ずくなしの冷や水

2020年03月07日

リスペクト 子供が持ってくれなかったら不幸の大きな種

2020/3/7、次のコメントをいただきました。少し私の思いを書いてみましょう。

今の日本にはリスペクトが失われていて、それがますますお互いの間に分断を生み出しています。
例えばずくなしさんのブログです。
人は年齢に応じての人生設計があって、私も震災後それが大きく狂った1人です。ずくなしさんにも何かプランがあった?はずです。
それを今日に至るまでずっと、放射能関連、最近ではコロナの事も追ってくださっている。ご自分の時間の大半をブログの運営に費やしていらっしゃる。人件費にしたら大したものなのです。なのにブログはカンパ受け付けと言う受け手尊重の相変わらず購読フリー。
私が言うことではないですが、読んで絡んでくる人はそのあたりどう考えているのかなと前々から思っていました。
合わなければ去ればいいだけで、お気に入りの化粧品を見つけるのと同じなはずです。
ずくなしさんのブログは世にたくさんある営業用の無料ブログとは訳が違うのです。でも、それと混同していれば感謝もわいて来ないのかも知れませんね。

・・・・・・

>今の日本にはリスペクトが失われていて、それがますますお互いの間に分断を生み出しています。
鋭いご指摘ですね。知り合いの資産家は夫婦と娘一人ですが、揃ってレイシスト、日頃家庭内でレイシスト発言で盛り上がっていると聞いていましたが、あるとき、そこの主婦が、うちの娘には他者に対するリスペクトがないから結婚しないと言っていました。わかっているじゃん!

アパートなら棟ごと、マンションなら都心のしかるべき高級な物件を付けて嫁に出せるのですけどね。そこのお嬢さんは別に悪い人ではないですけどね、家族の一員として迎えたら、お付き合いが大変だろうなと思います。

一般的に他者に対するリスペクトのない家は、子供が結婚しないようですね。まあ、それが別に悪いことだとは思いませんが。

私がこのブログを始めたのは、311の何年も前です。自分の随想風な文章を書くことの練習台でした。そして、ある程度書きなれてネタがなくなったところで福島第一原発事故が発生したのです。私はチェルノブイリ事故の影響の強い地域で暮らしたことがあります。チェルノブイリ事故の影響ではないかと疑われる身体症状や若くして子供を置いて亡くなった方の例も見聞きしています。

このとき、私の頭に上ったのは、さんざんてこずらせられた息子をここで失うなんてとんでもない、という思いでした。チェルノブイリ事故の時はまだ就学期前でしたから、全責任は親にあります。知識もデータない中でどうやって家族の被曝を回避するか、手探り状態で気の休まることがありませんでした。

それから25年後、一気に私の苦労がよみがえったのです。

福島第一原発事故時には、日本にいたのは息子一人だけですし、それにいちいち指示することもできないので、それとなく行動を探り、自家用車を占有することを黙認しました。

そんな状況では、どうでもよいことをブログに綴るようなことはばかばかしくてやっていられません。全努力を放射能問題に集中しました。もう9年前ですが、まだ若かった。いろいろな情報、データを調べるのも苦になりませんでした。

そして自分の調べたこと、知ったことをこのブログに掲載していったのです。ただ、それだけです。ですからこのブログは備忘録であり、フラッシュメモリーなのです。

私は、自分の判断の根拠となる情報やニュースソースを原則としてすべて公開することにしていました。多くの記事やツイートを転載させてもらいました。そのため、パッと見ればわかる記事内容にはならず、内容を理解するのにある程度の時間と努力が必要という点で、決して一般向けではなかつたと思います。

ですが、客観的な言説として世にさらすにはそれしかなかったし、それでよかったと思っています。このブログの書き方でも理解できなければそれはまた別の方に解釈して、伝えていただくしかありません。

この私のやり方は、その後シリア戦争を追う中で、多くの海外からの情報記事を掲載する、読者にはそちらも読んでもらうという方式になり、より読みにくいブログになったと思います。ですが、広く情報を当たるという努力の結果、シリア戦争に関する判断では大きな間違いをせずに済んだと自己評価しています。

とにかく、他の専門家と称する人たちの言説に疑問があれば、自分で調べるしかないし、このネット社会ではそれが可能なのです。しかも、年金生活者は贅沢をせず、自宅でネットを使って時間をつぶしている限りは安上がりな猫や犬の生活なのです。

被ばく問題に関連して、発達障害児の問題にも注目しました。そしてそこからさらに派生して電磁波問題も調べました。電磁波測定機の購入は読者からの寄付、カンパを原資としています。放射能問題での現地調査、定点観測に要する機器も同じです。これまでに寄せられた寄付、カンパは単なる文献調査にとどまらず、現場でウラを取って当否を判断するうえで大変強力な武器でした。それゆえ、寄付、カンパを寄せていただいた方々には大変感謝しています。寄付、カンパを私的に流用したことはありません。機器の購入、輸送賃の狭い範囲の経費をほぼ賄い、はみ出した分は私が拠出しています。現地調査を兼ねた徘徊経費に充当できることを期待しましたが、必要な機器購入を第一義に考えれば無理でしたね。

電磁波問題では、調べた結果、電磁過敏症などはご本人や家族が便利に使う電子機器が最大の原因であることを知ったのは、大きな衝撃でした。そして、それを説明する記事にはまったくアクセスがありませんでした。放射能問題でも他者の責任を問う言説には支持が集まりますが、さらに一歩進めてそういう状況を創り出した国民一般の政治的責任などになると、見向きもされないのです。

最新のテーマは、新コロナウィルスですが、これは私にとっては国際問題、生物兵器としてピンとくるものがありました。放射能被ばく問題は棚に上げてこの問題を追いましたが、初期から掲げている私の懸念や問題点はそう的外れではなかったと考えています。

しかしながらいかんせん問題の性質が複雑すぎる。いろいろな見解を漏れのないように拾い上げていると、それを統一的に理解できる人は少ないでしょう。最近のアクセスを見ると、訪問者は増えていないのにアクセスは増えているのです。決まった読者があちこちの記事を確認している状況だと思います。

一般の国民に問題を理解して自己責任で対処しろなどというのは、政策的には間違いです。ロシアよりも中国よりも日本は遅れていると思います。

この9年間、2011年の秋に一回外国に出て何日か休んだ以外は毎日更新していました。風邪をこじらせてめまいで歩けなくなったときも椅子に座っていれば、キーボードは叩けました。

でも、私は苦に感じたことはないです。寝る前には、明日はあの記事を訳して紹介しようなどと思いつつ、毎日バタンキューで眠りに入れるという幸せな日々でした。

やはり、自分で調べて理解するというのは、人間として何歳にもなっても欠かせない生きていく上の営みなんだと思います。事業経営者は特にそうですよね。

私は、起業の機会がありました。ですが、自分と家庭の状況などから見送らざるを得ませんでした。起業していればもう15年になるでしょう。住む場所ももっと良い場所に変わっていたかもしれません。少なくとも徘徊する時間などは持てなかったでしょう。

子供に渡すものも作れなかった、ですが、その分子供と私の間の関係は自由です。ですから結婚相手の選択にしても本人が良ければそれでいい。どこの国のどんな人と結婚しようと後は自分で考えてやっていけ。子供が自立できるようにするという私の人生後半の課題は、一応、それなりの形を整えたのではないかと考えています。

私が起業して何か社会に役立つことがあったかもしれません。でもそれは、他の方がやれる、やっていることです。

自分では社会貢献と思っていても、それは意味のない営みであることももちろんありますし、逆に原発PAのように人を不幸にするものもあります。

それがリベラルを旗印にする社会の実情だということです。

自分で自分なりにできる社会貢献としては、ささやかであっても私は満足しているのです。
posted by ZUKUNASHI at 15:12| Comment(2) | 福島原発事故

北海道の感染者、退院者などの推移

北海道庁のサイトから

このグラフは2/21以前は日にちが飛んでいますね。2/19までは5例しかありません。1/28に一人、2/14に一人、2/18に一人、2/19に二人、2/21に三人です。
posted by ZUKUNASHI at 13:08| Comment(0) | Covid19

サウジ当局が911事件の目撃者を黙らせようとしている カショギも潜在的証人だった

middleeasteye
Lawyers for survivors of 9/11 victims accuse Saudi authorities of targeting witnesses
Legal team also reveals that murdered journalist Jamal Khashoggi was 'potential witness' in lawsuit
By MEE staff in Washington
Published date: 5 March 2020 20:39 UTC | Last update: 1 day 4 hours ago

A legal team representing survivors and familes of victims of the 9/11 attacks has accused Saudi authorities of trying to silence several witnesses.

An almost two-decades-old lawsuit brought to court by thousands of victims and their families accuses Saudi officials of having ties to the 11 September 2001 attacks on New York and Washington. About 3,000 people were killed.

On Wednesday, lawyers representing the families said that four of their witnesses in the case had been threatened or intimidated by alleged Saudi agents.

On those grounds, the plaintiffs' legal team requested that the identities of the witnesses in the drawn-out legal battle be protected and kept secret.

Lawyers representing the Saudi government denied the allegations of witness tampering, saying the claims were "based on hearsay within hearsay".

The defense also accused the plaintiffs' lawyers of trying to gain a "tactical advantage" in legal deposition interviews with witnesses set to be organised later this month.
Jamal Khashoggi: 'A potential witness'

The lawyers of the 9/11 victims invoked the 2018 murder of journalist Jamal Khashoggi by Saudi officials in Turkey as evidence of the kingdom's potential threat against their witnesses.

Andrew Maloney, one of several attorneys representing the plaintiffs, also for the first time revealed that Khashoggi, an ardent critic of the Saudi government, had been "a potential witness" before he was murdered.

"He had valuable information," Maloney told the judge on Wednesday.

Maloney, during the emergency hearing that took place at a federal court in lower Manhattan, did not provide further details regarding what that information might have been.

US Magistrate Judge Sarah Netburn said she was "troubled by the allegations" and asked for a submission from the plaintiffs’ lawyers detailing the claims to be turned in by 18 March.

"I take these allegations incredibly seriously," Netburn said.
'Absolutely false'

In court papers, Maloney described some of the allegations made by the four witnesses who said they feared they were being targeted by Saudi officials.

One witness said his family had been approached and "directly threatened by Saudi government officials" within the past year, Maloney wrote. He said the witness was given to understand that he or his relatives "would be murdered" if he spoke out.

Another potential witness said that relatives in Saudi Arabia "feared for their lives", Maloney said. A third reported being stalked, and another was reportedly thinking of buying a bulletproof vest.

He added that law enforcement authorities had been notified of the alleged threats.

"We categorically deny these allegations," said Michael Kellogg, a DC-based lawyer representing Saudi Arabia.

Kellogg accused the plaintiff's legal team of trying to "pick and choose which witnesses will testify".

"We should be allowed to know who these witnesses are," Kellogg told Judge Netburn. "We think these allegations are absolutely false."

Following Kellogg's statements, the plaintiffs' lawyer accused the defense of wanting to know the identities of the witnesses so that Saudi officials could be notified and "dissuade them from testifying".

"[No] Saudi Arabian government official, employee, agent, or anyone acting on Saudi Arabia's behalf has attempted to threaten any potential witness or any witness's family members in this proceeding," a Saudi government minister said in court papers.
Saudi diplomat linked to 9/11

The US government has never released documentation indicating that the Saudi government was involved in 9/11.

Still, last year during a meeting at the White House with victims' families on the anniversary of the attacks, US President Donald Trump promised the visitors that he would order the attorney general to release the name of a Saudi diplomat who had apparently been linked to 9/11 in an FBI report years earlier.

The next day those hopes were dashed, as Attorney General William Barr said the release of such records would not be possible.

Their disclosure risked "significant harm to the national security," Barr said at the time.

The Saudi government has long denied involvement in the 9/11 attacks.

In March 2018, a US judge in New York rejected Saudi Arabia's request to dismiss the lawsuit.
posted by ZUKUNASHI at 12:11| Comment(0) | 国際・政治

新コロナウィルス感染防止は自宅でじっとしているのが一番

世界のあちこちで運行されているクルーズ船で次々と新コロナウィルスの感染者が出ています。イタリアの感染者多発もクルーズ船との関係が取りざたされてます。なぜクルーズ船で感染者が多い?

ロイター 2020年3月6日 / 10:14 / 18時間前更新
カリフォルニア沖のクルーズ船に検査キット空輸、35人に症状
[ロサンゼルス 5日 ロイター] - 米国では5日、新型コロナウイルスの新たな感染者53人が報告され、感染が急拡大しているワシントン州キング郡で全米12人目の死者が確認された。コロラド、テネシー、テキサスの各州とカリフォルニア州サンフラシスコ市では初の感染者が確認された。
多数の乗客に感染の疑いがあるとしてサンフランシスコで入港を拒否され、カリフォルニア州の沖合に停泊しているクルーズ船にはヘリコプターで検査キットが運ばれた。乗客の少なくとも35人はインフルエンザのような症状が見られており、他の2件の感染例との関連も指摘されている。
ワシントン州キング郡の当局は、新たな感染者20人を確認したと発表。感染者の累計は51人、死者は11人となった。同郡以外では、カリフォルニア州で1人の死者が確認されている。
同郡当局は声明で、郡内の感染拡大において「重大な時期」にあると指摘し、市民に対し感染拡大防止に取り組むよう呼び掛けた。
ワシントン州の感染例の多くはシアトル近郊にある介護施設と関係があるとされており、同施設では6人の死者が出ている。
一方、ニューヨーク州のクオモ知事は記者会見で、州内の感染者が22人となり、前日の2倍に増加したと報告し、ウイルスの検査体制が強化されたため感染確認が増加したと説明した。今後さらに増えるとの見方を示した。
同州の新たな感染者のうち8人は、すでに感染が確認されていたウエストチェスター郡在住、マンハッタン勤務の弁護士と関わりがある。他の2人はニューヨーク市、残りの1人は同市近郊のナッソー郡で確認された。
テキサス州は州内の3人が感染したと発表、同州初の感染例となった。テネシー、コロラド両州は、州内初の感染者1人をそれぞれ報告。米国で感染が確認された州はこれで16となった。
米疾病対策センター(CDC)は先に、新型コロナウイルスの感染者数が疑い例も含め149人に達したと発表していたが、5日に全米各地で報告があった53人の新規感染者は含まれていないとみられる。[nL4N2AY3ZO]
ニューヨーク市のデブラシオ市長は市内の感染者2人について、40代の男性と80代の女性で、基礎疾患があり、重症だと説明した。また、いずれも新型ウイルスの影響を受けている国への渡航歴はなく、これまでに感染が確認された人とも接触していないとし、地域で人から人への感染が起きている可能性があると指摘。「懸念は間違いなく高まっている」と述べた。
カリフォルニア州では6人が新たに感染。サンフランシスコ市の2人が含まれており、地元当局によると、この2人も市中感染の可能性が高いという。
米保健当局は、新型ウイルスの検査キット約100万個を公共の検査施設に週内に配布できる見込みだと表明。40万人程度の検査が可能になるという。
CDCもまた、週内に7万5000人分の検査キットを提供できる見通し。高官が明らかにした。
 3月5日、多数の乗客に感染の疑いがあるとしてサンフランシスコで入港を拒否され、カリフォルニア州の沖合に停泊しているクルーズ船にヘリコプターで検査キットが運ばれた。
新型ウイルス対策の陣頭指揮を執るペンス副大統領は、米国民に対し、健康な場合はマスクの購入を控えるよう呼び掛けた。医療関係者や病人が優先的にマスクを確保できるようにするためだという。
「普通の健康な米国人のコロナウイルス感染リスクは依然として低い」と述べ、高齢者や基礎疾患を持つ人々など、感染確率が高い層を中心に「感染例は今後増えるだろう」と予想した。
posted by ZUKUNASHI at 11:53| Comment(2) | Covid19

幹部男性自衛官の遺伝子宅配も効果なし 横須賀市出生数最低

横須賀市の2020/2の出生数が2010/2以降で最低となりました。横須賀市は人口も減っていますが、出生数の減り方が激しいです。

幹部男性自衛官のデリヘルが繁盛していたくらいですから横須賀市の方は何が嫌いなわけではない。どうなっているんでしょう。

出生数最低という点では、2020/2は横浜市も同じです。


カジノにデリヘル、ホットヨガにクルーズ。神奈川は、日本のラスベガス、地上の楽園。

でも、管理人の私には、もう縁がないものばかり・・・。もっと若くて、カネがあれば楽しかっただろうに。

クルーズ船の乗客には、何か共通の傾向が見えます。下船後に自宅待機を求められてもその足で寿司を食いに行く、わざわざジムの風呂に入りに行く。外食店を利用し、移してやるとのたくらみを持った人も。

クルーズ船も楽しいでしょうけど、私なら外国のビーチか市中に行きたい。そこでのんびりと海や人の動きを眺めているほうが落ち着けるように思う。

クルーズ船のお客は、全国各地から集まっているんですね。どんな方たちなんでしょう。少なくともクルーズ船の体験を知り合いなどに話したがり屋の人々ですよね。その一方で、一人とか数人で海外旅行などはしたくない人たち。

比較的裕福な日本の年配者は、今を生きている、楽しんでいる。社会問題などにはあまり関心がない。今の世の中のありようは、当然の結果なのだと思います。

でも、それゆえに新コロナウィルスで船内缶詰とか感染の得難い体験をする。クルーズ船に乗るおカネがない人も、そのうちすごい体験を余儀なくされますね。
posted by ZUKUNASHI at 11:08| Comment(3) | 福島原発事故