ずくなしの冷や水

2020年05月26日

Trump adviser calls American workers ‘human capital stock’

RT 26 May, 2020 01:15 / Updated 7 hours ago
‘Is that like Soylent Green?’ Trump adviser calls American workers ‘human capital stock’ & triggers cannibalism-themed meme storm

A White House adviser has triggered a wave of memes and mockery after referring to the US labor force as “human capital stock,” drawing countless comparisons to the dystopian sci-fi flick 'Soylent Green' (spoiler: it’s people).

In calling to reopen the US economy amid the ongoing Covid-19 crisis in an interview with CNN on Monday, White House economic adviser Kevin Hassett noted that the country’s “capital stock” was still intact, adding that “our human capital stock is ready to get back to work.” Though the comment was meant to express a simple idea, Hassett’s jargonistic wording conjured up much darker imagery for many netizens, who immediately saw parallels to 'Soylent Green' – the 1973 thriller in which human beings are ground up into food to nourish an overpopulated planet.

Eve Fisher @EveFish28015553
Human capital stock - but do they provide dividends? Or do we just make Soylent Green? Investors want to know. https://twitter.com/atrupar/status/1264996588834996226

Aaron Rupar@atrupar氏の2020/5/26のツイート
White House adviser Kevin Hassett: "Our human capital stock is ready to go back to work." #HumanCapitalStock

“Wtf is ‘human capital stock?’” one netizen asked. “Is it akin to Soylent Green?”

Another commenter quipped that “human capital stock” would “make up for meat shortages” by the summer, possibly referring to the fact that a series of large food processing plants remain closed due to outbreaks and coronavirus containment policies, which remain in force across a number of states.

Some critics took up more serious responses to Hassett’s remark, arguing that his choice of words was demeaning to workers.

“Who refers to working Americans as ‘human capital stock?’” he asked. “Workers are not livestock, they shouldn’t be treated like the ingredients for soylent green. All workers should be treated as essential and not disposable. Provide them with testing, PPE and respect.”

A few skeptics also emerged, however, pointing out that the phrase might be more common than the detractors realize and questioning their outrage – joking that the “Soylent Green mills” won’t come online until 2022 anyway (the year the movie is set).

Cannibalism jokes aside, with some 40 million Americans out of work amid statewide shutdowns to stem the spread of the coronavirus, food shortages are becoming a reality. A recent study at the Brookings Institution found that childhood food insecurity in the US had skyrocketed to unprecedented levels in April, as greater numbers of families stuck under lockdowns struggle to put adequate food on the table. While a man-made meal replacement is unlikely to debut anytime soon, the real-life scarcities appear set to grind on barring an end to the containment policies.
posted by ZUKUNASHI at 23:05| Comment(0) | 国際・政治

東京オリンピックはもうない 新コロナはそれまでには収まらない

この記事はまた1か月ぶりの更新です。

RT2020/05/26
Why wait? The 2020 Tokyo Olympics should be cancelled immediately. It has no place in a post-pandemic world
The globe’s greatest sporting event has become a bloated colossus of wasted money. Instead of trying to hold a Covid-compromised games next year, the IOC should pull the plug and focus on changing it for the better in future.

Montreal 1976 was an iconic Olympics. Gymnast Nadia Comaneci achieved the first perfect 10. It was so groundbreaking, the three-digit scoreboard displayed it as 1.00.

Bruce Jenner scooped gold in the decathlon, as did Sugar Ray Leonard in the boxing ring. But it was iconic for another reason: being 720 percent over budget. The city took 30 years to pay off the debt for the stadium (nicknamed The Big Owe) alone and shoveled in US$17 million annually to maintain it.

The then-mayor Jean Drapeau had forecast: “The Montreal Olympics can no more have a deficit than a man can have a baby.”

Every games since – apart from Los Angeles in 1984 – has been a financial basket case. Barcelona in 1992 had a 266 percent overrun, and Lake Placid’s 1980 winter games hit 324 percent. The spending on the spectacle that was Athens 2004 was a contributing factor in why Greece went bankrupt.
Lack of hosts

As analysis has become more detailed, politicians and city officials have rightly been apprehensive about bidding to host the Olympics. Instead of the usual selection of candidates and presentations to consider, now the International Olympic Committee (IOC) takes whoever it can get.

Five cities went for 2024, but three quickly pulled out. Left with two options and no bidders for the next cycle, the IOC agreed on Paris and offered the other bidder, Los Angeles, 2028.

London 2012 was lauded as being a joyous occasion, as Usain Bolt confirmed he was still the fastest man on the planet. But the stadium is a prime example of the ‘white elephant’ legacy that’s left behind.

English Premier League team West Ham United became tenants, but their annual rent didn’t cover the cost for the owners to stage their matches. West Ham’s initial offer to pay £300,000 to change the colour of the running track was turned down for commercial reasons.

Speaking in 2018, London Legacy Development Corporation chief executive Lyn Garner admitted: “The usage fee is extremely low. We could take the £300,000. It’s a drop in the ocean for the size of the losses we’re dealing with and will be dealing with for the next 97 years of this contract.” A renegotiation was done, but the point is clear.
Doubts over 2021

So questions have to be raised about Tokyo 2020. It’s already been moved back by 12 months, but whether it will go ahead is still far from certain. IOC President Thomas Bach has confirmed if it doesn’t happen then, it will be canceled. He said: “You cannot forever employ 3,000 to 5,000 people in an organising committee. You cannot have the athletes being in uncertainty.”

But they are. We’re no nearer a Covid-19 vaccine. Scientists say that even those who’ve had the virus and have antibodies may not have immunity after a short period of time.

The global death toll is 345,000, but it’s yet to really take hold in some parts of the world, and experts warn of a second spike.

It’s likely spectators in Tokyo will either be banned or, at the very least, their numbers will be reduced to maintain social distancing. Massive corporations are haemorrhaging money and shedding thousands of jobs. Once governments end the safety net of supporting incomes, there will be millions facing financial difficulties.

So, surely now is not the time to scatter billions on keeping an Olympics on ice. Let’s pull the plug now. We already know the vast spending on the games is virtually guaranteed to make a loss, so this extra expenditure just digs the hole deeper.
Athletes in limbo

There are also the athletes to consider. Not so much the highly paid stars, feted by the likes of Nike and Adidas. But those athletes who have day jobs and fit in sport around them. It would be the pinnacle of their lives to represent their country in the glow of the Olympic flame.

Is it fair to keep them hanging on? They’re investing in training regimes and maintaining their fitness to peak on the day of their event, when there’s a very real chance that the games simply won’t happen. So let’s give them the respect they deserve.

We should rip up the notion of Toyko 2020 being the tonic the world needs, something for us all to look forward to, cheering on our countrymen and women as they battle for gold. That’s an idealist narrative. The pandemic has wreaked so much destruction, both on human life and financially, and witnessing an epic 100 meters isn’t going to change that a jot.

Moving forward, the IOC could use the cancelation of the Tokyo games as an opportunity to bring the Olympics back to what it should be. For a start, it should redraw the model and cast off the need to rack up a mountain of debt for two weeks of glory.

It would be worth embracing the appetite for all things green, too, by making the games far better on the environment, instead of building massive structures that end up lying desolate, like a number of the Rio facilities used in 2016.

Post-coronavirus, some of the corporate sponsors won’t have the same level of funding, either. So, why not cast them off? They’re more interested in selling their products than sport anyway.

Let’s get back to what the Olympics should be all about: honest, fair and competitive sport, where everyone is chasing the dream of a medal hanging around their neck, as their national anthem is playing. Nothing else.

It all starts with Tokyo 2020. Lance the boil and shut it down.

RT2020/04/28
No more delays: Postponed Tokyo Olympics to be CANCELLED if coronavirus not under control by 2021, organizing committee head says
If the global coronavirus crisis isn’t brought under control by next year, the Tokyo 2020 Olympics – already re-scheduled for July 2021 – will be cancelled, the president of the organizing committee said in an interview.
Speaking to Japan’s Nikkan Sports daily, Organizing Committee President Yoshiro Mori ruled out any possibility of the 2020 Olympics being postponed beyond 2021. If Covid-19 still remains a threat next year, the Olympic Games will not take place at all, he said.

In that case, it's cancelled.

Mori, who also served as Japanese prime minister in the early 2000s, recalled previous instances when large-scale hostilities made holding the Olympics impossible. The Games were cancelled three times before – in 1916 due to World War I, as well as in 1940 and 1944 during World War II.

The Japanese official likened battling Covid-19, which has infected over 3 million people worldwide, to “fighting an invisible enemy.” If the world succeeds in keeping the epidemic at bay, “we'll hold the Olympics in peace next summer,” Mori said, adding that humankind “is betting on it.”

Previously, the International Olympic Committee (IOC) said Japan can’t consider a postponement beyond the summer of 2021. Calling it “a mammoth undertaking,” the body explained that re-scheduling the Games “will involve restrictions and compromises on the part of everyone involved.”

The existing dates for 2021 were settled upon in March by Tokyo and the IOC. The Games were originally set to run from July 24 to August 9, 2020, but the raging coronavirus epidemic led international sports officials to alter the plans.

もう当初計画通りの開催はないというのが世界的なコンセンサスです。空運、ホテル業界は当てが外れて大変なことに。

オリンピック、パラリンピックが中止されるとどんな影響が出ますかね。まず、経済的影響を受けるのは日本だけで他の国には影響なしですね。

ホテル業界に深刻な打撃。建設業界はすでに儲けるだけ儲けた。
デパートなどの売り上げにも影響ありますね。すでに訪日客の購買額は底に落ちているでしょうが。

結局一部の業界だけですかね。新コロナウィルスのほうが経済的な影響はけた違いに大きい。

共同2020/3/18 09:55 (JST)3/18 10:09 (JST)updated
今夏五輪開催は「無責任」
カナダIOC委員が非難
 2014年ソチ冬季五輪のアイスホッケー女子でカナダの4連覇に貢献し、国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めるへーリー・ウィッケンハイザー氏が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪を予定通り開催することは「無神経で無責任な行為。この危機は五輪よりも深刻だ」と自身のツイッターで非難した。17日、ロイター通信が伝えた。
 ウィッケンハイザー氏はIOCのアスリート委員でもある。「選手は練習ができず、移動も計画できない。施設は閉鎖され、五輪予選は世界各国で中止されている」と指摘し、五輪へ向けた準備で不安を抱える選手の心境を指摘した。(共同)

共同2020/3/17 19:24 (JST)3/17 19:33 (JST)updated
安倍首相、五輪中止回避に全力
IOCと各国の動向注視
 安倍晋三首相は、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、東京五輪・パラリンピックの中止回避へ全力を挙げる。中止の場合、日本経済への打撃は計り知れず、長期政権で積み上げた自身の政治的遺産を失いかねない。各国要人らとの会談などの機会を活用し、働き掛けを強化。政府、与党内には延期の観測が拡大しており、最終決定権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)や各国の動向を注視する。
 五輪が中止になれば、首相の政治責任を問う声も出かねない。自民党内では「五輪特需を見込んでいた日本経済の冷え込みは避けられず、アベノミクスは批判を浴びる」と不安視する声が相次ぐ。

【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、新型コロナウイルスの感染拡大が沈静化するのは「7月か8月ごろになるのではないか」との考えを示した。

[パリ 16日 ロイター] - フランス・オリンピック委員会のマセリア会長は16日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が5月末までに終息しない限り、2020年東京五輪を予定通り7月に開催することはできないと述べた。

毎日新聞2020年3月13日 22時15分(最終更新 3月13日 22時16分)
36%の企業が「オリンピック中止を懸念」 東京商工リサーチ調査 新型コロナ
 東京商工リサーチが2〜8日、全国の企業を対象に、新型コロナウイルスの影響で今後懸念されることを尋ねたところ、回答した1万5597社のうち、5615社(36・0%)が「東京五輪・パラリンピックの中止」を挙げた。
 調査は、12日に米国のトランプ大統領が大会の延期に言及する前に実施した。東京商工リサーチの担当者は「いま調査をすれば、中止を懸念する企業の割合はもっと高くなるだろう」と話している。【大久保昂】

産経ニュース2020年3月13日 11:21
五輪延期・中止「WHOの助言に従う」 IOCバッハ会長
 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は12日、独公共放送ARDのインタビューで、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)に伴い、東京五輪を延期、中止するかは世界保健機関(WHO)の助言に従うとの考えを明らかにした。
 インタビューで、バッハ氏は新型コロナウイルスの対応について、IOCに特別チームを立ち上げ、2月中旬からWHOの専門家と定期的に連絡を取ってきたと説明。延期や中止を判断する際は「WHOの助言に従うだろう」と述べた。

[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、新型コロナウイルスの世界的流行を踏まえ、2020年東京五輪を1年延期することも関係者は検討すべきとの考えを示した。

※ イシケンTV - ニュース解説 / 石田健@ishiken_bot氏の2020/3/11のツイート
はい、大スクープきたで
・五輪組織委員会で電通顧問の高橋治之氏「2年延期が現実的」
・中止や無観客は金銭的損害が大きい
・1年延期なら他の大会と被る
・3月下旬から4月に本格的な検討開始
→ 日本のマスコミ、何やってるの?水面化の動き、なんで報道しないの?

WSJ Updated March 10, 2020 2:25 pm ET
If Olympics Can’t Be Held This Summer, Best to Postpone 1-2 Years: Japan Organizing Official
Japan Olympic organizing committee hasn’t discussed impact of coronavirus yet, board member Haruyuki Takahashi says

NHKニュース@nhk_news午後5:51 ・ 2020年3月9日
ブラインドサッカー イランが東京パラリンピック出場辞退 #nhk_news

※ 毎日新聞ニュース@mainichijpnewsの2020/3/7のツイート
東京オリンピック、無観客実施を検討 WHOと競技国際連盟担当者 米紙報道 

※ 笹山登生@keyaki1117氏の2020/3/4のツイート
日本国内の新型コロナウイルス感染拡大ピークだけで、オリンピック開催の可能性を考えてても、仕方がないのだけどね。
これから大陸ベースで感染ピークをみていけば、北米、アフリカ、南米大陸でのピークは、これからなのだし。
もう開催は、無理無理。

確かに。それにしても、東京オリンピック組織委員会のトップの方々、マスコミへの露出は控えてもらえないかという気がします。病み上がりで肉が落ちたお顔を拝見しているのもつらいです。周りが何も言わないから本人も気づかないでしょうけど。

※ 山口二郎@260yamaguchi氏の2020/3/5のツイート
安倍政権の動きがおかしい。特措法について公明が閣議決定を留保する一方、首相は中国、韓国からの来訪者の隔離を決断とのこと。日本で最も深刻なパニックに陥っているのは安倍首相だろう。内閣、与党が乱心の殿を抑え込む必要。憲政の危機。

五輪担当大臣がオリンピックの年内延期に言及。政権は動揺を示し始めました。

東京オリンピックは1年延期濃厚

2020/2/27、午後6時半、全国の学校を3/2から休校にするとの情報がテレビで流れたようです。

とにかくやることが荒っぽい。

※ 西 靖@y_west氏の2020/2/27のツイート
なぜ一昨日の「政府の基本方針」で一律の自粛要請はしないとした翌日にイベント自粛を要請し、さらにそも翌日の今日になって全国の小中学校、高校の臨時休校を要請。なぜ五月雨式に?科学的前提が変わったのでしょうか?IOC理事が東京オリンピックの中止、延期に言及したから、ではないですよね?
posted by ZUKUNASHI at 22:10| Comment(6) | Covid19

メキシコ市の超過死亡

ロイター2020年5月26日 / 11:08 / 9時間前更新
メキシコ市の死者、過去4年の平均を8000人上回る コロナ影響か
[メキシコ市 25日 ロイター] - メキシコの首都メキシコ市の今年1−5月の死者数が、過去4年間の同時期の平均を8072人上回っていることが研究者の調査で分かった。

新型コロナウイルスの感染拡大が原因となった可能性がある。

保健当局の発表によると、メキシコ市の新型コロナによる死者は1655人。当局は実際の死者数が発表よりも多いことを認めているが、検査率が低いため、正確な死者数を推定するのは難しいとしている。

ソフトウエア開発者のMario Romero Zavala氏と経済コンサルタントのLaurianne Despeghel氏がメキシコ市の死亡証明書のオンライン・データベースを基に調査したところによると、年明けから5月20日までの死者は3万9173人。過去4年間の同時期の平均は3万1101人だった。

感染症が流行した一定期間の死者数が、過去の平均的な水準をどれだけ上回っているかを示す「超過死亡」は8072人。当局が発表した新型コロナの死者は、超過死亡全体の20%強に相当する。

メキシコでは国立統計院のデータで死者数が遡れるのは2018年までで、超過死亡の算出は難しい。

Despeghel氏は「今回の調査で新型コロナ感染症が拡大した時期に死亡率が上昇したことは分かったが、新型コロナが直接・唯一の原因だと判断するにはデータが不足している」と述べた。

ロイターがメキシコ市の13の葬儀場を調査した結果、5月第1週の超過死亡は、政府が発表した同時期の新型コロナ死者数の少なくも2.5倍に達している可能性がある。

・・・引用終わり・・・

メキシコ市について超過死亡の計算を行った方は、過去4年平均と当年を比較しています。管理人は過去5年平均と当年を比較しました。

posted by ZUKUNASHI at 20:30| Comment(0) | Covid19

接触者 1か月間2回陰性で 症状発現後に陽性へ変化

石川県 新型コロナウイルス感染症の県内の患者発生状況

感染者295※二ツ屋病院関係
(1)年代:50代
(2)性別:女性
(3)居住地:石川県(宝達志水町)
(4)症状・経過
4月20日(月曜日)感染者179の接触者として、健康観察
4月21日(火曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月19日(火曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月22日(金曜日)全身倦怠感
5月23日(土曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陽性と判明

感染者293※二ツ屋病院関係(入院患者)
(1)年代:70代
(2)性別:男性
(3)居住地:石川県(かほく市)
(4)症状・経過
4月20日(月曜日)入院先にて健康観察
4月27日(月曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月11日(月曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月21日(木曜日)37度台の発熱
死亡を確認
石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陽性と判明

感染者292※二ツ屋病院関係(入院患者)
(1)年代:90代
(2)性別:女性
(3)居住地:石川県(かほく市)
(4)症状・経過
4月20日(月曜日)入院先にて健康観察
4月23日(木曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月 4日(月曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月11日(月曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月19日(火曜日)38度台の発熱
5月21日(木曜日)石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陽性と判明

感染者290※二ツ屋病院関係
(1)年代:70代
(2)性別:女性
(3)居住地:石川県(かほく市)
(4)症状・経過
4月20日(月曜日) 感染者179の接触者として、健康観察
4月21日(火曜日) 石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陰性と判明
5月19日(火曜日) 石川県保健環境センターにおいて、PCR検査を実施したところ、陽性と判明

・・・引用終わり・・・

接触者として健康観察が始まる前に感染していたとしたら、1か月以上の間それぞれの方の体内でウィルスが培養されていたことになります。陰性でもウィルスを放出していた人もいるでしょう。

どこで感染するか全くわからないことになります。

感染者293番の方は5月21日(木曜日)37度台の発熱を示し、その日死亡が確認されているようです。死後の検査で陽性が判明していますが、検査しなければ70代ということもあり、「急に亡くなってしまった」と受け止められるだけかもしれません。

こういう事例から超過死亡が発生するのはありうることと理解できます。
posted by ZUKUNASHI at 10:39| Comment(0) | Covid19