ずくなしの冷や水

2020年04月04日

70歳の人は助かる見込みがないかというと、人によってはあり得ますだって

※ sivad@sivad氏の2020/4/4のツイート
さらっとものすごいことが書いてますが、これ、症状がなくなっても3週間は感染性があるかもしれないってことです。
隔離施設を用意しないとやばいという話ですよ。
『良くなった人も3週間ぐらいPCR検査で陽性が出続けるのです。』

回復者の血しょう投与試験もスタート 新型コロナ治療の最前線に立つ医師が見ている風景
忽那賢志(くつな・さとし)国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際感染症対策室医長のインタビュー記事

実際、日に日に悪くなっていますね。2週間前ぐらいからです。先週ぐらいからずっと満床は続き、保健所から受け入れ要請の連絡が来ても、断らざるを得ない状況です。

良くなった人も3週間ぐらいPCR検査で陽性が出続けるのです。そういう人はずっと元気で、携帯電話をいじってやることないなと時間を持て余している人が多いです。

陽性が出ることと、感染性があることは必ずしも一致しないのに、こういう人がベッドを占有し続けるので新しい人が入れません。新たに発症した人のためにベッドを使った方がいい。

東京都がホテルを借りると言っていますけれども、自宅に帰るのが難しいとしても、そういうところで陰性を確認する方がいいのではないでしょうか?

経済を度外視して感染症のことだけを考えて良いのであれば、した方がいいです。

今なら本当にみんなが2週間家を出なかったら、一瞬は収まるでしょう。けれども、海外で流行している限りは必ずまたウイルスは入ってくる。東京だけ収まっても日本のどこかでくすぶっている限りはまた流行は起きます。

理想的には、今のように社会生活を一定程度維持しつつ、流行を抑えるのがいいのでしょう。けれども、東京はそれも難しくなりつつあります。


特に感染したら致死率が高いと言われている高齢の方や持病がある人は、流行状況によっては話し合っておいた方がいいかもしれません。

ただ、70歳の人は助かる見込みがないかというと、人によってはあり得ます。本人の意思ももちろんですし、高齢だから一律治療しないというのでは、助かる人も助からなくなる。

(一般の人には)とにかく家から出ないでくださいということしかないですね。特に平日の夜と、休日は出ない。東京、大阪、名古屋など流行している都市に住んでいる人はとにかく外に出ないことが一番大事です。

あとは咳エチケットと手洗いが大事なのは間違いない。とにかくみんながそれを徹底してほしいです。みんなが外に出なかったら確実に流行は収まります。

今まだ流行が続いているのは、みんなが外に出て人と接しているからです。

補償の問題を国が配慮してくれると家に止まりやすいですよね。そういう経済的な問題を度外視すると、とにかく今は外に出ないでとお願いしたい。
posted by ZUKUNASHI at 19:28| Comment(0) | Covid19

本当に、秋まで生きられるかどうか

管理人は特別栽培米の集団購入を計画して目下需要調査をしています。年配男性(私よりずっと若い)のお便りに「秋まで生きられるかわかりませんが・・・」と書いてありました。「本当に、秋まで生きられるかどうかという話になりつつありますね。」とお答えするのが精いっぱいです。

お宅では、今後のサバイバル戦略をお決めになりましたか? まさか布製マスク2枚で難をしのげるとはお考えではありませんよね。

そのマスクすらいつ届くかわからないのですから。

管理人が調べたところでは、この4月の半ばころから修羅場が始まりそうです。最近の陽性判明者は、欧州などからの帰国者が多くなっていますが、前から何となく感じていたところですが、日本で当初伝染したウィルスと今欧州から入っているウィルスはタイプが違うようです。欧州タイプは感染性がより強く、致死率も高いようです。

そして修羅場が収束に向かうのは5月末になるだろうとの予測があります。最悪1千万人が感染し、亡くなる方もそれに応じて多い。

スペインでは、人口10万人当たりの陽性者数が254人、スイスでは224人に達しています。人口千人当たりでは、それぞれ2.5人と2.2人です。

日本は都市の封鎖もやっていませんので、潜在的な感染者が増えており、これがもとになって爆発的な感染拡大が生じうると見られているのです。
それが早ければ、今月半ばに始まります。

日本全体で1000万人の感染者ということは、10万人当たり8150人ですから人口千人当たり81人になります。100人当たり8人ほど。

それだけの人がちょっと熱を出して咳をして終わればよいのですが、そうはならない。亡くなる方も、後遺症の残る方もあります。それにどこでも同じ割合で感染者が出るわけではなく、感染者が集中するところもあります。

そして社会のインフラが止まるところも出てくる。物流にも障害が出るということになりかねません。食料が常に円滑に供給される保証はありません。ある女性読者は、次のように書いておられます。

5月末なら私の予想よりちょっと持ち堪える感じですね。
こういう時、一個人になにができるんでしょうね。
ソーラーパネルもあるし、マッチ、ローソクも用意してあるけど、やりすぎですかね。
とりあえず、仕事そっちのけで種をまいたり苗を植えたりしています。
ベランダくらいしかないですが。

管理人に意見を求められれば、私は簡易な水耕栽培をお勧めします。そのうち私もベランダで水耕栽培を手掛けるつもりです。

お子さんのおられるご家庭では、学校が始まったらどうしますか?
管理人の意見は、ズバリ休ませましょうです。

社会的なお付き合いは、全部断りましょう。もともと、葬式なんかは参列できません。知人が入院したと聞かされても見舞いにも行けません。

町内会のどぶさらい。ゴミ置き場の清掃。これは早くから始めて終わったらさっさと帰る。

買い物は見合わせる。そのうち買い物客も目立って減ってきます。朝開店一番で短時間で済ませる。

家にいて何をする? 新コロナウィルスによる肺炎が収まったころには労働力の再配置が必要になるでしょう。知識を入れてキャリアアップの準備をしましょう。インターネットによる座学です。時間はたっぷり。高校生は英語の勉強を。今は生きた興味の持てる素材が豊富です。

とにかく2か月を籠って暮らす。どこまでできるかです。

毎日、感染者の数を追って過ごすのも気持ちが荒みます。やはり野菜栽培が良いか。20年以上家にいた猫をこの前見送りましたので邪魔も入らない。それがいいかな。

ただ、5月に入ると人口動態の統計を蓄積しなければなりません。気が進みせんね。読む人もいないでしょう。

コロナにかかって、突然この世から隔離され、それっきりになることは避けたいと思っているんですけど、避けられないかもしれませんね。


データの出所、時点はばらばら。

親密国からも日本の新コロナウィルス対策への不信の声、医療崩壊を警戒する露骨な声が出始めました。

毎日新聞2020年4月4日 00時19分(最終更新 4月4日 00時19分)
「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す
 在日米国大使館は3日、日本での新型コロナウイルスの感染拡大について「日本政府は(PCR)検査を幅広く実施しない方針をとっており、感染率を正確に評価することが難しい」との警戒情報を出し、帰国希望者や一時滞在者に即時帰国を促した。「日本の保健医療システムを信頼しているが、感染例が著しく増加すれば、今後数週間にシステムの機能がどうなるのか予測するのは難しいと判断している」と指摘している。
 米国大使館のウェブサイトによると、警戒情報では「日本では過去72時間に650人以上の感染が確認された。医学界や政界で、感染例の急増で事態は切迫しているとの懸念を表明する声が増えている」と現状を分析。その上で「米国や欧州に比べて、日本の感染者数や入院者数は低い水準にとどまっているが、検査が幅広く行われていないため感染率の評価が難しい。感染例が今後激増した場合、基礎疾患がある米国市民は普段慣れている医療を受けられなくなることもあり得る」と警告した。
 また「3日時点で日米間の航空便は、新型コロナウイルスの感染拡大以前の11%しか運航しておらず、短中期的にはさらに減ることも想定される」として、帰国希望者には早期の帰国を促した。
 日本政府は、網羅的にPCR検査を実施して全体の感染状況を把握するのではなく、重症者のケアや医療機能の維持、集団感染事例の把握などを重視する方針をとっており、他国に比べると検査数が少ない状況が続いている。【秋山信一】

自給生活志向の読者からお便りをいただきました。

@ 5月末の水のストップに備え、雨水を溜めれるように、チャイルドプールの購入を検討しています。ブルーシートで蓋をしようと思っています。
A 溜めた水を何に使いますか? 今の雨水はいろいろ含んでいるので、トイレに流す水くらいにしか使えないと思います。そして、家族が次々にトイレを使うとプールの水が空になり、次の雨までトイレが使えない?
ペットボトルの空きがあったらそこに水道水を入れてダンボールに戻して家の隅に置いておくのがお勧めです。私は311の時、これで水道が止まっても困りませんでした。

A 防塵ゴーグルも持っていますが、より気軽に仕事中も掛けられるものとして、花粉症対策眼鏡も購入してきました。隙間は開いてしまいますが、咳をしている子どもと濃厚接触する事も日常茶飯事の為、飛沫を目に入れない効果はあると思います。
A はい、これはいいですね。ただ、やはり視野が狭くなったりします。つばが飛散して目に入ることを防ぐのなら普通の眼鏡でも効果があると思います。

B リーフ系とインゲンの家庭菜園の種を購入してきました。ミニトマト、キュウリ、ピーマン等複数のものをしっかりとした苗を一株づつ買って育てるのが、ベランダには適しているとのアドバイスを受けたので販売開始待ちです。
A リーフ系は大きくなって収穫したら終わりのところが寂しい。インゲン、キヌサヤがいいかもしれません。次々に花が咲いてわずかですが継続的に収穫できます。夏野菜では、作りやすいのはピーマン。キュウリ、トマトは消毒が必要になるかもしれません。種で簡単なのはシソです。
posted by ZUKUNASHI at 17:21| Comment(0) | Covid19

米国のCovid19死者 中国を超える 米軍 遺体袋10万 確保へ

ニューヨークの病院は武漢と同じ。遺体袋が並んでいる。

SPUTNIK2020/4/3
2019 War Games by US Naval War College Eerily Resembled COVID-19 Pandemic
Last September, the US Naval War College hosted a war games scenario aimed at addressing a global pandemic. The scenario - and some of its findings - bear an eerie resemblance to the COVID-19 pandemic and the challenges faced in fighting it.
Urban Outbreak

In September 2019, the US Naval War College (NWC) in Newport, Rhode Island, assembled a team of 50 experts to think out ways to address a global pandemic on an international level. The two-day war game scenario was called “Urban Outbreak 2019,” and many of its premises and conclusions are startlingly similar to the crisis and responses seen as a result of the COVID-19 novel coronavirus pandemic.

In Urban Outbreak, the team of experts faced a deadly infectious disease that attacked the victim’s respiratory system and spread rapidly across a metropolitan area, Military.com explained. Their attempts to quarantine infected groups, coordinate international aid and find a place for the vast logistical apparatus of the US military all struggled to contain the disease.

The experts on the panel hailed from the NWC’s Humanitarian Response Program as well as the Uniformed Services University of the Health Sciences (USUHS), the National Center for Disaster Medicine and Public Health (NCDMPH) and Johns Hopkins University’s Applied Physics Lab. Their conclusions drawn from the exercise were published on Wednesday.
Conclusions Parallel COVID-19 Lessons

The group arrived at 16 conclusions and provided expanded explanations for them in the report. Many of them mirror those already discovered in practice by addressing the COVID-19 pandemic, while others could find use among experts strategizing about how to contain the virus that has already infected more than 1 million people in 171 countries, killing at least 50,000 of them.

For example, in thinking out how people would react to various government initiatives, the experts noted that “forced mass quarantine or other top down approaches to an outbreak that securitize the response with law enforcement and/or military enforcement may not be successful and could increase the spread of the disease.”

“Early actions and planning across all sectors are exponentially more important than reactive measures once the disease is widespread,” the experts also found.

“Responders may be overconfident if they are not directly connected to the field. Frontline health care workers and first responders are often a good source of realistic assessments,” they also noted.

The experts also warned of the danger of misinformation spreading, the dangers of citizens hoarding goods and the possibility that gangs, religious groups and other non-governmental authorities could rise to social prominence in some communities amid the crisis.

Incorporating the present crisis into their report, the experts noted that it’s better to focus on the death toll as the primary indicator of the scale of the outbreak, since confirmed case counts will always lag and be incomplete.

“Without real time and widespread testing of infections, mortality offers tangible and reliable data,” they found. “Mortality ‘doubling time’ is the most important and widely accessible metric for winning the race against COVID-19 in the absence of extensive testing.”
Resistance to Thinking Outside the Box

Benjamin Davies, the game's designer and the associate director of research for NWC's civilian-military humanitarian response program, told Military.com on Wednesday that a major problem faced by the planners was that they kept focusing on how past outbreaks, such as those involving Ebola, have been fought, rather than on what the present situation required.

For example, since the US military didn’t provide direct aid to infected populations in the 2014 and 2016 outbreaks of Ebola in West Africa, the experts “were really stuck” on the military not doing so in their scenario, either.

This opposition to thinking outside of past boxes actually impaired the war game itself in ways that might have hurt the response to the present crisis.

"The original pathogen proposed for the game had an R0 [rate of transmission] closer to the COVID-19 virus, exhibited itself with cold- and flu-like symptoms, and required long-term intensive medical care for a small portion of the population," the report notes. "The learning opportunity lost by failing to use the original pathogen proposed is now obvious."

Instead, the game focused on a "known and curable bacterial pathogen."
Outbreak on Carrier Theodore Roosevelt

Some echo of these observed tendencies among leadership might be found in the present crisis involving the aircraft carrier USS Theodore Roosevelt. The warship has dozens of detected cases of the novel coronavirus, but when the ship’s captain raised alarm with Navy brass about his inability to follow established quarantine standards for his crew of more than 4,000 sailors, he was reprimanded for it. His alarmist letter was leaked to the San Francisco Chronicle last week, and he was sacked by the Navy on Thursday.

Acting Navy Secretary Thomas Modly told reporters Thursday that Captain Brett Crozier, the Roosevelt’s commanding officer, "demonstrated extremely poor judgment" amid the outbreak, noting that sending the letter to as many people as he did was "completely unnecessary to do."

"It created the perception that the Navy is not on the job, the government is not on the job and it’s just not true," Modly said.





RT2020/4/2
Pentagon seeks 100,000 body bags as US sees yet ANOTHER daily Covid-19 death toll record & 25,000+ new cases
The Pentagon is looking to hand out some 100,000 body bags as hospitals and morgues are overrun with coronavirus fatalities, with the US breaking its daily death toll record yet again.

The Defense Department will first distribute military-style “Human Remains Pouches” from a stockpile of 50,000 units to the Federal Emergency Management Agency (FEMA), and will later seek to purchase more, Pentagon officials told several media outlets on Wednesday.

The request from FEMA comes as the US sees its Covid-19 outbreak accelerate across all 50 states, counting another 884 deaths on Wednesday and breaking a nationwide death toll record set just 24 hours prior. The US also confirmed 25,000 new cases of the illness on the same day, bringing the national total to over 215,000, according to Johns Hopkins University.

The Defense Logistics Agency’s Troop Support unit, which manages the stockpile of body bags typically used for soldiers killed overseas, has contacted a manufacturer to determine whether it can meet the massive demand, but has not yet placed an order, Bloomberg reported.

FEMA and the Pentagon have already coordinated efforts in New York – which has been hit harder than any other state in the outbreak with nearly 84,000 cases and over 2,200 deaths – setting up refrigerated morgue trucks to cope with the influx of fatalities, while the military has dispatched a mortuary services team to New York City.

The US Navy has also deployed medical vessels to NYC and Los Angeles, where they will treat non-coronavirus patients in an attempt to take pressure off both cities’ crowded hospitals.

According to models prepared by the White House Covid-19 task force, up to 240,000 Americans could die in the epidemic, with a low end of 100,000 if appropriate containment measures are put in place. To date, more than 215,000 infections have been reported in the US, with over 5,100 deaths, as tens of thousands contract the illness each day.
posted by ZUKUNASHI at 14:08| Comment(0) | Covid19

超デブは新コロナウィルスで死にやすい

reuters_co_jp@ReutersJapanの2020/4/4のツイート
米南部ニューオーリンズは、人口当たりの #新型コロナウイルス による致死率がNY市の約2倍。なぜこんなに高いのか。
https://twitter.com/i/status/1246218422821609472


・・・・

私の観察したところでは、日本にはあまりデブはおられないんですよね。

特に年配者にデブが少ない。私なんかトップクラスです。新コロナウィルスにかかったらすぐ死にますね。
posted by ZUKUNASHI at 12:58| Comment(0) | Covid19

各国の感染者数の推移

so sora@sosorasora3氏の2020/4/4のツイート
ちょっとめも、4/4

ロシアは早くから国境閉鎖措置を取りました。その後この措置は強化され国外との人の移動は陸上、航空ともに停止されました。帰国者が感染している例が増えたため、ロシア人を連れ戻す便も停止になっています。
スウェーデンは日本と同じように放置主義、これから感染爆発が起きると見られています。
スイスは検査もやっていますが、ピークに達したかどうか。
韓国は、抑え込みに成功しました。

米国は、隠蔽策を取り払ったとたんに陽性者急増。世界最大の陽性者数を示すのも時間の問題と見られます。
posted by ZUKUNASHI at 10:37| Comment(0) | Covid19