ずくなしの冷や水

2020年03月23日

職場の同じ40代、50代男性が同じ日に発症 欧州から入国した6人のグループが感染

@ 東京都114 例目
年代:40
性別:男性
居住地:都内
職業:会社員
症状:発熱、咳
発症日:3月13日
3/13(金曜日)〜3/16(月曜日)自宅療養
3/17(火曜日)都内医療機関D受診し、そのまま入院
3/19(木曜日)陽性判明
東京都発表日:2020/3/19

A 千葉県36例目
年齢:50代
性別:男性
居住地:浦安市
症状、経過:
3月13日 発熱(38.5℃)、下痢が出現
3月18日 県内医療機関C を受診し入院。検体採取(喀痰、鼻咽頭ぬぐい液)。検査の結果、陽性と判明。
行動歴:東京都内の職場で同時期に患者が1 名発生。(発症日:3月13日)
職業:会社員
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。
千葉県発表日:2020/3/19

・・・引用終わり・・・

このお二方の職場には他にも感染者がおられるはずです。同じ日に発症していますから、第三者から同時に感染したと推定されます。感染力は強く、発症までも時間的に長くかかっていないと推定されます。

次は海外からの帰国者の感染

B 千葉県35例目
年齢:20代
性別:男性
居住地:市川市
症状、経過:
3月13日:微熱(37.2℃)、軽い咳が出現。
3月17日:37〜38℃台の熱が継続し、県内医療機関Aを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。
3月18日:検査の結果、陽性と判明。
3月19日:県内医療機関B に入院。
行動歴:3月1日〜3月8日 アイルランドに滞在。3月9日 帰国
職業:学生
千葉県発表日:2020/3/19

C 千葉県39例目
年齢:20代
性別:男性
居住地:市川市
症状、経過:
3月17日:発熱(37.5℃)、鼻汁、倦怠感が出現。
3月18日:県内医療機関Bを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。
3月19日:検査の結果、陽性と判明。
行動歴:発症前2週間以内に海外渡航歴はない。県内患者35例目と3月11日に接触。
職業:学生
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。
千葉県発表日:2020/3/20

・・・引用終わり・・・

千葉県35例目の方は、3月9日 帰国。そして3月11日に39例目と接触。3月13日発症。39例目の方は3月11日に感染して3月17日に発症しています。まる1週間経過していません。

千葉県35例目の方は、アイルランドから帰国ですとロンドン経由です。ロンドン〜日本への航空機内でも感染が生じている恐れがあります。

次のグループは数が多い。2020/3/16オランダ経由で日本に入国した男性6人の集団感染。オランダ出発前に会合などで同席しているのではないでしょうか。感染は、航空機の中かそれ以前か。会合が感染の機会になったとしたら発症までの時間が短いです。

@ 千葉県内33例目
年齢:30代
性別:男性
居住地:千葉県(印西市)
症状、経過:
3月15日〜16日:オランダ王国から帰国。
3月16日:帰宅後、咽頭痛が出現。
3月17日:県内医療機関Aを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。検査の結果、陽性と判明。
3月18日:県内医療機関Bに入院。
行動歴:3月12日〜3月15日:オランダ王国に滞在。
職業:会社員
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。

A 千葉県内40例目
年齢:50代
性別:男性
居住地:スペイン
症状、経過:
3月18日:咳、関節痛が出現。県内医療機関Cを受診。
検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。
3月19日:検査の結果、陽性と判明。
3月20日:県内医療機関Cに入院
行動歴:3月14日:スペイン王国からオランダ王国へ入国。
3月15日〜16日:県内患者33例目と共に日本へ入国。
職業:会社員
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。

B 千葉県内41例目
年齢:30代
性別:男性
居住地:アイルランド
症状、経過:
3月17日:発熱(37.3℃)が出現。
3月18日:県内医療機関Cを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。
3月19日:検査の結果、陽性と判明。
3月20日:県内医療機関Cに入院
行動歴:3月14日:アイルランドからオランダ王国へ入国。
3月15日〜16日:県内患者33例目と共に日本へ入国。
職業:会社員
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。

C 千葉県内46例目
年齢:50代
性別:男性
居住地:アイルランド
症状、経過:
3月16日:咳が出現。
3月17日:山武郡内の職場で勤務。
3月21日:県内医療機関Aを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。
3月22日:検査の結果、陽性と判明。
3月23日:県内医療機関Aに入院。
行動歴:3月14日:スイス連邦からオランダ王国へ入国。
3月15日〜16日:県内患者33、40、41、47、48例目と共に日本へ入国。
職業:会社員
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。

D 千葉県内47例目
年齢:40代
性別:男性
居住地:南アフリカ共和国
症状、経過:
3月19日:発熱(37.5℃)、鼻汁が出現。
3月21日:県内医療機関Aを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。
3月22日:検査の結果、陽性と判明。
3月23日:県内医療機関Aに入院。
行動歴:3月13日:南アフリカ共和国からオランダ王国へ入国。
3月15日〜16日:県内患者33、40、41、46、48例目と共に日本へ入国。
職業:会社員
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。

E 千葉県内48例目
年齢:40代
性別:男性
居住地:ジンバブエ共和国
症状、経過:
3月18日:咳、微熱(37.4℃)、倦怠感が出現。
3月21日:県内医療機関Aを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。
3月22日:検査の結果、陽性と判明。
3月23日:県内医療機関Aに入院。
行動歴:3月12日:オランダ王国から日本へ入国。
3月14日:日本からオランダ王国へ入国。
3月15日〜16日:県内患者33、40、41、46、47例目と共に日本へ入国。
職業:会社員
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定

・・・引用終わり・・・

そのほかにも千葉県では欧州から帰国した者の陽性が見つかっています。

欧州の蔓延はやはりすごいようです。日欧間の空路感染が怖いです。

神奈川県では、次の例もあります。
【63例目】
(1)年代 40代
(2)性別 男性
(3)居住地 神奈川県平塚保健福祉事務所管内(平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町)
(4)職業 無職
(5)症状、経過
3月9日 パリ市滞在中に微熱・咽頭痛
3月11日  39度の発熱により、パリ市内の病院を受診し、新型コロナウイルス検査陰性
3月13日 日本に帰国(羽田空港着)。マスクを着用し、鉄道を利用して実家を訪問
帰国者・接触者相談センターに連絡。一般医療機関受診を勧奨
3月14日 体温39度、咳・咽頭痛
3月15日 県内医療機関@受診。解熱剤処方
帰国者・接触者相談センターに再度連絡
3月16日 県内医療機関AでPCR検査を実施
3月17日 PCR検査結果陽性が判明
3月18日 県内医療機関Aに入院
3月19日 発熱・咳なし、画像上肺炎所見あり
(6)行動歴 海外渡航歴あり(2月28日〜3月12日 スペイン、フランス)
posted by ZUKUNASHI at 21:13| Comment(0) | Covid19

ロックダウン解除で新コロナウィルス感染者数は元に戻るとWHOが警告

欧州では組織、機関が続々とオンライン会議等に移行。ロックダウンや自主検疫などはこれでしのげる。

大学の授業や試験までオンラインへ。
一方、日本では、卒業式をする、しないのレベル。

感染拡大の措置も不十分。オリンピックと当面の売り上げ確保にこだわって失うものが多すぎる。

RT2020/3/22
No need to test EVERYONE, but when lockdowns are lifted Covid-19 cases could JUMP back up, WHO warns
Countries affected by the Covid-19 epidemic may have to deal with a resurgence of the disease after they lift lockdowns, a top WHO official has warned. To create a vaccine could take at least a year, he said.

"If we don't put in place the strong public health measures now, when those movement restrictions and lockdowns are lifted, the danger is the disease will jump back up," Dr. Mike Ryan has stressed.

Ryan, who serves as the head of the Health Emergencies Programme at the World Health Organization, also made an apparent reversal on previous advice from the UN body, saying there was no need to test everyone for the coronavirus.

"We need to actively search for cases of the virus and we need to test every single suspected case," he said.

We don't need to test everybody. We need to focus on testing those who may have the virus.

Earlier the WHO had been criticized by Finland for asking governments to carpet-test their citizens to deal with the outbreak.

Countries affected worst by the pandemic have been imposing bans on public gatherings, travel bans, and even curfews to slow down the virus. But many people break the restriction because they don't want to observe them, or because their livelihoods have been endangered by the restrictions. The examples of China, South Korea and Singapore, which managed to reign in the virus through restrictions on social life and rigorous testing of potential carriers, should serve an example to Western nations, Ryan said.

The vaccine, which will eventually be developed, is needed "to take the battle to the virus," the health official told the BBC's Andrew Marr Show. Until then governments should focus on stemming the spread of the disease and saving the lives of those affected worst.

The latter includes not only the elderly but also middle-aged people, contrary to a popular misconception, he said.

In [South] Korea 19 percent, or one in five of the deaths were under 60 years of age. And in intensive care today in Italy two of three patients are under 70.
posted by ZUKUNASHI at 16:11| Comment(0) | Covid19