ずくなしの冷や水

2020年05月16日

英国で6/1からの学校再開を巡り当局と教員組合で激論

英国で2020/6/1からの初等学校の再開が予定され、健康リスク懸念する教員組合と当局の対立が続いています。
就学前の子供については、ベネツサビーレイなどが社会的距離政策に反対。

団体などにより主張が異なっています。

INDEPENDENT
Children's commissioner slammed for suggesting teachers' concerns are causing a 'squabble' and schools should just reopen 'quickly
The children's commissioner – whose job it is to look out for the interests of children – has called for them to return to school "as quickly as possible" and called teachers' unions' opposition a "squabble".

Anne Longfield, a former charity executive who has never been a teacher, was appointed in 2014 by Tory MP Nicky Morgan, who was education secretary at the time.

Longfield has spoken out today about the ongoing debate around reopening schools.

She said:

I am disappointed that the debate about when some primary school kids can return has descended into a squabble between government and the teaching unions. All sides need to show a greater will to work together in the interests of children.

Of course, teachers' unions exist to protect the rights of teachers, with ensuring a safe working environment being one of their most crucial remits.

After the government announced a plan to begin to reopen schools from 1 June, unions expressed their concerns that teachers would be put at risk of contracting Covid-19 if they were expected to go back to work during lockdown.

In a meeting held on Friday between education leaders and government health officials, these issues were expected to be addressed. However, The Guardian reports that union leaders said they were left with more questions than answers.

Patrick Roach, general secretary of teachers' union NASUWT, said the evidence presented at the meeting was "flimsy at best".

He added:

It’s disappointing that many of the questions that we put to the scientific advisers this afternoon haven’t yet been answered.

The British Medical Association (BMA) agreed, with chair of the council Chaand Nagpaul

We cannot risk a second spike or take actions which would increase the spread of this virus, particularly as we see sustained rates of infection across the UK.

The things that they told us didn’t give me confidence that we should be going ahead without the social distancing and measures that schools in other countries have. It’s really not clear what the government’s test is to reopen schools.

In this context, Longfield's comments seem even more odd. While it's true that missing school will disadvantage children, keeping them, their teachers and their families safe should surely be a priority.

Her calling unions' pleas to protect teachers a "squabble" has not gone down well.

We would have assumed that even a Tory appointee might pause before making light of workers' needs to not risk their lives, but perhaps not.

※ Thomas Hornall@Thomashornall氏の2020/5/16のツイート
Piers Corbyn, brother of ex-Labour leader Jeremy Corbyn, also led away in handcuffs after saying 5G and coronavirus pandemic linked, calling it a ‘pack of lies to brainwash you and keep you in order’

5/16、ハイドパークでロックダウン反対デモが行われ、コービンの弟が逮捕されています。
posted by ZUKUNASHI at 23:36| Comment(0) | Covid19

新コロナによる世界の経済変動はアベ信者に痛撃となる

日本のマスコミは、新コロナ蔓延による世界経済悪化が日本にどのように及ぶかはあまり取り上げていないようです。日銀はまだ株の買い支え。
新コロナによる経済停止からいち早く回復するのは、中韓。その隣に位置していながらその動きに取り残されそうな日本。アベノミクスによる経済利得などそもそも土台のない掘立小屋のようなもの。巨大台風が来れば、露呈する弊害も大きいはずです。

SPUTNIK2020/5/15
バンク・オブ・アメリカは、米国経済は長期にわたる成長期を終え、景気後退を迎えると発表した。大規模な危機を避けられない点については、米国2大金融機関のゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーも言及している。
バンク・オブ・アメリカの予測では、この危機は史上最大のものに並ぶという。既に第二四半期においてGDPは12%縮小し、第二次世界大戦時以来の記録を更新した。
バンク・オブ・アメリカの主任エコノミスト、ミシェル・メイアー氏は「米国経済は景気後退を迎え、もう一つの世界に加わったことを正式に宣言している」と語る。
メイアー氏によると「深刻な落ち込みは既に始まっている」という。コロナウイルスはほぼ全ての部門を直撃したからだ。
これが失業率増加や国民所得縮小をもたらすのは避けられないだろう。第二四半期全体を通して、雇用の場は1か月に100万人単位で失われている。結果として失業者は350万人に達し、特に娯楽産業、交通、ホテルビジネス、小売が最も影響を受ける。
企業がコロナウイルスCOVID-19拡散の予防策として人々を解雇して以来、失業手当の申請数は既に急速に増えている。最も被害が大きいのが、時給雇用の低技能労働者だ。
米国2大金融機関のゴールドマン・サックスとモーガン・スタンレーも同様に景気後退の始まりを宣言した。モーガン・スタンレーは「ベーシックシナリオ」として今年の世界GDP成長率がマイナス0.9%となること、ゴールドマン・サックスに至ってはより悲観的で、マイナス1.25%になると考えている。
これについてはワシントンを拠点とする国際金融協会(IIF)も警告している。最新データによると、2020年の世界経済の成長率は1.6%ではなく、わずか0.4%だという。
同協会アナリストは世界経済の3分の1が危機に見舞われていると確信している。景気後退は米国、EU,日本で見られ、これら地域は世界GDPのそれぞれ15.1%、11%、4%を占めている。IIFによると、景気後退は少なくとも今年半ばまで続くという。
追い打ちをかけるオイルシェール
アナリストらは、このような規模の問題に米国経済はこれまで直面したことがない、と語る。2001年9月11日の同時多発テロ後も、2008年のリーマンショック時も今回の比ではないという。当時の失業率は10%で、GDPは4%下がった。
そして現在、米国のスティーブン・ムニューシン財務長官の予測では、パンデミックの経済的影響を抑えるためのアグレッシブな手を打たなければ、失業率は20%に届く可能性があるという。
米国政治専門誌ザ・ヒルによると、米国にとってパンデミックの経済影響をさらに悪化させたのが石油市場におけるロシアとサウジアラビアの論争だ。価格戦争の最初の犠牲者となるのが米国のシェール産業となる可能性は既に見えている。

※ prometheus@prometheus2054氏の2020/5/16のツイート
国連が衝撃発表!国連「日本の最低賃金は先進国最低。生存基準を下回っている」http://ameblo.jp/sekainosyoutai/entry-11750685125.html
 今の若者は就職氷河期世代より悲惨だ。大人や親が問題を見て見ぬふりをしてきたツケを若者や子供が支払わされている。ツケのために子供を生む。親までブラック化している
posted by ZUKUNASHI at 21:18| Comment(0) | 社会・経済

10万円は有効に使う

千葉県でも一部の市で10万円の支給が始まっています。毎月決まったかつかつの年金で生活している身としては、臨時収入はとてもありがたいです。新コロナでぽっくり逝かないうちに急いで申請するつもりです。

さてなんに使おうかなと久々の楽しい思いをせいぜい楽しまなければ。

食料品の備蓄で少し金を使ったのでその穴埋めが必要です。徘徊のための電車賃のチャージに少し。

あと、臨時収入があったら考えることにしていた使途があります。ネットでいろいろ情報を発信してくれてお世話になっている独立ジャーナリストなどへの寄付、それとフリーソフトウェアの作者に対する寄付です。

Wikipediaには要請があるたびに少額ですが寄付しています。今回は、FirefoxとThunderbird、Sharexです。FirefoxとThunderbirdは済み、 Sharexはビットコインによる寄付になっていてできませんでした。

GM10 monitorの作者の方、もしお目に留まりましたらご連絡ください。少額ですが寄付の用意があります。

海外の独立ジャーナリストに寄付しようとしたことがありますが、カナダのエバ・バートレットはカナダ以外からの寄付は受け付けていませんでした。受け付けていたら得体のしれない多額の寄付が入るでしょうね。今回も受け付けせずでした

今回は国内の独立ジャーナリストを考えています。自分のカネだけですと金額が寂しいので読者にも一部付き合っていただくことにして読者の寄付金から割愛して一緒に寄付することにしました。これらのジャーナリストの情報をこのブログに掲載していますので、読者は受益しています。これも終わりました。

私はUNICEFなど国際機関の名前を冠しているところには寄付していません。あるとき少し調べたら事務経費がえらく高い割合を占めていることを知りましたし、どんな活動に使われているのかどうも怪しい面がある。国境なき医師団なども米英の政治的な動きと同調している面があります。

ホワイトヘルメットなど論外。

寄付するなら自分が良く知っている活動者あるいは団体です。

友人の一人からオンライン申請したいので手伝ってくれと言われているので住基カード読み取り機を発注しました。2000円。私はカードを持っていません。メガネの度も合わなくなっているので買い替えが必要なのですが、店に行きたくない。虫眼鏡も大きなものが必要になっているのでこれは通販で。

こんなビンボー臭いことを書くと、成人した息子がいてもそんなに小遣いに窮しているのかと子供の出来の悪さに呆れられるかもしれません。

小遣いもやらないし、もらわない。これが私の家では当たり前なのです。そういえば、葬式に参列した時に香典を立て替えてそのままになっているのがありますね。催促もしにくいな。

別の息子には立て替えていた掛け金がキャンセルで返戻されたので、金額が大きかったこともあり、返してもらったことがありました。

私が無心に行かないだけありがたいと思ってほしい。逆に向こうから無心に来ることのないようにしてほしい。今の願いはそれだけです。
posted by ZUKUNASHI at 20:31| Comment(0) | 生活防衛

3人のISISテロリストがアルタンフで米国占領軍と協力して多くの作戦をやったと告白

ISISテロリストが米軍の支援を受けていたことはすでに疑いのない事実ですが、3人のテロリストがプレスの前で証言しました。このニュースは、2日経ってもシリアのメディア以外では伝えられていません。

SANA2020/5/14
Three Daesh terrorists confess to perpetrating a number of operations in cooperation with US occupation forces in al-Tanf
3人のISISテロリストがアルタンフで米国の占領軍と協力して多くの作戦をやったと告白した

Damascus, SANA-Through a security operation, that was launched in cooperation with Syrian citizens in al-Badyah (Syrian semi-desert), an ambush has targeted a group from Daesh terrorist organization, including 6 persons.
ダマスカス SANA-アルバディア(シリア半砂漠)でシリアの市民と協力して開始された治安作戦で、ISISテロ組織の6人のグループを標的にした待ち伏せが行われた。

The security operation ended up with killing three of the groups and arresting the three others. Their names are Salah Jaber al-Zaher, known as Abu Abd al-Rahman al-Salafi, Ali Salim Yahya, known as Abu al-Bara’a al-Homsi and Amer Abd al-ghafar Nemah, known as Abu Sawan.
治安作戦は、グループの3人を殺害し、他の3人を逮捕した。 彼らの名前は、アブアブドアルラーマンアルサラフィとして知られるサラジャベールアルザハー、アブアルバラアホムシとして知られるアリサリムヤーヤ、アブサワンとして知られるアマーアブドアルガファールネマーです。

The three terrorists, in a program broadcast on the Syrian TV on Thursday, confessed to perpetrating different terrorist operations, inducing acts of killing, execution, abduction, acts of sabotage and destruction of public and private properties.
3人のテロリストは、木曜日にシリアのテレビで放送された番組で、さまざまなテロ作戦を犯し、殺人、処刑、拉致、妨害行為、公私の財産の破壊行為を誘発したことを認めた。

They confessed that a number of the operations were done in coordination between leaders of Daesh terrorists and the US occupation forces positioned in al-Tanf area on the Syrian-Jordanian borders.
彼らは、多くの作戦が、シリアとヨルダンの国境のアルタンフ地域に位置するアメリカの占領軍とISISのテロリストの指導者との間で調整されて行われたことを認めた。
Mazen Eyon

vanessa beeley@VanessaBeeleyのツイート午後1:21 ・ 2020年5月15日が少し詳しいです。
1. Confessions of #ISIS terrorists arrested in an ambush in Syrian Badia:
They perpetrated many terrorist operations, including murder, execution, kidnapping and acts of destruction .
http://syriatimes.sy/index.php/news/local/48549-isis-terrorists-confess-that-they-have-carried-out-many-operations-in-coordination-with-us-occupation-forces-in-al-tanf-base
2. Many of these terror operations were carried out upon coordination between ISIS ringleaders and US occupation forces that exist in al-Tanf area.
3. They were trained for several weeks by ISIS judges, who told them that they are Jihadist and any person fighting against ISIS is an infidel. They were also trained on how to use guns and rockets, including US rockets.
4. They were introduced to the so-called ISIS emirs of several nationalities besides fighters of French, British and Indonesian nationalities.
One of them killed 21 people while they were searching for truffles and he carried out operations against Syrian army's convoys.
5. US occupation forces were ordering ISIS ringleader Hasan Alqam al-Jazrawi of Saudi nationality, to target Syrian army' units, Palmyra, T4 airbase, oil fields in Palmyra region.
6. There is coordination between ISIS ringleaders and the ringleaders of " Maghawer al-Thawra" which is affiliated to the so-called the "Free army" in the vicinity of al-Tanf base.
7. There were negotiations between ISIS ringleaders in Raqqa and the ringleaders of the US-backed "Syrian Democratic Forces".
8. ISIS ringleaders were going every month to al-Tanf base to bring 3 trucks loaded with food, weapons and money ro be distributed among ISIS members in Badia region.
Every terrorist gets $100, while ringleaders gets $500 and the military Wali gets $1000.
#Syria #ISIS

以下はエババートレットのブログの記事です。上のSANAの記事を引用して残りは過去の記事からアルタンフ難民のインタビュー結果を載せています。テロリストの告白の事実関係自体は周知のことで何も新しさはないのです。

ingaza
Daesh terrorists Confess Terrorism Done In Coordination With US Occupation Forces

So when last year I interviewed being evacuated from Rukban Camp, and they told me about the US working with terrorists in al-Tanf region… they were correct, to the silence of the corporate media who attempted to blame Syria & Russia for the extremely harsh conditions and starvation there…

From my article:

“…As food and water were handed out, I moved from bus to bus speaking with people who endured years-long shortages of food, medicine, clean water, work and education … the basic essentials of life. Most people I spoke to said they were starving because they couldn’t afford the hefty prices of food in the camp, which they blamed on Rukban’s merchants. Some blamed the terrorist groups operating in the camp and still others blamed the Americans. A few women I spoke to blamed the Syrian government, saying no aid had entered Rukban at all, a claim that would later be refuted by reports from both the UN and Red Crescent.

An old woman slumped on the floor of one bus recounted:

We were dying of hunger, life was hell there. Traders [merchants] sold everything at high prices, very expensive; we couldn’t afford to buy things. We tried to leave before today but we didn’t have money to pay for a car out. There were no doctors; it was horrible there.”

Aboard another bus, an older woman sat on the floor, two young women and several babies around her. She had spent four years in the camp: “Everything was expensive, we were hungry all the time. We ate bread, za’atar, yogurt… We didn’t know meat, fruit…”

Merchants charged 1,000 Syrian pounds (US $2) for five potatoes, she said, exemplifying the absurdly high prices.

I asked whether she’d been prevented from leaving before. “Yes,” she responded.

She didn’t get a chance to elaborate as a younger woman further back on the bus shouted at her that no one had been preventing anyone from leaving. When I asked the younger woman how the armed groups had treated her, she replied, “All respect to them.”

But others that I spoke to were explicit in their blame for both the terrorist groups operating in the camp and the U.S. occupation forces in al-Tanf.

An older man from Palmyra who spent four years in the camp spoke of “armed gangs” paid in U.S. dollars being the only ones able to eat properly:

The armed gangs were living while the rest of the people were dead. No one here had fruit for several years. Those who wanted fruit have to pay in U.S. dollars. The armed groups were the only ones who could do so. They were spreading propaganda: ‘don’t go, the aid is coming.’ We do not want aid. We want to go back to our towns.”

Mahmoud Saleh, a young man from Homs, told me he’d fled home five years ago. According to Saleh, the Americans were in control of Rukban. He also put blame on the armed groups operating in the camp, especially for controlling who was permitted to leave. He said, “There are two other convoys trying to leave but the armed groups are preventing them.”

A shepherd who had spent three years in Rukban blamed “terrorists” for not being able to leave. He also blamed the United States: “Those controlling Tanf wouldn’t let us leave, the Americans wouldn’t let us leave.”

Many others I spoke to said they had wanted to leave before but were fear-mongered by terrorists into staying, told they would be “slaughtered by the regime,” a claim parroted by many in the Western press when Aleppo and other areas of Syria were being liberated from armed groups.

The testimonies I heard when speaking to Rukban evacuees radically differed from the claims made in most of the Western press’ reporting about Syria’s treatment of refugees. These testimonies are not only corroborated by Syrian and Russian authorities, but also by the United Nations itself.”
posted by ZUKUNASHI at 18:45| Comment(0) | 国際・政治

抗体検査結果は今回の感染拡大の結果だけではない可能性

毎日新聞2020年4月24日 02時02分(最終更新 4月24日 02時07分)
抗体検査結果、5月1日にも公表 東京と東北での献血活用
 政府は、新型コロナウイルスの感染実態の把握につなげるための抗体検査を始めた。日本赤十字社(日赤)が献血者から研究利用への同意を得て献血血液の一部を抗体検査に活用。東京都内と東北地方で500検体ずつ今後も複数回採取する。これを受け、政府は5月1日にも初回の結果を公表する方向で調整している。
 抗体は、体内に侵入したウイルスなどから体を守るために作られる物質。血液中に含まれる抗体の有無を調べることで、その人の過去の感染歴が分かる。
 日赤は22日、厚生労働省などからの協力依頼に基づき、「抗体検査キット」の信頼性を評価する研究を始めると発表。日赤によると、感染者数の多い東京と、少ない東北地方を対象地域に選んだ。東京では22〜23日に血液を採取済みで、東北は27〜28日に実施する予定だ。菅義偉官房長官は23日の記者会見で「現時点で検査キットの性能に関する評価は不確実な段階であり、(感染歴の)結果は献血者にはお知らせしない」と述べた。
 新型コロナを巡っては、感染の有無を調べるPCR検査の対象とならないまま回復する軽症者や無症状の人も多い。地域ごとに感染がどの程度広がっているのかはつかみ切れていない。
 世界的に検査キットは複数開発されているが、精度に課題があるとの指摘もある。このため政府は日赤の協力を得て性能チェックを行うと同時に、感染の広がりを推計する疫学調査につなげる考えだ。
 抽出調査は東京と東北で繰り返して実施。抗体保有者の増え方から、流行予測にも活用する方向だ。【堀和彦、横田愛、秋山信一】

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/5/3のツイート
これ、発表されていないですよね? https://twitter.com/koichi_kawakam

※ Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の2020/5/7のツイート
これ、いったいどうなっているのでしょう? 頓挫したのでしょうか? やると言ったらやらねば。
”抗体検査結果、5月1日にも公表 東京と東北での献血活用”
https://mainichi.jp/articles/20200

・・・・・・

東北でといったらまず仙台でしょう。でも仙台は特殊な状況になっているはず。

東京だって驚くような結果になっているはず。人口動態が公表できないのですから。公表延期の発表は、2020/4/28午後に告知されました。5/11に延期されましたが、それも再変更がありうるとの書き方になっています。

・・・・・

以下は私の勝手な想像です。

東京の血液の検査結果で予期せざる事態が生じたんですね。
神戸市の病院で調べた結果が市民の3.3%に抗体ありでした。東京はそれを大きく上回った?
抗体ありということは、過去に感染したことがあるということで今はもうウィルスを持っていない人も、まだ持っている人もいます。献血者に活性を保持しているウィルスを持っている人がいたら、採血した人に感染の恐れがあります。
副座長が陽性者は役所発表の数の10倍いると言っていますから、感染者の多い東京では抗体ありの人の割合が高く、死亡数も多くてPCR検査を絞ってきたことの害(逆に言えば集団免疫を推進してきたこととその効果)があからさまになるのを避けたんでしょうか。

SPUTNIK日本2020/5/14
スペイン保健省は2週間にわたって国内で大規模な抗体検査を実施し、全人口の5パーセントに新型コロナウイルスの抗体が生成されていることを明らかにした。
スペイン保健省は13日、国内で実施した抗体確認検査の事前結果を明らかにした。
今回の検査で保健省は国内の複数地域に暮らす国民6万人から検体を回収して抗体の有無を確認した。国立感染症センターのマリーナ・ポリアン・センター長によれば、全検体のうち5パーセントから新型コロナウイルスの抗体が確認されたことから、スペインでは200万人以上が新型コロナウイルスに感染していると推測される。ただし、感染拡大が激しい地域と比較的穏やかな地域では抗体の保有率に5倍近くの開きがあるとして、集団免疫は形成されていないとの認識を示した。
なお、抗体は性別や年齢を問わず、等しく形成されているという。ただし、1歳以下の幼児は抗体の保有率が最も低く、1.1パーセントにとどまった(5歳以下の児童は2.2パーセント、9歳以下の児童は3パーセント)。
また新型コロナウイルスに特徴的な感染症状のうち、3つから5つの症状が確認された人の抗体保有率は8パーセントにとどまったのに対し、5つ以上の症状が確認された人の抗体保有率は14.7パーセントまで上昇した。なお、嗅覚がなくなったと答えた人の抗体保有率は43パーセントに達していた。
今回の抗体確認検査には国内1426か所の医療機関と28の研究所が加わり、スペイン政府のペドロ・ドゥケ科学相は「世界一の精度を誇る検査」で重要なデータが得られたと成果を強調した。

・・・引用終わり・・・

「全検体のうち5パーセントから新型コロナウイルスの抗体が確認された」と言っています。東京の医師がやった調査で5.9%でした。神戸市が3.3%。

スペインの人口10万人当陽性者は491人で、対人口陽性者割合0.49%ですから、抗体検査で5%なら10倍です。
つまり陽性者として確認された者の10倍の人が抗体を持っていたということになります。

ただ、日本の場合、神戸市でも3.3%の抗体検出率となっていますから、2020年になって新コロナウィルスに感染した人だけだとは考えにくいです。フランスでは2019年の12月に呼吸器の障害で治療を受けた人の血液から陽性反応が出ています。
スペインでも2019年以前に新コロナウィルスかまたそれに類似したウィルスに感染した人がいる可能性があります。

TBS News i 5/15(金) 6:25配信
【独自】「抗体検査」東京の献血で0.6%陽性、結果にばらつき
 厚労省が行った新型コロナウイルスの「抗体検査キット」の性能評価の調査で、東京で集めた500人分の献血のうち、0.6%が陽性だったことがわかりました。ただ、厚労省は検査キットごとに結果のばらつきがあり、正確な評価は出来ないとしています。
 厚生労働省は、日本赤十字社が先月、感染の多い東京と感染の少ない東北でそれぞれ500人分ずづ集めた献血の検体を使って、抗体検査キットの性能評価を行いました。
 関係者によりますと、性能評価を行った複数のキットの結果を合わせると、東京では、500検体のうち最大3検体、0.6%で陽性の結果が出たということです。一方、東北では、500検体のうち最大2検体、0.4%が陽性を示したということです。
 ただ、それぞれのキットが示した結果が一致しなかったことや、比較のために行われた去年採血した献血からも2検体の陽性反応があったことなどから、厚労省はキットの性能と「抗体」の陽性結果について正確に評価できないとしています。
 厚労省は今後、疫学調査をする場合には別の方法を用いることも検討しているということです。(15日00:56)

・・・引用終わり・・・

これは大変興味深いです。
東京で0.6%が陽性
東北で0.4%が陽性
昨年採血した血液で(2件)0.4%が陽性
スペイン国民の陽性者割合 0.5%
米国国民の陽性者割合 0.42%
スペイン国民の抗体陽性者割合 5%

抗体検査で検出漏れがあるんですね。スペインの例で
新型コロナウイルスに特徴的な感染症状のうち、3つから5つの症状が確認された人の抗体保有率は8パーセントにとどまったのに対し、5つ以上の症状が確認された人の抗体保有率は14.7パーセントまで上昇した。なお、嗅覚がなくなったと答えた人の抗体保有率は43パーセントに達していた

新コロナウィルスに感染してその後の抗体検査で陽性にならない人が50%。これじゃワクチンなどできないのでは?

それならもう共存するしかない。

スポーツ報知 2020/5/15(金) 9:30配信
岡田晴恵氏は、この発表に「500人ですから即座に断言はできないですが東京都なら99・4パーセントの人がかかっていないということです」とし「ですから、まだ流行は来てない」と解説した。
 さらに「この理由は、様々に考えたんですけど、唾液のなかに(ウイルスが)いっぱいいるということで、日本のマスク文化、手洗いとか基本的衛生状態を励行ができる、靴も脱ぐ、まじめに対策をやっていたとかあったと思う」と指摘した。
 一方で「このデータをどう読むかと言えば、99パーセントかかってないことは、たぶん秋冬、低温乾燥の11月以降に非常に大きな山になる可能性が危惧される。そういうことがあることを見越して政策を立てないといけないということ」と解説し「かかったことがない免疫がない人がたくさんいる場合には、医療確保が難しければ検査をたくさんやってそもそも医療に入る前に隔離するとかの議論を積極的にやらないと医療が持たない可能性があって心配がある」と指摘していた。

上のスペインの調査で新コロナウィルスに感染してその後の抗体検査で陽性にならない人が多数いるという情報が確かであれば、非感染者はずっと少なくなりますが、岡田晴恵氏の指摘は適切だと思います。

次の意見もあります。
※ 教育を考える(一応バイオ系研究者)@rPSHBICmzHESsUy氏の2020/5/15のツイート
全体的にバックが高いものもありそう。早期に出たキットは旧コロナ種との区別が本当についているのか、怪しい気もします。
実際のデータを免疫学者に見てもらった方が良いと思います。

昨年までに新コロナウィルスの症状と似た症状を体験した方はおられますか


初出 2020-05-09 09:18:59 2020/5/16追記
posted by ZUKUNASHI at 17:12| Comment(0) | Covid19

仏で川崎病類似の疾患で子供の死亡例 Covid-19との関連でCDCは警戒を強める

新しい下半分の記事に訳を付けました。

First child dies in France from rare Kawasaki-like disease unwisely linked to Covid-19
A nine-year-old boy in France has died from the mysterious Kawasaki-like disease, which some medics link to Covid-19. It’s the first such case in that country, but similar child fatalities were earlier recorded in the US and UK.

The cause of the boy’s death was “neurological injury related to a cardiac arrest,” Fabrice Michel, head of the pediatric intensive care unit at La Timone hospital in Marseille, said.

The child was rushed to hospital with heart problems in early May. Doctors have been fighting for his life for a whole week, but the young patient passed away on Saturday.

While in hospital, the boy tested positive for Covid-19, though he didn’t show any symptoms of the deadly virus, which has already killed more than 304,000 and infected almost 4.5 million people around the globe.

The myocarditis developed by the victim was a “very rare case”, Michel pointed out. The boy’s medical files will now be thoroughly examined to establish if he had any pre-existing pathologies.

Covid-19 has been especially dangerous for elderly people, with children mainly experiencing it in light form or without any symptoms at all. But the news of an increased number of cases of a mysterious inflammatory illness, similar to the exotic Kawasaki disease, has become a scare for parents, after doctors said it may be linked to coronavirus.

The Kawasaki disease is characterized by high fever, rashes, abdominal pain, conjunctivitis and a red or swollen tongue. Michel urged parents to contact their doctor if their kids show those symptoms and have high fever for more than two days.

Since March 1, France has reported 125 cases of the new disease. The patients were aged from one up to 14 years, with a half of them testing positive for coronavirus.

The boy from Marseille might be the first fatality in France, but earlier this week New York Governor, Andrew Cuomo, said that three children in his state had succumbed to the Kawasaki-like illness, with around 100 suspected of having developed the condition. On Wednesday, a London hospital also reported the death of a coronavirus-positive 14-year-old due to the same complication.

However, the very idea of a link between Covid-19 and the Kawasaki disease so far remains just speculation, not backed by any scientific proof. The World Health Organization is only investigating the possible connection.

The medics who talked to RT on the issue, insisted that the reported cases were no reason for panic. “I wouldn’t expect an outbreak of Kawasaki in children because Kawasaki itself is rare,” Professor Angelo Ravelli, head of rheumatology at the Giannina Gaslini Institute, one of Italy’s largest pediatric hospitals, pointed out. Besides, Kawasaki is quite treatable and not that harmful if timely detected, he added.

Professor Anne Rowley of Northwestern University’s Feinberg School of Medicine in the US was skeptical about the possible connection between the two diseases as “Covid-19 is caused by an entirely new virus, and Kawasaki disease has been well recognized for 50 years.”
米国ノースウエスタン大学ファインバーグ医学部のアンローリー教授は、「Covid-19はまったく新しいウイルスによって引き起こされ、川崎病は50年間よく認識されている」として、2つの疾患の関連の可能性について懐疑的でした。

米国CDCは別の見方をしています。
SPUTNIK2020/5/15
CDC Issues Alert Over Mysterious Disease Linked to COVID-19 in Children
Officials with the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) on Thursday issued an alert that an inflammatory disease which has appeared among children in recent weeks may be linked to COVID-19.
木曜日に米国疾病管理予防センター(CDC)の当局者は、最近数週間で子供たちに見られた炎症性疾患がCOVID-19に関連している可能性があるという警告を発しました。

The disease, which is called multisystem inflammatory syndrome in children (MIS-C), was first reported in late April in Britain. However, since then, additional cases have appeared within the US and abroad.
小児の多系統炎症症候群(MIS-C)と呼ばれるこの疾患は、4月下旬にイギリスで最初に報告されました。しかし、それ以来、米国内外で新たな事例が発生しています。

France on Thursday reported that a 9-year-old boy who had tested positive for COVID-19 had died due to MIS-C, marking the country’s first fatality from the illness. On May 9, New York Governor Andrew Cuomo also reported that three children in the state had died from the disease, and he said on Thursday that there were more than 100 known cases of the illness in New York.
フランスは木曜日、COVID-19の検査で陽性であった9歳の少年がMIS-Cのために死亡したと報告し、この病気による同国初の死者を記録した。 5月9日、ニューヨーク州知事のAndrew Cuomoは、州内の3人の子供がこの病気で亡くなったと報告し、木曜日にニューヨークでこの病気の既知の症例は100件以上あると述べた。

The condition has been likened to Kawasaki disease, which is common in children younger than 5 years old and causes inflammation of blood vessels throughout the body. Kawasaki disease typically causes a fever, as well as a rash, sore throat and swollen lymph glands. Symptoms of MIS-C include fever, abdominal pain, diarrhea, vomiting, skin color changes, rashes and labored breathing.
この病態は川崎病に例えられており、5歳未満の子供によく見られ、全身の血管の炎症を引き起こします。川崎病は通常、発熱、発疹、喉の痛み、リンパ腺の腫れを引き起こします。 MIS-Cの症状には、発熱、腹痛、下痢、嘔吐、皮膚の色の変化、発疹、呼吸困難などがあります。

According to the American Academy of Pediatrics, “clinicians should report suspected cases to their state, local or territorial health departments even if the patient also fulfills all or part of the criteria for Kawasaki disease.”
アメリカ小児科学会によると、「臨床医は患者が川崎病の基準のすべてまたは一部を満たしていれば、疑わしい症例は州、地方、または地域の保健部門に報告する必要があります。」

“MIS-C also should be considered in pediatric deaths with evidence of SARS-CoV-2 [the virus that causes COVID-19]. Health officials and specialists are monitoring the condition closely to learn more about risk factors and clinical course,” the notice adds.
「MIS-Cも、SARS-CoV-2 [COVID-19を引き起こすウイルス]の証拠がある小児死亡で考慮されるべきです。保健当局と専門家は状態を注意深く監視して、危険因子と臨床経過についてさらに学んでいる」と通知は付け加えている。

Sean T. O'Leary, a member of the American Academy of Pediatrics Committee on Infectious Diseases, told the American Academy of Pediatrics that parents should keep an eye out for a persistent fever in their children.
感染症に関するアメリカ小児科学会のメンバーであるショーンT.オリアリー氏は、アメリカ小児科学会に、両親は子供たちの持続的な発熱に注意する必要があると語った。

“Parents really shouldn’t be afraid to take their child to their pediatrician if they’re worried they’re sick,” O’Leary said. “They should also, of course, make sure they are keeping up on their well-child care and their vaccinations. The diseases we prevent with vaccines are actually much more severe in children than COVID-19, so we want to make sure to protect children from those diseases.”
「病気の心配がある場合、親は子供を小児科医のところへ連れて行くことを恐れるべきではありません」とOLeary氏は語った。 「もちろん、彼らはまた、彼らが自分の育児とワクチン接種を続けていることを確認する必要があります。私たちがワクチンで予防する病気は、実際にはCOVID-19よりもはるかに重症であるため、子供たちをこれらの病気から確実に保護したいと考えています。」

Even though the CDC has yet to provide treatment guidance, O’Leary has said that intravenous immunoglobulin and supportive care are options. Immunoglobulin therapy uses several different antibodies to treat various health conditions.
CDCはまだ治療のガイダンスを提供していませんが、オレアリーは静脈内免疫グロブリンと支持療法が選択肢であると言いました。免疫グロブリン療法は、さまざまな健康状態を治療するためにいくつかの異なる抗体を使用します。
posted by ZUKUNASHI at 14:27| Comment(0) | Covid19

日本の当局の対応は海外と違う

ヴェネツィア近くの化学工場で炎が吹き出し、住民は湿ったボロで窓をふさぎ、有毒な煙を止めるよう警告された
An explosion at a chemical plant in the industrial zone of Malcontenta, near Venice, has triggered a major emergency response operation, with residents asked to shelter in place and block their windows with damp rags.
At least one worker was seriously injured at the chemical plant, after a tank reportedly exploded at approximately 11.30am local time on Friday morning.

日本でこういう事故が起きても、同様な警告がなされず、知らされないということが起きそうに思います。
posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(0) | 国際・政治

私の情報収集・参照先に共通するのは結局これです

※ mko@trappedsoldier氏の2020/5/15のツイート
アベ信者は、政府の間違った政策によって国民が命を落としているのに、それを正当化するために絡んでいる。若者だろうと、高齢者だろうと、持病を持っていようと、みな大事な命。死んでもいい人、仕方のない人などいない!


振り返ってみれば、福島第一原発事故の時もそうだったのです。新コロナウィルスでさらに追い詰められ、このような発言が何かの機会に湧いてきて、しっくりと感じられるようになりました。
posted by ZUKUNASHI at 01:34| Comment(2) | 日記