ずくなしの冷や水

2020年03月19日

US to Top Up Strategic Oil Reserve With 77 Mln Barrels - Department of Energy

SPUTNIK2020/3/19
US to Top Up Strategic Oil Reserve With 77 Mln Barrels - Department of Energy
The Trump administration cancelled plans to sell off a portion of the country's emergency oil reserves earlier this month as OPEC+'s failure to reach an agreement on production cuts amid coronavirus fears prompted crude prices to nosedive.

The US Department of Energy has announced plans to purchase 77 million barrels of oil on the domestic market to shore up the country's strategic reserve, including an initial purchase of 30 million barrels in the immediate future.

"DOE is moving quickly to support US oil producers facing potentially catastrophic losses from the impacts of COVID-19 and the intentional disruption to world oil markets by foreign actors," Energy Secretary Dan Brouillette was quoted as saying in a press statement on the department's website.

The initial 30 million barrel purchase is expected to pay special focus to small and medium-size US producers, the department press release notes. The next step is said to be tapping Congress to approve the purchase of an additional 47 million barrels of oil.

"The [Strategic Petroleum Reserve] is mission-ready to receive up to 685,000 barrels per day," Assistant Secretary for Fossil Energy Steven Winberg was quoted as saying. "With its extensive storage, pipeline and maritime infrastructure along the Gulf Coast, the SPR will help relieve oil-related disruptions to our economy," he said.

Deliveries of the initial 30 million barrel purchase are expected to start as soon as early April, although the department expects much of the supplies to begin arriving in May and June, accounting for logistics.
With a breakeven price of as much as $68 per barrel, US shale oil has been hit harder than most other major producers by the recent downturn in prices. At the same time, oil and gas account for about 7 percent of the country's GDP, with over 10 million Americans depending on the energy sector for jobs.

President Trump ordered for the US's strategic oil reserve to be filled "up to the top" last week, cancelling earlier plans to sell off part of the rainy day supply. Washington announced an $800 billion+ package of measures Monday to deal with the economic impact of the coronavirus outbreak, with the measures including a payroll tax holiday, filling up the SPR, and other initiatives. On Sunday, the Federal Reserve cut interest rates and began buying up bonds and turning on the dollar printing presses to shore up cash flow and liquidity.

Oil prices have continued to plummet into this week following the March 6 OPEC+ meeting in Vienna which sparked the crash. On Wednesday, the WTI benchmark futures fell to as little as $25 per barrel, while Brent slipped to below $27, their poorest showings since the early 2000s.

OPEC+ failed to reach agreement amid a Saudi push to raise production cuts by 1.5 million barrels per day (bpd) through the end of 2020, on top of the 2.1 million bpd in cuts already agreed upon. Russia did not agree to the additional cuts, prompting Riyadh to unleash a price war, offering discounts for April futures and announcing an increase in production of several million bpd.

The oil price fears, combined with growing market panic over the impact of COVID-19 has led market analysts to predict a global recession starting later this year.
posted by ZUKUNASHI at 23:51| Comment(0) | 国際・政治

イタリアで新コロナウィルスの死者を軍のトラックで火葬場へ移送

RT2020/3/19
Convoy of Italian army trucks haul away corpses as local crematorium flooded with coronavirus dead (VIDEO)
The Italian military has been called in to help transport dead bodies as the northern city of Bergamo reels from the ongoing coronavirus epidemic. The city’s crematorium is reportedly now working around-the-clock.

The head of Lega Nord, Matteo Salvini, posted a photograph on Twitter showing a seemingly endless line of army trucks moving their way through the Italian town, located in the Lombardy region.

The military vehicles were dispatched to help remove corpses that couldn’t be dealt with at the local level, Salvini said.

A video posted on social media shows the green and camouflage trucks parked in the street as they prepare to transport bodies.
According to media reports, Bergamo’s crematorium has been overwhelmed by the amount of coronavirus victims. The city has recorded at least 93 Covid-19 deaths, and local officials have expressed fear that the worst is yet to come.

Italy has been the hardest-hit country outside of China, where the virus is believed to have originated. Italian officials reported 475 new deaths from the illness on Wednesday alone. The country now has 35,713 infections and nearly 3,000 deaths, according to the Johns Hopkins Coronavirus Resource Center.
posted by ZUKUNASHI at 19:53| Comment(0) | Covid19

Russian Scientists Make Coronavirus Whole Genome Sequencing

SPUTNIK2020/3/19
Russian Scientists Make Coronavirus Whole Genome Sequencing
Scientists in countries around the world have rushed to learn everything they can about COVID-19 in a bid to create a vaccine.

Russian scientists have sequenced the whole genome of the new coronavirus, the Ministry of Health has announced.

In a statement on Thursday, the Ministry explained that the genome, sourced from a patient infected with the virus, will help in the development of vaccines and antiviral drugs for treatment.

posted by ZUKUNASHI at 19:33| Comment(0) | Covid19

Iranian Doctors Urge Neighbours to Liquidate Any US Biological Labs Amid Coronavirus Fears

SPUTNIK2020/3/19
Iranian Doctors Urge Neighbours to Liquidate Any US Biological Labs Amid Coronavirus Fears

With over 17,300 cases and 1,135 deaths to date, Iran has been one of the countries hit hardest by COVID-19, with the virus affecting not only the population at large, but a big portion of the political elite as well. Last week, Supreme Leader Ali Khamenei said there was evidence that the pandemic may have been a “biological attack.”

A group of 101 Iranian doctors has penned a letter addressed to the leaders of Afghanistan, Georgia, Iraq, Kazakhstan, Kyrgyzstan, and Pakistan to take ‘immediate action’ to destroy “all of the US biological laboratories” in their countries amid fears that the coronavirus pandemic may have been spread deliberately as a form of biological warfare, Press TV has reported, citing the letter.

“We, as a group of Iranian physicians specializing in infectious and pulmonary diseases, asthma and allergy are witnessing that many of our compatriots are infected with the virus, and like all doctors across the world, we are trying day and night to cure and save them,” the letter states.

“But there has been plenty of evidence in both the world’s leading scientific articles and in the media, citing geneticists and biologists and WikiLeaks documents, that reinforces speculation about the COVID-19 manipulation in biological laboratories and a biological attack by the US through the virus against rival countries,” the letter continues.

As evidence, the doctors cite the recent questions asked by Chinese Foreign Ministry spokesman Zhao Lijian about the virus’s origins, and speculation that “it might be the US army who brought the epidemic to Wuhan.” President Trump dismissed those claims Tuesday, calling them “false” and saying that the US military “didn’t give [COVID-19] to anybody.”

In their letter, Iranian doctors accuse the United States of having a history of using biological weapons, and suggest that given its habit of withdrawing from international agreements and treaties, the US could “defy” international agreements aimed at controlling the development of biological weapons, such as the Geneva Protocol and the Convention on the Prohibition of the Development, Production and Stockpiling of Bacteriological and Toxin Weapons.

On Wednesday, Iranian Supreme National Security Council chief Ali Shamkhani tweeted that the United States should “respond to international inquiries about America’s role in creating and spreading the coronavirus” instead of “falsely accusing Iran and China.” According to Shamkhani, “blame games” are the “typical US way of escaping accountability.”

Earlier, in a press conference on Tuesday, US Secretary of State Mike Pompeo blasted China for spreading “outlandish rumours” about US responsibility for COVID-19 outbreak, and alleged that “the Wuhan virus is a killer and the Iranian regime is an accomplice.” Pompeo’s remarks follow repeated instances of President Trump calling the new coronavirus “the Chinese Virus.”
Suspected US Bioweapons Programme

As a party to the Convention on Bacteriological and Toxin Weapons, the United States is prohibited from the development, production and storage of bioweapons agent. However, the Federation of American Scientists has accused Washington of continuing experimentation with “non-lethal” biological agents. Furthermore, Russia, former officials in Georgia and media have repeatedly expressed suspicions that the Lugar Center for Public Health Research in Tbilisi may contain a secret biological weapons programme run by the US military and private contractors.

Dilyana Gaytandzhieva, an independent Bulgarian investigative journalist and Middle East correspondent, has reported extensively on an alleged multi-billion-dollar US military programme said to include Pentagon-funded biolaboratories in over two dozen countries, including ten countries in Africa, six in Southeast Asia and nine in countries surrounding Iran and Russia including Iraq, Jordan, Azerbaijan, Georgia, Afghanistan, Pakistan, Uzbekistan, Kazakhstan, and Ukraine.


Springprincess @TamrikoT

The #Pentagon’s laboratory in #Georgia, the Lugar Center (300,000.000 USD) was opened in 2011 and received the attention of both journalists and intelligence agencies, including #Russia's FSB, which suspects that the lab has been involved in bioweapons research. 1/3

'Immoral' US Sanctions

The US slapped sanctions on three individuals and nine entities Tuesday over the trade of Iranian oil, a week after the US extended restrictions on the country’s crude exports for another year. The sanctions, including restrictions preventing the import of medical equipment, have put Iran’s coronavirus response under severe strain, with the country facing a shortage of test kits, protective face masks and other equipment. Iranian officials have slammed Washington for its “adversarial and inhumane” attitude to Iran’s plight. Russia, Uzbekistan, the United Arab Emirates and UNICEF have dispatched aid to the country, while China has called on the US to lift its Iran sanctions “immediately.” Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif has stressed that US sanctions “literally kill innocents,” and added that it is “immoral to observe them.”
posted by ZUKUNASHI at 19:31| Comment(0) | Covid19

Covid-19ウイルスで死亡する可能性はどのくらいありますか?

RT2020/3/16
With death rates from Covid-19 varying wildly around the globe, you might be wondering about your chances of survival if you contract the virus. There are no simple answers − but there are some things that put you at higher risk.
Covid-19の死亡率は世界中で大きく異なるため、ウイルスに感染した場合の生存の可能性について疑問に思われるかもしれません。簡単な答えはありませんが、リスクを高める要因がいくつかあります。

It’s no surprise that people are confused as to how deadly the virus is, given the differing figures and conflicting information. In early March, the World Health Organization (WHO) reported a global ‘snapshot’ death rate of 3.4 percent. Yet Italy − the epicenter of the pandemic in Europe − has reported a death rate of over 7 percent. Meanwhile, the death rate in Spain is hovering nearer the WHO estimate at 3.1 percent − and in some countries, it’s much lower than that.
数字の違いや情報の矛盾を考えると、人々がウイルスの致命性について混乱しているのは驚くことではありません。 3月上旬に、世界保健機関(WHO)が世界的な「スナップショット」死亡率3.4%を報告しました。しかし、ヨーロッパのパンデミックの震源地であるイタリアでは、死亡率が7%を超えると報告されています。一方、スペインの死亡率は、WHOの推定値である3.1%に近づいています。一部の国では、それよりはるかに低いです。

There is much speculation about the reasons for the big variations by country (we’ll get back to that later), but a better way to estimate your chances of recovery is to look at some more personal risk factors.
国ごとに大きな違いがある理由については多くの推測がありますが(後で説明します)、回復の可能性を推定するより良い方法は、より個人的なリスク要因を調べることです。

How old are you?
あなたは何歳ですか?

It’s commonly known at this stage that the older you are, the worse the stats look. With the pandemic in full swing across the world and figures changing hourly, it makes sense to look at the latest figures from China, which has had the most experience with the virus (and has finally managed to contain it).
この段階では、年齢が高くなるほど、統計値が悪くなることがよく知られています。世界全体でパンデミックが本格化し、数字が1時間ごとに変化しているため、ウイルスの経験が最も多かった(そして最終的にはウイルスを封じ込めた)中国の最新の数字を見るのは理にかなっています。

The Chinese Center for Disease Control and Prevention (CCDC) reported a death rate of 14.8 percent for patients over 80 years old and 8 percent for patients in their 70s. It dropped to 3.6 percent for people in their 60s and 1.3 percent for the 50-59 age group. Fortunately, the death rate for everyone under the age of 49 was below 0.5 percent − so clearly, age is one of the most major factors to consider.
中国疾病管理予防センター(CCDC)は、80歳以上の患者の死亡率は14.8%、70代の患者の死亡率は8%と報告しました。 60代の人は3.6%、50〜59歳の年齢層は1.3%に低下しました。幸いなことに、49歳未満のすべての人の死亡率は0.5%未満でした。したがって、明らかに、年齢が考慮すべき最も大きな要因の1つです。

Pre-existing conditions? Smoker?
既存の条件?喫煙者?

The other certainty in all of this is that people with underlying medical conditions are also in the higher risk categories.
このすべてにおける他の確実性は、基礎疾患がある人々もより高いリスクのカテゴリーに属するということです。

The CCDC study found a 10.5 percent death rate for those with cardiovascular diseases and a 7.3 percent fatality rate for those with diabetes. Sufferers of chronic respiratory disease and hypertension had a death rate around 6 percent, while the death rate for cancer patients was 5.6 percent. So, if you fall into any of those categories, it might be time to start ‘socially distancing’ or ‘self-quarantining’ yourself to be on the safe side.
CCDCの研究では、心血管疾患のある人の死亡率は10.5%、糖尿病のある人の死亡率は7.3%であることがわかりました。慢性呼吸器疾患と高血圧の患者の死亡率は約6%でしたが、癌患者の死亡率は5.6%でした。そのため、これらのカテゴリのいずれかに該当する場合は、安全な側にいるために自分で「社会的に距離を置く」または「自己検疫」を開始するときかもしれません。

Are you a man?
あなたは男性ですか?

There’s some bad news in the Chinese stats for men, as the Covid-19 fatality rate was higher for men at 2.8 percent to 1.7 percent for women. Men were also slightly more likely to contract the disease than women, accounting for 51 percent of the total cases.
中国の男性についての統計にはいくつかの悪いニュースがあります。
Covid-19の死亡率は男性で2.8%と、女性の1.7%に比して高く、また、男性は女性よりもこの病気にかかる可能性がわずかに高く、全症例の51%を占めています。

Experts are not exactly sure why this is, but there are plenty of theories. One is that generally speaking men smoke more than women (particularly in China) − another theory is that women have stronger immune systems for babies during pregnancy. The fact that men are also more likely to have high-risk pre-existing conditions might also be a factor.
専門家はこれがなぜそうなのかわからないが、多くの理論がある。 1つは、一般的に男性は女性よりも喫煙量が多いということです(特に中国では)。もう1つの理論は、女性は妊娠中は赤ちゃんのための免疫システムが強いということです。男性もリスクの高い既存の条件を持っている可能性が高いという事実も要因かもしれません。

Where do you live?
どこに住んでいますか?

This is a tricky one. As we know, the death rates have varied significantly around the world and the most worrying numbers come from Italy, which has seen a 7 percent fatality rate − but of course, that doesn’t mean Italians specifically are somehow more susceptible or likely to die.
これは難しい事柄です。私たちが知っているように、死亡率は世界中で大きく異なっており、最も心配な数値はイタリアから来ており、7%の死亡率を見ています-しかし、もちろん、それはイタリア人が具体的に何らかの形でより感受性が高い、または死にそうであることを意味しません。

Some have speculated that Italy’s high rate is due to the country’s aging population, but the median age of Germans is higher than in Italy and Germany has experienced a death rate of 0.2 percent so far. Similarly, the theory that the high death rate is related to high prevalence of smoking in Italy doesn't make total sense, since China and South Korea have higher smoking rates.
イタリアの高い率は人口の高齢化によるものと推測する人もいますが、ドイツ人の年齢の中央値はイタリアよりも高く、ドイツはこれまでに0.2%の死亡率を経験しています。同様に、イタリアでの高い死亡率が喫煙率の高さに関係しているという理論は全く意味をなさない。中国と韓国では喫煙率が高いためだ。

Many experts have warned that Italy failed to take early action (urging ‘social distancing’ measures, canceling mass public events etc.) to “flatten the curve” of infections, which led to a flood of patients suddenly overwhelming the health system.
多くの専門家は、イタリアが感染の「曲線を平坦化する」ために早期の行動(「社会的距離」対策の推進、大衆イベントのキャンセルなど)を行わなかったために、医療システムを突然圧倒する患者の洪水につながったことを警告しています。

In the end, the numbers here may be more indicative of how a country acts to contain the virus more than anything else.
最後に、ここの数字は、国が他の何よりもウイルスを封じ込める方法をより示唆している可能性があります。

The real death rate: 7%, 3.4%, or much lower?
本当の死亡率:7%、3.4%、またはもっと低い?

When the worst of the crisis is over, the real overall death rate will potentially be significantly lower than the reported one − since many people will contract the virus but remain asymptomatic or display only mild symptoms and will never get tested at all.
危機の最悪期が終わると、実際の全体的な死亡率は報告された死亡率よりも大幅に低くなる可能性があります。多くの人がウイルスに感染しますが、無症状のままであるか、軽度の症状しか示さず、まったく検査されないためです。

Indeed, Jeremy Samuel Faust, a physician at Brigham and Women’s Hospital wrote in Slate that the frightening death rates are “unlikely to hold” as time goes on and that the true fatality rate is “likely to be far lower than current reports suggest.”
実際、ブリガムアンドウィメンズ病院の医師であるジェレミーサミュエルファウストは、スレートで、恐ろしい死亡率は時が経つにつれて「保持される可能性は低く」、真の死亡率は「現在の報告が示唆するよりもはるかに低い可能性が高い」と書いています。
注:Slateは、米国の時事問題、政治、文化を取り上げたオンラインマガジン

Yet, Italy’s experience seems to suggest that failing to get control of the spread early or “flatten the curve” could lead to unnecessarily high fatality rates in some countries.
しかし、イタリアの経験は、感染拡大のコントロールを早期に得られなかったり、「曲線を平坦化する」ことができないと、一部の国で不必要に高い死亡率につながる可能性があることを示唆しているようです。


※ kazukazu721@kazukazu721氏の2020/3/19のツイート
イタリアでの統計だと症状がでてから平均8日間で死亡との事です。

発熱から4日間なんて全く救う気がないですよ。その時には重症化〜死に近いです、、
https://amp.tgcom24.mediaset.it/tgcom24/articl

※ 孫向文 新刊「国籍を捨てた男が語る中国のヤバすぎる話」@sonkoubun氏の2020/3/13のツイート
日本人の皆さん、「武漢肺炎にかかっても構わない、治ったら大丈夫」という考え方をいますぐ捨ててください。
1)ほぼ100%後遺症が残る
2)ウイルスが一生に体内に寄生する、完全除去は不能
3)一度感染したら他人に感染力が持続
人生を捨てること同様です
posted by ZUKUNASHI at 16:15| Comment(0) | Covid19

金融市場混乱続くダウ2万ドル割れへ 市場観察

2020/3/16、ドル円が下落、日経平均は前日終値の17400円くらいで始まりました。
2020/3/16朝、ダウ先物は取引停止です。

朝日ニューヨーク=江渕崇 2020年3月16日 8時56分
ダウ先物、急落で取引停止 抑えられないコロナ懸念
 米連邦準備制度理事会(FRB)が、日曜夕に異例の緊急利下げと量的緩和再開を決めたが、米国市場では株式先物が大幅に値下がりしている。
 FRBの発表1時間後の15日午後6時(日本時間16日午前7時)に始まった時間外取引で、ダウ工業株平均の先物価格は急落し、前週末比で1000ドル超の下落となった。5%の値幅制限に達したため、取引が停止した。16日午前9時半(日本時間午後10時半)に取引が始まるニューヨーク株式市場でも、ダウ平均が大幅下落で始まる可能性がある。
 投資家の意表を突くタイミングでの緊急金融緩和は通常、市場に好感されて株高になることが多い。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を和らげるのに、FRBによる利下げや量的緩和による対応では限界があるとの見方が市場には根強い。

ロイター2020/3/16
米連邦準備理事会(FRB)は15日、政策金利をゼロ付近に引き下げ、債券買い入れを再開するとしたほか、危機時の対応手段の活用に踏み切った。ほぼすべての手を打ち尽くした、との声も聞かれる。

共同2020/3/16 10:03 (JST)
日銀、コロナ対応で追加緩和か
政策決定会合を前倒し開催
 日銀は16日、18〜19日に予定していた金融政策決定会合を前倒しして、16日正午から開くと発表した。

共同2020/3/16 14:09 (JST)
日銀は16日、金融政策決定会合を前倒しして開催し、景気を下支えする金融緩和の強化を緊急決定した。新15日に追加利下げと事実上のゼロ金利政策の導入を決めた米連邦準備制度理事会(FRB)と協調した。
 日銀は会合に先立ち、6中央銀行協調で、市場へのドル供給を拡充すると発表した。

25020/3/16は、日銀の金融緩和表明でも株式には効きませんでした。日経平均は17002円で引けていますから、Bさんは含み損、Aさんもあと2000円分の利益が残るだけとなりました。

当面の焦点は、Aさんの含み益が消えるのはいつかということになりましょう。

「6中央銀行協調で、市場へのドル供給を拡充」することになったそうです。ドルを安くするということではなくて、ドルの貸し手を増やすということでしょう。それだけドルの信用収縮、ドルの借り手に貸し手がいないということですね。

米国ダウ先物は、朝市場が始まってすぐ取引停止となり、午後6時現在も取引が行われているように見えません。

欧州市場はどこも大幅安。フランス、スペイン9%、ドイツ、イタリア8%下落。

米国当局は、やはり深刻な信用不安を見込んでいます。主要国にドル供給を求めているのは、金融機関がドルを貸出しやすくするためでしょうけど、金融機関は担保がなければ貸しませんし、ジャンク債の入った仕組債は担保にならない。コマーシャルペーパーの買い入れ再開は、最後の手段。

今はフラッキング業界での倒産、デフォルト頻発を一日でも先延ばししたいと切実に願っているはずです。3/15の緊急金融対策はそれを念頭に置いたものと思われます。

サウジの生産拡大、公式価格大幅引き下げは、どうも事前に米国とすり合わせたものではなさそうです。OPEC+の不調の場合に備えたプランBではなく、原油価格の引き上げが見込めなくなったために急遽、窮余の策として打ち出したように思えます。サウジがかねてからフラッキング企業に操業を止めさせるための策を練っていたことは明らかです。

ところが、WTIが30ドル近辺は、フラッキング企業が即死しかねない価格水準。ロシアも値を上げて大幅減産に賛成するかと思っていたら、ロシアは持久戦を選びました。

フラッキング企業の格付けの低い債券を組み込んだ仕組債が世界のどれほどの金融機関、投資ファンドに買われているのかわかりませんが、リーマンショックの教訓もあり、米国内に偏重している恐れもあります。

[16日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックス(GS)は、現在の市場の供給超過量を勘案すると、米政府が緊急時に備えて積み立てている戦略石油備蓄(SPR)の積み増しに向け購入量を増大させても、第2・四半期および第3・四半期の原油価格30ドル割れを防ぐには不十分、との見方を示した。
トランプ米大統領は13日、原油価格の急落を受け、政府が原油を大量に買い入れてSPRを積み増すと表明[nL4N2B64RQ]。米がSPR拡大の方針を打ち出すのは、2001年9月の米同時多発攻撃後に当時のブッシュ(子)大統領が実施して以来のこととなる。
しかし、GSは15日付のレポートで、SPR向け購入量は最大でも日量50万バレル程度であり、国際原油市場の供給超過量である日量600万バレルには及ばない、と指摘。
SPRの積み増しでも国際的な備蓄量は0.8%追加されるに過ぎず、低コストの生産者が市場シェア奪回に向け生産を急激に拡大するというGSの予想が的中した場合には、あまりにも少量だ、とした。
米エネルギー省によると、SPRには追加で7700万バレルの備蓄余地がある。現在の備蓄量は6億3500万バレル。
ただし、SPR拡大に向けた購入は、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアの協調減産終了により起こりうる米からの輸出減少を相殺する一助にはなる、と指摘。GSの定量的プライシングモデルによると、1バレルあたり2ドル押し上げに相当する効果があるとしている。

今日のシカゴの先物市場の動きを見ているとダウ先物以外は動いています。日経平均先物円建ては、先週末終値比-1255円。3/16の日経平均との比較では-327円です。これは先週末に引け際に値が伸びた(17900円くらいで引け)ことで今日の日本市場の終値に比準した価格水準では前日比の下げ幅が大きくなります。

大証の先物価格は16610円を指していますから、東証の日経平均の年初来安値16,690.60 (20/03/13)を下回りました。

ダウ先物は、3/16のNY市場が開くまで動かないのかもしれません。
大証の先物価格は16270円 20:44

金融市場がマヒするようなことがなければよいですが。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/3/16のツイート
何を根拠に? トランプが頼っているシェール石油産業の連鎖倒産が不可避。それに伴いジャンクボンド、ディリバティブが大爆発! 金融大不況の危機。逆の意味でリーマンショック級ではない! 黒田のあほ、辞めろ!
共同通信公式@kyodo_officialの2020/3/16のツイート
日銀総裁、リーマン・ショック級でない
https://this.kiji.is/61219622458590
・・・私もリーマンショックを上回るの意味にとりました。

大証の先物価格は16070円 21:33 16000円割れ寸前です。

・・・一夜明けたら・・・

ダウのこの10日間の推移です。

3000ドルほど下げました。

日経平均先物は、16500円辺り。前日日経平均に比べ550円ほどの下落です。

共同2020/3/17 06:21 (JST)3/17 06:33 (JST)updated
FRB、53兆円を追加供給
ドル資金逼迫で緊急対応
 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)の中で金融調節の実行を担うニューヨーク連邦準備銀行は16日、短期金融市場への5千億ドル(約53兆円)の追加資金供給を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大による先行き不安から銀行や企業、個人が現金確保に動き、ドル資金が逼迫しているため緊急対応した。
 ニューヨーク連銀は、国債などを担保に資金を融通する「レポ取引」の翌日物で、16日までに予定されていた1750億ドルの資金供給に続き、5千億ドル分を追加した。さらに17日朝も5千億ドルを供給する予定だ。

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 米市場で、米連邦準備理事会(FRB)に対しコマーシャル・ペーパー(CP)市場への流動性供給策を求める声が高まっている。新型コロナウイルスの感染拡大による信用市場の動揺で、ここ数週間にCP市場の流動性が枯渇しているためだ。また、資本市場から締め出された企業が短期の資金調達に走り、新規発行が急増するとの観測から、CPの価格は下落している。
FRBは15日夜、緊急利下げと7000億ドルの債券買い入れ再開を発表したが、CP市場への支援策は含まれていなかった。

2020/3/17の日本株は、前日比600円ほど安く始まりましたが、すぐに上昇開始し、前日比550円高を付けてまた反落。結局前日比9円プラスで引けています。とにかく前日比プラスを確保したい向きがあったようです。こういう価格操作は、市場のルールに抵触するのではないかと思いますが。
金価格が下落しています。とにかく現金ということです。

2020年3月17日 / 17:22 / 3時間前更新
韓国、ドル資金不足の対応策を18日発表へ=政府関係者
[ソウル 17日 ロイター] - 韓国政府は18日、国内市場におけるドル資金不足を和らげるための措置を発表する見通し。事情に詳しい政府関係者2人が明らかにした。
関係者によると、韓国金融市場におけるドル調達金利の上昇に伴う資金調達上の制約の強まりに対応した措置になるという。これ以上の説明はなかった。
政府はまた、市場の不安定化や新型コロナウイルス流行で広がる影響への追加対策を発表するために準備を進めている。
政府関係者の1人は17日、「資金調達上のストレスを和らげる措置があす発表される」と言明。韓国中銀と協調した措置も含まれると付け加えた。
新型コロナ流行の経済への影響が深刻化し、主要な株式市場が下落しているほか、投資家は保有するコモディティーや株式、比較的リスクの高い債券の換金売りを迫られている。これと、将来のキャッシュフローに関する懸念から証券会社がドル資金を確保しようとする動きが重なり、ドル需要が強まっている。
韓国の投資家がウォンをドルにスワップする際に支払うプレミアムKRWCBS1Y=は17日に269ポイントを付け、リフィニティブのデータによると、過去最高となった。これは韓国金融市場でドル需要が高まっていることを示唆している。
企画財政省当局者は発表予定の措置についてコメントを避けた。

2020/3/17夜の米国市場。ドルは前日終値近辺で始まり、前日終値を挟んだ動きとなっています。CMEのダウ先物は500ドル近い下落。
日経平均の先物は、大証が3/17の日経平均に比して400円の下落。

[17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は17日、新型コロナウイルス危機によるクレジット市場の緊張緩和に向け、2008年の金融危機時に導入したコマーシャルペーパー・ファンディング・ファシリティー(CPFF)を再び導入すると発表した。
CPFFの下では、FRBが発行体から直接CPを購入する。FRBは、CPFFによってCPの発行体に流動性が提供されるとした。
CP市場は様々な企業にとって短期資金の調達源となっているが、流動性がここ数週間で枯渇していた。
米財務省は同日、CPFFの導入を承認。ムニューシン財務長官は声明で、財務省の為替安定化基金(ESF)からCPFFに100億ドルの資金を提供するとした。

CPは、大企業が市場から短期資金を調達するために発行する無担保の割引約束手形のことです。取引銀行ではなく、FRBから直接カネを借ります。銀行に余力がなくなっていることの現れ。

2020/3/18の日本株式市場は、日経平均が前日終値を上回って始まりましたが、午後になって下落が始まり、前日比約300円安となりました。海外市場で株式下落が継続していますから、明日以降も下落する恐れがあります。日銀の露骨な相場操縦が目につきます。
問題の根は深い 予想外のことが起きる 日銀はめちゃくちゃやっている

※ mko@trappedsoldier氏の2020/3/18のツイート
G7は、米国の超巨大金融バブル爆発で崩壊します。そもそも「西側の仲間」と自慢する日本のアホ首相はともかく、G7に何の権威も力もない、むしろ世界のお荷物という認識が広まっている。
今、コロナから国民を守ろうと闘っている国を中心に、世界秩序が再形成されると思います。
posted by ZUKUNASHI at 12:20| Comment(0) | 国際・政治