureのファイルは残っていた。消えたものがないかは照合していない。この点は、PCによって異なることがありうる。データファイルが常に残るとは考えないほうが良い。

4 ダウンロードのフォルダーも残っていた。Jtrim、ftpの一つはここから再インストール。ftpの一つを再設定。

5 FIREFOXをダウンロードしインストール。Bookmarkをインポート。ダウンロードには、Edgeを使うしかありません。

6 Thunderbirdもダウンロードしインストール。メールアカウントの設定、一部未済。FIREFOXもThunderbirdも競争相手。関係フィルも含めて全部きれいに消えました。

7 ftpの残り一つをダウンロード、インストール。設定終わり。パスワードの設定で手間取った。
以前にやった際と同じにやっても安定しない。ときどきパスワードを変えさせられるからなお分からなくなっている。

Thunderbirdのメールアドレスの設定も以前にやった際の記憶通りではうまく行かなかった。
レンタルサーバー会社のサイトを参照し、そのマニュアル記載の通りに一つずつこなしてやっと安定した。

Thunderbirdは設定のエクスポート機能がありますね。これを使ったほうが早かった。

8 いくつかのサイトにログインしてIDなどの情報を保存。 ブログ、ftp二つ、その他にもいくつかSB、SO済
ftpソフトもエクスポート機能があるようです。

9 Officeソフトが消えていた。excel、Access。再インストール。MICROSOFTのサイトにサインインすると自分のアカウントで過去にインストールしたソフトの名前とプロダクトキーが表示され、プロダクトキーの入力なくインストールできる。クリーンインストール前に表示されるofficeが残るというのはこのことか。

10 カスペルスキー 再インストール

やーなかなか大変です。2020/7/9早朝地震で起こされたので、残りの作業をやり終えました。

あらかじめ、ブラウザのブックマークをエクスポートして保存しておくことを忘れないように。FTPソフトは使わない人も多いでしょうが、メールソフトは設定のバックアップファイルを作っておいたほうが良い。

それとログイン情報は、きちんと記録しておくことです。全部EXCELに記録してあると、EXCEL再インストール前にはEXCEL Viewerが必要になります。

前にも書きましたが、IDにメールアドレスを使うことが多くなっているので、そういう用途に永続的に使うメールアドレスと、いざとなれば消してもよいメールアドレスを使い分けたらよいです。

自分でメールサーバーを管理していれば、メールアドレスはいくらでも新規の物を作れますし、消去も簡単。過去のメールを保存しておく必要があれば、そのメールアドレスのサーバー容量を減らし、保存されたメールが容量一杯になっているようにすれば、新しいメールは受け付けません。

レンタルサーバーを使っている人は、そんなにおられないでしょう。でもさくらのレンタルサーバーなら年間1500円程度でも便利に使えます。

私の場合は、レンタルサーバーがあるので、外付けハードディスクではなく、レンタルサーバーにバックアップのファイルを置けばいいのです。ですが、この方法では途中でデータを抜かれる恐れもあります。どうも不審なことが増えている。両用を考えています。とにかくPCは壊れるものです。

私はPC1台で二つの画面を使っていましたが、PC2台ディスプレイ2台使用に切り替えました。USB切り替え機でこれらのPCはオフラインでファイルをやり取りできます。マウスは二つ、キーボードは一つ。2台のPCのネット回線を別にすれば、どこかにコメントしても先方に把握されるIPはよく変動するもの一つだけです。

これで妨害が入るか様子を見ます。

現在使用のパソコンは2017年の秋に導入しましたのでもうすぐ3年になります。そろそろ考えないと。私の関心事項が、福島第一原発事故主体からプラス国際問題、そして新コロナウィルスへと移りつつあります。画像も多用するようになっています。スマホでは閲覧できないでしょう。

読者から最近ネットのスピードが遅いと聞きました。私のパソコンでスピードテストをすると日、時間帯によりスピードが倍半分です。大手電機メーカーの運営するLTE回線経由のネット接続では、日曜の夜にほとんどつながらなくなりました。

ネットの利用は加速度的に増えているはず。
posted by ZUKUNASHI at 12:40| Comment(0) | デジタル・インターネット

2020年07月10日

ロスコスモス総裁のアドバイザーが反逆罪で逮捕される

ロスコスモス総裁のアドバイザーのスパイ疑惑 簡単な話ではないようです。チェコの特殊機関を通じてロシアの中東武器輸出の情報が米国に流されたというこの疑惑、チェコの第一副首相がコメントを拒否、サフロノフが事情聴取・取り調べに協力拒否、何らかの事実がないわけではないようです。ロゴージンもかなり微妙な立場に置かれました。



※ Rob Lee@RALee85氏の2020/7/7のツイート
Absolutely terrible news. Ivan Safronov, who was previously a journalist at Kommersant and Vedomosti where he primarily covered the defense industry and military, has been arrested for treason. He began working recently as an adivsor at Roscosmos.

毎日新聞2020年7月8日 18時00分(最終更新 7月8日 18時04分)ロシア連邦保安庁、有力紙元記者を逮捕 「言論統制強化」に抗議広がる
 ロシア連邦保安庁(FSB)は7日、露有力紙コメルサントの元記者で国営宇宙企業「ロスコスモス」顧問のサフロノフ氏(30)を国家機密を流出させた国家反逆容疑で逮捕した。ロシアでは6日にも別の女性記者がテロ行為を「正当化」する論評をしたとして有罪判決を受けたばかり。露メディアの記者からは「言論統制の強化」に抗議する動きが相次いでいる。
 露メディアによると、サフロノフ氏は2017年、北大西洋条約機構(NATO)に加盟するチェコの情報機関に対し、ロシアと中東諸国などとの軍事技術協力に関する国家機密を渡した疑いが持たれている。情報は最終的に米国に伝えられたという。国家反逆罪の審理は通常、非公開で行われ、有罪になれば最長で禁錮20年の可能性がある。サフロノフ氏は容疑を否認しており、拘束が伝えられた後にはFSBの庁舎前で元同僚記者らが抗議活動を行った。
 サフロノフ氏は昨年5月、プーチン大統領と関係が近いマトビエンコ上院議長の更迭の可能性を報じた後、コメルサント紙を解雇され、同紙政治部の全記者らも抗議のために辞職。政権側からコメルサント紙への圧力が取り沙汰された。ペスコフ大統領報道官は7日、サフロノフ氏の拘束と「過去の記者活動は関係していない」と述べたが、サフロノフ氏は軍事を専門とし、エジプトへの戦闘機売却契約など軍事機密を暴く記事を発表しており、過去の取材活動と拘束の関連を疑う声も出ている。
 ロシアでは6日にも、18年に17歳の少年が治安機関の建物内で爆発物を爆発させた事件に関し、「(政治活動の自由がない中で)少年が他に意思を伝える手段を思いつかなかった」とラジオで論評した女性記者に対し、「テロ行為を正当化した」として罰金50万ルーブル(約75万円)の有罪判決が言い渡された。首都モスクワなどでは、判決前から女性を支持する他の記者らの抗議活動が相次ぎ、一部が拘束された。
 昨年6月にはモスクワでインターネットメディアの記者が違法薬物の所持容疑で拘束された後、大規模な抗議活動が起こり、記者が釈放された。コメルサント紙は7日に発表した声明の中で、「近年の経験は、言論活動に関わるロシア市民は誰でも重い罪に問われる可能性があることを示している」と懸念を表明。他の有力紙も相次いでサフロノフ氏を支持する声明を発表しており、抗議活動が広がる可能性がある。【前谷宏】

共同2020/7/8
ロ当局、国家反逆罪で元記者逮捕
軍事機密の特ダネに報復か
【モスクワ共同】ロシア連邦保安局(FSB)は7日、有力紙コメルサントの特ダネ記者だったイワン・サフロノフ氏を国家反逆容疑で逮捕した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の情報機関に国家機密を渡した疑いがあるとしている。
 コメルサント紙をはじめ多くのメディアは容疑に疑問を呈し、サフロノフ氏への支持を表明。同氏が暴いた軍事機密に関する記事に対する当局の報復との見方を強めている。
 サフロノフ氏の弁護士によると、FSBは同氏が2012年からチェコ情報機関のスパイとなり、17年にロシアと中東・アフリカ諸国の軍事協力に関する機密情報を渡したと主張している。

TASS2020/7/7
Czech Interior Minister declines to comment on Safronov’s case - media
Safronov's lawyer, Ivan Pavlov, earlier said that in the case file of his client, the United States is referred to as the country that received secret information through Czech special services

PRAGUE, July 8. / TASS /. First Deputy Prime Minister and Minister of Internal Affairs of the Czech Republic Jan Hamacek declined to comment on reports that Ivan Safronov, adviser to the head of Roscosmos, a former correspondent for the Kommersant and Vedomosti newspapers, passed information to the republic’s special services, the network publication Denik N. stated on Wednesday.

"No comment," it quotes Hamacek as saying.

Safronov's lawyer, Ivan Pavlov, earlier told TASS that in the case file of his client, the United States is referred to as the country that received secret information through Czech special services.

Safronov was detained on July 7 as he left his apartment in the morning. The FSB public relations service informed that Safronov is suspected of communicating confidential state secrets to a representative of one of NATO’s intelligence services and was arrested by the Russian Federal Security Service (FSB) agents. Prosecution launched criminal proceedings on the count of state treason against Safronov, who is now facing 20 years behind bars. The FSB added that the investigation continues. Earlier, Roscosmos informed that Safronov had been arrested but underlined that the arrest is not linked to his current duties as Roscosmos advisor.

Lawyer Yevgeny Smirnov later told reporters, the FSB suspects Safronov of transmitting information to the Czech special services about arms deliveries from Russia to the Middle East and Africa.

Safronov pleaded not guilty in court. According to a TASS source, he refused to cooperate during questioning.

Roscosmos Director General Dmitry Rogozin said on Tuesday that the former journalist, who earlier worked for the Kommersant and Vedomosti business dailies, was "invited to cover Roscosmos activities a month and a half ago" and "did not have classified information clearance." "I did not doubt his high professionalism and personal decency," Rogozin added.

Russia’s Kommersant Daily, where Safronov worked between 2010 and 2019, issued a statement in support of Safronov, calling him "a true Russian patriot, who was covering defense and space issues because he truly cared about them." Russia’s Vedomosti and Novaya Gazeta newspapers, RBK media group and the Dozhd TV channel also declared their support for Safronov.

Some of the journalist’s former colleagues gathered outside the FSB quarters in downtown Moscow on Tuesday afternoon to show solidarity. Several journalists, including from Kommersant, were detained in the course of one-person protests.

2020/7/7 16:54:52
Rogozin's adviser detained on charges of treason
The press service of Roscosmos said that the investigating authorities detained the adviser to the general director of the state corporation Ivan Safronov.
This is stated in a message on the website of Roscosmos.
He was charged under article 275 of the Russian Criminal Code. Investigative measures are being taken.
It is noted that the detention of Safronov does not concern current work at Roskosmos.
Safronov in May 2020 was appointed to the post of adviser to the head of the state corporation Dmitry Rogozin on information policy.
It was previously reported that military expert Vladimir Neyolov was sentenced to seven years in a maximum security colony on charges of treason.

Roscosmos advisor suspected of handing over confidential data to NATO
The charges carry a punishment of 20 years behind bars, according to the Federal Security Service
MOSCOW, July 7. /TASS/. Advisor to the head of the Russian space agency, Roscosmos, Ivan Safronov is suspected of communicating confidential state information to a representative of one of NATO’s intelligence services and was arrested by the Russian Federal Security Service (FSB), the FSB public relations office told TASS.

"The Federal Security Service detained Ivan Safronov, advisor to the director general of Roscosmos state corporation, in Moscow. Safronov was performing tasks of one of NATO intelligence services, collecting state confidential data about Russia’s military and technical cooperation, defense and security and handing it over to its [NATO intelligence service] representative," the FSB said.

Prosecution launched criminal proceedings on the count of state treason against Safronov, which carries 20 years behind bars. The FSB added that the investigation continues. Earlier, Roscosmos informed that Safronov had been arrested.

Safronov was born in Moscow in 1990. He graduated from Moscow’s Higher School of Economics in 2010, obtaining a degree in journalism. He worked as a special correspondent for Russia’s Kommersant and Vedomosti newspapers and was covering military and military-technical cooperation as well as defense and space industries. In May 2020, Safronov was appointed advisor to the Roscosmos chief for information policy and was curating a number of Roscosmos programs.

MOSCOW, July 7. / TASS /. Advisor to the Director General of Roscosmos on information policy Ivan Safronov was detained on Tuesday on suspicion of treason. According to the press service of the state corporation, the detention was not related to his current work.
"The press service of the state-owned corporation" Roscosmos "reports that today the investigating authorities detained the adviser to the general director of the state-owned corporation" Roscosmos "I. I. Safronov," the Roscosmos reported.
The state corporation emphasized that Safronov was charged under Art. 275 of the Criminal Code of the Russian Federation (high treason). “At the moment, investigative measures are being conducted,” the Russian Space Agency emphasized, adding that the detention of the adviser to the general director does not concern current work in the state corporation.
The press service noted that Roscosmos is providing all kinds of assistance to the investigating authorities.
According to a source in law enforcement agencies, Safronov was detained by FSB officers.
Safronov was born in Moscow in 1990. In 2010, he graduated from the Higher School of Economics with a degree in journalism. In 2010-2019, he was a Kommersant correspondent and special correspondent, and in 2019-2020, he was a special correspondent for the Vedomosti newspaper. He was engaged in covering the activities of military and military-technical cooperation, the problems of the military-industrial complex and the space industry. In May, Safronov was appointed adviser to the head of Roscosmos on information policy.

モスクワ、7月7日。 / TASS /。情報政策に関するロスコスモス事務局長への顧問イヴァン・サフロノフは火曜日に反逆罪の容疑で拘留された。国営企業のプレスサービスによると、拘留は彼の現在の仕事とは関係がありませんでした。
「国営企業のプレスサービス」ロスコスモスは、今日、捜査当局が国営企業の総局長に顧問を拘留したと報告している「ロスコスモス」「I. I.サフロノフ」とロスコスモスが報じた。
国営企業は、サフロノフがロシア連邦刑法の275(反逆)アートの下で起訴されたことを強調した。 「現在、調査措置が実施されている」とロシア宇宙庁は強調し、ゼネラルディレクターへのアドバイザーの拘留は国営企業での現在の仕事には関係がないと付け加えた。
プレスサービスは、ロスコスモスが調査当局にあらゆる種類の支援を提供していることを指摘しました。
法執行機関の情報筋によると、サフロノフはFSBの職員によって拘留された。
サフロノフは1990年にモスクワで生まれました。 2010年に彼はジャーナリズムの学位を取得して経済高等学校を卒業した。 2010〜2019年にはコメルサント特派員および特別特派員を務め、2019〜2020年にはヴェドモスティ新聞の特別特派員を務めました。彼は軍事および軍事技術協力の活動、軍産複合体および宇宙産業の問題を​​カバーすることに従事していた。 5月、サフロノフはロスコスモスの情報政策の責任者に任命された。

TASS2020/7/10
Safronov’s case not linked to his professional activities, Russian intelligence chief says
Safronov was a reporter for the Kommersant daily in 2012-2017
MOSCOW, July 10. /TASS/. The detention of Ivan Safronov, an advisor to the head of Russia’s Roscosmos space agency, is in no way linked to his professional activities, Russian Foreign Intelligence Service Director Sergei Naryshkin told reporters on Friday.

"I would like to highlight a few important things," he said in response to a question. "First, I highly appreciate the skills of Russian intelligence personnel. Second, the defendant’s detention and the charges brought against him are in no way linked to his professional activities," Naryshkin pointed out.

"And third, I don’t recommend anyone try to put pressure on the investigation, let alone on the court. Only the court can decide whether a defendant is guilty or not," he stressed.

According to Russia’s Federal Security Service (FSB), Safronov was recruited by Czech intelligence in 2012. Eventually, he collected information on Russia’s defense cooperation with African countries and the Russian military’s activities in the Middle East in 2017 and passed it to the Czech Office for Foreign Relations and Information. However, the information was actually meant for US intelligence agencies. Safronov was a reporter for the Kommersant daily in 2012-2017. According to a FSB investigator, the case is not linked to Safronov’s work as a journalist.

サフロノフは、発覚する、あるいは立件されるとは思っていなかったんでしょう。せっかく良いポストに就くことができたのに、惜しいことをしました。

チェコの情報機関が米国に取り込まれていたことが発覚してチェコの第一副首相がコメントを拒否。対応に苦慮しているでしょう。ロシアの情報機関はチェコ側からサフロノフに関する情報を得たのかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 23:46| Comment(0) | 国際・政治

米国の情報機関がアフガンの麻薬密輸に関与している



このツイートに注目しましたが、元のツイートは消されています。

※ MFA Russiaロシア国旗@mfa_russiaの2020/7/5のツイート
ロシア国旗 #Russia's Special Presidential Envoy on #Afghanistan #Kabulov on #US intelligence's involvement in drug trafficking: Their planes fly without any checks. Anyone in Kabul could tell you about it. It's an open secret, everyone is sick & tired of it.

US Intelligence, Accusing Russia of Shady Deal With Taliban, Is Involved in Drug Trade, Envoy Says
YAKUTSK (Sputnik) - US intelligence is deeply involved in the Afghan drug trade at the same time as it accuses Russia of conspiring with the Taliban, Special Presidential Envoy on Afghanistan Zamir Kabulov said on Saturday.

"Their [US intelligence's] planes fly from Kandahar or Bagram to any destination - like Germany or Romania - without any checks. No wonder, such is their business. Any Afghan citizen, anyone, in Kabul could tell you about it. It's an open secret and everyone is sick and tired of it and dismisses it as a given", Kabulov said.

関連が深そうなツイートも上の記事も「麻薬密売に関連してCIAとタリバンとの間で交わされた取引の長いリストがあると」述べてはいません。おそらく当初のツイートは、そういう文言が入っていたのでしょう。リストを示せと言われかねないですし、タリバンとの関係でもタリバンと麻薬密売の関係に触れるのはまずいという判断が、事後的になされてツイートが変わったのでしょう。

タリバンの財源を考えれば、麻薬取引について米国側とタリバンとの間で何らかの取り決めがあって、タリバンが一定の収入を得ていたと考えるのが妥当かもしれません。

sputniknews.com/politics/20151212
Washington Could 'Cut a Deal With Daesh in Afghanistan to Counter Russia'
に掲載された画像、ケシですね。


2016年02月29日
イランがアフガニスタン国境で麻薬2.9トン押収 米国の侵略後麻薬生産が急増

この問題、アフガン大使の若干の勇み足で米国と対立の種になりかねないところ、ラブロフが一般報道を引きながら、"Looking at absolutely reliable facts, we can say that・・・"と軌道修正しました。見事なカバーです。
TASS2020/7/10
Possible use of NATO aircraft to traffic Afghan drugs needs to be investigated - Lavrov
According to Russia's top diplomat, over the 20 years of the US’ and the coalition’s other participants' presence in Afghanistan, drug trafficking from that country has increased many-fold
MOSCOW, July 10. /TASS/. Russia insists that reports about possible use of NATO aircraft to traffic drugs in Afghanistan be probed into, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said on Friday.
"We keep on receiving reports, including via mass media, that contraband of opiates has been organized from Afghanistan to other countries, including to Europe, with the use of military aircraft of the NATO coalition," he said during the Primakov Readings international online forum.
"We cannot verify these reports 100% but such reports are coming too regularly to be ignored. If military aircraft were used over Afghanistan, they could have been only NATO’s aircraft and such flights could have been performed only by the military or special services. Naturally, such information needs to be probed into, first of all in the United States," Lavrov stressed.
According to the Russian top diplomat, investigation is also needed inside the country of NATO presence. "Looking at absolutely reliable facts, we can say that over the 20 years of the US’ and the coalition’s other participants' presence in Afghanistan, drug trafficking from that country has increased many-fold. Neither the United States nor other members of the coalition have taken any serious efforts to stop drug production in Afghanistan," he added.

posted by ZUKUNASHI at 23:37| Comment(0) | 国際・政治

ブルブルブル 千葉は自殺名所になっている? 成田では毎月一人遺体発見

2017/3 千葉県松戸市リンちゃん殺害事件。

2018/9〜10
産経2019.2.28 18:24社会事件・疑惑
千葉切断遺体、死因は「窒息死」 長男を殺人罪で追起訴
 千葉県の九十九里浜一帯で昨年9〜10月、同県八街(やちまた)市の山田容子さん=当時(75)=の切断された遺体が相次いで見つかった事件で、千葉地検は28日、長男の基裕(もとひろ)被告(38)=死体損壊・遺棄罪で起訴=を殺人罪で追起訴した。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、昨年9月25〜27日、自宅で同居する山田さんの首を圧迫し、殺害したとしている。これまで山田さんの死因は不明とされていたが、捜査の結果、窒息死と判断した。

時事通信社2019年3月14日(木)21時03分
遺棄容疑で長男逮捕=資材置き場の白骨遺体−千葉県警
 千葉県白井市の資材置き場で1月、白骨化した遺体が見つかった事件で、県警捜査1課などは遺体の身元を同県柏市戸張、長谷川嘉久さん(1947年生まれ)と特定し、死体遺棄容疑で14日、長男の自営業、敬悦容疑者(47)=住所不定=を逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、嘉久さんの遺体をブルーシートで包み、当時住んでいた柏市内の民家の床下に埋め、2017年ごろ立ち去り遺棄した疑い。

この報道では、遺体を柏から白井に移動させたのが誰かわからない。

2019/2/26、千葉県山武市スーパーアクション殺人事件
山武市ですが、八街市役所に近い。
この事件、ちょっと興味があります。もと製材所の工場だったところで70歳くらいの爺さんが体を縛られ、顔にガムテープを貼られて死んでいたというものです。

この件について調べた人は、SM関連ではないかと書いている人がいます。体を紐で縛られていた、畑の中で隣は事務所の人気のない犯行場所、声を出しても聞こえません。スーパーアクションという工場の名前がいかにも思わせぶりです。

でも、警察の発表や発見者の供述からすれば違いますね。
・山武市埴谷における男性殺人事件の発生及び捜査本部の設置(山武警察署捜査本部)
 男性(71)が日時場所等不明なるも、何れかの手段方法により殺害される事件が発生。同男性は、2月25日午後10時39分頃、山武市埴谷の工場内で発見。2月26日午後3時、山武警察署に捜査本部を設置
・・・殺害日時場所等不明なんだそうです。2020/7/10になってこの件の続報がありました。

毎日新聞2020年7月10日 11時28分(最終更新 7月10日 11時42分)
千葉・山武の強盗殺人容疑で5人に逮捕状 都内「アポ電強盗」逮捕のメンバーも
 千葉県山武市の木材加工会社で2019年2月、同社社員の誉田一夫さん(当時71歳)が遺体で見つかった事件で、千葉県警が強盗殺人容疑で5人の逮捕状を取ったことが、捜査関係者への取材で明らかになった。5人には、東京都内で起きた現金の有無などを事前に尋ねて強盗に入った「アポ電強盗」事件で警視庁に逮捕された男も含まれている。近く逮捕する方針。
 県警によると、19年2月25日夜、誉田さんと連絡が取れないことを不審に思って会社を訪ねた女性従業員が、会社の工場内にある居住スペースで誉田さんが両手足を縛られ、口や鼻に粘着テープを貼られて死亡しているのを発見した。県警は、5人が強盗目的で押し入り、誉田さんを窒息死させたと見て捜査している。
 5人のうち一部は、同年2月に東京都渋谷区の住宅に侵入し、高齢の夫婦を縛って現金約400万円などを奪ったとして警視庁に強盗容疑で逮捕されている。渋谷区の事件では、事件の数日前に現金の有無を尋ねる不審な電話があったという。【秋丸生帆、長沼辰哉】

2019/3/3 3月3日午前9時44分頃、八千代市大和田新田の倉庫に放火し、同倉庫を焼損させた派遣社員の男(29)を逮捕
この火災、大きな黒い煙が上がりました。職場での恨みつらみが積み重なっていたんですね。

2019/3/10、千葉・匝瑳市の海岸に全裸の男性遺体
山武市よりも北。
テレ朝NEWS2019/3/10
匝瑳市にある堀川浜で10日午前6時ごろ、海岸を散歩していた女性から「人が砂浜に倒れている」と119番通報がありました。駆け付けた救急隊と警察官が、衣服を何も身に着けていない状態で仰向けに倒れて死亡している男性を発見しました。警察によりますと、男性に目立った外傷はなく死後、あまり時間が経っていないとみられます。男性は、年齢は20代から30代くらいで身長約175センチ、黒髪の短髪だということです。

・・・この件は少し詳しく検討しましたが、続報がまだありません。捜査難航必至ですね。

子供の虐待死もあります。野田市。

あちこちの用水路や池などで遺体が見つかっています。3/13は野田市で道路でも遺体。

2019年3月14日10:43 JNN/TBS
13日午前7時半ごろ、千葉県野田市の交差点で信号待ちをしていた70代の男女3人が歩道に乗り上げた乗用車にはねられ死亡し、車を運転していた会社員・金子龍司容疑者(42)が過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。
 その後の捜査関係者への取材で、金子容疑者は「事故を起こす直前に意識を失った」という趣旨の供述をしていることが新たに分かりました。
 警察は容疑を過失運転致死に切り替え、事故の経緯を調べています。



最近嫌な事件が目につきましたが、どうも増えている感じ? 千葉県警の事件簿ファイルで調べてみました。

河川や池や山で続々遺体発見
2018年11月11日午後7時26分頃、柏市大井の手賀沼で、浮いている年齢等不詳の女性の死体を発見
死者は、身長約150センチメートル、頭髪白髪まじり、上衣エンジ色長袖ブラウス、下衣青色長ズボン、靴下着用

2019年1月31日午後2時28分頃、流山市思井の山林内で、散歩をしていた近隣居住の男性が白骨死体を発見。死体は、上衣紺色ジャンパー様の物、白色トレーナー様の物、下衣黒色ズボン、茶色皮ベルト、黒色靴下、黒色靴着用
流山市思井は、こんなところです。


2019年2月5日午後零時10分頃、成田市小菅の山林内で、通行人の男性が白骨死体を発見。死者は、年齢性別等不明、付近に青色っぽいダウンジャケット、色不明の靴、青色っぽい手提げカバン

2019年2月5日午後2時50分頃、富津市金谷の鋸山で、登山に訪れた男性らが死体を発見。死者は、年齢性別等不明、上衣黒色長袖ジャンパー着用

2019年2月27日午後3時40分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜で、海岸を散策中の男性が年齢性別等不詳の白骨死体の一部(下顎骨)を発見

2019年3月5日午前10時30分頃、流山市大字桐ケ谷の用水路内で、散歩中の女性が年齢等不詳の男性の死体を発見
 死者は、上衣黒色っぽいジャンパー様の物、色不明のパーカー、下衣色不明のズボン、ベルト、靴下着用、白色っぽいスニーカー

2019年3月6日午前9時56分頃、成田市成田で、池の中に浮いている年齢性別不詳者を発見

2019年3月15日午後5時50分頃、千葉市中央区港町の河川内に、死体が浮いているのを通行人の男性が発見

身元不明死体(白骨)の発見(成田警察署)
 4月16日午前11時頃、成田市前林の雑木林内で、埋め立て造成の作業員が年齢性別等不詳の死体を発見

朝日新聞デジタル2019年5月3日 19時31分
知人男性の遺体を遺棄の疑い、男2人逮捕 千葉県警
遺体が見つかった現場の周辺。2日から警察官が捜索していた=2019年5月2日午後9時40分、千葉県東金市松之郷、武田遼撮影(画像の一部を加工しています)
 男性の遺体を捨てたとして、千葉県警は3日、千葉県内に住む60代の男2人を死体遺棄容疑で逮捕した。
 捜査関係者への取材でわかった。このうち1人が2日、千葉市内の交番を訪れ、「今年1月に知人の遺体の処理に困り、(千葉県)東金市内に埋めた」と話したという。県警が東金市内を検索し、3日、成人とみられる遺体が見つかった。県警は死因や身元を調べる。
 捜査関係者によると、遺体は東金市松之郷の雑木林内の深さ数十センチの土中に埋められ、衣服や靴を身に付けていた。逮捕された男の説明によると、埋められたのは70代後半の男性という。「車で他県に連れていこうとしたら死んでしまった」といった趣旨の説明をしているという。県警は司法解剖やDNA型鑑定をして死因や身元の特定を進める。
 遺体が見つかった現場はJR東金線東金駅から北に約2キロの県道沿い。夜間の人通りは少ないという。
2019年05月04日
悪人になり切れなければ そんなことしなければいいのに

・身元不明白骨死体の発見(館山警察署)
 5月25日午前10時22分頃、南房総市和田町白渚の海岸で、散歩中の男性が死者を発見
 ※情報をお持ちの方は、メール又は館山警察署(0470-23-0110)まで
・・・なんで散歩の人が通るような場所に白骨死体?

・身元不明白骨死体の発見(香取警察署)
 5月26日午前4時40分頃、香取市佐原の利根川河川敷で、釣りに訪れた男性が白骨死体を発見

・身元不明死体の発見(茂原警察署)
 6月7日午後3時11分頃、茂原市千町の河川内で、男性の死体を発見
 特徴は、年齢等不詳の男性、身長160センチメートルくらい、上衣紺色トレーナー、下衣ベージュ色作業ズボン、白色スニーカー

・人倒れの発見(市川警察署)
 6月19日午後3時3分頃、工事を行っていた業者が、市川警察署2階屋根上に男性(30歳代くらい)が倒れているのを発見。同男性は、搬送先の病院で死亡確認

産経2019.6.19 22:03社会事件・疑惑
警察署の屋根に男性遺体 千葉県警市川署
 19日午後3時ごろ、千葉県警市川署(同県市川市鬼高)の本庁舎の2階屋根部分に、30代くらいの男性が意識がない状態で倒れているのを、同署を工事している業者が発見した。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は男性の身元の確認を急ぐとともに、死亡した経緯について詳しく調べている。
 同署によると、男性の持ち物にあった診察券の氏名が、同日午後0時半ごろに同署プレハブ棟で対応した男性の氏名と一致しているという。来署した男性は、目的の職員が別件の対応中だったため待っていたが、約10分後に「外に行く」と別の職員に声を掛けて外へ出たという。
 同署は庁舎内の防犯カメラを確認するなど、事件と事故の両面の可能性があるとみて、捜査を続けている。

・・・・・・・

冬でも海岸で発見される遺体、海中で溺れる例が出ています。
2019年1月27日午後零時18分頃、匝瑳市吉崎の海岸で、男性(64)がサーフィン中に所在不明となり、家族らが捜索中、付近テトラポットで発見され、搬送先の病院で死亡

2019年3月10日午前5時50分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜上で、散策中の女性が男性の死体を発見
死者は、年齢20歳から30歳代くらい、身長175センチメートルくらい、体格中肉、頭髪黒髪 

2019年3月12日午前7時30分頃、長生郡一宮町船頭給の海上で、男性(50歳代くらい)が溺れているのを、サーフィン指導のため岸にいた男性が発見。溺れていた男性は搬送先の病院で死亡

2019年3月16日午前7時37分頃、安房郡鋸南町大帷子の海上で、男性(50歳代くらい)が水泳中に所在不明

2019年3月25日午前8時14分頃、鴨川市天津の漁港で、堤防の海面に浮いている男性(60歳代くらい)を通りかかった男性が発見。同男性は現場で死亡状態

JNN/TBS 2019年4月15日(月)22時15分
海中の軽ワゴン車から男性遺体、千葉・富津市の港
15日午後、千葉県富津市の港で、海中に軽ワゴン車が沈んでいるのが見つかりました。車内には男性の遺体があり、警察は事件と事故の両面で捜査しています。
 15日午後3時前、富津市の上総湊港で海底の砂をかき出す作業をしていた男性から「水中で車両を発見した」と110番通報がありました。警察が駆けつけ、沈んでいた軽ワゴン車を引き上げたところ、車内から年齢不明の男性の遺体が見つかったということです。
 男性は運転席でシートベルトを身に着けていて、車体の屋根は大きくへこんでいたということです。
・・・この件は、2019/4/16 11時現在事件簿ファイルに記載がありませんでしたが、その後早々と車両転落と思われる事案として発表されました。「死亡状態の男性」?
・車両転落と思われる事案の発生(富津警察署)
4月15日午後2時55分頃、富津市湊の上総湊港で、湊湾関係者が海に転落している軽貨物車を発見。同車両から死亡状態の男性を発見

・身元不明死体の発見(鴨川警察署)
7月31日午前7時35分頃、鴨川市横渚の待崎川河口で、消波ブロックの間に男性の死体を発見
※年齢30歳から50歳代くらい、身長178センチメートルくらい
  体格中肉、頭髪短髪、上衣黒色半袖Tシャツ、下衣青色ジーパン

・身元不明死体の発見(山武警察署)
8月1日午前8時4分頃、山武郡横芝光町北清水の栗山川で浮いている男性の死体を発見
※年齢70歳代くらい、身長165センチメートルくらい
上衣赤色タンクトップ、黒色ハーフパンツ

・水難事故と思われる事案の発生(勝浦警察署)
8月1日午後4時44分頃、勝浦市新官の沖合で、浮いている男性(40歳代くらい)を発見、同男性は搬送先の病院で死亡確認

・身元不明白骨死体の発見(松戸警察署)
 8月6日午後2時頃、松戸市千駄堀の雑木林で、年齢性別等不詳の白骨死体を草刈り作業中の作業員が発見
 死者は、上衣深緑色と黒色で左胸にCONVERSEと記載のジャンパー、下衣ジーパン、赤色マフラー着用、右すねに骨接合プレートあり

・身元不明死体の発見(匝瑳警察署)
 9月1日午後1時23分頃、匝瑳市川辺の堀川浜海岸で、海水浴に来ていた男性が、浅瀬で倒れている男性を発見。その後、男性は搬送先の病院で死亡
 男性は、身長170センチメートルくらい、上衣着衣なし、下衣灰色パンツ
 ※情報をお持ちの方は、メール又は匝瑳警察署(0479-72-0110)まで

・身元不明死体の発見(我孫子警察署)
 9月1日午前9時頃、我孫子市布佐の利根川河川内で、ボートで釣りをしていた男性が、河川内に浮いている男性を発見
 男性は、身長170センチメートルくらい、上衣白色ポロシャツ、下衣紺色作業ズボン
 ※情報をお持ちの方は、メール又は我孫子警察署(04-7182-0110)まで

・身元不明死体の発見(鴨川警察署)
9月2日午後2時頃、鴨川市横渚の加茂川で、死亡状態で浮いている男性を発見
※年齢等不詳、身長165センチメートルくらい、体格中肉、頭髪金色短髪、上衣白色ポロシャツ、下衣黒色スラックス、茶色革製ベルト、灰色靴下着用
情報をお持ちの方は、メール又は電話で鴨川警察署(04-7092-0110)まで

JNN/TBS 2019年9月15日(日)22時27分
モーターボートの遺体、衣服を着ていない状態で遺棄
 千葉県の銚子マリーナに停泊中のモーターボートから遺体が見つかった事件で、遺体は衣服を着ていない状態で遺棄されていたことが分かりました。
 この事件は14日、銚子市の「銚子マリーナ」で、停泊中のモーターボートの中にあった木箱から、腐敗が進み年齢・性別が分からない遺体がブルーシートにくるまれた状態で見つかったものです。
 その後の警察への取材で、遺体は成人とみられ、衣服を着ていなかったことが分かりました。遺体が見つかった船内のスペースは施錠されていて、職員が鍵を壊して遺体を見つけたということです。また、モーターボートの所有者は2年前から連絡がつかなくなっているということです。
 警察は、死体遺棄事件と断定して80人態勢の特別捜査班を設置し、18日に遺体を解剖して、死因や身元の特定を急ぐなど捜査しています。(15日18:28) JNN/TBS

・・・お巡りさんは大変な職業です。

でも、前からこんなに遺体発見が多かったのでしょうか。
生活に困窮したりする人が増えて、金銭的なトラブルから殺人、死体遺棄、投棄が増えている。

自殺もある。これは確実にありそうです。列車の人身事故が続いています。

そして管理人が感じるのは、3月に海に入って溺れている人もいるようなので、何か精神的に異常を来して珍しい、とっぴな行動に出る人が増えている、そんな気がします。

セシウム被ばくで精神状態が不安定になり、予想外の行動に出る人が増えているような気がしますが、違うでしょうか。

管理人もそのうち徘徊中に遺体に遭遇しそうな気がします。いや、そんなのは大したことない。警察を呼ぶだけだ。

それよりも問題は自分が遺体で運ばれることがないようにするにはどうしたらよいかです。

2019年03月08日
千葉市に町田市、豊島区 大阪 やはりきているようだ

千葉県の事件事故情報は何でも入っています。埼玉県の事件情報は痴漢が多い。東京都は公然わいせつが多い。千葉県は不審者とか公然わいせつなどないのかな。でも強制性交はある。茨城県は住民からの情報収集目的に的を絞っている。

警察官は大変な職業です。早死にするのも無理はない。次はどこの県警か明らかではありません。

※ 元警察官 @motokeisatu氏の11:58 - 2019年4月14日のツイート
全寮制の警察学校で知って驚いたこと
男の6割は小便後に手を洗わない
そのうちの2割は大便後も手を洗わない
私がトイレの洗面台で石けんで手を洗ってたら、個室から出てきた同期生が私の後ろを素通りしたので
「手洗うの忘れてない?」
と言ったら、
「え?いつも洗わないよ」
皆さまご周知を

・・・警察官は、ばい菌には強い。悪人にも強い? まあ、汚いものを扱うことも多いので気にしていられないかも。

管理人は、先日交通事故を目撃しました。ドーンと大きな音で車の追突かと思ったら自転車に左折の車がぶつかっていました。運転者は比較的若い女性。自転車の男性は大したケガではなかったようですが。横断歩道ではねられる。

※ JNN/TBS2019/4/18 4月18日(木)10時12分
井の頭公園の池に女性の遺体
 18日朝、東京・三鷹市の井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかり、その後、死亡しました。警視庁は事件と事故の両面で調べています。
 18日午前6時50分ごろ、三鷹市の井の頭公園の池で「人が浮いている」と近くの交番に通報がありました。警察や消防が駆けつけたところ、井の頭公園の池に60歳から70歳とみられる女性が浮いているのが見つかりました。女性は意識不明の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
 警視庁によりますと、女性の体に目立った傷は見つかっておらず、死後まもないとみられるということです。女性の服は軽装で、靴を履いていたということで、警視庁は女性の身元の確認を進めるとともに、事件と事故の両面で現場の状況を詳しく調べています。(18日09:42) JNN/TBS
・・・井の頭公園で人が浮くと動画付きで速報されますが、千葉県で人が浮いても報道されないことも。えらい違いです。目立たずに死ぬなら千葉県?
posted by ZUKUNASHI at 18:32| Comment(7) | 社会・経済

東京の新コロナ感染者数はテイクオフしたようだ



一回目のピークの後、十分な拡散期間がありました。この間、千葉県北西部でも感染者の発生が続き、海外からの帰国者やその人の濃厚感染者だけであったものが、感染ルート不明が増えています。

私は、感染して治癒したとされる方からも感染がありうると見ています。本人が再発発症しているのに他に感染させていないなどということはないでしょう。

神栖市は集団感染がありました。


仙台市は、感染者がどんどん治癒して退院しています。入院にも至らない感染者が多いのですが、6月にも超過死亡が出ています。


東京から感染拡大は必至。通勤電車も混雑が増してきているそうです。

私的には、平日日中のスーパーは、まず感染者はいなかろうと考えていたが、わからなくなっきた。ローカルなスーパーを使う。

都内に出るのは厳禁。

2020/7/10の東京都の陽性者数240人超とニュースが流れています。

Yahoo!ニュース@YahooNewsTopicsの2020/7/9のツイート
【東京220人以上感染 過去最多】
https://yahoo.jp/yswhuJ
東京都で9日、220人以上が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。都内の感染者数としては過去最多となる。

こうなることは予見できたんですよね。それでも国民は、都民は今の当局の対応を受け入れてきた。どんどん感染したらいい。風邪にかかるのと同じと思っているのなら。

※ K&M&Y&A@uchu1dane氏の2020/7/8のツイート
医師として、COVID-19 の話をすると…
ネトサポ(?)が湧いてきて ↓
他の疾患はどうでもいいのか?
経済が回らなくなり倒産したり自殺者が増えたらどうするんだ?
命と金は同等だ。
コロナ脳…
などと揶揄されますが、やかましいわ
怒りマーク
それは無能で私利私欲の塊、安倍首相と閣僚達に言え。

新コロナの玉が当たったら、視野の外に消えるだけ。その後、死のうが障害が残ろうが、知ったこっちゃない。

SNSで新コロナウィルス感染はただの風邪だというような主張が増えています。根拠もなく。次のツイートは典型です。中小事業者のお一人でしょうか。


※ kaori@kaori87567967氏の2020/6/14のツイート
返信先: @syouwaoyajiさん
コロナで死ぬのは、落雷で死ぬより確率低いんです。そもそもコロナは茶番だと気づかなければ論外。自粛は必要なかったと専門家も認めています。目を覚ましてください。経済壊して中小事業者潰しにかかって来ているんです。

概して、事業運営、経済活動の維持を重視する側からのこのような発言が増えているようです。客や従業員が感染して死んでも賠償責任はありませんから。

あと次のような意見も増えているようです。


※ chocolat.@chocolat_psyder氏の2020/7/8のツイート
大西つねき
「このウィルスを受け入れて、救える命、救えない命の見切りをつけるしかない」
この人の優生思想めいた発言は今にはじまったことじゃない。以前にこうやって批判も上がっていたのにまったく内部では誰も問題視していなかった。それが今回の動画につながってる。マジでひどいな。

※ あっち行け!鼻くそ自民党@ #山本太郎を都知事に@Sakuraphon78氏の2020/4/3のツイート
私はれいわ新選組や山本太郎代表の支持者ですが、これは看過できない。これ、れいわ新選組として容認できる意見なんですか?是非、真摯にお答えください。>【大西つねき】「このウィルスを受け入れて、救える命、救えない命の見切りをつけるしかない。」@reiwashinsen @eikokimura @anmintei

※ Takayuki Miyazawa(宮沢 孝幸)@takavet1氏の2020/5/3のツイート
返信先:@reservetroopSemさん
このままだと逆に死者が増えてしまうのです。仮にコロナウイルス による死者を1000人に抑えると、経済破綻による死者は20万人を超えてしまいます。医療崩壊を防ぎつつ、感染を広げて収束させるというのがベストだと思うのです。今の施策は問題の先送りで経済に与える影響が大きすぎるという指摘です。

感染症の専門家が経済困難による死者の予想までしています。まったく根拠もなく。医療サイドの責任を軽くしようとする試みです。

国会議員は、どこの党でもいいからとにかく議員になりたいという人がほとんど。そういう人がれいわにいても、立憲にいてもおかしくない。共産党だって、何だこれはという政策はある。


※ mko@trappedsoldier氏の2020/7/9のツイート
介護し救おうとしても、残念ながら力不足で救えない命はある。我々は人として、救えなかったことを悔やみ、人が亡くなったことを悼む。
大西つねきのように、経済的限界がある、若者の時間が大事と「高齢者の死」を積極的に招くような思想は絶対に拒否する! それは人間の社会ではない。

※ 啓山@tanaka93225760氏の2020/7/9のツイート
返信先: @trappedsoldierさん
琥珀さんが言う「体が思うように動かず意思の疎通もできず排便も垂れ流し認知もできない状況で生きてる・・・」
そのような老人は飲食を自ら止めます。老衰という自然死をします。命の選別など必要ない程自然なことです。
posted by ZUKUNASHI at 14:18| Comment(0) | Covid19