ずくなしの冷や水

2020年02月25日

新コロナウィルスは人口削減に貢献?

新コロナウィルスに感染すると男子の不妊が生ずるとされています。精巣に障害が起きて精子に異常が生じて不妊になるというシステムのようですが、よくわかりません。

青年期以降に男子がおたふくかぜにかかるとやはり不妊になるとされています。成人男性がかかると睾丸炎(精巣炎)を引き起こして炎症と痛みを伴い、精巣の中の精子を作る細胞が死んでしまうことによるとされています。

新コロナウィルスでも睾丸炎が起きるんでしょうか。精通前の男子がり患しても長じてからは精子は作られる?

「一気にベッドに」などという妄想を抱いている爺さんは、もうどうでもいいのですが、男の子を持った親は心配ですね。精子ができなくても男性ホルモンが出るのならまだいいですけどね。
posted by ZUKUNASHI at 17:37| Comment(0) | Covid19

新コロナウィルス管理はトランプの思いとは別物

2020/2/25
【ワシントン共同】インド訪問中のトランプ米大統領は現地時間の25日、新型コロナウイルスの感染は「米国では制御下にある」と強調し、急落した株式市場は「良くなり始めているように見える」とツイッターで主張した。
posted by ZUKUNASHI at 10:44| Comment(0) | Covid19

トルコの車列は田舎道を行く

国境を越えて延々と高速道路を走ってきたトルコ軍の車列が田舎道に入っていきます。なぜこんな道を行くのでしょう。
上の動画のキャプチャーです。この地点を探すのに使いました。


この曲がり角をGoogle Mapで探しました。何年か前の空中写真ですとこんな感じ。右のほうから走ってきて南、下のほうへ折れて行きます。キャプションにはこの道路はM4とされていますが、間違いでこの道路はイドリブバイパスの環状線の南の部分です。

この細い道はFAYLUNという町に通じています。

すぐ東には幹線道路が走っていますのでそこを行けばと思いますが、次の図で赤い色が被った部分がシリア政府軍の支配下にあります。この車列が通ることについては、ロシア軍に通報してあるはずですが、どうもシリア政府軍の近くを通るのを嫌ったらしい。

数日前にトルコ兵士がMANPADでロシアの戦闘機を落とそうとして失敗、報復攻撃で兵士とテロリストが死んだ場所は上の地図の真ん中辺りの爆弾のマークのあるところよりもイドリブに近いです。

トルコ軍がテロリスト支援のため大量の武器車両を送っていること、テロリスト側はそれだけ劣勢なことがわかります。ただ、トルコは見せ金ならぬ見せ兵器を送り込んでいるような感じがないわけではありません。どうせ破壊されるのが目に見えているからそうなりますね。

2020年02月23日
トルコ兵はこうして命を失っている

RT2020/2/24
US proposals to start dialogue with terrorists in Idlib are unacceptable – Russian FM
Moscow will resist any attempts to whitewash the terrorists holed up in Idlib, Syria, Russian Foreign Minister Sergey Lavrov said, adding that engaging in talks with them as the US is hinting is out of question.

Hayat Tahrir al-Sham, an Al-Qaeda offshoot previously known as Al-Nusra, which controls Idlib, has been designated as a terrorist organization not only by the UN, but by the US itself, Lavrov said.

However, officials in Washington, including the special envoy for Syria, James Jeffrey, “allow themselves statements, from which a conclusion can be made that ‘it’s not such a terrorist organization anymore’ and that dialogue with it can be established under some circumstances,” he said.

It’s not the first time we hear such hints and we consider them absolutely unacceptable.

The foreign minister also said that another round of consultations between Russia and Turkey is currently being prepared in ordered “to agree on ways of turning Idlib into a real de-escalation where the terrorists aren’t in charge.”

Tensions are high between Moscow and Ankara after Turkey sent troops to Idlib a few weeks ago amid a large-scale offensive by the Syrian military on the last terrorist stronghold in the country.

The move provoked clashes between the Turkish and Syrian forces, with casualties on both sides. Ankara is demanding that Moscow pressure Damascus into ceasing its operation, while Russia has told Turkey that its promise to separate the ‘moderate opposition’ from the terrorists still remains unfulfilled.

On Thursday, Turkish artillery backed a militant attack on the Syrian positions, forcing Russian bombers to intervene. The Turks only stopped the shelling after Moscow contacted Ankara on the military hotline.

Lavrov insisted that it was no surprise for the Turkish military that the terrorists were being targeted. Earlier Russian-Turkish agreements on Idlib never envisaged that strikes against Hayat Tahrir al-Sham would stop, he added.

“I’m sure that the Turkish servicemen who work on the ground see and understand everything. Especially, considering that fact that on many occasions the terrorists attacked our position, the positions of the Syrian military and civilian infrastructure from the very location where the Turkish observation posts are set up,” the FM said.
posted by ZUKUNASHI at 02:08| Comment(0) | 国際・政治